FC2ブログ
2019.12.08 歯抜き騒動

 こんばんは、アカサカです。

 今日は『文庫本コーナー』で、アメリカ民話、『歯抜き騒動』をお送りしたいと思います。


 では、スタート!


歯抜き騒動



 昔は、みんな丈夫な歯をしていたという事です。
 何しろ今のように、甘いお菓子もあまり無いし、固い物ばかりたくさん食べていましたから、自然に丈夫になってしまったのです。
 デミジョンビルという村の歯医者さんは、年寄りでしたし、みんなが丈夫な歯をしていたので、歯を抜くのに、そりゃ苦労をしたということです。
 ええ、虫歯じゃなくったって、曲がって生えてきたり、余分に生えてきた歯は抜く必要があったのです。抜かないとほっぺに穴が開くなどという事になりますから。
 その頃は、歯を抜くのは、釘と金づちを使いました。けれど、それでも抜けない事がありました。
 この村に、バーニーという、それは背の高い男が居ました。
 小さな男だったら、肩に乗らなければ話が出来ませんでした。
 そのバーニーの一本の歯が、これまたバーニーの背のように伸びすぎてしまって、どうにも邪魔で仕方がありません。
 バーニーは、歯医者を家に呼びました。
 何しろ、バーニーの背は高すぎて、歯医者の家に入れませんでしたから。
 年寄りの歯医者は、釘と金づちをもって、バーニーの家にやって来ました。
「どれ、どれ、どの歯を抜くのだね?」
 歯医者は椅子の上に乗って、バーニーの口の中を覗きました。
「おや、まあ、こりゃ大きな歯だ」
 歯医者は歯茎の所に釘を当て、金づちでとんとんやってみましたが、とても抜けるものではありません。
「やれ、やれ、こいつは大ごとだぞ」
 歯医者は猫の腸で作った丈夫な紐を歯に結び付けました。
 それからバーニーの足を、納屋の柱に括りつけました。
「これでよしと。さあ、みんな、手のあいている者は、バーニーの歯を抜くのを手伝っておくれ」
 まずバーニーの奥さんが、歯医者の上着のすそをしっかりとつかみました。
 その後ろに、家の者がずっと並んで、まるで運動会の綱引きのように引っ張ったのです。
 だが、歯は動きもしないのです。
 今度は家の者だけでなく、通りかかった人も頼みました。
「うんとこ、どっこいしょ!」
 掛け声も勇ましく引っ張りましたが、やはり駄目です。
 日曜日でしたので、村の人たちは、みんな家から出てきました。
 それほど、バーニーの家の騒ぎが酷かったのです。
「なんだ、なんだ」
「バーニーの歯が抜けないんだってさ」
「そりゃ、気の毒だ。手伝ってやろう」
 とうとう、綱を引っ張る人たちが、村のはずれの丘の向こうまで伸びてしまいました。
 さあ、よいしょ、こらしょ!
 その、物凄い力ったら!
「やめてくれ!」
 バーニーがたまりかねて叫んだのでしたが、間に合いませんでした。
「あっ!」
 バーニーの物凄い悲鳴。
 バーニーの身体が、空高く舞い上がったのです。
 綱につかまっていた人たちは、どっと後ろに倒れました。
 やっと歯が抜けた。
 いえ、いえ、違いました。
 歯は、それでも抜けませんでした。抜けたのは、バーニーの首でした。
 歯医者がよくよく調べてみると、バーニーの歯の根は、バーニーの足の先まで伸びていて、先の所で折れ曲がっていたのだそうです。




~おしまい~


 いかがでしたか?


 最初は割と現実的なところから始まって、最後の最後で物語らしいナンセンスなオチになったというか……。(^ ^;)


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3239-1aa355a9