FC2ブログ

 今日は『店舗日誌』の新エピソードです。

 長かった『ナツミ編』も、ようやく完結させられそうです……。(^ ^;)


 ちなみに余談ですが、FC2になってからヤフブロ時代にあった『一記事につき画像は50枚まで』の制限がなくなったので、より切りのいい所で話を分割できるようになりました(笑)。


 では、さっそくスタート!


nisshi62wa-1.JPG


ナツミ「ねえ、咲夜」


咲夜「はい?」


nisshi62wa-2.JPG


ナツミ「あなた、新しい実験材料は欲しくない? チェック


nisshi62wa-3.JPG


咲夜「実験材料? え~、待って下さいよ」


nisshi62wa-4.JPG


ナツミ「そう。泳ぎ方を忘れた人魚姫のグリーフシード……。ダ~メ


nisshi62wa-5.JPG


咲夜「む~ん。それは面白いですねぇ……。えー、ケチ


~場面転換~


nisshi62wa-6.JPG


瀬利「……そうか。くれはの奴が……」


nisshi62wa-7.JPG


マミ「ええ。あとは、碧さんを信じるしかないわ」


nisshi62wa-8.JPG


瀬利「すまねえ。あたしが、さやかの奴を止められなかったから……」


nisshi62wa-9.JPG


杏子「お前のせいじゃねえよ」


nisshi62wa-10.JPG


マミ「その通りよ。誰のせいでもないわ。筑紫さんは、傷を治す事に専念して」


瀬利「ああ……」


~場面転換~


nisshi62wa-11.JPG


くれは「……では、そろそろ始めましょうか」


nisshi62wa-12.JPG


まどか「ねぇ、くれはちゃん。私も、さやかちゃんについてていい?」


nisshi62wa-13.JPG


くれは「それは構いませんが……。しかし、何故?」


nisshi62wa-14.JPG


まどか「私がくれはちゃんにお願いしたから、最後まできちんと見届けたいの。それに、さやかちゃんにしっかり『お帰り』って言ってあげたい」


nisshi62wa-15.JPG


くれは「分かりました。それでは、行きましょう」


nisshi62wa-16.JPG


くれは「では、始めますが……腰を抜かさないで下さいね?」


まどか「?」


nisshi62wa-17.JPG


くれは「すべての宇宙の暗黒の底より、命の奥にうごめく絶望を呼び覚まし、狂暴なる本能を解き放て!」


nisshi62wa-18.JPG


カッ!


まどか「!」


nisshi62wa-19.JPG


まどか「…………?」


nisshi62wa-20.JPG


まどか「! これが、くれはちゃんの……」


くれは <そう。魔女としての姿です>


まどか「…………」


nisshi62wa-21.JPG


くれは <醜い? 恐ろしい? でも、これが今の私の本当の姿なのです>


nisshi62wa-22.JPG


まどか「ううん、そんな事ない」


nisshi62wa-23.JPG


まどか「例えどんな姿をしていたって、くれはちゃんはくれはちゃんだもん!」


nisshi62wa-24.JPG


くれは <……本当に、呆れるくらいいい人ですね、あなたは……>


nisshi62wa-25.JPG


くれは <それでは、祈っていて下さい。美樹さんのために>


まどか「うん!」


~場面転換~


nisshi62wa-26.JPG


杏子「……結局、あたしらには何も出来ねえってか……」


マミ「仕方ないわ。今、美樹さんを助けられそうなのは碧さんだけだもの。私たちは、彼女を信じるしかない」


nisshi62wa-27.JPG


ナツミ「へぇ、なかなか面白い事を言うのね」


マミ杏子「!」


nisshi62wa-28.JPG


ナツミ「お元気?」


nisshi62wa-29.JPG


杏子「てめえっ!」


ナツミ「あらあら、ずいぶんと荒れてるわねぇ」


nisshi62wa-30.JPG


杏子「誰のせいだと思ってやがんだ!」


スッ……


杏子「!」


nisshi62wa-31.JPG


杏子「マミ!?」


マミ「一体なんの用? 悪いけど、今、私たちはとても虫の居所が悪いの。手加減してあげられる保証はないし、容赦する気もないわ」


nisshi62wa-32.JPG


ナツミ「ふふ、怖い怖い。いえね、あの青ショートの魔女のグリーフシードを頂きに来たのよ。彼女の魔力反応を探したけど、感知できなかった。となれば、あなた達が持ってるんでしょう? 彼女のグリーフシードを」


