FC2ブログ

 こんにちは、アカサカです。


 最近はちょこちょこアメブロの方も更新してまして、今日は『幻想生物百科』の第5回目を投稿してきました。

 さて、昨日、面白いグリム童話を見つけたので、今日はそちらを投稿したいと思います。


 では、本文スタート!


悪魔のすすだらけの兄弟



 むかしむかし。
 ハンスと言う名の兵士がいましたが、仕事をクビになってしまいました。そのため、これらかどう暮らしていいか分りません。
 ハンスは、当ても無く森に出かけて行きました。
 すると、一人の悪魔に出会ったのです。
 悪魔はハンスを見ると、尋ねました。
「お前さん、どこか具合でも悪いのかね? 酷くしょんぼりしているじゃないか」
「実は、仕事をクビになってしまい、お腹がペコペコなんです。けれども、お金が少しも無いんです」
 それを聞くと、悪魔は言いました。
「それは可哀そうに。そんなら、私のところに奉公して、私の召使いにならないかい? 一生楽にしてやるよ」
「本当ですか?」
「ああ、本当だとも。その代わり、お前さんは七年間、地獄で働かないといけないよ。ただし、七年間、しっかりと働けば、お前さんは自由の身だ。しかし自由になってもいくつか条件がある。まず第一に、決して体を洗ってはいけない。それから髪をとかしてもいけない。爪も髪の毛も、切ってはいけない。髭も剃ってはいけない。また、目から出る水をぬぐってもいけないよ。どうだい、これらの条件が守れるかい?」
「このままではどうしようもないから、とにかくやってみる事にします」
 そこで悪魔はハンスを地獄へ連れて行くと、仕事について話しました。
「お前さんは“地獄の炙り肉”の入っている釜の火を、ずっと燃やし続けなければいけない。そして、家の中を綺麗にして、ゴミを戸の外に運び出す。仕事はそれだけだ。だが一度でも、釜の中を覗いてはいけない。もし覗いたらまずい事になるよ」
 言い終わると、悪魔は旅に出ました。
 さっそくハンスは、悪魔から言いつけられた仕事を始めました。
 釜の火を絶えず燃やし、家の中を掃除して、ゴミを戸の外に運びました。
 しばらくして悪魔は帰って来ましたが、ハンスが真面目に仕事をしているのを見て満足しました。



 やがて悪魔は、再び旅に出ました。
 ハンスは仕事をしながら、釜の中が気になっていました。
「“地獄の炙り肉”って、一体何なんだろう?」
 悪魔との約束を忘れたわけではありませんでしたが、ハンスはどうしても中が見たくなりました。
 そこで、たくさん並んでいる釜の一番目の蓋を、ほんの少しだけ開けてみました。
 すると中には、昔、兵士だった頃、自分をいじめていた先輩の兵士が入っていたのです。
「偶然だね。こんなところで出会うなんて。そう言えば昔、あんたは僕をいじめてくれたね。今度は僕がいじめてやる番だ」
 ハンスは釜のふたを閉めると、新しい薪をくべて火を大きくしました。
 次にハンスは二番目の釜の蓋を開けてみました。
 するとそこには、さっきの先輩の上官が入っていました。
「やあ、あんたもここにいたのか。そう言えばあんたは、僕の手柄を横取りして、自分の手柄にした事があったよな」
 ハンスはそう言うと釜の蓋を閉めて、たくさん薪をくべると、さっきよりも火を大きくしました。
 そしてハンスが三番目の釜の蓋を開けると、今度は中に将軍がいました。
「おや、将軍ではありませんか。そう言えば昔、あなたは自分の失敗を私のせいにしましたよね」
 ハンスはふいごを持って来ると、将軍が入っている釜の火をごうごうと大きくしました。


 こうして七年の間、ハンスは地獄で働き続けました。
 その間、体を洗いません。
 髪もとかさず、指ではらいもしません。
 爪や髪の毛を切りもしません。
 髭も剃りません。
 また、目から出た水をぬぐいもしませんでした。
 この七年間はハンスにとって楽しい毎日だったので、たった半年ぐらいにしか感じませんでした。
 約束の七年が過ぎた頃、悪魔が旅から帰ってきました。
 悪魔はハンスに向かって言いました。
「ハンス、お前さんはどんな事をしてきたかね?」
「はい。僕は釜の下に火をくべました。それから家の中を掃除して、出たゴミを戸の外に運びました」
「うむ、ちゃんと仕事をしてくれたね。……だがお前さん、釜の中を覗いただろう。でも、薪をくべて火を大きくしたのは良かった。そうでなかったら、お前さんも今頃は命をなくしてたよ。さあ約束通り、今日でお前さんは自由だ。地獄を出て、家に帰るかい?」
「はい。お父さんがどうしているか、見たいと思います」
「そうか。ああ、そうそう。お前さんが七年間働いた給料として、お前さんが今まで戸の外に運んだゴミをリュックにつめて持って帰りなさい。地獄を出たら、そのお給料で楽をすればいい。ただし、お前さんは私がいいと言うまで体も洗わず、髪もとかしてはいけないよ。髪の毛ボーボー、ヒゲもモジャモジャのままで、爪も切らずに、ドロンとした目をしてね。そして、もしも誰かがお前さんにどこから来たのかと訪ねたら、地獄から来たと言うんだ。それからお前は誰だと訊かれたら、『悪魔のすすだらけの兄弟で、悪魔は私の王である』と言わないといけないよ」
「はい、分りました」
 そうしてハンスは悪魔に別れの挨拶をすると、地獄を出てから森の中に戻りました。
 悪魔のお給料にガッカリしていたハンスは中身を捨ててしまうかと思い、リュックの中を見ました。
 するとリュックに入れたゴミが、本物の金に変わっていたのです。
「すごいや! こんなにお給料をくれるなんて!」
 ハンスは大喜びで、町に行くと宿屋に泊まりました。
 宿屋の主人はハンスの風体にギョッとなって訪ねました。
「あんた、どこから来たんだい?」
「地獄からだよ」
「なんだって!? あんた、何者だ?」
「悪魔のすすだらけの兄弟で、悪魔は私の王でもある」
 驚いた主人は、ハンスを宿から追い出そうとしました。
 けれどハンスがリュックの中の金を見せると、主人はころりと態度を変え、ニッコリ笑ってハンスを宿屋で一番いい部屋に案内しました。
 ハンスは料理を注文すると、お腹いっぱいになるまで、たらふく食ベたり飲んだりしました。
 けれども悪魔の言いつけを守って、体を洗いもせず、髪もとかしませんでした。
 その夜、ハンスがベッドでぐっすり眠っていると、宿屋の主人がこっそり入ってきて、ハンスのリュックを盗みました。



 翌朝ハンスが目を覚ますと、大切なリュックがありません。
 ハンスは一目散に地獄に戻ると、悪魔に助けを求めました。
 すると悪魔は、ハンスに言いました。
「そうか。まあ、そこにお座り。私がお前さんの体を洗って、髪をとかしてやろう。髪の毛や爪を切り、目もぬぐってあげよう」
 悪魔はハンスを綺麗にすると、ハンスに掃除のゴミがいっぱい入ったリュックを渡しました。
「今から宿屋に行って、主人に『金を返せ、さもないと悪魔があんたを連れて帰り、僕の代わりに地獄で働かせてやると言ってるぞ』と言ってやんなさい」
 ハンスは宿屋に戻ると、主人に言いました。
「あんたは僕の金を盗んだね。もしあんたがそれを返さないなら、悪魔があんたを地獄に連れ帰り、僕の代わりに地獄で働かせると言っているぞ」
 すると怖くなった主人は、ハンスにリュックを返すと、さらに自分の有り金も渡して、どうか悪魔には黙っていて欲しいと頼みました。



 こうしてたくさんのお金を手に入れたハンスは、家に帰るとお父さんと幸せに暮らしました。
 ところでハンスは地獄にいた頃、悪魔から音楽を習い覚えていました。
 そこで粗末な上っ張りを買って、あちこちで音楽をやりながら歩いていました。


 ある時、この国の年老いた王様の前で、ハンスは演奏する事になりました。
 すると王様はハンスの演奏にとても喜んで、一番上の姫をハンスの妻にやると約束しました。
 ところが姫は、上っ張りを着た身分の低い男と結婚させられると聞くと、
「そんな事をするくらいなら、一番深い水の底に飛び込んだ方がマシだわ」
 と言いました。
 そこで王様は、一番下の姫をハンスに与えました。一番下の姫は、父親のためならと喜んで承諾しました。
 こうしてハンスはお姫様と結婚し、その後、王様になったという事です。




~おしまい~


 いかがだったでしょうか?


 最後の部分はちょっと蛇足的にも感じますが(実際、私が最初にこの話を見つけたところでは後日談は載ってなかった)、この話に出てくる悪魔、個人的にはかなり誠実だなぁと感じました。

 きっちりとハンスとの約束を守ってますし、むしろ約束を破ったハンスを(結果的とはいえ)働きに免じて帳消しにしたり、その後のアフターケアまでやってくれてますし。


 まぁ、それこそこの間アメブロの方であげたセーレみたいに、優しい悪魔もいるみたいですし、そもそも悪魔(デビル)は魔神(デーモン)との違いの一つとして「契約を重んじ、その規律に忠実」らしいので、こういった性格付けも間違いではないのでしょうけども。


 こういった「試練を乗り越えた相手には親身になって接してくれる」悪魔は、昔、別のおとぎ話でも読んだことがありますが、私が『ファイクエ』の魔族を生まれながらの悪人として描かないのは、こういう部分の影響もあるのかも知れません。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



2019-10-30-1.JPG


アカサカ「バジ、アキバさん、今日はバスでミステリーツアーに行くぞ」


バジりん「お出かけですか


アキバ「やった~。旅行だ旅行だ~♪」


~場面転換~


2019-10-30-2.JPG


アカサカ「という事で、いつものように博多駅からバスに乗るぞ」


バジりん「マスター、今日はどちらへ参るのですか?」


アカサカ「ミステリーツアーだから、それはオレにもわからねえ」


バジりん「あ、そうですね……


2019-10-30-3.JPG


バジりん「朝食はお馴染みのバゲットサンドですね」


2019-10-30-4.JPG


アキバ「アカサカさん、ボク、添乗員さんからジュースもらったよ?」


アカサカ「私たちももらいましたよ。平日申し込み限定でもらえるみたいです」


2019-10-30-5.JPG


バジりん「マスター、パンも頂いたのですが……」


アカサカ「うん、プランをよく見たら『朝食が出る』だったわ


~場面転換~


2019-10-30-6.JPG


アカサカ「まずはここ。キリンビールの工場だってさ」


アキバ「工場見学でもするのかな?」


アカサカ「いえ……」


2019-10-30-7.JPG


アカサカ「どうやらこっちの……」


2019-10-30-8.JPG


アカサカ「コスモス園見学みたいですね」


2019-10-30-9.JPG


アキバ「わっ、すご~い!」


アカサカ「……ここ、2年前にファースト達がバスツアーで来てたな……


2019-10-30-10.JPG


アキバ「見て見てバジりん! コスモスの一本道だよ!」


バジりん「綺麗ですねぇ……」


2019-10-30-11.JPG


アキバ「まさに満開だね~。どろんどろ~ん♪」


2019-10-30-12.JPG


バジりん「ミツバチもいますねぇ」


アキバ「そう言えば弟切を思い出しちゃったなぁ」


2019-10-30-13.JPG


バジりん「こ、これは……」


アキバ「これでもかってくらい、キリンビールをアピールしてるね……。(^_^;)」


2019-10-30-14.JPG


バジりん「ん、花畑にあるあれはなんでしょう……?」


アキバ「行ってみよ~!」


2019-10-30-15.JPG


アカサカ「等身大サイズの缶ビールのディスプレイみたいだな」


アキバ「おっき~い……」


アカサカ「あ、そうだ二人とも。ちょっと並んで並んで」


2019-10-30-16.JPG


アカサカ「写真撮るからポーズ取って」


アキバ「よ~し。バジりん、手をつないでポーズ取ろ!」


バジりん「ちょっと恥ずかしいです……。(///)


アキバ「1、2の……どろ~ん!」


~場面転換~


2019-10-30-17.JPG


アカサカ「さてと。お次は熊本に入って、『いだてん 大河ドラマ館』だそうです」


2019-10-30-18.JPG


アキバ「……誰これ?」


アカサカ「『日本で初めてオリンピックに参加した男、金栗四三』……だそうです」


アキバ「知ってる?」


アカサカ「全然」


2019-10-30-19.JPG


アカサカ「取り敢えず、ここは名前の通り、『大河ドラマ いだてん』の資料館になってるみたいですね」


2019-10-30-20.JPG


アキバ「わっ! すごいジオラマ……


アカサカ「『いだてん』時代の玉名を再現したジオラマらしいですね」


2019-10-30-21.JPG


バジりん「細部まで隅々作ってあって、凄いですねぇ……」


2019-10-30-22.JPG


アカサカ「この頃は米俵を船に乗せて川で運んでたらしくて、港まで坂道を転がして下す『俵ころがし』を再現してるみたいだね。ちなみに今でも、『大俵まつり』として残ってるんだって」


アキバ「へぇ~……」


2019-10-30-23.JPG


バジりん「あっ! マスター、橋の下に河童がいますよ」


2019-10-30-24.JPG


アキバ「アカサカさん、こっちもこっちも。木陰で休んでる~♪」


アカサカ「……何故?


