FC2ブログ

 こんにちは、アカサカです。

 アメブロの方に、昨日のオーズアーマーと先日買ったフォーゼアーマーの簡易レビューを先ほど書きまして、こちらでは小説版『ファイクエII』の続きといきたいと思います。


 ……ブログが二つあると、こういう時に便利やね(爆)。

 ちなみに私にとっての『難関』は、文字サイズを変えるとバグる、このブログの改行だったり(爆)。


 では、本文スタート!


 トゥエクラニフ化した現実世界を元に戻すため、石川達が集めているクリスタルも、残すところ『光の白玉(ライト・ダイヤモンド)』のみとなった。
 ……のだが。
「むむむむむむ……」
 住宅地の中央広場で、石川達は魔力書物を前に険しい顔をしてうなっていた。
 残り一つというところで、書物がなかなかクリスタルの反応を示さないのだ。
「だぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ! おれ、もう耐えられない!」
 耐えかねたように岡野が叫ぶ。
「まぁまぁ、オカノさん、落ち着いて……」
「書物が反応しないとクリスタルのある所は分からないんだから」
 横からアーセンと上田がなだめるが、石川も岡野に同意するかのように叫んだ。
「でも! 魔衝騎士がクリスタルを手に入れたらと思うと、焦っちゃうよ」
 そんな時だ。
 実にタイミングよくと言うべきか、書物がクリスタルに反応して光を放ったのだ。
「この場所は愛石神社だね……」
 地図を見ながら上田が言った。
 ここは結界の中でも住宅地から一番遠い場所にある。
 だが、最後のクリスタルを見つけたという喜びが、彼らのやる気を最大限に高めていた。
「よ~し、愛石神社に行くぞー!」
「おーっ!」
 石川の号令に、上田と岡野も拳を振り上げて景気よく叫んだ。


 一方、石川達が出発したのを、マージュII世も気づいていた。
 一足早くクリスタルの反応を感知した彼は、すでに魔衝騎士を向かわせていた。
 彼らの姿が映る水晶球を前に、マージュII世は仮面の下から不敵な笑い声を漏らす。
「ふふふ、小僧どもめ。アイシジンジャに向かっておるな。あそこには魔衝騎士フライールとガクホーンがおるのだ。ファッファッファッファッファッ!」



 住宅地を出発した三人は、壱の松原の時のように品柄川(しながらがわ)にそって歩いていた。
 ただし今回は、神社と住宅地の中継地点である甥浜駅(おいのはまえき)まで川に沿って歩くことになる。
 大通りを横切った時、ふと、上田が住んでいるマンションだった建物が目に入った。
 それもやはり、西洋の館のような建物に変貌している。
「…………」
 上田は複雑な表情で、その建物を見つめていた。
「上ちゃん……」
 岡野が気遣うように、上田に声をかける。
 覚えているだろうか。
 岡野は今でも知らないふりをしているが、上田はトゥエクラニフに飛ばされたその日、ホームシックで密かに泣いてしまった事があった。
 だが、上田は岡野に対してニッコリと笑いかける。
「ん、大丈夫。クリスタルも残り一個だし、ここで頑張らないと!」
「だな。よし、行くか!」
 岡野もうなずくと、三人は道中襲い掛かってくるモンスター達の襲撃を退けつつ、先を急いだ。
 ちょうど甥浜駅に着いた辺りで日が暮れてきたので、三人は駅内部にある喫茶店で夜を明かした。


 翌朝、三人は朝食をとると神社に向かって出発した。
 駅に入居しているスーパーもやはりトゥエクラニフ化していて、洋服屋だったお店は鎧などを置いた防具屋へと変貌していた。
 とは言え、店員がいるはずもなかったので、三人はそれぞれ自分に合った防具を持ってきていた。
「まぁ……」
 石川は苦笑しながらこう言った。
「RPGじゃ、人んちの宝箱の中身を勝手に持っていくなんて当たり前だしね!」
 さて、武器はもとより、防具も充実した三人にとって、そこいらのモンスターなど敵ではない。
 暴走パトカーと同じように意思を持った自動車モンスター、黒タクシーも、アーマーの上位種であるカーネルも、トゥエクラニフでは散々苦戦させられたメイジターキーも、彼らの行く手を阻むことはできなかった。
 三人は半日もせずして、愛石神社に到着していた。
 しかしながら、トゥエクラニフ化した愛石神社の変貌ぶりは、石川達の想像をはるかに超えていた。
 本来、この神社は小高い山の上にあるのだが、山の中腹から上の部分がマヤのピラミッドのようになってしまっていたのである。
 天辺には神社の本殿が変化したのであろう、低めの塔が建っていた。
「ここ、本当に愛石神社だよね……」
 ピラミッドを見上げて、石川が呆けた声を出す。
 無理もなかった。
 これまでのダンジョンで、一番元の施設との変化がすさまじかったのだから。
 或いはこれも世界が本格的にトゥエクラニフ化してしまう事の前触れなのか……。
 三人の頭に、そんな考えがよぎった。


