FC2ブログ

 今晩は、アカサカです。

 今日はまた、ファイクエ3のボスのリメイクイラストを紹介したいと思います。


 今回も比較的、アレンジは少なめです。

 では、スタート!


Devil-Knight.JPG


デビルナイト(Devil Knight)

HP:7700

MP:2500

経験値:3700

ゴールド:4200

備考:ナイトキラーの側近で、リビングアーマー系の魔界騎士。地球におけるキラー城へ続くワープゾーンを守っている。寡黙で口数は少ないが、主への忠誠心は高い。戦闘では高い格闘能力と、多彩な攻撃魔法で攻め、ダメージを回復魔法で癒すなど、攻守に秀でている。最初は石川達の偽物三体に分離して襲い掛かって来た。


 でもって、当時のデザインがこちら。


Devil-Knight-proto-1.JPG


 他のキャラと違って、小5くらいの頃にデザインしたと思います。

 なので、今までのボスとはちょっとデザインの雰囲気も違うと言うか……。


Devil-Knight-proto-2.JPG


 分離していた時の3人はこちら。

 デザインは、当時の石川達のデザインに準じています。


 おそらく、一番最初の頃は合体形態の設定は無かったかなぁと……。



 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



PP-LiegeMaximo-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、リージマキシモを紹介するぞ!」


PP-LiegeMaximo-2.JPG


サンクラ「リージマキシモは、13人のプライムの一人だ。言葉巧みなトリックスターで、兄弟達の間に不破を生んだとされるぞ。名前はマーベル版TFG2のラストに登場したG2TF達の黒幕で、メガトロン様はこいつから生まれたと言われてる」


PP-LiegeMaximo-3.JPG


サンクラ「デコイアーマーはG1プリテンダーのスカルグリン(日本版ではダウロス)がモチーフだ。有機的な骸骨っぽかったスカルグリンに対して、PP版はメカニカルなデザインになってる」


PP-LiegeMaximo-4.JPG


サンクラ「背中には武器を背負ってる。こいつの場合は爪型だ」


PP-LiegeMaximo-5.JPG


サンクラ「もちろんこうやって、取り外して持たせることが出来るぞ」


PP-LiegeMaximo-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーを開放すると、中には本体のプライムマスターが収納されてる」


PP-LiegeMaximo-7.JPG


サンクラ「プライムマスターも、G1版のスカルグリンのインナーロボを意識したデザイン・カラーリングになってるぞ」


PP-LiegeMaximo-8.JPG


サンクラ「背中側。リージマキシモの紋章になってるぞ」


PP-LiegeMaximo-9.JPG


サンクラ「こいつが変形したプライムコアは、合体者に言葉や交渉能力を与えるものになってる」


PP-LiegeMaximo-10.JPG


サンクラ「武器モードのデコイアーマーは、他のTFに装備可能だ。ちなみに画像で装備してんのは、ユナイテッド版スカルグリンだ」


PP-LiegeMaximo-1.JPG


サンクラ「リージマキシモの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 いいとこゴールドバグくらいですし……。似たようなコンセプトのバトルチャージャーは、ちょくちょくリメイクされるのにねぇ……。


 さて、今日もアメブロの方を更新しました。

 今回も『デタリキ』のレポート系ですが……。


 今日のニチアサ、プリキュアは初期作の頃は「敵をためらいなく倒し」はしても、「敵を見捨て」るって展開は特に記憶になかったので、ちょっと新鮮だったり。やっぱりこのダークな展開ってのどかの中の人がまどかだからry


 んで、『キラメイ』のあと、何気なくテレビをつけたままにしてたらいきなり『ドゲンジャーズ』が始まってビックリ!

 で、本放送時、初めて見たエピソードが第3話だったんですが、今日の再放送もその第3話で二度ビックリ!


 さらにブロ友さんの緑猫さんも『デタリキ』を始められてて、本日三度目のビックリです(笑)。


 さて、ようやく本文ですが、タイトル通り、数少ないスロットルボットのリメイクトイ紹介で行きます。


 ではスタート!


TR-RoadBurn-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、ロードバーンを紹介するぞ!」


TR-RoadBurn-2.JPG


サンクラ「ロードバーンは、G1中期に登場したスロットルボット探査員チェイスのリメイクキャラだ。ここじゃ、チェイスとしてのテックスペックを紹介するぞ」


TR-RoadBurn-3.JPG


サンクラ「性急な性格で、他のスロットルボットが出発しようとしてる時にゃ、既に16km先を走ってる。過去の手柄とこれからの戦功の自慢が大好きで、皆の人気者だぞ。3.2km先のテニスボールが見える視力を持ってて、同時に3方向、270度の範囲の遠距離を見る事も出来るんだぜ」


TR-RoadBurn-4.JPG


サンクラ「背中側。トイはLG版バンブルのリデコだ」


TR-RoadBurn-5.JPG


サンクラ「リデコ元のバンブルと。頭部とカラーリング以外はバンブルと変わってねえ。普通、バンブルの赤リデコと言や、クリフが多い中、珍しい選定だよな」


TR-RoadBurn-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-RoadBurn-7.JPG


サンクラ「ビークルモードはスポーツカーだ。G1だと、フェラーリ・テスタロッサに変形してたぞ。ルーフ下部にゃ、超水平線レーダー機能を持つ円盤アンテナを装備してる。ドライブシャフトとトランスミッションに問題が発生しやすいのが弱点だ」


TR-RoadBurn-8.JPG


サンクラ「車内には、ヘッドマスター/タイタンマスターやプライムマスターを乗車させることが出来るぞ」


TR-RoadBurn-9.JPG


サンクラ「カーモードでバンブルと。こっちは、カラーリング以外はバンブルと全く同型だ」


TR-RoadBurn-1.JPG


サンクラ「ロードバーンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日もアメブロの方を更新しました。

 ようやく受けられたインフルエンザの予防接種の帰り、立ち寄ったブックオフで、ついにフルボトルが(本編登場分は)コンプ出来たので……。


 こちらの記事は、『デタリキ』の戦力考察です。本編やサブイベントなどのネタバレは全く無いですが、攻略に少しでも役立てましたら……。


Icon-Akasaka-1.JPG


「『特務科学省 特別防衛局 異形生物対策班』、『ぶっ飛ばし組』班長のアカサカでさ」


Icon-Eri-1.JPG


「チーム5の岸瑛里よ。班長、今回は何をするの?」


Icon-Akasaka-2.JPG


「へえ。実は戦力アップのために、デタリキやらコ・ス・プレ、ジャマーの組み合わせなんざ、色々試してみてんですがね……。そん中で、ちょっと面白れぇ事がありやしたんで」


Icon-Eri-3.JPG


「と言うと?」


Icon-Akasaka-2.JPG


「まず、これを見て下せえ」


2021-1-23-1.JPG


「これは……アクアブルーの、今の編成ね。すももと組んでるゴルザが育ち切るには、まだかかるかしら? まぁ、EXPアイテム使えば早いんでしょうけど……」


Icon-Akasaka-3.JPG


「ま、そりゃいいとしてですね。まず、瑛里ちゃんとルカちゃんが、隊の中じゃSRジャマーのフォルネウスと組んでやすが……」


2021-1-23-.JPG


「この通り、昨日手に入れやしたカノリーナと入れ替えると、こんな感じになりやす」


「さすがにSSRジャマーだけあって、ステータスはそこそこ上がるわね」


「なんですけどね……」


2021-1-23-3.JPG


「交代させるとこの通りでさ」


「あら、1300ちょっと下がっちゃうのね。まあ、覚醒もさせてなかったら仕方ないとは思うけど……」


Icon-Akasaka-1.JPG


「んで、あたしが『面白れぇ』って思ったのがその次なんでさ」


Icon-Eri-4.JPG


「?」


2021-1-23-4.JPG


「この画像の通り、瑛里ちゃんのフォルネウスとルカちゃんのフォルネウス、ステータス自体は全く変わんねーんですよ。けど……」


2021-1-23-5.JPG


「カノリーナを瑛里ちゃんのパートナージャマーにすると、この有様でさ」


Icon-Eri-5.JPG


「ええっ、7万台まで下がっちゃうの!?」


Icon-Akasaka-3.JPG


「へえ。ただ『何から何まで条件が同じジャマーを入れ替えた』ってだけなんですがねぇ」


Icon-Eri-6.JPG


「コ・ス・プレとジャマーと組み合わせでも、ステータスは大きく変わっちゃうのかしらね」


Icon-Akasaka-2.JPG


「この辺はまた、考察の余地がありそうですねぇ……」

DualZenon-2.JPG


 今晩は。アカサカです。

 今日もアメブロの方を更新しました。まぁ今日も『デタリキ』記事なんですが……。


2021-1-22-1.JPG


 さて、今日は休みでしたので、行橋まで行ってきました。

 車内では、新発売されていたホットサンドで朝食。


2021-1-22-2.JPG


 ベーコンとキノコ、チーズの取り合わせがなかなか……。


2021-1-22-3.JPG


 さて、今日はまずは神田町の正八幡神社です。


2021-1-22-4.JPG


 正月にエミット様を引き当てたお礼参り(正しい意味での)に行ってきました。


2021-1-22-5.JPG


 それから去年行った正ノ宮正八幡神社にも。


2021-1-22-6.JPG


 拝殿前にはまだ角松が出してありました。(^ ^;)


2021-1-22-7.JPG


 その後はBOOKOFFで立ち読みと買い物を。


2021-1-22-8.JPG


 で、それからゆめタウンへ。

 東側の本館、『ゆめ広場』の吹き抜けでは、陶器市をやってました。


2021-1-22-9.JPG


 少し遅めのお昼です。


2021-1-22-10.JPG


 今日は『らぁめん研究所 けんた亭』。

 食事をしたのは実に去年の7月以来でした。そしてやっぱりカルボナーラ豚骨は未だに発売されてないっていうね……。いっそもう、メニューから消しとけよ。


2021-1-22-11.JPG

 

 それはそれとして、今日は豚骨ラーメンの黒炒飯セットにしました。


2021-1-22-12.JPG


 麺の硬さは「粉落とし」です。


2021-1-22-13.JPG


 具はもやしにチャーシュー、海苔、それから昔ラーメンにも入っていた柚子皮など。


2021-1-22-14.JPG


 胡椒とラーメンのタレも入れました。


2021-1-22-15.JPG


 セットの黒炒飯。

 存在は前々から知っていたのですが……。


2021-1-22-16.JPG


 焼きおにぎり……とも違う、不思議な感じの味でした。


2021-1-22-17.JPG


 ご馳走様でした


2021-1-22-18.JPG


 西側にある新館の、ゆめ広場よりも大きいセントラルコートの方の吹き抜けの方では、バレンタインのフェアをやってました。


2021-1-22-19.JPG


 夜はかつやの、この間も食べた胡麻坦々チキンカツ丼にしました。


2021-1-22-23.JPG


 さて、今日の戦利品ですが、まずはBOOKOFFにて『魔王城でおやすみ』の8巻。


2021-1-22-20.JPG


 でもって、コスタ行橋のドン・キホーテでは、前回目を付けていたゼロワンドライバー&プログライズキーホルダー(+パンチングコングキー)がまだあったので、ついに購入。コングキーは誰かにあげようかなぁ。

 中古で買ったのも含めれば、タイトル通りゴーストドライバーから毎年ベルトを買ってることに……。

 ああでも、今の所ソードライバーはそんなに欲しくは無いかなぁ……。話つまんないし。


 キーをベルトにかざして承認させないと変身音声が聞けないという、令和の1号ライダーにふさわしい、ハイテク機能を搭載したベルトです。


 それにつけても、「主人公と同型のベルトを使ってる敵ライダー」は数あれど、「主人公のベルトをベースに改造したベルトを使う敵ライダー」は今作位のもんじゃないかと……。


2021-1-22-21.JPG


 プログライズキーは実家に置いてるので、取り敢えず手元にあるアークワンプログライズキーを挿してみました。


2021-1-22-22.JPG


 あとゼツメライズキーなんかも(画像じゃ分かりませんが、アルシノキーを挿してます)。


2021-1-22-24.JPG


 ところで今日、デタリキやってて初めて知ったのですが、美兎さんて二人称「アンタ」だったのね……。

 結構意外でした。


DualZenon-3.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 今日もアメブロの方を更新しました。最近恒例、デートエピソード+αですが……。(^ ^;)

 こちらの方は、オランダの民話『小人の作った鐘』でいきます。


 ではスタート!


