FC2ブログ
 今日、明日と月をまたいで二連休なので、今日は朝から実家に帰ってきました。

 で、実家に帰った頃にブログの『アクセス履歴』が更新されてたので、見てみたところ……。



「アクセス数79」? なんかの間違いじゃないよね(爆)。
 いやだって、いつも50名様いくかいかないかなんですもん。(^_^;)

 さてさて、今日は例によって実家に届いてたあれこれを開封しました。
 まずはこれ。



『TFジェネレーション』の、誌上通販品、ドッグファイトvsラナマックです。
 そろそろ発送の時期だという事を綺麗さっぱり忘れてました(おい)。

 ドッグファイトは胸部に余計な凹みを作られてない所が良いですね。
 この写真を撮った後、ラナマックともどもアプリシールは速攻で剥がしました。

 パワーグライドやインセクトロンも余計な加工しないで良かったのに……。



 ステッパーは持ってないので、実家に置いていたストロングアームにアームズアップ(マテ)してみました。
 元々合体戦士用のサイズだけに、ちょっと大きすぎますね。(^_^;)

 続いてはこれ。



『MS少女』の、ガンダムマーク2用の拡張パーツです。
 本体の方は持っていないのですが、バンシィの為に、表情パーツ目当てで予約してました(えー)。

 あと、今日はこれも買いました。



 ミニプラのキューブゴリラBと、キューブモグラです。
 近場ではキューブゴリラAが無かったので、明日、探してみようと思っています。



 完成までもうちょっと……。

 といったところで、今日はこの辺で。
 ではでは。
スポンサーサイト



 えー、思いのほか、後編用の画像撮影が進んだので、続きを投稿したいと思います。

 因みに今回のサブタイトルは、別名『ピカピカウエスト』です。
 理由は……本編を見て頂ければ分かるかと思います。

 では、本文スタート!



トボ、トボ……

ウエスト「はぁ。ボク、一体どうなっちゃうんだろ……」



ドクター「すまない。私にも戻し方がさっぱり分からないんだ。どうやらブラッチャー独特の技術が使われているみたいで……少し、時間をくれ」

E4「最近のドクター、ヘナチョコ」

ドクター「…………」



ブラック「ぬわっははははは! 見つけたぞウエスト!」



ウエスト「ブラッチャー!」



ブラック「ウエスト、ここで会ったが百人目!」

ファイター「……ブラック、『百年目』だ」



ファイター「ともかく、いい事を教えてやろう、ウエスト。お前のその身体は、私が発明したクリスタルアーマーによるものだ」

ウエスト「クリスタルアーマー!?」

ファイター「その通り。本来は私達ブラッチャーのボディをクリスタル状にして、お前達ヒカリアンの光エネルギーを使った必殺技を回避するための物なのだが……それをお前達に使えばどうなると思う?」

ウエスト「…………」



ファイター「光エネルギーがボディ内部に抑え込まれて、必殺技を使う事も、飛ぶことも出来なくなるのさ」

ウエスト「なんだって!?」



ブラック「つまり、今がお前をケチョンケチョンにやっつける絶好のチャンスという訳なのだ! 日頃の怨みじゃ、覚悟せい!」



ブラック「それ、暗黒マシンガン!」

ドンッ!

ウエスト「うわっ!」

ブラック「それそれ、どんどん行くぞ!」



ウッカリー「なんか親分、いつも以上にやる気満々だね」

ファイター「よっぽど溜まってたんだろうな……」



ブラック「それそれ! ぬわっははははは! 愉快愉快!」

ウエスト(ダメだ。このままじゃ、やられちゃう……!)



アカサカ「ウエストー!」

ウエスト「!?」



ウエスト「店長、サンダークラッカー……」



サンクラ「トランスフォーム!」

ゴガギギギ!

アカサカ「ウエスト!」



アカサカ「これを使え!」

ヒュッ!



パシッ!



ウエスト「これは……」



ピカッ!

