FC2ブログ

LG-Greatshot-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、グレートショットを紹介するぞ!」


LG-Greatshot-2.JPG


サンクラ「グレートショットは、『トランスフォーマーV』に登場したシックス一族を抜けた一匹狼の隠密戦士だ。自分が正義にはふさわしいとは思ってないが、こいつを戦士として、友として認めたスターセイバーの人柄に惚れて、サイバトロンに味方してるぞ。トイはG1と同じく、シックスショットのリデコだ」


LG-Greatshot-3.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部のデザインがもろに和製TFって感じのラインだな。アニメじゃクロスフォーマーと組んで裏切られた過去があったり、ブレストフォースのガイホークと旧友同士だったりと、交友関係も、デストロンの方が多かったな」


LG-Greatshot-4.JPG


サンクラ「ヘッドギアを開けると、ヘッドマスターの頭部が露出する。何故か某勇者警察みたいなデザインになってるぞ」


LG-Greatshot-5.JPG


サンクラ「背中側。赤いカラーが強めの正面に対して、こっちは青が強いな」


LG-Greatshot-6.JPG


サンクラ「ヘッドマスターはクロームドームの親友ジャックだ。『ザ☆ヘッドマスターズ』のアニメに登場したゲストで、シックスショットから拷問を受けた末、人間(TF)爆弾に改造され、クロームドームに苦悩の末に射殺されちまった。その後、自分を友の仇と分かっていながら匿ってくれたクロームドームに恩を返すため、シックスショットが自分のボディと引き換えに、オーバーロードの手で復活を遂げたぞ」


LG-Greatshot-7.JPG


サンクラ「各ヘッドマスター(タイタンマスター)の比較だ。右からジャック(グレートショット)、シックスショット、リボルバー(TR版シックスショット)だ。元々リボルバーがジャックを意識したデザインだから、ジャックのHM素体にはリボルバーのものが使われてるぞ」


LG-Greatshot-8.JPG


サンクラ「さて、G1当時は無かった設定だが、『レジェンズ』では、シックスショットとグレートショットの声や一人称が同じ、トイもリデコ関係といった点から、『グレートショットは改心したシックスショットの転生体』って設定になってる。レジェンズ世界でジャックを復活させるシーンでは、シックスショットのヘッドマスターがグレートショットのボディに合体してるシーンがあるが、残念ながらトイではヘルメットが引っかかっちまって再現不可能だ


LG-Greatshot-9.JPG


サンクラ「因みにTR版のシックスショット頭部を使えば、再現は出来るぞ」


LG-Greatshot-10.JPG


サンクラ「アニメじゃ二刀流で戦ってたが、G1版トイと同じく、残念ながらこのLG版にも刀は付属してねえ。その代わり、(やっぱりG1版トイと同じく)シックスショットと同じ二挺ライフルが付属してるぞ」


LG-Greatshot-11.JPG


サンクラ「ライフルは、シックスショットと同じく合体させてヘッドマスター用のビークルに出来るぜ」


LG-Greatshot-12.JPG


サンクラ「リデコ元のシックスショットと。元々シックスショットは海外でも発売されてたアイテムだから、デザインは比較的控えめなのに対して、グレートショットはカラーリングもデザインも、後の『勇者シリーズ』に通じる派手なものになってるな」


LG-Greatshot-13.JPG


サンクラ「特に上半身にリデコか所が集中してる。ここだけ見たら、ほとんど別人(というか当時は実際別人だったが)だな」


LG-Greatshot-14.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Greatshot-15.JPG


サンクラ「G1版と同じく、グレートショットも六弾変形のトランスフォーマーだ。まずはタンクモード。シックスショットと違って、キャタピラ先端にも銃口があるぞ」


LG-Greatshot-16.JPG


サンクラ「もちろん、コクピットにはヘッドマスターが搭乗できるぞ」


LG-Greatshot-17.JPG


サンクラ「続いてはジェットモード。尾翼がより大きくアレンジされてる」


LG-Greatshot-18.JPG


サンクラ「バトルカーモード。この形態は、リデコか所が後部に集中してっから、ぱっと見は色以外はシックスショットとあまり変わらねえな」


LG-Greatshot-22.JPG


サンクラ「怪獣モード。唯一、シックスショットとはモチーフが違うビーストモードだ」


LG-Greatshot-19.JPG


サンクラ「頭部アップ。下あごはシックスショットのオオカミモードのパーツと共通だ。ちなみにG1版は頭部は黒かったが、LG版はアニメ設定を反映して、青い頭部になってるぞ」


LG-Greatshot-20.JPG


サンクラ「サブマリンモード。これもシックスショットと同じように、G1版には無かった形態だ」


LG-Greatshot-21.JPG


サンクラ「ただし、シックスショットと同じく、上下逆にすればレーザーガンモードに見立てる事は出来るぜ」


LG-Greatshot-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版グレートショットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

スポンサーサイト



 今日はアメブロの方に、昨日届いたアースライズ版スタスクとヘケヘケ版スタスクの比較記事を書いてきました。


 こちらの方は、『ホビー雑誌コーナー』の記事で行きます。

 では、さっそくスタート!


LG-Seaspray-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、シースプレー&リオーネを紹介するぞ!」


LG-Seaspray-2.JPG


サンクラ「シースプレーは、サイバトロン・ミニボットの海上防衛員だ。海とその生き物を愛していて、陸に帰ったりロボットモードに戻る時は悲しげだぞ。アニメの第43話『変身の泉』じゃ、トララカン人のアラナって宇宙人とのロマンスが描かれたぞ」


LG-Seaspray-3.JPG


サンクラ「バストアップ。G1版トイをそのままリメイクした感じだ。余談だが、説明書のコミックにはアラナも登場してて、アニメ版に続いて変身の泉の水でウーマンサイバトロンの姿に変身したぞ」


LG-Seaspray-4.JPG


サンクラ「背中側。プロペラは手動で回転可能だ」


LG-Seaspray-5.JPG


サンクラ「このLG版には、G1には無かった手持ち武器がついてる。説明書コミックじゃ放水銃で、ウォーターシュートって呼ばれてたぞ」


LG-Seaspray-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Seaspray-7.JPG


サンクラ「ビークルモードはホバークラフトだ。120ノットで航行し、6,437kmの航続距離を持ってる。各種のソナーとレーダー、水中及び地対空レーザーを備えてるぞ。また、車輪での陸上移動も可能だ」


