FC2ブログ


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ03 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー』を紹介するぞ!」



ディケイド「仮面ライダースナイプ シューティングゲーマーは、スナイプレベル1が『第弐戦術』の掛け声と共にドライバーのレバーを開いて変身する形態だ。変身音声は『ババンバン! バンババン!(Yeah!) バンバンシューティング!』だぞ」



ディケイド「バストアップ。前髪ゲットライドヘアーと、身体にまとったスタンヘキサマントが最大の特徴だな。頭部は空軍パイロットのヘルメットを模してるぞ」



ディケイド「背中側。他のライダーと同じく、レベル1形態の頭部がついてる。ゲットライドヘアーは、本体の物と違って無可動だ」



ディケイド「スタンヘキサマントは取り外し可能だぞ。こうすると、エグゼイド達に近いイメージになるな」



ディケイド「武器のガシャコンマグナムも、ちゃんと二種類付属してる。こっちがハンドガンモードで……」



ディケイド「こっちがライフルモードだ」



ディケイド「ブレイブと同じように、エグゼイド付属のレベル1ボディを使えば、レベル1形態を再現する事が可能だ。ガシャコンマグナムも持たせられるぞ」



ディケイド「『LVUR』版スナイプの紹介は以上だ! それじゃ、またな」
スポンサーサイト



 ……と言っても、あのカプセルトイではなく。

 実は今、『ファイクエ』キャラの設定画なんぞを描き起こしていまして。
 だから「オレ得」……。

 昔から『movic』から出てる設定画集のほか、ヒカリアンシリーズやバトシーラー、MRRやらジャイロゼッターやらHELLSINGやらバジリスクやらのスタッフ用設定画を収集していたのと、前にエーオーブンさんの所でやってたヒカリアンのリレー小説では私がキャラ・メカの設定画を描いてたのもあって、こういうの描くのは慣れてますし……。



 まずテッちゃんこと石川。
 名前の下には職業も記載しています。



 お次は上田。
 鎧成分が少なめなので、現実世界物っぽくも見えますね。



 でもって岡野。
 実は岡野だけは、まだペン入れしてなかったり。正面図が薄いのは、前に紹介した立ち絵を描いてる自由帳のをトレースしたからだったりします。(^^;)ゞ



 テッちゃんの表情集。ギャグ顔も多めです。
 一応、三人分全部描く予定ではあります。

 他にもスパイドルナイトやガダメ達、各話のゲストやモンスター、アイテムなんぞも描いて、コピー誌みたいな感じで設定画集が出せる位には描いてみようかと思ってます(誰が読むんやそんなもん)。

 ……上述のヒカリアンのリレー小説の設定画集は1巻は出したんですけどねぇ(それにまとめたの以外にも多数描いてましたし)。

 それから、お話変わって。



 ブックオフに行ってみたら食玩の魔法使いフルボトルがあったので、買って来ました。
 これでゴリラモンドの他に、ウィザードフォームも作れます(笑)。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 ……なんかこの間と似たようなタイトルだなぁ
 それはさておき、今日は今月最後の休みだったので、小倉方面に行って来ました。



 まずは下曽根。
 数カ月ぶりです。



 まずやってきたのはここ。
 サニーサイドモール小倉です。
 入居してるザらスに今月分のTFレジェンズ商品が入ってるかなぁと思ったのですが、収穫無しでした。(^_^;)