2019-10-30-25.JPG


アカサカ「ジオラマの上には、ドラマでの合成の方法なんかが載ってるね」


~場面転換~


2019-10-30-26.JPG


アカサカ「さて、お次は『きくすいの里』でお昼だ」


アキバ「わ~い、ご飯だご飯だ~♪ どろんどろ~ん♪」


バジりん「アキバ殿、張り切ってますねぇ……」


2019-10-30-27.JPG


アキバ「わっ! すごい豪華!」


2019-10-30-28.JPG


アカサカ「キノコはマツタケだってさ」


アキバ「すっご~い! マツタケなんて初めて~……! あ、でもTくんの」


アカサカ「そっから先は言うんじゃありません」


バジりん「マスター、左下の黄色い銀杏のようなものは……?」


アカサカ「ハスの実だって」


2019-10-30-29.JPG


アカサカ「マツタケはあらかじめ裂いてから焼いて下さい、だってさ」


アキバ「……なんか、こういうネタがドリフのコントにあったよね」


2019-10-30-30.JPG


アカサカ「すき焼き用のお肉は、『赤牛』と『味彩牛(あじさいぎゅう)』だって」


2019-10-30-31.JPG


バジりん「マスター、マツタケが焼けてきました」


アカサカ「すごい香ばしいな。よし、そろそろ食おうぜ」


2019-10-30-32.JPG


アキバ「すき焼きも頂きま~す!」


2019-10-30-33.JPG


アカサカ「ここじゃ、飲み物があらかじめ発泡酒、焼酎(米、芋)、ソフトドリンクが選べたんで、オレは米焼酎の水割りにしてみた」


バジりん「マスターが焼酎なんて珍しいですねぇ」


アカサカ「本当はウイスキーが良かったんだけどね」


2019-10-30-34.JPG


アカサカ「ご飯の付け合わせは、左上の奴がキクラゲの柴漬け、下のは天草海苔の佃煮で、右のはなんと、大豆の佃煮だってさ」


バジりん「これ、大豆なんですか!


アキバ「なるほど~、つまりソイジャーキーみたいなものなんだね」


2019-10-30-35.JPG


アカサカ「せっかくだから、マツタケも半分、すき焼きに入れてみたぞ」


2019-10-30-36.JPG


アキバ「お腹いっぱい~♪」


バジりん「美味しゅう御座いました」


アカサカ「オレはあと一杯ぐらい、ご飯お替りすれば良かったな……」


アキバ「そう言えばアカサカさん、相席になったオバちゃん達に大学生って間違われてたね~♪」


アカサカ「黙りなさい」


~場面転換~


2019-10-30-37.JPG


アカサカ「さてと、お次は山鹿で酒造見学と散策だ。ここは江戸の街並みを残してるところが見ものなんだってさ」


2019-10-30-38.JPG


アカサカ「まずは『木屋本店』でお話を聞いてと……」


2019-10-30-39.JPG


アキバ「ねえねえアカサカさん、これな~に?」


アカサカ「これが日本酒を発酵させる麹菌ですよ。こうやってまんべんなくお米を覆うくらいに発酵するほど、甘みが出るんだそうです」


アキバ「へぇ~」


アカサカ「ちなみにこうやって酒造は菌業者から種菌を買うらしいけど、全国でも数える位しか菌業者は無くて、ここは京都の業者から買ってるんだって。ただし、菌の方は味噌用から様々なお酒用と種類がすごくて、大体50~60種類くらいの麹菌があるらしい」


バジりん「60種類ですか!


2019-10-30-40.JPG


バジりん「甘酒の試飲も出来るみたいですね」


アキバ「ちょっとお米の粒が残ってるんだねぇ」


2019-10-30-41.JPG


アキバ「あれは……」


アカサカ「『酒林』……『杉玉』とも言いますね。作った時は青々としてるらしいですが、こうやって茶色になった頃が、熟成の目安にもなってるそうです」


バジりん「そう言えば、マスターが以前母の日プレゼントのバスツアーで豆田町に行かれた時にもありましたね」


2019-10-30-42.JPG


アキバ「わっ! すごく大きな釜~!」


アカサカ「かつて酒用の米を蒸すのに使ってたみたいですね」


2019-10-30-43.JPG


アカサカ「その隣には熟成樽があって……一升瓶二千本分だそうです」


アキババジりん「二千本!」


2019-10-30-44.JPG


アカサカ「さて、今度は資料館の見学と説明だ」


2019-10-30-45.JPG


バジりん「マスター、あの紐と滑車は?」


アカサカ「あれは、酒蔵の上階に樽なんかを上げる時に使ってたらしい」


2019-10-30-46.JPG


アカサカ「この石は90kgあるらしいぞ。バジ、その紐引っ張って、ちょっと持ち上げてみ?」


バジりん「そんな、無理ですよ……って、あれ?」


アキバ「どろ~ん。もしかして、バジりんってすごい馬鹿力?」


バジりん「違いますよ! これ、凄く簡単に上げられるんです!」


2019-10-30-47.JPG


アカサカ「さてと、こっちでも試飲が出来るぞ。まずは普通の日本酒に……」


2019-10-30-48.JPG


アカサカ「こっちの地方独特の『赤酒』。普通のお酒は、米の芯から4割残るくらいまで研ぐらしいけど、これは普通にご飯を炊くのと同じく、9割残して仕込むんだって。ちなみに3割残るくらいまで研ぐと『大吟醸』、醸造アルコールを混ぜずに発酵させると『純米』って名乗れるんだってさ」


2019-10-30-49.JPG


アカサカ「それからこっちでもノンアルコールの甘酒の試飲が出来るぞ」


バジりん「こちらはお米も完全に形がなくなってますねぇ」


2019-10-30-50.JPG


アキバ「あ、そうだ! バジりんも今度、お酒の樽に浸かってみたら?」


アカサカ「マムシ酒ならぬバジリスク酒ってか?」


バジりん「嫌ですよぅ……ボク、お酒弱いのに……」


アキバ「え~? アカサカさんが喜んで飲んでくれるかもよ~?」


バジりん「ちょっ! アキバ殿……!


2019-10-30-51.JPG


アカサカ「道を渡ってと……。せんべい工房て所じゃ、せんべい作りの体験もできるらしいぞ」


2019-10-30-52.JPG


アカサカ「型に米とフレーバーの粒を入れて……」


2019-10-30-53.JPG


アカサカ「熱したプレス機で一気に潰せば……」


2019-10-30-54.JPG


アカサカ「一瞬で薄焼きせんべいが出来上がる、と」


2019-10-30-55.JPG


アキバ「この辺りは『豊前街道』っていうんだね~」


~場面転換~


2019-10-30-56.JPG


アカサカ「さて、最後は『道の駅かほく』だ」


2019-10-30-57.JPG


アキバ「プールもあるんだねぇ~」


バジりん「さすがに今はシーズン外みたいですけどね」


2019-10-30-58.JPG


アキバ「金運アップのいのししだって~♪」


アカサカ「ちょっと触っておこう……」


2019-10-30-59.JPG


アカサカ「何故か休憩所に唐津くんちのポスターが……


2019-10-30-60.JPG


アカサカ「よし、じゃあ最後に、ソフトクリームでも食べますか」


アキバ「やった~!」


バジりん「有難う御座います


~場面転換~


2019-10-30-61.JPG


アキバ「今日はとっても楽しかったね~♪」


バジりん「お土産もたくさんもらえましたし……。メロンにオレンジに、梨にジャガイモ、玉ネギ……」


アカサカ「と言っても、寮にゃ包丁無いから、持って帰るのはオレンジだけだけどな。あとはお袋に……」




~おしまい~

2019-10-29-1.JPG


 今晩は、アカサカです。


 サイトを更新しました。

 今日は前回に続いて『店舗日誌』です。


2019-10-29-2.JPG


 さて、今日は実家に帰って来たので、届いていたアーツのビルド・ラビットラビットを開封しました。


2019-10-29-3.JPG


 もちろん装甲は外せませんが、全体的にシャープな出来栄えです。


2019-10-29-4.JPG


 熱ゴジラさんに教えて頂いたのですが、1次受注分はベルトの部品の一部がエボルドライバーの物になってるらしいのですが、私のは2次受注分だったからか、ベルトはちゃんとビルドドライバーでした。


2019-10-29-5.JPG


 設定上、ラビットタンクハザードが装甲をまとっているので、つま先や細部はハザードフォームと同じデザインです。


2019-10-29-6.JPG


 背中のウサギの耳は、ここまで上げることが出来ます。


2019-10-29-7.JPG


 さて、もう一つ、予約していた『装動ANOTHER2』も、ホビーゾーンに行って受け取ってきました。


 早速組み立てです。


2019-10-29-8.JPG


 アナザーフォーゼ(右)。

 手足などは劇中通りアナザーファイズと同型のようですが、ボディなどは新規設計です。


2019-10-29-9.JPG


 アナザーオーズ。

 下半身は成型色そのままですが、上半身はシール地獄でした……。(^ ^;)


2019-10-29-10.JPG


 アナザー電王。

 今回は、各アナザーライダーの年号は、本来の活躍年と2019年(アナザージオウIIが召喚した個体用)がついてるのですが、私は全部、本来の活躍年のを貼りました。


2019-10-29-11.JPG


 アナザーダブル。

 もしかしたらどこかで言われてるかもしれませんが、サイクロンサイドはどことなくナスカ・ドーパントっぽいですね……。


2019-10-29-12.JPG


 他のアナザーライダーと共に。

 アナザーアギトは『掌動』版です。


 残りのアナザーライダーも出てほしいなぁ……。


2019-10-29-13.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

blog_import_5d6783e3c92ef.jpeg


 こんにちは、アカサカです。

 先日、サンクラを買った時に熱ゴジラさんから「変形シークエンスが気になる」というコメントを頂きましたので、今日はそれを検証していきたいと思います。


2019-10-26-17.JPG


 これが……


2019-10-26-18.JPG


 こうなって……


2019-10-26-19.JPG


 こうなって……


2019-10-26-20.JPG


 こんな感じです。


2019-10-26-16.JPG


 ……と、冗談はさておき、真面目に行きましょう。


2019-10-26-1.JPG


 まず、ロボットモードです。


2019-10-26-2.JPG


 ちなみに背中はアースモードともアニメ設定とも全然違いますが、まぁ、これは仕方ありません。


2019-10-26-3.JPG


 それでは、トランスフォーム!

 あ、ちなみに変形手順は説明書とはバラバラの自己流です。


2019-10-26-4.JPG


 上腕部と拳を、前腕の中に収納します。


2019-10-26-5.JPG


 背中のインテークをボディから分離させます。


2019-10-26-6.JPG


 頭部を後ろに倒し、ボディ側に収納します。


2019-10-26-7.JPG


 胸部パネルを開け、下半身を180度回転させます。

 因みに他所で「胸部パネルはスタスクより外れにくくなってる」というコメントを見ましたが、確かに、スタスクに比べるとかなり外れにくくなってて、ストレスなく変形させられます(それでも外れる時は外れますが)。


2019-10-26-.8JPG


 脚部を畳みます。

 ふくらはぎの部分はスプリングが仕込まれてるので、正座が出来るほど膝が曲げられます。


 アースライズでも、コレやってくんないかなァ……。


2019-10-26-9.JPG


 畳んだ脚部と腕部を合わせます。

 固定用のピンがあるので、しっかりと固定できます。


2019-10-26-10.JPG


 背中にあったブースターを後部に下ろします。


2019-10-26-11.JPG


 背中のパーツを前方に回転、はめ合わせて機首にします。


2019-10-26-12.JPG


 取り敢えず、ここまでの状態がこちら。


2019-10-26-13.JPG


 ウイングをボディ側に下ろします。

 ちなみにこちらも、接続ピンで腕部と固定できます。


2019-10-26-14.JPG


 という訳で、ビークルモード完成。なお、両肩の火炎放射器は取り外すことなく変形が可能です。


 私は普段、変形プロセスを段階的に記事にするってことは無かった(ヤフブロ時代からのブロ友さんのみらーじさんはよくやってらっしゃいますが)のですが、いかがだったでしょうか?


2019-10-26-15.JPG


 最後に、アニメ設定はコチラ。

 こちらや『SOS!サイバトロン』に登場した保安部隊(レインメーカーズ)は機首が尖ってますが、『破滅の日』に登場したモブジェットロンは、このシージ版のトイのように機首が角ばってるカットもありました。


blog_import_5d6783cc93af2.jpeg


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

2019-9-24-1.JPG


 どうも、今晩は。

 アカサカです。


 今日は休みだったので、ゆっくりとニチアサを見る事が出来ました。


『プリキュア』は、ユニがアイワーンを許したのが印象深かったですねぇ。

 ちょっと聖人君子過ぎるかなぁとも思いますが、『初代』~『5GoGo』までは、敵側にどんな込み入った事情があっても基本的に「敵対するなら殺す!」的な対応でしたし……(いまだにギリンマ君やガマオ君やハデーニャさん、シビレッタさんを何の躊躇もなく殺っちゃったのはスッキリしていない。ポイズニーやスコルプさんはキリヤの姉である事やブンビーさんとの友情をプリキュア側が知らなかったし、キントレスキーは満足して散ったので、まあ……)。