LG-Seaspray-8.JPG


サンクラ「ウォーターシュートを外すと、G1版トイに近いフォルムになるぞ」


LG-Seaspray-9.JPG


サンクラ「続いてはリオーネだ。もともとは『ザ☆ヘッドマスターズ』の頃に発売されたヘッドマスタ・ティーンズの一人で、当時はライオンから頭部に変形していたトイオリジナルのキャラだ」


LG-Seaspray-10.JPG


サンクラ「背中側。今回は人型になってるから、ギミック自体は他のヘッドマスターと同一だ。コミックじゃ、『ビーストフォーマー』に登場したレーザービーストの大帝タイガーバーンに身体を乗っ取られて、この姿に変化したぞ」


LG-Seaspray-11.JPG


サンクラ「ヘッドモードでは、他のヘッドマスターのトランステクターにヘッドオンが可能だ」


LG-Seaspray-12.JPG


サンクラ「海外版であるTR版と。TR版の方が原色を使っていて派手だな」


LG-Seaspray-13.JPG


サンクラ「TR版じゃ、G1での変形モードであるライオンになるためのドローンとセットだったが、このライオン型のドローンは、結局日本版では未発売に終わったぞ」


LG-Seaspray-14.JPG


サンクラ「ビークルモードのシースプレーは、後部が開いてリオーネを搭乗可能だ。もちろん、他のヘッドマスター達も乗せられるぞ」


LG-Seaspray-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版シースプレー&リオーネの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 記事の方はBCRの続きで行きます。

 では、スタート!


BCR-LionC-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ06 仮面ライダービルド ライオンクリーナーフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-LionC-2.JPG


ディケイド「ライオンクリーナーは、ライオンと掃除機のフルボトルで変身する、仮面ライダービルドのベストマッチフォームの一つだ。ライオンフルボトルがマシンビルダーの起動に必要だからか、本編では登場回数が少ない形態になってるぞ」


BCR-LionC-3.JPG


ディケイド「バストアップ。左の複眼はライオン、右の複眼は掃除機と言う、分かりやすいデザインだ。左腕と肩をつなぐホースは軟質パーツ製だぞ」


BCR-LionC-4.JPG


ディケイド「背中側。このフォームも、背中側には分離スイッチ以外は特にギミックは無いぞ」


BCR-LionC-5.JPG


ディケイド「右腕に装備された『ゴルドライオガントレット』は、強力なライオン型のエネルギー弾を放つことが出来るぞ」


BCR-LionC-6.JPG


ディケイド「左腕の『ロングレンジクリーナー』は物体はおろか火や水まで吸収が可能。さらにそれらを肩の『BLDトラッシュコンバーター』で自身のエネルギーに変換できるぞ。さらに先端部が伸縮可能なギミックも再現されてる」


BCR-LionC-7.JPG


ディケイド「ハーフボディ。ライオンハーフボディは、胸部分のライアチェストアーマーはなんと武器を使った物理攻撃をほぼ通さず、ダメージを与えられるのは自身の爪『レオメタルクロー』のみだ。掃除機ハーフボディは、視覚センサーは汚染の原因となっている対象を特定する他、アンテナのノズルで花粉などの微粒子を取り込んでしまえる。身体を覆う装甲は特殊コーティングにより汚れに強く、敵に汚されてもすぐ落ちてしまうほどだぞ」


BCR-LionC-8.JPG


ディケイド「今度はトライアルフォームの紹介だ。まずはライオンコミック。本編にも登場した形態だ。四コマ忍法刀を使って、忍法を使用できるぞ」


BCR-LionC-9.JPG


ディケイド「次はライオンガトリング。ライオンと機関銃といった、強力なパワーを持つ者同士の組み合わせだ」


BCR-LionC-10.JPG


ディケイド「ライオンタンク。補色関係にあるボディ同士の組み合わせになってるぞ」


BCR-LionC-11.JPG


ディケイド「タカ掃除機。どちらも風と相性がよさそうなボディ同士の組み合わせだ」


BCR-LionC-1.JPG


ディケイド「『BCR』版ビルド ライオンクリーナーの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は前回に続いて『テレビ雑誌コーナー』の、『超特急ヒカリアン ストーリーダイジェスト』に、16、17話分を追加しています。


 記事の方はホビー雑誌コーナーです。

 では、スタート!


LG-BlueBigConvoy-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ブルービッグコンボイを紹介するぞ!


LG-BlueBigConvoy-2.JPG


サンクラ「ブルービッグコンボイは、サイバトロンの司令官だ。モノは『BWネオ』に登場したビッグコンボイのリカラーで、当時の雑誌の懸賞品が元になってるぞ」


LG-BlueBigConvoy-3.JPG


サンクラ「横から。前作『BWII』には、ゾウに変形するサントン(海外版・アイアンハイド)がいたが、マンモスに変形するキャラクターは、G1のシャフラー以来だぞ」


LG-BlueBigConvoy-4.JPG


サンクラ「頭部にはボタンがついてる。これを押すと……」


LG-BlueBigConvoy-5.JPG


サンクラ「軟質パーツ製の鼻を持ち上げるギミックがある」


LG-BlueBigConvoy-6.JPG


サンクラ「もういっちょ、耳を引っ張ると、牙が稼働するギミックを備えてるぞ」


LG-BlueBigConvoy-7.JPG


サンクラ「元がBWネオのトイだから、この時期のトイにあった第3形態は、当然こいつも備えてる。ビッグコンボイ型のこいつはマンモスタンクモードに変形するぞ」


LG-BlueBigConvoy-8.JPG


サンクラ「ビーストの脇腹部分にはスプリングギミックがあって、マンモスハーケンを発射可能だ」


LG-BlueBigConvoy-9.JPG


サンクラ「それじゃあ、ブルービッグコンボイ、変身!」


LG-BlueBigConvoy-10.JPG


サンクラ「ロボットモード。こいつには同時進行で二つのキャラクター設定があって、説明書コミックじゃ、『ビッグコンボイの父親で、コンボイ型TFが評議会の上層部を決める現在のセイバートロン星の在り方には否定的、“人を守るために戦って初めてコンボイになる”という信念を持ち、最後は息子を守ってブレントロン(?)との戦いで死亡、左腕と自身の名を息子に託す』って設定だ」