 お昼はここ。
 前に中津に居た頃から気になってはいたものの、結局一度も行ったことの無いラーメン屋です。



 色々とメニューがありますが、今回私が頼んだのは……



『バリ黒醤油ラーメン』。黒マー油入りです。
 硬さは一番硬いの(『粉落し』という)にしました。

 ……醤油ラーメンが一番好きなくせに、最近は別のスープばかり食べてたような。



 ご馳走様でした。
 今度来た時は他のメニューも試してみたいと思います。



 ……と思ったら、店の外にさっそく美味しそうなのが……(苦笑)。

 この後、ヤマダ電機やトライアルも覗こうかと思ったのですが、時間が押していたのでこのまま小倉に向かいました。



 小倉駅の広場では、屋台フェアらしきものをやってました。



 反対側。
 ま、私はなにも買いませんでしたけどね(爆)。

 その後はあるあるCityとチャチャタウンという、いつものコースで。



 まんだらけではタイムリーにチェンジマンのDVD4巻を見つけました。
 ただ状態が『B』だったんですよね……。

 数年前、天神のまんだらけで同じく『B』状態のゴーグルVの4巻を買った時は、二枚ともディスクにバグがあって半分くらいの話がまともに見られませんでした。

 しかもすぐに福岡に帰れるわけではないから返品も出来ず、泣き寝入り……。
 なので、今回は前もって入念に聞きました。

 結果としては二枚とも全部ちゃんと見られたのでホッとしましたが。

 ……これなら前に、同じくだらけで見かけたライブマンの2巻(同じく状態『B』)も買っときゃ良かったかなぁ。(^_^;)



 他に、DX版のゴリラモンドフルボトルセットが800円だったので、これも買って来ました。
 ……あー、これでまた集め出すだけに飽き足らず、最終的にビルドドライバーに手ぇ出す事になるんだろうなぁ(苦笑)。



 ……実は昨日、中津のヤマダで食玩版のバット&コブラフルボトルも買ってまして。



 その内、新幹部でスパイダーフルボトルを持ってる奴が出るのかなぁ。
 そう言えばバイラルコアも、量産型と融合進化用の赤いのはコンプしたっけなぁ。



 ビルド用のボトルと比較。
 ボトルの上下部分が敵味方でデザインが同じだという事を知って驚きました。

 外見上はDX版も食玩版も違いは無いように見えます。



 後ろ側。こっちも特に違いはありません。

 という訳で……。



 バラしてみました。
 しつこいぐらいに言いますが、真似される方はくれぐれも自己責任でやって下さいね



 前にT2さんから教えて頂いた通り、中の芯棒の部分だけが違います。
 ……これだけの差なら、いっそDX版と同仕様にしちまえよ。どうせ値段もDX版をバラで売った時と同じ位なんだからさー。

 しかしゴリラフルボトルは、中身だけ見るとコーラみたいに見えます(笑)。してみるとダイヤモンドフルボトルはソーダか?



 取り敢えず、ウチにあるフルボトルを並べてみました。
 ガシャットより安いし、多分DX版もこれからちょくちょく買って行くんだろうなぁ……。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 サイトを更新しました。
 今日は『文庫本コーナー』です。

 さて、先日『ファイクエ』も第4話まで完結したので、今日はここまでのボスキャラをちょっと紹介したいと思います。
 まだラフ画なので、これからデザインもちょこちょこ変わるかも知れませんが……。
 ちなみに、小説版に登場していない能力も載せています。

 ともあれ、スタート!



ストーンコッカー

HP:150
MP:100
経験値:200
ゴールド:180
 おにぎり山一体のモンスターを支配している、スパイドル軍のモンスター。「コカコカコカーッ!」が口癖。名前の通り石化攻撃と、閃光呪文・バーン、回復呪文ヒールを使用する。物腰は丁寧だが、邪魔者であれば配下のモンスターですら手に欠けると言う冷酷さも持つ。獲物を石化し、その生命力を吸い取る事が出来る。倒すと必ずワープフェザーを落とす。



ウインドリザード

HP:250
MP:150
経験値:500
ゴールド:300
 ガダメ配下の闇騎士で、ポジション的には『1面のボス』。外見通り屈強な戦士だが、真空呪文・ツイスターやヒールなどの魔法も使いこなす。また、痛恨の一撃を時折繰り出す。一兵卒(通常モンスターの『リザードマン』)からのたたき上げで、性格は正々堂々としており、卑怯な策略を好まない。また、自分が認めた相手であれば、種族を問わず敬意をもって接するという高潔さを持つ。ちなみにリザードマンの定石にならい、左利き。



