FC2ブログ

DualZenon-18.JPG


 今晩は、アカサカです。

 例によって、今日もほとんど部屋で大人しくしていましたが、昼食の買い出しのついでに買い物なんぞも行ってきました。


 戦利品についてはアメブロの方に書いていますので、こちらもご覧頂ければ幸いです。


2020-4-26-1.JPG


 さて、お昼はマックで新しくなったというスパチキのセットにしました。


2020-4-26-2.JPG


 オープン。

 ……どの辺が新しくなったんでしょう?


2020-4-26-3.JPG


 ドリンクは限定のプッチンプリン味のやつにしてみました。

 カップも専用です。


2020-4-26-4.JPG


 夕食は、本当に久しぶりに吉野家でテイクアウトしてきました。

 今日は新登場のチーズカルボ丼。


2020-4-26-17.JPG


 生卵を乗せて完成です。

 牛丼とチーズ、カルボナーラの風味が意外にあいますねぇ。まぁ、前にすき家でもカルボナーラ牛丼なんてありましたけども。


2020-4-26-5.JPG


 という訳で本題ですが、記事タイトルの通り、塗装追加したRKFビルドが完成しました。


2020-4-26-6.JPG


 製品状態そのままのと比較。

 以下は全て、右側が製品版です。


2020-4-26-7.JPG


 まず頭部。

 額の銀色の部分を追加塗装しています。


2020-4-26-8.JPG


 腕も製品版では、本来青や赤のラインの部分まで塗りつぶされているのですが、こちらでは一度余分な部分の塗料を落とした後、Mr.カラーで塗りなおしました。

 それから、上腕の関節部も製品そのままだと黒いのですが、それぞれのカラーで塗っています。


2020-4-26-9.JPG


 ビルドドライバー。

 御覧の通り、製品版は回転部のシルバー以外真っ黒ですが、こちらはフルボトル部分を始め、可能な限り塗分けました。


2020-4-26-10.JPG


 背中側は差が顕著ですね(笑)。

 こうしてみると、ベルト部分だけでも色が付くとかなり変わる印象です。


2020-4-26-11.JPG

 

 続いては、BCR版との比較。

 BCR版も、額やドライバーのフルボトル部分が塗られている以外はRKF版と塗装個所はそんなに差はありません(前腕部の余計なところまで黒く塗られているのも同じ)。


2020-4-26-12.JPG


 背中側。

 BCR版もベルト部分こそ塗られているものの、塗装はかなり省略されているのがおお分かり頂けるかと。


2020-4-26-13.JPG


 お次はアーツ版との比較。

 今回の追加塗装は、基本的にアーツを見ながら塗りました。


 ただし、ビルドドライバーについては私の改造品の方が塗り分けレベルは上です(笑)。


2020-4-26-14.JPG


 背中側。

 さすがにアーツは、こちらもしっかりと塗装されています。


2020-4-26-15.JPG


 余談ですが、アーツのビルドドライバーもスパークリング以降は赤部分の塗装が追加されました(スパークリングは持っていないので、参考はハザードフォームのベルトで)。

 ちなみにこちらでも、(今回、私が塗った)ドライバー回転部横の、シルバーのパイプ部分は塗られていなかったり。


 何故、今回RKFのビルドの塗装追加版を作ったのかと言うと、ある事情で“このサイズの”ビルドが欲しかったから、という理由があります(同じ理由でRKFゲンムのLV2バージョンも製作予定)。


 しかし今日はアメブロで書いた記事といい、ビルド三昧になりました。(^ ^;)


2020-4-26-16.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3379-f5bf03c4