FC2ブログ

2020-2-2-1.JPG


アカサカ「てな訳で、今日はまたバスツアーに行くぞ。二人とも来るだろ?」


バジりん「もちろんです、マスター。喜んでお供致します」


アキバ「日帰り旅行だ~♪ どろんどろ~ん♪」


~場面転換~


2020-2-2-2.JPG


アカサカ「今日はまた、阪急交通社のミステリーツアーだ。行先はまだ分からないぞ」


~場面転換~


2020-2-2-3.JPG


アカサカ「バスの中で簡単な答え合わせはあったが、今日の目的地は佐賀だ。まずは佐神社だぞ」


バジりん「佐ではないのですねぇ……」


2020-2-2-4.JPG


アキバ「ね~ね~アカサカさん、あれな~に?」


アカサカ「ああ、あれはアームストロング砲ですよ。日本で最初に佐嘉藩の手で鋳造された150ポンドのカノン砲で、佐賀県工業会に昭和55年に複製されたんだそうです」


アキバ「へ~、ゴッツイねぇ……


2020-2-2-5.JPG


バジりん「門の手前には、一回り小さいのもあるのですね……」


2020-2-2-6.JPG


アキバ「わっ、鼠だ」


アカサカ「ネズミ年って事で奉納されたみたいですね」


2020-2-2-7.JPG


アカサカ「ここには大小さまざまな8つの神社があるんだ。まずは佐嘉神社の拝殿からだな。佐賀鍋島藩、第十代藩主鍋島直正命、第十一代藩主鍋島直大命が祀られてるんだって。文化、学問、交通の神様だそうだ」


2020-2-2-8.JPG


アキバ「ね~バジりん、お賽銭用意した?」


バジりん「ええ、それはもちろん」


アキバ「バジりんって、こういうとこ律儀だよね」


2020-2-2-9.JPG


アカサカ「次は『松根社』。礼道・芸道・学問の神様が祀られてるんだって」


2020-2-2-10.JPG


アカサカ「祀られてる神様は古川松根命って言って、幼い頃から礼儀作法や学問、また書や絵画、和歌、雅楽の才能に優れてたんだってさ」


アキバ「いわゆる完璧超人ってやつね」


2020-2-2-11.JPG


アカサカ「近くには『葉隠四誓願』が設置されてるぞ」


2020-2-2-12.JPG


アカサカ「さて、次は……」


2020-2-2-13.JPG


アキバ「バジりんバジりん、『縁結びの木』だって~」


バジりん「アキバ殿はもちろん……?」


アキバ「そりゃあTくんだよ~。バジりんだって……」


バジりん「はい……


2020-2-2-14.JPG


アカサカ「……え~っと、こちら側には、いくつもの神社があるから、一つずつ見て行こうか」


2020-2-2-15.JPG


アカサカ「まずは松原神社ね」


2020-2-2-16.JPG


アカサカ「ここは佐賀鍋島藩の藩祖、鍋島直茂、初代藩主鍋島勝茂命、また竜造寺隆信命が祀られてる。御祭神は勇猛果敢な武将であったことから、開運、勝利、招福の神としてあがめられてるんだって」


2020-2-2-17.JPG


アキバ「狛犬もあるんだねぇ」


2020-2-2-18.JPG


アカサカ「お参りをして、と……」


2020-2-2-19.JPG


アキバ「わっ、何、この燈籠!?」


バジりん「陶器でできてますね……」


アカサカ「『白磁の燈籠』だってさ」


2020-2-2-20.JPG


アカサカ「ここは佐嘉荒神社。火伏せの守り神として、台所・厨房の神様が祀られてるんだって」


2020-2-2-21.JPG


アカサカ「その隣は『松原恵比寿社』だな」


2020-2-2-22.JPG


バジりん「恵比寿様の像があるんですね」


アカサカ「ここは開運・招福・商売繁盛・くじ当選の神だって」


アキバ「まんまだね……


2020-2-2-23.JPG


アキバ「バジりん~、願掛けの玉だって。撫でて行こうよ」


バジりん「は、はい」


2020-2-2-24.JPG


アカサカ「こっちは太鼓もあるぞ」


アキバ「よ~し、思いっきり打ち鳴らして……」


アカサカ「よしなさいっての……


2020-2-2-25.JPG


アカサカ「その隣は『松原稲荷神社』だ。こっちも家内安全、商売繁盛の神様みたいだね」


2020-2-2-226.JPG


バジりん「馬の像が……」


アキバ「ホントだ……」


2020-2-2-27.JPG


アカサカ「でもって、『松原河童社』。ちなみに河童は『かわそう』って読むぞ。水害、水難防除、災難除、子供の守り(安産)の神様が祀られてる」


2020-2-2-28.JPG


バジりん「これは……河童?」


アカサカ「兵主部(ひょうすべ)っていう河童だね。鉢巻をした河童は、全国でも例を見ないってさ」


バジりん「そう言えば、河童が鉢巻してるイメージってないですよね……」


2020-2-2-29.JPG


アカサカ「河童の神社だからか、川に続く階段もあるぞ」


アキバ「ユニークだね」


2020-2-2-30.JPG


アカサカ「その隣が松原神社側からの入り口になってる」


2020-2-2-31.JPG


アカサカ「その入り口側から松原神社を見ると、こんな感じだ」


2020-2-2-32.JPG


アキバ「うわっ! 大きな楠!