LG-BlueBigConvoy-11.JPG


サンクラ「バストアップ。赤いパーツが多かったビッグコンボイに対して、ブルー系のカラーリングでまとめられてる。胸部はクリアパーツだぞ」


LG-BlueBigConvoy-12.JPG


サンクラ「背中には必殺武器であるビッグキャノンを背負ってるぞ」


LG-BlueBigConvoy-13.JPG


サンクラ「両腕には、マンモストンファーが収納されてる」


LG-BlueBigConvoy-14.JPG


サンクラ「もちろん、ビッグキャノンは手に保持して構える事も出来るぞ」


LG-BlueBigConvoy-15.JPG


サンクラ「上部の青いツマミを回すと、スプリングで二連ミサイルが発射されるぞ」


LG-BlueBigConvoy-16.JPG


サンクラ「胸部にはαマトリクスが輝いてる。余談だが、実際に着脱可能なマトリクスが造形されたコンボイは、コイツ(のリカラー元であるビッグコンボイ)が初だ」


LG-BlueBigConvoy-17.JPG


サンクラ「マトリクスは両手に持たせることが出来るぞ」


LG-BlueBigConvoy-18.JPG


サンクラ「マトリクスを外した下にも、メカのモールドが入ってる。胸部のエンブレムは、クリアレッドのパーツにゴールドメッキで抜いてあるぞ」


LG-BlueBigConvoy-19.JPG


サンクラ「『ジェネレーションズセレクト』などでは、今の宇宙よりも前の宇宙い存在したプライマス直属の部隊『プライマスヴァンガード』の司令官として登場したぞ。歴代の青いTFを率いて青の星を守ってたが、ストラクサス兄弟の裏切りで暴走、仲間を手にかけないために自害したが、その後もマトリクスソードに残留思念が存在して、マグナコンボイや自身のクローンであるコンボバットを導いたぞ」


LG-BlueBigConvoy-20.JPG


サンクラ「レジェンズ版ブルービッグコンボイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

NemesisPrime-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TF ユニバース/クラシック』から、ネメシスプライムを紹介するぞ!


NemesisPrime-2.JPG


サンクラ「ネメシスプライムは、ストラクサスによる拷問と改造によって、コンボイをイメージして再建された兵士だ。その悪夢のような拷問によって、この姿になるより以前の事は覚えてねえ。恐るべき力を持ってるが、酷く不安定で、デストロンとサイバトロンともに、同じように脅威になってるぞ」


NemesisPrime-3.JPG


サンクラ「バストアップ。トイは海外のイベント、コミコン限定品で、『変形!ヘンケイ!』版コンボイのリカラーだ。最近では『ユニクロンに作られたコンボイのクローン』ってパターンが多いネメシスプライムの中では、珍しくユニクロンによる関与が全くない例だぞ(他は『プライム』に登場するメックの遠隔操作ロボくらいか)」


NemesisPrime-4.JPG


サンクラ「背中側。カラーリングは黒・青竹色といったブラックコンボイ系のカラーだが、珍しく赤は入ってねえ。脚部のカラーリングは、後のSGオプティマスにも似てるな」


NemesisPrime-5.JPG


サンクラ「武器は右手のスターコンバーターキャノンと、左手のディスラプターキャノンだ」


NemesisPrime-6.JPG


サンクラ「これら二つの武器は、合体させてショルダーキャノンモードにもなるぞ」


NemesisPrime-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


NemesisPrime-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはトレーラーキャブだ。フロントガラスが青いのが、他のブラックコンボイ系のTFとの違いだな」


NemesisPrime-9.JPG


サンクラ「ビークルモードを横から。車体下部のブラックグリーンと、ダークシルバーのラインがアクセントになってるな」


NemesisPrime-1.JPG


サンクラ「ユニバース版ネメシスプライムの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『テレビ雑誌コーナー』に、『超特急ヒカリアン ストーリーダイジェスト』の14、15話を追加しています。


 本文の方はホビー雑誌コーナーの記事です。

 ではスタート!


Straxus-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF ユナイテッド』から、ストラクサスを紹介するぞ!


Straxus-2.JPG


サンクラ「ストラクサスは、元々はマーベルコミック版に登場した、コミックオリジナルのデストロン幹部だ。セイバートロン星のポリヘックス地区を支配してて、要塞ダークマウントで、捕らえたサイバトロンや、エンプティーズと呼ばれるスラム街で暮らすロボット達を溶解し、新しいデストロンのボディを作ってたぞ」


Straxus-3.JPG


サンクラ「バストアップ。コミックじゃ、ブロードキャスト(こいつもスクラウンジって名前のダチを、ストラクサスに殺されてる)にスペースブリッジで次元の狭間に飛ばされて消滅したが、イギリス版では頭部だけで生き延びてて再登場を果たしたぞ」


Straxus-4.JPG


サンクラ「背中側。一方で日本版では、『レジェンズ』と並行して展開してた『ブルーオーダー』のシリーズで、青の軍団・プライマスヴァンガードを裏切ったキャラクターとして設定された。その際に、日本版カラーと海外版カラーの双子キャラになってて、日本版は兄で冷徹な性格、海外版は弟で粗暴な性格として描かれたぞ。後に兄はメガリゲーターの自爆攻撃で頭だけになっちまうが、それもイギリス版コミックのオマージュだろうな」


Straxus-5.JPG


サンクラ「武器はツルハシ型のエナジーアックスだ。これはコミック版でこいつが持ってた武器がモデルだぞ」


Straxus-6.JPG


サンクラ「エナジーアックスはこんな風に、背中に収納しておくことも可能だ」


Straxus-7.JPG


サンクラ「さらに、商品にはオプションの武器が付属してる。これは……」


Straxus-8.JPG


サンクラ「Cジョイントと呼ばれる連結パーツで、ボディのあちこちにマウントできるほか、別の商品との連動も出来るようになってるぞ」


Straxus-9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


Straxus-10.JPG


サンクラ「ビークルモードはターレットを備えたハーフトラックだ。車体の『M17』は、コイツが初登場したマーベルコミックの17号に由来してるぞ」


Straxus-11.JPG


サンクラ「横から。車体に対して、砲塔部分はかなり巨大な事が分かるな」


Straxus-12.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


Straxus-13.JPG


サンクラ「第二の変形モードは砲台だ。これは、コミックでコイツが浮遊砲台に変形していた事のオマージュだ」


Straxus-14.JPG


サンクラ「砲台モードを横から。この状態では完全に固定砲台(あるいは元ネタ通りの浮遊砲台)になるらしく、コロ走行は出来ねえ」


Straxus-15.JPG


サンクラ「後ろから。トリガー部分は、平手になってるキャラクターになら掴ませることが出来るぞ」


Straxus-1.JPG


サンクラ「ユナイテッド版ストラクサスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 私の歌謡曲の趣味について少々……。


 こちらの方は、『ホビー雑誌コーナー』の記事です。

 では、さっそくスタート!


