FC2ブログ
 という訳で、タイトル通りです。
 先日届いたアーツの社長でちょいとばかり。

 なお、今回の記事は全部スマホで撮った画像を使ってます。



 アーツで『なんちゃってゲンムLV. X-0』を再現してみました。



 ドライバー部分。
 エグゼイドのベルトに、ゲンムのガシャットを挿しています。

 マイティXプロトオリジンは、色が近いギリギリチャンバラガシャットで代用。デンジャラスゾンビガシャットはバグルドライバー用の造形でちょっと小さいので、ゲーマドライバーのスロットからはすぐ取れてしまうため、両面テープを凸部分につけて固定しました。

 LVUR版ではバックルしか交換できませんでしたが、アーツでやるとよりそれっぽいですね。
 本当はライフゲージもライフが表示されてないといけないんですが……



 ガシャコンブレイカーを装備。
 こっちもエグゼイドの物を持たせています。

 雰囲気は出ていると思うのですが、如何でしょう?



社長「残りライフ……50!」

 通常のゲンムは案の定イベント限定でしたね。
 まぁ、その内だらけとかにも並ぶでしょうから、気長に待とうかと思っています……。

 ゲンムLV.X-0もその内出そうですし(ハカイダーとギルハカイダーや、クウガ ライジングアルティメット赤目/黒目、アポロガイスト再生前/後の前例もありますし)……。

 さて、ここからは今日、実際に職場であったことを。

 因みにキャスティングは店長が私、ウエストと杏子ちゃんがそれぞれ20代の部下、サンクラが私より結構年上の部下の方の代理です。

 では、スタート!



アカサカ「ウエスト、ウエスト」

ウエスト「ん?」



アカサカ「This is a pen!」

ウエスト「……なに、それ?」

アカサカ「じゃあ、『なんだバカヤロー』は?」

ウエスト「…………?」



アカサカ「杏子ちゃん、杏子ちゃん」

杏子「なに?」



アカサカ「This is a pen!」

杏子「……リンゴが無いじゃん」

アカサカ「……杏子ちゃん、荒井注って知らない? お笑い芸人の」

杏子「なにそれ?」



アカサカ「サンダークラッカー、荒井注、知ってる?」

サンクラ「ああ、知ってるが」

アカサカ「ウエストと杏子ちゃん、知らなかったんだけど」

サンクラ「だってそれ、めっちゃ昔の奴じゃねーか」

アカサカ「…………」


 そうか、最近の若い子って、荒井注知らないのね……。
 なんて言ってたら山さんには通じましたけど。(^_^;)