 来週はニチアサはお休みか……。

 まあ、出かける予定だから良いですけども。


 それはさておき、そういう訳で、タイトルの通り、休日はどこか出かけないと損した気分になるので、下曽根の方に行ってきました。


 前回、下曽根に行ったのがちょうど一か月ほど前でした。


2019-20-27-1.JPG


 という訳で、まずはサニーサイドモール小倉です。


2019-20-27-2.JPG


 この時点で午後1時を過ぎていたので、まずは腹ごしらえです。


2019-20-27-3.JPG


 今回も、2Fのフードコートの……


2019-20-27-4.JPG


『アメリカンポテート』です。


2019-20-27-5.JPG


 今日はソーセージカレーのランチセットにしました。


2019-20-27-6.JPG


 メインのソーセージカレー

 二つに切ったのが四本入ってます。


2019-20-27-7.JPG


 このソーセージ、“全く味がしませんでした”。

 本当に、「なんの味もしない」という感じで……。まぁ、カレーにつけて食べるの前提ですから特に問題は無かったんですが……。


2019-20-27-8.JPG


 付け合わせのポテトとドリンク。

 ディップソースは、今日はスイートチリにしました。


2019-20-27-9.JPG


 スイートチリソースは、とろみが強めな感じです。


2019-20-27-10.JPG


 ご馳走様でした

 この後はトイザらスを覘いて、いつものコースで安部山公園駅に向かいました。


2019-20-27-11.JPG


 んで、サンリブシティです。


2019-20-27-12.JPG


 今日はATMに用事があったので、専門店モール側の入り口から入ります。


2019-20-27-13.JPG


 駐車場前の広場では、警察の楽隊(?)が演奏会をやっていました。


2019-20-27-14.JPG


「交通安全キャンペーン」的な文言がちょっと見えましたけども……。


2019-20-27-15.JPG


 その後は、BOOKOFFの葛原店にも寄りまして……。


2019-20-27-16.JPG


 安部山公園駅で、帰りの電車に乗ります。


2019-20-27-17.JPG


 夕食は中津のゆめタウンで買ったカツ重とポテトサラダです。

 結局『かつや』で買うより高くついちゃったなぁ……


2019-20-27-18.JPG


 さて、下曽根のヤマダ電機では、中津の方には無かった、今月の『シージ』マイクロマスターがあったので買ってきました。

 バリケードは今月の引き落としが終わってからだな……。


 左がハイジャンプ、右がパワートレインというサイバトロンです。


2019-20-27-19.JPG


 ビークルモード。

 パワートレインは色といい「ミニサイズのTF」という特徴といい、変形モードといい、ミニボットのドラッグにしてもよさげな感じではありますね(ドラッグはボンネットタイプのトラックじゃなかったですが)。


2019-20-27-20.JPG


 G1版は『オフロードパトロール』というチームの一員でした。

 他のマイクロマスター達の例にもれず、当時は4人チームです。


2019-20-27-21.JPG


 国内展開では、ハイジャンプはナットシェル、パワートレインはフリードという名前でした。


 海外版にせよ国内版にせよ、アニメにも出てないし、特にキャラクターが掘り下げられたことも無いので、海外版・国内版、好きな方の設定で遊んでいいと思います。

 カラーリングも国内外で差がありませんしね。


2019-20-27-22.JPG


 武器モード。

 デザインはこれまでのマイクロマスターの武器形態の中で、一番まとまってると思います。


 ダイアトラスらパワードマスターは実家に置いてるので、活躍時期の近いグレートショットに持たせてみました。

 ……実は銃身を左手で支えていないと、グリップがプラプラして下を向いてしまいます(苦笑)。


 さて、それでは今日のルートをおさらいしてみましょう(地図の画像はクリックで元サイズが出ます)。


2019-20-27-23.JPG


 まずは①のサニーサイドモール小倉から、ファミマの辺りにある明屋書店に寄った後、②のベスト電器に行って、③のヤマダ電機に寄りました。


2019-20-27-24.JPG


 その後は④のゆめマート、⑤のサンリブシティに行って……


2019-20-27-25.JPG


 一度、もとの大通りに出て、⑥のBOOKOFFに寄った後、⑦の安部山公園駅まで。


 全体図にするとこんな感じです。


2019-20-27-26.JPG


 我ながらよく歩いたもんだ。(^ ^;)

 まぁ、適度な運動は健康にも良いってね……。


2019-20-27-27.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

blog_import_5d6783d2dcd6b.jpeg


 今晩は、アカサカです。

 実は今日は、とあるゲストの方をお招きしています。


2019-10-28-1.JPG


アカサカ「という訳で、さっそくどうぞ!」


熱ゴジラ「どうも、超ゴジラアイランド管理人の熱ゴジラです」


2019-10-28-2.JPG


 てな訳で、本日、ブロ友さんである熱ゴジラさんの改造ソフビが完成しました。


2019-10-28-3.JPG


 熱ゴジラさんの所の過去記事も見返して、塗装漏れが無いように気を付けました。

 黒い部分は『Mr.カラー』のセミグロスブラック(半艶黒)で、はみ出した部分はGXメタルブルーで修正しています。


2019-10-28-4.JPG


 右前腕の黒い部分は、先日の第2バージョンを参考に……。


2019-10-28-5.JPG


 熱ゴジラさんこだわりの尻尾のディティール塗装も勿論再現しました。

 筆が入らない、先端に近い細い部分は油性マジックで墨入れしています。


2019-10-28-6.JPG


アカサカ「ところで熱ゴジラさん、ちょっと彼を連れてきたんですが……」


熱ゴジラ「グリスブリザード?」


アカサカ「アーユーレディ?」


熱ゴジラ「……出来てるよ?


2019-10-28-7.JPG


激凍心火! グリスブリザード!

ガキガキガキガキガキーン!


アカサカ「どうです?」


熱ゴジラ「これはこれで、Tさんの元イラストっぽくてなかなか……」


2019-10-28-8.JPG


 熱ゴジラさんの所の寸劇を見て買ったネロさんと。


2019-10-28-9.JPG


 最近、奥さん(妻)宣言をしていた玉藻前さん。


2019-10-28-10.JPG


 両手に花 次はゴジ子さん(マスター/女)だな……。


2019-10-28-11.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

2019-9-5-1.JPG


 どうも今晩は、アカサカです。


 サイトを更新しました。

 今日はほぼ一年ぶり(!)に『店舗日誌』です。


blog_import_5d6784fd7bcb7.jpeg


 先ほどアメブロの方にも、記事を投稿してきました。

 さて、最近は休日以外の商品購入報告はそのアメブロの方ですることが多いのですが……


2019-10-25-1.JPG


 今日は仕事の後に歯医者に行って、銀歯を入れてもらったんですけども、その後、ヤマダ電機に行ったら『シージ』サンクラが入荷していた(あと、バリケードも二つ)ので、速攻で買ってきました(笑)。


2019-10-25-2.JPG


 基本的には従来通り、スタスクのリカラーになってます。

 ……が、


2019-10-25-3.JPG


 頭部だけはスタスクから変更されて『ニヤリ顔』に。

 方々で言われてますが、なんでサンクラでこの表情にしたし……


2019-10-25-4.JPG


 もとになったスタスクと。

 ウェザリング塗装のパターンはスタスクとほぼ同じですが、良く見ると若干異なります。


 幸い、顔面の塗装が他のリメイクと違ってスタスクと同じ色(シルバー)だったので、レビュー記事用の撮影が終わったら頭部を交換しようかな、とも考えています。(^ ^;)


2019-10-25-5.JPG


 因みにスタスクの場合は翼の内側にもデストロンマークがあったのですが、サンクラには無かったりします。


2019-10-25-6.JPG


 ウチではバリバリ現役のヘケヘケ版と。

 ロボマス版程ではないですが、ヘケヘケ版よりも水色に近いボディカラーになっています。


 『アースライズ』で、ヘケヘケ版をそのままヴォイジャークラスにアップグレードしたようなアースモードのスタスクが発表された以上、サンクラ達も期待は出来ますが、やっぱり『シージ』版も手に入れたいわけで。


2019-10-25-7.JPG


 理由はやっぱり、このアニメ設定に近いセイバートロンモードのビークルモードです。

 機会があればスカイワープやレッドウイング、レインメーカーズなんかも……と考えています。


 余談ですが、『初代』冒頭でホイルジャックとバンブルの前に立ち塞がったジェットロン達、スタスク型は島香さん、サンクラ型とスカワー型は城山さんと石井さんが声を当ててたので、個人的には別人の可能性も考えてます(指揮官クラスのジェットロンはスタスクと同色、とか。『ザ・ムービー』でユニクロンに立ち向かったジェットロンの中にもスタスクと同型同色の奴がいましたし)。


 まあ、OVA『スクランブルシティ発動編』前半、総集編パートの該当シーンでは、しっかり鈴置さんがスタスク型の声を当ててたので単なるキャスティングミスの可能性もありますが。


2019-10-25-8.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 今晩は、アカサカです。

 先日は『スタースクリーム復活』の一コマを再現してみましたが、今日はまた、コミック版での一コマをやってみたいと思います。


 では、スタート!


 ダイナザウラーの攻撃に対して、基地モードに変形してスクランブルミサイルで反撃するメトロフレックス。

 それに対して……。


The-Comic-1.JPG


フルチルト「ちくしょう! こちらには新兵器ブラントタンクがある! 突撃だダイナザウラー!」


The-Comic-2.JPG


フルチルト「デストロンの恐ろしさを見せてやれ!」


The-Comic-3.JPG


と、その時、スクランブルシティーにある六つのライフル砲がいっせいに分離し……


The-Comic-4.JPG


空中に集まっていく。


The-Comic-5.JPG


そして合体すると……


The-Comic-6.JPG


フルチルト「おおっ! こっ、これは!」


The-Comic-7.JPG


シックスガン「もう一人のシティー戦士シックスガンを忘れてもらっちゃ困るよ!」


フルチルト「グアッ!」


The-Comic-8.JPG


スタッ


The-Comic-9.JPG


シックスガン「ダイナザウラー覚悟しろ!」


The-Comic-10.JPG


ガルバトロン「い、いかん! 頭部コントロール装置を破壊された!」


 いかがだったでしょうか?


 トランスフォーマー『ザ☆コミック』収録、『超ロボット生命体物語ザ☆トランスフォーマー』第3話(だったよな……?)の、メトロフレックスとダイナザウラーの戦いをピックアップしたエピソードです。

 各画像に書き文字を入れられたら、もっとマンガの再現が出来たかもしれませんが……。(^ ^;)


 さすがにメトロフレックスは持ってませんが、もしジェネ版なりG1版なりを持ってたら、もう少し長くシーンの再現をやってみたかった所です。


 因みにLG版ダイナザウラーの付属コミックでは「メトロフレックスを守るためにガルバトロンボディのトランステクターに乗ってダイナザウラーに立ち向かうメガトロン様」という、本編準拠で見るとかなりシュールなシーンが見られます(場面自体はシリアスで真面目なシーンですが)。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

2019-9-23-8.JPG


 どうも、今晩は。

 アカサカです。


2019-9-5-2.JPG


バジりん「マスター、今日は中津に帰らないといけないんですよね?」


アカサカ「まーね。だから、実はこの記事も帰りのソニックの中で書いてる」


2019-10-23-1.JPG


 という訳で、今日はいつもに比べれば)少しだけ早く家を出て、郵便局に寄った後、天神に行きました。


 お昼は急に思い立ったので、木の葉モールの中の……


2019-10-23-2.JPG


 リンガーハットにしました。


2019-10-23-3.JPG


 スナック皿うどんが「小さい皿うどん」に名称が変わっていましたが、とりあえずそれのセットで。


 ランチタイムで少し安くなってます。(^ ^;)


2019-10-23-4.JPG


 メインの皿うどん。

 久々に食べました。


2019-10-23-5.JPG


 餃子は三つ。

 柚子胡椒はセルフサービスです。


2019-10-23-6.JPG


 蒲鉾と天ぷら(あげ蒲鉾)。


2019-10-23-7.JPG


 何故かやたらと推されてるきくらげ。

 お袋の実家では『みみなば』と呼んでました。


 私が初めてきくらげを食べたのは、小さい頃、お袋の実家から帰る時、今は無き祖母が炊き込みご飯のおにぎりを持たせてくれて、その中に入ってたのでした。


2019-10-23-8.JPG


 ご馳走様でした。

 この後は一日乗車券を買って天神に向かいます。


 車中でアメブロの『幻想生物百科』用のイラストを描こうかと思ってたのですが、資料の本をものの見事に家に忘れてしまってました


 んで、その後はいつも通りベスト電器のらしんばんやらメロンブックスやら、博多のヨドバシやらまんだらけやらに寄ったのですが……


2019-10-23-9.JPG


 天神ショッパーズのBOOKOFFにて。


 食玩のシューティングウルフプログライズキーが開封済みで950円とな!?

