FC2ブログ

DualZenon-18.JPG


 ども、今晩は、アカサカです。

 今日は日曜だったので、お昼はお袋と一緒に外食する事にしました。


2020-12-13-1.JPG


 本日はこちら。最近できた『因幡うどん』です。

 実はここ、以前は一風堂があったのですが、あの記事を書いたちょっと後に潰れてしまいまして、しばらく更地になってました。


2020-12-13-2.JPG


 そう言えば木の葉モールのフードコートにもあったんだっけ……。


2020-12-13-3.JPG


 お袋はあおさ梅うどん、私はすき焼きうどんにしました。卵とご飯付きです。


2020-12-13-4.JPG


 麺は柔らかめ。

 お袋の方は、箸でつかんだだけで千切れてしまったそうですが……。


2020-12-13-5.JPG


 ネギはうどんらしく小口切りです。


2020-12-13-6.JPG


 ご馳走様でした。

 この後はお袋と別れて、博多・天神に行ってきました。


2020-12-13-7.JPG


 ヨドバシからBOOKOFFに向かう途中の道にあるドラッグイレブンが閉店セールをやっていたのでドリンク剤を買ったのですが、3割引きでなんとこのお値段。

 ドラモリでもこんなに安く買った事ないです……(苦笑)。


2020-12-13-8.JPG


 その後、天神のBOOKOFFではようやく『魔王城でおやすみ』の1巻を購入。

 アニメもニコ動で第1話を見ました。


 ところでスヤリス姫の中の人である水瀬いのりさん、私は他に『プリキュアアラモード』のキラ星シエルと『キラメイジャー』のマブシーナ(あと、全く未視聴ですが『Re:ゼロ』のレム)しか知らなかったんですが、『はめふら』のソフィアも彼女だったんですね……。

 という事は、本作のアニメではアスカルト兄妹がメインキャラで再度共演という事か……。


 もいっちょ、私がなじみ深い水瀬さんのキャラでは、スヤリス姫とシエルの共通点として瞳の中に星が入ってたりしますが、今日のマブシーナはある意味(不可抗力とは言え)スヤリス姫並の大暴れを見せていたのに笑ったり。


2020-12-13-9.JPG


 同じくBOOKOFFではハンマーフルボトルが(タンクボトルとセットで)安かったので、二つ目を購入。

 リカラーして、Sasiさんボトルとセットのヴィータフルボトルを作ろうかなんて考えてます(笑)。


2020-12-13-10.JPG


 まんだらけでは、まずロボマスの中古デルタシーカーvsイクスガンナーセットを購入。

 二人は元親友同士で、イクスガンナーはデルタシーカーの右腕の発射装置を狙ってるという設定です。実際に『メトロ大戦』のコミックでは(奪われたかどうかは不明ですが)デルタシーカーはイクスガンナーに右腕を落とされていました。


 ところでウチの『店舗日誌』では、『ユニバース』スペースケースをイクスガンナー扱いしていましたが、この度、本当のイクスガンナーをゲットした形になります。

 まぁ、今後もイクスガンナーはスペースケースを使うことになるでしょうけど(ウチのサンダーウイング陣営は『海外版アイテムを同型の和製TFキャラとして使う』という縛りがあるので。つまり事と次第ではメタルススピッターをグッシャーとして出していた可能性もある)。


 他にも前回あったスモークスナイパーも欲しかったのですが、残念ながらそちらは売れてしまっていました。


2020-12-13-11.JPG


 同じく元サイバトロンのフレアジェットと。

 そう言えば二人は上述の『メトロ大戦』で共演してましたね。


 しかし、ほんの1~2年でここまでトイの作りが進歩するとは……。


 さて、だらけではもう一つ、今回のメインアイテムも購入しました。


2020-12-13-12.JPG


 こちら。

 同じく開封品のゲルシャーク(オリジナル版)です。


 前回来た時に見つけて、ボーナスが入ったら買おうと決めていました。

 ……ところで、実物に触るまで青い成型色の部分がクリアパーツとは知りませんでした。


2020-12-13-13.JPG


 ビーストモード。

 メカホオジロザメに変形します。モノは海外で発売されたメタルスサイバーシャークのリカラーです。


2020-12-13-14.JPG


 アタックモード。

 口からジョーズトーピードを発射します。


2020-12-13-15.JPG


 んで、公式のギミックではありませんが、このメタルスサイバーシャーク型のアイテム、TM2にしては珍しくビークルモードが存在します。

 もっとも元となったメタルスサイバーシャークでは説明書に記載されておらず、メタルススピッターのパッケージ裏に写真が載ってるだけと言う、元トイからして隠しモード的な感じでしたが。


2020-12-13-16.JPG


 LG版と。

 LG版はゲルシャークのリメイクアイテムであるため、当然スタイルは似ていますが、変形は全然違うものになっています。


 ちなみにどちらも「ロボットモードで右ひじが正面に曲がらない」という共通点があったり。


2020-12-13-17.JPG


 お次はBOTCON2010で販売されたセイバートロンモードと。

 元々BOTCON版はリデコアイテムなので、頭部デザインと色以外はあまり似ていません。


2020-12-13-18.JPG


 今度はビーストモードで。

 オリジナル版が上に向かって反っているのに対して、LG版は下向きに反っているのが興味深いです。


2020-12-13-19.JPG


 お次はBOTCON版と。

 BOTCON版はカラーリングだけでかなり近いイメージになっているのが面白いです。


2020-12-13-20.JPG


 オリジナルトイ版でゲルシャーク軍団。当時は「こいつら、トランスメタルスだよなぁ……。それじゃ、メタルス化する前はどんな姿だったんだろ。そもそもどこでクォンタム・サージ浴びたんだろ」と思ってました。

 しかし、この中で元からデストロン(=悪役)として販売されていたのがグッシャーだけと言うのも何となく笑えます。(^ ^;)


 彼らが登場する『TFカーロボット』はまぎれもなく純正の和製TFなのですが、アメリカで『ビーストマシーンズ』が盛大にコケたため、アニメ共々『TF ロボッツ・イン・ディスガイズ』のタイトルでアメリカに逆輸入されました。和製TFのアニメが吹き替え込みで正式に米国版TFの正史に組み込まれたのは、後にも先にもこの『カーロボット』だけとなります。


 ところで日本のファンは前作のBWメタルスから続けてカーロボが放映されたため、そうでもなかったでしょうが、アメリカのファンは間に『マシーンズ』を挟んでいたので、久々に「テラライズ(『脅かす』の意)」のアクティベーションコードで変形する(+プレダコンのエンブレムをつけてる)彼らを見て、ちょっと懐かしく思った事でしょう(笑)。


2020-12-13-21.JPG


 そう言えば、今回初めて彼のテックスペックを知ったのですが、『知力』がマックスの10だったのはちょっと意外でした。

 アニメでは愛すべきお馬鹿キャラでしたので……。


 まぁ、TFじゃ実際のテックスペックとアニメじゃ設定が噛み合わない事なんてザラなので、今さら驚いたりしませんが。


2020-12-13-22.JPG


 もう一個、らしんばんではfigmaの平沢 憂を購入。

 改造素体です。


2020-12-13-23.JPG


 試しに仮組。

 うん、なかなかいい感じです。


2020-12-13-24.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3613-0629ff8a