FC2ブログ
第7話 恐怖のデート
脚本=井上敏樹     演出・絵コンテ=上島 光
作画監督=阿部宏幸
ストーリー
 いつも女の子にふられてばかりのソニック。一方ウッカリーはミナヨにラブレターを書いて彼女のエプロンに忍ばせるが、彼女は気づかない。おまけにそのラブレターはひょんな事からソニックの手に渡ってしまい、彼は始めて女の子にモテたと勘違い。翌日、遊園地でミナヨを待つ二人。やって来たミナヨだったが、手紙の事を知らない彼女はテツユキやのぞみと約束をしていた。ともあれ、ミナヨ達と遊ぶ事になったソニックとウッカリーは大喜び。それをこっそり見ていたドジラスは嫉妬に燃え、何やら企む。片やお化け屋敷に入る一同。ソニックとウッカリーはミナヨがお化けに驚いて抱きついてくる事を期待するが、彼女はちっとも怖がらない。そこで、逆にお化けに驚いたふりをしてミナヨに抱きつこうとする。しかし、これも失敗。その時お化け屋敷に煙が充満。ドジラスの仕業だ。調子に乗ったドジラスは、この勢いで世界中のデートを邪魔しようとするが、のぞみの活躍で退散。その頃ソニックとウッカリーは、お化け屋敷の中で、互いをミナヨと勘違いしていつまでも抱き合っているのだった。
●登場キャラクター(太字は初出)
のぞみ、300X、ソニックドジラス、ウッカリー、テツユキ、ミナヨ、ミナヨの父
●今日の一言
「最高だ~!」(ソニック)
●一口メモ
・ソニックは毎朝7時45分に同じ場所を走っている。
・冒頭でソニックに告白された女の子「ごめんなさい。私、車の方が好きなんです」そういう問題か。
・ソニックよ、いくら何でも料理店の店内で鉄アレイをするのはまずかろう。
・のぞみ「何でモテないんだろう、スナイパーソニック」 300X「いい奴なんだがな。ま、何となく、汗臭いからなぁ」本人目の前にして言うねぇ、キミらも。
・ウッカリーよ、最初からミナヨに気づかれないようにラブレターを渡すつもりなら、自分の名前くらい書いておけよ。もしミナヨが読んだとしても、誰から貰ったか分からないぞ。
・ミナヨはピアノ教室に通っている。
・ソニックやウッカリーがミナヨ達と遊んだ遊園地の名前は「ワンダーランド」。
・ウッカリーはラブレターに「1時に待っています」と書いた。ミナヨがテツユキ達と約束していたのも1時だった。
・お化けは平気なミナヨだが、ネズミは怖い。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/2189-00fe2152