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
スポンサーサイト



みんなの力

 スズメの夫婦が、林の木の枝に巣を作りました。
 仲良く暮らしている内に、卵を産みました。
「まあ、嬉しい。どっさりだこと!」
「良かったね。早くヒナが孵るといいなあ」
「きっと、可愛い子供たちですよ。孵ったら私、色んなことを教えてやらなくちゃ。賢い子に育てますよ」
 大喜びで、スズメたちは毎日卵を温めました。
 すると、暑い昼頃です。野原をうろうろしていた象が、林に飛び込んできました。
「ああ、頭がガンガンする」
 象は暑さに参ったらしく、大きな体でバタバタ暴れ出しました。
「気の毒に、外はよっぽど暑いらしいね」
「でも、私達は有難いわ。林の中は、とても涼しいんですもの」
 スズメたちは、巣の中からのんきに見下ろしていました。
 象は暴れながら、スズメたちのいる木の方に近づいてきました。そして、あっという間に、太い鼻を幹に巻き付けて、木を倒してしまったのです。巣の中の卵は下に落ちて、みんなめちゃめちゃに潰れてしまいました。
「まあ、どうしましょう。こんなになってしまって……」
「なんて酷い事をする奴だ。待てっ!」
 でも、大きな象にかかっていっても到底かないません。スズメたちは抱き合って、わあわあ泣いていました。
「すずめさん、すずめさん。どうしてそんなに泣いているんです?」
 鳴き声を聞きつけて、友達のキツツキが飛んできました。
「卵をみんな壊されたんです。憎い象の奴を、懲らしめてくれませんか?」
 話を聞いて、キツツキも腹を立てました。
「それなら、象の方が悪いよ。断じて許せないとも。困っている者を助けるのが、本当の友達だ。良し、仲良しの蠅くんにも、仲間になってもらうよ」
「有難う、キツツキさん。じゃ、私達も一緒に行きますわ」
 スズメもキツツキについて、畑の方へ飛んでいきました。
「おや、キツツキさんじゃないか。そんなに急いで、何かいい事でもあるの?」
 ぶんぶん飛び回っていた蠅が、嬉しそうに近寄って来ました。
「いい事どころか、このスズメさんが、酷い目に遭ったんだよ。象の奴に、大事な卵をみんな壊されちゃったんだ。ねえ、蠅くん。一緒に象を懲らしめてくれないかい?」
「オーケー! これが黙って見ていられるかってんだ。仲良しのカエル君にも言おう。味方は多いほどいいからな」
 蠅は、喜んで引き受けました。
「じゃ、頼むよ、蠅くん」
「うん。みんなで、すぐ行こう」
 蠅を先頭に、キツツキとスズメは、また飛んでいきました。
 畑の上を過ぎて、川の側に来ました。カエルは、気持ちよさそうに、すいすい泳いでいました。
「カエル君。カエル君。頼みがあって来たんだよ」
 蠅がすっかり、訳を話しました。
「分かった。それならオレに、象をやっつけるいい工夫があるよ」
 カエルは胸を張って言いました。
「どんなことだい?」
「早く、聞かしておくれよ」
 蠅もキツツキも、体を乗り出しました。
「いいかい。はじめに、蠅くんが象の所へ行くんだ。昼過ぎにね。そして、耳の側で、ぶーんぶーん、飛ぶのさ。お腹の膨れてる象は、いい気持になって、うとうとし出す。その時、キツツキさんが、その長いくちばしで象の目玉をほじくり出すんだよ。象は、ちょうど水が欲しくなる頃だ。そこでオレが、見つけておいた穴のわきで、仲間のカエルたちと一斉に鳴くからね。その声を聞いて目の見えなくなった像が、川か池があるなと思って飲みに来る。その途端、穴に落としてしまう、という仕掛けさ。いいだろう?」
「素晴らしいわ、カエルさん」
 スズメは、羽をバタバタさせて喜びました。
「愉快、愉快。やろうよ」
「間違いなく、成功さ!」
 と、みんな賛成したので、その日は別れて帰りました。

 次の日の、お昼過ぎになりました。
「さあ、出撃だ!」
 蠅は畑を飛び出して行きました。林に寝転んでいる象を見つけると、耳の側をうなりながら、飛び回り始めました。
「ああ、いい気分だ。眠くなったなあ」
 言いながら象は、小さな目をつぶってしまいました。
「それ、僕の出番だ!」
 木の上で待ち構えてきたキツツキは、さっと降りて来て、象の目をつつきました。
「いた、痛たっ!」
 象は叫び声を上げてはね起きました。
「誰だ、酷い事をする奴は? ああ、痛いっ!」
 ところが、見回しても、象は何も見えません。駆け出そうとして、石につまづいてよろけました。
 その時です。

 ゲコ、ゲコ、ゲコ、ゲコ
 ゲコ、ゲコ、ゲコ、ゲコ

 カエルたちが、穴のわきで、大きな鳴き声を上げました。
「ああ、池があるな? 喉がカラカラになった」
 象は痛い目をぼつぼつさせながら、カエルの鳴き声がする方へ、よたよた歩きだしました。
「ひゃっ!」
 間もなく、叫び声と一緒に、象は大きな音を立てて穴に落ちました。
「わあ、やったぞ!」
「いい気味だ!」
「どうだ、象め。思い知ったか? スズメさんの仇だぞ!」
 みんなは、穴を覗き込んではやし立てました。
 象は、のそのそと穴から這い上がって来ました。
「ああ、痛かった。こんな所、もうごめんだよ」
 そう言って、象は慌てて駆け出しました。
「あれ、目は潰れなかったらしいね」
「でも、いいよ。もう誰も意地悪されないもん」
「そうだね、良かったね」
 蠅と、カエルと、キツツキは、逃げて行く象を笑いながら見ていました。



~おしまい~

 いかがだったでしょうか?