 どんだけ高騰してんだよ……


2019-10-23-10.JPG


アカサカ「で、博多のヨドバシでは、デスクトップアーミーのβ小隊(アップデート)を買ってきた。見事に目当てだった奴(ランチャー)を引き当てたぞ」


バジりん「まぁ! それはおめでとう御座います!」


アカサカ「設定としては、今はやりの1/1アイテムで、彼女たちは自我のある高性能携帯電話って設定だ」


バジりん「なんか、『ちょ〇っツ』みたいですね……」


2019-10-23-11.JPG


アカサカ「ちなみに武装を外して、軽装モードにすることも可能だ」


バジりん「可愛らしいですねぇ


2019-10-23-12.JPG


アカサカ「実は、目当てはこの泣き顔の表情パーツだったんだけどね。『店舗日誌』で使いたくてさ……。カートンに入ってた個別の箱を持って、重さを比べてみて、一番重いのはランチャーだろうからって思って買ってみたら、ドンピシャだった」


バジりん「マスター、それってサーチじゃ……


アカサカ「実際に商品を開封するやつよりはなんぼかマシだろ。高い商品なんだし……」


バジりん「それはまぁ、そうかも知れませんが……」


2019-10-23-13.JPG



 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

blog_import_5d677fdd7a0ba.jpeg


 今晩は、アカサカです。

 タイトルですが、まぁ、接客業やってる人間なんてそんなもんです……(苦笑)。


 さて、今日はいつもより少し早めに目が覚めたので、朝から出かけました。


2019-10-22-1.JPG


 まずはお袋とマリナタウンのショッパーズモールへ。

 先日サースィさんも「ハワイを連想した」と仰ってましたが、私も南国っぽい雰囲気だと思ってました(笑)。


 ちなみに、今回は久々に通る道で行ったのですが、色々と懐かしい風景を見ることが出来ました。


2019-10-22-2.JPG


 今回は、昨日買えなかったエカルゼツメライズキーとミニプラのパキガルーをゲット。

 ……M・A・O女史も、戦隊常連になりつつありますねぇ……。


 あ、ゼツメライザーは今日、予約してきましたよ?(爆)



 その後は一旦お袋と別れて、自宅で色々と画像などを。

 お昼は予め決めておいたこちら。


2019-10-22-3.JPG


 本格カレーレストランの『オリエンタルキッチン Bimi Nan(美味ナン)』です。


2019-10-22-4.JPG


 こちら、私が中学生だった頃くらいから、少なくとも20年はあるのですが、実は私もお袋も、今まで一度も行った事が無かったりします。(^ ^;)


2019-10-22-5.JPG


 ランチメニュー。

 私もお袋も『Aセット』にしました。価格は税込みです。


2019-10-22-6.JPG


 サラダやスープ、サイドメニューなども充実しています。


2019-10-22-7.JPG


 聞いた事も無いような料理も……。

 今度来たら、試してみたいと思っています。


2019-10-22-8.JPG


 カレーも色々と種類があります。


2019-10-22-.9JPG


 ナンも色々とあるようですね。


2019-10-22-10.JPG


 私は『②普通(やや辛)』、お袋は『③中辛』にしたのですが……。


2019-10-22-11.JPG


 最初はサラダ。

 ドレッシングはニンジンベースのようでした。


2019-10-22-12.JPG


 ドリンクは、私はオレンジジュース、お袋はラッシーです。

 ちょっと味見させてもらいましたが、ラッシーは本当に「飲むヨーグルト」って感じでした


2019-10-22-13.JPG


 ナンは滅茶苦茶デカかったです


2019-10-22-14.JPG


 んで、手前が私の普通、奥がお袋の中辛なんですが、全然辛くなかったです(苦笑)。

 次に来る時は辛口にしてみよう。


2019-10-22-15.JPG


 実は私のナン……大部分が、中身スッカスカでした


2019-10-22-16.JPG


 デザートはフルーツヨーグルトです。


2019-10-22-17.JPG


 ご馳走様でした

 割引券ももらったし、味もまぁ良かったので、また機会があったら来たいと思います


 さて、明後日が早番である都合上、明日の夜、中津に帰ることになるので、天神行は明日にして、今日は地元を回りました。


2019-10-22-18.JPG


 この間は行かなかった、マークイズももちです。


2019-10-22-19.JPG


 2階から正面階段を。

 地味にハロウィン装飾がしてあります(笑)。


 その後は、ヤマダ電機、木の葉モール、BOOKOFF……と、いつものコースでした。

 でもって、


2019-10-22-20.JPG


 BOOKOFF2階のエコモールにて、DX版のドラゴンフルボトルがあったので、何かに使う機会があるかも……と思い、購入しました。


2019-10-22-21.JPG


 夕食後はMEGAドンキへ。

 昨日に引き続きおつまみを買いに行きましたが、今日は何故かレジが空いててすぐに精算できました。


 大体いつ来てもレジが混んでるイメージだったんですが……。


2019-10-22-22.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

2019-9-24-1.JPG


 今晩は、アカサカです。


 明日から二連休なので、一週間ぶりに実家に帰ってきました。


2019-10-21-1.JPG


 前回、帰って来ていた時に発送された『ジオウ』版のアーツディケイドが届いたので、開封しました。

 ウチでは初の『真骨頂』です。


2019-10-21-2.JPG


 その後、急いでホビーゾーンまで走って、食玩のゼツメライズキーを買ってきました。

 本当はエカルも欲しかったんですけど、売り切れていたので取り敢えずネオヒのみ……。


 アメブロの方で、簡単レビューをしてます。


2019-10-21-3.JPG


 でもって、いつものアピロスなダイエー福重だった元イオン福重店のMEGAドンキで……


2019-10-21-4.JPG


 今日の晩酌とおつまみを買ってきたのですが、レジで普通に割込みされてムカついたので(店員も声かけろよ)……


2019-10-21-5.JPG


 気分を変えるため、通り道にあるセブンイレブンで焼きラーメンを買ってきました(あー、無駄遣い……)。


2019-10-21-6.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル2』を紹介するぞ」


Lazer-LV2-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザーは、九条貴利矢(くじょう・きりや)が変身する仮面ライダーだ。ジャンルはレースゲームだぞ。他のライダーとは大きく異なり、レベル2ではバイクに変形するのが特徴だ


Lazer-LV2-3.JPG


ディケイド「正面から。レベル2がバイク型になる理由としてはメインライターの高橋悠也と檀黎斗役の岩永徹也は、黎斗は貴利矢が目障りであったため使いづらいガシャットを与えたと解釈しているらしい


Lazer-LV2-4.JPG


ディケイド「車体左側面。この姿でも単独で動けるが、性能を完全に引き出すには運転者が必要だ」


Lazer-LV2-5.JPG


ディケイド「右側面。『エグゼイド』ライダーの特徴であるコントロールボタンやライダーゲージは、両側面に配置されてる。余談だが、ベース車両は『鎧武』や『ゴースト』のバイクメカと同じものだ」


Lazer-LV2-6.JPG


ディケイド「後ろから。テールランプはクリアパーツだぞ」


Lazer-LV2-7.JPG


ディケイド「今度は上から。他のライダーでは背中に来るレベル1の顔や、ゲーマドライバーはすべてフロント~シート部に集約されてる」


Lazer-LV2-8.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーには、爆走バイクのガシャットが装填されてる。正面プレートや『GAMER DRIVER』の文字もしっかりペイントで再現されてるぞ」


Lazer-LV2-9.JPG


ディケイド「ガシャットは他のライダーと同じく脱着可能、レバーも開閉可能だ」


Lazer-LV2-10.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用の薄手のゲーマドライバーとエグゼイドの騎乗用手首、スタンド補助パーツだ」


Lazer-LV2-11.JPG


ディケイド「補助パーツを使えば、こんな風に空中を飛翔するイメージも作れるぞ(ただし、スタンドである『魂STAGE』は別売りだ)」


Lazer-LV2-12.JPG


ディケイド「エグゼイドを乗せたところ。この時は、ゲーマドライバーは薄手の物に交換するぞ」


Lazer-LV2-13.JPG


ディケイド「『LVUR』版と。LVUR版は低年齢玩具で変形ギミックもあるからモールドも甘いが、フィギュアーツ版はリアルなバイクの仕上がりになってる」


Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザー レベル2の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 あと、アメブロの方にバジの前髪の補修記事も書いたので、よろしければそちらも……。

 余談ですが、ブログで「お早う御座います」って書いたのは初めてかも知れません(笑)。


 記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


Build.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム』を紹介するぞ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドは、桐生戦兎(きりゅう・せんと)がビルドドライバーラビットフルボトルタンクフルボトルを装填して変身した、仮面ライダービルドの基本フォームだ。変身時の音声は『鋼のムーンサルト! ラビットタンク!』だぞ」


Build.JPG


ディケイド「バストアップ。アンテナはラビットはウサギの耳、タンクは戦車の砲塔をイメージしてる。左襟の突起物のデザインモチーフはウサギの耳だが、仮面ライダーの記号である風になびくマフラーを意匠化したものだ」


Build.JPG


ディケイド「背中側。デザイン当初は赤と青の部分が大きかったが、フォームチェンジ数が多いことから下半身は黒が多く占めるものとなったぞ」


Build.JPG


ディケイド「ビルドドライバーには、クリアパーツのラビットフルボトルとタンクフルボトルが装填されてる。ビルドドライバーのレバーは、実際に回転させることが出来るぞ」


Build.JPG


ディケイド「各フルボトルは、このサイズで脱着可能だぞ」


Build.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首が5つだ。今までと違って、武器は同梱されていないぞ」


Build.JPG


ディケイド「交換用手首を使えば、ビルドドライバーのレバーを回転させるシーンを再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「他にも、決めポーズ用の手首で『勝利の法則は、決まった』のポーズや……」


Build.JPG


ディケイド「決めポーズも再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 今日は、ちょっと切ない親子えびの物語です。

 ちなみに、厳密にはヨコエビはえびの仲間ではないらしいですが……。(詳細はリンク先参照)


 では、スタート!


メクラヨコエビのゆめ


Mekurayokoebi-1.JPG



 地面の下を、地下水の川が流れています。
 暗闇の中を、急に細い光が走りました。
 メクラヨコエビでした。
 ひゅるるる……。
 メクラヨコエビは、かすかな光を放ちながら、するどく水を切って泳ぎました。
 メクラヨコエビには目がありません。長い間、地下の暗闇の中で暮らしている間に、いつしか無くなってしまったのです。
 メクラヨコエビは、ぐんぐん川上に向かって登って行きました。その後ろには、子えびが泳いでいました。
 どうしたことか、子えびには、目がありました。目のある子えび、それは、目の無いえびたちの間ではのけものでした。
 メクラヨコエビは、今、この子えびを仲間の知らない遠い所へ、捨てに行くところでした。



 メクラヨコエビは、美しい光を放って泳いでいました。子えびは母親の光の中を泳いでいました。
 たまたま後ろを振り向くと、後ろは深い暗闇に覆われて、吸い込まれてしまいそうに思えました。
 川の流れが激しくなりました。氷のように冷たい水が、川底で渦を巻いています。
 メクラヨコエビは、子えびが押し流されないように、小さな身体をそっと抱きかかえました。
 子えびには、母えびの身体がはっきり見えました。
 光に包まれて、白く透き通った身体、長くて立派な二本のひげ、太く力強い尾びれ。
 川の流れは、光の当たるところだけ青く澄んで、その向こうは深い藍色をしていました。
 体に当たる波のしぶきは、銀色に輝いて、目を開けていられないほど眩しく感じられました。
 子えびは思わず、
「お母さん」
 と小さく叫びました。
 子えびには、この美しい母えびの姿がとても誇りに思えたのです。



 流れに逆らって泳ぎながら、メクラヨコエビの身体はかすかに震えていました。仲間に知れないように、早く捨てに行かねばなりません。
 もし、仲間に気づかれれば、間違いなく子えびは殺されてしまうからです。
 メクラヨコエビは急ぎました。
 川の流れはメクラヨコエビを押し流そうと、ぐいぐい襲い掛かってきました。
 流れと戦いながら、母えびは思いました。
(ああ、嫌だ。嫌だ。可愛い子えびを捨てに行くなんて、こんな子えびはみんなで温かく庇ってやるのが本当なのに、殺されてしまうなんて。誰がどうして、こんな間違った掟を作ったのかしら)
 川の流れが、急に緩やかになりました。川はそこから二つに分かれて上に続いていました。
 しばらく行くと、川は少し浅くなってきました。
 メクラヨコエビはほっとしました。
「さあ、着きましたよ。今日から、ここがお前の住処です」
 メクラヨコエビは、無理に元気な声を出して言いました。
 子えびはすっかり疲れ切ったものか、母えびにしがみついたまま、かすかな寝息を立てていました。
「無事に暮らしておくれよ。その内きっと、間違った掟を改めて迎えに来ますからね。それまでの辛抱です」
 母えびはそう言い残すと、仲間達の所へ帰っていきました。



 岩の伝う激しい水しぶきの中で、子えびはふと、目を覚ましました。周りは暗く、目に見えるものは何もありません。
 目を大きく開けば開くほど、恐ろしいほどの暗闇が、ぐいぐい子えびに襲い掛かってきました。
「お母さん!」
 子えびは思わず大声で叫びました。
 でも、答えはどこからも返ってきません。激しい落ち水の音だけが、ますます激しく子えびを包みました。



 メクラヨコエビは流れに身体を任せて泳ぎながら、胸が苦しくてなりませんでした。
 誰も住まない寂しい所で、子えびはこれからどうして暮らしていくでしょう。
 食べ物の事、巣作りの事、心配な事がいっぱいです。それに、子えびにはその後きっと迎えに来ると言ったけれど、掟はそんなに容易く改める事が出来るものではありません。たとえ改める事が出来たとしても、それまで子えびは生きていることが出来るでしょうか。
(でも、ひょっとしたら)
 と、メクラヨコエビは思いました。
 子えびを捨てた所に、光の世界に通じる岩穴があるという噂がありました。
 もしうまく岩穴を見つけて、光の世界に出ることが出来れば、立派に暮らしを立てることが出来るはずです。
 メクラヨコエビは、祈るような気持ちで言いました。
(どうか、噂が本当でありますように。可愛い子えびが、光の世界にたどり着くことが出来ますように)



 子えびは目を泣きはらして、岩陰に横たわっていました。
 泣いても叫んでも、答えるものは何もありません。
 その時です。
 子えびの目の中に、ふと、優しい母えびの姿が浮かびました。光に包まれて、はっとするほど美しい姿です。
 母えびの後ろに、不思議な光の景色が広がっていました。
 それは明るい緑の木々に包まれた、泉の景色でした。泉は青く澄み切って、水底の白砂が、きらきら光って見えました。
 水の面には、目のある子えび達が、楽しそうに泳ぎ戯れていました。
 子えびは「アッ」と小声で叫んで、息をのみました。それは子えびが、まだ一度も見た事のない景色でした。


Mekurayokoebi-2.JPG


 と、光の景色は急に消えて、後には深い暗闇が、前と同じように広がっていました。
 岩を伝う落ち水のしぶきが、強くなったり弱くなったりしました。水は足元から湧き上がるように流れ出していました。
(今、見た景色は何だろう。ひょっとしたら、あれと同じ景色がこの近くにあるのではないかしら)
 子えびは思いました。



 冷や冷やと、落ち水のしぶきが子えびの顔を打っていました。
 子えびは、ふと上を見ました。
 落ち水の中に、何かしら、光のにおいがしたように思ったのです。子えびは少しずつ、少しずつ、岩を這い上っていきました。
 岩の裂け目に沿って登って行くと、裂け目は次第に広くなって、落ち水のしぶきも激しくなりました。
(そうだ。この上に、きっと光の景色があるのだ。そうでなければ、あんな景色を見るはずが無い)
 子えびは岩の裂け目に潜るようにして、足を進めました。
 と、急に後ろの足が軽くなりました。
 落ち水は、ゴーゴーとうなりをあげて、岩壁を走っていきました。
 岩壁は狭くなったり細くなったり、刀の刃先のように尖ったりして、上に続いていました。
 子えびは体をかがめ、へばりつくようにして足を進めました。足がまた一本、軽くなりました。
 足の付け根が少し熱く感じられましたが、それっきり、何も感じませんでした。
 尾びれで探ってみると、さっきまで身体を支えていた足が、岩に挟まれてぶるぶる震えていました。
 上っているのか、下りているのか、区別がつきません。周りは相変わらず暗闇が続いています。
 けれど、子えびの目の奥には、はっきりと明るい光の景色が映っていました。

 水音は子えびを飲み込むと、ぐんぐん上に登っていきました。



 深い森に囲まれて、静かな泉がありました。
 泉の底からは、綺麗な清水がふくふくと湧き上がっていました。
 清水に乗って、子えびがすっと水の面に浮かび上がりました。
 目のあるメクラヨコエビでした。
 メクラヨコエビは、あまりの眩しさのため、気を失いそうになるのをこらえながら叫びました。
「お母さん、光の世界に着きました」


Mekurayokoebi-3.JPG




~おしまい~


 こんにちは、アカサカです。


 実は、LG版ダイナザウラーを手に入れたらやってみたい事があったので、今回、制作してみました。

 では、スタート!