LG-GodGinrai-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ゴッドジンライを紹介するぞ! それじゃ……」


LG-GodGinrai-2.JPG


ジンライ「超神合体!」


LG-GodGinrai-3.JPG


ジンライ「ゴッドジンライ!」


LG-GodGinrai-4.JPG


サンクラ「ゴッドジンライは、スーパージンライとゴッドボンバーが『超神合体』して完成する、サイバトロンの最高総司令官だ。スーパージンライの5倍の超魂パワーを発揮できるぞ。必殺技は、超魂パワーで自分を火の玉に変えて敵に体当たりする『超魂ゴッドファイヤーガッツ』だ」


LG-GodGinrai-5.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部や肩はスーパージンライの時と変化はないが、胸部や腕部、背中に追加装甲が施されてる。腕装甲のゴッドパンチに、超魂パワーを込めて放つ『超魂ゴッドパンチシュート』って技もあるぞ」


LG-GodGinrai-6.JPG


サンクラ「背中側。元々が宇宙から来るデストロン達を、地球到達前に食い止めるという状況を想定して作られてっから、背中に備えられた翼ゴッドウイングで、単機で宇宙に飛び立つ事も可能となったぞ」


LG-GodGinrai-10.JPG


サンクラ「このレジェンズ版じゃ、背中のユニットにゴッドボンバーのメットも含まれてる」


LG-GodGinrai-7.JPG


サンクラ「武器として、ゴッドボンバーに付属してた刀を装備できるぞ(と言うか、元々ゴッドジンライが『V』に登場した時に持ってた武器なんだが)」


LG-GodGinrai-8.JPG


サンクラ「ゴッドキャノンには、引き続きゴッドボンバーのヘッドマスターを収納できる。これによって、余剰なしの合体が可能だぞ」


LG-GodGinrai-12.JPG


サンクラ「リーダークラス同士のロボットが合体してるから、サイズはUW仕様の合体戦士にも匹敵するぞ」


LG-GodGinrai-11.JPG


サンクラ「スーパージンライのリデコ元である、パワーマスターコンボイと。ゴッドボンバーとの合体には、ジンライでリデコされたパーツを使ってるから、コンボイとゴッドボンバーの合体は不可能だ」


LG-GodGinrai-13.JPG


サンクラ「腕の構造はこんな感じだ。もともとの変形機構を活かして、伸長させたジンライの腕にゴッドパンチを付ける方式になってる。だから、G1版はゴッドボンバーの拳がゴッドジンライの拳になってたが、LG版じゃ、ジンライ本人の拳が引き続き使われてるぞ」


LG-GodGinrai-14.JPG


サンクラ「足首も、ジンライの足の下に、ゴッドボンバーの脚部をジョイントで接続する方式だ。ただし……」


LG-GodGinrai-15.JPG


サンクラ「ジンライの足首のロールは生きたままだから、特にここがヘタレてると……」


LG-GodGinrai-16.JPG


サンクラ「こんな風に、自分の後部重量に耐えられなくて、のけぞるように後ろに倒れちまうぞ」


LG-GodGinrai-17.JPG


サンクラ「このロール軸はピン打ちされたこの部分だから、ここを強化しておけば、何とか自立が出来るぞ(画像は分かりやすいように、ジンライの足首パーツを取り外してる)」

注:毎度言ってますが、改造はあくまで自己責任でお願いします。


LG-GodGinrai-9.JPG


サンクラ「レジェンズ版ゴッドジンライの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-GodBomber-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ゴッドボンバーを紹介するぞ!」


LG-GodBomber-2.JPG


サンクラ「ゴッドボンバーは、『超神マスターフォース』に登場した、地球製の人造TFだ。オーバーロードやブラックザラックの登場などに対抗するため、ジンライを強化する『ボンバー計画』で開発されたぞ。基本的にはジンライの超魂パワーを受けて稼働するが、秀太、キャブ、ミネルバの三人が力を合わせる事でも行動可能だ」


LG-GodBomber-3.JPG


サンクラ「バストアップ。劇中じゃ、明確な自我は無かったが、コミック版では最終回で、他のトランステクターが独立したTFに進化したのと同じく、自我を得たぞ。レジェンズでは逆に、ジンライがTFとして転生した際に、コイツの意思も消滅したって設定になってる」


LG-GodBomber-4.JPG


サンクラ「メットを外したところ。メットも込みで完成する前提だから、その下はシンプルだ」


LG-GodBomber-5.JPG


サンクラ「背中側。それまで旧製品や海外ジェネレーションズ製品をリカラー・リデコしてた他の『レジェンズ』製品と違って、こいつは日本展開のために完全新規作成されたアイテムだ」


LG-GodBomber-6.JPG


サンクラ「武器は肩のゴッドキャノンだ。先端の砲塔は分離させることも出来るぞ」


LG-GodBomber-7.JPG


サンクラ「ゴッドキャノンの内部には刀も収納されてる。これは『V』でゴッドジンライが客演した時に使ってた刀のオマージュだ」


LG-GodBomber-8.JPG


サンクラ「ゴッドキャノンは展開して、ヘッドマスターを搭乗させることも出来るぞ」


LG-GodBomber-9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。レジェンズ世界で復活したゴッドボンバーの魂ともいえる存在だ。秀太たちの超魂パワーで再起動したぞ。デザインは、コイツのための完全新規で、意図的にそれまでのキャラクターのオマージュ要素はねえ」


LG-GodBomber-10.JPG


サンクラ「余談だが、脚部関節はCW/UWの合体戦士と同じ仕様になってるから……」


LG-GodBomber-11.JPG


サンクラ「御覧の通り、CW/UWの合体戦士の脚部を合体させることが可能だ。コミックでは、ゴッドボンバーのパーツを盗み出したカースアルマダスラストとトリックダイヤ、ナイトビート(レジェンズ世界のミネルバ)が合体して、スーパージンライと交戦したぞ」


LG-GodBomber-12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-GodBomber-13.JPG


サンクラ「ビークルモードは武装コンテナだ。G1版は一旦バラバラになって変形するって方式だったが、このレジェンズ版は差し替えなしの完全変形が可能だぞ」


LG-GodBomber-14.JPG


サンクラ「横から。デザインはジンライのコンテナに似せてある。コロ走行も可能だ」


LG-GodBomber-15.JPG


サンクラ「後部。メットパーツ含めて、余剰になるパーツはねえぞ」


LG-GodBomber-16.JPG


サンクラ「コクピット(?)にはアニメ版での設定どおり、ヘッドマスターを三人乗せる事ができるんだぜ」


LG-GodBomber-17.JPG


サンクラ「パーツは濃いが、一応フロントガラスはクリア素材になってる」


LG-GodBomber-18.JPG


サンクラ「さらに先端からは、連結器を展開して……」


LG-GodBomber-19.JPG


サンクラ「設定どおり、ジンライの二両目のコンテナとして牽引できるぞ」


LG-GodBomber-20.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-GodBomber-21.JPG