 要はインド版『さるかに合戦』何でしょうけど、(スズメとキツツキはまだしも)蠅とカエルが友達って……。
 おおらかな世界観だな。(^_^;)

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーブレイブ』を紹介するぞ」



ディケイド「仮面ライダーブレイブは、 鏡 飛彩(かがみ・ひいろ)がタドルクエストガシャットで変身するCRの仮面ライダーだ。ジャンルはロールプレイングゲームだぞ。剣と盾を使用する攻防戦を得意としているぞ。『俺に斬れない物は無い』が決め台詞だ



ディケイド「バストアップ。ロールプレイングゲームがモチーフだから、甲冑をまとった騎士の姿をしているぞ」



ディケイド「背中側。エグゼイドと同じく、レベル1形態の顔が装着されてる」



ディケイド「左手にはリヴァーサルシールドを装備してる。基本形態でガシャコンウェポン以外の固定武装を持ってるのは、レベル1のレーザーを除けばブレイブだけだ」



ディケイド「ゲーマドライバーにはタドルクエストガシャットが挿さってる。正面のパネルもブレイブになってるぞ。勿論、ガシャットは脱着可能だ」



ディケイド「エグゼイドと比較してみた。カラーリングと素体の塗装、それから頭部・両肩・左腕以外は共通の造形だぞ」



ディケイド「付属品はこちら。専用ウェポン・ガシャコンソードと各種交換用手首だ」



ディケイド「交換用手首を使えば、『これより、バグスター切除手術を開始する』の決めポーズも再現出来るぞ」



ディケイド「専用ウェポンはガシャコンソードだ。飛彩曰く『手術用のメス』で、当初ブレイブは別の長剣を使用していたが、対ゲンム戦で折られた後の戦闘で、ゲームエリア内に突き刺さっていた伝説の剣をブレイブが引き抜いたことで変化したぞ」



ディケイド「劇中同様、氷剣モードに変化させられる。変化の際は『コ・チーン!』の音声が流れるぞ。劇中ではこのモードの時は逆手で使用するが、記事写真の撮影の都合で順手で持ってもらってる」



ディケイド「炎剣モードには『カ・チーン!』の音声で変化する。LVUR版と同じく、刀身を回転させて変形させるが、刃の根元にはクリックが入っていて、各モードで刃部分を固定できるぞ。ガシャコンブレイカーと同じく、ガシャットを装填する事も可能だ」



ディケイド「ブレイブの紹介は以上だ! それじゃ、またな」
 サイトを更新しました。
 今日は『情報雑誌コーナー』です。

 記事の方は久々に『文庫本コーナー』で、今回はインドの昔話集、『パンチャ・タントラ』から『ネズミと二人のお坊さん』です。

 では、スタート!

ネズミと二人のお坊さん

 南のある国の町はずれに、お寺がありました。小さなお寺で、お坊さんは、一人しかいませんでした。
 お坊さんは、托鉢僧をしていました。人の家を回って、食べ物をもらって歩くのです。出掛けさえすれば、どこかで何かくれました。
「どれ、では、有難く頂くとしよう」
 と、お坊さんは、もらった物を食べますが、大抵は一日に食べきれません。余りは壺に入れて、柱の釘に吊り下げて寝ました。
 次の日の朝になると、お坊さんは、壺を下ろします。そして、お寺の掃除をしに来てくれた人たちに、残り物を分けてやりました。

 ある日の事です。お寺の近くに住んでいたネズミが、仲間達を呼びました。
「みんな、いい話なんだよ。向こうのお寺に、ご馳走があるのを見つけたんだ。僕らに取られないように、壺に入れて、柱の釘に吊り下げているんだよ」
「ひゃっ、すごいなあ! お頭、すぐ行きましょう!」
「よし。オレが上手くやって、みんなに、たらふく食べさせてやろう」
 頭のネズミも、ヒゲをぴくぴくさせて喜びました。
 夜中になると、頭のネズミは、大勢引き連れて出かけました。お寺は真っ暗で、お坊さんは、ぐっすり眠っていました。壺は、側の高い柱にかけてあります。
「音をさせずに、待ってろよ」
 頭のネズミは、思い切り飛び上がりました。訳なく壺に届きました。
 久しぶりのご馳走を、ネズミたちは分け合って、お腹いっぱい食べました。
「ああ、うまかった!」
「明日もまた来ようぜ!」
 喜んだネズミたちは、それから毎晩お寺へ来ました。
 朝、目を覚ますたびに、お坊さんは悔しがりました。
「や、また、やられたか! ネズミに違いない」
 壺の中には、お米一粒も残っていないのです。
「よし。今日こそ、良く見張っていて、盗ませたりはしないからな!」
 暗くなると、お坊さんは、どっかりとあぐらをかいて、辺りをキョロキョロ見回していました。でも、だんだん眠くなって、知らない内に、コックリコックリと、始めました。
(それ、今の内だ!)
 陰で様子を見ていた頭のネズミは、さっさと壺に飛びつきました。
 お坊さんが目を覚ました時には、もう間に合いません。食べ物は、すっかりさらわれた後でした。
「だめだ。何とか、ネズミをこの部屋に入れないようにしなくては」
 考えたお坊さんは、今度は、藪から長い竹を一本切って来ました。そして、次の日は、寝床に入ってからも、その竹の先で、時々壺を叩いていました。
 お寺へ忍び込んだネズミたちは、この音を聞いて、はてなと思いました。
「何だか変な音がするぞ」
「どうも、あの壺のある部屋らしいな」
「近寄るな! 恐ろしいものが、居るかも知れない」
 怖くなったネズミたちは、初めの日は、急いで逃げ帰りました。
 けれど、ネズミたちは、壺の中のご馳走が欲しくてたまりません。夜になると、また出かけて行って、部屋の様子を伺いました。
「やっぱり変な音はするけど、恐ろしいものなんか、居ないらしいぜ」
「だけど、中へ入る勇気は無いなぁ」
「入るのはよそうよ。危ないよ」
 よだれを垂らしながら、ネズミたちは、外でうろうろするだけでした。

