FC2ブログ

LG-Dinasaur-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ダイナザウラーを紹介するぞ!」


LG-Dinasaur-2.JPG


サンクラ「ダイナザウラーは、デストロン軍団のダイノベースだ。硝煙を上げる瓦礫が自分の腰の高さになるまで破壊活動をやめない、無慈悲な戦闘マシーンだぞ。アニメでは、『2010』の序盤でビルドロンが地球の都市を密かに改造して建造したんだぜ」


LG-Dinasaur-3.JPG


サンクラ「横から。恐竜と言うより『怪獣』と形容した方がピッタリのボリュームだな。この巨体だが、ロケット・バックパックで高度32kmのジャンプが可能だぞ」


LG-Dinasaur-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードでの車輪が、背びれのように配置されてる」


LG-Dinasaur-5.JPG


サンクラ「頭部。G1版の玩具カタログやOVA『スクランブルシティ発動編』ではこの状態だったが……」


LG-Dinasaur-6.JPG


サンクラ「後頭部のこの部分に……」


LG-Dinasaur-7.JPG


サンクラ「ヘッドマスターをセットすると、スプリングで……」


LG-Dinasaur-8.JPG


サンクラ「粒子ビーム砲が展開する。TVアニメじゃ、常にこの状態だったぞ」


LG-Dinasaur-9.JPG


サンクラ「口は大きく開けることが出来る。口腔内には熱追跡プラズマ爆弾を搭載してるぞ」


LG-Dinasaur-10.JPG


サンクラ「そして、口からヘッドマスターを飲み込むことが出来るギミックがあって……」


LG-Dinasaur-11.JPG


サンクラ「飲み込まれたヘッドマスターは、ダイナザウラーの胸部に落ちる仕組みだぞ」


LG-Dinasaur-12.JPG


サンクラ「それから口の中には、ヘッドマスターを立たせるためのピンもついてるぞ」


LG-Dinasaur-13.JPG


サンクラ「武器を全展開した状態。実は内心じゃ戦いが退屈で無益だと達観してるが、最強兵士たる役を引き受けてるのは、他に適任がいないから、って一面もあるんだぜ」


LG-Dinasaur-14.JPG


サンクラ「腕はこんな風に、かなり自由に動かすことが可能だ」


LG-Dinasaur-15.JPG


サンクラ「さて、胸部のこの部分だが……」


LG-Dinasaur-16.JPG


サンクラ「これは分離して、フルチルトってTFになる。アニメには未登場だが、コミック版では活躍したぞ」


LG-Dinasaur-17.JPG


サンクラ「ルーフ部分には、武器を装備可能だ」


LG-Dinasaur-18.JPG


サンクラ「運転席にはヘッドマスターを搭乗させることが出来るぞ」


LG-Dinasaur-19.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-20.JPG


サンクラ「フルチルト、ロボットモード。ダイナザウラーの警備ロボットだ。上記の通りアニメには未登場だが、LG版ではダイナザウラーのブラックボックスとされ、こいつがいる限り、ダイナザウラーは復活可能って設定になったぞ」


LG-Dinasaur-21.JPG


サンクラ「頭部アップ。今回はヘッドマスターとしてのリメイクだ。G1版ではダイナザウラーの付属アイテムだったから、シンプルなデザインになってるぞ」


LG-Dinasaur-22.JPG


サンクラ「背中側。こちらもシンプルにまとめてあるぞ」


LG-Dinasaur-23.JPG


サンクラ「武器はビークルモードで装備していたライフルだ」


LG-Dinasaur-24.JPG


サンクラ「今回もダイナザウラーの付属アイテムには違いないが、御覧の通り、通常のデラックスクラスとほぼ同じボリュームになってるぞ」


LG-Dinasaur-25.JPG


サンクラ「それじゃあ、ダイナザウラー、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-26.JPG


サンクラ「ダイナザウラーの変形は、脚部が足首部分で二つに割れるのが特徴だ。英名の“トリプティコン”も『蝶番で止めた三つ折り板(triptych)』に由来し、こいつの独特な変形方式になぞらえてるぞ」


LG-Dinasaur-27.JPG


サンクラ「都市型基地モード。アニメでは、デストロンの地球基地として活躍したぞ。着陸と修理ベイ、通信センターと回転式スキャナーを備えてるぞ」


LG-Dinasaur-28.JPG


サンクラ「御覧の通り、撮影スペースからはみ出るほどのボリュームだ」


LG-Dinasaur-29.JPG


サンクラ「矢印で示したパーツは、G1版だとブラントタンクって戦車の部品で構成されてたが、LG版ではダイナザウラーのパーツが変形して完成するぞ」


LG-Dinasaur-30.JPG


サンクラ「都市左右の反重力リパルサーディスクは、こいつが許可したもの以外を約300m以内に近づけねえ。先端にはタラップが設けられてて、G1版でオンスロートやモーターマスターの基地モードとドッキング出来たように、他のTFの基地モードと連結できる仕様だ」


LG-Dinasaur-31.JPG


サンクラ「通路部分にヘッドマスターを立たせたところ。ボディ内部には、基地玩具らしく通路も設けてあるぞ」


LG-Dinasaur-32.JPG


サンクラ「フルチルトは、ビークルモードでダイナザウラーのカタパルトを走行させる事が出来るぞ」


LG-Dinasaur-33.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-34.JPG


サンクラ「スペースクルーザーモード。LG版で新しく追加された形態だ。惑星間航行も可能な宇宙船としての機能も有してるぞ」


LG-Dinasaur-35.JPG


サンクラ「横から。都市モードの前後左右を折りたたむようにして完成するぞ」


LG-Dinasaur-36.JPG


サンクラ「底面には車輪がついてるから、コロ走行させる事も出来るぞ」


LG-Dinasaur-37.JPG


サンクラ「艦首部分は展開して……」


LG-Dinasaur-38.JPG


サンクラ「ビークルモードのフルチルトを格納する事が出来るぞ」


LG-Dinasaur-39.JPG


サンクラ「ちなみに説明書にゃ載ってねえが、変形ギミック自体はG1版から大きく変わってねえから、G1版にあったベースモード(移動戦闘ステーション形態)にも変形可能だ。レーザー砲、回転式ブラスター、破壊光線と連装光子ランチャーを装備し、航続距離は12,800km、最高時速は1280kmに達するぞ」


LG-Dinasaur-40.JPG


サンクラ「他に説明書コミックでは、新たにモンスターモードにも変形した。元ネタは間違いなく、某怪獣王だな……」


LG-Dinasaur-41.JPG


サンクラ「レジェンズ版ダイナザウラーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3216-9e5bd4f8