サンクラ「さらにレジェンズ版には、G1版には無かった基地モードが追加されてる。こっちは一部差し換え変形になってるぞ」


LG-GodBomber-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ゴッドボンバーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BCR-FireH-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ05 仮面ライダービルド ファイヤーヘッジホッグフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-FireH-2.JPG


ディケイド「ファイヤーヘッジホッグは、ハリネズミと消防車のフルボトルで変身する、仮面ライダービルドのベストマッチフォームの一つだ。実はベストマッチフォームの中では、ネーミングが唯一両者ともフルボトルの名前と異なっているぞ」


BCR-FireH-3.JPG


ディケイド「バストアップ。左の複眼は横を向いたハリネズミ、右の複眼はラダーを伸ばした消防車になってる」


BCR-FireH-4.JPG


ディケイド「背中側。ホークガトリングやニンニンコミックと違って、特に特殊なパーツはついていない」


BCR-FireH-5.JPG


ディケイド「左腕にはマルチデリュージガンが装備されてる。ラダーを伸ばす、放水、火炎放射など多くの用途があるぞ」


BCR-FireH-6.JPG


ディケイド「マルチデリュージガンは、矢印に示した角度の間で可動が可能だ」


BCR-FireH-7.JPG


ディケイド「ハーフボディ。ハリネズミハーフボディは針の並んだナックルパーツBLDスパインナックルを装備し鋭い針で攻撃する。また、地中に潜んだ敵を特定する事もできる。消防車ハーフボディは然るべき機関へ応援要請を行う他、災害現場の図面を取得し、要救助者を特定して救助する能力に長けている。足にはアンカーパイル射出装置があり、これで相手に穴を開け、可燃性物質を流し込んで燃やす事も出来るぞ」


BCR-FireH-8.JPG


ディケイド「今度はトライアルフォームの紹介だ。まずはラビット消防車。BCRシリーズでは左右それぞれ、唯一の赤い通常ハーフボディ同士の組み合わせだ」


BCR-FireH-9.JPG


ディケイド「次はハリネズミ掃除機。どちらも“ベストマッチよりもトライアルフォームが先にデザインされたハーフボディ”って共通点がある組み合わせだ」


BCR-FireH-10.JPG


ディケイド「ゴリラ消防車。ゴリラの力強さと、消防車のパワーを併せ持った形態だ」


BCR-FireH-11.JPG


ディケイド「ハリネズミガトリング。ハリネズミの針と、機関銃っていう、いかにも攻撃的なフォームだな」


BCR-FireH-1.JPG


ディケイド「『BCR』版ビルド ファイヤーヘッジホッグの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

Genm-LV2-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゲンム アクションゲーマーレベル2』を紹介するぞ」


Genm-LV2-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーゲンムは、檀黎斗がプロトマイティアクションXガシャット変身する仮面ライダーだ。ジャンルはエグゼイドと同じくアクションゲームだぞ。当初は正体、目的共に不明で、そのため素性を知らない者たちからは『黒いエグゼイド』と称されていたぞ」


Genm-LV2-3.JPG


ディケイド「バストアップ。目つきはエグゼイドに比べて鋭くなってる」


Genm-LV2-4.JPG


ディケイド「背中側。エグゼイド達と同じく、フィギュアーツ版では劇中通り、レベル1形態の目は消えてるぞ」


Genm-LV2-5.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーにはプロトマイティアクションXガシャットが挿さってる。正面のパネル表示もゲンムになってるぞ。勿論、ガシャットは脱着可能だ」


Genm-LV2-6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。専用ウェポン・ガシャコンバグヴァイザーと各種交換用手首、バグヴァイザーの交換用パーツだ」


Genm-LV2-7.JPG


ディケイド「バグヴァイザーは、設定どおりビームガンモードと……」


Genm-LV2-8.JPG


ディケイド「差し替えでチェーンソーモードに変形可能だ」


Genm-LV2-9.JPG


ディケイド「エグゼイドと比較してみた。カラーリングと目つき以外は、基本的に同型になってるぞ


Genm-LV2-1.JPG


ディケイド「ゲンム アクションゲーマーレベル2の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 今日からウチの職場も通常営業に戻ったので、遅番の就業時間も今までより一時間遅くなりました。(^ ^;)

 さて、今日は『装動』の001を買ってきたので、アメブロの方で簡易レビューやネビュラヘルブロスと比較してみました。


 こちらの方は『ホビー雑誌コーナー』でいきます。

 では、さっそくスタート!


LG-Deadlock-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、デッドロックを紹介するぞ!」


LG-Deadlock-2.JPG


サンクラ「デッドロックは、ディセプティコンの猟兵だ。セイバートロン星の無法地帯で荒んだ日々を送っていた所、メガトロン様に軍団に迎え入れられて、デッドロックの名を与えられたぞ。のちにオートボットに鞍替えして、本名であるドリフトを名乗るようになったぜ」


LG-Deadlock-3.JPG


サンクラ「バストアップ。トイはドリフトのリデコだ。白を基調としたドリフトに対して、黒を基調とした対照的なカラーリングに仕上がってる。『クラウド』ではディセプティコン側のレギュラーとして、この姿で登場したぞ。設定なんかも、ほぼそのまま準じてる。クラウド世界のオレ(サンダークラッカー)と同じく、姿を変えることなくレギュラー入りしたキャラクターだ」


LG-Deadlock-4.JPG


サンクラ「背中にはブラスターライフルを背負わせることが出来るぞ」


LG-Deadlock-5.JPG


サンクラ「他に武器として二丁のレーザーブラスターガンが付属してる。ライフルと共に、モノはドリフトのリデコであるUNブラーの武器の流用だ」


LG-Deadlock-6.JPG


サンクラ「レーザーブラスターガンは、腰のホルスターにマウントしておくことが出来るぞ」


LG-Deadlock-7.JPG


サンクラ「ブラスターライフルは、両手持ちで構えることが可能なほか……」


LG-Deadlock-8.JPG


サンクラ「レーザーブラスターガンと合体させることも出来るぜ」


LG-Deadlock-9.JPG


サンクラ「さらに、武器としてドリフトになってから使用する『天下無双』と書かれた大剣も付属してる。付属漫画では、これは『TFGo!』の世界のゴウプライムが持っていた物を、グランドスカージと対峙した際に咄嗟に使用していたぞ。さらに2020年時点での最新作である『ジェネレーションズセレクト』でも、同じ設定と思しき形でゴウプライムと共演してる」