 すると、幾日か経って、お寺へ、一人のお坊さんがやって来ました。
「おや、これは珍しい。良く訪ねて下された」
 お寺のお坊さんは、喜んで友達を中に入れて、話し始めました。
「今日は、泊まって行って下され。たまった話が、まだまだたくさんありますからな」
「それはすまんですな。では、ゆっくりさせてもらいましょうか」
 その内、夕食も済んで、夜になりました。二人は寝床に入っても、話し続けました。
 ところが、お客のお坊さんが話しかけても、お寺のお坊さんは、ちっとも熱心に答えません。竹の先で、壺を叩く事に気を取られているからです。
 お客のお坊さんは、腹を立てて、がばと起き上がりました。
「私は、帰りますよ!」
 いきなり怒った声がしたので、お寺のお坊さんは、ポカンとして見上げました。
「一体、どうしたんですね、こんな夜中に?」
「どうしたもないもんだ。あんたは、話はいい加減で、そんな子供のいたずらみたいなことばかりしている。親友だと思っていたからこそ、わざわざ、遠い所を訪ねて来たって言うのに。全く、人を馬鹿にしている!」
 それを聞いて、お寺のお坊さんは、成る程と思います。
「そうでしたか。いや、すまん、すまんです。これには訳があるんでねえ」
 と謝ってから、小さな泥棒達の事を話しました。
「それで、ネズミたちに襲われないように、こうして音をさせているんですよ。いやはや、叩くのも、実はくたびれて、参っているところでねえ」
「そうだったのですか。いや、そんな事とは知らずに、大きな声を出したりして、お恥ずかしい」
 笑いながら頭をかいてから、友達の坊さんは尋ねました。
「それで、ネズミの入って来るところは、分かっているのですか?」
「ええ、そこの穴からですよ。塞いでも、塞いでも、しつこく食い破って、入り込むんですからなぁ」
 と、お寺のお坊さんは、部屋の隅を指さしました。
「では、明日の朝早く、鍬を持って出かけましょう。ネズミの住処を探し当てるのです。お寺へ来る人達に、ネズミの足跡を消されない内にね」
 外に潜んでいたネズミの頭は、お客の話を聞いて、どきりとしました。
「一大事だ! いいか、みんな。オレ達の家を知らせないように、今日は遠回りをして帰るんだぞ」
 頭の言いつけで、ネズミたちはすごすご帰り始めました。
 暗い畑を走っていると、向こうから、大きな目が光りました。
「ひゃっ、猫だ!」
 ネズミは散り散りに駆け出しましたが、猫は素早く追いかけてきました。
 でも、危ない所を逃げ出したネズミたちは、血を垂らしながら、やっとの事で畑の中の家に帰り着きました。頭のネズミだけは、何処に行ったのか見えません。

