FC2ブログ

 という訳で、今回は小説版『ファイクエII』第6話のパート2です。

 早ければ、明日には完結編が投稿できると思います。


 なお、前回はコチラ

 では、本文スタート!


 石川達は、暗い通路を進んでいく。
 しばらく歩いていると、目の前に上の階へと続く階段が見えてきた。
 そしてその前には……。
「おっ?」
「よく来た! このアイシジンジャは各階の関門を乗り越えないと次の階へ行けないのだ!」
 階段の前には、二メートルほどの高さの人間のような目と口が付いた木が立っており、その横には立札が立っていた。
 以前、壱の松原で襲い掛かってきたダークトレントに似ているが、顔つきはあちらのように凶悪ではなかった。
 相手に攻撃の意思がない事を理解した三人は、どのような関門が待ち受けているのか、緊張した面持ちで身構える。
「まずはワシが出す計算に答えてもらおう……!」
 言うなり、トレントの横に立っている立札に計算式が映し出される。
「計算なら頼むぜ、上ちゃん!」
「ええっ、おれ!?」
 石川に指名され、上田が困惑した声を出す。
 彼はどちらかと言うと、国語や社会の方が得意なのだ。
「この問題を二〇秒で解くのだ!」
 映し出された問題は、一つ目が『2X+3=7。X=?』二つ目が『3X=18-3。X=?』。
 簡単な算数ではあるが、まだ四年生で習うような問題ではない。
「急げ上ちゃん!」
「頑張って!」
「えーっと……」
 しばらく上田は考え込むが、残り五秒となったあたりで叫んだ。
「答えは一門目がX=2! 二門目がX=5!」
「正解!」
「ふう、塾行っといて良かった……」
「では次の問題は一〇秒だ!」
 立札の計算式が、次の問題を映し出す。
「答えはX=12!」
「正解! では次!」
「頑張れ上ちゃん!」
 うんうん唸りながらも、上田は確実に答えを出していった。
「では次!」


 トレントの関門を突破した石川達は、次の階の通路を進んでいく。
 しばらく進むと、今度は人の体に羊の頭を持った石像が立っていた。
 手からは糸から吊るされた、小さな輪っかがぶら下がっている。
「よく来ましたね。この関門を突破できますか?」
 言うなり、羊頭は手からぶら下げた輪っかを左右に揺らし始めた。
「ほ~れ眠れ~。眠ってしまえ~……」
 左右に揺れる輪っかから波のようなものが照射され、三人を包み込んでいく。
「ふわぁ~……。何かおれ、眠くなってきた……」
「おれも……」
 見る見るうちに石川達の目がトロンとしていき、まぶたが下がっていく。
 ただ一人(?)、生きている杖である錫杖には催眠音波は効いておらず、三人を必死に起こそうとしていた。
「マスター! しっかりして下さい!」
「そんな事言ったって……」
「あ~も~、こうなったら!」
 しびれを切らした錫杖は、なんと、手近にいた岡野の尻に、自分の頭部(?)の先にある刃を突き刺したのだ。


 ブスッ!


「痛てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!」
 その痛みに、岡野が尻を押さえて飛び起きる。
「何てことすんだよ、錫杖!」
「それより岡野さん、お二人を!」
「ああっと、そうだった!」
 我に返った岡野は、石川と上田を揺り起こす。
「おい、起きろよ! テッちゃん上ちゃん」
 が、二人はなかなか目を覚まそうとしない。
「起きろーっ!」


 ビシバシ! ビシバシ!


 石川の両頬に、岡野は連続ビンタをかます。
 でも、だめ。
「起きろぉぉぉぉぉっ!」


 ゴキゴキゴキ……


 上田には、なんとコブラツイストまでかけるありさまだ。
 やっぱり、だめ。
 そうしている内にも、羊頭からは催眠音波が照射され、再び岡野も眠気に襲われてきた。
 そんな岡野が出した答えは……。
「ええいこうなったら、強行突破だ!」
 なんと岡野は石川と上田を担ぎ上げると、そのまま全力ダッシュで羊頭の横を走り抜けていったのだ。
 これには羊頭も、呆然となって見送るしかなかった。


 さて、その頃。
 ピラミッドに再度突入したフライールは、またしても迷路の中に迷い込んでいた。
「ええいまた行き止まりか!」
 壁にぶち当たったフライールは、腰の大太刀を抜くと、壁に向かって投げつける。
「でやぁぁっ!」


 ドガァァァァァァァァァン!


 壁をぶち破って先へ進むフライールだが、まだまだ迷路からは抜け出せそうにない。
「くそう、また迷路の中に入っちまったぜ!」


 一方、ガクホーンの方は、先ほど石川達が突破した羊頭の前に到着していた。
「ここの関門、突破できますか?」
「…………」


 ジャキン!


 ガクホーンは無言で薙刀を構える。
 羊頭がギョッとなったのもつかの間、次の瞬間、


 ズバッ!


 薙刀が一閃し、羊頭の石像は綺麗に横に切断され、胸部から上がその場に転がった。
 その横をガクホーンは何の感慨も示さずに通り過ぎていく。


 他方、その羊頭の関門を突破した三人。
 石川と上田もようやく目を覚まし、階段を上っていた。
「はぁ、はぁ、あといくつ関門あるんだ……?」
 息を切らせながら、石川が階段を上りきる。
 ふと前を見ると、一行の目の前には、全高が五メートルほどの、凄まじい形相の阿修羅の像が立っていたのだ。
「どわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 その恐ろしい姿に、思わず石川が悲鳴を上げる。
「よくぞここまでやって来た。いよいよ最後の関門じゃ」
「は、はい……」
「この関門を失敗すればお前たちは死ぬ……」
「ええっ……!?」
 衝撃の事実を突きつけられ、三人の表情が驚愕に歪んでいた。




~つづく~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3147-110b97f0