LG-Deadlock-10.JPG


サンクラ「大剣も、背中に背負わせることが可能だ」


LG-Deadlock-11.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Deadlock-12.JPG


サンクラ「ビークルモードは黒いスポーツカーだ。見るからに地球製の自動車だが、一応セイバートロンモードって扱いだぞ」


LG-Deadlock-13.JPG


サンクラ「横から。黒、紫に赤い窓ガラスと、デストロンらしいカラーリングになってるな」


LG-Deadlock-14.JPG


サンクラ「車体下には、ブラスターライフルや大剣を収納しておくことが出来るぞ」


LG-Deadlock-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版デッドロックの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BCR-NinninC-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ04 仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-NinninC-2.JPG


ディケイド「ニンニンコミックは、忍者とコミックのフルボトルで変身する、仮面ライダービルドのベストマッチフォームの一つだ。技(忍術)を備えた忍者と実現能力を持つコミックで合わさっているぞ」


BCR-NinninC-3.JPG


ディケイド「バストアップ。左の複眼は忍者という事で手裏剣、右の複眼は、ペンと原稿用紙を模してるぞ。胸部も漫画のコマ割りと、忍者の鎖帷子になってるな」


BCR-NinninC-4.JPG


ディケイド「背中側。忍者側には、マフラーパーツが付いてるぞ」


BCR-NinninC-5.JPG


ディケイド「それから、特徴的なのは脚部だ。ラビットタンク以外では、唯一独自のデザインになってる。これは、デザイン時にはコンセプトが決まり切っていなかったから、という事情があるらしい」


BCR-NinninC-6.JPG


ディケイド「武器として4コマ忍法刀が付属してる。ペンで描いたものを実体化させることが可能で、トリガーを引く回数に応じてコマに対応した4種類の忍術を発動できるぞ」


BCR-NinninC-7.JPG


ディケイド「ハーフボディ。忍者ハーフボディは腕や脚には忍者道具や暗器が仕込まれ、肩から生えた『オンミツマフラー』には光学迷彩能力と捕縛能力を有し、脚部『カクレイダーシューズ』には触れると感電するスタンマキビシを仕込んでいる。コミックハーフボディは、作画用の資料写真を撮影する機能や、イメージ通りの絵を描くためのサポート+やる気と集中力を促進する励まし機能が内蔵されている他、腕が疲労しても手首の筋肉を電気刺激でほぐして負担を軽減することが出来る。その上、肩の装甲で『BLDマンガカクショルダー』で印刷・製本まで出来てしまうという、戦闘以外で役に立ちそうな機能が多数供えられているぞ」


BCR-NinninC-8.JPG


ディケイド「それじゃあ、今度はトライアルフォームを紹介していくぞ。まずは忍者タンク。ファウストの基地に潜入した時に変身したフォームだ」


BCR-NinninC-9.JPG


ディケイド「続いてラビットコミック。忍者タンクとは逆の組み合わせだが、こちらは本編にも、ガンバライジングにも未登場だ」


BCR-NinninC-10.JPG


ディケイド「忍者掃除機。完全に名前が漢字の組み合わせだな(笑)。風を操る(掃除機側)って点では、忍者と相性は良さそうだけどな」


BCR-NinninC-11.JPG


ディケイド「そしてハリネズミコミック。どっちもトゲトゲした感じの組み合わせになってる」


BCR-NinninC-1.JPG


ディケイド「『BCR』版ビルド ニンニンコミックの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

LG-Broadside-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ブロードサイドを紹介するぞ!」


LG-Broadside-2.JPG


サンクラ「ブロードサイドは、サイバトロン・トリプルボットの空海防衛戦士だ。ジェット戦士の発着や、ビークル型サイバトロンの輸送に活躍するが、高所恐怖症で船酔いにも弱いって弱点を持ってるぞ。名前は『舷側』の事だが、『激しい非難』って意味もある」


LG-Broadside-3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はアニメ『2010』に近いデザインだが、ボディの方はかなりアレンジされてるぞ」


LG-Broadside-4.JPG


サンクラ「背中側。ジェット機の機首部分を、丸ごと背負ってる」


LG-Broadside-5.JPG


サンクラ「武器は高エネルギーのプラズマ・パルス銃だ。G1版では、他にバイブロアックス(振動斧)も持ってたぞ」


LG-Broadside-6.JPG


サンクラ「プラズマ・パルス銃は肩にも接続可能だ。説明書などの写真では、この状態で紹介されてるぞ」


LG-Broadside-7.JPG


サンクラ「もちろん、プラズマ・パルス銃には、ヘッドマスターが搭乗可能だ」


LG-Broadside-8.JPG


サンクラ「他のヴォイジャークラスのヘッドマスターと同じく、腹部の赤いボタンを押すと、頭部の両サイドからヘッドガードが飛び出すギミックを備えてるぞ」


LG-Broadside-9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。素体はTRアルファートリンのソブリンと同一で、『ギャラクシーフォース』のマイクロン、ルーツがデザイン基になってるぞ。コミック劇中では、この時点で通常の合体戦士と同じくらいの巨体として描かれたぜ」


LG-Broadside-10.JPG


サンクラ「トランステクターの方は、カースアルマダスラストに改造されて暴れ出したこともある。この時は、ダイナザウラーをまさにオモチャ扱いするほどの巨体(丁度実物のトイと人間と同じくらいの比率だ)として描かれたぞ」


LG-Broadside-11.JPG


サンクラ「それから商品には、同スケールのエアーボットが付属してる。どれだけこのブロードサイドがデカいか分かる付属品だな」


LG-Broadside-12.JPG


サンクラ「そして、日本版にはリパッグアーマーもついてる。コミック劇中じゃ、かつてのリパッグを模した着ぐるみって設定だ」


LG-Broadside-13.JPG


サンクラ「リパッグアーマーには、ヘッドマスターが合体できるぞ」


LG-Broadside-14.JPG


サンクラ「当然、リパッグ本人も合体可能だ。海外版であるTR版では、この組み合わせで販売されたぞ」


LG-Broadside-15.JPG


サンクラ「さらにリパッグアーマーも、ビークルモードに変形可能だ。コミックじゃ、トランステクターをスラストから取り戻すために、ブロードサイドが自分サイズに巨大化させたリパッグアーマーに搭乗したぞ」


LG-Broadside-16.JPG


サンクラ「リパッグアーマーは、武器モードにもなる。もちろん、ブロードサイドに装備可能だ」


LG-Broadside-17.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Broadside-18.JPG


