FC2ブログ
 今日は休みだったので、鶴崎~高城方面に行って来ました。
 特に趣味系の買い物はしませんでしたが、ドラモリの高城店で生活品(コーヒーとか砂糖とか……)を少々。

 ミニプラのトウサイジュウオーも出てましたが、お給料が出るまでは我慢です。

 さてさて、今日はちょっと、『文庫本コーナー』で書いてる『超高速ヒカリアン』などに関するお話をば。

 そもそもこのシリーズ、エーオーブンさんの所で、7~8年ほど前にヒカリアンのリレー小説と並行して、私が週一で投稿していたシリーズでした。
 当時は大体31話位まで書いたんですが、一応、展開自体は終わりまで考えてたりして……。

 実際の内容を見て頂けたらお分かりかと思いますが、結構初代の『プリキュア』から影響を受けた部分もあります(コマルダーとか)。

 現時点で登場していないキャラクターが両軍に居るほか、企画ではチェリーバネット(いわゆるG1アイアンハイドと同型)やフォルクスワーゲンに変形するヒカリアンも企画段階では存在していました(性格設定はアイアンハイドやバンブルとは別物でしたが)。
 ……どうせだし、続き書く時に出すかなぁ。

 それから、『超高速』が完結した後は、航空機のヒカリアンが登場する『超航空ヒカリアン』なんて企画も考えてました。
 ヒカリアン側はホンダジェットやヘリコプターのベル、コンコルドなど、あまりキャラが決まっていなかったのですが、ブラッチャー側はかなり設定が固まってまして。

 こんな感じです。↓

ブラックフォール

 首領ハイ・ジャークが率いるブラッチャーの一団。人間を不幸にして、そのエネルギーを蓄積し、全人類を一気に不幸のどん底に突き落とす最終兵器『フコウボム(仮)』を作り出す事が目的。作戦はブラックファイブという五人組が担当し、戦闘時などにはそれぞれ動物のイメージが浮かぶ。また、その動物の特徴と関連する物を材料にしてフコウダーという怪物を作り出す。ため込んだフコウエネルギー(暗黒エネルギーの一種)は、フコウダーがヒカリアン達に倒されると減少してしまう。組織名はブラックホールフォール(墜落)の合成。

ハイ・ジャーク
 軍団のボス。巨大な翼を持っている。名前はハイジャックのもじり。

フライ
 ハイ・ジャークの側近である古参兵で、彼の執事的存在。口調は丁寧だが、ハイ・ジャークに心酔しており、その為幹部達には毎度厳しい事を言う。A-37/AB ドラゴンフライに変形。あまり前線には出てこない。カラーリングは黒と水色。イメージはトンボで、眼鏡やカメラなど、『レンズのある物』を素体にしてフコウダーを作り出す。

ブラックファイブ
 ブラックフォールの実行部隊である五人のブラッチャー達。いずれも戦闘機に変形し、物体に手を触れ、自らの『フコウエネルギー』を注ぎ込む事によってフコウダーを作り出す。その正体は、暗黒エネルギーを注がれて変異した動物であった。尚、ムボウデーンの四天王と異なり、出撃はローテーション。

フロッガー
 MiG-27 フロッガーDに変形する。カラーリングは黒とダークグリーン。ブラックファイブの中では末席的存在である感は否めない。口癖は「~ゲコ」で、笑い声は「ゲーココココ!」「ゲコゲコゲコ!」など。一人称は「オレ」。バネなど『跳ねる物』を素体にしてフコウダーを作り出す。イメージはカエル。
・フコウダーの素体:タイヤ、バネ、トランポリン、ホッピング、ウサギの遊具、ノミ、エキスパンダー、びっくり箱、バッタ、パチンコ(スリングショット)

ホーネット
 F/A-18C ホーネットに変形。一人称は「あっし」で、「~でやんす」といった口調で話す。腰が低いが、ずるがしこい性格。武器は腕から放つ針型のミサイル。裁縫道具など、『針やトゲのある物』を材料にしてフコウダーを作り出す。カラーリングは黒と黄色。イメージはハチ。
・フコウダーの素体:針、イガグリ、キリ、画鋲、バラ、ホッチキス、注射器

ファイター
 F-15に変形。カラーリングは黒と薄紫。ブラックファイブのナンバー2。『ヒカリアン集結!』版との違いは、一人称が「私」である事や、口数が少ない点。性格はクール。クレーンや手袋など、『爪』や『指がついた物』をフコウダーにして操る。イメージはワシ。最終決戦では元に戻れないのを承知で、巨大な黒いワシの姿になってヒカリアン達と戦う。
・フコウダーの素体:クレーン、手袋、マジックハンド、ショベルカー、グローブ、ピンセット、耳かき、ハエトリグサ

コブラ
 AH-1S コブラチョッパーに変形。ファイターの実の弟。ブラックファイブの中では最年少だが、実力はフロッガーやホーネットより高い。性格は無邪気で素直。一人称は「おれ」もしくは「オイラ」。『ヒカリアン集結!』版との違いは、ファイターと血の繋がった兄弟である点など。柱など『長い物』を材料にしてフコウダーを作り出す。カラーリングはダークブルー。イメージはコブラ。
・フコウダーの素体:柱、街路灯、麺類、縄跳びの縄、ロープ、キノコ、豆、水道管、ネクタイ、シャワー、コード

ホーク
 F-117A ナイトホークに変形。ファイターでさえ一目置く軍団最強の男で、無口で無表情。カラーリングは黒で、イメージはタカ。『闇』や『夜』、『黒』を連想させる物を素体にしてフコウダーを作り出す。出撃回数は少なめ。
・フコウダーの素体:墨、木炭、石炭、暗幕

フコウダー
 ブラックフォールのメンバーが、地球の物体に自らの『フコウエネルギー』を融合させて作り出す怪物。額にはブラッチャーマーク型のプレートがついている(模様は無い)。「フコ~ダ~!」と叫びながら暴れる。倒されると、エネルギーは『コウフクダー』となって分散、材料は元に戻る(基本的に浄化のような演出)。

コウフクダー
 倒されたフコウダーのエネルギーが変化した『幸せのエネルギー』。小動物くらいのサイズで、一体のフコウダーが無数のコウフクダーに分散する。顔は笑顔。誰かの物がフコウダーになっていた場合、コウフクダーのエネルギーの作用で、持ち主やその周囲には少しの間小さな幸せが訪れる。



 ……てな感じです。

 果たして実現化する日は来るのか?(笑)

 長々と書き連ねてしまいましたが、今日はこの辺で。
 ではでは。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/2082-ddb6df1c