FC2ブログ
2016.02.29 閏年の雑学


アカサカ「ふう、2月ももう終わりだな……」

ハッピー「ねぇねぇ店長、どうして2月は一月だけ28日だったり、4年に一度29日になるの?」

アカサカ「ああ、閏年の事か。暦には太陽を中心にした太陽暦(たいようれき)と、月の満ち欠けで作った太陰暦(たいいんれき)があるんだ。日本じゃ、太陽暦と太陰暦を組み合わせた陰陽歴(いんようれき)が明治5年まで使われてたんだぞ」

ハッピー「へぇ~……」

アカサカ「で、太陰暦は一ヶ月が29・5日、一年は354日になる

ハッピー「え~、それじゃあ一年がずれちゃうじゃない?」

アカサカ「そ。だからおよそ5年に2回一ヶ月を付け加えた。それが閏月だ。つまりその年は一年が十三カ月あったってこったな。で、太陽暦の方は先ずエジプト人に作られて、それがローマ皇帝シーザーに採用されたんだ」

ハッピー「ふ~ん」

アカサカ「エジプト人が計った一年は、365・25日。つまり365日から四分の一余るんだ。だから四年に一度、閏年を作ったんだよ」

ハッピー「そうだったんだ」

アカサカ「で、差し当たって偶数月を30日、奇数月を31日に分けてみたんだが、365って数字は12で割り切れないよな? だから一年の最後の年だった2月(ローマでは2月が一年の最後)を減らして29日にしたって訳」

ハッピー「でもおかしいじゃない。普通は2月って、28日だよ?」

アカサカ「話は最後まで聞けって。シーザーの後を継いだアウグストゥスって皇帝がいてな。『自分の誕生月の8月が30日なのは気に入らない』って言いだした」

ハッピー「そんな勝手な……」

アカサカ「で、とうとう8月を一日増やす代わりに2月を一日減らして28日になったって訳」

ハッピー「なんか、とんでもない理由で今の暦って出来てたんだね……(汗)」

アカサカ「人間のやる事なんざ、いつだっていい加減なもんさ」
スポンサーサイト



2016.02.28 銭湯の雑学


汐莉「ついてないわね~、お風呂が故障なんて」

くれは「まぁ、たまには銭湯もいいじゃないですか。銭湯と言えば、営業浴場の始まりは意外に古くて、鎌倉時代からあったんだそうですよ」

汐莉「えぇ、そうなの?」

くれは「ええ。寺院などの社会事業としての共同浴場はそれ以前からあったそうなんですけどね。それから、個人営業としては天正19年(1591年)頃に伊勢与市という方が江戸日本橋に開業したのが始まりだと言います。湯銭は六文で、男女混浴だったんだそうです」

汐莉「やっだぁ。本当?」

くれは「はい。とは言っても、男性は下帯を、女性は腰巻きを身に着けていたそうですけどね。銭湯が盛んになったのは江戸時代の事で、江戸の名物、庶民の社交の場として様々な『湯屋』が出来ました。寛政の頃に『湯屋の定』が決められ、著しく風紀を乱すものとして男女の混浴が禁じられました。しかし混浴の習慣は消えず、処罰を受ける人まであったんだそうです」

汐莉「そうなんだ。ところでくれちゃん、折角だから、私、くれちゃんと背中の流しっこしたいの~♪」

くれは「はぁ、それは構いませんが……なんか汐莉、視線が怖いですよ……(汗)」


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts バスコ&サリー』を紹介するぜ」



ディケイド「バスコ・タ・ジョロキアは、宇宙帝国ザンギャック公認の私掠海賊だ。かつてはゴーカイレッドことマーベラスアカレッドと旅をしていたが、『何かを得るには、何かを捨てなきゃ』という持論でマーベラス達を裏切ったぞ。普段は地球人と同じ姿だが、これは『アカレッドも恐れた』という真の姿で、事実、劇中では最強の戦闘能力を持っていたぞ」



ディケイド「バストアップ。モチーフはゴレンジャーの海賊仮面やチェンジマンの副官ブーバなど、『歴代の海賊キャラクター+悪のレッド』らしい。確かに顔なんかはブーバに似てる部分があるな」



