FC2ブログ

2019-10-30-1.JPG


アカサカ「バジ、アキバさん、今日はバスでミステリーツアーに行くぞ」


バジりん「お出かけですか


アキバ「やった~。旅行だ旅行だ~♪」


~場面転換~


2019-10-30-2.JPG


アカサカ「という事で、いつものように博多駅からバスに乗るぞ」


バジりん「マスター、今日はどちらへ参るのですか?」


アカサカ「ミステリーツアーだから、それはオレにもわからねえ」


バジりん「あ、そうですね……


2019-10-30-3.JPG


バジりん「朝食はお馴染みのバゲットサンドですね」


2019-10-30-4.JPG


アキバ「アカサカさん、ボク、添乗員さんからジュースもらったよ?」


アカサカ「私たちももらいましたよ。平日申し込み限定でもらえるみたいです」


2019-10-30-5.JPG


バジりん「マスター、パンも頂いたのですが……」


アカサカ「うん、プランをよく見たら『朝食が出る』だったわ


~場面転換~


2019-10-30-6.JPG


アカサカ「まずはここ。キリンビールの工場だってさ」


アキバ「工場見学でもするのかな?」


アカサカ「いえ……」


2019-10-30-7.JPG


アカサカ「どうやらこっちの……」


2019-10-30-8.JPG


アカサカ「コスモス園見学みたいですね」


2019-10-30-9.JPG


アキバ「わっ、すご~い!」


アカサカ「……ここ、2年前にファースト達がバスツアーで来てたな……


2019-10-30-10.JPG


アキバ「見て見てバジりん! コスモスの一本道だよ!」


バジりん「綺麗ですねぇ……」


2019-10-30-11.JPG


アキバ「まさに満開だね~。どろんどろ~ん♪」


2019-10-30-12.JPG


バジりん「ミツバチもいますねぇ」


アキバ「そう言えば弟切を思い出しちゃったなぁ」


2019-10-30-13.JPG


バジりん「こ、これは……」


アキバ「これでもかってくらい、キリンビールをアピールしてるね……。(^_^;)」


2019-10-30-14.JPG


バジりん「ん、花畑にあるあれはなんでしょう……?」


アキバ「行ってみよ~!」


2019-10-30-15.JPG


アカサカ「等身大サイズの缶ビールのディスプレイみたいだな」


アキバ「おっき~い……」


アカサカ「あ、そうだ二人とも。ちょっと並んで並んで」


2019-10-30-16.JPG


アカサカ「写真撮るからポーズ取って」


アキバ「よ~し。バジりん、手をつないでポーズ取ろ!」


バジりん「ちょっと恥ずかしいです……。(///)


アキバ「1、2の……どろ~ん!」


~場面転換~


2019-10-30-17.JPG


アカサカ「さてと。お次は熊本に入って、『いだてん 大河ドラマ館』だそうです」


2019-10-30-18.JPG


アキバ「……誰これ?」


アカサカ「『日本で初めてオリンピックに参加した男、金栗四三』……だそうです」


アキバ「知ってる?」


アカサカ「全然」


2019-10-30-19.JPG


アカサカ「取り敢えず、ここは名前の通り、『大河ドラマ いだてん』の資料館になってるみたいですね」


2019-10-30-20.JPG


アキバ「わっ! すごいジオラマ……


アカサカ「『いだてん』時代の玉名を再現したジオラマらしいですね」


2019-10-30-21.JPG


バジりん「細部まで隅々作ってあって、凄いですねぇ……」


2019-10-30-22.JPG


アカサカ「この頃は米俵を船に乗せて川で運んでたらしくて、港まで坂道を転がして下す『俵ころがし』を再現してるみたいだね。ちなみに今でも、『大俵まつり』として残ってるんだって」


アキバ「へぇ~……」


2019-10-30-23.JPG


バジりん「あっ! マスター、橋の下に河童がいますよ」


2019-10-30-24.JPG


アキバ「アカサカさん、こっちもこっちも。木陰で休んでる~♪」


アカサカ「……何故?


