FC2ブログ

 今日は北欧民話、『グドブランドとおかみさん』です。

 では、さっそく本文スタート!


グドブランドとおかみさん



 昔、ある村に、グドブランドという男がいた。この男の畑は、麓との間の中ほどの所にあった。で、村の人たちは彼の事を“山っ腹のグドブランド”と呼んでいた。
 グドブランドには良いおかみさんがいた。おかみさんは彼の事なら何もかもよく分かっていた。おまけに、自分の夫がする事なら、みんな良い事ばかりだと信じていた。
 だからおかみさんは、彼がどんなことをしても、
『うちの主人ったら、今度もまた他所の人には真似も出来ない良い事をしてくれたわ』
 と、いつも喜んでいた。
 二人には、自分たちの畑があり、タンスの中には五百クローネの金がしまってあった。牛小屋には、二頭の牝牛がいる。
 二人はお互いに何の不平も無く、大変な幸せであった。
 ところである日、おかみさんが夫に向かって、
「あのね、牝牛を一頭、町へ連れて行って売らなくちゃと思っているんですけれど……」
 と言いだした。
「――そうすれば、お金が取れるでしょう。私達のように、人に恥ずかしくない暮らしをしているものは、人並みにいつも、いくらかのお金を用意しておかなくてはいけません。タンスの中に五百クローネありますけれど、それを使っていまう訳にはいかないでしょう。後が困りますもの。それにね、二頭の牝牛が居ても、しょうがないと思うの。一頭を売って、残りが一頭になれば、水をやったり草を食べさせたり、寝わらの用意をしてやったりするのにも、手数が省けるでしょう。だって、二頭分の世話が一頭だけで済むわけですから、だいぶ楽になりますよ」
 おかみさんにそう言われて、グドブランドは、
(なるほど、もっともな話だ)
 と、思った。
 そこで、グドブランドはさっそく一頭の牝牛を連れて、町へ売りに行くことにした。
 町へ来た。ところが町には、グドブランドの牝牛を買おうというものが、一人もいなかった。町では牝牛はいらないらしかった。
(よしよし、買う人が居なければ、売らなくたっていいさ。どうせまた、牝牛を家に連れて帰ればいいんだから)
 グドブランドはあっさりと諦めた。そして、
(なあに、家へ帰ればこの牝牛の牛小屋だってあるんだし、帰り道が来た道よりも遠いわけではない。どうせ、おいらは家に帰るんだからな)
 と考え、牝牛を連れて町から家の方へとまた歩き出した。
 ぽく、ぽく、ぽく――。しばらく行くと、グドブランドは道の向こうから、一頭の馬を連れてくる男に会った。男の話では、馬を売りに行くところだという。