 朝になりました。お寺では、お坊さんたちが鍬をもって庭に出ました。
「ほら、これですよ」
 地面に小さな足跡を見つけました。足跡をつけて行く内に、畑に血が垂れていました。間も無く、住処も探り当てました。
「ここだ。この下だ!」
 掘ってみると、穴の中から、金や宝石がごろごろ出てきました。
「こんなものまでネズミが持って行ったのか。いつの間にかお寺の物が無くなったので、不思議に思って捜してはいたんですが、見つからなかったのですよ」
 お坊さんは、あきれるやら喜ぶやら。
「盗まれた物なら取り返しましょう。さあ、これでもう大丈夫。ネズミ共は恐れて、来なくなりますよ」
「おかげで、やっとゆっくり眠れますかな」
 二人は笑いながら、金や宝石を持って、悠々と引き上げて行きました。
 その後へ帰ってきたネズミの頭は、びっくり仰天。
「ひゃあ、家がめちゃめちゃになっている。あれ、宝物も無いぞ! ああ、どうしよう」
 悲しくなって、あっちへうろうろ、こっちへうろうろしていました。
 あたりが暗くなりました。お腹がペコペコになった頭は、またネズミたちを連れて、お寺へ忍び込みました。
「おや、懲りずにまたやって来たようですな」
 お坊さんは急いで、壺を竹で叩き始めました。
「でも、見ていてごらんなさい。今日は、もう何も盗んでは行きませんよ」
 お客の坊さんが言ったので、ネズミの頭は、なめるなと言ってやりたくなりました。
 勇気を出してお坊さんたちのいる部屋へ入ると、頭は壺めがけて飛び上がりました。どういう訳か、今日は届きません。
 下に落ちて、ゴツンと頭を打ちました。
「はっはっは。宝物が無くなったので、ガッカリして高く飛び上がれなくなったんですよ」
 お客の坊さんが笑いながら言いました。
 ネズミの頭は、悔しくてたまりませんが、でも、その通りなのです。諦めて、すごすご出て行きました。
「そうだな。宝物は持っていかれるし、頭は意気地が無くなるし、これからはロクなものも食べさせてもらえそうにないな」
 ネズミたちがこそこそ話しているのを聞いて、頭はじっとしてはいられません。急いでもう一度お寺へ駆け戻りました。
「さあ、驚くな。今度は宝物を取り返してやるからな。そうしたら、あいつらも頼むから手下にしてくれ、と言ってくるに違いないさ」
 いい具合に、お坊さんたちはぐっすり眠っています。
「へへへ。まさかオレがまた舞い戻ってくるとは知らずに、眠ってるぞ。さて、宝物はどこにしまってあるのかな?」
 ごそごそ、部屋中を捜し始めました。
「あっ、見つかったぞ。あれがそうだな」
 宝物の入っている袋に飛びかかった時です。目を覚ましたお坊さんが、長い竹を振り上げました。
「待てっ、泥棒ネズミめっ!」
 力任せに頭を殴られた頭のネズミは、夢中で外へ逃げ出しました。
「ああ、まいった。もう、こりごりだ」
 ふらふらになった頭のネズミは、それきり、お寺へは行かなくなりました。



~おしまい~

 いかがだったでしょう?
 私はこれ、イマイチ教訓が良く分からなかったんですよね……(苦笑)。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 さて、というわけで、今日は地元の方で過ごしました。
 まずは午前中、さっそく届きましたよ~。



 アーツのレーザー・ハンターゲーマーと社長・ゾンビゲーマー×2!
 二つ目の社長はもちろん改造素体にする予定です。



 まずはレーザーから。
 バイクゲーマーの派生フォームだけあって、とにかくゴツイ!
 社長と並べてみてもこの通りです。



 あまりにガタイがいいので、キメワザスロットは背中側についています。



 後頭部はツルッツル(笑)。
 頭部はレーザーターボに、ボディはチャンバラバイクゲーマーに流用できそうなんだけどなぁ……。出てほしいなぁ……。



 社長の方はとにかく手首が豊富です。
 ガシャコンスパローは、わざわざ専用のジョイントパーツがついています(矢印で示した白いパーツ)。

 矢印の下にあるのはセットされてるギリギリチャンバラガシャットです。



 それから、バグルドライバーにセットされてるデンジャラスゾンビガシャットも当然脱着可能です。
 宣材写真に無かったから、取り外せないと思ってた人もいたようで。



 ゾンビゲーマーと言えば、このゾンビのようなファイティングポーズ! LVURよりもさらにリアルなポーズをとらせられます。



 個人的にやりたかったのが、酔拳のようなポーズ。……これはこれでゾンビっぽいか。



 取り敢えずウチでは社長は「変人だけど悪人ではない、ゲーム会社の社長」ってキャラで行こうと思っています。
 レーザーとの『店舗日誌』のネタも一つ用意してますし。



 さて、アーツを受け取った後は、ショッパーズモールの牧のうどんでお昼にしました。
 いつもは肉うどんとかしわ飯の組み合わせですが、今日はごぼうてんうどんにしました。……かき揚げも捨てがたかったんですけどね。