サンクラ「一つ目のビークルモードはジェット機だ。航続距離は4,000km、最高時速は約マッハ2.3だ。さらに、周囲に8万ボルトの電気フィールドを投射可能だ」


LG-Broadside-19.JPG


サンクラ「ブロードサイドのヘッドマスターは、コクピットに乗り込めるぞ」


LG-Broadside-20.JPG


サンクラ「もいっちょトランスフォーム!」


LG-Broadside-21.JPG


サンクラ「二つ目のビークルモードは、全長366mの空母だ。速力は毎時40ノット(74km)で、航続距離は24,0kmだぞ。因みに、クインテッサの科学者インキラータがサイクロナス(デストロン)を誘拐した時、何故かコイツに宇宙船を偽装していたぞ」


LG-Broadside-22.JPG


サンクラ「空母の側面には、プラズマ・パルス銃を装着可能だ」


LG-Broadside-23.JPG


サンクラ「そして、空母モードでは艦橋部分がヘッドマスターの座席になる。コミックでも、この状態を見たエアーボット達から『そこは椅子なのか』と驚かれてたぞ」


LG-Broadside-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ブロードサイドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Sniper-Sonic-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『ヒカリアン』のキャラシリーズから、スナイパーソニックを紹介するね!」


Sniper-Sonic-2.JPG


ウエスト「スナイパーソニックは、特車隊に所属するヒカリアンだよ。名前の通りスナイパーで、 アニメではスナイパートレーラーも持ってたんだ。鉄道防衛隊のエリートでもあるんだよ。残念ながら、『電光超特急』には未登場。OPには、14話まで出てたんだけどね」


Sniper-Sonic-3.JPG


ウエスト「背中側。他のヒカリアンと違う特殊な変形をするから、形は普通のヒカリアンとはだいぶ違うんだ」


Sniper-Sonic-4.JPG


ウエスト「武器はハンドガン。アニメの設定画でも特に名前は決まってないけど、『描写はウージーを参考に』っていう注意書きがあるよ」


Sniper-Sonic-5.JPG


ウエスト「それからもう一つ、客車に搭載されたスナイパーキャノンも強力な武器だよ」


Sniper-Sonic-6.JPG


ウエスト「スナイパーキャノンは、360度回転させられるし、上下にも動かせるよ。さらにソニックの手持ち銃も取り付けられるんだ」


Sniper-Sonic-7.JPG


ウエスト「それじゃあ、ヒカリアンチェーンジ! 普通のヒカリアンは、足を後ろに畳んで、腕を収納するっていう変形だけど、このソニック(とファイヤーネックス)の場合は、まず尾翼を後ろに倒してロックをかけるよ」


Sniper-Sonic-8.JPG


ウエスト「それから、足を垂直に押し込むんだ(先に尾翼を押し込んでおかないとロックがかからないから収納が出来ないよ)。腕の収納は、他のヒカリアンと特に違いは無いよ」


Sniper-Sonic-9.JPG


ウエスト「ビークルモードは日豊本線883系だよ。車体は『ヒカリアン』が展開していた(そして883系が走り始めた)1990年代後半に合わせて、薄いメタリックブルーとシルバーに塗られてるんだ」


Sniper-Sonic-10.JPG


ウエスト「ビークルモードからのヒカリアンチェンジも、矢印で示した客車横のボタンを押すと、『バシャッ!』と先頭部が飛び出して、自動変形するよ。ただし、上で書いてきた通りボク達とは内部のコアユニットの構造自体が違うから、ボク達みたいに爪先を曲げたり出来ないんだ。それに、もし変形部分なんかが故障しちゃった時に、スペアパーツが用意しにくいのも欠点かな?」


Sniper-Sonic-11.JPG


ウエスト「それからこれは、説明書には載ってないんだけど、客車だけ変形させた状態。ソニックは客車の床部分で本体と接続されてるから、こんな事も出来るんだ。名付けて、『ソニック・バトルステーションモード』ってところかな。ちょっとトランスフォーマーっぽいよね(笑)」


Sniper-Sonic-1.JPG


ウエスト「スナイパーソニックの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」


 因みに調べてみたら、この883系ソニックの運用開始日、なんと私の10歳の誕生日(1995年4月20日)でした

 これは自分でもビックリです。(^ ^;)

 サイトを更新しました。

 今日は『画廊コーナー』に、先日サースィさんから頂いたイラストを掲載しています。


 記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、スタート!


BCR-HawkG-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ03 仮面ライダービルド ホークガトリングフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-HawkG-2.JPG


ディケイド「ホークガトリングは、ビルドドライバーにタカとガトリングのフルボトルを装填することで変身する、仮面ライダービルドのベストマッチフォームの一つだ。タカの飛行能力とガトリングの連射機能が合わさっているぞ」


BCR-HawkG-3.JPG


ディケイド「バストアップ。左の複眼はタカの頭部、右の複眼はそのままガトリングを模してる。ガトリング部分の胸部は胸部には弾丸が並んで弾帯になっているぞ」


BCR-HawkG-4.JPG


ディケイド「背中側。高い飛行能力を誇り、飛行能力を持っている敵に対してはこのフォームで対処して空中戦を繰り広げることが多い……んだが」


BCR-HawkG-5.JPG


ディケイド「画像の通り、翼を装着する穴はこのフォームにしか設けられてない。よって、『装動』のようにタカハーフボディを使ったトライアルフォームで翼を付ける、て事は不可能だ


BCR-HawkG-6.JPG


ディケイド「武器のホークガトリンガーも付属してる。中央のリボルマガジンを回転することで10発ずつ弾丸を装填でき、最高で100発放つことが出来るぞ」


BCR-HawkG-7.JPG


ディケイド「ハーフボディ状態。タカハーフボディは鷹の目の如き高度な視覚と飛行中の高度や天気を予測する機能を備えてて、背中には『ソレスタルウィング』という翼を持ち高い飛行能力を見せる、スピード戦法が得意なボディだ。ガトリングハーフボディは武器の照準センサーとリンクさせて命中率をあげる他、マズルフラッシュで目くらましをする能力、銃撃音を音響兵器として扱う機能が搭載されている。また、グローブ表面を特殊火薬で覆って殴った対象を爆破する事も出来るぞ」


BCR-HawkG-8.JPG


ディケイド「ここからは、トライアルフォームを紹介していくぞ。まずはラビットガトリング。ホークガトリンガーとドリルクラッシャーの二丁拳銃で、巨大化したスマッシュと戦ったぞ」