アカサカ「この楠の古木は、佐賀県の銘木古木に指定されてて、樹齢およそ650年と言われてるそうです」


アキバ「へぇ~……」


2020-2-2-33.JPG


バジりん「今度は白磁の鳥居が……」


アカサカ「普通見ないよな、こういうの」


2020-2-2-34.JPG


朝早い時間で寒かったので、自販機でスープを買いました(笑)。


2020-2-2-35.JPG


バジりん「マスター、これは?」


アカサカ「佐嘉神社記念館で、休憩も出来るみたいだな」


2020-2-2-36.JPG


アキバ「いやぁ~、一カ所に8つも神社があるなんてすごいねぇ」


バジりん「本当ですよねぇ」


アカサカ「だからか、『八で末広がり』って紹介されてたぞ」

※因みに記念館の近くにもう一つ『松原椰木社』があったのですが、そこは行き損ねました(汗)。


2020-2-2-37.JPG


朝食に買ったパンは、このタイミングで頂きました(笑)。


~場面転換~


2020-2-2-38.JPG


アカサカ「さて、お次はここだ」


アキバ「長っ!


アカサカ「全長66mの壁画だそうですよ」


2020-2-2-39.JPG


アカサカ「こっから始まって……」


2020-2-2-40.JPG


バジりん「何か、水墨画のような、それでいて中国っぽいような雰囲気も感じますね……」


2020-2-2-41.JPG


アキバ「確かに、不思議な感じだねぇ~……」


2020-2-2-42.JPG


絵の中には龍や……


2020-2-2-43.JPG


大仏様(?)に……


2020-2-2-44.JPG


亀……


2020-2-2-45.JPG


梟などが、隠し絵のように描かれています。


2020-2-2-46.JPG


アカサカ「左端には、製作者の名前が書かれてるぞ」


アキバ「あれ、右の人って……」


アカサカ「そう。中国の人らしくて、頼み込んでこの壁画を隣の川崎って人とアクリル絵の具で描き上げたんですって」


アキバ「だから中国っぽい雰囲気があったのかぁ……」


2020-2-2-47.JPG


ちなみに、壁画の裏は浄土宗のお寺になっています。


2020-2-2-48.JPG


アキバ「こんな長い絵、ボク、初めて見たよ~」


バジりん「ボクもです」


アカサカ「去年出来たばかりらしいから、出来立ての綺麗な時に見られてよかったね」


~場面転換~


2020-2-2-49.JPG


アカサカ「さて、次は蒲鉾工場の直売所だ」


2020-2-2-50.JPG


バジりん「すごい量の試食品ですねぇ……」


2020-2-2-51.JPG


アカサカ「爪楊枝に一気刺し出来る位、色々種類があるぞ」


2020-2-2-52.JPG


アキバ「この『あべ川』っていうの、卵焼きみたいだねぇ」


アカサカ「鶏卵と魚肉を混ぜた蒲鉾みたいですよ」


バジりん「何となく、日本酒のような風味がしますね……」


2020-2-2-53.JPG


アキバ「この『練りたい』、プリプリしてるね♪」


2020-2-2-54.JPG


アキバ「『おさかなドーナツ』……」


バジりん「見た目は普通のドーナツっぽいですねぇ」


2020-2-2-55.JPG


練り物工場だからか魚介類の図鑑的なポスターが壁に貼ってありました。


2020-2-2-56.JPG


イセエビとロブスターの違いをまじまじと見たのは初めてです。


2020-2-2-57.JPG


アキバ「ひゃ~、食べた食べた~……」


アカサカ(この後お昼ご飯なのに……)