 ここのごぼうてん、何故かゴボウ(あと衣の中身)が黄色いんですよねぇ。カレー粉かウコンでも混ぜてあるのかなぁ。



 一味をたっぷり入れます。



 さらにネギも投入。肉うどんの時はネギは入れませんが、今日はちょっとアクセントに。



 帰りには倉庫によって、オーバーチャージを出してきました。
 何となく機会があれば『店舗日誌』に出したいなぁと思いまして。

 ごらんの通り、ウチではサイバトロン所属にしています。

 当時、彼を開封した時に「サイバトロンが似合いそう」と、ビビッと来まして。
 ダイアクロンカラーだからなのかなぁ。

 ウチの設定では、声は堀内さん(『トリプルチェンジャーの反乱』ではブリッツウイング演じてましたね)で、『キュウレン』のナーガみたく、感情を勉強中、てな感じです。



 リカラー元(むしろリカラー後?)のブリッツウイングと。
 ブリッツウイングはアニメで再現されてる部分だけシールを貼っていたので、オーバーチャージは差別化も踏まえて腰などのシールを貼ってみました。



 戦車モード。74式戦車です。
 ブリッツウイングはアニメ準拠の変形に、オーバーチャージはトイ設定の変形にしています。



 戦闘機モードはMIG-25フォックスバット。
 こっちは色以外差異は無いですね。

 またまた話は変わって……。



 例のスマホ版DQ5、カジノコインの枚数をここまで増やしました。
 実はこれ、裏技でもなんでもなく、ちょっとした(セコイ)やり方で増やしてます。
 まぁ、『コイン30万枚技』を応用したんですけども。

 元手のコインが一万枚ほどあれば、割と無理なく可能です(
……。)。
 手順としては、まず、オラクルベリーの教会でセーブした後にカジノに行き、100枚スロットで900枚賭けでプレイします。
 それから投資額より明らかに大きな当たり(四連スイカやダブル四連プラムなど)を引くまでひたすら回します。

 コツとしては、「コイン残高が最初に決めた下限度額以下になったら、その過程でどんな当たりを引いていようとリセット」をするという、現実のパチスロでやったら一晩で億万長者になれそうなやり方を用いるところです。
 私はとりあえず「一万枚使ったらリセット」を目安にしています。それくらい使うと、よっぽどの大当たり(それこそ777以上)でも引かない限り取り戻せませんので。あと、必要なのは根気ですかね。

 私はこの方法で、昨日から今日にかけてこの枚数にしましたので(と言っても、そんなに長時間のプレイはしていません)、興味があればいかがでしょう。
 ビアンカと結婚した冒険の書2はまだ資金が足りていませんが、これをやれば「青年時代後半開始時点でメタルキングの剣を持ってる」という、小説版のような事が出来ると思います(笑)。

 最後に……。



 現在、『ファイクエ』でイラストを描いています。
 こっちは現在進行中の初代パーティの三人ですね。

 でもって、



 こっちはスパイドル軍の三幹部です。

 自分でデザインしておいてなんですが、アーセン(右端)はなんか、NHKの人形劇にでも出てきそうなデザインしてますよね。手もちょうどパペットみたいだし(笑)。

 それにしても、『ファイクエ』の漫画はいくらか描いてきましたが、『イラスト』を描くのは意外と今回が初めてだったりします。

 シリーズこそ20年以上前からあるとは言え、こうやっていろいろな人に晒したのはつい最近のことなので、オリジナルキャラのキャリア的にはまだまだ山さん倉麻さんには及びませんが、これからちょっとずつ色んな方に見ていただいて、新しい『ファイクエ』を盛り立てていきたいと思っています。

 てな訳で、今後とも見守って頂ければ(そしてご意見やご感想など頂ければ)幸いです。m(_ _)m


 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 今日はいつもの天神コースで出かけましたが……。



 無性に
が食べたくなったので、元ダイエー福重なイオンのマックでお昼にしました。
 私はマックに行くと、いつもベーコンレタスバーガーです。

 今回は飲み物はストレートティーで、ガムシロップを二つつけてもらいました。

 んで……。



 先日のレムに続き、ラムの方もショッパーズのブックオフでゲット。
 5,400円と、まぁお得なお値段です。

 しかし、ラムとレムは、前髪を組み合わせて『目元が前髪で隠れてる顔』を作りたくなりますね。
 ……それだけの為に二個目を買うってのは流石に無理ですが。(^_^;)

