FC2ブログ

DualZenon-2.JPG


 今晩は、アカサカです。

 タイトルのギャグの意味が分かった方、多分40は越えてるでしょう(←じゃあ何でお前が知ってんだよ)。


 さて、先週は実家に帰れなかったので、今回の二連休は帰ってきました。

 シーコンズのNP後払いもやんないといけませんし……。


2020-3-12-1.JPG


 さて、実は昨日、おとといに続いて食玩のプログライズキーを買ってきました。

 今回はゼロワンの基本形態となる、ライジングホッパーキーです。当分ゼロワンドライバーを買う予定も無いので……。


2020-3-12-2.JPG


 中のシールは折れ曲がっていました


2020-3-12-3.JPG


 裏側の成型色が蛍光イエローなので、内部機構が良く見えます(笑)。


2020-3-12-4.JPG


 んで、これを買った理由と言うのが、だいぶ前に買った滅亡迅雷フォースライザー。

 プログライズキーを『滅亡迅雷.net』モードにして挿入することで、「フォースライズ! ライジングホッパー! A jump to the sky turns to a rider kick. Break down…」と、仮面ライダー001の変身音声が聞けます。

 とは言え、食玩版なのでライジングディストピア/ライジングユートピアの音声は聞けないんですが……。


2020-3-12-5.JPG


 さて、もう一つ。『ジェネレーションズセレクト』のシーコンズ第2弾も、ようやく開封できました。


2020-3-12-6.JPG


 まずはクラーケン。ラーメン屋ではありません。

 エイ型のシーコンズで、モノとしてはPOTPカットスロートのリデコです。カットスロートのビーストモード足を前後逆にして差別化してるのが巧いなぁと。


2020-3-12-7.JPG


 お次はロブクロウ。実は私が一番好きなシーコンズです。

 第5話で、ゴーシューターのオーバヘッドシュートでもぎ取られた自分のハサミを突き立てられて倒されるシーンが印象に残ってます(MFの映像媒体はビデオの2巻だけ持ってる)。

 モノはガルフと同様、POTPブット(ブロット)のリデコです。


2020-3-12-8.JPG


 テレビではロボットモードはありませんが、G1版と同じく、事実上玩具オリジナルのロボットモードにも変形できます。……webコミックの展開からして、リカラーでBWII版シーコンズも出す予定あるのかな。


2020-3-12-9.JPG


 さて、上で書いた通り、ロブクロウとガルフは、ともにブットのリデコです。

 塗装でイメージがガラリと変わってますが、ロボットモードにすると意外と共通パーツが多い事が分かります。


 ロブクロウは腕回り、ガルフは脚部が特にブットの面影が残ってますね。

 ……となると、テンタキルは消去法で言ってシナーツインのリデコなんでしょーか?


2020-3-12-10.JPG


 これで残るシーコンズは、来月のテンタキル&オーバーバイトのみ。

 全部揃ったら、UW版スクランブル7を作ってみたいと思います。


 因みにG1版で作った記事はこっち。元はヤフブロ時代の記事です。


2020-3-12-11.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3334-276b19d1