小人の作った鐘



 むかしむかし、オランダにまだキリスト教が伝わらなかった頃、人々はキリスト教とは違った宗教を信じていました。
 けれども、その内、外国のキリスト教の宣教師たちが、
「お前さん達は、悪い宗教を信じている。お前さん達が有難がっている神様は、お前さん達に悪い事ばかり教えていて、ちっとも偉いことは無い。早くそんな神様を拝むのはやめて、キリスト教を信じなさい」
 などと言い出しました。
 そして、
「私達キリスト教の神様は、それはそれは私達を愛して下さり、貧しい者も、病気の者も、みんな幸せにして下さるのじゃ」
 と教えていました。
 この宣教師の中には、悪い人がいて、オランダ人たちが神様のように大切にしている木をわざと切り倒してしまったり、有難がっている井戸や泉を、
「何て馬鹿馬鹿しい……」
 とあざ笑ったりしました。
 また、三羽のカラスを連れているフライアという神様を、オランダ人たちは敬ってお祈りをささげていましたが、悪い宣教師たちはそれを見ると、
「そんなものは神様なんかじゃありゃしない。そんなくだらぬものにお祈りしても、石ころにお辞儀をするのとおんなじさ。もしも効き目があったなら、わしの首をやってもいいよ」
 と悪口を言ったりしました。
 そんな様子を見たり聞いたりして、酷く怒ったのは小人たちでした。小人たちは、神様が世界の始まりと同時に作ったのですが、身体が小さく、その上姿がとても見にくかったので、恥ずかしくてたまらず、いつも地の中に隠れているのです。そして、土の中に含まれている金や銀や銅、錫などを、せっせと掘り出して働いていました。
 小人たちは、悪い宣教師たちを憎んで、ある日、地の底で会議を開き、
「まったく、けしからん宣教師だ。ひとつ、懲らしめてやろうではないか」
「だが、宣教師全部が悪いというのではない。中には良い宣教師もいるのだから、良い宣教師には良い事をしてやり、悪い宣教師には散々な目に合わせてやる事にしたらいいだろう」
 と相談しました。
 そう決まってからというもの、悪い宣教師たちには、毎日、毎日、悪い事ばかりが起こりました。パンを食べようとすると、一面にカビだらけで食べられませんし、牛乳を飲もうとすると、葉のように苦いのです。家の中にはバラバラと砂利が降ってきます。ベッドはひっくり返されるし、服や帽子が無くなってしまいました。
 悪い宣教師たちは、頭から湯気の出るほど怒りましたが、どうしてこんな事が起こるのかさっぱり分からないで、地団太踏んで悔しがりました。
 それに引き換え、良い宣教師には、毎日、毎日、嬉しい事ばかり起こりました。パンや牛乳が無くなったと思うと、いつの間にか食べきれないほどたくさんのパンや牛乳が、ちゃんと置かれているのです。
 ベッドの敷布や肌着などは、いつも真っ白に洗濯されていますし、庭に出ると、色とりどりの綺麗な花が知らぬ間に植え付けられていたりします。また、教会を建てようと思うと、材木や釘などが、どこからか、さっと山のように運ばれてきたりしました。
 教会が出来上がると、良い宣教師たちは、
「教会には鐘がないといけない。鐘は、森の中で迷った旅人に場所を教えたり、神様にお祈りをするため、人々を呼び集めたりするのに是非必要なものだ。ところが、このオランダには鐘を作れるものが居ないから、遠い国から取り寄せなければならない。そうするにはたくさんのお金がいるが、我々にはお金がないから、そんなことは出来ないし、困った事だ」
 と、毎日ため息ばかりついていました。
 それを知った小人たちは、また会議を開いて、
「良い宣教師たちは鐘を欲しがっているが、ひとつ、オレ達の力で鐘を作ってみたらどうだろう。オレたちは、人を殺す刀や槍を作るために金属を掘り出すのはごめんだが、鐘は人々のためにとても役に立つもんだから、オレ達が金属をどっさり掘り出して、たくさんの鐘を作って贈ろうではないか」
 と相談したところ、みんな喜んで賛成したので、そうする事に決まりました。
 それから小人たちは、さっそく金槌やノミやツルハシやてこなどを使って、昼も夜もせっせと鉄や銅の入っている岩を砕き始めました。
 鉄や銅がたくさん集まると、今度は日を真っ赤に燃やしてそれを溶かしました。膝までの、つんつるてんの短い服を着て、サンタクロースのお爺さんみたいに、天辺に房の付いている赤い帽子をかぶった小人たちは、火を燃やしたり、鉄や銅を投げ込なんだり、あっちこっち走り回って大活躍です。
 顔は煤で真っ黒になるし、身体は火の熱で焦げてしまったほどですが、小人たちはじっと我慢して、溶けた鉄や銅で、鐘を一つ一つこしらえていきました。
 その甲斐あって、何か月の後には、大きいのやら小さいの、丸い物や長い物、いろんな型の百以上の鐘が、ずらりと地の中に並びました。
「うわー、出来たぞ、出来たぞ! もう、この位でいいだろう」
 小人たちは鐘造りをやめて、出来上がった鐘を鉄の棒につるしました。それから顔や体を洗い、服を着替えてさっぱりしてから、鐘の下にみんなが並びました。
 すると小人の頭が一本の短い棒を持って、みんなの前に立ち、
「さあ、みんな、鐘が出来たお祝いに、鐘の音に合わせて歌を歌おう。だが、はじめにちょっと練習しなければいけないな。わしが調子をとるから、みんな、歌ってみてくれ」
 と言いました。
 そこで小人たちは、頭が棒を一振りすると、みんな一斉に声を張り上げて歌い出しました。
 けれども小人たちは、男や女ばかりでなく、年寄りや子供たちも一緒だったので、なかなか調子が揃いませんでした。
 銅鑼声を出す者もあれば、耳をふさぎたくなるようなキンキン声を出す者もいます。
 小人の頭はがっかりして、
「そんな低い声で歌っちゃだめだよ」
 とお爺さんを注意したり、
「おい、おい。そんな獣の吠えるような声を出したら、他の者が困るじゃないか」
 と若者を叱ったり、
「いいぞ、いいぞ、その調子!」
 などと子供たちを褒めたりしている内に、どうやら、やっと、揃うようになりました。
 そこで本番となり、小人たちは百以上の鐘を一斉に突き鳴らして、その音に合わせて合唱し始めたのです。
 ちょうどその頃、人間界では、一人の宣教師が出来上がった教会を眺めながら、
(ああ、鐘が欲しいなあ。鐘が無いと、なんだか魂が抜けているみたいだ)
 と思いました。
 日が暮れてから宣教師は、
(どうしても鐘を手に入れたいが、この国では金が作れないから、とにかく、ライムズまで行って何とかしてこよう)
 と考えて、それから寝床に入りました。
 すると、なんだか鐘のような音と、歌声のようなものが聞こえてきたように思いました。
(おや、おかしいぞ。この国には鐘なんか無いのだから、私があまり欲しがるので、空耳かな……)
 宣教師はそう思って耳を澄ますと、確かに美しい鐘の音と、歌声とが聞こえてくるのです。
(なんて不思議な事だろう。この国では鐘の音など聞かれる事が無いはずなのに……。しかも、あんなに綺麗な鐘の音が……)
 宣教師は不思議に思いながら、じっと鐘の音に聞き入っていました。


 小人たちは合唱が済むと、
「さあ、それでは鐘を教会へ配って歩こう。みんな、急がなくちゃだめだぞ。
夜が明けたら、人間の世界にはいられないんだから」
 と言って、鐘を全部地上へ運び出しました。それからみんなで手分けして、あちらこちらの教会へ金を吊るして歩きましたが、みんな大急ぎで働いたので、夜が明けないうちに、すっかり仕事が終わりました。
 小人たちはほっとして地の中へ潜り込むと、
「鐘を見て、宣教師たちはどんなに驚くだろうね」
 と言って嬉しがりました。
 この日から、オランダの国にも、美しい鐘の音が響き渡るようになったのです。




~おしまい~

SuperMegatron-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFジェネレーションセレクト』から、スーパーメガトロン様を紹介するぞ!」


SuperMegatron-2.JPG


サンクラ「スーパーメガトロン様は、『ザ☆ヘッドマスターズ』で北極海に沈んで消息不明になったガルバトロン様が、『ザ☆バトルスターズ』で大帝王ダークノヴァによってリフォーマットされた姿だ。人間を喰ってエネルギーに変換できるようになったぞ」


SuperMegatron-3.JPG


サンクラ「バストアップ。容姿はガルバトロン様から、名前の通り元のメガトロン様をそのまま強化したような姿に戻ったぞ。額のエンブレムは、スーパーメガトロン様のイニシャルである“S”と“M”の文字を組み合わせたものだ」


SuperMegatron-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードのウイングが畳まれている他、脚部にもビークルモードのキャタピラが見えるな」


SuperMegatron-5.JPG


サンクラ「武装はより強化された融合カノンだ。ガルバトロン様時代のSFガンも彷彿とさせるな」


SuperMegatron-6.JPG


サンクラ「リデコ元になった『レジェンズ』版ガルバトロン様と。元々スーパーメガトロン様自体がガルバトロン様の強化形態だから、順当なリメイクではあるな」


SuperMegatron-7.JPG


サンクラ「続いて『シージ』版のメガトロン様と。こうして見ると、純粋にメガトロン様を強化したデザインだってのが分かるな」


SuperMegatron-8.JPG


サンクラ「ライバルであるスターコンボイと。G1の頃から、スターコンボイの方が巨大だって設定だから、この身長差は実は当時に忠実なものだったりするぞ」


SuperMegatron-9.JPG


サンクラ「こちらが当時のデザインだ。当時はトイが発売されてなくて、雑誌のグラビア記事とコミックのみの登場だったぞ。脚部が元のメガトロン様に近い直線的なデザインである以外は、GS版も概ねこの元デザインを踏襲してる」


SuperMegatron-10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SuperMegatron-11.JPG


サンクラ「ビークルモードはガンジェットだ。G1版はレーザーガンに翼が生えたようなデザインだったが、今回は普通のジェット機に近い形状だぞ。因みに、ジェット機に変形するメガトロン様は、このスーパーメガトロン様が初だ」


SuperMegatron-12.JPG


サンクラ「ガルバトロン様のジェットモードと。変形パターンがそもそも違うから、形状は全く異なってるな」


SuperMegatron-13.JPG


サンクラ「それから、トイはさらなる強化形態、ウルトラメガトロン様にも変形可能だ。これはスターコンボイに敗れたスーパーメガトロン様が、ダークノヴァによってさらに強化された姿だぞ」


SuperMegatron-14.JPG


サンクラ「バストアップ。スーパーメガトロン様との違いは、主に額と胸部のデザインだ」


SuperMegatron-15.JPG


サンクラ「背中側。こちらでは翼を展開しているぞ」


SuperMegatron-16.JPG


サンクラ「武器は腕のスターバスター砲と、肩の三連カノンだ。スターバスター砲は、GS版は融合カノンを変形させて再現してるぞ」


SuperMegatron-17.JPG


サンクラ「シージ版のメガトロン様と。この形態でも、元のメガトロン様をグレードアップしたような姿であることは変わらねえ」


SuperMegatron-18.JPG


サンクラ「頭部と胸部を比べてみても、元のデザインに近いことが分かるな」


SuperMegatron-19.JPG


サンクラ「当時の設定がこれだ。グラビア記事では、最終的にダークノヴァと合体して星の巨人になったぞ」


SuperMegatron-20.JPG


サンクラ「その他、GS版のオリジナルギミックとして、フェイス部をマスク状に変形させたウルトラメガトロン・オメガ形態にする事も可能だ。この顔は、ダークノヴァや実写映画版のメガトロン(『最後の騎士王』版)を彷彿とさせるデザインになってるぜ」


SuperMegatron-21.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SuperMegatron-22.JPG


サンクラ「ウルトラメガトロン様のビークルモードは飛行重戦車だ。スターコンボイの10倍のパワーを誇るぞ」


SuperMegatron-23.JPG


サンクラ「ビークル上部の三連ターレットは、上下の可動や回転も出来るぞ」


SuperMegatron-24.JPG


サンクラ「シージ版メガトロン様のビークルモードと。どちらもSF戦車だが、ウルトラメガトロン様はより攻撃的なデザインになってる」


SuperMegatron-1.JPG


サンクラ「スーパーメガトロン様の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

PP-Micronus-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、マイクロナスを紹介するぞ!」


PP-Micronus-2.JPG


サンクラ「マイクロナスは、13人のプライムの一人だ。マイクロンの始祖にあたるプライムだぞ。この状態は、デコイアーマーと呼ばれる外殻をまとった状態だ」


PP-Micronus-3.JPG


サンクラ「上から。頭頂部には小さくサイバトロンのエンブレムがプリントされてるぞ。トイはG1のプリテンダー、クラウドバースト(日本版ではMFのフェニックス)をリメイクしたデザインになってる」


PP-Micronus-4.JPG


サンクラ「背中側。プライムマスターの共通項として、武器を背負った状態になってる」


PP-Micronus-5.JPG


サンクラ「この武器は、取り外して手に持たせることが出来るぞ」


PP-Micronus-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーの中には、LG/TRのヘッドマスター/タイタンマスターと同規格のプライムマスターが収納されてる」


PP-Micronus-7.JPG


サンクラ「内部ロボットの状態だ。日本版のプリテンダーは、『人間サイズのTFがアーマーをまとってその後巨大化』って設定だから、偶然とはいえ日本版を意識したような設定になってる」


PP-Micronus-8.JPG


サンクラ「背中側。ヘッドマスターと違って、プライムコアと呼ばれるものが背中に来てるぞ」


PP-Micronus-9.JPG


サンクラ「プライムマスター本体は、ヘッドマスター/タイタンマスターと同じ変形でプライムコアになるぞ」


PP-Micronus-10.JPG


サンクラ「このプライムコアは、デラックスクラス以上のアイテムに付属してるプライムアーマーを介してTFに合体可能だ。合体したプライムコアは、各々違った能力を合体したTFに与えるって設定で、こいつの場合はパワーリンク(合体)が可能になるぞ」


PP-Micronus-11.JPG


サンクラ「また、『レジェンズ』のコミックでは、ビーストフォーマーの三賢人、火の宝玉が同じ姿で登場したぞ。ダブルクロスにヘッドオンして力を与えたんだぜ」


PP-Micronus-12.JPG


サンクラ「さて、プライムマスターのデコイアーマーは、武器モードへのトランスフォームが出来る。マイクロナスの場合は、ダブルガトリングになるぞ」


PP-Micronus-1.JPG


サンクラ「マイクロナスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は数年ぶりに『観光雑誌コーナー』を更新しています。

 こちらでは九州各地の観光地を扱っています(と言っても今の所ほとんど福岡ですが)ので、宜しければ、是非一度ご覧下さいませ。


 それから、アメブロの方も記事を更新しています。

 ちょうど一昨日のサシミンさんの動画と似たようなことがありまして……。



 記事の方は、『ファイクエIII』前半部分の大ボス紹介と行きます。

 ではスタート!


Hyper-Killer.JPG


ハイパーナイトキラー(Hyper Knight Killer)

HP:4000

MP:1500

経験値:2500

ゴールド:3800

備考:キラー城にて石川達と対峙したナイトキラー(今回のボディは人間と同等サイズ)が、戦闘時に自己進化した姿。より格闘戦向きの形態となり、右手の『キラーソード』と、左手の『キラークロー』が主な武器。ボディはより大型化しているが、スピードは衰えておらず、強力になった攻撃力・防御力も相まって、一層の強敵となった。見事、こいつを撃破した石川達は、現実世界(ウスティジネーグ)に帰還するが……?


