FC2ブログ

 こんにちは、アカサカです。

 てなわけで、今日は『変形!ヘンケイ!』型で登場したジェットロンについて、簡単に解説していきたいと思います。


 では、さっそくスタート!


2020-3-15-1.JPG


航空参謀スタースクリーム

 デストロンのナンバー2で、僕たち私達の愛すべきニューリーダー病。

 メガトロン様と並んでデストロンの顔ともいえるキャラと言って過言ではないでしょう。時に性格に差はあれど、『デストロン(ディセプティコン)の幹部』として度々リメイクされてるので、名前だけは知ってるって方も多いと思います。初代での声優は、故・鈴置洋孝さん。『機動戦士ガンダム』のブライト・ノアなんかで有名な方ですね。


2020-3-15-2.JPG


航空兵サンダークラッカー

 当ホームページをご覧の方はご存知と思いますが、私が一番好きなジェットロンです。強烈なキャラ付けをされてるスタスク、テレポート能力を持ってるスカイワープに比べて、性格も能力もすっげぇ地味(攻撃技は火炎放射とソニックブーム)ですが、私はその、「一番普通のおじさんっぽいキャラ」に愛着を感じています。実際、デストロンでも比較的穏健派ですし(アニメではあまり描かれませんでしたが)。

 最近のアメコミ版では、とある経緯で独自に地球の文化を学び、サイバトロン・デストロン通して一番の親地球派のTFになり、サイバトロンであるバンブルから協力を要請されたり、しまいには地球の犬(しかもメス)を飼い始めて脚本家を志すという、ここにきて物凄く濃いキャラ付けがされました(笑)。初代での声優は、先日逝去された島香裕さんです。


2020-3-15-3.JPG


航空兵スカイワープ

 名前の通りワープが可能で、アニメでは一番最初に地球で復活したTFです。

 べらんめえ調でガラが悪く、体格の小さいフレンジー達を馬鹿にしていて犬猿の仲です。反面、頭はあまり良くなく、メガトロンの指示が無いと判断が出来ないいわゆる指示待ち族です。

 初代での声優は、ディズニーや洋画の吹き替えで有名な江原正士さん。ちなみにその『初代』第3話では、「サンクラの声でサンクラと名乗る」シーンがあります。しかもよりによってテレポートするシーンで(爆)。


2020-3-15-4.JPG


航空兵ラムジェット

 初代のシリーズ中盤から登場した新メンバー。石頭が自慢で体当たりを得意としていますが、中世時代でワーパス(戦車)とジェットモードで激突した際はノーズを潰され、「オレの鼻が潰れちまった!」と嘆いています。

 声優は島香さんだったり石井敏郎さんだったり……『令嬢より愛を込めて』では、堀内賢雄さんが演じていました。


2020-3-15-5.JPG


航空兵スラスト

 翼についている垂直離着陸用のファンが特徴的ですが、他の連中も変形モード関係なしにそれが出来るので、まぁ……。印象が薄いキャラですが、日本版では地味に『HM』期まで登場しています。

 声優は島香さんだったり塩屋翼さんだったり……『2010』の『スタースクリーム復活』では石井さんでした。


2020-3-15-6.JPG


航空兵ダージ

 テックスペックでは、あたかも悲しみに沈んでいるような態度の不気味な存在感を持つキャラですが、アニメでは、うん……。新ジェットロンの中では、声優は難波圭一さんでほぼ固定されてるイメージで、そのためか、ジェットロンの中でも若めな印象があります。

『トリプルチェンジャーの反乱』のラスト、(同士討ちの)決戦場となったアメフト場を上空から眺めての「やれやれ何ともひでえ有様じゃねえか。全く呆れたもんだ」のツッコミは最高です(ちなみにこの時の声優は江原さん)。


2020-3-15-7.JPG


アシッドストーム

 元は初代アニメ第6話『SOS!サイバトロン』に登場した、名前の無いモブの一人でしたが、海外版ジェネレーションズで名前と設定が付与されました。

 こないだ紹介記事を作ってます。


2020-3-15-8.JPG


航空宇宙兵サンストーム

 元はアニメ第1話の冒頭に登場していた、モブジェットロンの一人です。後年、設定が起こされたジェットロンの中では珍しく、日本のイーホビー版で設定が作られました。

 規格外のリアクターを持っていて、有害なパルスを発しているため仲間が近寄れないうえ、自分を超自然的な存在と勘違いして時折奇異な言動を発しているため、余計に仲間が遠ざかっているといういわゆる電波キャラのようです。

 ちなみに、コイツは『ヘケヘケ』期に、海外コピー品でヘケヘケ型の海賊版が発売されまして、その時はイーホビー版に準じたオレンジに白のカラーリングでした。


2020-3-15-9.JPG


ホットリンク

 常にツールキットを所持しているメカニックにして、サイバトロンの武器ですら(自己満足のために)改良したいと考えており、発明品が不正に使用されたり壊されると動揺するという武器マニアです。

 サンストームと同じく、第1話冒頭に登場したモブジェットロンが元です。


2020-3-15-10.JPG


ビットストリーム

 上の二人と同じく、元は第1話冒頭に出たモブジェットロンの一人ですが、アニメではもうちょっと青っぽかったです(むしろその後、地球のシーンに登場したモブジェットロンの色合いに近い)。

 データハッキングとサイバー戦争に熟達したテクノロジーの天才で、サイバトロンの新しい暗号を真っ先に解読した功績があるそうです。


2020-3-15-11.JPG


航空技師ナセル

 はい、おととい買ってきた奴ですね(笑)。

 デストロンの航空技師で、レーザーウェーブの研究所で開発した新装備のウイングを自分に装着した、という背景を持っています。という事は、元はスタスク達と同型だったってことになりますね。


2020-3-15-12.JPG


自警団冒険家SGサンダークラッカー

 登場人物の善悪が反転した並行世界、『シャッタードグラス』に登場する、正義のディセプティコン戦士の一員です。G1版のサンダークラッカーが飛べない物を馬鹿にしているのに対して、彼は飛べない友人を気の毒に思っています。元はSGオートボット軍団に抵抗する民間人の一人だったようです。

 このサイケとしか言いようのないカラーリングは、91年にヨーロッパで展開されたアクションマスター第2期版が元ネタになっています。


2020-3-15-13.JPG


 おまけ。

 初代アニメの第6話『SOS!サイバトロン』にはアシッドストームの他、イオンストーム(青)とノヴァストーム(黄色)という個体も登場していますが、ヘケヘケ型ではないので、今回は割愛しました。

 アシッドストームと同じく、後年になって名前と設定がつけられたキャラです。


2020-3-15-14.JPG


 おまけその2。

 日本版では初代の最終回である第61~63話『破滅の日』(因みに原語版であるアメリカではなんと第11~13話!)では、サンクラの水色を玩具版の濃い青にしたようなモブジェットロンも登場しました(しかもご丁寧に、メインカラー以外の塗装パターンもサンクラと一緒)。

 ちなみに画像に使ってる左側のは、海外のジェネレーション版サンクラです。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3337-86241de9