ウエスト「うわっ!」



ファイター「な、何だ!?」

ドジ・ウカ「眩しいよ~っ!」



ウエスト「これは……?」



ファイター「一体何が起こったのだ? 奴の身体が……」



ドジラス「ピカピカに光ってる」

ウッカリー「きれい……」



ブラック「何をこしゃくなあみだくじ! ピカピカになったって、一年生には負けるのだ! ウエスト、覚悟!」



ウエスト「なにこれ、全身に力がみなぎってくる!」



ブラック「とぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」



ウエスト「バードソード!」



ウエスト「ライトニングバード・スーパー!」

カォォォォォォォォォォォォォッ!

ブラック「いっ!?」



ドッガァァァァァァァァァァァァァァァァァン!

ブラック「お後がよろしいようでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!」

~場面転換~



ウエスト「今日は店長のおかげで助かったよ。本当に有難う」

アカサカ「なに、気にすんな。たまたま解決法が見つかっただけだよ」



~♪ ~♪

アカサカ「ん、電話みたいだ。悪いが、ちょっと失礼」



ピッ

アカサカ「……もしもし、オレだ。……ああ、アンタの言った通りだったよ。無理言って悪かったな」



?「構わん。だが、あくまで今回は『お前の所の従業員』を助けただけ、という事を忘れるなよ」

アカサカ「分かってるって。ところであのカプセルを使った時、ウエストの全身が光ってたんだが、ありゃ一体なんなんだ?」

?「おそらく、押さえつけられていた光エネルギーが一気に噴き出した、といった所だろう。特に問題は無いはずだ」

アカサカ「なるほどね」



アカサカ「ともかく、今回はありがとさん。それじゃあ、また」

ピッ



ウエスト「店長、誰だったの?」

アカサカ「今日、お前を元に戻したカプセルをくれた奴」

ウエスト「ええ~、ボクもお礼言いたかったなぁ……」



アカサカ「ああ~、それはやめておいた方がいいと思うぞ、うん……」

ウエスト「? 店長、何か言った?」

アカサカ「いや、何でも」

~場面転換~



ファイター「やれやれ、あなたも全くお人が悪い。ヒカリアンに塩を送るとは、ね」



シルバー「だから言っただろう。今回はあくまで、『アカサカの所の従業員』を手助けしてやっただけだ。それはお前も分かっておろう?」

ファイター「そりゃまぁ、そうですがね。一言おっしゃって頂けてもバチは当たらんでしょう」

シルバー「急の事だったからな。だが、おかげで良いデータが取れたというものだ」

ファイター「左様で」



シルバー「それは兎も角、引き続きブラックエクスプレス達の監督は頼むぞ。どうも最近、デストロンに対してきな臭い動きが発生しているのでな……」

ファイター「サイバトロンで?」

シルバー「いや、奴らではないだろう。それよりももっと、禍々しい“何か”だ……」

ファイター「…………」



~おしまい~

 と言う訳で、『店舗日誌』41話をお送りしました。
 今回の話(あと34話も)は、昔ヒカリアンで考えたオリジナル話のリメイクだったりします。
 まぁ、それこそ私が自作したムック本に載せたような「知る人ぞ知る」なエピソードではあるんですが……。

 それはさておき、次回はいよいよ『店舗日誌』のターニングポイントになるエピソードです。
 ヒーローもので言えば第2章突入! 的な(笑)。

 取り敢えず、今回はこの辺で。
 ではでは。
 本日は『ヒカリアン』系の話で『店舗日誌』です。

 画像数が多くなったので、分割投稿とあいなります(実はまだ撮り終わってなかったり……)。
 何気にヒカリアン系で分割投稿って初じゃなかろうか……。

 ともかく、本文スタート!