2019-10-30-25.JPG


アカサカ「ジオラマの上には、ドラマでの合成の方法なんかが載ってるね」


~場面転換~


2019-10-30-26.JPG


アカサカ「さて、お次は『きくすいの里』でお昼だ」


アキバ「わ~い、ご飯だご飯だ~♪ どろんどろ~ん♪」


バジりん「アキバ殿、張り切ってますねぇ……」


2019-10-30-27.JPG


アキバ「わっ! すごい豪華!」


2019-10-30-28.JPG


アカサカ「キノコはマツタケだってさ」


アキバ「すっご~い! マツタケなんて初めて~……! あ、でもTくんの」


アカサカ「そっから先は言うんじゃありません」


バジりん「マスター、左下の黄色い銀杏のようなものは……?」


アカサカ「ハスの実だって」


2019-10-30-29.JPG


アカサカ「マツタケはあらかじめ裂いてから焼いて下さい、だってさ」


アキバ「……なんか、こういうネタがドリフのコントにあったよね」


2019-10-30-30.JPG


アカサカ「すき焼き用のお肉は、『赤牛』と『味彩牛(あじさいぎゅう)』だって」


2019-10-30-31.JPG


バジりん「マスター、マツタケが焼けてきました」


アカサカ「すごい香ばしいな。よし、そろそろ食おうぜ」


2019-10-30-32.JPG


アキバ「すき焼きも頂きま~す!」


2019-10-30-33.JPG


アカサカ「ここじゃ、飲み物があらかじめ発泡酒、焼酎(米、芋)、ソフトドリンクが選べたんで、オレは米焼酎の水割りにしてみた」


バジりん「マスターが焼酎なんて珍しいですねぇ」


アカサカ「本当はウイスキーが良かったんだけどね」


2019-10-30-34.JPG


アカサカ「ご飯の付け合わせは、左上の奴がキクラゲの柴漬け、下のは天草海苔の佃煮で、右のはなんと、大豆の佃煮だってさ」


バジりん「これ、大豆なんですか!


アキバ「なるほど~、つまりソイジャーキーみたいなものなんだね」


2019-10-30-35.JPG


アカサカ「せっかくだから、マツタケも半分、すき焼きに入れてみたぞ」


2019-10-30-36.JPG


アキバ「お腹いっぱい~♪」


バジりん「美味しゅう御座いました」


アカサカ「オレはあと一杯ぐらい、ご飯お替りすれば良かったな……」


アキバ「そう言えばアカサカさん、相席になったオバちゃん達に大学生って間違われてたね~♪」


アカサカ「黙りなさい」


~場面転換~


2019-10-30-37.JPG


アカサカ「さてと、お次は山鹿で酒造見学と散策だ。ここは江戸の街並みを残してるところが見ものなんだってさ」


2019-10-30-38.JPG


アカサカ「まずは『木屋本店』でお話を聞いてと……」


2019-10-30-39.JPG


アキバ「ねえねえアカサカさん、これな~に?」


アカサカ「これが日本酒を発酵させる麹菌ですよ。こうやってまんべんなくお米を覆うくらいに発酵するほど、甘みが出るんだそうです」


アキバ「へぇ~」


アカサカ「ちなみにこうやって酒造は菌業者から種菌を買うらしいけど、全国でも数える位しか菌業者は無くて、ここは京都の業者から買ってるんだって。ただし、菌の方は味噌用から様々なお酒用と種類がすごくて、大体50~60種類くらいの麹菌があるらしい」


バジりん「60種類ですか!