でもって、当時のデザインはコチラ。


Hyper-Killer-proto.JPG


 最初は『ネオナイトキラー』の姿で戦い、ある程度HPを減らしたところでハイパーに変形する、という流れです。

 肩や両腕の武装など、特徴的な部分はリデザインでも残しました。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 今日もアメブロの方を更新しました。『デタリキ』絡みばかりとは言え、あっちで五日連続更新は初かも……。


 さて、こちらでは『デタリキ』のハードモードを2章まで進めてみたので、それについて。

 今回は、前々からサシミンさんにお話していた業務提携(?)もあります。


 では、スタート!


Icon-Akasaka-5.JPG


「どうも、『特務科学省 特別防衛局 異形生物対策班』、『ぶっ飛ばし組』班長のアカサカでさ」


Icon-Eri-1.JPG


「チーム5の岸瑛里よ。班長、今回はメインストーリーのハードモードをプレイしたのよね?」


Icon-Akasaka-1.JPG


「へえ。あたしもさわりは知ってたんですが、実際にプレイしてみたのは初めてでしてね。まずはこれを見てくんなせえ」


2021-1-17-1.JPG


「タイトル自体は<HARD>がついてる以外、特に変わり映えしないわね」


2021-1-17-2.JPG


「んで、このモードの特徴なんですが、出現ジャマーのレベルが上がってる代わりに、お代の方が弾んでもらえるってモードなんでさ」


Icon-Eri-6.JPG


「いいけど、この画像じゃちょっと分かり辛いわよ。ジャマーのレベルの下に赤線引いてるみたいだけど……


2021-1-17-3.JPG


「んじゃ、これでどうです?」


Icon-Eri-2.JPG


「うん、これなら分かり易いわ。これ、第1章の戦闘シーンなのよね?」


Icon-Akasaka-2.JPG


「へえ。『ノーマル』だとレベルが『1』か『2』だったデメキングが、ハードモードだといきなり『6』になってんでさ。ま、戦うなぁこれまで育てたチームなんで、これくらいなら直ぐにぶっ飛ばしちまえるんですがね」


Icon-Eri-3.JPG


「ねえ班長、違いってそこだけなの?」


Icon-Akasaka-2.JPG


「いや、他にも違いがありやしてね。ひとまず、これを見てくんな」


2021-1-17-4.JPG


「ノーマルモードだと、この通りストーリーと出入り(任務)が両方入ってんですが……」


2021-1-17-5.JPG


「ハードモードだと見ての通り、ストーリーが略されて出入りだけになってんでさ」


Icon-Eri-4.JPG


「ストーリーの方は、ノーマルモードで見てねって事なのかしらね?」


Icon-Akasaka-2.JPG


「でしょうね。折角ですんで、管理人のブロ友のサシミンさんが、メインストーリーをまとめた動画を作ってらっしゃるんで、リンクを貼っておきまさあ。詳しい内容はこっちをどうぞ。今日の時点で2章まで進めたんで、2章分貼っときます」


【第1章】


【第2章】


「うん、いい感じじゃないかしら」


Icon-Eri-1.JPG


「それで班長、ノーマルモードのメインストーリーの方は進めないの? 今、第10章で止まってるみたいだけど」


Icon-Akasaka-3.JPG


「いやま、折角なんで、サシミンさんの動画が上がってからと思いやしてね」


Icon-Eri-6.JPG


「他力本願ねぇ……」

DualZenon-11.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日もアメブロの方を更新しました。内容は『デタリキ出張所』で、初めて見たすももさんとラファムのデートエピソード、後はS級O・ジャマーをそれぞれ交換とドロップで一体ずつ手に入れたので、その件について……。


2021-1-16-1.JPG


 さて、今日は土曜日でしたので、お袋を昼食に誘いました。

 今日はマリノアシティです。


 でもって、昨日が給料日だったので……。


2021-1-16-2.JPG


 フードコートではなく、ちょっと贅沢に『とろ麦』です。


2021-1-16-3.JPG


 店内はこんな感じ。

 結構落ち着いた感じです。


2021-1-16-4.JPG


 んで、私達は窓際の……


2021-1-16-5.JPG


 さらに壁際のこぢんまりとした座席に座りました。

 ちなみに食器が映ってるのは、この画像は食後に撮ったからです(爆)。


2021-1-16-6.JPG


 私はロースカツにしました。

 ご飯は三種類ほどから選べたので、私はもち麦ご飯、お袋は雑穀米を選びました。


2021-1-16-7.JPG


 さらに追加でとろろを付けられたので、私は『納豆とろろ』に。

 他にも普通のや、オクラ入りの等がありました。


2021-1-16-8.JPG


 端まで肉の入ったカツ。

 なかなか美味しかったです。


2021-1-16-9.JPG


 納豆とろろをご飯に。

 とろろは久々に食べました(好きなんですけどね)。


2021-1-16-10.JPG


 カツに付け合わせのキャベツは、卓上の胡麻ドレッシングで頂きます。


2021-1-16-11.JPG


 ご馳走様でした

 この後はお袋と別れて、ちょっとマリノアシティをぶらついてから、少しだけ天神に行ってきました。


2021-1-16-12.JPG


 フードコート内の、この間潰れていたお店は、新しくピザ屋が開店していました。

 今度来てみよう……。


2021-1-16-13.JPG


 天神では、たまたま目に入った東北の物産館ショップに、少し立ち寄ってみました。

 きりたんぽやインスタントの南部せんべい汁など、興味深いものがあったので、今度買ってみたいと思います。


2021-1-16-14.JPG


 さて、まんだらけには雪ミクコートVer.の開封品が入荷していたので、迷うことなくゲットしました。


2021-1-16-15.JPG


 実は二個目なのですが、改造材料にしたいと思っていたので。

 他にも毎年の雪ミクなど、改造用とそのまま用に二つ買いしてるfigmaがいくつかあるし、いつか『ホビー雑誌コーナー』でハッピーにレビューさせるかなぁ……。


2021-1-16-16.JPG


 そんなわけで、今日はいつもより早く帰って来たので、木の葉モールにも行ってきました。

 入居してるグリムランドでは、ザムズアッピングクウガのプログライズキーを入手。ホビーゾーンでは塗料(アーミーデザインの服の下地塗装に仕えそうなの)を見繕いましたが、特に収穫なしでした。


DualZenon-9.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Akasaka-6.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日もアメブロの方を更新しました。今日は先日買った『装動クロニクル』の鎧武を組み立てましたので、その記事を……。


Akasaka-9.JPG


 さて、明日が休みなので、正月ぶりに実家に帰ってきたのは良いんですが、緊急事態宣言の影響で、普段より早く閉まってるお店もちらほら……。


2021-1-15.JPG


 緊急事態宣言の影響か、いつものアピロスなダイエー福重だった元イオン福重店のMEGAドンキの総菜コーナーも、ろくなものが残っていなかったので、お酒だけ買っておつまみはその近くのサニーで買いました。

 直前に『魔王城でおやすみ』の9巻を読んでいたからか、ちょっと焼きそばが食べたい気分(納涼祭がテーマの114話に出店の焼きそばが出てくる)だったので、オム焼きそばにしました。


 さて、明日はどうするか……。


Akasaka-3.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 今日はアメブロの方も更新しました。昨日に引き続き、『デタリキ』の記事です。

 こちらの方は、BWが終わったので、また現行のTFシリーズを再開していこうと思います。


 ……と言いつつ、2年分ほど遅れてるわけですが(汗)。


 何はともあれ、スタート!


TR-Breakaway-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、ブレイクアウェイを紹介するぞ!」


TR-Breakaway-2.JPG


サンクラ「ブレイクアウェイは、G1に登場したパワーマスター、ゲッタウェイのリメイクだ。比類なき脱出の名人で、熟達した戦術及び戦略上の軍事的技術を有し、手腕と論理を使ってどんな状況からも見事に抜け出すぞ」


TR-Breakaway-3.JPG


サンクラ「バストアップ。一方で日本じゃ、ライトフットって全くの別人として発売されたぞ。自動車会社ブリティッシュモーターズの御曹司で、芯が強く意外に強情。水の超魂パワーをもつゴッドマスターの副官だ」


TR-Breakaway-4.JPG


サンクラ「背中側。トイはトランステクター部分がLG/TRクロームドームのリカラーになってるぞ」


TR-Breakaway-5.JPG


サンクラ「武器もクロームドームのものと同型のブラスター二挺だ」


TR-Breakaway-6.JPG


サンクラ「もちろん、合体させてタイタンマスター用のビークルにもなるぞ」


TR-Breakaway-7.JPG


サンクラ「TR版クロームドームとの比較。形状の違いは顔の部分のみだが、ブレイクアウェイはカラーリングでG1版ゲッタウェイを再現してるぞ」


TR-Breakaway-8.JPG


サンクラ「今度はLG版クロームドームと。ゲッタウェイとライトフットは、トイの仕様自体は国内外同一だったから、ライトフットとして遊ぶのもいいかもしれねえ」


TR-Breakaway-9.JPG


サンクラ「タイタンマスターはスロットルだ。ただでさえ素早いブレイクアウェイのスピードを、さらに強化するぞ」


TR-Breakaway-10.JPG


サンクラ「今度はタイタンマスター(ヘッドマスター)同士の比較だ。左からLG版クロームドーム、TR版スタイラー、スロットルだ。塗装がほとんどねえのはスタイラーと同じだな」


TR-Breakaway-11.JPG


サンクラ「次はヘッドモード。デザインは三者三様だ。余談だが、G1版は人間がエンジンに変形していたパワーマスター(ゴッドマスター)だが、TR/LGではジンライなんかと同じく頭部に変形してるぞ」


TR-Breakaway-12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-Breakaway-13.JPG


サンクラ「ビークルモードはスーパーカーだ。海外だとボディが本体だが、『MF』じゃ、ライトフットが誕生日に親父からプレゼントされた自動車がトランステクターだったぞ」


TR-Breakaway-14.JPG


サンクラ「上から。エンジン部分はパワーマスターを意識したように塗装されてる」


TR-Breakaway-15.JPG


サンクラ「ルーフには武器を装着可能だ」


TR-Breakaway-16.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版クロームドームと。色のおかげで、かなりイメージは変わってるな」


TR-Breakaway-17.JPG


サンクラ「今度はLG版クロームドームと。『マスターフォース』のアニメでも、ボンネットのエンジン部分が白い事を除きゃ、概ねこのカラーリングだったぞ」


TR-Breakaway-1.JPG


サンクラ「ブレイクアウェイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。『デタリキ』のデートエピソードなど、細々したものは向こうで扱っていこうと思います。


 さて、こちらの記事も『デタリキ』です。今日はウチの部隊編成などについて少々。


Icon-Akasaka-1.JPG


「てなワケで、『特務科学省 特別防衛局 異形生物対策班』、『ぶっ飛ばし組』班長のアカサカでさ」


Icon-Eri-1.JPG


「異形生物対策班 チーム5の岸瑛里よ。班長、今日は私達の班の戦力を振り返ってみるのよね?」


Icon-Akasaka-2.JPG


「へえ。まずは、ウチの班でも上位3チームの現状を振り返っておこうと思いやしてね」


2021-1-13-1.JPG


「現状、総合戦力が一番高いのは、私がリーダーをやってる『アクアブルー』ね。チームの中では、唯一戦力が7万に届いているわ」


2021-1-13-2.JPG


「だもんで、解放された『レイドバトル』のS級ジャマーに挑んではみやしたが、結果は……へえ。これでもB級O・ジャマーだったら、救援要請しなくても勝ててたんですがねぇ」


Icon-Eri-6.JPG


「まだまだ強化が必要ね。管理人が基本的に課金しないから、コツコツ進めていくしかないけれど……」


Icon-Akasaka-5.JPG


「ま、救援依頼の方はコツコツ受けてんで、なんだかんだで勲章や次のランクのO・ジャマー挑戦に必要な鍵は少しずつ溜まってってはいるんですがね」


Icon-Akasaka-2.JPG


「そんでね、あたしゃ思ってんですよ。ウチはコ・ス・プレはともかく、ジャマーの戦力が貧弱なんじゃねえかってねぇ」


2021-1-13-3.JPG


「例えば、現状2位の『アースグランド』を見て下せえ。覚醒こそほとんど限界までさせてやすが、SSRのジャマーはこないだガチャで手に入れた『サ=ムライ』だけです。しかもレベルこそ最高ですが、覚醒は全くしてません」


「SRジャマーの中でも、オブリビスはドロップで手に入れたものだしね。それまではRジャマーのデメキング(茶)を使ってたわけだし……」


2021-1-13-4.JPG


「逆に『レッドフレア』は、SSRジャマーが三体いるのに、総合戦力は『アースグランド』や『アクアブルー』より低いのね。『アクアブルー』は、ジャマーは全部SRなのに(※画像を撮った後に、『研究所』の勲章交換で『執行者ゴルザ』をゲットしました)


Icon-Akasaka-3.JPG


「やっぱ、SSRジャマーでも、覚醒や上限解放が出来ねえとなかなか具合がワリィって事なんですかねぇ。使ってるデタリキも、強化こそちょくちょくしてやすが、NランクやRランクの物ばっかですし……。脇が甘めぇんですよねぇ。……O・ジャマーといや、名前の由来は『お邪魔』なんですかね」


Icon-Eri-4.JPG


「知らないわよ……。そう言えば班長、戦力7万と言えば、6万になった時に『惑星救援任務』が解放されたんでしょう? どうだったの?」


Icon-Akasaka-3.JPG


「ああ、アレですか……」


2021-1-13-5.JPG


「一応、当時総合戦力が一番高かったエミットのじょーちゃんをリーダーに、土属性のチームを派遣したんですがね……。結果は第1階層でボッコボコでさ。這う這うの体で対策自体は成功してんですがね」


