FC2ブログ

LG-Broadside-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ブロードサイドを紹介するぞ!」


LG-Broadside-2.JPG


サンクラ「ブロードサイドは、サイバトロン・トリプルボットの空海防衛戦士だ。ジェット戦士の発着や、ビークル型サイバトロンの輸送に活躍するが、高所恐怖症で船酔いにも弱いって弱点を持ってるぞ。名前は『舷側』の事だが、『激しい非難』って意味もある」


LG-Broadside-3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はアニメ『2010』に近いデザインだが、ボディの方はかなりアレンジされてるぞ」


LG-Broadside-4.JPG


サンクラ「背中側。ジェット機の機首部分を、丸ごと背負ってる」


LG-Broadside-5.JPG


サンクラ「武器は高エネルギーのプラズマ・パルス銃だ。G1版では、他にバイブロアックス(振動斧)も持ってたぞ」


LG-Broadside-6.JPG


サンクラ「プラズマ・パルス銃は肩にも接続可能だ。説明書などの写真では、この状態で紹介されてるぞ」


LG-Broadside-7.JPG


サンクラ「もちろん、プラズマ・パルス銃には、ヘッドマスターが搭乗可能だ」


LG-Broadside-8.JPG


サンクラ「他のヴォイジャークラスのヘッドマスターと同じく、腹部の赤いボタンを押すと、頭部の両サイドからヘッドガードが飛び出すギミックを備えてるぞ」


LG-Broadside-9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。素体はTRアルファートリンのソブリンと同一で、『ギャラクシーフォース』のマイクロン、ルーツがデザイン基になってるぞ。コミック劇中では、この時点で通常の合体戦士と同じくらいの巨体として描かれたぜ」


LG-Broadside-10.JPG


サンクラ「トランステクターの方は、カースアルマダスラストに改造されて暴れ出したこともある。この時は、ダイナザウラーをまさにオモチャ扱いするほどの巨体(丁度実物のトイと人間と同じくらいの比率だ)として描かれたぞ」


LG-Broadside-11.JPG


サンクラ「それから商品には、同スケールのエアーボットが付属してる。どれだけこのブロードサイドがデカいか分かる付属品だな」


LG-Broadside-12.JPG


サンクラ「そして、日本版にはリパッグアーマーもついてる。コミック劇中じゃ、かつてのリパッグを模した着ぐるみって設定だ」


LG-Broadside-13.JPG


サンクラ「リパッグアーマーには、ヘッドマスターが合体できるぞ」


LG-Broadside-14.JPG


サンクラ「当然、リパッグ本人も合体可能だ。海外版であるTR版では、この組み合わせで販売されたぞ」


LG-Broadside-15.JPG


サンクラ「さらにリパッグアーマーも、ビークルモードに変形可能だ。コミックじゃ、トランステクターをスラストから取り戻すために、ブロードサイドが自分サイズに巨大化させたリパッグアーマーに搭乗したぞ」


LG-Broadside-16.JPG


サンクラ「リパッグアーマーは、武器モードにもなる。もちろん、ブロードサイドに装備可能だ」


LG-Broadside-17.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Broadside-18.JPG


サンクラ「一つ目のビークルモードはジェット機だ。航続距離は4,000km、最高時速は約マッハ2.3だ。さらに、周囲に8万ボルトの電気フィールドを投射可能だ」


LG-Broadside-19.JPG


サンクラ「ブロードサイドのヘッドマスターは、コクピットに乗り込めるぞ」


LG-Broadside-20.JPG


サンクラ「もいっちょトランスフォーム!」


LG-Broadside-21.JPG


サンクラ「二つ目のビークルモードは、全長366mの空母だ。速力は毎時40ノット(74km)で、航続距離は24,0kmだぞ。因みに、クインテッサの科学者インキラータがサイクロナス(デストロン)を誘拐した時、何故かコイツに宇宙船を偽装していたぞ」


LG-Broadside-22.JPG


サンクラ「空母の側面には、プラズマ・パルス銃を装着可能だ」


LG-Broadside-23.JPG


サンクラ「そして、空母モードでは艦橋部分がヘッドマスターの座席になる。コミックでも、この状態を見たエアーボット達から『そこは椅子なのか』と驚かれてたぞ」


LG-Broadside-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ブロードサイドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3401-dff51a56