FC2ブログ

 今日は久々に、小説版『ファイクエII』の続きと行きます。

 では、さっそくスタート!


 陽はとうに沈み、夜があたりを支配していた。
 だが、空は厚い雲に覆われ、星など見ることは出来ない。
 その厚い雲の真下に、今やダークマジッカーの本拠地と化した石九小はそびえ立っていた。


 ビカッ!


 周囲で時々、稲妻がほとばしる。
 稲光に照らされて、石九小を覆う結界の姿があらわになった。
 稲妻は結界の表面に吸収されていく。
 そのたびに、世界のあちこちで異変が起こっていた。
 日本では各地の原発が一切出力ゼロになった――
 アメリカでは、各地に配備した核ミサイルが使用不能に陥った――
 ロシアでは、シベリアの永久凍土が溶け始めた――
 アフリカでは、急速な勢いで砂漠化が進行した――
 中東では、いくつかの油田で石油が枯渇し始めた――
 あらゆるエネルギーが結界に吸収されてしまっているのだ。


「行くぜ、ナイトキラー!」
「覚悟!」
 石川達と三魔爪達は、各々の武器を構えてナイトキラーと対峙する。
 六人はナイトキラーを取り囲むように立つと、一気に跳躍した。
「たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 その巨体からして避けようのない一撃がナイトキラーに迫る。
 が、
「バカめっ!」


 ババババババババババババババババッ!


「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 ナイトキラーは身体からすさまじい放電をまき散らし、六人を弾き飛ばしてしまった。
 鈍い音がして、一同はそのまま地面に叩きつけられる。
「テッチャンさん!」
「盛彦!」
「倫理さん!」
 セルペン達がそれぞれ叫んだ。


 バキッ!