Icon-Eri-6.JPG


「こっちもまだまだ対策が必要って事ね……」


Icon-Akasaka-2.JPG


「そういうこってすね。ま、今は上に書いた通り、一番手練れのチームは戦力が7万になってますし、次はもちっとマシな任務遂行が出来るたぁ思ってやすがね」

2021.01.12 2021年・初小倉

Akasaka-4.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日は休みだったので、タイトル通り、今年初の小倉に行ってきました。


2021-1-12-1.JPG


 駅のファミマによったところ、いかにも「これで作ってね」と言わんばかりに店内広告が出ていたので、ファミチキとファミチキバンズを買いました。


2021-1-12-2.JPG


 ファミチキバンズは最初から二つに分割されていて、中にタルタルソースが塗ってあります。

 これだけでも食べられない事はありませんが……。


2021-1-12-3.JPG


 パッケージでも勧められている通り、ファミチキを挟んでフライドチキンバーガーにして食べました。

 チキンナゲットなどはケチャップ派なんですが、タルタルソースもなかなか合いました。


2021-1-12-4.JPG


 さて、小倉に到着。

 あるあるCityの入り口にも角松が飾ってありました。


2021-1-12-5.JPG


 お昼は前に何度か行った七転び八起きにしようかと思ったのですが、潰れたようで、別のお店になってました

 とはいえ、店休日なのかまだ開店していないのか、営業していませんでしたが。


 ここでお昼を食べ損ねたので……。


2021-1-12-6.JPG


 先にBOOKOFFに行ったりなんだりしている内に、もう時間は14時半。

 リバーウォークでお昼にしようと、向かっている最中、いつもとは違う道を通ったので、小倉城をパチリ


2021-1-12-7.JPG


 今日はリバーウォークの飲食街、『タベリバ』の中でも、フードコート内にある『黒龍拉麺』にしてみました。


2021-1-12-8.JPG


 時間が時間だったので、売り切れメニューもある中、今日は特性醤油とんこつラーメン。

 硬さはもちろんハリガネです。

 で、ここのラーメンの面白いと思ったのが……


2021-1-12-9.JPG


 なんと、丼がデフォルトで斜めになっています(笑)。


2021-1-12-10.JPG


 麺は細麺。

 スープが良く絡んでいました。


2021-1-12-11.JPG


 ネギは小口ネギと白髪ネギが入っています。


2021-1-12-12.JPG


 チャーシューはそこそこ厚め。

 二枚入っていました。


2021-1-12-13.JPG


 ご馳走様でした


2021-1-12-14.JPG


 さて、次はどこに行こう……。

 〇印をつけている所がすでに行った所です。ペッパーランチやサイゼリヤといった、どこに行ってもあるチェーン店には行ってもしょうがないしなぁ……。


2021-1-12-15.JPG


 タベリバのある、リバーウォーク4階から小倉城をもう一枚。


2021-1-12-16.JPG


 夕食はホカ弁の唐揚げカレーにしてみました。

 長い事、普通のホカ弁のカレーは買っていなかったのですが、今、こんな容器になってるんですねぇ。小さい頃は辛くて食べられなかったものですが……。


 ところで……


2021-1-12-17.JPG


 さっき(と言うか今も)デタリキやってたら、戦闘画面にこんなのが紛れ込んでるんですが、何でしょ、コレ?


2021-1-12-18.JPG


 見た感じは、レイドバトルのS級O・ジャマーの内、水属性の『執行者ゴルザ』と、風属性の『掃滅機構ナイトメア』が混じったような感じですが……。


 ちなみに現在進行形で、バトル画面だけに出てくるんですが、これってバグ……?


 画面に出てるだけでゲームの進行に害はないのですが、視覚的には邪魔ですね。

「何もしないけど、そこにいるだけの邪魔者」。まさに、ジャマーの設定通りです(苦笑)。


Akasaka-2.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Icon-Akasaka-1.JPG


「ども、『特務科学省 特別防衛局 異形生物対策班』、『ぶっ飛ばし組』班長のアカサカでさ」


Icon-Eri-3.JPG


「異形生物対策班 チーム5の岸瑛里よ。て言うか、何で私まで手描きのアイコンなのよ……」


Icon-Akasaka-6.JPG


「ま、そう言いなさんなって。管理人的にゃ、公式画像のトリミングだと色々マズイって考えたんですが、ペイントソフトなんざ大層なもの、持ってもいなきゃ、使った事もねえですからね」


Icon-Eri-6.JPG


「それにしたってさ、このアイコン……」


2021-1-11-1.JPG


「こうやって、わざわざ紙に輪郭だけ描いたのをコピーして、後から表情書き足して、さらにコピーして色塗ってスキャンって、物凄くアナログチックよね……。しかもその後、わざわざ一つずつ『ペイント』で切り取って加工して完成させたんでしょ? このデジタルなご時世で……」


Icon-Akasaka-2.JPG


「まあ、管理人としちゃ、頑張った方じゃねえんで? 何より、このサイトじゃ初のアイコン会話ですからね。慣れねぇ部分も多いんでしょうよ。それより、本題に入りますぜ」


Icon-Eri-1.JPG


「そうね。それで班長、私達はここで、一体何をするの?」


Icon-Akasaka-5.JPG


「どうやらこのコーナーは、管理人の『デタリキ』のプレイ日記的なモンになるみたいでさ。メインストーリー攻略の解説や、日々、ゲットしたコ・ス・プレ、ジャマー、新しく挑んでみた任務なんかを、あたしと瑛里ちゃんで解説していくみてぇですぜ」


Icon-Eri-1.JPG


「成程ね。まあ、いいんじゃないの」


Icon-Akasaka-1.JPG


「例えば今日なんかは……」


2021-1-11-3.JPG


「ガチャを引いたら、土属性のSSRジャマーを手に入れやしてね。ウチはコ・ス・プレは兎も角、ジャマーの戦力がイマイチだったんで、こりゃあ大きな収穫でした」


「そう言えば、昨日も火属性でSSRジャマーを手に入れてたわよね。ちょうど『レッドフレア』の方で、私が組んでるけど。ところで班長……」


2021-1-11-2.JPG


「またノックしないで入って来たでしょ! 編み物してる所見られるの、結構恥ずかしいんだからね!」


「いいじゃねーですかい。恥ずかしいトコなんざ、お互いもう、これでもかってくれぇ隅々まで見た仲……」


Icon-Akasaka-4.JPG


「いててててて! わかった! わかりやした!」


Icon-Eri-6.JPG


「…………///


Icon-Akasaka-6.JPG


「とま、そんなワケで、このコーナーはこんな感じで進めていきてぇと思ってやす。付き合ってもらえりゃあ幸いです」


Icon-Eri-2.JPG


「改めて、宜しくね♪」


キャラクター解説


Icon-Akasaka-1.JPG


アカサカ

『特務科学省 特別防衛局 異形生物対策班』に勤務する班長の一人。現在ランク60の新米班長。普段は割と適当で軽薄な言動が目立ち、仕事をさぼって昼寝していることも。仕事に対する姿勢はビジネスライクだが、何のかんので隊員たちに対する面倒見はいい。

 隊の中では瑛里の他、レイン、水野 美兎と気が合う模様。砕けた敬語口調、任務を「出入り」と表現したりと、独特な表現が目立つ。班員の事は「○○さん」「○○のじょーちゃん」などと呼んでいるが、瑛里については「瑛里ちゃん」と呼んでいる。

 最近の悩みは白髪が増えてきたことらしい。


Icon-Eri-1.JPG


岸 瑛里(きし・えり)

 異形生物対策班チーム5に所属する少女。現時点ではメインストーリー未登場。他人を頼らず一人で解決しようとする一匹狼だが、実は人当たりが良く寂しがり屋。独力で物事を解決しようとするのも、以前の部署で、同僚が大怪我をしてしまったが故。コーヒーはブラック派で、好物はモンブラン。趣味は編み物。

 陽菜に諭されたことで彼女に心を開きつつある姿を、班長からは「(自分で抱え込む所も含めて)最初の頃の陽菜さんっぽいや」と思われている。管理人の推し。

2021.01.10 下曽根初め。

DualZenon-7.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日はお休みだったので、ニチアサを見た後、ちょっとデタリキをやって、今年初の下曽根に行ってきました。


 しかしプリキュア、この時期にキングビョーゲンが倒されて、グアイワルが下克上を果たすようですが、放送の残り期間から考えて、絶対これベールパターンだろ……。


2021-1-10-1.JPG


 午前4時の分のデートイベントはルカちゃんでした。

 確か前にサシミンさんの動画で見た気がするのですが、親友のルカさんの誕生日プレゼントをネットショッピングで探す、てな内容でした。


2021-1-10-3.JPG


 午前10時の分は、これまたサシミンさんの所で前に見た、瑛里ちゃんの趣味について。

「編み物なんてイメージじゃないでしょ?」という彼女でしたが、班長に「コツコツ進める姿勢が仕事と重なる」と言われて嬉しそうでした。カワイイ・・・


 さて、連続ログインボーナスでSSR確定ガチャのチケットを手に入れたので、さっそく使ったところ……。


2021-1-10-2.JPG


 火属性のSSRジャマーが当たりました。

 ウチはジャマーの戦力が今一つ貧弱なので、これは有難かったです。


2021-1-10-4.JPG


 さて、という訳で下曽根。

 一昨日~昨日にかけて中津は雪が積もりましたが、こっちにも少し残ってました。


2021-1-10-5.JPG


 この荒天で材料が仕入れられず、お休みしている店舗も……(因みにこのとんかつ屋、サンリブシティの方の店舗も休業してました)。まぁ、夕食をかつやにしようと決めていたので、個人的には特に問題なかったんですが(おい)。


2021-1-10-6.JPG


 てなわけで、お昼はサイゼリヤにしました。


2021-1-10-7.JPG


 軽くでいいや、という感じだったので、野菜ときのこのピザにしました。


2021-1-10-8.JPG


 まずは普通に切り分けてそのまま頂きます。


2021-1-10-9.JPG


 それから、ホットソースと醤油を足しました。


2021-1-10-10.JPG


 具材がキノコなので、やっぱり醤油は良く合います。


2021-1-10-11.JPG


 ご馳走様でした


2021-1-10-12.JPG


 その後はトイザらスやDaisoを覗きましたが、特にめぼしい物が無かったのはいつもの通り。


 んで、ベスト電器、ヤマダ電機と行きましたが……


2021-1-10-13.JPG


 つい、道路わきに残ってた雪で、子供用ドッジボール大の雪玉を作っちゃいました。

 ……無邪気と言ってやってください。(^ ^;)


2021-1-10-14.JPG


 ヤマダ電機の後は、雪が残る道を歩いてサンリブシティまで……。

 夏にはセミの声を聴きながら、汗を流しつつ同じ道を歩きました。


 こういった適度な運動が、私の健康の秘訣?(笑)


2021-1-10-15.JPG


 という訳で、途中、ゆめマートに立ち寄ってサンリブシティです。


2021-1-10-16.JPG


 その後はいつもの通り、葛原のBOOKOFFによって、安部山公園駅から電車に乗って帰りました。


 んで、今日もこのBOOKOFFで、長年探してたDVDをゲット出来たのでラッキーです


2021-1-10-17.JPG


 上に書いた通り、夕食はかつやのお弁当。


 今日は今月の限定メニュー『胡麻坦々チキンカツ丼』です。


2021-1-10-18.JPG


 坦々らしく、チンゲン菜が入っています。

 胡麻の風味と辛味が、なかなかいい感じでした。


DualZenon-3.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

BW-M-B-Widow-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスブラックウィドーを紹介するぞ!」


BW-M-B-Widow-2.JPG


サンクラ「メタルスブラックウィドーは、ブラックウィドーがトランスメタルス2に進化した姿だ。デプスチャージが捨てたトランスメタルドライバーのパーツを使って、自分で作った装置を使ったのをきっかけにメタルス化したぞ」


BW-M-B-Widow-3.JPG


サンクラ「頭部(?)アップ。アニメでは、矢印の部分が目として描写されたぞ」


BW-M-B-Widow-4.JPG


サンクラ「頭部は取り外してウインチ機構で伸ばすことが出来る。牙はスプリングで自動的に閉じるぞ」


BW-M-B-Widow-5.JPG


サンクラ「後ろ側。特にギミックには関係ね絵が、腹部横の車輪状の部分は何故か回転させることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-6.JPG


サンクラ「牙は収納することが出来る。こうすると、より蜘蛛らしいスタイルになるな」


BW-M-B-Widow-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルスブラックウィドー、変身!」


BW-M-B-Widow-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。メタルス化の際に一度死亡して、その時コイツをデストロンとして誕生させたシェル・プログラムが破壊されたことで、属性は完全なサイバトロンになったぞ。ただし、悪女的な性格はそのままだったがな」


BW-M-B-Widow-9.JPG


サンクラ「バストアップ。TFトイでも、初めて100%女としてデザインされたトイだ。胸部と肩アーマーは、アニメとトイじゃデザインやサイズが異なるぞ」


BW-M-B-Widow-10.JPG


サンクラ「背中側。腰にはスパーククリスタルが見えるな」


BW-M-B-Widow-11.JPG


サンクラ「このスパーククリスタルは、通常はサイバトロンのものだが……」


BW-M-B-Widow-12.JPG


サンクラ「180度反転させて、デストロンのものにすることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-13.JPG


サンクラ「ビーストモードの牙は、アンカーとして持たせることが可能だ」


BW-M-B-Widow-14.JPG


サンクラ「腰にはスプリングが仕込まれてて、キックアクションをすることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-15.JPG


サンクラ「トイ独自のギミックとして、アーマーを閉じてシールドモードにすることが可能だぞ」


BW-M-B-Widow-16.JPG


サンクラ「因みにアメリカじゃ、正規版の前に、マクドナルドのハッピーミールのオマケとしてもメタルスブラックウィドーが商品化されてる。こっちじゃ、時期的にデストロンとして発売されたぞ」


BW-M-B-Widow-17.JPG


サンクラ「ハッピーミール版のビーストモード。蜘蛛の肢はメタルスタランスとほぼ同じデザインだ」


BW-M-B-Widow-18.JPG


サンクラ「正規版との比較。ハッピーミール版は、通常のトランスメタルスに近いデザインになってるぞ」


BW-M-B-Widow-19.JPG


サンクラ「メタルスブラックウィドーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』に、シャドーパンサーとドリルビットを追加しています。


 昨日、Googlechromeで書いた記事、二つほど画像を更新したんですが、InternetExplorerだと更新後の画像が出るのに、Googlechromeだと、いくら更新しても修正前の画像のままなんですよねぇ……。

 他のお客様からだとどう見えてるのか気になるところですが……。


 さて、本文の方は、『ほら男爵』の最終回です。


 次回からは、また別の連載企画を考えています。

 では、スタート!