さて、今日は、ブラッチャーの基地から物語を始めよう。(C.V.正宗一成)

ファイター「やった! 出来た、出来たぞ!」



ファイター「はっはっは、やっぱりオレって大天才!」



ウッカリー「ファイター、何はしゃいでるの?」

ドジラス「何が出来たって?」

ファイター「ふふふ、これは私の新発明。名付けて『クリスタルアーマー生成装置』だ」

一同「クリスタルアーマーぁ?」



ファイター「これを使えば、私達の外部装甲をクリスタル状にする事が出来る。そうする事で、ヒカリアン達の光エネルギーを使った必殺技をすり抜けさせたり、反射させる事が出来るようになる、という訳だ」

ブラック「ほっほう、そらすんごいなぁ」

ファイター「あとは最終テストを残すのみだ。さぁ、さっそく始めるとするか」

~場面転換~



ウエスト「フフフフ~ン、フン、フン、フ~ン♪ フフフフ~ン♪」



ウエスト「ん?」



ウエスト「あれはブラッチャー達……」

ファイター「さて、さっそくテストだが、誰が試してくれるんだ?」



ドジラス「ここはやっぱり親分がいいでしょ」

ウッカリー「うんうん」

ブラック「くぉら、お前達! そんな事言って、もし失敗したらどうなるのだ!」

ファイター「言い争ってないで早く決めてくれよ。別に失敗しても理論上はどうって事は無いんだから……」



ウエスト「ブラッチャー!」

一同「ん?」



ウエスト「また悪い事を企んでるな!」



ファイター「ちっ、こんな時に……」

ブラック「い~い所に……じゃなかった、ここで会ったが百年目! 飛んで火にいるナツミカンとはお前の事なのだ!」

ドジ・ウカ「ナツミカン?」

ファイター「それを言うなら『夏の虫』……」



ファイター「まぁ、いい。まずはウエストを片付けるとするか」

チキッ



ブラック「それっ、暗黒マシンガン!」

ドウッ!

ウエスト「おっと!」



ファイター「隙あり!」

キキキュウン!

ウエスト「うわっ!」



ガシャン!

ウエスト「いたっ!」



ウエスト「え、なにここ!?」

ファイター「あ」

ブラック「あ」



ビリビリビリビリ……

ウエスト「あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ~~~っ!」



チュドォォォォォォォォォォォォォォォォン!



ウエスト「ケホッ、ケホッ、一体何が……」



ウエスト「あらら、みんなノビちゃってる。しょうがない、一回お店に戻るか……」

~場面転換~



ウエスト「ただいま~。いやぁ、途中でブラッチャーの悪だくみに遭遇して、遅くなっちゃった」



ウエスト「? どうしたの、ディケイド、サンダークラッカー。変な物見るような目で、ボクの方見て……」

ディケイド「変な物も何も……」



サンクラ「ウエスト、スタースクリームごっこか……?」

ウエスト「え、なにそれ?」

ディケイド「自分の身体見てみろよ」

ウエスト「ボクの身体? 別に変わった事……」



ウエスト「へっぎゃ――――っ!」



ウエスト「ななな、なにこれ!? ボクの身体が、幽霊みたいに透き通って……」

ディケイド「気づいてなかったのかよ……」



ウエスト「どーしよ二人とも!? 何とかして――っ!」

サンクラ「何とかしてって言われても……なぁ」

ディケイド「ああ……」



アカサカ「おいおい、何休憩所で騒いでるんだ……って」



アカサカ「ウエスト、スタースクリームごっこか?」

ウエスト「……なんでみんな、決まってそう言うんだよぉ……」

~場面転換~



アカサカ「成程ね。ブラッチャーの作戦を阻止しようとして、んで、何かの装置の爆発に巻き込まれて、気が付いたらこうなってた、と」

ウエスト「そう……」

アカサカ「う~ん……取り敢えずここは、医者にでも見せてみるか」

ウエスト「医者?」

~場面転換~



ジリリリリリ……ジリリリリリ……



ノックアウト「はい、ノックアウトクリニックです。ああ、これはこれはワルズ殿下。ああ、昨日手術したデラツエイガーさんね。うん。え? 死んだ? やっぱりねー、あれは私もちょっと自信無かったんですよねぇ……」