ディケイド「帽子の左側面には、こいつの海賊旗のマークがついてる。細かい部分だが、しっかり再現されてるぞ」



ディケイド「後姿だ。腰には毛皮のような腰巻きがついてる。背中にも海賊旗のマークがモールドされてるぞ」



ディケイド「付属品。各種手首に武器、それからラッパラッターだ」



ディケイド「ラッパラッターはバスコが所有するラッパ型のツールで、歴代の戦隊メンバーから『大いなる力』を強引に奪い取るほか、レンジャーキーを最大5本セットして吹くことで、そのキーの戦士を実体化させて操ることが出来るんだ」



ディエンド「キミ、ボクの真似はやめたまえ」

バスコ「……おたく何?」

ディケイド「海東……別にお前の事は呼んでないぞ」



ディケイド「話を戻して、武器はカトラス(海賊が持ってる反身の剣)型のカリブレードと、銃型のカリブラスターだ。特に後者は、人間態でも使用する事が多かったぞ」



ディケイド「他にも、マーベラス達が持つモバイレーツと同型の携帯電話も付属してる。しかもこのサイズで開閉が可能っていう細かさだ」



ディケイド「そしてこいつは、バスコの相棒、宇宙猿サリーだ。バスコに様々な体術を仕込まれており、シンバルを武器として器用に格闘する他、腹部の異次元ドアーには7体の巨大戦闘疑似生命体を待機させてるぞ」



ディケイド「後姿。まさにサルだな(笑)。当初はリスザルをモチーフにする案もあったんだそうだ。ちなみにこいつは『フィギュアーツZERO』仕様だから非稼働だが、後述のギミックの都合で首が外せるようになってるぞ」



ディケイド「サリーの付属品はこれだ。47話でバスコが『お守り』と称して渡した首飾り型爆弾だ」



ディケイド「首飾りは、一度サリーの頭を外してから装着させるぞ。最終的にサリーはバスコに爆破されちまうが、直前のゴーカイジャー達との交流で、恩を返すために爆弾を異次元ドアーにしまい込んで自分だけが爆発し、さらに首飾りのペンダントは、バスコとの決戦でマーベラスが命を拾うきっかけになったぞ」



ディケイド「バスコ&サリーの紹介は以上だ。それじゃ、またな!」
2016.02.26 模型三昧?
 タイトルの通りです。
 今日は模型購入を主に、あちこちめぐりました。



 まずは織田信長頑駄無。
 これは何年も前に買っていたのですが、今日、やっと軽装形態を組みました(爆)。

 ウチで出す時があれば、『ドリフターズ』の信長みたいな感じにしようかと考えています。
 ……島津豊久も那須与一もいませんが。

 次はこれ。



 博多のヨドバシでキュレムと妖怪ウォッチの万尾獅子を購入。
 スタンドを使わないと自立できないのは兎も角、デザインは良い感じですね。

 それで、ついでに能面のガチャガチャも回してきたのですが、またしても大癋見山姥でした
 何で毎回これやねん……。

 んで、近所の元ダイエーなイオンで遅めの昼食のあと、キャンドゥで背景を二つ購入。



 今回は庭の背景です。
 写真の物の他、もう一種類買いました。

 その後木の葉モールのホビーゾーンで、ぷちサンプルの喫茶店の奴を二つ購入。
 前回初めて買った時はナポリタンとコーヒーセットだったんですが、ものの見事に二つともダブりました

 なんでやねん……(汗)。

 まぁ、これで台紙についてるオマケのポスターやらを心置きなく切り取れますけど。
 ちなみに悔しいので、その後もう二つ買ったのですが、今度はホットサンドとホットケーキで、持ってない奴でした。



 その後は賀茂駅近くのヤマダ電機で『マジンボーン』のレオボーンとタイガーボーンを購入しました。
 レオボーンの方は頭部しかシールを貼ってませんが、最初から改造素体にするつもりで買ったからです。

 しかしタイガーボーン、シール多すぎだろう……。
 大将軍クラスならともかく、このレベルのプラモでシールが六十枚以上あるのは初めてです。
 上のキュレムなんて四枚だったのに……。



 ……さすがにちょっと、頭が大きすぎるか。
 眉毛があったり、身体の方も稲妻の要素があって良い感じだったんですが(何が)。
 もう一考するか。

 最後に、サニーで買ったのがこれ。



 先日買わずに終わったミニプラのジュウオウキングです。
 取り敢えず今回はジュウオウイーグルの二つを買いました。

 さすがに組む時間が無くなったので、明日以降に組もうと思っていますが。

 といった所で、今日はこの辺で。
 ではでは。
 ガンキラー、SDXかと思ったら、まさかの復活元祖SD第一弾とは!

