FC2ブログ
イメージ 1

 今晩は、アカサカです。
 今日はまた、明日がお休みなので帰ってきました。

 その後、例のアピロスなダイエー福重の元イオン福重店だったMEGAドンキに行ってみました。

 正直、「あまりの変わりようにガッカリするかも知れない、でも、生まれ変わったダイエー福重を見届けたい」ってな思いがありまして(笑)。

 ……今回はいつにも増して自己満足な記事ですが、お付き合い頂ければ幸いです。(^_^;)

イメージ 2

 外観。
「激安の殿堂 MEGA ドン.キホーテ」の看板が誇らしげにライトアップされています。

イメージ 3

 フロアマップ。
 このサイズだと見にくいかもしれませんので、右下クリックで元サイズで出ます。

イメージ 4

 まずよく利用していた入り口から入ったところ。
 ここからして内部構造が変わっていてビックリです。

イメージ 5

 ダイエー(イオン)時代。
 右はディッパーダンというクレープ屋さんでしたが……。

イメージ 6

 御覧の通り。

イメージ 7

 参考までに、同じ場所のイオン時代を。

イメージ 8

 1階のレジ側から元フードコートを。

イメージ 9

 現在はこうなっていますが……。

イメージ 10

 ダイエー(イオン)時代は、ここがイートスペースでした。

イメージ 11

 店内一枚目の画像奥に映っている、エレベーター横の階段から。

イメージ 13

 上の画像と同じ場所で。

イメージ 14


 ここは元、催事場的な吹き抜けでしたが、今ではこちらがイートインスペースです。

イメージ 15

 ダイエー(イオン)時代の同じ場所から。

イメージ 16

 1階のレジの場所は、ダイエー(イオン)時代とほぼ同じ場所にあります。

イメージ 17

 ダイエー(イオン)時代。
 今、気づきましたが、撮影した場所が丁度対角線上で反対側になってました(苦笑)。

イメージ 18

 生鮮食品用ドライアイスのコーナー。
 実はダイエー(イオン)時代もこの位置にありましたが、そちらは写真を撮ってませんでした……(汗)。

イメージ 19

 フードコートになっているここは……。

イメージ 20

 ダイエー(イオン)時代はパン屋でした。
 どちらも(ほぼ)同じ場所から撮影しています。

イメージ 21

 こちらの階段も……。

イメージ 22

 ダイエー(イオン)時代はこんなでした。
 また派手になったと言うか……。(^_^;)

イメージ 23

 2階に上がるエスカレーターから、フードコートを。

イメージ 24

 若干角度が左向きになってますが、ほぼ同じ場所です。

イメージ 25

 2階の下りエスカレーター。

イメージ 26

 同じ場所からダイエー(イオン)時代の写真を。

イメージ 27

 2階がいわゆる普通のドンキみたいな家電製品や玩具売り場になっています。
 ダイエー(イオン)時代は衣類売り場でした。

イメージ 28

 この自転車売り場も、昔は壁で仕切られて入居している別のショップだったのですが……。

イメージ 29

 ただ、床の模様など、ダイエー(イオン)時代を感じさせるものも残っていたのは嬉しかったです。

イメージ 30

 続けて3階。
 専門店街です。

 さすがに21時を過ぎていたので、閉店していますが……。

イメージ 31

 同じ場所からダイエー(イオン)時代を。
 この頃は本屋(アシーネ)でした。

 奥の通路も売り場になっていて、突っ切れなくなっていました。

イメージ 32

 吹き抜け部分から1階を。
 反対側はまだ入居しているショップが開店していないので行けませんでした。

イメージ 33

 ダイエー(イオン)時代の画像を、同じ位置から。

イメージ 34

 最後は屋上のエレベーター乗り場です。

イメージ 35

 ダイエー(イオン)時代と。
 こんなにも違っています。

イメージ 36

 エレベーターのボタンも……。

イメージ 37

 これこの通り(こちらの画像の方がダイエー時代です)。
 ちょっと寂しい反面、ダイエー(イオン)時代の写真をしっかりと撮っておいて良かったなぁと……(苦笑)。

 ところで今回の記事を書いていたら、私が学生の頃から時々見ていた『筑肥線の(今)昔 写真集』様という、旧筑肥線を取り扱ったサイト様の事を思い出しました(笑)。

 それから「外観は大して変わっていないが、内部はほぼ別物」というのは、丁度私が現在執筆している小説版『ファイクエII』の各ダンジョンに通じるものがあるかも知れません。(^ ^;)

イメージ 12

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/3092-2b9ea999