FC2ブログ

 こんにちは、アカサカです。

 年賀状も出してきたし、来年を迎える準備は万端です。


 ……師走の大掃除? まぁ、気が向いたらその内……(おい)。


 そうそう、昨日書いたアーツ・ラビットドラゴンの件、今日、直接プレバンの番号を聞いてかけてみたんですが、かいつまんで言うと「申込期限内でないとどういう理由があっても購入権は無い」との返答でした。

 おいおい、いくら何でもそれはないんじゃないの?


 さて、今回は『店舗日誌』です。

 ストーリー自体は何年も前から決めていましたが、『ナツミ編』が滞ってた影響で、制作が伸びに伸びていました(ナツミ編の完結編を急いで投稿したのもその辺りの事情)。


 では、早速スタート!


nisshi63wa-1.JPG


店員「有難う御座いました~」


nisshi63wa-2.JPG


杏子「うわ、寒~っ! 雪でも降んじゃねーの?」


汐莉「今日降ったらホワイトクリスマスね」


nisshi63wa-3.JPG


杏子「ったく、なんで買い出しになんか行かなきゃなんねーのよ?」


汐莉「う~ん、クリスマス会を仕切ってるマミちゃんの命令だからねぇ」


nisshi63wa-4.JPG


杏子「女ってのはなんでこうパーティとかが好きなんだろうな」


汐莉「アンタも女でしょ」


nisshi63wa-5.JPG


汐莉「ところで、なんで変身してるの?」


杏子「いや、変身したら寒さも防げるかなって」


汐莉「結果は?」


杏子「変わらねえ」


汐莉「……そうでしょうね」


nisshi63wa-6.JPG


杏子「いつまでもこんな格好しててもしょうがねえし、変身解くか……」


ぐっ


nisshi63wa-7.JPG


杏子汐莉「え?」


nisshi63wa-8.JPG


杏子「な……なんだぁ?」


nisshi63wa-9.JPG


?「サンタさん」


nisshi63wa-10.JPG


杏子「はあーっ?」


汐莉「……成程。あんたが赤い服着て白い袋しょってるからよ」


nisshi63wa-11.JPG


杏子「あのなぁ、あたしは年寄りじゃねーし、第一男じゃねーぞ」


nisshi63wa-12.JPG


汐莉「うーん、お菓子ならたくさんあるけど……何かサンタから欲しいものあるの?」


nisshi63wa-13.JPG


?「パパとママ」


nisshi63wa-14.JPG


?「せっちゃんね、パパとママと一緒にケーキ食べたいな」


~場面転換~


nisshi63wa-15.JPG


そして。


nisshi63wa-16.JPG


マミ「……で?」


nisshi63wa-17.JPG


マミ「何で連れてきちゃったのよ!?」


杏子「連れてきたんじゃねぇよ、ついて来たんだよ勝手に!」


nisshi63wa-18.JPG


まどか「迷子なのかな」


汐莉「わかんないけど……なんかあたし達懐かれちゃって」


nisshi63wa-19.JPG


さやか「あれ?」


nisshi63wa-20.JPG


さやか「これって迷子札じゃないの?」


マミ「本当ね。『あると せいら』……連絡先が書いてあるわよ。携帯かしら、これ」


nisshi63wa-21.JPG


汐莉「かけてみるわ。くれちゃん、携帯貸して?」


くれは「はい」


nisshi63wa-22.JPG


汐莉「あ、もしもし。せいらちゃんのお父さんですか? 娘さんを路上で保護したんですけど……」


父親『……ああ』


nisshi63wa-23.JPG


父親『それはどうも。私、今仕事中なんで、その辺の交番にでも預けといて下さい』


さやか「はあ?」


nisshi63wa-24.JPG


父親『娘はどうも私達が留守の時に家を抜け出す癖がありましてね。ウチは共働きだから面倒ですよ』


nisshi63wa-25.JPG


さやか「面倒……って、あんたの娘でしょ? クリスマスの夜くらい早く帰ってやりなよ!」


父親『……な、何だね君は』


nisshi63wa-26.JPG


父親『この不景気にクリスマスも何もあるわけないだろう。第一私たちは娘を育てるために働いてるようなものなんだ。それを君……』


nisshi63wa-27.JPG


汐莉「あー、お父さん?」


nisshi63wa-28.JPG


汐莉「せいらちゃんはあたし達が預かったから、あーんな写真やこーんなビデオを撮られてそーゆーシュミのお客さんに売られても知らないわよ。んじゃ


nisshi63wa-29.JPG


父親『なっ、ちょっ……』


ピッ


nisshi63wa-30.JPG


瀬利「~~~、おーい、いーのかよ、そういう事言って」


汐莉「少しは頭、冷えるんじゃなーい? はい、返すわね


nisshi63wa-31.JPG


くれは「……それにしても、汐莉にしては珍しくキレましたね」