 これは買うしかないですねぇ。
 一つは量産型カラー(黒)のまま組んで、一つは私のパーソナルカラー(薄紫とフタロニシアンブルー)にして……。

 人によっては狼馬の0号カラー(赤)はもちろん、大河カラー(白)やヒロシ型(角が武者ニューっぽいやつ)、武者ガンキラーや千生キラーにする人もいそうですね。
 予算さえ許せば私も10個くらい買いたいのですが……(苦笑)。

 それはさておき本文です。
 ではスタート!



ウエスト「ウエストだよ! 今日はヒカリアンのキャラシリーズから、ライトニングバスターセブンを紹介するね!」



ウエスト「ライトニングバスターセブンは、『超特急』の第3シーズンでは初登場したヒカリアンだよ。『超特急』では高い実力を鼻にかける事も無い爽やかな性格だったんだけど、『電光超特急』の初登場時には、自信過剰で個人主義な性格に変わっていたんだ。でも、ケンタくんの勇気を認めて、ボク達と一緒に戦うようになったんだよ」



ウエスト「セブンの一番の特徴は、何と言ってもこの尾翼だね。ここから光の刃を飛ばすライトニングスライサー(『超特急』ではセブンスライサー)が必殺技だよ」



ウエスト「背中のシールは、『超特急』では流れ星をイメージしたものだったけど、『電光超特急』では他のみんなと同じデザインのシールになったよ。ちなみに、『超特急』のトイ設定では、元々セブンはヒカリアン星では宇宙飛行士だったんだって」



ウエスト「武器はワームホールブラスター。ただしアニメには未登場で、『超特急』では素手、『電光超特急』では七支刀・神剣ナナツサヤノタチを武器にしていたよ。ナナツサヤノタチからは、ヤマタノオロチ型のエネルギーで相手を飲み込むライトニングワイバーンっていう必殺技もあったんだけど、ナナツサヤノタチは商品化されてないんだ。それじゃあ、ヒカリアンチェーンジ!」



ウエスト「ビークルモードは新幹線700系電車だよ。ヒカリアンのシリーズが展開されていた頃は、最新の新幹線だったんだ」



ウエスト「ワームホールブラスターは客車に収納できるんだけど、セブンの発売時は唯一『分割して収納される武器』だったよ(のちに『電光』で登場したライナーのスピアも、分割収納される武器になったけどね)」



ウエスト「それから、700系と言えばレールスターがあるけど、残念ながらこっちは商品化されてないんだ。ただし、『電光』のアニメでは、『覆面を被った』っていう設定で、“レールスターに似たカラーリング”の覆面戦士、レールセブンに変装した事もあったよ」



ウエスト「ライトニングバスターセブンの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」
 サイトを更新しました。
 今日は『ホビー雑誌コーナー』と『テレビ雑誌コーナー』です。
 ……しかし、仕方ないとは言え、ホビー雑誌コーナーはサンクラとウエストの記事ばっかり貯まっていくなぁ……。

 それはさておき、本文スタートです!



インペラー「ごっそさん。美味かったッス」

ハート「有難う御座いました♪」

ディケイド「あ……。悪り、インペラー。手持ちがねえから、ワリカンにしてくんねぇか?」

インペラー「いいッスよ。そう言えば先輩、『ワリカン』と『カンパ』ってどう違うんッスか?」

ディケイド「ワリカンは、『割前勘定』の事で、支払総額を頭数で割って平等に出し合う事だ。一方でカンパの方は、勘定じゃなくて、ロシア語の『カンパニア』の略なんだ」

インペラー「へぇぇ、そうだったんッスか」

ディケイド「これは“政治的な大衆闘争”って意味で、どっちも学生が作った略語で金に関する事ではあるが、語源はこの通り、全く違うんだ」

インペラー「さすが先輩。物知りッスね」

ハート「あの……それよりお勘定は……」
 今日は休みだったので、大分市街に繰り出しました。

 それで、今日、いつもと違う事と言えば、駅からは、最終の目的地まで全て徒歩で移動したという点です。
 順を追って説明しますと……。



 まず、大分駅から①の、トキハの1階にあるバスセンターで、次回帰省用のバスのチケットを買いました。続いて、



 ②の新川にある『ドン・キホーテ』でこれを購入。



『カルヴァドス』のチョコレートです。
 カルヴァドスはリンゴのお酒の事で、結構美味しいのですが、近くのドラッグストアには売ってなくて……。
 7箱買ってしまいました(爆)。