 左右から剣と爪とで攻撃をかけた石川とガダメだったが、ナイトキラーの腕の一振りで弾き飛ばされてしまった。
 そこを時間差で上田とアーセンの爆裂呪文が襲うが、ナイトキラーも右腕の砲塔から同じく爆裂呪文を放ち、相殺してしまう。
 ともかく、大きさが違い過ぎるのだ。
 十メートルのナイトキラーに対して、普通の小学生である石川達と、三魔爪達も、やや大柄な普通の大人と同じくらいの体格しかない。
 その十メートルの巨体からほとばしるパワーの凄まじさときたら――
「くそっ、なんて強さだ!」
 石川が倒れた拍子に打ち付けた肩をさすりながら叫んだ。
「スパイドルナイトよりも強いかも知れない」
 上田が錫杖を構えたまま呟く。
 岡野も歯噛みする。
「野郎っ!」
 そんな六人の必死の姿をあざ笑うように、ナイトキラーが吠えた。
「ふははははははははははははははははっ! 無駄だ、無駄だ! 往生際の悪い奴らめ!」
 その言葉には余裕すら感じられる。
 ナイトキラーがまた一歩踏み出した。
 ズズッ…と地面がめり込む。
 振動が伝わり、不安そうに見つめる三人の少女たちとマージュII世の身体を揺らした。
「あーあ、私が、私があんなものを作ったからだっ!」
 苦悩の表情でマージュII世が頭を抱えた。
 オータムはそんなマージュII世の襟首をつかむ。
「おい、おっさん! あんたがあのナイトキラーを造ったんだろ! なんか弱点はないの!」
 だが、マージュII世は、
「無い……」
 ガックリした表情であっさりと言ってのけた。
「あれは完璧無比のメタルゴーレムだ。攻撃力も、防御力も、エネルギーのある限り無限大にパワーアップできるように設計されている」
「そんな……」
「今のままではあのナイトキラーを倒すことは不可能だ」
 あたりを沈黙が支配した。
「…………」
 オータムが愕然と手を放し、マージュII世は地面に座り込んだ。
 そんな中、
「あっ!」
 サクラが何事か気づいたようにゴソゴソとポケットをかき回すと、ビー玉大の白い透き通った玉を取り出した。
「なんだい?」
 オータムが不思議そうに玉を見つめた。
 玉はボウッと光り出す。
「!」
「これは、簡単に言ってしまえば魔力探知機です」
「魔力探知機!?」
「みなさんも知っての通り、トゥエクラニフには様々な魔力の流れがあります。それは人に幸運や健康をもたらすこともありますが、中には不幸や障害をもたらすこともあります。特に後者の魔力の流れを避けるために造られたのがこれです」
「それで……?」
「おかしいと思っていましたけど、やっぱり魔力係数の値が異常なんです」
 オータムが怪訝な表情をして、
「なんだって!? どういうことだい!?」
 サクラの手の中にある玉をのぞき込んだ。
「このウスティジネーグにおいて、あれだけの巨体とパワーを維持するとなると、本来ならせいぜい数分が限度のはずです」
「という事は……!?」
「常にエネルギーを補給しているとしか考えられません」
「この結界のせいだよ」
 マージュII世が横から疲れた声で言った。
「えっ!?」
「この建物を包む結界自体が世界中からエネルギーを吸い取ってナイトキラーにエネルギーを無限に供給しておるのだよ」
「だったら!」
 セルペン達が同時に叫んだ。
「この結界を何とかすれば……」
「それは不可能だ」
 と、マージュII世。
「なんで!?」
「この建物の最深部にある結界の制御室に行くまでは何千と言う防御機構を突破せねばならぬ……。とても行きつけるとは思えん……」
 マージュII世が力なく首を振る。
 だが、
「それでも行くしかないわね……」
 オータムはさっきまでと打って変わって不敵な笑みを浮かべていた。
 その言葉に驚いて、マージュII世が顔を上げる。
「サクラ、セルペン、行くよ!」
 オータムの言葉に、サクラもセルペンも元気よく答えた。
「はい!」
「はいですぅ!」
「キ、キミたち……」
「オッサン、いい事を教えてくれたよ! これで希望が湧いてきた!」
「ま、待ちなさい! 制御室にたどり着くのは不可能だと……」
 マージュII世の言葉をさえぎって、オータムは叫んだ。
「いいかい、オッサン! 物事はね、やってもいない内から不可能だなんて決めつける事は出来ないんだよ!」
「どんなことでも、一パーセントでも可能性があるなら、やってみる価値はあると思います」
「それに、このままじゃテッチャンさん達も、トゥエクラニフもなくなっちゃいます! それなのに、諦めて何もしないなんて、セルペン、絶対にイヤですぅ!」
「…………」
 三人の強い意志を感じ取ったのか、マージュII世も立ち上がった。
 そして、意を決したように言った。
「わかった、私も行こう! こうなってしまったのも、元はと言えば全て私に責任がある!」
 さらに、
「その作戦、我らも混ぜてもらうぞ!」
 皆がガダメの方を向く。
「ガダメ様!?」
「このままでは埒が明かん! 少年たち、しばらく三人でここを持ちこたえられるか!? あやつらだけでは心配だ!」
 石川は親指を立てて、それに応える。
「まかせといて!」
 同時に、サクラ達のもとへ、再びチャリオットに変形したクレイが乗りつける。
「嬢ちゃん達、準備できたで!」
「よし、行くよ、オッサン!」
 オータム達はマージュII世を促すと、クレイ・タンクに乗り込んだ。
「おのれっ! そのような事、させぬぞ!」
 ナイトキラーが吠え、クレイ・タンク目がけて動き出す。
 だが、その前に石川達とガダメ、アーセンが立ち塞がった。
「邪魔はさせないぞ!」
 五人は大地を蹴り、ナイトキラーの目をかく乱させるように次々と跳躍を繰り返した。
「ええいっ、うるさいハエどもめ!」
 ナイトキラーは腕を振るって彼らを叩き落そうとするが、俊敏性は石川達の方が上だった。
「やーい、ナイトキラー、どこ狙ってるんだよ!」
「ここまておいで、アッカンベー!」
 石川達の陽動の間に、クレイ・タンクは地下への入り口にたどり着いていた。
「ガダメ様、行くですぅ!」
 セルペンの声を残してクレイ・タンクは地下へと潜って行く。
「よし! 行くぞ、アーセン!」
「はい! あとは、頼みましたよ、少年たち!」
 ガダメとアーセンはナイトキラーの側から離れて、クレイ・タンクを追いかけた。
 背を見せた彼らに向けて、ナイトキラーが構えをとる。
「行かせぬぞっ!」
 右腕の砲塔から、バーネイの呪文を撃ちだした。
 だが、石川達の呪文が真横からそれを相殺する。
「ナイトキラー、お前の相手はおれ達だ!」
 三人は武器を構え、再びナイトキラーに立ち向かっていった。


 次元を超えたトゥエクラニフは暗雲に包まれていた。
 上空に仕掛けられた巨大爆弾のタイマーはなおも作動している。
 トゥエクラニフは最後の時に向かって刻一刻と突き進んでいるのだ。




~つづく~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3325-3345e286