nisshi62wa-33.JPG


ナツミ「そう。魔女になった彼女を仕留めて、ね」


nisshi62wa-34.JPG


マミ「何のことか分からないわね。仮に持っていたとして、『はいそうですか』って渡すとでも思うの?」


nisshi62wa-35.JPG


ナツミ「まぁ、無理でしょうね。ベタな台詞だけど……」


nisshi62wa-36.JPG


ナツミ「渡したくなるまで、遊ばせてもらおうかしら」


nisshi62wa-37.JPG


咲夜「む~ん、それでは……」


nisshi62wa-38.JPG


咲夜「さぁて、願いましては」


~場面転換~


nisshi62wa-39.JPG


くれは <アルビディオーン・ミキシララム・ストロンビ・バースト……ソロビリアース・リフォール・ラハパール……>


nisshi62wa-40.JPG


まどか(お願い……さやかちゃん……。戻ってきて……)


nisshi62wa-41.JPG


ガキン!


杏子「くっ!」


nisshi62wa-42.JPG


ナツミ「あらあら、あっけないわね。やっぱり、仲間が揃っていないと力を発揮できないのかしら?」


nisshi62wa-43.JPG


ナツミ「それとも、目の前で仲間を助けられなくて、無力感を感じてるのかしら?」


nisshi62wa-44.JPG


バシュゥゥゥッ!


ナツミ「!」


nisshi62wa-45.JPG


ナツミ「……そう言えば、今はあなた達も、彼女の仲間になってたんだっけね」


nisshi62wa-46.JPG


杏子「お前ら!」


nisshi62wa-47.JPG


ディケイド「ネビュラスチームガンを?」


nisshi62wa-48.JPG


アカサカ「ああ。あの子はまどかちゃんを守るために、強い力を欲してたからな」


ディケイド「非道い奴だな、あんたは。あれは子供の玩具にするには危なっかし過ぎるだろ」


nisshi62wa-49.JPG


アカサカ「おいおい、悪党呼ばわりはよしてくれ、ディケイド。ネビュラガスの人体実験もしてないし、あくまで武器として渡しただけだけだぜ。ヤクザや自衛隊に万引きに入らせるより、よほど健全だろ?」


nisshi62wa-50.JPG


アカサカ「オレはノーベル人道主義(ヒューマニズム)賞をもらえる器だとさえ思ってるんだ。そうだろディケイド?」


nisshi62wa-51.JPG


ディケイド「あんたがそれだったら、グリーン・ドルフィンのケンゾー教祖はノーベル平和賞だ」


アカサカ「ふん、言ってろ」


nisshi62wa-52.JPG


マミ「暁美さん、七海さん! それに……」


nisshi62wa-53.JPG


マミ「筑紫さん、怪我はいいの!?」


瀬利「さやかをあんな目に遭わせた奴を野放しに出来るか! 苛立たしいぜ!」


nisshi62wa-54.JPG


瀬利「あたしがぶった切ってやる!」


nisshi62wa-55.JPG


ナツミ「あらあら、怖い怖い。あの青ショート一人に、どうしてそこまで怒る事が出来るのか、興味がわくわねぇ」


nisshi62wa-56.JPG


瀬利「……誰かの力になりたい。誰かを守りたい。それがアイツの闘う理由だ」


nisshi62wa-57.JPG


瀬利「お前にはそんな気持ち、これっぽっちもねぇだろ! 美樹さやかはなぁ……正義のヒーローなんだよ!」


nisshi62wa-58.JPG


マミ「私達は、仲間を信じてる! 仲間がいるから、強くなれるのよ!」


nisshi62wa-59.JPG


ナツミ「『信じる』、ねえ。それって本当に正しいのかしら?」


マミ瀬利「!?」




~つづく~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3238-621dacc6