2019-10-17-1.JPG


ユニクロンの野望を阻止する手段はあるのか!?


2019-10-17-2.JPG


ここは、ダイナザウラーの内部!


2019-10-17-3.JPG


ラナバウト「忍び込んだはいいが何とかユニクロンの奴を止めないとお先真っ暗だぜ!」


2019-10-17-4.JPG


ラナマック「けどあの化物相手に、歯向かえると思うのか!?」


2019-10-17-5.JPG


スラスト「いいもんがあるぜ。こうしてやるってのはどうだ!」


2019-10-17-6.JPG


スラスト「ええいっ!」


ドガッ!


2019-10-17-7.JPG


ユニクロン「よーし、余の復活は間近。セイバートロンとの接続を始めよ」


2019-10-17-8.JPG


スタスク「だ、駄目だ! 手足のコントロールが出来ねえ!」


2019-10-17-9.JPG


ラナバウト「成功だ!」


ダージ「やったぜやったぜ!」


ラナマック「ざまあ見ろって!」


スラスト「ひゃーっはっは、甦るのは永久にお預けってわけだ!」


2019-10-17-10.JPG


ところがである!


2019-10-17-11.JPG


スタスク「ユニクロン、あんたをセイバートロンと接続するには、生身のボディがいる! 今すぐ作ってくれ!」


2019-10-17-12.JPG


ユニクロン「やむを得んな」


2019-10-17-13.JPG


ビ――ッ!


2019-10-17-14.JPG


見よ! スタースクリームの復活だ!


2019-10-17-15.JPG


スタスク「どぉだあ! やっとオレ様は生き返ったぞぉ!」


2019-10-17-16.JPG


ユニクロン「さあ、接続にかかれ」


 いかがだったでしょうか?


 さすがに背景までは再現できませんでしたが、『トランスフォーマー2010』第16話『スタースクリーム復活』終盤のシーンです。

 一応、ユニクロンはマイ伝版リデコのG1版を持ってはいるのですが、サイズとボロボロ感があるガイアユニクロン(のビークルモード)が雰囲気的にも合うかなぁ、と思いまして。(^ ^;)


 ラナマックとラナバウトは『TFアドベンチャー』の商品ですが、元々G1リメイクラインのCWアイテム(のリカラー)なので、別に違和感は無いかなと。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

blog_import_5d6784fd7bcb7.jpeg


 ども、今晩は、アカサカです。

 タイトルなんですが、今日、出かけてる最中にジオウ版ディケイドのアーツの発送通知が来ました。次は一週間後しか戻って来れないんですが……。


 まぁ、一週間後なら一昨日のアナザーウォッチセットと合わせて振込用紙が届いてるでしょうし、まとめて振込するか……。


 さて、昨日は天神に行ってきたので、今日は地元で過ごしました。


 ……とは言え、完全に目が覚めたのがお昼の12時……

 その後チョコチョコ撮影をして、出かけました。


2019-10-16-1.JPG


 お昼はショッパーズモールマリナタウンの……


2019-10-16-2.JPG


 久々に『牧のうどん』にしました。

 実はこの時点で、2時は回ってたんですけどね(爆)。


2019-10-16-3.JPG


 お久しぶりの、肉うどんとかしわご飯。

 もちろん固麺ですよ


 その後はヤマダ電機→TSUTAYA→木の葉モール→MEGAドンキ→サニーのコースだったんですが……


2019-10-16-4.JPG


 ユニードな原ダイエーだった元SATYのイオン原店跡は、取り壊しもだいぶ進んでました


2019-10-16-5.JPG


 もはや西側の壁と退店用の螺旋道路が残ってるのみに……


2019-10-16-6.JPG


 さて、ヤマダ電機ではPOPのウーマンサイバトロンを買おうかちょっと悩んだのですが、昨日ダイナザウラーも買った事ですし、やめておきました。

 んで、喉が渇いたので缶ジュースを買ったんですけど、飲んでる最中に気管支の方に入りまして、思いっきりむせました


 TSUTAYAではフィギュア王を探すついでにコミックスのコーナーをぶらっと歩いたのですが、『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』の3巻がようやく発売されてました……と思ったら、7月に発売されてて、しかも(福岡・佐賀限定で)ドラマ化されてたのね……。


2019-10-16-7.JPG


 さて、木の葉モールです。


2019-10-16-8.JPG


 ここでは、入居してるホビーゾーンでぷちサンプルの『えんぴつカフェ』を買いました。

 発売してしばらくになりますが、買ったのは初めてです。


 んで、MEGAドンキではゲーム機(任天堂製じゃない、ファミコンが遊べるやつ)でスーマリ3がセットされてるので、1面をクリア(白いキノピオの家も出した)してから、夕飯を買って出てきました。


 最後に、例の「やたらと他に比べて投げ売りになるのが早い」サニーに寄りました。

 昨日、近所のサニーで2割引きのミルニードルを買ったので、タイガランスでも無いかなぁ、と思ってたのですが……


2019-10-16-9.JPG


 キシリュウジンが1個150円になってたので、一気にコンプしてきました。

 ちなみにキシリュウネプチューンは②と③がいくつかあるだけでした


2019-10-16-10.JPG


アカサカ「てなわけで、さっそくサクッと組んでみたぞ」


バジりん「両肩にコブラがついてるんですよねぇ……」


2019-10-16-11.JPG


 リデコ元のキシリュウオーと。

 映画ではリュウソウジャー達に強奪された上に隕石共々消滅と、なんだろうなぁ……な役回りでしたが……。

 一番の見せ場は、冒頭でタンクジョウとガチレウス相手に無双するところでしょうか。


2019-10-16-12.JPG


アカサカ「あと、夕食の後にもっかい木の葉モールに行って、ホビーゾーンで食玩のプログライズキー買ってきたぞ。本当は次弾のゼツメライズキーが出るまで待とうかとも思ってたんだが……」


バジりん「まぁ。マスターとしては、初の『ゼロワン』の玩具なんですよね?」


アカサカ「ああ。実はゼツメライザーも注文しようかなって思ってるけど……」


2019-10-16-13.JPG


アカサカ「ちなみに内部のシールは自分で貼るようになってる」


バジりん「これはこれで、内部が見えて面白いですねぇ」


2019-10-16-14.JPG


アカサカ「そんで、DX版だと音声はこっちのスイッチで鳴る(店頭の試用品をいじった事がある)んだが、食玩版はダミーで押せない」


2019-10-16-15.JPG


アカサカ「音声が鳴るのはこっちのスイッチだ。食玩版のお約束で、ロックシードやライドウォッチみたく、スイッチが一つになってる。音声もやっぱり内蔵されてるのが順番になる仕様だぞ。ライドウォッチと違って、長押しでベルトと連動する音声モードになる、なんて機能は無い」


2019-10-16-16.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

GearElec.JPG


ギアエレキ!


GearAtom.JPG


ギアアトム! ファンキーマッチ!

アカサカ「潤動」

フィーバー!


Jundo.JPG


ビュィィィン、バリリ! ビュイバリリ! ビュゥゥゥン、バチバチ!
ピシャーン! チャキーン!

パーフェクト!


blog_import_5d6783e3c92ef.jpeg


 どうも、アカサカです。

 FC2に移ってから、初の潤動シーンをやってみました(笑)。


 さて、今日はお給料日なので、ちょっと天神に買い物に行きました。


2019-10-15-1.JPG


 お昼は近所のすき家で、復刻版アスパラチーズドリ牛の豚汁サラダセットです


2019-10-15-2.JPG


 メインのアスパラチーズドリ牛。

 もはや「どこが牛丼……?」って感じではありますが(苦笑)。


2019-10-15-3.JPG


 豚汁には毎度お決まりで、七味をたっぷりと入れます。


2019-10-15-4.JPG


 ドリ牛にもタバスコをちょいと。


2019-10-15-5.JPG


 ご馳走様でした。

 この後、いつも通り地下鉄七隈線で天神に向かいます。


2019-10-15-6.JPG


バジりん「それでマスター、お買い物とは……?」


アキバ「もしかして、エグゼイドのマキシマムゲーマーでも買ってきたの?」


アカサカ「それはミスリード用のタイトルで……今日、買ってきたのは……」


2019-10-15-7.JPG


アカサカ「これだぁ! トランスフォーマーレジェンズより、ダイナザウラーだ!」


バジりんアキバ「でかっ!


2019-10-15-8.JPG


 先日まんだらけで見つけまして、「開封済・箱に若干ダメージあり」で元値の約3分の1程度の値段になっていたので、今月の給料が入ったら買いたいな、と思っていました。


 画像は袋に入ってる状態。

 お店でも最大のサイズの袋だそうで、店員さん曰く「今日、(この袋が)出たのはこれが初めてです」との事。でしょうね……


2019-10-15-9.JPG


 因みに内箱状態はコチラ。

 ダイナザウラー本体は、一度開封して取り出した形跡はありますが……


2019-10-15-10.JPG


 フルチルトやカタパルト、銃なんかは未使用のようでした。

 これでお値段3分の1はかなりお得です


2019-10-15-11.JPG


アカサカ「という訳で、大きさ比較のため、オレ達と一緒に写してみたぞ」


アキバ「わー、でっか~い……」


バジりん「本当に大きいですねぇ……」


2019-10-15-12.JPG


 タイムマジーンもダイナザウラーの前では、大人と子供ほどのサイズ差があります。(^ ^;)


2019-10-15-13.JPG


 メトロフレックスは持っていないので、TR版のフォートレスと。

 全高はフォートレスに譲りますが、その分、ダイナザウラーの方がボリューミーです。


 因みに『TFジェネレーション』の開発者インタビューによると、ジェネ版(LG版)メトロフレックス、TR(LG)版フォートレスマキシマス、TR(LG)版ダイナザウラーは、パーツ数が同じなんだそうな。


 変形の方は大型商品だからか、フォートレスと同じくかなりシンプル(それでもフォートレスよりは複雑)ですが、遊びごたえはバッチリです


2019-10-15-14.JPG


アカサカ「続いては基地モードだ」


バジりん「横幅がすごいですねぇ……」


アキバ「真ん中のカタパルト、滑り台みたいだね(笑)。どろ~ん♪」


2019-10-15-.15JPG


 せっかくなので、とある目的で持ってきてたラナマック(白)、ラナバウト(黒)と。

 劇中でダイナザウラーの警備任務にあたってましたし。


2019-10-15-16.JPG


アカサカ「でもって、今度はビークルモードだ」


バジりん「移動形態だからか、他の形態に比べるとコンパクトな感じですね」


2019-10-15-17.JPG


アキバ「よ~し、全速で飛ばせ~い! GoGo!」


アカサカ(そう言えばスカージもそんな事言ってたなぁ……)


2019-10-15-18.JPG


 おまけで、説明書コミックに登場したモンスターモード。

 ……コレ絶対元ネタ『シン・ゴジラ』だろ。海から出てきたし。


 と、今、見返したら背中のミサイル砲は後ろに向けておくのが正解でした


2019-10-15-19.JPG


アカサカ「さて、胸部についてるフルチルトは、G1版と同じく変形可能だ。サイズはアップして、通常サイズくらいになってるぞ」


バジりん「何となく、色遣いに親しみを覚えます……


2019-10-15-20.JPG


 手近にいたTF達とサイズ比較。

 ソニックボンバー以上、セレブロス以下といったくらいです。


2019-10-15-21.JPG


 ちなみにシールが付属してますが、アニメを見返しながら、再現されてる部分だけ貼っておこうと思ってます。

 ぶっちゃけ全部貼るのは面どry


2019-10-15-22.JPG


 ところで何故か、デストロンのマーク、実写版仕様になってました。

 何故に……?


2019-10-15-23.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

blog_import_5d6781a45a98d.jpeg


 今晩は、アカサカです。

 明日から二連休なので、今日は実家に帰ってきました。


 実家に着いた後、晩酌用のお酒とおつまみを買いに、例のMEGAドンキに行ってきました。


2019-10-14-1.JPG


 マシュマロの乗った『ポップスイーツピザ』なんてのもあったのですが……


2019-10-14-2.JPG


 結局、いつもの餃子にしちゃいました。(^ ^;)


2019-10-14-3.JPG


 それから、この間、発送通知が出てた『アナザーウォッチセット3』も届いてました。

 今回は後払いにしてたアイテムが多いので、ちゃんと残高計算しないと……


2019-10-14-4.JPG


 さて、タイムマジーンはライドウォッチが装着できるので、こんな真似も出来ます。

 これも進行中の企画の一環だったり……。(^ ^;)


blog_import_5d67817dd10f7.jpeg


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

2019.10.13 涙の雑学

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 記事の方は『情報雑誌コーナー』でいきたいと思います。


 では、本文スタート!


