FC2ブログ
 今回の話は、序盤とおおもとの展開は某作品のパロディだったりします。
 と言うか、RAHの杏子は、実は今回の話がやりたくて買いました(笑)。
 
 では、スタート!
 

 
杏子「どうも~、有難う御座いましたー」
 

 
ディケイド「お疲れさん。あとは変わるから、今日はもうあがれよ」
 
杏子「さんきゅ。じゃ、お言葉に甘えさせてもらうとすっかな」
 

 
杏子「あ~、ハラ減った……なんか無いかな……」
 

 
杏子「……ん?」
 

 
杏子「ん? ん?」
 

 
杏子「んふふふ……」
 

 
サンクラ「ザンギャックの栗ご飯?」
 
アカサカ「ああ。この間ワルズのとこと取引があってよ。『取引の礼にくれてやる』とか言って送ってきたんだよ」
 
インペラー「で、普通の栗ご飯なんスか?」
 
アカサカ「いや、なんか特別な栗ご飯らしい。何でも『ガイアークを研究したうえで、ザンギャックの科学の粋を集めて作った栗を使った』んだとかなんとか……」
 
サンクラ「なんだよ、そりゃ?」
 

 
杏子「あっ。みんなお疲れ~♪」
 

 
アカサカ「おう、お疲れ~」
 
インペラー「……で、なんでしたっけ?」
 
アカサカ「だから、『ザンギャックの科学力で作られた特殊な栗を使った』とか何とか……」
 

 
一同「んっ?」
 
どど~
~ん!!
 
一同「どわ~~~~~~っ!」
 

 
サンクラ「な、な、なんだよこりゃ!? どうなってんだ!?」
 
杏子「えへへへ……」
 
インペラー「……寝る子は育つ、とか?」
 
サンクラ「育ち過ぎだろ!」
 

 
アカサカ「…………杏子ちゃん、食ったろ?」
 
杏子「食ってないよ」
 
アカサカ「その異様に素早い返事が怪しい……」
 
杏子「…………」
 
インペラー「てか、これ以上怪しい奴はいないと思うッスけど……」
 

 
アカサカ「お前栗ご飯食ったろ!?」
 
杏子「食ってない!」
 
アカサカ「いや食った!」
 
杏子「食ってない!」
 
アカサカ「食った!」
 
杏子「食ってない!」
 

 
アカサカ「怒らないから♪」
 
杏子「も、すんごい美味かった~♪」
 

 
アカサカ「このぶわっかやろ~~~っ!」
 
杏子「あーっ! 怒らないって言ったくせにー!」
 
で。
 

 
アカサカ「やれやれ、これからどうすっかな~?」
 
インペラー「成程。栗ご飯食ったらこんなんなっちまうんスね」
 
 

 
アカサカ「ん?」
 

 
杏子「食っちまった事は謝るから、何とかしてくれ店長~~~っ!」
 
アカサカ「杏子ちゃん、苦しい……」
 
杏子「これじゃお嫁に行けねぇよ~~~っ」
 
アカサカ「杏子ちゃんでも……行きたかったのか……てか……マジで、やばい……」
 
めぎょ
 

 
アカサカ「さぁ~て、どうしたもんか……」
 
インペラー「いっそ、ワルズの坊ちゃんに聞いてみたらどうッスか?」
 
アカサカ「おお! ナイスアイデア!」
 
サンクラ「ところで店長、その格好は……?」
 
アカサカ「ああ、オレの別ボディ。今のでfigmaボディが『バキッ』といっちまったからね……」
 
サンクラ「便利な身体だな……」
 
でもって。
 

 
ワルズ「オレが知る訳ないだろう」
 

 
アカサカ「あ~、やっぱり……?」
 
ワルズ「だいたい、勝手に食べたのはその小娘だろう? オレの責任ではない」
 

 
杏子「そんな事はどうでもいいんだよ! お前らが作った物なんだから、作った奴に聞いてくれたっていいだろ!」
 
ワルズ「わ、分かった! インサーンにでも聞いてみる! だから振り回すのはやめてくれ!」
 
で。
 

 
ワルズ「どうやら、巨大化に永続性は無いようだ。体内の栗が完全に消化されてしまえば元の大きさに戻れるらしい」
 
アカサカ「そうか、そりゃ良かった」
 
インペラー「一件落着ッスね」
 
サンクラ「まったく、心配のあまりヒューズがぶっ飛ぶかと思ったぞ」
 

 
杏子「やれやれ。安心したらハラ減っちまったよ」
 
パク
 
アカサカ「ん? 杏子ちゃん、今、何食べた……」
 
杏子「そこにあったオニギリみたいなやつ。栗っぽい味がしたけど……」
 
アカサカ「……なんだって?」
 

 
サンクラ「……栗?」
 
インペラー「オニギリみたいで、栗?」
 
ワルズ「栗ご飯……?」
 

 
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……
 

 
ちゅど~~~~~~ん!!
 

 
杏子「あはは……さらにでっかくなっちゃった……」
 
一同「どアホ~~~~~~っ!!!」
 
~オシマイ~
 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ishimarusyoten.blog.fc2.com/tb.php/1545-01244dd7