ウォーブレ「おーい、ノックアウトー!」

ノックアウト「あ、すみません。患者さんのようですので、また後程。では」

~場面転換~



ノックアウト「ふぅむ、私の見立てでは……」



ノックアウト「彼の全身がクリスタルになっていますね」

アカサカ「んなこたぁ分かってんだよ!」



アカサカ「元に戻す方法は無いのかって言ってんの! 元に戻す方法!」

ノックアウト「まま、店長さん、落ち着いて……」



ノックアウト「えー、彼を元に戻す方法ですが、それは……」

アカサカ「それは?」



ノックアウト「メディックノックアウト、トランスフォ~ンム!」



ノックアウト「アッデュ~!」

アカサカウエスト「…………」



アカサカ「……………………。逃げやがった! あのヤブ医者!」



~つづく~

 という訳で、前半はここまで。
 後半も近日中に投稿したいと思います。

 取り敢えず、今回はこの辺で。
 ではでは。




汐莉「ふわぁ~……おはよう、くれちゃん」

くれは「お早う御座います、汐莉。今日の朝ご飯はサラダと『御所車』のサンドイッチですよ」

汐莉「……御所車? なにそれ?」

くれは「あはは、卵の事です。昔のお坊さんの隠語ですよ」

汐莉「ふ~ん?」

くれは「江戸時代、殺生を禁じられていたお坊さんは生ものを食べる事が出来ませんでしたけれど、実際には生ぐさ坊主がいたのも事実で、これらは隠語で呼ばれていました」

汐莉「例えば?」

くれは「例えば『大僧正』といえばイワシの事で、これはイワシの色が大僧正の紫の衣を連想させるからなんだそうです。それからさっきの卵ですが、これはちょっと洒落ていて、中に“黄身”、つまり“公(きみ)”がおわすので、という事です」

汐莉「へぇ~、なかなか面白いわね」

くれは「他にはカツオ節は“恋文”と呼ばれていました。これは『どちらも人目を忍んで“かく”』からなんだそうです。その他、酒は般若湯、ドジョウは踊り子、アワビは伏せ鉦(しょう)、タコは天蓋、鮎はカミソリなどと呼ばれていました」

汐莉「……なんか、お坊さんって意外とフリーダムだったのね……」
 相変わらずWi-Fiの接続状況が悲惨(auショップで相談した結果と職場でチラホラ聞いた話をまとめると、どうもこの間の地震で大分の電波状況が低下してるみたいではあるのですが)なので、ニコ生などにお邪魔してもまともに放送主の方と会話が成立しない状況が続いてます。(-_-;)
 2、3秒動いては止まる、的な状態の繰り返しで。

「魔法パイプとは違い、魔法携帯電話はマドルのものほど優れていなかった。プレッツェルタングでなければ相手のしゃべっている事が聞き取れないような事もしばしば起きた。バリーとその仲間がニューヨークに来ていることを(とぎれとぎれに)聞くや、フェルドとホルヘは数日間にわたるばか騒ぎ計画を即座にまくし立てた。」

 まさにこんな感じで(苦笑)。

 で、今日お邪魔したところ、不安になった事が……。

 それこそ「とぎれとぎれに」聞いた主さんの言葉とコメントを総合すると、どうも「ウチのサイトに来て下さったお客様が、文字化けして見られなかった」って話題だったみたいなんですが……。

 いや、だって「昨日ボコボコにされてたけど」とか、他の方のコメントで「本人の知らない所で起きた事を何でもかんでも知らせるのも良くないと思う」とか「ツイッターみたいに現実で危険な目に遭う訳でもないもので何言われようが気にならん」とかあったんですもん……。
 あ、ちなみに私はツイッターはやってません。

 結構本気で、ネットのどっかで私(かウチのサイト)が叩かれてるのかと不安になりました
 変な話ではありますが、そういう類の事ではなかったようなので安心しましたけれども、小心者なもので

 どうにも数カ月おきにこの問題(携帯からだとウチのサイトが文字化けする)って浮上するんですよねぇ。ウチの妹やお袋から始まって、職場の同僚、ちょっと前は、ブログの方に来て下さるハニーさんでもこの問題が起きてましたし。
 せっかく来て下さったのに、見られなかったという方には本当に申し訳ないです。
 文字化けを直せたら良いのですが、方法がなぁ……。うーむ(汗)。