 同じ頃、ピラミッドの中ほど。
 その中は複雑な迷路と化していた。
 突然、


 ドガァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!


 壁を突き破って、巨大な刀が飛び出してくる。
 壁の向こう側から現れたのは、赤い重厚なボディを持った魔衝騎士だった。
 刀はこいつが投げたのだ。
 両肩には巨大なタイヤが付き、胸部には『飛』という文字に似た紋章が刻まれている。
 フライールである。
「ええい! いつになったら最上階に着けるのじゃ!」
 フライールは苛立ったように叫ぶ。
 迷路の壁を破壊して進むという行動から分かるように、彼はなかなか短気な性格をしているようである。
 他方、もう一人迷路を進む影があった。
 額には刃のような一本角が生え、両肩をはじめとして、つま先などに巨大なドリルがついている。
 そして、膝のパーツはキャタピラになっていた。
 胸部には『角』という文字に似た紋章が描かれている。ボディ全体は青を基調としたカラーリングだ。

 手には両端に刃が付いた長刀を持っている。
 こちらが愛石神社に向かったもう一人の魔衝騎士、ガクホーンだった。
「中に入れば迷路ばかり……。なかなか厄介な所にクリスタルが……むっ、フライール!」
「ガクホーン!」
 バラバラに迷路を進んでいた二人だったが、どうやら迷路で迷っているうちに、偶然再会したようであった。
「どうだ、そっちは?」
「ダメだな。どこもかしこも行き止まりで、上へあがれん」
 相棒も収穫が無いのを聞いて、フライールは腹立ちまぎれに思いっきり床を踏みつけた。


 ドシィィィィィィィィィン!


「おのれ! 誰だこんな迷路を造りやがったのは!」
 が、少しばかり力が強すぎたようだ。


 ピシッ、ピシピシ……


「あ……」
 フライールが踏みつけた所から床にひびが入り、あっと言う間に彼らがいた場所の床が、音を立てて崩れ落ちたのだった。


 ガラガラガラガラァァァァァァァァァァァァッ!


「どわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
「このバカがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 フライールの悲鳴とガクホーンの怒声は、ともに暗い穴の中に消えていった。
 一方、石川達は山を登り、ピラミッドの入り口の前に立っていた。
「ここが入り口か……」
「さ、グズグズしてられないよ! 中に入ろう!」
「おう!」
 その時である。
「マスター、見て下さい」
 錫杖が入り口よりも右の方を指し示す。
「あれ、こっちの方にも入り口がある」
「こっちにもあるぜ?」
 岡野の言う通り、彼らが立っていた入り口からさらに左側にも入り口があった。
 と、


 ドガァァァァァァァァァァァン!


 ピラミッドの壁が吹き飛び、何かが落下してきたのだ。
「どわっ!」
「な、なんだ!?」
 三人(と一本)は、驚いてそちらの方を向く。
「貴様らは!」
「救世主の小僧ども!」
 落下してきたのは、魔衝騎士の二体だった。迷路から転げ落ち、放り出されてきたのだ。
「魔衝騎士!」
「テッちゃん、クリスタルを手に入れる方が先だよ!」
「あ、そっか!」
 上田に促され、三人は入り口に向かって駆けだした。
「急げ!」
 そんな三人の背中に向かって、フライールがバカにしたように笑う。
「バカめ! そこはさっきオレ達が入った入り口よ! 本当の入り口はここだ」
 言いながら、右側の入り口に向かう。
「待て、フライール。こっちが本物かもしれん!」
 ガクホーンは左側の入り口の前に立って言った。
「ではどうするのだ!?」
「どちらにせよ、奴らより先にクリスタルを手に入れねばならん。ここは手分けしてクリスタルの元へ向かうとしよう」
「良し!」
 フライールとガクホーンも、それぞれ分かれて、再度ピラミッドの中に入っていくのだった。




~つづく~

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3146-72a44e41