Namida.JPG


ハッピー「うわぁぁぁぁぁん!」


アカサカ「どうしたハッピー、そんな大泣きして。悲しい涙はしょっぱいぞ?」


ハッピー「え、そうなの?」


アカサカ「ああ。涙がしょっぱい理由はナトリウムが含まれてるからだが、その量は、自律神経、つまり交感神経と副交感神経の働きで変化する。つまり怒りや悲しみの涙が流れる時は交感神経が優位になってるんだが、そうなると腎臓がナトリウムの排出を抑えるから体液のナトリウム濃度が増加して、涙はしょっぱくなる


ハッピー「へぇ~……」


アカサカ「うれし涙が流れる時は、反対に副交感神経が優位になるから、この時は腎臓のナトリウム排出機能は正常に働いて、体液のナトリウム濃度は増えない。よって、しょっぱさは控えめになるって訳なんだ」


ハッピー「そうなんだ~……」


アカサカ「ところで、なんで泣いてたんだ?」


ハッピー「それが……遅くまで絵本読んでたら、次の日のテストで居眠りしちゃって追試になっちゃったの……」


アカサカ「あー、そりゃフォロー出来ねえわ。ドンマイ」


ハッピー「びぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!」

 こんにちは。アカサカです。

 台風で避難指示が出てる地域ありますが……山さん倉麻さんのとこ、大丈夫かなぁ……


 あと、今日もアメブロの方に『幻想生物百科』のネタを投稿してきました。

 今日は、とある悪魔を扱ってます。


 さて、こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、シックスショットを紹介するぞ!」


LG-Sixshot2.JPG


サンクラ「シックスショットは、デストロンの忍者参謀だ。ガルバトロン様にダイノベースの指揮官として呼び寄せられたぞ。一人称は『拙者』で、口調も時代がかった侍口調だ。かつてはエネルギーギャングで、クロームドームの親友、アベルの命を奪ったこともあるぞ。ガルバトロン様が行方不明になった後はメガザラックに仕えたが、その直言をはばからない性格が次第に疎まれ、暗殺されそうになった事を機に、軍団から離反したぜ」


LG-Sixshot3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はTR版からリデコされてる。アニメじゃ、終盤でダニエルと友情を育んだものの、あくまでアウトロー的なデストロンだったが、コミック版ではテックスペックの『任務には忠実だが、子供や動物を愛する』って設定を掘り下げたストーリーもあったぞ」


LG-Sixshot4.JPG


サンクラ「TR版と同じく、頭部はメット仕様だ。ヘッドマスターも、額に第三の眼があるようなデザインになってるぞ」


LG-Sixshot5.JPG


サンクラ「背中側。ボディそのものには、カラーリング以外は特に変更点はねえ」


LG-Sixshot6.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは完全新規だ。御覧の通り、シックスショット本人をそのまま縮めたようなデザインだぞ」


LG-Sixshot7.JPG


サンクラ「TR版のタイタンマスターである、リボルバーと。リボルバーは、劇中でこいつが殺した(も同然な)クロームドームのもう一人の親友、ジャックの外見になってるが……」


LG-Sixshot8.JPG


サンクラ「武器は二挺のレーザーガンだ」


LG-Sixshot9.JPG


サンクラ「今までのヘッドマスターと同じく、武器は合体させてヘッドマスター用のビークルになるぞ」


LG-Sixshot10.JPG


サンクラ「TR版との比較だ。緑部分は青みがかった色になったほか、脚部の紫部分の面積も増えてる。TR版で貼られてたシールは削除されてるぞ」


LG-Sixshot11.JPG


サンクラ「特に上半身に違いが目立つな」


LG-Sixshot12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Sixshot13.JPG


サンクラ「まずはバトルタンクモード。説明書付属のコミックじゃ、ウルトラマグナスに先制攻撃をかけたぞ」


LG-Sixshot14.JPG


サンクラ「ジェットモード。マグナスの反撃を避けて、すかさずこのモードにチェンジした」


LG-Sixshot15.JPG


サンクラ「バトルカーモード。カーキャリーモードのウルトラマグナスと正面から激突して、ヤツを倒したぞ」


LG-Sixshot16.JPG


サンクラ「オオカミモード。狼の頭部にヘッドマスターが合体して完成するのはTR版と同じだ」


LG-Sixshot17.JPG


サンクラ「サブマリンモード。コミックでは、ダニエルが搭乗して衛星刑務所のマグマの中に待機していたぞ」


LG-Sixshot18.JPG


サンクラ「サブマリンモードをひっくり返せばレーザーガンになるのもTR版と同じだ。アイキャッチでおなじみの形態だな」


LG-Sixshot19.JPG


サンクラ「そして、ウイングウルフモード。ウルトラマグナスを葬った第7の形態だ。今回は、付属コミックに近い組み方をしてみたぞ」


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「レジェンズ版シックスショットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 昨日、アメブロの方に幻想生物百科の第2回を投稿してきました。

 記事中でナツミも突っ込んでますが、「……生物?」な記事です(苦笑)。


 こちらの記事は、移転後初の『文庫本コーナー』です。

 では、本文スタート!


ブエモン村長のかげぼうず


Buemon-1.JPG



 満月の夜が来ると、熊のブエモン村長は「やれやれ」と思う。その夜、丘の上でみんなと一緒にするはずのお月見が、ブエモン村長には苦手であった。ブエモン村長のいかめしく大きな体が、いよいよずしりと重みを増したせいで、座っていると、ひどく足がしびれるからだ。
 その晩も、しびれた足をこっそりもごもごさせながら、それでも見た目には、礼儀正しくしていたが、早く帰って一人でゆっくりハチミツを舐めたいものだと思い続けていた。
 その時、ブエモン村長のかげぼうずが、不意ににゅうと腕を伸ばして大あくびをしたのだ。
 村長は無論そんな事などしはしない。かげぼうずだけが、勝手に腕を伸ばし、おまけにグルグル振り回したりした。
「あれ? あれ? あれ?」
 みんなの呆れた様子に、ブエモン村長も気が付いて、さすがに驚いたようだったが、いかめしい態度は少しも崩さず、
「いや、これは失礼。かげぼうずめが気ままをやりおったようですな」
 そして、“きっ”とばかりにその影をにらみつけると、地面の上の黒々とした影は、しばらくもじもじしていたが、やがて元通り、ブエモン村長そのままの形に返った。
「エヘン、お静かに」
 と、村長は言った。その晩はそれで済んだが、かげぼうずは勝手をすることに味を占めたらしく、それ以来、しばしば気ままに動くようになり、村長がいかめしく道を歩いていると、かげぼうずはお菓子屋をのぞき込み、ハチミツ入りの菓子ツボへ手を伸ばしたりした。
 村長は閉口したが、しかし、この少し行儀の悪いかげぼうずは、村のウサギやタヌキたちには、案外人気があった。いかめしいブエモン村長の前では、つい縮み上がってしまうが、このかげぼうずはなかなか愛嬌があるというのが、みんなの意見であった。しかし、かげぼうずの勝手気ままなやり方は、いつか他の影たちにもうつり始めた。最初にうつったのはウサギのブンタで、ブンタの左耳はどういう訳か真ん中からくたっと折れ曲がっており、その事で終始みんなにからかわれていた。その耳の影が、ある夜、ピンとまっすぐに伸びたのだ。
「見てよ、僕の影を」
 ブンタはさっそくみんなの所へ、知らせにやって来た。月夜の道に、ピンと両耳を伸ばしたブンタの影が、くっきりと映っていた。


Buemon-2.JPG



 その話が知れ渡ると、他の者たちも、ついこう言わずにはいられなかった。
「オレ達のかげぼうずだって、たまには勝手に動いてみてはどうなんだい」
 そう言ったせいなのか、それとも“はしか”のように誰彼構わずうつっていったのかは分からないが、かげぼうず達は次々と本人とは違った動きをするようになっていった。
「僕のかげぼうずったら、僕が仕事をしている時、勝手に腹づつみを打つんだよ」
 タヌキがそう言うと、
「いやあ、オレのかげぼうずときたら、オレが寝そべっていても、アヒルの卵を取ろうと夢中なのさ」
 キツネはウキウキした調子で言った。


Buemon-3.JPG


 そういう村の様子を、ブエモン村長は苦々しいものに思ったが、元はと言えば自分から始まったことなので、文句を言う訳にもいかなかった。そこでみんなは、いよいよかげぼうずに好き勝手をさせた。
 しかし、だんだん困ることも出来てきた。例えばブエモン村長が、役場の職員を集めてお説教をしている最中に、かげぼうずは踊り始めたのだ。みんなはついクスクス笑い、
「困る、全く困る!」
 と村長はドシドシ机をぶった。しかも次はもっと悪かった。村長は役場の応接間でキツネの議員さんと話をしていたが、キツネの長っちりは有名で、気取った手つきでタバコを吸いながら帰りそうも無かったので、村長はイライラしていた。その時、村長のかげぼうずが、にゅうと腕を伸ばしたと思ったら、キツネの影の首筋をつまみ上げ、お尻をピシッとぶったのだ。
「あ、これは失礼」
 村長は言った。
「何分、影のすることだから気になさるな。あなたが痛いわけではなし……」
「いや、一向に構いませんとも」
 キツネはすましてそう言った。ところが今度はキツネの影が、ブエモン村長の影を蹴飛ばした。
「あ、これはどうも……」
「いやいや、たかがかげぼうずの事じゃ」
 ブエモン村長もそう言った。しかし何故かプイと横を向き、キツネも不機嫌な顔で帰っていった。


Buemon-4.JPG


 それは村長とキツネの間の事だけではなく、かげぼうずの喧嘩から本人たちの喧嘩になり、長い間の友達がいがみ合ったり、あるいは疑い合うようなことが村のあちこちで起こり始めた。
 みんなは、勝手気ままに動くかげぼうずを段々持て余し、しまいには、自分のかげぼうずを恐れるようにさえなった。



Buemon-5.JPG


「全く、嘆かわしい」
 と、ブエモン村長は首を振った。ひっぺがす事が出来るなら、自分の影をひっぺがしたいところである。役場でブエモン村長を囲んで、相談が始まった。
「つまり、影を作らないようにすることだ」
「賛成」
「それにはどうすればいいか」
「昼間も窓を閉めて、家の中に閉じこもること」
「夜も電灯をつけず、月夜は外へ出ないこと」
 それでは牢屋に閉じ込められたも同じである。爽やかな風にも吹かれず、美しい花も見ないで、生きているとは言えないではないか。
 そんなことは出来っこないと、みんなは首を振った。
 ブエモン村長にとっては、全く頭の痛い事であった。


Buemon-6.JPG


「あのう、村長さん」
 ウサギのブンタがおずおずとやって来た。
「なんだね。君もかげぼうずにすいてかね」
「そうなんです」
 この頃は、毎日のようにかげぼうずについての具場が持ち込まれてくる。
「僕の耳を見て下さいよ」
 ブンタの耳が、両方ともぐたっと二つに折れ曲がっている。
「おや、曲がっていたのは片方だけではなかったかね」
「そうだったんですよ。ところが、かげぼうずの奴ったら……」
 はじめブンタの影はピンと両耳を伸ばして喜ばせてくれた。耳の影は誰のより長く、それは自慢の種であったが、いつとはなく意地悪になってきて、やがて両方の耳をぐたっと折れ曲がらせて、嫌がらせを始めた。そんなかげぼうずを見ないようにしていたのだが、今朝、本物の耳がかげぼうずと同じように、両方ともくたっと折れ曲がってしまったのだという。
「うーん、かげぼうずめ、ついにそこまでやりおったか」
 ブエモン村長は唸った。
「早くどうにかして下さいよ」
 ブンタはしょげて帰っていき、その後へタヌキがやって来た。
「村長さん、全くどうも」
 タヌキは途方に暮れている。末っ子のかげぼうずがイタズラなのは知っていたが、今朝がたから、本人がかげぼうずの動くままにイタズラを始め、棒を振り回して手当たり次第に物を壊し始めたのだという。影のイタズラでは物は壊れないが、本人がやり始めたのではそうはいかない。
「一体、どうしたもんでしょう」


Buemon-7.JPG


 このままにしていては、村中、とんでもないことになってしまうぞと、ブエモン村長は思った。
「何とかせにゃならん」
 村長は腕を組んで考え込んだ。その後ろで、かげぼうずは伸びたり縮んだりしながら、面白そうに村長をうかがっている。



 ブエモン村長は考えた。まず初めに、村長の影が何故ああなったかと言えば、そう……形と心が別々。
「それが、油断大敵だったな」
 心と言葉も別々。
「それが、影をつけ上がらせたんだな」
 今ではかげぼうずは、睨みつけても怒鳴っても知らん顔で、あかんべえをするくらいだ。
「とにかく、あいつの首根っこをがっしと押さえつけて、昔通りに俺のするままに動くようにしなくちゃならん。本人あっての影だからな。俺の影がそうなれば、他の者たちの影も、自然と元通りになるだろう」
 早くそうしないと、村は大変なことになるとブエモン村長は頭を絞った。
「かげぼうずが、俺と同じことを夢中でしたくなるような、そんな事を俺はしなきゃならんのだ」
 ブエモン村長のかげぼうずは、どうやら陽気な事が好きらしい。
「よし、勇気を出してやってみよう」
 いい具合に今夜は満月だ。丘の上で月見をしようと誘いを受けて、村中が集まってきた。
 やがて金色の大きな月が上ったが、みんなはあまり元気そうではなく、かげぼうずばかりが生き生きとのさばっていた。その時、いかめしくすわっていたブエモン村長が、ふいに立ち上がったと思ったら、
「やんれ、やれやれ ほうい ほい」
 いきなり声を張り上げて歌い出した。みんなは呆気にとられた。いつも威厳に満ちて座っているのがブエモン村長であった。村長が歌を歌う事など、考えてみた事も無かった。しかも村長は、手を振り足を振り上げて踊り出したではないか。