2019-10-30-40.JPG


バジりん「甘酒の試飲も出来るみたいですね」


アキバ「ちょっとお米の粒が残ってるんだねぇ」


2019-10-30-41.JPG


アキバ「あれは……」


アカサカ「『酒林』……『杉玉』とも言いますね。作った時は青々としてるらしいですが、こうやって茶色になった頃が、熟成の目安にもなってるそうです」


バジりん「そう言えば、マスターが以前母の日プレゼントのバスツアーで豆田町に行かれた時にもありましたね」


2019-10-30-42.JPG


アキバ「わっ! すごく大きな釜~!」


アカサカ「かつて酒用の米を蒸すのに使ってたみたいですね」


2019-10-30-43.JPG


アカサカ「その隣には熟成樽があって……一升瓶二千本分だそうです」


アキババジりん「二千本!」


2019-10-30-44.JPG


アカサカ「さて、今度は資料館の見学と説明だ」


2019-10-30-45.JPG


バジりん「マスター、あの紐と滑車は?」


アカサカ「あれは、酒蔵の上階に樽なんかを上げる時に使ってたらしい」


2019-10-30-46.JPG


アカサカ「この石は90kgあるらしいぞ。バジ、その紐引っ張って、ちょっと持ち上げてみ?」


バジりん「そんな、無理ですよ……って、あれ?」


アキバ「どろ~ん。もしかして、バジりんってすごい馬鹿力?」


バジりん「違いますよ! これ、凄く簡単に上げられるんです!」


2019-10-30-47.JPG


アカサカ「さてと、こっちでも試飲が出来るぞ。まずは普通の日本酒に……」


2019-10-30-48.JPG


アカサカ「こっちの地方独特の『赤酒』。普通のお酒は、米の芯から4割残るくらいまで研ぐらしいけど、これは普通にご飯を炊くのと同じく、9割残して仕込むんだって。ちなみに3割残るくらいまで研ぐと『大吟醸』、醸造アルコールを混ぜずに発酵させると『純米』って名乗れるんだってさ」


2019-10-30-49.JPG


アカサカ「それからこっちでもノンアルコールの甘酒の試飲が出来るぞ」


バジりん「こちらはお米も完全に形がなくなってますねぇ」


2019-10-30-50.JPG


アキバ「あ、そうだ! バジりんも今度、お酒の樽に浸かってみたら?」


アカサカ「マムシ酒ならぬバジリスク酒ってか?」


バジりん「嫌ですよぅ……ボク、お酒弱いのに……」


アキバ「え~? アカサカさんが喜んで飲んでくれるかもよ~?」


バジりん「ちょっ! アキバ殿……!


2019-10-30-51.JPG


アカサカ「道を渡ってと……。せんべい工房て所じゃ、せんべい作りの体験もできるらしいぞ」


2019-10-30-52.JPG


アカサカ「型に米とフレーバーの粒を入れて……」


2019-10-30-53.JPG


アカサカ「熱したプレス機で一気に潰せば……」


2019-10-30-54.JPG


アカサカ「一瞬で薄焼きせんべいが出来上がる、と」


2019-10-30-55.JPG


アキバ「この辺りは『豊前街道』っていうんだね~」


~場面転換~


2019-10-30-56.JPG


アカサカ「さて、最後は『道の駅かほく』だ」


2019-10-30-57.JPG


アキバ「プールもあるんだねぇ~」


バジりん「さすがに今はシーズン外みたいですけどね」


2019-10-30-58.JPG


アキバ「金運アップのいのししだって~♪」


アカサカ「ちょっと触っておこう……」


2019-10-30-59.JPG


アカサカ「何故か休憩所に唐津くんちのポスターが……


2019-10-30-60.JPG


アカサカ「よし、じゃあ最後に、ソフトクリームでも食べますか」


アキバ「やった~!」


バジりん「有難う御座います


~場面転換~


2019-10-30-61.JPG


アキバ「今日はとっても楽しかったね~♪」


バジりん「お土産もたくさんもらえましたし……。メロンにオレンジに、梨にジャガイモ、玉ネギ……」


アカサカ「と言っても、寮にゃ包丁無いから、持って帰るのはオレンジだけだけどな。あとはお袋に……」




~おしまい~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3200-a8e967b1