Gudbrand.JPG


 そこでグドブランドはこう思った。
(牛よりは、馬の方がいいな)
 そうなると、馬が欲しくてたまらない。グドブランドは、さっそく自分の牛と、相手の男の馬とを取り換える事にした。
 馬が自分の物になった。グドブランドは、上手い事をしたぞとばかり、ほくほくしながら道を歩いて行った。
 しばらく行くと、今度は丸々太った豚を先に歩かせて、後からその豚を追い立ててくる男に会った。
 そこでグドブランドはこう思った。
(馬よりは、太った豚の方がよっぽどいいな)
 そうなると、豚が欲しくてたまらない。グドブランドは、さっそく自分の馬と、相手の男の豚とを取り換える事にした。
 豚が自分の物になった。グドブランドは、今度も上手い事をしたぞとばかり、ほくほくしながら道を歩いて行った。
 しばらく行くと、今度はまた、ヤギを連れた男に会った。
(豚よりは、ヤギの方がずっといいな)
 そう思うと、ヤギが欲しくてたまらない。グドブランドは、自分の豚と、相手の男のヤギとを取り換えた。
 またしばらく行くと、羊を連れた男に会った。グドブランドはさっそく自分のヤギと、相手の男の羊とを取り換える事にした。何故なら、グドブランドはいつも、
(ヤギよりは、羊の方がもっといいな)
 と、そう考えていたからだった。
 羊が自分の物になった。また行くと、次には一羽のガチョウを連れた男に会った。
(ガチョウはいい。羽があるからな)
 そう思うと、グドブランドはたちまちガチョウが欲しくなった。で、さっそく自分の羊と、相手の男のガチョウとを取り換えた。
 その次には、一羽の雄鶏を連れた男に会った。グドブランドは自分のガチョウとその雄鶏とを取り換えてしまった。
(ガチョウよりは、雄鶏の方がいいからな)
 そこで気が付くと、グドブランドはお腹がペコペコだった。一日中、歩き続けているわけである。
(お腹が空いてはどうにもならない。雄鶏を売って、何か食べる物を買う事にしよう。雄鶏を持っているよりも、人の命を救う事の方がもっと大事だろうからな)
 グドブランドはそう考えた。
 そう気が付くと、グドブランドは見つかった道端の家へ行き、雄鶏を十二オーレで売った。そして、そのお金で食べ物を買って食べた。
「これでよし」
 グドブランドはとうとう何も持たないで、自分の村へ来た。
 家へ入る途中、グドブランドは近くの知り合いの家へ寄った。その男は、グドブランドが牝牛を連れて町へ売りに出かけた事を知っていた。
「町ではどうだったかね?」
 と、たずねた。
「まあまあという所さ」
 グドブランドは答えた。
 そこで、グドブランドは、はじめっからおしまいまで、今日の出来事を残らずその男に話して聞かせて、
「だから、たいして良かったとも言えないが、悪いというほどでもないやね」
 と言った。
 それを聞くと、相手の男は呆れた顔で、
「やれやれ。そんな事では、家へ帰ったらおかみさんにひどく怒られるぞ! 可哀そうになあ。でも、どうしようたって、お前さんの身代わりになってやるわけにもいかないしな」
 そう言った。
「そうかな。考えてみりゃ、もっとまずい事になっていたかも知れないと思うんだがな」
 グドブランドは言い、
「とにかく、今となっては良かろうと悪かろうと、仕方があるまい。私の家内は気がいい奴だから、私がすることに、決して文句なんか言わないよ」
 そう答えると、
「だけど、今度ばかりはそうは思えないがね。お前さんのしたことが、あんまり酷すぎるんだもの」
 相手の男は言った。
「では、一つ賭けをしようかね? 私の家のタンスに、金が五百クローネあるんだが、お前さんも、それだけの金を賭けるかい?」
 グドブランドは、真面目な顔で言った。
「いいとも!」
 相手の男が答えた。
 話がまとまった。グドブランドは、夕方まで、その男の家で遊んでいた。
 そして、暗くなって明かりがつく頃になり、グドブランドは賭けをした相手の男と一緒に、自分の家へ帰った。
 相手の男はグドブランドの家へは入らずに、外にいる事にした。グドブランドだけが家の中に入って、おかみさんと話をするのを相手の男がドアの所で聞いているという約束だった。
 グドブランドが、家の中へ入った。
「ただいま」
 そう言うと、
「あら、お帰りなさい」
 おかみさんの声がした。
「町では、どうでしたか?」
 さっそく話が始まった。
「うん、まあまあといったところさ」
 グドブランドが答えた。
 そこでグドブランドは、
「町へ行ったところが、誰も牝牛を買おうという人がいないので、おいらは牝牛を馬と取り換えたよ」
 と言った。
「馬ですって! それは良い事をしましたわね」
 おかみさんは嬉しそうに言い、
「何しろ、私達はちゃんとした暮らしをしているでしょう。だから馬があれば、他の人たちのように馬車で教会へ行けますわ。私達だって馬の一頭ぐらいは持っていたっていいわけですよ。ちょうど馬小屋もあるし、さあ、馬を早く小屋へ入れていらっしゃいな」
「うん」
 と、グドブランドは言いかけて、
「だがね、今、馬がいるという訳ではないんだ」
 そこで、グドブランドは一息入れた。
「しばらく行くとね、太った豚を連れた男に会ったんで、馬を豚と取り換えたよ」
 グドブランドは言った。
「考えてみれば……」
 とおかみさんは言い、