 さて、最後に、月世界旅行と同じような、いや、それに輪をかけた不思議で珍しい吾輩の冒険談をお聞かせしましょう。
 ある日吾輩は、たとえ命にかかわろうとも、という硬い決心のもとに、シチリア島のエトナ山火口の内部の作りを調べようと出発した。
 およそ三時間も険しい道を歩き続けて、やっと山のてっぺんに着いた。
 その頃、山は荒れていて三週間も荒れ続けた後だった。吾輩は火口の周りを三度も回ったが、そんな事では内部の様子はわかるはずも無いので、思い切って、えいとばかりに火口に身を躍らせた。
 吾輩の身体は、吹き上げる真っ赤に焼けた炭火のためにたちまち焼けただれて、それでもどんどん落ちて、ついに火口の底に着いた。
 ほっとした途端、向こうの方で恐ろしい物音と叫び声が聞こえてくるので行ってみると、どこかで見た事のある足の悪い神と、一つ目の巨人が大げんかをしているではないか。
 吾輩は頭をひねって、やっと二人の正体が分かった。いつか、昔話で読んだことのある、火と鍛冶の神ブルカーンと家来のサイクロプスだった。やれやれ、こんな連中が火口の底で暴れていては、山も荒れるわけだ。
 しかし、吾輩の姿を見ると、二人はたちまち喧嘩をやめた。そしてブルカーンは、親切にも油薬を塗って吾輩の手当てをしてくれたばかりか、酒まで飲ましてもてなしてくれた。
 ブルカーンは、エトナ山の起こりについて説明してくれた。
 何のことは無い。ブルカーンの鍛冶場から投げ出される灰が積み重なって出来た山だそうだ。つまりブルカーンは、ときどき家来に罰を与えるために真っ赤な炭火を投げつけるのだが、度重なるうちに、家来はよけ方が上手くなった。そこで外れた炭火は地上へ飛んで灰になって積み重なってエトナ山になったという訳だ。
 ブルカーンはなおも語り続けた。
「我々の喧嘩は二、三か月も続くことがあり、その事から地上に起こる騒ぎを、あなた方は爆発と言っているようです。ご存知のベスビオ山の大爆発も、我々のせいで申し訳ないと思っています」
「なるほど、なるほど」
 吾輩は、正直なブルカーンがすっかり好きになって、もっとこの地下の宮殿に居たかったが、ままならぬは世の、いや地底の常だ。
 口うるさい奴が、ブルカーンに吾輩のつまらぬ告げ口をしたらしく、お人よしのブルカーンはかんかんに怒って、訳も言わずに、
「この恩知らずめ、お前が来た、元の世の中へ帰っていけ」
 言い訳をする暇も有らばこそ、吾輩は底なしの深い井戸に投げ込まれた。
 吾輩の身体は深く深く、どこまでも吸い込まれて、次第に気を失っていったが、やがて我に返ると、眩しい太陽の輝く海の上に浮かんでいた。
「やれやれ、助かったぞ」
 吾輩は、ほっとしたがそれもつかの間の喜びで、どこを見回しても陸地らしいものは見えない。いささか心細くなっていると、小山のような氷山が流れて来た。吾輩は得たりと、それによじ登った。
 腹がペコペコだし、また白熊でも仕留めて焼肉にでもあずかろうと、方々探してみたが、足跡一つ見つからない。
 ガッカリしていると、なんという幸運だ。はるか彼方から、一艘の船が走って来るではないか。
「おーい、助けてくれえ」
 吾輩は夢中で叫んだ。
「今行くぞ、待ってろ」
 向こうも答えて、船はぐんぐんスピードを加えた。
 吾輩は、もう嬉しくて船の来るのが待っていられず、ざぶんと海中に飛び込むと、船に泳ぎ着いて、やっと引き上げてもらった。
 船員から、ここが南太平洋の真ん中だ、と聞かされた時にはからかわれているのかと思った。船員の言う事が本当だとすれば、吾輩はエトナ山の火口の底から地球の中心を突き抜けて、南太平洋の中へ落ちたことになるからだ。
 しかし、それは間違いのない事実だった。そして、それは吾輩以外のどんな人間も通った事のないコースだった。こんな事なら、気など失わずによく観察すればよかった、とつくづく後悔した。
 吾輩は、船員の手厚い看護ですぐ元気になった。そして聞かれるままに、今までの冒険のいきさつを細かに話したが、誰も信用しないばかりか、腹を抱えて大笑いした。
 吾輩は、自分の正直を疑われるのは我慢ならない性質だが、相手が命を助けてくれた恩人であっては仕方がない。煮えくり返る胸を押さえてこらえた。
 次の日の朝、我々の船はオーストラリアのボタニー湾へ着いた。ここは非常に自然に恵まれて上天気で、イギリス政府はここへ罪人を送ってよこすようだが、むしろ手柄のあった人をご褒美に連れてきた方が良さそうに思われた。
 我々は、ここに三日だけとどまってまた出港したが、その四日目の事だった。恐ろしい嵐のために、帆と言う帆は引きちぎられ、船首の斜めの帆もばらばらにされ、おまけに大きなつぎ帆柱が羅針盤の上にぶっ倒れて、羅針盤の箱もろとも無残に打ち砕かれた。
 さあ、大変。
 船に羅針盤が無くなったら、盲目が杖をなくしたのとおんなじだ。方角が分からなくなる。
 間もなく嵐は静まったが、我々の船は、あっちへふらふら、こっちへふらふら、あてどの無い航海を続けなければならなかった。
 そして三か月後の事だった。苦あれば楽あり。
 ある日、吾輩は何とも言えない良い香りに目を覚ますと、甲板の方で、
「ミルクだ、ミルクだ」
 と、船員たちが大騒ぎだ。
 何事かと行ってみると、これは驚いた。海の水が真っ白に変わっている。
 舐めてみると、なるほど、舌のとろけそうな甘いミルクだ。おまけに陸地も広い。
 我々は大喜びで、ミルクの海を突っ切って上陸した。すると、さらに驚いた事に島全体がチーズで出来ている事だった。
 島の住民は、このチーズを食べて生活している。しかも便利な事にいくら食べても、一夜のうちに元通りに生長しているから、ちっとも減らない。
 見事な実のついたブドウの木もたくさんあったが、食べて見るとこれもミルクの味だった。
 お化けキノコのような穂のついた麦も生えていたが、この実の中には、すっかり焼けて食べられるばかりのパンが入っていた。
 我々は、この島を歩き回っている内に、七つのミルクの川と、二つのぶどう酒の池を発見した。
 こんなわけだから、背丈が二メートル七十センチ、足が三本、手が一本、額に角が一本生えている奇妙なこの島の住民は、いつも働く必要もなく、飲んだり食ったりミルクの海で遊んでいる。平地と同じで絶対沈まないのも便利だ。
 このチーズ島で、我々は目と目の間に一本の角の突き出た二匹の野生の牛を仕留めて、焼肉にして舌つづみを打った。しかし、あとでこの牛は住民が乗り物に使うのだと聞いて、悪い事をしたと思った。
 いくら不思議な島でも、牛の骨に一夜で肉がついて生まれ変わるという事は無いからだ。
 また、ある時、吾輩は三人の男が高い気に吊るされているのを見た。
 一体この三人が、どんな悪い事をした罰かと聞いてみた。
 すると役人は、
「この連中は外国旅行をして帰ってきたのだが、出鱈目な冒険談を触れ回ったから厳罰を与えているのだ」
 と答えた。
 吾輩は、なるほどと同感した。
 いや、もっと酷い罰を与えてもいいと思った。旅行者としては、いつでも正直に本当のことを話すより大切な事は無いのだ。
 吾輩は、もっとこの島に居たかったが、船員に怠け癖が付くと困る、という船長の言葉に従って、再び出港した。
 羅針盤の無い船は、相変わらずあてずっぽうに海の上を走ったが、その内に、海は白から緑に、そして真っ黒に変わった。舐めてみると、なんとこれは世にも素晴らしいぶどう酒だった。
 と、その途端だ。我々の目の前に、一軒鯨のような巨大な怪物が現れた。船の中のありったけの望遠鏡をつなぎ合わせて覗いても、尻尾の方はかすんで見えないくらいだった。
 あっと言う間に、そいつは我々を船ごとぱくりとやると、がぶがぶ海水を飲んでのどから胃袋の中へ流し込んだ。
 我々の船は、胃袋の中でぽっかり浮かんだ。周りにも、怪物に飲まれた沢山の船が並んでいた。
 奴は時々水を飲む。その度に、船は水をかぶって沈没しそうになるので、ポンプで排水作業をするのだが、その大変な事ときたらありはしない。
 とにかく、この怪物ときたら、周りが数十キロメートルもあるジュネーブ湖の水よりも、さらにたくさんの水をがぶ飲みするのだ。
 誰も生きた顔色は無かったが、いつか怪魚の腹に駆け込んだ経験のある吾輩だけは、落ち着いていた。奴らの体内の地理には明るいことだし、船長や二、三の士官を励まして、松明を頼りに船を降りて、胃袋の中を視察に出かけた。
 すると隅の方で、一万人近い人が、どうすればこの怪物の腹の中から逃げ出せるかと、真剣に会議を開いていた。
 我々も仲間に加わって、討議が一段と活発になった途端、


 ドドドドドッ!


 頭の上から滝のように海水が流れ込んできた。怪物が意地悪く水を飲んだのだ。
「わあ、助けてくれ」
「溺れるよう」
 みんな、あっぷあっぷの大混乱だ。しかし、そこは海を友とする船乗りたちばかりだから、どうにか危険を逃れて会議は続けられた。
 今度は吾輩が議長に選ばれた。
 そこで吾輩は、
「帆柱を二本継ぎ足して、怪物が口を開いた途端につっかい棒にして、その隙間から逃げる方法はいかが」
 と提案すると、
「なるほど、いい考えだ」
「賛成、賛成」
 たちまち可決された。
 そこで、百人の勇敢なものが選ばれて、二本の帆柱をつなぎ合わせてチャンスを待った。
 やがて時は来た。
 怪物が大あくびをしたので、
「それっ、今だ」
 わっしょ、わっしょい、力を合わせて頑丈な帆柱が怪物の上あごと下あごの間にしっかり立てられた。怪物は大口を開けたまま、目を白黒させている。もう、こっちのものだ。
「ばんざい」
 我々は、凱歌を上げると、胃袋の中の三十五艘の船で一艦隊を編成して、威風堂々、怪物の口から抜け出したのである。
 輪が舟の羅針盤は、うまく怪物のヘソの辺りに他所の船のが引っかかっていたのを頂戴した。
 例の帆柱は、怪物の口の中へ立てっぱなしにして、今後、他の人々が二度と我々のような目に遭わないようほったらかしておいた。
 噂によると、その後、この怪物は飲みたくなくても胃袋に水が遠慮なく流れ込み、ついに腹が膨張して、大爆発を起こして死んだと言われる。
 天罰覿面というものだ。
 さて、我々は死地を首尾よく逃れたのだが、今、どこにいるのかさっぱり分からない。
 しかし、吾輩は今までの行く先を色々と考え併せて、カスピ海らしいと思っていた。
 だが、よく考えてみると、カスピ海と言えばすっかり陸に囲まれていて、どの海にも続いていないから、船が陸を渡って来ない限り、我々がこんな所にいるわけがないのだ。
(おかしいぞ)
 と思っていた。
 そして、吾輩がチーズ島から連れてきた男が、
「なあに、ちっとも不思議じゃありませんよ。あの怪物が、私達を胃袋に押し込めたまま、地下を潜ってこのカスピ海まで来たんですよ」
 と、もっともらしい説明をした。
 さてある陸地に着くと、久しぶりに土を踏むことのできる喜びに、吾輩は真っ先に船を降りたが、途端に待ってましたとばかりに一匹の太った大きな熊が飛びかかって来た。
 吾輩はそれを歓迎と解釈して、
「お出迎え、ご苦労様」
 と言いながら、熊の前足を一本ずつ捕まえて、力いっぱい握手した。


 ウーッ!