 でもって、その後一度大分駅の方まで戻り……。



 大分駅のキャンドゥで、先日のミニチュアのシリーズのタンスと座布団を購入。
 本当は和室の背景のもう一つも欲しかったんですが、売ってなくて……。

 で、それから、

     ③3
 
 ③の場所にある個人模型店で、



『ダンバイン』のバストールを購入。
 先日レプラカーンを買いましたが、こっちの方が下半身がいい感じかな、と思いまして。

 それでその後は、④の個人経営の散髪屋で髪を切ってもらいました。
 前回来たのが去年の9月だったので、かなり間が空いていました。

 その次は……



 ずーっと道沿いに歩いて行って……。



 途中にあるマルキョウ(九州のローカルスーパー)でこれを買ったんですが、中身はパッケージの1/3位のサイズでした。
 なんだこれ……。ぼったくりじゃん、タカトミ。
 まぁ、投げ売りのやつだったんでそこまで文句は無いですけれど……。

 でもって。



 大道トンネルを抜けて……



 ⑤のエコモールに寄りました。
 特に今回は、めぼしい物は無かったです。

 それでその後、⑥のドラモリで石鹸を買った後、さらに進んで……。



 ⑦のイオンにミニプラのジュウオウキングがあったんですけど、レジが込んでたんで買うのやめました(爆)。

 んで、そのまま進んで……。



 ⑧の、去年の6月末で閉店したマルキョウの前を通ったんですけど、



 いまだに建物がそのままで驚きました。



 そんでもって、その途中には明林堂書店があるんですが、



 大分なのに宮崎とはこれいかに?

 さて、話は戻って、そのまま進んで……。



 敷戸駅の横を通り、⑨のブックオフに行きました。



 昔、大分市街にいた頃はたまに自転車で来ていたんですが、徒歩で来たのは初めてです(当たり前だ)。



 そのブックオフでは、エンタのDVDが500円だったので購入しました。
 ファイブマンの1巻も相変わらずあったんですが、今回は見合わせで……。

 その後はまたイオンの辺りまで戻り……。



 ⑩のマンガ倉庫では、これを購入。



 先月の宝くじは見事に全部外れたんですが、10%オフのキャンペーンをやってたので、『スーパー戦隊 THE MOVE』の4巻と、figmaの杏子ちゃん(多分三個目)を買いました。



 ロッソ・ファンタズマ?(違)

 それから、⑪のわさだタウンにある百菜ブッフェで同僚と待ち合わせて夕食の予定だったのですが、仕事がいつ終わるかわからないとの事だったので、急遽臼杵に戻って、近所のAコープで半額のトンカツ弁当と、ドラッグストアでサラダを買って部屋で夕食と相成りました。

 さて、今回のルートをまとめるとこんな感じです。



 何キロ歩いたかなんて計りたくもねえや……(爆)。

 取り敢えず、今日はこんな所で。
 ではでは。


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はマシンウォーズ版の姿でお送りするぞ!」



サンクラ「今日、オレが紹介するのはこれ。『ビーストウォーズ メタルス』から、オプティマス・マイナーだ!」



サンクラ「オプティマス・マイナーは、トランスメタルス2ってカテゴリーに属する、リスザルに変身するサイバトロンの陸上コマンド戦士だ。メガトロンのクローン実験で誕生した戦士で、極めて優れたバランス感覚と登坂能力、そして高い知性(テックスペックでも8.3)も持ってるぞ」



サンクラ「こいつはアニメ未登場だが、トイは日本ではキャンペーンで抽選配布されたあと、トイザらスで限定場販売されたぞ。変形の都合で脚も関節が多いから、こんな風に胡坐をかかせる事も可能だ」



サンクラ「それじゃ、オプティマス・マイナー、変身!」



サンクラ「ロボットモードだ。こいつの緊急の課題は、実験の副作用として見についた、敵意に満ちた本能を抑える術を学ぶことだが、デストロンとの戦いでは有用な武器になってるぞ」