アングラモン

HP:300
MP:270
経験値:560
ゴールド:780
 アーセン配下の闇騎士で、「海霊法師」の肩書を持つ。ポジションは『2面のボス』。海面に浮かぶ神殿に居を構えており、通行する船を配下のモンスターに襲わせて荒稼ぎしていた。アンコウそのものの頭部という姿だが、本人は自身を美形であると思い込んでいるナルシストで、やたらと気障な言動が特徴。戦闘では吹雪呪文・フリーズや氷呪文・アイス、氷の息など冷凍系の攻撃を用いるほか、ヒーラーで回復も行う。一度倒すと、巨大なタコのような姿のモンスター形態に変化して、再度襲い掛かって来る。

 いかがだったでしょうか?
 本編を読んでいる際に、彼らの姿がイメージしやすくなれば幸いです。(^ ^;)


 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
第50話  宇宙特急トライZ
脚本=荒木憲一     作画監督=本橋秀之
演出・絵コンテ=亀垣 一
ストーリー
 線路を走っていたのぞみは、突然光に包まれる。気がつくと、そこはベッドの上。今のは夢だったのか? のぞみは親友のトライZに夢の事を話す。彼は「今の仕事に何か不満でもあるのか」と尋ねるが、のぞみは「そんな事は無い」と返す。彼らは宇宙エクスプレスの試験車両なのだ。その日も宇宙空間での飛行テストに向かう二人。ふとトライZと初めて会った時のことを思い返そうとするのぞみだったが、何故か思い出す事が出来ない。「どっちが宇宙特急に採用されても、オレ達はずっと親友だ」と話していた二人だが、その時のぞみは誰かに呼ばれて気が遠くなる。一瞬誰かが目に映るが、すぐにのぞみはベッドの上で目を覚ます。トライZによると、テスト中に意識を失ってしまったらしい。しかし、のぞみは夢の事が気になっていた。さて、これはブラッチャー達の仕業。対象者の夢を自在に操る事の出来るドリームマシンで、のぞみを夢の世界に閉じこめてしまおうという魂胆なのだ。一方夢の中ののぞみは、これが夢である事に気づく。自分が夢の中に作られた存在であると知ったトライZだったが、にわかには信じられず走り去る。のぞみは戸惑いつつも、夢の中の東京駅上部に開いた出口に向かって駆け出す。のぞみが目を覚ましそうになったのを察知したブラックは、夢の中で建物を怪物に変えてのぞみを襲わせる。怪物をやり過ごしたのぞみだったが、今度は隕石が彼を襲う。それを救ったのはトライZだった。どうして、と問うのぞみに、トライZは「オレ達は、親友だろ?」と笑い返す。トライZはのぞみを出口に導き、夢の中に消えていく。目を覚ましたのぞみは、夢の中の親友に思いを馳せるのだった。
●登場キャラクター(太字は初出)
のぞみ、ひかり、ドクターイエロー、つばさ、救急あずさブラックエクスプレス、ドジラス、ウッカリー、スモークジョー、トライZ
●今日の一言
 「さよならだ、のぞみ! また……」(トライZ)
●一口メモ
 ・のぞみは夢の中ではSPEXという組織に所属している。
・トライZは試験車両一号。のぞみは試験車両二号。
・バーチャルドリームマシンは、パラボラアンテナの付いた隕石マシン。やはり今まで通りスモークジョーの上部に設置されている。
・ブラックはマシンで、埋蔵金を掘り当てて借金の一部を返済する夢を見た。
・トライZとのぞみの過去については、ブラッチャーは設定しなかった。その為、のぞみはこれが夢である事に気づいた。
・悪夢の怪物は、ハニワのような目と口がついたドロドロ。ピンクと黄緑の二体が出現した。スカイサンデー一発でやられた。
・ドリームマシンは過負荷で爆発した。

 今日は仕事が終わった後、気まぐれで外食をしてきました。



 中津のリンガーハット。
 以前、こっちに居た時は何回か利用しましたが、中津に戻ってきてからは何気に初めて行きます。
 
 今日は長崎皿うどんと餃子3個のセットにしました。



 この間の記事のラーメンに入っていた柚子胡椒。
 本来はこんな感じなんです。



 私は餃子をちょいとかじって、その中に柚子胡椒を詰め込んで食べるのが好きです(笑)。
 言うほど辛くも無いので、まぁ、大丈夫かと(真似される方は自己責任でお願いします)。



