FC2ブログ

 
杏子「なあハッピー、店長知らねぇか?」
 
ハッピー「店長? さっきお客さんが来て、事務所で対応してるよ」
 
杏子「客?」
 
ハッピー「うん。サイバトロンのホイルジャックさんとパーセプターさんだって」
 

 
アカサカ「ふ~ん、新開発のエネルゴンクリスタルねぇ」
 
ホイルジャック「その通りだよアカサカ君。吾輩とパーセプター君、それにラチェット君で開発したんだが、最終実験が必要でね。隣町にあるマクシマル研究所のライノックス君まで届けたいんだが、何せ新しいエネルギーだ。我々が運んでは、デストロンに宣伝して回るようなもの、という訳だよ」
 
アカサカ「つまり、デストロンに目をつけられる事も無く、しかも素早く“モノ”を運べるような運び屋をウチに斡旋してほしいって事だな」
 
ホイルジャック「そういう事だよ。一応、我々からも陽動のチームを出す予定ではあるがね」
 
カサカ「OK、そういう事ならピッタリの奴らを知ってるぜ。明日までには話つけとくよ」
 
ホイルジャック「そりゃあ助かる。頼むで」

 

 
パーセプター「ところで、頼んでおいて何だとは思うんだが……そちらの従業員に、その……」
 
アカサカ「?……ああ、サンダークラッカーの事か? あいつがメガトロンに、情報を漏洩するかも知れない、と」
 
パーセプター「うむ、まぁ……」
 
アカサカ「心配すんな。あいつは“取引の筋”は理解してる奴だ。清廉潔白、少なくとも一対一で挑んできたガルバトロンを袋叩きにしたり(注:1)、一対一で戦ってたハードシェルを、戦況が不利になったからって宇宙船のミサイルの不意打ちで吹っ飛ばすような奴(注:2)よりはクリーンな奴だぜ」
 
ホイルジャックパーセプター「…………」
 
アカサカ「それより、情報の漏洩が心配なら、まずはカセットロンやリフレクターが入りたい放題のサイバトロン基地のセキュリティを何とかする方が先だと思うけどよ」
 
ホイルジャック「むぅ、返す言葉も無いよ」
 
アカサカ「まぁいいさ。とにかくそういう訳で。状況に応じてこっちから護衛もつけるよ。経費は別途で計算だ。物が送り届けられたのが確認できたら、紹介料と一緒に振り込んどいてくれ」
 
ホイルジャック「はいな」

注:1 パーセプターが関与している。
注:2 別人ではあるものの、ホイルジャックが関与している。

 
~場面転換~
 

 
スター「それで、オレ達(JHR)が選ばれたって訳だな」
 
ウエスト「そういう事だよ」
 
スター「確かに『定刻通りに到着』がオレ達JHRのスローガンだけど、こういう仕事はあんまり無いからなぁ」
 
ソニック「まぁ、オレやラピートもいるし、それにサイバトロンからも目立たない位に護衛がついてるし、大丈夫だろ」
 
バンブル「そうそう。これも何かの縁だし、仲良くやろうよ♪」
 

 
?「そろそろ、彼らがここを通過する時間ね」
 
?「そうだな」
 
?「このまま何事も無く終わってくれたら、夜には買い物に行けるんだけどなぁ」
 
「こらこら嬢ちゃん、贅沢言っちゃいかんよ。労働は尊いってな」
 
?「ま、そうだけどね」
 

 
ウエスト「どうやら無事に届けられそうだね」
 
ラピート「……残念だが、そう上手くは行かないようでゴザルぞ」
 
ウエスト「えっ?」
 

 
ストラクサス「任務ご苦労、サイバトロン共。早速で悪いが、お前たちが運んでいる荷物をこちらに渡してもらおうか!」
 
スパナ「もらおうか!」
 

 
サイバトロン「トランスフォーム!」
 
ソニックラピート「ヒカリアンチェンジ!」
 
ロディマス「ストラクサス! どうやってオレ達が“本命”だと……!?」
 

 
ストラクサス「ふふふ、優秀なスパイを雇ったのでな」
 
スパナ「やとったのでなー!」
 

 
シャドーパンサー「シャドーパンサー、変身!」
 

 
バン!
 

 
ボルファング「ボルファング、変身!」
 

 
ババン!
 

 
ロディマス「どうした、チータスにハウリンガー。顔色が悪いぞ?」
 
ボルファング「だぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 
シャドーパンサー「オレ達はシャドーパンサーとボルファング! デストロンだ!」
 