 そのあと、地元に戻ってきてからは、今度は地元のブックオフで……



 2000年に発売されたドリフのCDを見つけたので買って来ました。



 二枚組で、私が好きな曲はほとんどこっちに入っています。
 もう一つ赤盤もあるのですが、そっちに収録されてる私が好きな曲は、前に買ったドリフのベストアルバム(今でもホームセンターとかで普通に売ってる)に入っていたので、これで聞きたいものは揃いました(笑)。

 明日はまた、地元で過ごそうかと思っています。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 明日から二連休なので、今日は久々に福岡に帰って来ました。

 んで、さっそく届いていた物を……。



 先日、ヤフオクで落としたプロトマイティアクションXガシャットと、ギリギリチャンバラガシャット。共にDX版です。



 ゲーマドライバーに付属してる通常版との比較。
 一見、色とシール位の違いに見えますが……。



 実は、クリアパーツの根元部分も市販品のガシャットと差異があります。

 さて、ゲーマドライバーのバックル部分だけ一緒に持って帰って来たので、組み合わせなんかをちょっと。



 まずはスポーツアクションゲーマー(ゲンムver.)。やっぱりこれでしょう。



 続いてチャンバラバイクゲーマー。
 DX版でやるとやはり違います。

 続いては、個人的にやりたかった組み合わせを。



 ファミスタアクションゲーマー。
 現在、二個目のビートゲーマをファミスタゲーマにリデコしようと計画中です。



 ビートアクションゲーマー。
 こっちはすでにLVURでは再現しています。



 アクションアクションゲーマー。
 プロト版はLV3用の音声もLV2と変わらないので、追加ガシャット用のスロットには通常版を挿した方が変化があって良いと思います。

 それから……。



 ケルベロスボイジャーも持って帰って来たので、ケルベリオスを組んでみました。
 キュウレンオーのリデコとは言え、手足の組み合わせがちょっと変わってるのもあっていい感じですね。



 個人的に試してみたい組み合わせ……には、オオグマボイジャーが足りませんでした。(^_^;)
 リュウテイオー以降のキュウボイジャーは買ってないんだよなぁ……。


 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 何か、昨日スマホのアップデートしてからと言うものの、DQ5の動作が鈍いなぁ(動作がややコマ送りみたいになってる)……。

 さて、今日は午前中はインフルエンザの予防接種
に行って、午後からは小倉に行って来ました。

 んで、
に乗る前に何気なく中津駅前のサンリブに寄った所……。



『装動』の忍者プレイヤーが二つあったので、確保してきました。



 これでウチの忍者プレイヤーは四つです。
 さすがにこれ以上買う事は無いと思いますが……。(^_^;)