 まぁ、何かあればサイトの方にも掲示板(コーナー名は『お客様の声』です)もありますので、よろしければそちらにでも……。
 そっちはサイト本体と違ってFC2のを使ってるので、多分大丈夫(検証してない)かと思いますので。

 さてさて、話は変わりまして、今日はグランドガルバトロンメンバー第四段です。
 ……写真は撮ってる超デッドヒートドライブや、クラウドメガトロンもレビューしないとなぁ。

 さておき、スタート!



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、ゾンビウォーブレークダウンを紹介するぞ!」



サンクラ「ゾンビウォーブレークダウンは、『プライム』世界で戦死したウォーブレークダウン(時系列的には『ビーストハンターズ』の後か?)が、和製G1世界のユニクロンに召喚されて復活した姿だ。復活させてくれたサイクロナス達への恩義から忠誠を誓ってるが、内心ではかつての相棒との再会を望んでるぞ」



サンクラ「バストアップ。トイは日本未発売の『コンバイナーウォーズ』商品、オフロードのリペイントだ。管理人は『プライム』版を持ってねえから比較は出来ねえが、塗装でウォーブレークダウンの赤い顔が再現されてるぞ」



サンクラ「背中側。後にリデコされたファーストエイドやアイアンハイドなんかと同じく、ボンネットを背負ってるぞ」



サンクラ「武器はオフロードの物と同型の斧と合体パーツだ。『壊すのだーい好きぃ!』が口癖のこいつには似合ってるな」



サンクラ「それじゃあ、トランスフォームだ!」



サンクラ「ビークルモード。オフロード車だ。『プライム』で本人曰く装甲車に変形していたぞ」



サンクラ「プライム版とはちょっと位置がずれてるが、フロントの両サイドにあるディセプティコン(デストロン)のエンブレムも再現されてるぞ」



サンクラ「それから合体パーツと斧は、ビークルモードでも装備が出来るぞ」



サンクラ「ゾンビウォーブレークダウンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 サイトを更新しました。
 今日は『店舗日誌』と『ホビー雑誌コーナー』です。
 『店舗日誌』にはくれはの過去話、ホビー雑誌コーナーには特車隊の二人(ドクター、ネックス)とラピートをアップしました。

 では、本文スタート!



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、カースアルマダスラストを紹介するぞ!」



サンクラ「カースアルマダスラストは、ユニクロンの変形に巻き込まれて死亡した『アルマダ(マイクロン伝説)』世界のスラストが、和製G1世界のユニクロンに召喚されて復活した姿だ。かつて自分を殺したユニクロンに復活させられた事を複雑に思ってて、内心ではグランドガルバトロン様を利用しての復讐を目論んでるぞ」



サンクラ「バストアップ。トイは同シリーズのエアーボット、エアーライダーの頭部リデコだ。特徴的なトンガリ頭は引き継いでるが、旧アルマダスラストともまた違った口のあるヒューマンフェイスをしてるぞ。因みに『カース』ってのは、『呪い』なんかの意味だ」



サンクラ「背中側。ゴーストスタースクリームと同じく、主翼は斜めにするように指定されてるぞ。機首なんかのデザインは、ゴーストスタースクリームよりむしろF-15に近い感じだけどな」



サンクラ「武器はスタースクリームと同型の銃と合体パーツだ。ちなみに合体パーツは、関節部の色が違うからスタースクリーム用の物とはそこで区別がつくぞ」



サンクラ「旧アルマダスラストと並べてみた。と言っても、管理人はスーパーモード版しか持ってねえから、あんまり比較にゃなんねぇな」



サンクラ「こうして並べてみると、顔のデザインは全然違ってる。元の形状が違うから、UW版は塗装で旧版に近づけようとしてて、UW版の左胸の緑に塗装された部分は、旧版の左胸のマイクロンジョイントを意識した物だ」