ボルファング「『ビーストウォーズ』本放送当時のボンボン読者にしか分からねぇボケかましてんじゃねえ!」
 

 
ストラクサス「……とにかくだ、お前たちが運んでる荷物を置いて行ってもらおうか。そうすれば命は助けてやらんでもないぞ?」
 

 
ソニック「やれやれ、全くお宅らも水漏れがひどいなぁ、サイバトロン」
 
ロディマス「いやはや、面目ないよ、ヒカリアン」
 
ラピート「とにかく、ウエスト、スター、ここは拙者達に任されよ!」
 
クリフ「そういう事。連中を血祭りにあげて、追いはぎ相手がターボフォックス(注:1)じゃなくてケイオス(注:2)だったって事を教えてやろうぜ!」
 
注:1 セイバートロン星に生息する機械動物。
注:2 『2010』に登場した、惑星ドレッドに生息する怪物。
 

 
オーバーキル「グルァァァァァ! オーバーキル、お前ら噛み砕く!」
 
ゴング「上等だ! この怪力ゴング様が相手になってやる!」
 
クリフ「助太刀するぜゴング!」
 
バンブル「オイラも!」
 

 
ボルファング「オレの鉄壁のシールド、破れるか!?」
 
ソニック「へっ、一流スナイパーの腕前を拝ませてやる!」
 

 
シャドーパンサー「闇に生まれ闇に潜み、狙った獲物は逃さない。それがオレのモットーだ!」
 
ラピート「奇遇でゴザルな。拙者も闇に生きる忍者でゴザル!」
 

 
ロディマス「ストラクサス、お前さんの企みもここまでだ!」
 
ストラクサス「ふふふ、やはりお前はまだ青いな、若造! 吾輩が何も考えずにお前たちを襲撃したと思うか?」
 
ロディマス「何!?」
 

 
クリフ「ホットロディマス、そう言えば、スタントロンの二人がいないぞ!」
 
ロディマス「! しまった、そういう事か!」
 
~その頃~
 

 
ブレークダウン「へへへ、ここまでだな小僧」
 
ウエスト「くっ……」
 
ドラスト「たった一人でオレ達相手にそいつを守りきるつもりか? ここは諦めた方が賢いと思うぜ」
 

 
?「キミ、頭さげて!」
 
ウエスト「えっ!?」
 

 
ズガァァァン!
 
ブレークダウン「ぐわぁぁぁぁぁぁっ!」
 
ドラスト「何だ!? 誰だ一体!」
 

 
?「お待たせ! 助っ人参上!」
 

 
ウエスト「君は……?」
 
?「ハーイ。アタシはドラキュリア。そちらの店長さんに雇われた、あんた達の護衛よ♪」
 
?「おいおい嬢ちゃん、自分の宣伝ばっかりしてちゃずるいぜ」
 
ドラキュリア「だってアタシ、あんたの事よく知らないし……」
 
?「……それもそうか。んじゃ、自分で自己紹介させてもらうかねぇ」
 

 
?「トランスフォーム!」
 
ゴガギギギ!
 

 
?「勝利の値段は決して高くない。ダブルディーラーだ、ヨロシク!」
 

 
ドラスト「げっ、ダブルディーラーだと!?」
 
ブレークダウン「お前らそんな奴まで雇ってたのか!?」
 
ウエスト「……有名人なの?」
 
ドラキュリア「さぁ……」
 
ブレークダウン「有名も何も、そいつは……」
 

 
サンクラ「ダブルディーラーを雇ったって!?」
 
アカサカ「ああ。さすがにちょっと値は張ったけどな。でも、あいつとドラちゃんがいりゃ、例えヘルズ三兄弟が強盗に来たとしても、バナナの皮でも剥くように“するりと”片は付くだろ」
 
サンクラ「そういう問題でもないだろ。店長、マジかよ!」
 
杏子「サンダークラッカー、そいつの事知ってるのか?」
 
サンクラ「知ってるも何も、一番高い報奨金を支払った奴だけに従う、信用ならない傭兵野郎じゃねぇか!」
 
アカサカ「あー、あいつもそう言って愚痴ってたよ。『噂ってのは一人歩きする』ってな。いいか、サンダークラッカー。あいつはただの傭兵じゃない。プロフェッショナルだ」
 
サンクラ「どういう事だよ?」
 
アカサカ「お前の言う通り、傭兵ってのは金で陣営を変える職業だ。“だからこそ”プロフェッショナルの傭兵は信用と信頼を重んじる。大金を積まれたからってホイホイ依頼主を裏切ってたら、ビジネスにならないからな。“ゆえに”、契約をかわし、“金が支払われている限り”、あいつは決して依頼主を裏切らない」
 

 
ダブルディーラー「……とまぁ、そういう訳だ。せいぜいお前達のボスに宣伝しといてくれや。奇襲作戦は……」
 

 
ダブルディーラー「超優秀な傭兵の加勢で失敗しましたってな!」
 
ドラストブレークダウン「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」
 
~そして。~
 

 
ライノックス「有難うロディマス。確かに受け取ったよ。ウチのコンボイさんも喜んでるんダナ」
 
ロディマス「ああ。オレ達も研究の結果を楽しみに待ってるぜ」
 
ライノックス「期待しといて欲しいんダナ♪」
 

 
ロディマス「それからヒカリアンのみんなに、傭兵の二人もありがとさん。サイバトロンを代表して礼を言わせてもらうぜ」
 
スター「いいってことよ」
 
ダブルディーラー「オレ達はあくまで仕事を果たしただけ。感謝する事はねぇ。次はお前さん達と戦う事になるかも知れないしな」
 
ドラキュリア「そうそう♪」
 
バンブル「とにかく、帰ろうよ。愛しき我が家へさ」
 
ウエスト「そうだね」
 
~おしまい~
 
 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/1560-ebe98720