「豚の方がずっといいわね。私だって、きっとそうしたでしょうよ。豚からは、ベーコンが取れますものね。これで、町から人が尋ねて来ても、ベーコンがあるから大丈夫ですわ。馬なんかいても、ほんとにしようがありませんものね。もし、私達が馬車などに乗って、今まで通りに教会まで歩いて行かなかったりしたら、みんなはきっと、私達がいばりくさっている、と言うに決まっていますわ。さあ、豚を小屋に入れていらっしゃいな」
 そう言った。
「ところが、今、豚がいるという訳ではないんだ。それからしばらく行くと、ヤギを連れた男に会ったんで、豚をヤギと取り換えたんだよ」
 グドブランドは言った。
「それは良い事をしましたね」
 おかみさんは言い、
「よく考えれば、豚なんかつまりませんものね。肉にして食べてしまえばそれでおしまいでしょう。人から、あの家ではありったけの物をみんな食べてしまう、なんて当てこすりを言われるぐらいのもんですわ。それに比べてヤギが居れば、ヤギの乳もとれるし、チーズだって出来ますわね。長く飼っていれば、ずいぶん役に立ちますよ。さあ、ヤギを小屋にしまっていらっしゃい」
 そう言った。
「それがね、ヤギも連れてきてはいないんだよ」
 グドブランドは言い、
「それからしばらく行くと、羊を連れた男に会ったもんで、ヤギをその羊と取り換えたんだよ」
「まあ! それはうまくやりましたわね」
 おかみさんは言った。そして、
「あなたはほんとに、私が喜ぶことばかりなさるのね。私だって、きっとそうしたと思いますわ。ヤギが居たら、ほったらかしにしておくわけにはいきませんものね。山や谷へ連れて行っても、夕方までにはまた連れて帰らなけでばならないでしょう。それが、羊ならその毛で服だって作れますし、おまけに肉だって食べられるんですから、本当に助かるわ。さあ、早く羊をつれていらっしゃいよ」
「ところが、その羊も、今はいないんだよ。ガチョウと取り換えてしまったんでね」
 グドブランドは言った。
「まあ、まあ! なんて有難いんでしょう。羊が居ても厄介ですものね。だって、刈り取った毛を紡ぐ紡ぎ車も無いし、機織りをするにも機台が無いでしょう。羊が居なければ、自分が着る物を織ったり、布切れを断ち切ったり、糸で縫ったりもしないで済みますわ。そんなものは、今まで通り買えばいいんですからね。ガチョウでしたら、私は前からその肉を食べたいと思ってましたし、羽や毛は枕に詰めれば役に立つでしょう。さあ、すぐに行って、ガチョウを連れていらっしゃい」
「うん。けれど、そのガチョウもここにはいないんだよ。雄鶏と取り換えてしまったもんだからな」
「なんとまあ、あなたは何でも、よく気が付く人でしょう!」
 おかみさんは叫んだ。
「私だって、そっくりあなたと同じことをしたでしょうよ。雄鶏なら、柱時計の代わりになりますものね。雄鶏は、毎朝四時に鳴きますから、私達はきちんと正しい時間に起きられます。ガチョウなんかつまりませんわ。私はガチョウの料理の仕方をよく知りませんし、枕には干し草を詰めてもいいですからね。さあ、雄鶏を連れていらっしゃいよ」
 おかみさんにそう言われて、
「それが、その雄鶏もいないんだよ」
 と、グドブランドは情けなさそうな声で言った。そして、
「歩いている内にお腹がペコペコになってしまったんだ。そこで雄鶏を十二オーレで売り、その金で食べる物を買い、それを食べて命をつないだってわけさ」
 そのように言った。
 さあ、おかみさんがどんな返事をするだろう?
 グドブランドと賭けをした男は、ドアの所で、グドブランドとおかみさんの話を残らず聞いていた。そして、
(いくら気がいいおかみさんだって、ここら辺りでもう怒っても良さそうなもんだがな。これで、グドブランドの話はすっかりおしまいなんだから)
 と、考えた。
 その途端の事だった。
「あら、嬉しい! 涙が出てきそうだわ。あなたって、本当に良い事ばかりなさるのね」
 そう言うおかみさんの声が聞こえた。
 続いて、おかみさんはこう言った。
「あなたがなさる事はみんな、私が心の中でそうしたいと思っているのと同じですわ。雄鶏なんかいるもんですか。私達は、誰にも使われているわけではないのですもの。朝、眠りたいだけ寝ていられるんですよ。ほんとに嬉しいわ。私はあなたさえ帰ってきて下されば、他に何も言う事なんかありません。有難いわ。あなたって、本当にいい人だわ。雄鶏だの、ガチョウだの、豚だの、ヤギだの、羊だの、馬だの、牝牛だの、そんなものとあなたとを比べるわけにはいきません。あなたは私の宝なんですもの」
 そこでグドブランドはドアを開けた。そして、賭けをした相手に、
「さあ、どうだね? お前さんの五百クローネは、私がもらっていいかい?」
 と言った。
 なんと珍しい夫婦がいたものである。
 相手の男はとうとう自分が賭けに負けたことを認めた。そして、グドブランドに五百クローネを出した。




~おしまい~


 いかがでしょうか?


 バカ夫婦と言うかバカップルと言うか、奥さんも旦那のやることにとことんポジティブと言うか……。(^ ^;)

 今回は最終的に結果オーライでしたけど、こんな夫婦だったら、きっと人生って楽しくてしょうがないだろうなぁ……。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3271-e86da80d