サンクラ「それじゃ、トランスフォームだ!」



サンクラ「ビークルモード。F-14風の戦闘機だ。日本で『F-14に変形する合体兵士』と言や、『TFV』のレオザックがいたんだけどな……」



サンクラ「主翼はこんな風に、可動させる事が出来るぞ」



サンクラ「さらに、スタースクリームと同じく主翼にも武器を装備可能だ」



サンクラ「今度はビークルモードで『マイ伝』版と並べてみた。旧版はVTOLに変形してたぞ。こうなると共通項はほとんど無ぇな」



サンクラ「ただし、機体上面の円モールドは、旧版のインテークを意識したように塗装がされてるんだぜ」



サンクラ「カースアルマダスラストの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 今日は木の葉モールや賀茂のヤマダ電機、元原ダイエーなイオンなどなどに行って来ました。

 久々に歯科大学近くの『ほんだらけ』に行ったら、潰れていたので残念でした……。少なくとも一年以上は多分行ってなかったなぁ……。

 さてさて、昨日と今日で、ミニプラのジュウオウキューブを買いました。



 キューブタイガーの方は駅からの通り道にあるサニーで買ったのですが、何故かキューブエレファントだけ無かったので、今日はそれを捜してあちこちと……。
 結局上で書いた元原ダイエーにあったんですが。そもそもミニプラのジュウオウワイルド自体、置いてる店があんまり無いんだよなぁ……。



 これで5人のキューブアニマルは揃いました。
 キューブゴリラとモグラもおいおいと……。



 取り敢えず、劇中でもたまに見せるジュウオウキング145で……って、しまった! キューブイーグルの頭部、倒したままだ(汗)。
 タイガーの爪の変形は忘れてなかったのに……。



 ワイルドジュウオウキングまでもうちょっとですね……てかこの構図、左半身に重量が寄ってますね(笑)。



 さらに1~5までのキューブアニマルも重ねてみました。
 トーテムポール?(爆) さすがに「オレ余ってるだろ!」にはなってませんが(キューブキリンはともかく)。



「知恵と、勇気と、自然への愛!」なんっつって。
 ……ライオンかエレファントが腰担当だったら完璧だったんですが(何が)。



 前にも書いたような気もしますが、「同じ形からそれぞれ違った全く別の形に変形する」っていうのは、TFのカセットロンやカセットボットに似てますね。

 ところで、今回は組み立てながら(さらに言うと、この記事を書いてる今も)ジュウオウジャーのOPのTVサイズを聞いてたんですが、今回初めて歌詞をちゃんと見ました。
 サビの最後の「太陽よりも燃える」の部分、じつは今まで「愛を取り戻せ~」とか聞こえてたり(『北斗の拳』か)。

 といったところで、今日はこの辺で。
 ではでは。
 はい、という訳で。



 製作開始から約二年(長いわ)、ようやくナツミが両形態とも完成しました。



 最大の難産になったのは胸部です。
 胸部も鏡にしようか、とも思っていましたが、『らき☆すた』の夏服のリボンがサイズ的にも丁度良かったので移植しました。



 両腕には盾にもなる鏡を装備しています。
 これはほむらの盾をベースに、ぷちサンプル『80's なつかしわが家』の『わたしの宝物』から鏡面シールを流用しました。
 コンパクト用のが、サイズ的に計ったかのようにピッタリでして(笑)。
 もう一方の盾には、ドレッサーの星型シールを円く切って使いました。

 ダブったアイテムの有効活用、なんてね(爆)。

 この盾は自身に向けられた魔法を反射するだけでなく、吸収・増幅して撃ち出したり、他人の『怨み』の感情を吸収する事も出来ます。



 武器はこれ。
 はやてのシュベルトクロイツの先端に、マミさんのマスケット銃のトリガー部分を組み合わせて作りました。
 モチーフは蝋燭と燭台です。



 この武器はこのように、銃の様に使用したり、持ち方を変えると……。



 銃口から刃が出現して、剣にもなります。
 刃部分は昔売ってた食玩『デュエルナイツ』第二段に付属している炎の鎧のパーツを使いました。

 なお、銃身の白い部分は普通の白ではなくて『グランプリホワイト(Mr.カラー69番)』を使ったのですが、写真だとあまり違いが分かりませんね。(^_^;)



瀬利(こいつ……強ぇ!)