 月の夜には
 谷間の百合が
 子首傾げる


 みんなはしばらくぼんやりしていたが、それでもこれは愉快だと、手を打って歌いはやした。
 踊りながら、歌いながら、ブエモン村長は次第に楽しく、夢中になっていった。そんな村長にかげぼうずは呆れて、のろのろついて回っていたが、やがてついつい誘われて真似をし、そしていつの間にか村長とその影はピタッと同じになった。
「見ろ、見ろ。ブエモン村長は、自分の影を自分のものにしたぞ」
 誰かが叫んだ。
「ようし、オレも一つ踊ることにしよう」
 キツネが飛び出して来た。
「ぼくも」
「わたしも」
 みんなは踊り出した。明るい月の光の下で、誰もかれも夢中になって踊り出した。
 そして、たくさんのかげぼうずもまた、それに合わせて踊った。
 月は静かにそれを眺めていた。


Buemon-8.JPG




~おしまい~

2019-9-23-1.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日はお休みだったんですが、節約のため、中津で過ごしました。


20190-10-10-1.JPG


 BOOKOFFで立ち読みをした後、お昼は久々に行きたくなったので、『博多金龍』です。


20190-10-10-2.JPG


 最初はやみつきラーメン+半チャーハンにしようかと思ったのですが、とんこつラーメンとのセットが安かったので、そっちにしました。


20190-10-10-3.JPG


 麺は『バリかた』の細麺です。


20190-10-10-4.JPG


 セルフサービスの高菜漬けとニンニクもとってきました。

 やはりとんこつラーメンにはこれが合います。


20190-10-10-5.JPG


 早速投入。

 この後、白胡椒もちょっとばかり入れました。


20190-10-10-6.JPG


 半チャーハン。

 これとラーメンだけでも、割とガッツリ行けます(笑)。


20190-10-10-8.JPG


 あとは記事用の画像の撮影などをやってました。

 夕食はいつもの『かつや』のカツ丼とポテトコロッケです。


20190-10-10-9.JPG


 と、それだけなのも何なので、ちょっと小ネタを。


 実は今、ちょっと大きな企画を水面下で進行してまして(ぶっちゃけ実現がいつになるか分かったもんじゃないレベルではありますが)。

 その中でブロ友さんにも何人か出てもらおうと思ってるんですが、その方はご自身のアバターをブログに登場させている、というスタンスではないので、当方でイメージに合うかなぁと作ってみました。

 企画が本格化した際に、実際に直接相談などもしたいとは思ってますが……。


 因みに無機物側のハーフボディは、本当はフェニックスロボがBCR化されてたらロボットハーフボディを使いたかった所ではあったんですけども……。

 ゴリラハーフボディを忍者ハーフボディにビルドアップ、なんてのも考えてます(誰を登場させようとしてるのかバレバレ)。


20190-10-10-10.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

LG-Gong1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ゴングを紹介するぞ!」


LG-Gong2.JPG


サンクラ「ゴングは、サイバトロン・ミニボットの攻撃員だ。地球はこいつにとって過酷な環境だが、むしろそれを好んでるぞ。『怪力ゴング』を自称する最も力の強いサイバトロンの一人で、ミニボットながら、小さな建物ならパンチの一発で倒壊させちまう。武骨で親分肌、時に頑固でもある。海外名の“ブローン”は『筋肉、筋力、腕力』って意味だ」


LG-Gong3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はアニメにそっくりな造形だ。『ザ・ムービー』冒頭で、スタースクリームが発砲したガンモードのメガトロン様の銃撃を受けて、作中初の戦死者になったぞ」


LG-Gong4.JPG


サンクラ「背中側。ボディ前面と違って、グリーン一色でまとめられてるな。砲火への高い耐性を誇るが、単純な回路だから電磁波などの攻撃に対して無防備だ」


LG-Gong5.JPG


サンクラ「G1版やアニメ版じゃ素手だったが、LG版には車両後部が変形した盾が付属してるぞ」


LG-Gong6.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は、『ミクロマン』のミクロロボットCAR・ジープの流用だ。LG版は、ミクロマン時代に近いカラーリングだぞ。顔はともかく、頭部や胸部のデザインはG1版の流れを汲んでる事がわかるな」


LG-Gong7.JPG


サンクラ「今度は『変形!ヘンケイ!』版と。造形はだいぶ近くなったが、なぜかヘケヘケ版は顔が黒く塗られてる」


LG-Gong8.JPG


サンクラ「さらに、ゴングはこのバージョンの前に、ヘッドマスター仕様のものが発売されてる(画像は海外のTR版だ)。LG版の説明書コミックじゃ、このゴングは『ヘッドマスターのゴングが購入した中型ボディの着ぐるみ』っていう設定になったぞ」


LG-Gong9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター版ゴングのヘッドモードと。どっちもアニメ設定が元になってるから、造形はそっくりだ」


LG-Gong10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Gong11.JPG


サンクラ「ビークルモードはジープだ。アニメでは、バンパー部分からドリルを出して地中を掘り進んだこともあるぞ」


LG-Gong12.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。LG版は、より現代的なアレンジがされてるぞ」


LG-Gong13.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。G1版に比べると発売された年代が近いから、デザインも近い感じだな」


LG-Gong14.JPG


サンクラ「さて、このLG版ゴングには、ヘッドマスター仕様のリパッグが付属してる。ファイヤーボットの一員だが、詳しくはまた、こいつの記事で紹介するぞ」


LG-Gong15.JPG


サンクラ「リパッグはヘッドモードに変形可能だ。デザインはアニメ版のこいつのロボットモードのものになってるぞ」


LG-Gong16.JPG


サンクラ「さらにゴングのビークルモードには、リパッグや他のヘッドマスターを乗車させることが出来るぞ」


LG-Gong1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ゴングの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Toucon1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゴースト 闘魂ブースト魂』を紹介するぞ」


Toucon2.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂は、ゴーストドライバーに闘魂ブーストゴースト眼魂を装填し、赤と黒の闘魂ブーストゴーストを纏った、仮面ライダーゴーストの強化形態だ。体内に秘めた熱エネルギーをパンチやキック、武器にまとっての強力な攻撃を繰り出す。さらに、闘魂ブースト魂の状態からゴーストチェンジを行うことにより、トランジェントが闘魂ブースト魂のまま、各種スペックが通常時よりも強化された派生形態へと変身することができるぞ。変身音声は『俺がブースト!奮い立つゴースト!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!』だ


Toucon3.JPG


ディケイド「バストアップ。顔全体が複眼状になっている点はオレ魂と変わらないが、ヴァリアスバイザーに浮かぶ黒い模様はをかたどってるぞ。襟の先端にも炎のようなパーツが付き、さらに額の一本角『フレイムウィスプホーン』も火炎の意匠になってる


Toucon4.JPG


ディケイド「背中側。こっちは前面とは対照的に、オレ魂との相違はそこまで無いな」


Toucon5.JPG


ディケイド「胸部。オレ魂やスペクターと違って、目の意匠は立体的な造形になってる。ゴーストドライバーに闘魂ブースト眼魂の絵柄が描かれてるのはこれまでと同じだぞ」


Toucon6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首は、スペクターからさらに増えた5種類だ。他に武器のサングラスラッシャーと交換用のフードパーツ、オレゴースト眼魂、ムサシゴースト眼魂が付属してるぞ」


Toucon7.JPG


ディケイド「これまで通り、フードをかぶった状態も再現可能だ」


Toucon8.JPG


ディケイド「交換用手首は、こんな具合に陰陽師のようなポーズや……」


Toucon9.JPG


ディケイド「印を組んだポーズを再現可能だぞ」


Toucon10.JPG


ディケイド「サングラスラッシャーは、主に闘魂ブースト魂が使用する武器だ。こっちは炎のエネルギー弾を発射するブラスターモードだ


Toucon11.JPG


ディケイド「刀身の部分を交換することで、剣形態であるソードモードにも変形可能だぞ」


Toucon12.JPG


ディケイド「さらに、サングラスを模したカバー『メガシェイド』には、この小サイズながら付属の眼魂を設定通りに装填出来るぞ


Toucon1.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

blog_import_5d6784ff6e2ce.jpeg


 今晩は、アカサカです。


 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 さて、今日はちょっと色々あって時間がなくなったので、昨日アメブロの方の新コーナーに投稿したイラストでお茶を濁したいと思います(ヲイ)。


Gorgon.JPG


 こちらです。

 画像で書いてる通り『ゴルゴン』という牛の怪物で、致死性の視線、もしくは相手を石化させる高熱のガスを吐くという、同名の魔女に近い能力を持っています。


blog_import_5d6782ddee20d.jpeg


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 アメブロの方に、さっそく前回の企画の第1回を投稿してきました。

 取り敢えず、こんな感じのスタンスで進めていきたいなぁと思っています。


 こちらの記事は、『ホビー雑誌コーナー』です。


 では、本文スタート!


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ハードヘッドを紹介するぞ!」


LG-Hardhead2.JPG


サンクラ「ハードヘッドは、サイバトロンヘッドマスターズの地上攻略員だ。体力が有り余ってるからか、血気盛んなクロームドームと行動を共にすることが多いが、本来は自然を愛する性格だ」


LG-Hardhead3.JPG


サンクラ「バストアップ。他のメンバーと同じく、頭部はアニメ『ザ☆ヘッドマスターズ』のデザインで新規作成されてる。右肩に背負ってるのはハードキャノンだ。ちなみに趣味はカラオケっていう、当時としてはバリバリに日本臭い趣味の持ち主だぞ」


LG-Hardhead4.JPG


サンクラ「『TR』版と比較してみた。グレーのパーツがココアブラウンになってる他、TR版で黒いパーツも、一部同じ色になってる。塗装パターンやサイバトロンマークの位置も変わってるぞ」


LG-Hardhead5.JPG


サンクラ「今度はヘッドマスターの比較だ。TR版のデュロスも、海外版じゃ塗装が細かい方だったが、LG版はさらに額まで塗られてる。ちなみに、国内版での本名はロスだ」


LG-Hardhead6.JPG


サンクラ「武器はさっきも紹介した右肩のハードキャノンの他、ハードレーザーだ。重火力だが接近戦が得意で、ハンマー投げって必殺技を持ってるぞ」


LG-Hardhead7.JPG


サンクラ「パートナードローンはタンケッテだ。こう見えてもで、秘書のような性格だぞ。ハードヘッドの事を隊長って呼んで慕ってる」


LG-Hardhead8.JPG


サンクラ「タンケッテはジェット型にも変形可能だ。モノとしてはTR版スカイトレッド(フライホイール)付属のドローンのリカラーだぞ」


LG-Hardhead9.JPG


サンクラ「他にも、タンケッテは武器モードに変形可能だ


LG-Hardhead10.JPG


サンクラ「それじゃ、トランスフォーム、ダッシュ!」


LG-Hardhead11.JPG


サンクラ「ビークルモードは高速戦車だ。もちろん、コクピットにはヘッドマスターが搭乗可能だぞ」


LG-Hardhead12.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版と並べてみた。こっちのモードだと、特に大きな違いはねえな」


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ハードヘッドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

blog_import_5d6782ddee20d.jpeg


 どうも、今晩は、アカサカです。


2019-10-5-1.JPG


アキバ「どろ~ん。アカサカさん、今日もまた、お母さんをお昼に連れてってあげたんだよね?」


アカサカ「ええ、まあ。前にも行った事があるラーメン屋ですけどね」


2019-10-5-2.JPG


 てな訳で、お昼はコチラ。

 前行った時は醤油ラーメンにしましたが……。


2019-10-5-3.JPG


 今日は期間限定という『台湾ラーメン』にしてみました。

 昔、MEGAドンキがアピロスなダイエー福重だったイオン福重店だった頃に入居してた中華料理屋で食べた時は醤油ラーメンベースでしたが、一応具が『ニラ』『モヤシ』『ミンチ肉』ってところは共通してるようで。


2019-10-5-4.JPG


 大量のモヤシがインパクト抜群です

 ちなみにお袋のは鉄板炒飯のセット。


2019-10-5-5.JPG


 このように鉄板に乗せて運ばれ、客席で炒飯の周りに溶き卵を流してくれます。


2019-10-5-6.JPG


 ニラは細切れになってました。


2019-10-5-7.JPG


 ようやく麺に到達。

 太麺になってますね。


2019-10-5-8.JPG


 ここでローストガーリック登場。


2019-10-5-9.JPG


 今日もちょっと足します。


 味の方は「辛い」っつーより「塩辛かった」です

 ピッチャーの入ってたお冷のお茶を全部飲んでしまうくらい……


 この間の桝元の3辛の方が、まだスープまで飲めた感じでした。(^ ^;)


 さてさて、その後はお袋と別れて、いつもの天神コースへ。


2019-10-5-10.JPG


 広間では『秋のうまかもん総選挙』なるものをやってました。

 当選したお店は、公約通りの割引やらサービスを行ってくれるそうで。


 その後はベスト電器のらしんばんとメロンブックスに行った後、博多のヨドバシに行ってきました。


2019-10-5-11.JPG


 ……なんか、スプラングや他の先月発売メンバーが普通にあるんですけど。(-_-;)

 これならこの間、無理して買わなくても良かったかなぁ……。


 相変わらずリフレクターやブラントは無かったですけどね。


2019-10-5-12.JPG


 ガンプラコーナーではユーザーの投稿品が展示されていました。

「すげぇサイケな色遣いだなぁ……」と思ったのですが、製作者の方の解説コメントに「写真を撮ってネガ反転してみて下さい」とあったので、「もしや……」と思いつつやってみると……。