nisshi63wa-32.JPG


汐莉「んー? なんとなくねー。何か飲む? せっちゃん


瀬利「…………」


nisshi63wa-33.JPG


ドンチャン、ドンチャン♪


nisshi63wa-34.JPG


ウエスト「次ー、AKB歌いまーす♪」


杏子「……汐莉」


nisshi63wa-35.JPG


杏子「どーする、せっちゃん? もー夜遅いぜ」


汐莉「うーん、まだいいんじゃない? 楽しそうだし」


nisshi63wa-36.JPG


汐莉「誰もいない家で、賑やかなTV見ながら一人でケーキ食べて過ごすクリスマスなんて、子供にとっちゃ寂しい事だもんね」


nisshi63wa-37.JPG


杏子「……そんなもんか」


汐莉「そんなモンよ」


nisshi63wa-38.JPG


杏子「…………」


nisshi63wa-39.JPG


杏子「……汐莉さ」


nisshi63wa-40.JPG


汐莉「何?」


杏子「……やっぱ何でもねーや。シャンペン飲も


nisshi63wa-41.JPG


ガラッ!


nisshi63wa-42.JPG


父親「せいら!」


nisshi63wa-43.JPG


せいら「パパ……ママ!」


nisshi63wa-44.JPG


くれは「良くここが分かりましたねー……」


父親「見滝原中の生徒が教えてくれたんだよ。同級生がせいらを連れてここの本屋に入っていくのを見たって」


nisshi63wa-45.JPG


汐莉「何もしてないから安心していーわよ」


父親「当たり前だ! 悪ふざけもほどほどにしたまえ!」


nisshi63wa-46.JPG


母親「帰るわよせいら! パパもママも仕事に戻らなきゃいけないんだから」


ぐいっ


nisshi63wa-47.JPG


せいら「……ヤダッ」


母親「せいら!」


nisshi63wa-48.JPG


父親「何で分からないんだ? パパ達はお前のためを思って働いてるんだぞ!」


せいら「……!」


nisshi63wa-49.JPG


nisshi63wa-50.JPG


父親「な……何だね、君は?」


汐莉「分かってないのはアンタ達の方じゃない?」


父親「何……!?」


nisshi63wa-51.JPG


汐莉「その子が、サンタに何お願いしたか知ってる? オモチャでも洋服でもケーキでもない」


nisshi63wa-52.JPG


汐莉「“あんたたち”よ。せっちゃんが本当に欲しいのは」


nisshi63wa-53.JPG


汐莉「大好きな両親と過ごす、たった一日のクリスマスなの」


nisshi63wa-54.JPG


汐莉「そーゆー事に気づいてあげないと、あたしみたいなヒネた人間に育っちゃうわよー?」


杏子(汐莉……)


nisshi63wa-55.JPG


父親「わ……私達は……」


nisshi63wa-56.JPG


せいら「……だめー」


nisshi63wa-57.JPG


せいら「パパいじめちゃダメー」


nisshi63wa-58.JPG


父親「せ……せいら……」


nisshi63wa59-.JPG


父親「……寂しかったんだな。ごめんな……」


~場面転換~


nisshi63wa-60.JPG


杏子「うわ、めちゃ寒ッ!」


nisshi63wa-61.JPG


杏子「……今頃、親子三人でケーキでも食ってるかな。はしゃぎ疲れて寝てそーだけど」


汐莉「いーんじゃない? それはそれで」


nisshi63wa-62.JPG


杏子「そーいや汐莉はさぁ、イヴを一緒に過ごして欲しいなーっつー人いる?」


nisshi63wa-63.JPG


汐莉「やっだぁ、そんなの。言わなくても分かるじゃなーい?」


nisshi63wa-64.JPG


杏子「……あー、そうだったな。聞いたあたしがバカだったよ……」


nisshi63wa-65.JPG


くれは「ハクション!」


nisshi63wa-66.JPG


マミ「あら、碧さん、風邪?」


くれは「いやぁ、そんなはずはないんですが……」


nisshi63wa-67.JPG


マミ「それにしても……」


nisshi63wa-68.JPG


マミ「あの二人どこ行ったのよ!? 後片付けくらい手伝うでしょ、普通!」


くれは「まぁまぁ、巴さん。そんなにカッカしなくても……」




~おしまい~


nisshi64wa-.JPG


~次回予告~


シザース「シザースです。世の中、色々なお菓子があるわけですが、時にはゲテモノとしか言えないようなお菓子もありますよね。ちょうど私達サレラシオ署でも、先日そんなお菓子工場の行政指導に言ってきたんですが……。次回、『高鉄狭・チョコレート工場』。お楽しみに!」

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3255-d0775f76