 熊は変な声を出して唸ったが、あいにく熊語の分からない吾輩は、熊が喜んでいると思い込んで、何日も手を放さずにいたら、とうとう、熊は腹を減らして伸びてしまった。
 吾輩は、そこからロシアの都ペテルブルクへ行った。そこで、ある古い友人を訪ねると、記念に一匹の猟犬をくれた。狩りの話で、諸君ご存知のあの素晴らしい奴の血を引いた子供だ。
 あの猟犬は、へたくそな猟師に貸してやったばかりに、そいつに撃ち殺された。折角犬がシャコを追い出してくれたのに猟師は間違えて、犬を撃ってしまったのだ。全く、可愛そうなことをしたものだ。
 吾輩は、記念のためにその猟犬の毛皮でチョッキを作った。今着ているこのチョッキだ。このチョッキさえ着ていけば、猟に行くにも犬はいらない。忠実なる吾輩のチョッキは、黙っていても獲物のいる場所へ足を向けさせてくれる。
 射撃の出来る近くまで来ると、吾輩の足はひとりでに止まり、チョッキからボタンが飛んで行って獲物のいる場所へ落ちる。そこを狙って吾輩は引き金を引くという訳だ。
 吾輩の狙いは少しも狂わず百発百中、どんな猛獣だって逃れることは出来ない。御覧の通り、吾輩のチョッキにはもう、ボタンが三つしか残っていない。だが、猟の季節になったら、さっそく二つのボタンをつけ足して、野山へ飛び出すつもりだ。
 その時は、また尋ねてきたまえ。もっと面白い話もある事だろう。じゃあ、さようなら。




~おしまい~

 ども、こんにちは、アカサカです。

 いつもブログ関係はInternetExplorerを使っているのですが、今日はファイルのアップロードから執筆からGooglechromeを使ってみました。処理とか違いがあるのかなぁ……。

 さて、先日『デタリキ』の班長版サシミンさんを描いてみましたが、今日は当方の班長設定などを……。

groupleader-Akasaka.JPG

「参りやしたねぇ……。あたしもですかい?」

班長:アカサカ

 対策班を第一線で率いる班長。砕けた敬語口調と、任務を「出入り」と表現するなど、特徴的な口調で話す。基本的に普段は軽薄でビジネスライクな態度が目立つが、一方で班員達のことをよく見ていたり、的確な指示を飛ばすだけの能力はある。口にくわえているのは、タバコではなく特注のハッカパイプ。ちなみに甘党だが酒も嗜む。


 ……てな感じで。
 キャラクターのベースは日記記事に登場する際の店長で、裏設定では彼は九人目の『ファースト』(『アカサカ』のコードネームを持つファーストとしては二人目)となります。(^ ^;)

 さて、それから今日の午前中、メンテに入る前に見たデートエピソードの紹介も。

2021-1-7-1.JPG

 午前4時更新の分はエミット様でした。
 エミット様が入浴中の所に班長が入ってきて、混浴という事を知って驚くも……。

2021-1-7-2.JPG

 ナイペターンな胸に班長の視線を感じておかんむり。
 なお、10時の分は前に紹介した、お風呂場で瑛里ちゃんと鉢合わせでした。何で風呂ネタが続くやら……。(^ ^;)

 それと今日の午前中で終わった年末年始ミッションにて、またいくつか新しいコ・ス・プレをゲットしました。

2021-1-7-3.JPG

 まずはレインさんのSR、22時のシンデレラ。

2021-1-7-4.JPG

 それからメンテナンス直前まで年末年始ミッションを行っていたら、最後の最後で二つ発生した緊急任務でRコ・ス・プレのDTK48パープルと……

2021-1-7-5.JPG

 エミット様の陽だまりフェミニンを手に入れました。
 年末年始ミッションは闇属性のアイテムで固められてましたが、これは今日からの成人式ミッションでも、彼女達の新しいコ・ス・プレに期待できそうです。

 と言ったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。

Akasaka-7.JPG


 今晩は、アカサカです。

 タイトル通り、今日はお休みだったので、今年初の行橋コースでした。


2021-1-6-1.JPG


 その前に、朝一でデタリキ。

 午前4時の分のデートエピソードは美咲さんでした。


2021-1-6-2.JPG


「おいねーさん、あんた、ドコ指さしてんですかい」と思ったら、この後恥じらってました。

 もしかしてこの人、天然入ってる……?(プロフィールに「見た目に反しておっちょこちょい」って書いてありましたけど)。


2021-1-6-3.JPG


 続いて午前10時の分は、お酒デビューのミーシャさん。

 初めてのお酒で、チャンポンして酔いつぶれてました。(^ ^;)


2021-1-6-4.JPG


 いつも通り、車内で朝食。

 カツサンドが食べたい気分だったのですが、無かったのでチーズバーガーにしました。


2021-1-6-5.JPG


 という訳で行橋駅。

 玄関にももちろん角松があります。近くのセリアでスクリーントーンを買った後……。


2021-1-6-6.JPG


 前回の記事でちょっと書いた、神田町の方の正八幡神社にやって来ました。

 ちなみに前回が12月7日だったので、ほぼ一か月ぶりの行橋です。


2021-1-6-7.JPG


 上記の画像の鳥居の横には中津街道の解説が。

 画像クリックで元サイズで出るようにしています。


2021-1-6-8.JPG


 鳥居をくぐると橋があり、また鳥居。


2021-1-6-9.JPG


 道路を渡ります。

 実は駅から一番最初の鳥居までぐるっと回って参拝したので、最初の鳥居に向かう途中、この道も横切りました。

 上の画像でも、左側に参道では無い通路がありまして、そこを通って来ました。


2021-1-6-10.JPG


 いよいよ境内です。


2021-1-6-11.JPG


 右手には駐車場があるので、車で来れば境内はすぐだったりします。


2021-1-6-12.JPG


 思いっきり「初詣で」の垂れ幕が……。(^ ^;)


2021-1-6-13.JPG


 正面の橋は『ねがい橋』というそうです。


2021-1-6-14.JPG


 祀られている神坐像の解説。


2021-1-6-15.JPG


 手前のざるの中、および周りに散らばっているのはお賽銭です。

 私は10円玉を投げたところ、しっかりざるの中に入りました(笑)。


2021-1-6-16.JPG


 橋の上の鳩。

 すぐ近くまで寄って来ました。


2021-1-6-17.JPG


 結び玉。

 写真では分かりませんが、玉がこちらに向かってくるくる回転しています。


2021-1-6-18.JPG


 手水舎。

 さすがにこのご時世、柄杓は撤去されていました。


 左には今年の厄年表が。

 女性の本厄に昭和60年生まれが含まれていましたが……あー良かった、私、男だ(苦笑)。


2021-1-6-19.JPG


 境内から、先ほどの『ねがい橋』の方を振り返って。


2021-1-6-20.JPG


という訳で拝殿です。


2021-1-6-21.JPG


 このアルコール噴霧器みたいな足踏みペダル付きの器具は何かと思ったら、お参りする時に鳴らす鈴でした。(^ ^;)

 さて、ここでは「ご縁がありますように」と5円をお賽銭として入れてきたのですが、そのご利益か、その後凄いラッキーが……。


2021-1-6-22.JPG


 右手にはお稲荷さんと、境内から直接出入りするための門があります。


2021-1-6-23.JPG


 駅から歩いてきた場合、最初に目にするのがこの出入口です。


2021-1-6-24.JPG


 最初の鳥居に向かうルートには、休憩用の東屋があります。

 画像右上の橋が、上の画像の出入口です。


2021-1-6-25.JPG


 さて、神社からのルート的に近いので、今日はBOOKOFFよりも先にゆめタウンに来ました。


2021-1-6-26.JPG


 お昼はペッパーランチにしたのですが……


2021-1-6-27.JPG


 大幅にメニューが減っていたので、オーソドックスなビーフペッパーライスにしました。

 すりおろしニンニクも無かったです。残念……。


 無料ドリンクチケットも無くなるって言うし、これもコロナ不景気のせいかなぁ……


2021-1-6-28.JPG


 よ~く混ぜて頂きます。


2021-1-6-29.JPG


 ご馳走様でした

 この後はいつものペリカンやホビーゾーンを一通り回って買い物をしました。


2021-1-6-30.JPG


 一階の吹き抜け部分には鳥居が。


2021-1-6-31.JPG


 紙製の絵馬の記入所が設けてありました。

 壁には大宰府の『竈門神社』の解説が。……思いっきり乗っかってんなァ……。


2021-1-6-32.JPG


 コスタ行橋のドンキでは、ゼロワンドライバー&プログライズキーホルダー(+パンチングコングキー)が税抜き3,980円でした。

 かなり迷ったのですが、今回はスルーしました。来月まだ残ってたら買うかも知れませんが……。(^ ^;)


2021-1-6-33.JPG


 という訳で、今日はBOOKOFFには最後に来る形になりました。


2021-1-6-34.JPG


 帰りの車窓から、今日の八幡神社を。

 画像がブレちゃってますが……


2021-1-6-35.JPG


 なお、前回の八幡神社は赤い矢印、今日行った八幡神社は青い矢印です。この道沿いにセブンイレブン行橋駅南店のある道路から、ゆめタウンに行きました。ブックオフは画像左の「ずカフェ」の文字がある辺りです。


2021-1-6-36.JPG


 夕食は久々に『かつや』のカツ丼とポテトコロッケ。

 8日からの限定メニューは胡麻坦々チキンカツとの事。これまた私好みな……。


2021-1-6-37.JPG


 ゆめタウンのペリカンでは、ERのサンストリーカーとアーシーがあったのでゲットしてきました。

 そう言えばサンストリーカーの方は、まだお店で売ってるところを見た事が無かったです。「見かけたら買おうかな」くらいの気持ちで、珍しくタカトミモールで予約していなかったアイテムでした。

 アーシーも「LG版あるからいいかなぁ」と思ってましたが、実際に店頭で見かけると、結構いい感じだったので。買おうと思ったら近場では売り切れていたので、ちょうど良かったです。しかし、ホントここのペリカンは優秀だな……。


2021-1-6-38.JPG


 ER版アーシー(左)とLG版アーシー(右)。

 ER版は背中のガワを外すというセコ技がありますが、本体の造形もLG版よりさらに女性的になってるように感じました。


2021-1-6-39.JPG


 BOOKOFFでは『魔王城でおやすみ』の9巻と、ローラビットボトルを購入。

 ローラビットボトルの方は、前々から欲しいと思っていた所、一度中津のBOOKOFFで買い逃したのでちょうど良かったです。


 んで、上で書いた『お賽銭のご利益』と思える出来事ですが。

 実は帰ってきた後、またデタリキの10連ガチャをやったらSSRの光球が出まして。

「またラファムでもダブったんかなぁ~」とか思っていたら……





2021-1-6-40.JPG


 何とエミット様を当てちゃいました


 私、ことにガチャガチャ系のくじ運はあんまり良くない方なんですが、今日は流石に八幡神社でのご利益なんじゃないかと思ってしまいました。

 その10連ガチャも、10回やった後のSSR確定ガチャで当のエミット様を狙うためだったんですが……。まあ、これはこれで良いかなと。


 ちなみにこの記事を書いてる時にも、年末年始ミッションの緊急任務でまた新しいコ・ス・プレをゲットしたのですが、それはまた明日にでも……。


2021-1-6-41.JPG


 個人エピソードでは、夜食を作ろうと台所に向かった班長と、同じく夜食を作ろうとしてたエミット様が鉢合わせというシチュエーション。

「おじょーちゃん、あんたどれだけ食べるんですかい……」と思ったのですが、彼女曰く、銀河の視点で見ればむしろ地球の女性が小食すぎるだそうで。ホントかよ……。


 ちなみにレインさんのおにぎりの時もでしたが、地球の料理は本当に色々な種類があるそうで、唐揚げ一つにしてもシンプルに塩味しかないんだそうな。レトルト食品も存在しないようで「ガルに常備したい」と羨ましがってました。


 なお、そんな銀河でも“メロペロ”という料理は美味らしく、内容は実際に食べる時のお楽しみに、との事でした。


 因みに本人も(口では「これ位普通だ」と言ってるものの)食べ過ぎは自覚してるらしく、親愛度51のエピソードではダイエット(=激しい運動)のために班長に迫るという、なかなかぶっ飛んだことをしでかしてくれます(苦笑)。


2021-1-6-42.JPG


 さて、謳い文句にある通り、彼女のコ・ス・プレ『ボーデン・フューラー』は、通常時の姿と変装時の姿を選ぶことが出来ます。

 ただし、戦闘時はいつもの格好で固定されてますが。


 私は本編はまだ10話までしかクリアしておらず、最新情報はサシミンさんの動画に頼っているので、まだ『あらざる者』が実は味方だった程度の知識しかないのですが、こういったエピソードで見る彼女は、常に職場で働く部下たちのために職場環境の改善を考えたりと、なかなか仲間思いの良い上司です。


2021-1-6-43.JPG


 さて、実は私、昨日位まで任務で手に入る『EXP素材』の使い方を全く分かってなくて、レベル上げは実戦かコスプレ頼みだったので、SSRのEXP素材すら数百溜まっているという状況になってました(わざわざサブコスプレのレベル上げ用のチームを作っていたのもそのため)。


 だもんで、手持ちのSSRコスプレや主力ジャマーを軒並み最高レベルにして、エミット様やサブコスプレ、リーダージャマーの組み合わせなどを変えた結果……これまでケツから数えた方が早かった『アースグランド』の戦力が、一気に上位に跳ね上がりました。

 後はもうちょっとジャマーの方が充実すれば、もうちょい戦力アップが見込めるんですが……。


2021-1-6-44.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 ども、今晩は、アカサカです。

 今日、デタリキのイベント任務で発生した緊急ミッションをクリアしたら、こんなコスプレをゲットしまして……


2021-1-5.JPG


 レインさんのRコスプレ(闇属性)なんですが、こんなのあったんですね……。

 てっきりSSRだけかと思っていたので意外でした。という事は、シリ・ガルのメンバーなんかも……?


 あ、シリ・ガルと言えば、ガチャ10回後のSSR確定ガチャをやったら、二人目のラファムが出ました。(^ ^;)


 さて、本題。前々から描きたいと思っていたのですが、今日はこんなイラストを描いてみました。


groupleader-Sasimin.JPG


「どうも、シッブ~いボイスの班長です♪」

班長:サシミン

 対策班を第一線で率いる班長。普段は隊員の女の子たちに鼻の下を伸ばしたような言動や、彼女達に振り回される事の多い苦労人に見えるが、実際はかなりのやり手で、人的管理においては強制を好まず、各人の自主性を上手く引き出す方針を取る。その為、陽菜をはじめとした対策班メンバーからの信頼はかなり厚い。また、「税金ドロボー」と揶揄される対策班の少女たちが苦労しないよう、裏で何かと便宜を図っている模様。前職はとある放送局の局長で、そのプロデュース能力を買われて対策班に引き抜かれたらしい。

 因みにウサ耳については班員達から「班長のあれってコ・ス・プレなの……?」と密かに噂になっているが、レイン曰く「私は知りませんよ……(汗)」との事。


 はい、という訳で、タイトルにもありますが、対策班班長をイメージしたサシミンさんのイラストです。(^ ^;)


 私が調べた限り、『班長』のグラフィックは城プロの上様たちと違って、制服設定すら無いようなので、制服については私がアレンジして描きました。

 対策班メンバーの制服をベースに、彼女達の直属の上司という事で、肩やネクタイのボタンは階級章のイメージで一つ増やし、ネクタイや制服のラインなどは赤から青に変更してみました。


 因みに同じコンセプトで“アカサカ”の方も描いたのですが、それはまた後日……。


 サシミンさん、勝手にこんなイラスト描いて見ましたが、いかがでしょうか……?