サンクラ「頭部。ビーストコンボイに似てるな。これと変形モードから、コンボイのクローンって説が有力だぞ」



サンクラ「武器はビーストモードの尻尾で出来た鞭だ。残念ながら一パーツ構成で無可動だけどな」



サンクラ「それから第一弾のレギュラークラス(今でいうスカウトクラスだ)のTM2には、腕や足が4本になるギミックがあって、こいつの場合は下腕部が二つに裂けて四本腕になるぞ」



サンクラ「脇腹にはスパーククリスタルが埋め込まれてる。変形ギミックの都合で、両モードで見る事が出来るぞ」



サンクラ「オプティマス・マイナーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 珍しく普通に日記的な物を。

 まずはニチアサから。

 ジュウオウジャーチョコのCMのBGM、「なんか聞いた事あるなぁ~」と思ってたら、『キーボッツ』の奴でした! 懐かしいなおい。

 あと、ようやく『魔法つかいプリキュア』が見られたんですが、今までとかなりノリが違いますね。
 完全に私事になるんですが、今回のプリキュアに堀江由衣さんが参加されたことで、ウチのオリジナル魔法少女のイメージキャストが全員プリキュア声優になってしまいました。

・くれは→堀江さん(キュアマジカル)
・瀬利→豊口めぐみさん(キュアビート)
・汐莉→水樹奈々さん(キュアブロッサム)

 まぁ、瀬利以外は海トヨさんが提案して下さったんで、完全に偶然なんですが(爆)。

 昨日、臼杵に帰って来る途中、大分駅で珍しい物を見かけました。



 隣の牧駅は車両基地になっていて、485系の客車とかも見るのですが。



 客車を一両牽引していました。



『高速軌道試験車』だそうです。

 あと、今日は仕事が遅番なので(つまりこの記事が投稿されてる頃は仕事中)、午前中はこれをちょっと進めました。



 マジカルパイプオルガンの側面部分です。
 アクリル板をプラモ用の鋸で切って、ヤスリとサンドペーパーで仕上げたのですが、かなり重労働でした。
 あとは後部にパイプを追加したり、キーボードも加工したり……と考えています。

 それから、



 先日、ヨドバシに取り寄せてもらって『フラッシュマン』の最終巻をようやく購入しました。

 微妙にバッドエンド気味ではありますが、話自体は面白かったですし、デウス獣戦士や遺伝子シンセサイザーも燃えましたし、買って良かったです。
 一応、『ゴーカイジャー』でその後のフォローもされているようですし(イメージシーンにダイが出て来ただけとは言え)。

 という訳で……。



咲夜「みんな、みんな改造してあげる……! 超魔科学こそが私の生きがい! その中でも最高の魔力を持つ(原典での正体が未確定のため伏字)! 貴様を改造するのが、私の最大の喜びなのよ!」

 BGMはもちろんバッハ平均律第1巻第10番フーガで。


 本編でもこうなるかは未定ですが、まぁ、一応雰囲気という事で。

 ……しかし、いい加減ナツミや咲夜の変身前くらい色塗らないといかんなぁ。
 ちなみに咲夜の白衣は牧瀬紅莉栖の物に変更しました。
 ブカブカ具合がいい感じです。(^_^;)

 といったところで、今日はこの辺で。
 ではでは。
2016.02.20 姓名の雑学


ハッピー「ワターシの、ナマーエは、キュアハッピーデ~ス……あ~ん、分かんない~……」

アカサカ「……ウエスト、ハッピーの奴、何やってんだ?」

ウエスト「英語の宿題とか言ってたけど……」

アカサカ「英語、あれが。……英語と言えばな、ウエスト。ヨーロッパにも、日本と同じように名字が先で名前が後に来る国があるって知ってたか?」

ウエスト「え、そうなの?」

アカサカ「ああ。それはハンガリーだ。ハンガリーはヨーロッパの国なんだけど、そこに住む人達の大半はマジャール人というアジア系の人種なんだ。だから、アジア的な風習も残ってるって訳」

ウエスト「へぇ~……」

アカサカ「……そう言えば、お前やのぞみ達の名字って、『ライトニング』……?」

ウエスト「……な訳ないでしょ」