ナツミ「なかなかやるじゃない、チョンマゲ」

 対決シーンのイメージで。
 初登場時にキュゥべえを「白幕」と呼んでましたが、ナツミは一部の相手を侮った渾名で呼ぶ癖がある……といった設定にする予定です。

 といったところで、今日はこの辺で。
 ご感想など頂けたら幸いです。m(_ _)m
 ではでは。



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、ゴーストスタースクリームを紹介するぞ!」



サンクラ「ゴーストスタースクリームは、幽霊になっていたスタースクリームが、ユニクロンの力で半実体化された姿だ(『2010』で復活した後、また死んだらしいな)。『完全に実体化させるとまた裏切る』ってユニクロンが見越してたからだが、幽霊としての力も使えるぞ。トイは同シリーズのエアーボット・スカイダイブのリデコだ。足の甲や翼に、従来のスタースクリームを思わせる塗装がされてるんだぜ」



サンクラ「バストアップ。頭部は新規で作られてて、オーソドックスなジェットロン顔だ」



サンクラ「背中側。主翼はリデコ元のスカイダイブと違って、斜めにするように説明書では指定されてる。エアーボットのリデコだから当然だが、背中に機首を背負ってるっていうのが、今までのスタースクリームとの大きな違いだ」



サンクラ「武器は二連装のライフルと合体パーツだ。モノ自体はリデコ元のスカイダイブと同一だ」



サンクラ「他のゴーストバージョンとの比較だ。管理人はG1復刻版のゴーストバージョンは持ってないんで、『ヘケヘケ』版だ。UW版が『無色透明』に近いクリアパーツを使ってるのに対して、『ヘケヘケ』版は青みがかったクリアパーツになってる。青いパーツ自体も、UW版の方がアニメに近い色合いだな」



サンクラ「それじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモード。今までと違ってF-16風のジェット機だ。ちなみに今まで、幽霊状態のスタースクリームがビークルモードにトランスフォームした事はアニメでは一度も無いんだぜ」



サンクラ「ビークルモードの主翼にゃ、武器を装備可能だ。左右の武器が同じだったら、G1ぽいんだがな……」



サンクラ「今度はビークルモードで『ヘケヘケ』版と。ヘケヘケ版はキャノピーもクリアパーツなのが大きな違いだな。逆にノーズ部分はどっちも無色透明の軟質パーツ製だ」



サンクラ「ゴーストスタースクリームの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


杏子「店長~、あたしそろそろ寝るからな~……って、なに飲んでんの?」

アカサカ「ウイスキー。いわゆる寝酒ってやつだ」

杏子「酒ねぇ。美味いの?」

アカサカ「ま、杏子ちゃんも大人になったら分かるさ(笑)。ところで杏子ちゃん、お酒にも色々あんだけど、世界で一番強い酒はポーランドの『スピリタス』ってウォッカで、そのアルコール度数は95度もあるんだぜ」

杏子「95度!? 火がつくじゃねえか!」

アカサカ「そ。だから喫飲中は、タバコも含めて火気厳禁だ。ちなみに主原料は穀物とジャガイモで、70回以上も蒸留することで、そのアルコール度数になってんだってさ」

杏子「へ~」

アカサカ「ちなみに第2位は西インドで作られる『レモンハート』ってラム酒で、アルコール度数は75.5度だ。その他テキーラは55度、中国のマオタイ酒は53度、今オレが飲んでるウイスキーやブランデーは40度、日本酒は16度、ワインは14度、ビールは5度くらい……ってな具合だ」

杏子「ふ~ん。あたしにゃ良くわかんねえや……」

アカサカ「ま、そうだろうな。……いつか杏子ちゃんが大人になったら、その時は一緒に飲もうぜ」

杏子「……そうだね、いつか……」