 きくらげ。何故か最近のリンガーハットでプッシュされています。
 お袋や祖母は『みみなば』と呼んでいました。



 ご馳走様でした。
 リンガーハットって九州の会社かと思ってたんですが、本社は東京なんですね。意外でした(本店は長崎にあるらしいですけど)。




 寒いと思ったら雪が降っていました。
 まぁ、写メじゃちょっと分かりづらいですが……

 さて、上の画像はゆめタウン中津なんですが、ここでもちょっと買い物を。

 いつもお世話になっているT2さんがウルトラカプセルなどをよく買われているので、私も試しに買ってみました。
 当初は食玩でギエロン星獣を買いたかったのですが、売り切れていたので3階のガチャコーナーへ。

 バルタン星人かイーヴィルティガ、ダークザギが当たれば良いなぁよ思っていたのですが……。




 ジャスティス……? ごめん、誰?(爆)
 私が知ってるのはいいとこマックスとかコスモス辺りなもんでして……
 マックスも『狙われない街』と、その次のゴドレイが出てくるのくらいしか見てませんし。

 私にはT2さんほどのくじ運は無かったようで(苦笑)。



 最近買った変身アイテム系のトイと比較してみました。
 フルボトルや眼魂に比べるとこぢんまりしてるので、300円なのも何となくわかります。(^^;)

 さて、「And Now(それでは、お話変わって)」。

 実はT2さんが、昨日から新企画、『ブログファンタジー』を開始されたので、ちょいとその宣伝を(T2さんの了承済み)。
 これはT2さんとブロ友さんとのコラボ企画で、名前の通り、T2さんのブロ友さんがキャラクターとして登場するゲーム、という体の紙芝居風記事になっています(詳しくはトラックバック先にて)。

 T2さんは以前にも『ブログクエスト』というRPG風の企画を手掛けていらっしゃいましたが、今回は「各ブロガーさんが各々のステージを持ってる」という、ディケイド風味の企画になっています。

 画像転載の許可も頂きましたので、一部……。



 登場予定のブロ友さん達です。第1話には、私もお気に入り登録させて頂いている熱ゴジラ神さん(一番左)が登場されています。一番右はケフカさん、その隣はかぷちぃのさんですかね……?
 そして、その隣はロシア、いやもしや……
(詳細は私達も知らない)
 非常に面白いシリーズですので、是非


 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 昨日、此方では昼頃まで雪が降ってました。
 と言っても風が強かったので……。



 こんな風に、地面にはちょっと積もってましたが、道路には全然積もってませんでした。

 さてそんな中、BOOKOFFに行って……。



 眼魂を三つ買って来ました。
 いずれもDX版、スペクター、闘魂ブースト、ダークゴーストです。

 こんな寒い日には熱いものが欲しくなりますよね(違)。

 それから、



 帰りにドラモリによって、お菓子も幾つか買いました。
 カラム~チョを買ったのは数年ぶりです。
 幼稚園の頃やってた、アクションゲーム風のCM
が好きでした。


 ……ヤフブロの仕様が変わったら、こういった埋め込み動画も出来なくなるんだっけ……?

 さて、今までターゲットマスタージェットロンのテックスペックを載せましたが、トリガーハッピーだけまだだったので、ついでに今日、載せておきます。



トリガーハッピー with ブロウパイプ(ターゲットマスター射撃兵)
 ジェット機にトランスフォームする。トリガーハッピーの論理中枢回路のほとんどの配線はちぎれているのではないかと疑われている。戦場では、撃つたびに自分自身の銃声に興奮して、幸せそうな酔っ払いのようになっていき、口から潤滑油を溢れさせながらの抑え切れない笑いの為に、自分が撃っている所を見る事すらできない。機体の両側面には連装の速射フォトンパルスガンを装備している。彼とコンビを組むブロウパイプ(「吹矢筒」の意)は強力な高圧エアキャノンに変形する。彼はデストロン・ヘッドマスターの指導者であるロード・ザラクの義兄弟であり、陰謀家で嫉妬深く、裏工作によってネビュロン星でのザラクの政治的なキャリアを支えていた。名前は「すぐに発砲する、ぶっ放すのが好きな、向こう見ずで好戦的な」という意味。