2020-2-2-58.JPG


お土産で『おさかなドーナツ』が一人一つずつもらえましたが、ドーナツと蒲鉾の中間のような味でした。


~場面転換~



2020-2-2-59.JPG


アカサカ「さて、次は武雄の物産館でお昼だ」


アキバ「あれ、ここ去年も来たよね?」


2020-2-2-60.JPG


アカサカ「メインディッシュはカニのしゃぶしゃぶと佐賀牛の焼肉だぞ」


2020-2-2-61.JPG


バジりん「カニ肉は、色が綺麗ですねぇ……」


2020-2-2-62.JPG


アキバ「佐賀牛も美味しそうだよ」


2020-2-2-63.JPG


アカサカ「ご飯は釜飯だな」


2020-2-2-64.JPG


アキバ「あっと言う間にお肉が焼けるねぇ。いっただきま~す!」


2020-2-2-65.JPG


肉を焼く傍ら、付け合わせの野菜も焼きます。


2020-2-2-66.JPG


バジりん「マスター、お肉が……!」


アカサカ「おっと。火にかけてすぐに焼けちまうからな……」


2020-2-2-67.JPG


おろしだれで頂きます。


2020-2-2-68.JPG


ご馳走様でした。


2020-2-2-69.JPG


アカサカ「一階はお土産屋になってる。そのまま食べられる、トビウオやワラスボの干物なんかも売ってたな」


2020-2-2-70.JPG


アキバ「いやぁ~お腹いっぱ~い……」


アカサカ「実はオレ、本物のカニを食ったのって、今日が初めてなんだよねぇ」


バジりん「そうだったのですか?」


2020-2-2-71.JPG


アカサカ「さて、次の目的地に向かう途中で、バスの車窓から見えるあの岩は、『屏風岩』って呼ばれてるらしい」


~場面転換~


2020-2-2-72.JPG


アカサカ「さて次は、国内最大級のブーゲンビリア専門の植物園、『ブーゲンハウス嬉野』だ」


2020-2-2-73.JPG


アカサカ「お土産所を通り抜けると……」


2020-2-2-74.JPG


アキバ「すっご~い! ブーゲンビリアのトンネルだ~!」


2020-2-2-75.JPG


アカサカ「実は色づいてるこれは花びらじゃなくて、葉っぱが染まったものなんだ」


2020-2-2-76.JPG


アカサカ「こんな風に、濃い紫のもあるぞ」


2020-2-2-77.JPG


アカサカ「さらには珍しい黄色いやつなんかも……」


2020-2-2-78.JPG


アカサカ「これは『カリフォルニアゴールド』って品種で、アメリカのゴールドラッシュの頃に発見されたかららしい。金運アップのラッキーアイテムとしても勧められてるんだってさ」


バジりん「確かに、由来を聞くとご利益はありそうですねぇ」


2020-2-2-79.JPG


バジりん「ところでマスター、何故、変身なさっているのですか?」


アカサカ「いや、このカラフルな色を見てたら何となく……。オレもカラフルだぞーって」


アキバ「植物と張り合ってどうすんの……」


2020-2-2-80.JPG


アカサカ「んじゃ、出発前にソフトクリームでも食べようか」


アキバ「わ~い!」


バジりん「有難う御座います」


~場面転換~


2020-2-2-81.JPG


アカサカ「最後は『肥前屋』で酒造見学と試飲だぞ。ここら辺りは街並みが文化財になってて、奥には武家屋敷なんかもあるんだと」


2020-2-2-82.JPG


アカサカ「店主さんの説明によると、燕やアオダイショウなんかもウェルカムらしい。燕は倒壊しそうな家には巣を作らないし、ヘビは酒の原料のコメを荒らすネズミを退治してくれるからなんだって」


バジりん「へぇ~、そうなんですねぇ」


アキバ「なんかバジりん、嬉しそうだね?」


2020-2-2-83.JPG


アキバ「おお、タンクにいろんな絵が……」


バジりん「なかなか斬新なキャンパスですねぇ」


2020-2-2-84.JPG


アキバ「うっわ~! こりゃまたレトロだね~」


2020-2-2-85.JPG


アカサカ「シャリバンか……。ギャバンと並んで、初期のメタルヒーローだな」


2020-2-2-86.JPG


アカサカ「情報雑誌に載ってる料理も、なんか時代を感じさせるよな(笑)」


2020-2-2-87.JPG


アカサカ「さて問題。『昭和の部屋』と書かれていましたが、この画像には間違いがあります。さてどこでしょう?」


バジりん「アキバ殿、分かりますか?」


アキバ「さあ……?」


アカサカ「正解はお面。『オーレンジャー』も『ビーファイター』も、平成の作品なんだよ」


アキババジりん「なるほど……」


2020-2-2-88.JPG


昭和の街並みを再現したジオラマもありました。


2020-2-2-89.JPG


なかなか緻密に作られています。


2020-2-2-90.JPG


アカサカ「それじゃあいよいよお待ちかねの、日本酒・焼酎の試飲だ!」


2020-2-2-91.JPG


バジりん「コラボ物もあるのが面白いですねぇ」


2020-2-2-92.JPG


アカサカ「普通、芋焼酎は芋を蒸してから発酵させるらしいんだが、この『焼き芋焼酎』は芋を焼いてから、焦げた部分も一緒にして発酵させるんだって。だから、飲んだ時に芋とおこげの風味が楽しめるんだってさ」


2020-2-2-03.JPG


アキバ「うひぇ~、ボク、もう飲めない……。どろんどりょ~ん……」


バジりん「アキバ殿……


アカサカ「試飲で酔いつぶれるまで飲んでどうするよ……




~おしまい~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3295-cae3d46a