 小倉のだらけには、未開封の『ハリケーンニンジャ』ガシャットと開封されていた物の新品同然のLG版ロディマスがあったので、速攻買って来ました。



 ターゲットマスター同士の比較。
 ファイアーボルトとリコイル、変形機構は同じだったんですね。

 右端のは『TFコレクション』版についてるリコイルです。

 ロディマスもチャーも『コレクション』版は持ってるので、レビューの時には比較画像も載せたいと思っています。

 さて、それではお約束のアニメ再現などを。
 いつもなら『ザ・リバース』ネタになる所ですが、今日はちょっと変えて……。



ロディマス「ごめんよ~、爺さん!」

チャー「『止まれ』って書いてあるだろうが、全く! イカレ暴走族めが!」



ロディマス「へへっ。おたく年の割にやるじゃないの」

チャー「年の割にじゃと? それが命を助けて貰った相手に言う言葉か全く……」



チャー「待った、ワシに任せろ。宇宙共通の挨拶をしてみる」

ロディマス「宇宙共通の挨拶なんてあるのかい?」

チャー「まぁ見てろ、宇宙は一つ、皆兄弟じゃ」

※その後は皆さまご存知の通りです。



ウィーリー「だったらオレっちに任せなよ!」

ロディマス「君は誰だい?」


グリムロック「彼、ウィーリー。彼、妖怪友達」


 ……と、今日は『ザ・ムービー』ネタでした。

 そう言えばこのロディマスの付属マンガで……。(※以下付属マンガのネタバレ有り



 スカージが自分のトランステクターのクローン作ってドラゴンモード(?)にしてましたが、本当、坂本氏はオリジナルの見立て変形が光ってますよね。



 何気にかかと部分に、目に見立てられそうなモールドもあるし(外側だけですが)。



 夕食は中津に戻って来た後、この間スルーしたイタリアンにしてみました。
 ……なんか見本写真とイメージ違うような(爆)。



 ご馳走様でした。
 味の方ですが、ミートソース(と言うかケチャップソース)がそんなにかかっていなかったからか、「普通の焼きそばにちょっとコーンが入ってる」という程度でした。
 別にまぁ不味くは無かったんですけどね。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版トランスフォーマージェネレーションズから、ゴールドファイアを紹介するぞ!」



サンクラ「ゴールドファイアは、バンブルが強化されたゴールドバグをリメイクしたアイテムだ。スロットルボットの情報指揮官で、以前より真面目で独断的、そしてより成熟した性格になったぞ。他人が自分をどう思っているかは大した問題じゃなくて、自分がわが身をどう思うかが重要だって悟ってる」



サンクラ「バストアップ。頭部はゴールドバグを意識したものだ。日本じゃジェネレーションズシリーズで、バンブルタイプに頭部を変更したものが、さらにリカラーされてバンブルビーゴールドバグとして発売されたぞ。元の名前のゴールドバグは『黄金虫』のことで、もともと変形してたVWビートルにひっかけた名前だ」



サンクラ「背中側。サイドドアが変形したウイングパーツは肩についてることがわかるな。背中は丸々ルーフパーツだぞ。卓越した視力と聴力、水中や低温、高温への順応性も持ってて、摂氏マイナス101℃~82℃の気温変化にも耐える事が出来るぞ」



サンクラ「武器はブラスターだ。炎みたいなエフェクトがついてるのが特徴だ」



サンクラ「さらに、腕の裏にも装着用の穴が開いてるから……」



サンクラ「こんな風に、トンファーみたいに持たせることも出来るんだぜ」



サンクラ「それじゃ、トランスフォーム!」




サンクラ「ビークルモードはスポーツカーだ。前にもまして燃費効率に優れてて、同じスロットルボットでこいつに次ぐ奴と比べても、2.5倍の燃費性能を誇ってるぞ」



サンクラ「ブラスターは分割して、こんな風に車両後部に装着することも可能だ」



サンクラ「後ろ向きに装着すれば、ブースターみたいにも出来るぞ」



サンクラ「ゴールドファイアの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 サイトを更新しました。
 今日は『文庫本コーナー』です。

 記事の方は『情報雑誌コーナー』です。
 ではスタート!



宮子「店長さ~ん、これ頂戴」

アカサカ「『週刊ロボット』……。また珍しい物買うね。まぁ、こっちは商売だから別にいいけど……」

宮子「いやぁ、付録の組み立てキットに芸術心をそそられてしまいましてなぁ」

アカサカ「ふ~ん。ところで、ロボットと言えば日本じゃJIS規格(日本工業規格)で産業用ロボットが六種類に分けられてるって知ってる?」

宮子「そーなの?」

アカサカ「ああ。情報入力方法や教示方法によって変わってくるんだけど、
1:マニュピレーター…人間が操作するマニュピレーター。
2:固定シーケンス・ロボット…前もって設定された順序・一・条件に従って作動する物。設定情報が困難なのが欠点。
3:シーケンス・ロボット…設定情報の変更が簡単な、固定シーケンスの改良タイプ。
4:プレイバック・ロボット…人間が操作教示し、それを記憶する。
5:数値制御ロボット…順序や位置を数値で指令し、作業を行う。
6:知能ロボット…人工知能によって行動を決定する事が出来る。
……ってな感じだ」

宮子「ふ~ん。じゃあ、そこの前田さんは?」

サンクラ「……誰が前田さんだ」

宮子「え~? だってサンダー“クラッカー”なんでしょ?」

サンクラ「そのクラッカーじゃねえ」

アカサカ「つーか、そもそもコイツは地球製ですらねえぞ……」

 なんせ「茉里(まつり)→祭→フェスタ→フェス太さん」なんてあだ名をつける宮子ですから、サンクラなら「前田のクラッカー」でこれ位のあだ名はつけそうかな~、なんて……。

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。