 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、アストロトレインを紹介するぞ!」



サンクラ「アストロトレインは、トリプルチェンジャーの輸送参謀だ。その莫大なペイロードと宇宙空間航行能力で、デストロン軍団の武器や兵士の輸送、衛星の打ち上げ任務なんかに活躍するぞ。名前はそのものズバリ『宇宙(旅行)の列車』だ」



サンクラ「バストアップ。得意の戦術は、戦場にパニック状態を作り出して、敵の混乱と恐怖に乗じて作戦を成功させる事だ。アニメじゃ尊大な性格が強調されてて、LG版の説明書コミックでもその性格描写を受け継いでいたぞ」



サンクラ「頭部両脇のヘッドガードは収納可能だ。腹部にある、矢印で示したスイッチを押すと、スプリングで飛び出すぞ。これは、TR/LGのヴォイジャークラスの商品じゃ、標準的に搭載されてるギミックだ」



サンクラ「背中側。シャトルの翼を背負ってるのは、G1からの伝統だ。一方で、アニメでの『尾翼を背負ってる』ってスタイルを再現したのは、LG版が初だ」



サンクラ「頭部は勿論左右に振る事が出来るが、ボディ側にも若干の可動があって、ヘッドガードごと左右に振る事が出来るぞ」



サンクラ「武器は二挺のイオン置換ライフルだ。勿論、ヘッドマスター/タイタンマスターを乗せるギミックも健在だぞ」



サンクラ「ヘッドマスター。コイツはTRで発売されたセンチネルプライムとリデコ関係だから、顔はコンボイ系のデザインだ。LG版じゃアストロトレイン本人だが、TR版はダークムーンって名前のタイタンマスターだぞ」



サンクラ「G1版と比較してみた。LG版はアニメカラーだが、管理人はG1のプロトカラー版は持ってねえんで、G1後期版だ。基本的なシルエットはG1版を踏襲してるが、体格は格段にがっちりした物になってるな」



サンクラ「今度は『変形!ヘンケイ!』版だ。純粋なアストロトレインのリメイク商品はこいつが最初だぞ。こっちはサイズはデラックスクラスだが、全体的なシルエットは、なかりLG版に近いものがあるな」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「一つ目のビークルモードはシャトルだ。衛星軌道じゃ毎時2万マイル、引力圏外だと毎時5万マイルの速度で航行できるぞ。アニメでは、この状態では巨大化して、仲間の輸送に活躍してたぞ」



サンクラ「主翼にはイオン置換ライフルを装着可能だ」



サンクラ「機体後部にはコクピットがあって、ヘッドマスターが搭乗可能だぞ」



サンクラ「シャトルモードでG1版と。G1版は実機に近いデザインだ。対してLG版は平べったい感じだな」



サンクラ「今度は『変形!ヘンケイ!』版と。余談だが、この『ヘケヘケ』版が出るまで、アストロトレインのリメイクはシャトルに変形するTFのリデコで済まされる事が多かったんだぜ(列車に変形するTF自体が数えるほどしかいないからな)」



サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」



サンクラ「もう一つのビークルモードは装甲列車だ。最高速度は時速400マイルで、航続距離は1,700マイルだぞ」



サンクラ「先頭部。一応、操縦席らしきモールドはあるぞ」



サンクラ「G1版と。G1版はSLに変形してたぞ。モチーフはD-51だな」



サンクラ「『変形!ヘンケイ!』版。こっちのモチーフは800系新幹線だ。こうして考えると、今回は初の実車モチーフ以外の列車に変形するアストロトレイン、ってことになるな」



サンクラ「この状態では、車両の中央部にイオン置換ライフルは装着する。コクピットはシャトルモードと共用で、これも車体中央部にあるぞ」



サンクラ「レジェンズ版アストロトレインの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 今日もまたβ版の仕様告知が出ていたみたいですが、現状で行けば絵文字も使えない、文字色も変えられないと、ブログとしては話にならない仕様になりそうでそっちの方が心配でなりません。
 一応、『ご意見・ご要望』や公式ブログのコメント欄にも書き込んではいますが……。