 もし、お気に召さない点があれば修正ないしは削除いたしますので……。m(_ _;)m


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

2021.01.04 三人の占い師

 今年最初の通常記事は、『文庫本コーナー』で行こうと思います。

 今日はメキシコ伝説から、『三人の占い師』です。


 では、さっそくスタート!


三人の占い師



 トルテック族が最も栄えたケツァルコアトル王の御代のことです。
 畑にはトウモロコシが豊に実り、木々には数知れぬ様々な果物の実が、枝もたわわにかぐわしい香りをまき散らしていました。
 山と言う山からは、金、銀、宝石などがザクザク出るというこの世の楽園で、トルテックの人々は幸福感に満ち溢れていました。
 面白くないのは、貧しいアズテック族の人々でした。中でもテトラカファン、テズカトリポカ、トラカフェパンの三人の占い師は、妬みの挙句、折あらばトルテック人の幸福を分捕ってやろうという悪い計画を立てていました。
 今日も三人は、
「何にしても、邪魔になるのはケツァルコアトル王だ」
「そうとも、王さえ何とかすれば……」
 と、頭をひねっていました。すると、
「それなら良い考えがある。オレに任せろ」
 テズカトリポカが笑って、二人にささやきました。
「なるほど、それは名案だ」
「うまくやれよ」
 どうやら計画はまとまったようです。
 さて、あくる日、テズカトリポカは白い髪を振り乱した老人に化けて、トランの都にあるケツァルコアトル王の宮殿にやって来ました。
 門番に、
「どうか、お目通りをさせて下さい」
 と、丁寧に頼みました。
「お目にかかって申し上げたいことがありますので……」
「せっかくですが、王様は見知らぬ方にはお会いしないことになっていますから。それに、王様はただいまお身体の具合が悪いのです」
 と、門番は素っ気なく断りました。
 それを聞いて、テズカトリポカはしめたと思いました。でも、何食わぬ顔で、
「それは、それは。実は、私はどんな病気もたちどころに治る妙薬を持って参ったのですが、お目にかかれないのでは仕方ありません。では、王様に宜しく」
 と、残念そうに帰ろうとすると、
「ちょ、ちょっと、お待ちを」
 門番は慌てて呼び止めて、奥へ入って行きました。
(しめ、しめ)
 テズカトリポカが、狡い笑いを浮かべて待っていると、今度は美しい侍女が現れて、
「王様がお目にかかるそうです。どうぞ、こちらへ」
 と、王様の居間へ案内してくれました。
 ケツァルコアトル王は、深々とした椅子にもたれて青い顔をしていましたが、テズカトリポカの顔を見るなり、挨拶も聞こうとせずに、
「妙薬とやらを早く飲ませてくれ。このままではわしは死んでしまう」
 と急き立てました。
「はい、はい。ただいま」
 テズカトリポカは、懐から恭しく水薬の瓶を取り出すと、
「もう、ご心配には及びません。これを召し上がると、すぐお元気になられます」
 と、盃に次いで差し出しました。
 王様は一口飲んで、
「なるほど、なんだか少し気持ちが良くなってきたぞ」
 と、ニコニコしました。
「では、もう一杯」
 テズカトリポカに勧められるままに、王様は二杯から三杯、それから四杯と続けて飲んでいる内に、次第に眠くなり、やがて、ぐっすり寝込んでしまいました。それは薬とは真っ赤なウソで、ブクルエという強い酒に眠り薬を仕込んだものでした。
「ふふふ。うまくいったぞ。どうせ目を覚ますのは二、三か月先のことだ。さて、その間にウエマックの奴をちょろまかしてやろう」
 テズカトリポカは、薄気味悪い笑いを残して宮殿から消えていきました。



 ウエマックとは、トルテック族の頭で、ケツァルコアトル王の手助けをしている人でした。
 ウエマックには、チャチューネチンという美しい娘がありました。
 数々のトルテックの若者たちが、我こそはと結婚を申し込みましたが、お父さんのウエマックは片っ端からはねつけたばかりか、若者たちに近づかぬよう、チャチューネチンを屋敷から一歩も外に出しませんでした。
 チャチューネチンは可哀想に、いつも部屋の窓からぼんやり外を眺めて暮らしていました。
 ところがある日、窓の下を一人のインド人の若者が、チャチューネチンに優しい微笑みを送りながら通り過ぎていきました。
 男らしい濃い眉、きりっとした口元、チャチューネチンは、この若者がいっぺんに好きになりました。
 それがまさか、占い師のテズカトリポカの変装とも知らず、日夜、物思いにふけるようになったのです。侍女にそれとなく聞いて、若者の名前がトウエヨと分かったものの、その思いを誰にも打ち明ける事も出来ず、とうとう重い病気にかかってしまいました。
 お父さんのウエマックが心配して、医者に見せましたが、
「どこも悪い所は無いようですが……」
 と、首を傾けるばかりです。すると、侍女の一人が、
「何か、人にお話の出来ないお心のわだかまりが元になっていられるのでは……」
 と、申し上げました。
「なるほど、それについて何か心当たりは無いか」
 ウエマックが聞くと、
「そう言えば、いつぞや、窓の下を通るインド人の若者の名前を私にお聞きになりましたが、お姫様のご病気はそれからの事で……」
 侍女は、言いにくそうに答えました。
「うーん。それで分かった」
 ウエマックは眉を険しくしかめると、
「すぐ、その若者を召し連れて参れ」
 と、家来に言いつけました。
 まもなくトウエヨが引き立てられてくると、
「おのれ、不埒者。お前だな。わしの娘を誘ったのは」
 ウエマックは、真っ赤になって怒鳴りました。
「と、とんでもない。私はインドから来た絵の具の行商人で、たまたま、お屋敷の窓の下でお姫様にご挨拶しただけで……」
 トウエヨはしゃあしゃあと答えました。
「でしたら、お姫様が勝手にお好きになられたのでしょう」
「いいえ、言うな。お前のような奴は……」
 ウエマックは怒りのあまり、思わず剣の柄に手をかけましたが、
「私の首を斬るとおっしゃるのですね。どうぞ、どうぞ」
 トウエヨはせせら笑って言いました。
「でも、私が殺されたら、お姫様ももっと病気が重くなって、もしかすると……。それでもいいのですか」
「うーん」
 ウエマックは悔しそうに剣の手を放しました。そして、
「ああ、わしはどうしたらいいのだ」
 と頭を抱え込むと、
「それなら簡単です」
 トウエヨが言いました。
「私達の結婚をお許しください。そうすればお姫様の病気も治ってうまくゆくではありませんか」
「うーん、忌々しいが、姫の身体のためには代えられん」
 とうとうウエマックは、二人の結婚を許しました。
 インドの若者に成りすました占い師テズカトリポカは、こうして首尾よくチャチューネチンと結ばれました。
「しめ、しめ」
 テズカトリポカは、腹の内でほくそ笑みました。
(オレがウエマックの婿となったと聞いたら、きっとトルテックの奴らは騒ぎだすだろう、そうなったらこっちのものだ)



 テズカトリポカが思った通り、トルテックの人々は、この結婚のニュースに騒ぎ出しました。
「ウエマック様もウエマック様だ。何も得体の知れないよそ者などと、大切なお姫様を結婚させなくても良さそうなものじゃないか」
「全くだ。どこの馬の骨ともわからぬものに、我らの大切な宝を横取りされて黙っていられるか」
 不平不満の声は、日に日に高まっていくのでした。
「これはまずい。ほっておいては一大事になる」
 驚いたウエマックは、色々と考えた挙句、人々の気を他所へ逸らせるためには隣の国コアテペックに戦争を仕掛ける事にしました。
 人々は、
「よし、こうなったら、敵の手でトウエヨをやっつけてもらおう」
 と示し合わせて勇ましく出陣しました。そしてコアテペックの国に侵入すると、
「お前さんも、我らの頭のお婿さんとなったくらいなら、さぞかし武勇優れた侍だろう。先頭に立って敵を打ち破って下さい」
 と、トウエヨをおだて上げました。
「いいとも、手並みのほどを見せてやる」
 みんなの企みを知ってか知らずか、トウエヨはただ一人、敵の真っただ中に突き進んでいきました。そして槍を振るって、あたるを幸いなぎ倒し、素晴らしい手柄を立てました。
 軍隊が敵を降参させてトルテックに帰ってくると、ウエマックは、
「よくやった。あっぱれな働きだ」
 と、トウエヨを誉めそやして、この国で最も高い位を与えました。
 馬鹿を見たのはトルテックの人々でした。
「おい、変なことになってしまったな。オレ達は奴をやっつけるどころか、かえって偉くさせちゃったじゃないか」
「本当にそうだ。こんなことになるんだったら、奴の代わりにオレ達が先頭に立てばよかった」
 と、ぶつぶつ言い合いました。
 トウエヨという英雄に成りすましたテズカトリポカは、
「オレも大した人気者になったものだわい。どれ、最後の目論見に取り掛かるとするか」
 と、悪魔のような笑いを漏らし、何と思ったか、トランの町中の人を招いて盛大な野外パーティを開きました。
 トランの人々はもちろん、近くの村々の人たちまで集まって、酒を飲み、肉を食い、そして、トウエヨの叩く太鼓の音につれて、踊ったり歌ったりしました。
 その内にトウエヨが、
「さあ、みんな、私の歌に調子を合わせて足拍子を取って下さい」
 と言って、奇妙な歌を歌い始めました。それにどんな企みが隠されているかも知らず、一杯機嫌のお客たちは、我も我もとトウエヨの歌に合わせて足踏み鳴らして踊り始めました。
 歌の調子はどんどん早くなりました。それにつれて人々の足拍子もいよいよ急になり、やがて、くるくる回り始めました。そして、不思議な歌声に取り憑かれて、踊りを止めることも出来なくなってしまいました。そうこうしている内に、疲れ果てて、よろめいた何人かが高い岩から足を踏み滑らして谷底に転げ落ちたかと思うと、それを追うように他の者も雪崩を打って転げ落ちて、一人残らず石になってしまいました。あとには、
「はっはっはっ、脆い奴どもめ」
 と叫ぶテズカトリポカの高い笑いが山にこだまするだけでした。



 さて、悠々と仲間の所へ引き上げて来たテズカトリポカは、得意になって自分の働きを報告すると、
「いよいよトルテックの奴らを叩き潰す最後の仕事だ。お前たちの力も借りるぞ。うまくいけば、奴らの黄金も宝もこっちのものだ。しっかり頼むぞ」
 と言って、何やら策を授けました。それから間もなく、再びトランの町に現れました。そして、人通りの多い町かどで、掌にちょこんと座ったチトラカファンの化けた豆粒みたいな赤ん坊を見せびらかして、
「さあ、さあ、皆さん。よくご覧なさい。これなる豆男がステキな芸当をお目にかけますぞ」
 と、ふし面白く呼び立てました。
 たちまち辺りは黒山の人だかりになりました。
 それを見ると、テズカトリポカは口笛を鳴らし始めました。
 すると、待っていましたとばかり、赤ん坊に化けたチトラカファンが掌の上に立ち上がって、飛んだり跳ねたり、滑稽なダンスを始めました。
 あまりの面白さに、みんな夢中になって、
「よく見えないぞ。ちょっとどいてくれ」
「うるさい。後から来ておいてなんだ」
「痛たたた。足を踏んだのは誰だ」
 と、押し合いへし合いのいがみ合いを続けている内に、とうとう怪我人まで出る大騒ぎになりました。
 見物人たちは自分のことは棚に上げて、
「これと言うのもお前たちのせいだ」
「この始末をどうつけてくれる」
 と、テズカトリポカと豆男のチトラカファンに激しく詰め寄りました。
 すると、さっきから見物人の中に交じって様子を窺っていたトラカフェパンが、かねての計画通り、
「構わないから殺してしまえ」
 と煽り立てたからたまりません。見物人は、
「それっ」
 とばかり、一斉にテズカトリポカとチトラカファンに飛びかかって、踏んだり蹴ったり、とうとう二人を殺してしまいました。
「ざまを見ろ」
「いい気味だ」
 見物人たちは、口々に罵りながら引き上げようとした瞬間、突然、二人の死体からむかむかするような悪い臭いが立ち上りました。
「ひ、酷い臭いだ」
「わあ、息が詰まりそうだ」
 みんな鼻をつまんで逃げだそうとしましたが、もう遅く、きりきり舞いして大地に倒れ、そのまま息が止まってしまいました。
 この有様を見て、驚いて駆け付けた人たちも、手の付けようも無くぽかんとしていると、トラカフェパンが言いました。
「ぼんやりしていないで、速く死体を片付けないと、あなた達も同じ目に遭わされますよ」
「どうしたらいいでしょう」
「谷底に投げ込んだらいいでしょう。他に方法はありません」
 そこで人々はトラカフェパンに言われた通り、二つの死体に綱を付けて引っ張りにかかりましたが、不思議やびくとも動きません。
 町から村から、数千の力自慢の人を駆り集め、やっとのことで山に引っ張り上げ、さて、二つの死体を谷底に投げ込もうとした時でした。
 突然、人々の足元の岩が崩れて、みんな谷底に落ちて死んでしまいました。
 すると、今まで大地に転がっていたテズカトリポカとチトラカファンがむっくり起き上がりました。そして、トラカフェパンに言いました。
「やれ、やれ、死んだ真似も楽じゃなかったぞ」
「ご苦労様。これで、どうやらトルテック国もオレ達のものだぞ」
 トラカフェパンは嬉しそうに言いました。



