FC2ブログ

 今日は『文庫本コーナー』で、ポリネシアの民話、『フクロウの恩返し』をお送りしようと思います。


 では、スタート!


フクロウの恩返し



 昔、南の方のある島に、カポイという若者が、病気の母を抱え、貧しい暮らしをしていました。
 ある日の事。カポイは母に食べさせる魚を捕りに、湖へ行きました。
 けれどもその日に限って、一匹の魚も捕れませんでした。
 がっかりしたカポイは、すごすごと帰る途中で、草むらにあるフクロウの巣を見つけました。巣の中には、七つの卵が入っていました。
(良かった。病気の母には、魚よりもこの卵の方がいい……)
 喜んだカポイがその卵を持って帰り、火の中に入れて焼こうとした時でした。
 外の方で、不思議な声がしました。
「カポイ、カポイ! 私の卵を返しておくれ!」
 悲しそうに叫んでいるのは、垣根にとまっている一羽のフクロウでした。
「そうか、お前か。でもな、この卵は、病気の母に食べさせるんだ。気の毒だが、返してやれないよ」
 カポイは断ってまた火の中に入れようとしました。
「待っておくれ! 待っておくれ!」
 慌てたフクロウは、家の中に入ってくると、カポイの前にしゃがんで言いました。
「ね、カポイ。どうしてもだめなら、卵の代わりに私を殺してお母さんに食べさせておくれ。私の方が、卵より栄養があるんだから……。そしてその卵は、あの巣の中に返しておくれ。ね、お願いします!」
 そうまで言われると、カポイも考え込みました。と、これを聞いていた病気のお母さんがカポイを呼びました。
「カポイ。フクロウがあんなに言っているのだから、その卵は巣の中に返してやっておくれ」
「えっ、すると、卵の代わりにあのフクロウの方を……」
「いや、私はフクロウの肉なんて、とても食べる気はしませんよ。明日までがまんをしていればいいのだから……。フクロウも卵も、そのまま返してやっておくれ」
 母の言葉に、カポイはほっとしました。
 カポイにしても、フクロウを殺すなんてとても出来ない事だからです。
 喜んだフクロウは、カポイに言いました。
「有難う、カポイ。このお礼はきっとします。――近い内にお母さんの病気の治る薬を見つけて、届けます。それから、雨漏りのするこの家も、立派な家に作り替えてあげましょう」
「え、そんな事が出来るのかね?」
「ええ、私の仲間たちみんなが力を合わせると、きっと出来ますよ」
 しかし、カポイもカポイの母も、そんな事などあてにしていませんでした。
 ところが、五日経った夕方でした。
 畑の仕事から帰ったカポイは、驚きました。今朝までの、あのあばら家が、まるで王様の御殿のような立派な家に変わっているのです。そして、今朝まで寝たっきりだった母が、元気そうに起き出していて、夕食の支度をしているのです。
 ――なんと、不思議な事でしょう……。その不思議な噂は、すぐに島中に広がりました。
 すると、面白くないのは、この島の王様でした。
「卑しい身分の者が、急にそのような立派な御殿なんか造れるはずがない。そいつは、きっと魔法使いかも知れないぞ。だったら今に、わしの命を狙ってくるかもしれない。早くひっとらえてまいれ!」
 家来たちは、すぐにカポイを捕らえて、王様の前に連れてきました。
「カポイという不埒な魔法使いはお前か! この島に、魔法使いなどを生かしておくわけにはいかない。死刑だっ!」
 カポイがいくら訳を話しても、王様は聞いてくれませんでした。
 そして、とうとうカポイを死刑にする日が決まってしまいました。
 これを聞いて、驚いたのはカポイに助けられたフクロウでした。
 自分のお礼のつもりでやった事が、かえってカポイを不幸にしてしまったのだ。と思うと、気の毒でなりません。すぐに仲間を集めて相談しました。
 一方、捕らえられたカポイの方は、とうとう処刑の日になってしまいました。
 カポイは刑場に引き出されました。そして、家来たちが処刑の準備を始めた時でした。突然、刑場の空が真っ暗になりました。黒い雲が一面に……。いや、それは雲ではなくて、フクロウの大群でした。
 フクロウたちは、家来たちを目がけて飛びかかり、鋭いくちばしで、頭を、顔を、突っつき始めました。
「うわっ、助けてくれ!」
 家来たちは悲鳴を上げ、カポイをほったらかしたまま、命からがら逃げだしてしまいました。
「なにっ、フクロウの大群だとっ! そんなものが怖くて、処刑もせずに逃げてきたというのか!」
 王様は家来たちを怒鳴りつけました。が、なるほど、誰もが血だらけで、大変な怪我です。
「よし、それでは別の新しい者どもを集めろ!」
 しかし、その家来たちがまだ出発しない内に、フクロウの大群は、王様の御殿の方を襲ってきました。
「あっ、これは、物凄い敵だ!」
 王様は、慌てて御殿の中に逃げ込みました。と、おつきの大臣が言いました。
「王様! これだけのフクロウの大群を動かすのは、人間や魔法使いにはできない事です。これは、きっと、神が怒ったからです。すぐにカポイを許す事にしましょう。でないと、家来たちはみんな殺されてしまいます!」
 大臣に言われて、王様もやっと、自分のしていることが悪かったと気が付きました。
 しばらく経って、王様が庭に出ていくと、フクロウたちの姿はもう消えてしまっていました。
 そして、傷ついた家来たちの真ん中に立って、にっこり笑っているのはカポイでした。
 王様は、自分の悪かったことを、心からカポイに謝りました。
 そしてそののち、カポイは王様の家来になって幸せな一生を送りました。
 ――この南の方の島というのは、今のハワイです。ですから、ハワイの人々は、今でもフクロウを神の鳥として敬っているのです。




~おしまい~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3231-d6a2178a