 意見としても寄せましたが、強制移行にするなら現行のブログで出来る事は底辺で全て出来るようにする、それが出来ないのなら旧型のままでいくかか新型を使うかをユーザーの任意で選択出来るようにするべきだと思うんですけどね。

 よっぽどユーザーをなめてるのか、マーケティング能力が皆無なのかどっちなのかと勘繰ってしまいます。だから公式ブログのコメント欄にも(コメント承認制にもかかわらず)変なのが沸くんだよ。

 さて、何故か今日のアクセス履歴、



 やたらとヒカリアン系の検索ワードが多かった(『北アメリカ州の雑学』も、進行役はヒカリアン達)ので、今日は『超特急ヒカリアン』のストーリーダイジェストネタで行きたいと思います。

 という訳で、本文スタート!

第49話  捻れ!スカイ・アキレス腱固め
脚本=黒田洋介     絵コンテ=羽原信義
演出=随行央吾     作画監督=安藤義信
ストーリー
 世界格闘選手権のチャンプになったブラック。さして興味のなかったひかりや300Xを尻目に、挑発に乗ったネックスとマックスがブラックに挑むが、あっさり敗れ去る。ブラックは一躍人気者となり、ミナヨも彼のファンに。ブラックは次の対戦相手としてのぞみを指名する。ひかりも「ここまで言われて引き下がれるものか」と、のぞみを特訓する事に。過酷な特訓を経て、ついにのぞみとブラックの対戦の日がやって来る。パワーアップしたのぞみだったが、それでもブラックには及ばない。ブラックは一気に勝負をかけようとのぞみに突っ込むが、何故か突然立ち止まってしまう。その時テツユキはブラックの背中からコードが伸びているのに気づいた。実はドジラス達がコントローラーでブラックを操作していたのだ。割って入ったテツユキとドジラスがコントローラーを取り合い、ブラックは滅茶苦茶に動き出す。その隙を突いて、のぞみは必殺の「スカイ・アキレス腱固め」で勝利を収め、新チャンプとなる。一方ブラッチャー達は、再び返すアテの無い借金に追われる生活に逆戻りしてしまうのだった。
●登場キャラクター(太字は初出)
のぞみ、ひかり、300X、マックス、ネックスブラックエクスプレス、ドジラス、ウッカリー、テツユキ、ミナヨ、鳥 建男、キ100、セガールクン、シュワッチャン
●今日の一言
 「光エネルギー全開!」(のぞみ)
●一口メモ
・ブラックが出場していた格闘大会は、「世界格闘選手権スーパーアルティメット大会」。
・ブラック「俺様は誰にも負けるつもりは無い! 例え相手が、ヒカリアンでもだ!」いかにもこれまでヒカリアンとは闘ってないような口振りだけど、たった今キミがぶっ飛ばしたキ100ってヒカリアンじゃなかったっけ?
・ちなみにこのキ100、設定画の注釈によると「黒人ファイターの代わりのキャラ」なんだとか。
・ブラックが借金を返し終えるまで、合計1203回防衛戦に勝ち続ければ良かった。
・ヒカリアンは四六時中ブラックをモニターで映しているのかな。
・ひかりが行ったのぞみの特訓は以下の通り。
  走ってくる新幹線を避ける特訓。
  セミビークルモードで、何台もの客車やディーゼルカーを九州まで引っ張る特訓。
  食事を我慢して、本能を呼び覚ます特訓。
・結城本舗から「暗黒エキス入りブラブラチョコ」が発売。
・ブラブラチョコはもっと上手に使えないか? 洗脳とか。
・ブラックは「えらい人トーク」という番組に出演していた。他の出演者はセガールクンとシュワッチャン。
・テツユキ「何で今まで気がつかなかったんだろう!?」全くだ。どこに目つけてんだよお前ら。
・ブラックをコントロールするリモコンは「リモコンヒカリアン」の巨大版で、ドジラス達が抱えるほどの大きさ。