 一方、こちらはトルテックのケツァルコアトル王です。長い眠りから目を覚まして、
「さては、アズテックの何者かに眠り薬を飲まされたのだ」
 と気づきましたが、その時はもう遅く、人民のほとんどが三人の占い師の企みにかかって死に、国は寂れかえっていたのです。
「ああ、光栄ある我が帝国もこれが最後か」
 王は悲しげにつぶやきました。
 そして、トランの都を立ち退いてトラパランに移る決心をしました。
 トラパランは、昔ケツァルコアトル王がメキシコの国に新しい文明を広めようと思い立った懐かしい土地でした。
「しかし、ここを立ち退く以上、ここまで育て上げた美しい国を、このままの姿で敵に引き渡してなるものか」
 と、王は家来に命じて数々の宮殿を惜しげもなく焼き払わせ、金銀でこしらえた沢山の宝を隠させ、トウモロコシを引き抜き、果物の木を枯れさせ、山野で美しく歌う小鳥たちもトラン地方から追い払ってしまいました。
 こうして、この世の楽園とうたわれたトルテックは見る影もなくみすぼらしくなりました。
 これを聞いて驚いたのはアズテックの三人の占い師です。これでは、せっかくトルテックを分捕っても何にもなりません。
 そこで、ケツァルコアトル王の出発する日を調べて、行者に身を変えて、途中で待ち伏せしました。
 やがて、王の一行がやって来ると、まず、テズカトリポカが素知らぬ顔で、
「私達は神に仕える身ですが、どちらへ行かれるのですか」
 と訊きました。
「トラパランだ」
 王は答えました。
「太陽の神が私を呼んでいるのだ」
「それでは、お別れのしるしに、宝石の在処を教えて下さい。私達がきっとお守りしますから」
 チトラカファンが言うと、
「その必要はない」
 と、王ははねつけました。
「では、宝石に細工する術や、絵を描く術や、羽細工の方法だけでも……」
「駄目じゃ」
 王は強く首を振ると、
「こんな物のために、私は不幸を招いたのだ」
 と叫んで、身に着けていた宝物をことごとくコズカーパの泉に投げ込んでしまいました。
「では、トウモロコシや、果物をよく実らせる方法を……」
 最後にトラカフェパンがしつこく頼みました。
「知らんな」
「せめて、鳥を呼び返す方法でも……」
「それも知らんな」
 王は冷ややかに答えると、
「お前たちが本当に神に仕える身なら、わしなどに訊くより神に訊いた方が早かろうに」
 と言って、悠々と歩きだしました。三人の占い師は、もうどうする事も出来ず、ぼんやりとその後姿を見送りました。
 やがてタバスコの海岸まで辿り着いたケツァルコアトル王は、そこに待っていた蛇のいかだに乗って、遥か東、トラパランに向かって消えていきました。




~おしまい~

Akasaka-9.JPG


 ども、こんばんは、アカサカです。

 タイトルはまぁ、記事の中身通りと言いますか……。


 今日は午前中は、今ウチに来てる妹の旦那や姪っ子・甥っ子達とswitchのマリオパーティをやりました。

 初めてでしたが、本当に最近のゲームは色々出来るんですねぇ……。


2021-1-3-1.JPG


 お昼はちょっと天神に行ってきましたが、昼食はその前に、サイゼリヤで取りました。

 本日はイタリアンハンバーグとミニフィセルです。


2021-1-3-12.JPG


 トマトソースがかかっているので、まずはそのまま。


2021-1-3-13.JPG


 チーズもいい感じにトロトロです。


2021-1-3-14.JPG


 コーンにはチーズ……ではなく、ホワイトソース的なものでした。


2021-1-3-15.JPG


 ここで醤油。

 チーズと醤油って合うんです。


2021-1-3-16.JPG


 目玉焼きの方にも醤油をかけました。


2021-1-3-17.JPG


 半熟の黄身に醤油を垂らすのがたまりません。


2021-1-3-18.JPG


 チーズのお焦げも美味でした。


2021-1-3-19.JPG


 ご馳走様でした

 ハンバーグに元々着いていたソースは、ポテトやミニフィセルなどを付けて頂きました。


2021-1-3-20.JPG


 天神のイムズで一枚。


2021-1-3-21.JPG


 イムズも天神の再開発で、今年の8月31日で閉店のようです……。

 まだ建物の耐久年数は充分あるだろうに、色々残念だなァ……。


 個人的にイムズと聞いて真っ先に思い出すのは、市立戦隊ダイテンジン、もしくはエクセル・サーガで渡辺が変身したダイテンイムズですかね。

 アニメじゃ(多分スタッフの勘違いで)ダイテンイズムって名前にされちゃってましたが。


 まあ、イムズは入居してるキャン★ドゥくらいしか利用する事はないんですが……。


 さて、後半はデタリキの記事で行きます。

 今回もデートエピソードメインです。


 ……そう言えば、今まで『サブコスプレ』の事を全然意識してなかったのですが、これを組み合わせるとかなりステータスに影響がある事を、今日やっと気づきました。

 道理で今までどんだけレベル上げてもキャラのHPが1000に達しなかったわけだ……(阿呆)。


2021-1-3-1.JPG


 まず、朝一のはラファム。


2021-1-3-2.JPG


 暇だから地球の文化を知りたいという彼女。


2021-1-3-3.JPG


 バレンタインの「何で女の子から男の子にチョコを……?」という話から、何故かこんなことに。


2021-1-3-4.JPG


 10時の分はレインさん。

 二人で宿直してる所の夜食タイムです。


2021-1-3-5.JPG


 日本のおにぎりがいたく気に入ったレインさん。

 色んな具があるのが魅力的なんだとか。


 しまいには、「銀河に帰ったらおにぎり屋さんを始めようか」などと言い出します。(^ ^;)


2021-1-3-6.JPG


 夕方にはリリーさんのエピソードを見ました。

 これもサシミンさんの所で見たかな……?


2021-1-3-7.JPG


 班長のドリアと、リリーさんの焼きカレーを一口ずつ交換。

 リリーさんは一人ときめいていました。


2021-1-3-8.JPG


 んで、22時は陽菜さんと、深夜のコンビニデート。


2021-1-3-9.JPG


 新発売のマカロンを5個一気に制覇するどころか、本当なら二つずつ食べたいとのたまう彼女。


 ……うん、これ知ってたら、ケーキ三つくらいじゃ驚かないよね。


 あ、そう言えば……


2021-1-3-10.JPG


 今日、ガチャをやってたら、すももさんのSSRの晴れ着が当たりました。今の時期限定のコスプレです。

 これは本当に、特に何もせずに運だけでのゲットです。私にしちゃ珍しい……。


 特殊能力で、全員に戦闘不能になっても一度だけ復活できるというスキルをかけられるので結構便利です。


Akasaka-2.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

DualZenon-4.JPG


 今晩は、アカサカです。

 サイトを更新しました。今日は『テレビ雑誌コーナー』です。


 さて、明日は今年最初のお休みで、姪っ子達と触れ合える今冬最後の機会なので、ほぼとんぼ返りで実家に帰って来ました。


2021-1-2-1.JPG


 夕食はソニックで、普段と大して変わらないカレー。


2021-1-2-2.JPG


 実家に着いた後は、デタリキの16時の分のデートエピソードを見ました。


2021-1-2-3.JPG


 レインさんと二人でスイーツ博覧会に行った班長にお冠な陽菜さんですが、お土産の限定スイーツにご満悦。

 ……これ、サシミンさんの所でも見たっけ……?


2021-1-2-9.JPG


 他に22時の分では、初めてラファムのデートエピソードを見ました。


2021-1-2-10.JPG


 突き指をしたものの、救護班の二人が外していて、自分で包帯を巻くのに難儀しているラファムに……


2021-1-2-11.JPG


 班長が巻いてあげる事に。


2021-1-2-12.JPG


 でもって……


2021-1-2-13.JPG


 照れ隠しするラファム。

 そう言えば、彼女は「告白はされたい派」でした。



 さて、本日の本題。

 ネッ友・ブロ友さんからいくつか年賀状が届いていたので、紹介させて頂きたいと思います!


2021-1-2-4.JPG


 まずはT2さん。お元気そうで何よりです。

 イラストはデュアルゼノンのソフビを集めまくったバジ、てな所でしょうか。


 つか、バジの格好、別に示し合わせたわけでもないのに、私の年賀状とコンセプトがまるっきり同じで笑いました(笑)。


2021-1-2-5.JPG


 お次は倉麻さん

 倉麻さんご自身のブログでも公開されていらっしゃいましたが、倉麻さんのオリジナル作品『7th Spirit』のキャラクターたち全員集合イラストです。


 こんな大勢のキャラクターが詰め込まれたイラストを描けるって尊敬します。(^_^) そして、昨年と同様あちこちに散りばめられてるミニ倉麻さんが可愛らしい……。


2021-1-2-6.JPG


 そして山さん

「凝った」とおっしゃる通り、閉じ込みがありまして……


2021-1-2-7.JPG


 開くとこう。


2021-1-2-8.JPG


 さらにこう。

 こういった発想は私には無かったです……


 年賀状をやり取り出来たネッ友・ブロ友さんも、メールでのご挨拶となったブロ友さんも、今年も仲良くして頂けたら有難く思います!


DualZenon-5.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Akasaka-6.JPG


 明けましておめでとう御座います、アカサカです。

 今日は新年早々、通常業務でした。


 まぁ、本社の方は休みなんですが、店舗(現場)勤務だとね……。


Akasaka-4.JPG


 さて、年も明けたので、ちょっと奮発して『デタリキ』でガチャをやってみました。


2021-1-1-1.JPG


 その前に、仕事終わりで見たデートエピソードは、以前サシミンさんの所でも見た事のある、瑛里ちゃんとの水族館エピソード。この間の遊園地エピソードの続きのようですね。


2021-1-1-2.JPG


 普段ツンツンしてても、意外と脈あり……?


2021-1-1-3.JPG


 さてさて、今朝SSR確定ガチャを入手したので、一つ引いてみたところ、スカーレット華団の美咲さんが登場しました。サシミンさんもお持ちのキャラですね。


2021-1-1-4.JPG


 んで、引き率50%のガチャで、ついにレインさんをゲット。

 まぁ、確率50%で他のが出てたら、腹かっさばいてた所ですが……。(^ ^;)


2021-1-1-5.JPG


 それからもういっちょ、今朝はSSR確定チケットを一個入手したので、『あらざる者』ことシリ・ガルのメンバーで、対策班のパンツを根こそぎ盗んで同僚のレイヴェルからも「見なかった事にしよう」とドン引きされていたド変態ヴァルハラエンドに反応する特殊繊維を仕込んだ天発明家のラファムをゲットしました。


2021-1-1-6.JPG


 敵対(と見せかけていた)時は愉快犯的なキャラでしたが、いざ付き合ってみると(変な意味じゃなくてね)、七海さんの誕生日をサプライズで祝おうとしたり、普通にいい子です。


2021-1-1-7.JPG


 108本て、煩悩の数かよ。(^ ^;)


2021-1-1-8.JPG


 覗くかッッッ!


 しかし……


2021-1-1-9.JPG


 班長が、陽菜さんが更衣室に忘れた『パンダのポーチ』を取りに行くよう頼まれたエピソードで、『パ』と聞いて『パンツ』を連想する辺り、やっぱりこの子、パンツに何かこだわりでもあるんじゃなかろうか……。


2021-1-1-10.JPG


 普段は変人ちょっと変わってますが、気遣いも出来る感じです。


2021-1-1-11.JPG


 今更ですが、砕けた相手には「っス」と後輩口調です。

 実は彼女、シリ・ガルのメンバーの中でも(頭脳派ってとこも含めて)結構お気に入りでした。


2021-1-1-12.JPG


 それからプレミアムの10連ガチャのSSR確定ガチャを引きましたが、こちらは特に真新しいものは出ませんでした。


 ちなみに、ウチの現在の編成はこんな感じ。

 縦に長いので縮小していますが、画像クリックで元サイズで出ます。


2021-1-1-13.JPG


『ぶっ飛ばし組』は、当初ストーリー攻略用に作っていたチーム。各属性のエースで構成しています。

 任務ごとにチームを選べることを知ったので、今ではあんまり意味が無くなっちゃいましたが……


『アクアブルー』は水属性で固めたチーム。SSRの瑛里ちゃんと、この間ゲットしたルカちゃんを入れています。


『レッドフレア』は火属性のチーム。この間までは一番総合戦力が高かったんですが、色々とメンバーを入れ替えた(成長度が頭打ちのメンバーばかりになってしまったので)影響か、かなり戦力が低下してしまいました。(^ ^;)


『アースグランド』は土属性のチーム。レッドフレアと並んで、総合戦力がなかなか上がりません……。現在はSSRのルカちゃんとユリアナさんを育てています。


『ウィンザード』は風属性のチーム。こちらも頭打ちのメンバーが増えていたので、最初からいた絹さんを除き、ラファムやリリーさんと入れ替えたのですが、SSRコスプレが多いからか、総合戦力はかなり高めです。

 ちなみにこのチーム、戦闘開始1ターン目は全員補助技を使うのですが、大体絹さんがジャマーを眠らせてくれるので、先手を取られることはほぼありません(笑)。


『シャインライト』は光属性のチーム。現在は年末年始ミッションでアイテム稼ぎをやってもらってます。こちらもSRの瑛里ちゃんや和果さんなど、頭打ちのメンバーが増えてるのでそろそろ入れ替えたいのですが、いい感じのキャラを持ってないんですよねぇ……。

 取り敢えず今の所、本日ゲットしたレインさんを入れてます。


 んで、『ダークシャドウ』は闇属性のチーム。

 リーダーはSRの美兎さんです。

 総合戦力は低めだったのですが、気が付くと結構高くなってました。


Akasaka-2.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。