FC2ブログ

 こんにちは、アカサカです。


 今日はアメブロの方に、昨日買った『スタジオシリーズ』のハイタワーの簡易レビューを投稿してきました。


 さて、本ブログのこちらは今日はどうしようかと迷ったのですが、「二日続けて『文庫本コーナー』の記事にするのも芸が無いしなぁ……」と考えた結果、現在進行中の、『RPGツクール2』版『ファイクエ』の記事にしようと思い立ちました。


 今日はモンスターについて少々……。


2019-12-14-1.JPG


 まずは前回も紹介しましたが、ただのザコI世。

 ステータスは、サンプルゲームのモンスターのものを参考にして作ってみました。


 レベル1だとティグレとリーリオでも2ターンかかりますが、レベル2になった途端に1ターンキルできる程度の能力です(さすがに素手ではそうもいきませんが)。


2019-12-14-2.JPG


 で、ザコII世。

 原作では姿もちょっと違いますが、こっちでは色違いって事で。

 あ、ちなみに今作でも食用設定は生きてて、回復アイテムに『ザコの姿焼き』やら『炒めザコサンド』なども出てきます(爆)。


 原作の設定どおり、能力は五十歩百歩です。


2019-12-14-3.JPG


 スライム。

 ドラクエでは最弱のモンスターですが、『ファイクエ』にはザコがいるので、3番目に弱いモンスターです。


 特殊能力なども特にはありません。


2019-12-14-4.JPG


 コボルド。

 上記の三体よりはやや強く、『突撃』の特殊攻撃を行ってきます。


 とは言え、私が持ってるモンスター図鑑に「危険度:小(もしこの生物を危険だと感じるようなら、あなたは冒険者をやめることを考えた方がよい)」と書いてあったので、スタート地点周辺に登場する、最も弱いモンスター群に含まれています。


 体色はコバルトの語源になっているので、ブルー系のカラーリングにしてみました。


2019-12-14-5.JPG


 小説版『ファイクエII』にも登場したダークトレント。

 4コマにもキーちゃんのパートで登場しています。


2019-12-14-6.JPG


 小説版で、野宿する石川一行を襲った陸ガニ。こちらでも冒険がやや進んだ地域に出そうと思っています。

 色違いでクラブガンス(赤)とマッドクラブ(緑)も作ってます。


 元のビジュアルはスーファミ版での『ツクール1』に相当する、『RPGツクール SUPER DANTE』のカニモンスターでした(ちなみにあっちはモンスターのカラバリが存在しない)。


2019-12-14-7.JPG


 何気に小説版では『1』と『2』の両方に登場している犬面人。

 今回はコボルドの上位種にしました。


 他にネコ獣人とトラ獣人のグラフィックも別個にあるので、こちらもダンジョン用のモンスターに使おうと思っています(フィールド用は容量を使い切った)。


2019-12-14-8.JPG


 小説版にも出した、いのちトリ(言うまでも無く「命取り」が元ネタ)。

 色違いでワイルドターキー(茶色)、メイジターキー(赤)、フロストターキー(青)がいます。


 さて、お次はボスキャラも少々……。


2019-12-14-9.JPG


 まずは『ファイクエI』での1面のボスにあたるウインドリザード。

 RPGツクールには、この2と3にリザードマンのグラフィックがありますが、個人的にはこちらの『2』版が好みです(初めてウインドリザードを作ったのは『ツクール3』版ですが)。


 ティグレたちとは、腕試しと言うか、試合のような感じでの戦闘を考えています。


2019-12-14-10.JPG


 マージュも。

 もちろん今回は物語の黒幕だとか、そんな事はありません。


2019-12-14-11.JPG


 あとはこんなのも。

 上述の『SUPER DANTE』のサンプルゲーム『FATE』に登場するボスの一体(『SUPER DANTE』では青い東洋龍のグラフィック)なんですが、その登場シーンが個人的に好きなので、パロディにしてみようかと思って作ってみました。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3245-1f11425b