 サイトを更新しました。
 今日は『文庫本コーナー』と『画廊コーナー』です。
 文庫本コーナーの方は、昨日完結した『ファイクエ』第4話をさっそく掲載しました。

 さて、今日は休みでしたが、起きたらお昼でした……。(^^;)
 とは言え、「せっかくだし出掛けないと勿体ないかなぁ~」と思い、行橋まで行って来ました。



 行橋のゆめタウン。
 なぜか壁に仕切られた部分が増えていたり、あちこちで売り尽くしやら閉店セールやらしていたのですが、フードコートを見ると「春オープン・リニューアルオープン」といったお店も幾つかあったので、店舗全体でリニューアルするのかも知れませんね。

 その後はコスタ行橋に行って、遅く出たからと、『筑豊ラーメン山小屋』で夕食を取りました。



『柚子玉ラーメン』。スープは豚骨ベースですが、柚子胡椒入りなので緑がかっています。
 夕食なのでハイボールも頼んじゃいました。どうせ移動手段
だし~。

 あ、『柚子胡椒』と言うのは九州の調味料で、柚子の皮と唐辛子をベストマッチさせたものです。参考までに


 私は鍋物や餃子の薬味にするのが好きですが、お袋は割と何にでも入れます。
 柚子皮が入っていますが、酸味はそんなに無いですよ。どっちかと言うと柚子は香り担当な感じです。



 メニュー表の写真。
 因みに柚子胡椒は熟した柚子皮と赤唐辛子を使った赤いのもあるんですが、私はまだ、緑色の方しか食べた事がありません。(^_^;)



 豚骨ラーメンなので、麺は細麺です。



 それから、豚骨ラーメンには付き物の辛子高菜。
 私は基本的に漬物系はあまり好きではないのですが、辛子高菜は何故か子供の頃から食べてました。



 勿論、ラーメンにも投入します



 煮卵。半熟の黄身を、スープで溶いて食べるとこれがまたたまらんのです。



 ご馳走様でした
 この後電車で帰ったのですが、14時頃に人身事故があったとかで、ダイヤが大幅に乱れていました
 あー、勢い込んで下曽根や小倉まで行かなくて良かった……。



 それでは今日の戦利品を。
 行橋のゆめタウンでは、『創動』の第2弾が3割引きになっていたので、丁度この間買えなかったロケットパンダのセットを買って来ました。
 今度、掌動でディケイドが出るみたいだし、『装動』共々レビューしようかなぁ……(今まで食玩系をやってなかったのは、食玩版のディケイドを持ってなかったからだったりする)。

 食玩はもう一つ。帰りに明日の朝の
を買うために寄った中津の方のゆめタウンでは、食玩版フルボトルを買いました。
 DX版は持ってないので、私としては初のフルボトルです。



 鎧武が好きなので、オレンジフルボトルを。
 輪切りのオレンジから果汁が垂れているのが面白いです。

 しかし、ロックフルボトルとベストマッチなのに「手に入りません」と全力で謳われてるのが何ともなぁ……
 ガチャ版でもそう書いてあったし。



 後ろから。
 眼魂と同じく、こっちには音声ギミックが無いので認証用の凸のみです。
 DX版のフルボトルを買う事があったら、中身も含めて比較してみたいと思います(こっちはビルドドライバーセット時に中身が動かないらしいですが)。

 ……もし紫鬼神のフルボトルを作るとしたら、『カボス』と『カッチュウ(甲冑)』かなぁ(作ってどうする)。



 もいっちょ、行橋のホビーゾーンで見つけたので、FAGのイノセンティア(ピンク)を買って来ました。
 最近、ブルーver.は良く見るのですが、こっちは目にしなくて……って、再販されたんですね。今日、覗いてみたら中津のホビーゾーンにもありました(苦笑)。

 ポイントが4,3000P程溜まってたので、二千円分、ポイントから払って購入しました。



 ネコミミモード。
 前髪(と耳)はともかく、後ろ髪は一度組むと組み換えしにくくなってます。

 まだ武装手足などは組んでいないので、レビューはおいおい……。



 それからこの商品には、ドール服対応の首や足首が付いています。
 以前、ヴォルに着せていた巫女服があったので着せてみました。

 アゾンの1/12ドールの奴は、神姫にはちょっと大きめですが、FAGはアピールされているのもあってピッタリです。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。