2019-10-5-13.JPG


 ぬわんと、通常のカラーになりました しかもラインや背景などもきっちりと……。


2019-10-5-14.JPG


アカサカ「んで、ヨドバシではブキヤのグリップパーツを買ってきましたよ」


アキバ「どろ~ん。二つ買ってきたって事は、何かの操縦桿にでもするの?」


アカサカ「お、鋭いですね。実はフィギュア用に、とあるメカの操縦席を作ってみたいなと……」


 その後はまんだらけへ。

 すると、


2019-10-5-15.JPG


 PDトランスフォーマーが大量に入荷されていました。


 私はこれ、DX版は第1弾のコンボイとデスザラス、第2弾のロディマスとメガザラックを買ってもらいましたが(ちなみに当時はTFは『V』くらいしか知らなかった)、第2弾で『元祖SD』や『プラクション』みたいなギミックが追加された反面、成型色がチープになってガッカリした記憶があります。

 あとは廉価版チョコのライオカイザー買ってもらったなぁ。当時から好きだったので……。


 しかし、これのメガトロン様(画像右端参照)、今の目で見ると成型色でモロにメガプレックスですよね(笑)。


 キックオフやアクションマスターバンブル、スクォークボックスは何年も前から並んでるのですが、いずれは彼らも……と密かに思っています。(^ ^;)


2019-10-5-16.JPG


 んで、未開封品のシージ版アラートが早速二つ、家電量販店よりも千円ほど安く並んでたので、より塗装が綺麗だった方(苦笑)を買ってきました。


 ランボルからの変更点は、頭部と武器、それから追加のパトランプです。


2019-10-5-17.JPG


 武器である『パーティクル・ビーム・サーキット・ウェルダー』(銃側、パトランプ側のどちらもこの名称)を組み合わせると、このような武器になります。


2019-10-5-18.JPG


アカサカ「ちなみに、裏から見るとこんな感じ」


アキバ「……で、なにこれ?」


アカサカ「さあ……。見た目ハンマー的な何か……?」


アキバ「……これ、絶対パトランプと銃を痛めるだけだよね?」


アカサカ「…………


 それにしても、『シージ』もいよいよ『アースライズ』になって、アースモードのTFが続々と発表されてますね。


 ホイストやクリフ、ホイルジャックなど、『シージ』で既にリメイクされたキャラと極力かぶってないラインナップが好印象です。

 コンボイやスタスクはともかく、今までの他のメンバーもアースモードで出しなおしたら、『アニメに近いデザインのロボットモード』目当てで買ったファンが暴動起こすでしょうし(苦笑)。


 個人的には『ユナイテッド』版の体型がイマイチしっくりこなかったトラックスをリメイクして欲しい所ですが……。


 スタスクは『ヘケヘケ』版をそのままヴォイジャークラスにブラッシュアップした感じですね。

 リカラーでサンクラやスカワーはもちろん、(『シージ』の保安部隊三体セットよろしく)パイロット版3話で地球にいた藤色や緑のジェットロンにも名前つけて出してくれたら嬉しいんですけども……。


2019-10-5-19.JPG


 夕食後は、毎度お馴染みマリナタウンのショッパーズモールへ。


 店内装飾もあちこちハロウィン仕様です。


2019-10-5-20.JPG


 でもって、『口福堂』でお団子を買ってきました。

『姫だんご(赤りんご)』で、他に青りんごを使った緑色のもありました。


 串に刺さった団子が二つという、割と珍しい数です(三つや四つはよく見かけますが)。


2019-10-5-21.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

blog_import_5d678132ad9a3.jpeg


 今晩は、アカサカです。


 アメブロの方で独自のカテゴリーを作成しました。

 ちょこちょこ更新していけたらなぁ、と思います。(^_^)


 さて、本当は10日の休みに帰ってくるつもりだったんですが、勤番の変更で明日が休みになったので、「どうせなら土曜日の方がいいよなぁ」と思い、今日、仕事が終わって実家に帰ってきました。


2019-10-4-1.JPG


 んで、例のMEGAドンキに夜食と今日の晩酌のお酒を買いにでシャカっとリキッと。


2019-10-4-2.JPG


 何にしようか迷いましたが……


2019-10-4-3.JPG


 半額になっていた浜松餃子にしました


blog_import_5d677ff33c7e9.jpeg


 ところで、MEGAドンキとしてオープンしたばかりの頃はペット用品などを売ってたこのコーナーは……


2019-10-4-4.JPG


 現在このように、イートインスペースになっています。

 ダイエー(イオン)時代は店舗でしたが、ちょっと位置がずれて先祖返り(?)した感じですね。(^ ^;)


2019-10-4-5.JPG


 他に、缶入りの小さな炭酸水があったので買ってきました。

 と言うのも、


2019-10-4-.6JPG


 前回、『こだわり酒場 レモンサワーの素』を初めて買いまして


blog_import_5d6781213818c.jpeg


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Animal-ketsuekigata.JPG


イエロー「そう言えばさ、ナイトビート。この間、血液型の話をしたけど、動物の血液型はもっとややこしいんだよ」


ナイトビート「と言うと?」


イエロー「例えば犬の血液型は13種類あるって言われてるんだけど、極めて珍しいパターンも見つかってて、正確な種類は不明なんだって」


ナイトビート「ほほう」


イエロー「しかも、犬は複数の血液型を同時に持つことができて、『○型+△型』といった表記が出来るんだよ」


ナイトビート「輸血には便利そうですね」


イエロー「猫の場合はバリエーションが少なくて、品種によって1、2種類、多くてもA・B・AB型の三種類なんだってさ。霊長類の場合も様々で、ニホンザルはB型とO型だけ。ニシローランドゴリラはすべてB型なんだって」


ナイトビート「な~るほど。血液型占いで悩まなくて良いですねぇ」


イエロー「そもそもゴリラは血液型占いなんてしないと思うんだけど……」

 TFシージ、ついにアースモードがちょこちょこ出るようですね(コンボイ、スタスク、グラップル)。

 早まってシージコンボイの汚し塗装落とさなくて良かったかも……。(^ ^;) しかしランボルやハウンドが出たらなんかヤだな……。


 どうせなら最近まともにリメイクされてないクリフ(『プライム』クリフジャンパーの頭部替えはなんか違うし)が出てほしいところですが……。


 さておき、本文は『ホビー雑誌コーナー』です。

 ではスタート!


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、バンブル&エクセルスーツスパイクを紹介するぞ!」


LG-Bunble2.JPG


サンクラ「バンブルは、サイバトロン・ミニボットの情報員だ。小型だが熱心で勇敢であり、そのサイズを活かして他の連中が行けない、あるいは行きたがらない所にも敢えて赴くぞ。任務柄水中行動も可能だ。英名のバンブルビーは、『マルハナバチ』の事だぞ」


LG-Bunble3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメの日本吹き替え版じゃ、一人称が『オイラ』の少年キャラとして描写されたぞ(ちなみに原語版じゃ、普通の中年キャラだ)。『恐らく最小っていうのが一番危険になるのさ』って座右の銘に違わず、自分のサイズをむしろ誇ってるが、一方で大柄なコンボイやプロールを尊敬してもいる」


LG-Bunble4.JPG


サンクラ「背中側。小型アイテムの宿命か、肉抜き穴が目立ってるな(苦笑)」


LG-Bunble5.JPG


サンクラ「G1版との比較だ。G1版はマスクフェイスだが、アニメじゃヒューマンフェイスとして描写されてて、以後のリメイクでもそれを引き継いでる。余談だが、バンブルが生まれ変わったゴールドバグも、G1版のマスクフェイスを受け継いでるぞ」


LG-Bunble6.JPG


サンクラ「お次はEZコレクション版。LG版はEZ版をそのままブラッシュアップしたようなデザインだが、色合いはLG版の方がアニメに近いな」


LG-Bunble7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Bunble8.JPG


サンクラ「ビークルモードはコンパクトカーだ。全てのサイバトロンの中で最もエネルギー効率が良く、燃料1ユニット分を他の仲間より1.8倍以上使えるんだぜ」


LG-Bunble9.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。G1では、フォルクスワーゲンに変形していたぞ」


LG-Bunble10.JPG


サンクラ「EZコレクション版と。ビークルモードのスタイルは、ロボットモード以上によく似てるな」


LG-Bunble11.JPG


サンクラ「続いてはスパイクだ。初めてTFが地球で目覚めて、油田基地でオレ達デストロンに襲われたところをサイバトロンに助けられて以来、サイバトロンに協力してる地球人だ。特にバンブルとは、種族を越えた親友同士だぞ。今回は『2010』以降に登場したエクセルスーツ(強化服)版での商品化だ」


LG-Bunble12.JPG


サンクラ「エクセルスーツはアニメじゃ車両型に変形してたが、今回はヘッドモードになる。形状は『ザ・リバース』でこいつが組んだセレブロスのデザインだが、造形は全てLG版で新造されてるぞ」


LG-Bunble13.JPG


サンクラ「画像じゃわかりにくいが、スパイクはバンブルに搭乗可能だ。『2010』の16話じゃ、久々にバンブルに乗車して『こうしていると、昔を思い出すな』って発言してたぞ」


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「レジェンズ版バンブル&スパイクの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

2019-9-3-8.JPG


 今晩は、アカサカです。


 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』です。


blog_import_5d6784c0d21ba.jpeg


バジりん「マスター、本日はお休みでいらっしゃったんですよね?」


アカサカ「そうだよ。けど、節約も兼ねてこっちで過ごしたけどね


 という訳で、今日は節約も兼ねてこちらで過ごしました。

 実は11時から歯医者の予約をしていたものの、目が覚めると11:05……


 急いで電話をしたものの、予約が埋まってるとかで、結局、次の予約が取れたのは11日でした


 しかも狙ったかのように、ついさっき前歯が欠けるっていうね……


 さてさて、歯医者には行けなかったものの、気を取り直して、まずはその通りにあるヤマダ電機に行って、シージのマイクロマスターを買ってきました。

 その後はブックオフで立ち読みをして……


2019-10-1-1.JPG


 久々に三光のイオンモールにやって来ました。


2019-10-1-2.JPG


 時間は14時前で、お昼にはちょっと遅いですが、こちらで昼食にしようと決めていました。


2019-10-1-3.JPG


 本日はこちら。

 パスタ専門店のポポラマーマです。


2019-10-1-4.JPG


 メニューは軽く。

 ハーフサイズの『サラダほうれん草と吊るしベーコンのしょうゆ』にしました。


2019-10-1-5.JPG


 卓上にハバネロソースがあったのでかけてみました。

 悪くはないですが、しょうゆベースなのでそれこそ柚子胡椒とかの方が合いそうですね。(^ ^;)


2019-10-1-6.JPG


 ご馳走様でした

 ランチの後は玩具売り場やお菓子売り場を覗いた後、本屋で立ち読みしたり、入居してるダイソーに寄って戻ってきました。


 玩具コーナー、『シージ』は相変わらず、最新商品がアイアンハイドで止まってました。

 実写版はハイタワーなんかも見かけましたが……。


 その後、明屋書店でマーベル版TFの訳本(3巻と4巻)を軽く立ち読みして、TSUTAYAでTカードのレンタル会員を更新しつつ、『平成ジェネレーションFINAL』のDVDなどをレンタルしてきました。


 ついでにTSUTAYAでも少々立ち読みを。

『フィギュア王』はジオウ玩具の振り返りだったので、来月の給料が入ったら買いたいなぁと思います。


 ジオウと言えば、デザインインタビューのコーナーに書いてあったんですけど、結局シノビのベーススーツはゴーストで合ってたようですね。

 揚げ足取りみたいにダークネクロムだーって言ってた人いたよなー確か。誰だっけ。


 それからゆめタウンにも寄ったのですが、スマホの電池が5%になってさすがにヤバいと思ったので、一度帰宅してスマホを充電器に挿し、改めて夕食を買ってきました。


2019-10-1-7.JPG


 毎度お馴染み、『かつや』のカツ丼(梅)とポテトコロッケです。


2019-10-1-8.JPG


 さて、ヤマダ電機で買ったマイクロマスターですが、ブラックジャック(右)&ハイパードライブ(左)です。


 他のチームの例に漏れず、G1時代は4人チームで、他にディーツアー(黄色)、ロードハガー(紫)と合わせて『スポーツカーパトロール』という、進撃強襲隊でした。


2019-10-1-9.JPG


 さて、今回の二人は『シージ』初期に発売されたロードハンドラー(赤)&スィンドラー(灰色)のリデコで、頭部(及び一体化してる胸部)がリデコ箇所になります。


 この小さい画像だと、違いがよく分からないですね……

 個別に画像撮りゃ良かった


2019-10-1-10.JPG


 ビークルモードではパーツが同じため、違いは色とエンブレムのみとなります。


2019-10-1-.11JPG


 この二人も、エアストライクパトロールチーム(左の二人)と同じく、日本版ではサイバトロンとして発売されました(エアストライクパトロールチームに至ってはカラーリングまでそのまま)。

 当時の日本版では、ブラックジャックは紫の部分を黄色にしたブラックヒート、ハイパードライブは水色の部分を赤、黄色の部分を白にリペイントされたギンガムというキャラクターでした。


2019-10-1-12.JPG


アカサカ「それと、もいっちょ、ゆめタウンのホビーゾーンでは、こないだの『アニマギア』のアームズギロテッカーを買ってきたぞ」


バジりん「まあ。いかにも硬そうで、鋭いボディが格好良いですねぇ……」


2019-10-1-13.JPG


アカサカ「ついでに、この間のデュアライズカブト・アーミータイプと組み替えてみた」


バジりん「……何か、『ロックマンX』でこういうボスがいたような……」


2019-10-1-.14JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。