BCR-HawkG-9.JPG


ディケイド「次はタカタンク。上記のラビットガトリングとは逆の組み合わせだが、本編には未登場だ」


BCR-HawkG-10.JPG


ディケイド「ゴリラガトリング。ゴリラのパワーとガトリングボディの重装甲を併せ持つぞ。これも本編には登場していない」


BCR-HawkG-11.JPG


ディケイド「タカダイヤモンド。タカフルボトルは視力、ダイヤモンドフルボトルは幻覚と、視覚に関係する能力を持ったボディ同士の組み合わせだ。これも本編には未登場だぞ」


BCR-HawkG-1.JPG


ディケイドBCR』版ビルド ホークガトリングの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

LG-MagnaConvoy-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、マグナコンボイを紹介するぞ!」


LG-MagnaConvoy-2.JPG


サンクラ「マグナコンボイは、web展開に登場する『青の軍団・プライマスヴァンガード』の最後の一人だ。元は自我がねえ戦闘支援ロボットだったが、リーダーの最後の力で命を得たぞ。奪われたマトリクスソードの奪還と、裏切り者ストラクサスへの復讐がこいつの目的だ」


LG-MagnaConvoy-3.JPG


サンクラ「バストアップ。トイは『変形!ヘンケイ!』版コンボイのリカラーで、TFの前身である『ダイアクロン』のパワードコンボイ(ウルトラマグナスの元だ)のコアロボカラーに塗り替えたものだぞ」


LG-MagnaConvoy-4.JPG


サンクラ「背中にはシールドにもなるエネルギーユニットを背負っておく事が出来るぞ」


LG-MagnaConvoy-5.JPG


サンクラ「肩書の銃士に違わず、武器はコンボイガンと、エネルギーユニットが変形したイオンブラスターだ。どっちも過去のコンボイの武器と同じ名前だぞ。コンボイガンにはメッキもされてる」


LG-MagnaConvoy-6.JPG


サンクラ「エネルギーユニットとコンボイガンは、合体させてショルダーキャノンにする事も出来るぜ」


LG-MagnaConvoy-7.JPG


サンクラ「トイには、さらにマトリクスソードブレストクローが追加されてる。モノはそれぞれLGレオプライム(TRアルファートリン)とワイプの武器のリカラーだ」


LG-MagnaConvoy-8.JPG


サンクラ「マトリクスソードとブレストクローは、合体させることも出来るぞ」


LG-MagnaConvoy-9.JPG


サンクラ「商品付属のコミックではこの状態で、こいつらのリーダーが手にしているシーンも描かれたぞ」


LG-MagnaConvoy-10.JPG


サンクラ「さらに付属コミックじゃ、ブレストクローにコンボバットのソードを合体させて、コンボバットが搭乗するシーンがある。ただし、この状態だと綺麗に着座できねえ


LG-MagnaConvoy-11.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-MagnaConvoy-12.JPG


サンクラ「ビークルモードはトレーラーキャブだ。青い金属ナイトニウムで包まれているぞ」


LG-MagnaConvoy-13.JPG


サンクラ「ビークルモードじゃ、バンパーとプロントグリルにメッキがされてる。ある意味、『ヘケヘケ』の新商品ともとれる仕様だな」


LG-MagnaConvoy-14.JPG


サンクラ「ビークルモードを横から。青+黒といった寒色系のカラーリングは、実は今までのヘケヘケコンボイ型には無かったんだぜ」


LG-MagnaConvoy-1.JPG


サンクラ「マグナコンボイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方もちょっと更新しました。

 FZコレクションのロディマスを買ってきたので、その簡易レビューです。


 こちらの記事は、『BCR』の第二弾と行きます。

 では、スタート!


BCR-GorilaM-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ02 仮面ライダービルド ゴリラモンドフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-GorilaM-2.JPG


ディケイド「ゴリラモンドは、ゴリラのパワーとダイヤモンドの防御力を兼ね備えたベストマッチフォームだ。『パンチ特化』と『防御特化』の組み合わせにより、近接戦闘に特化したベストマッチとなっているぞ。欠点としては機動力が低く、遠距離戦には向いていない事だな


BCR-GorilaM-3.JPG


ディケイド「バストアップ。左の複眼はゴリラの頭部を模してて、左腕がアンテナ風になってる。右の複眼はダイヤモンドを模してて、反射した光のエフェクトがアンテナ風になってるぞ」


BCR-GorilaM-4.JPG


ディケイド「背中側。塗装が簡略化されてるのは、ラビットタンクフォームと同様だ」


BCR-GorilaM-5.JPG


ディケイド「ゴリラハーフボディの巨大な右腕は『サドンデストロイヤー』って呼ばれてて、パンチの威力を2倍に引き上げる炸裂パワーユニットが内蔵されており、低確率で敵を即死させる効果を持つぞ」


BCR-GorilaM-6.JPG


ディケイド「それから武器として、ガンモードのドリルクラッシャーも付属してるぞ」


BCR-GorilaM-7.JPG


ディケイド「もちろん、他のフォームに持たせることも可能だ」


BCR-GorilaM-7.JPG


ディケイド「ハーフボディ状態。ゴリラハーフボディはサドンデストロイヤーの他、脚部筋力と関節も強化され、必殺パンチを放つための強靭な足腰を作り上げる。ダイヤモンドハーフボディは、複眼を発光させて敵の目を眩ませたり、幻影を作り出す能力を持っている。装甲はダイヤモンドのように硬く、物理攻撃を受けても傷つくことはない。肩のダイヤモンドから展開した光の防壁で敵のエネルギー攻撃を反射することも可能だ」


BCR-GorilaM-9.JPG


ディケイド「ここからは、トライアルフォームを紹介していくぞ。まずはゴリラ掃除機。本編に出たゴリラハーフボディを使ったトライアルフォームでは、唯一BCRで再現できる形態だ。フライングスマッシュと交戦したぞ」


BCR-GorilaM-10.JPG


ディケイド「次はゴリラタンク。パワーと重装甲同士のトライアルフォームだ」


BCR-GorilaM-11.JPG


ディケイド「続いてラビットダイヤモンド。スピードと防御に特化した形態だ」


BCR-GorilaM-12.JPG


ディケイド「それからハリネズミダイヤモンド。淡い色合いと、各部にエッジが利いているという共通点を持つハーフボディ同士の組み合わせだ」


BCR-GorilaM-1.JPG


ディケイド「『BCR』版ビルド ゴリラモンドの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 いい加減、他のコーナーも更新しないとなぁ……。


 最近、ちょこちょこ「頭わいてる」ようなコメント(具体例:ヤフブロ時代からちょくちょく見かけた、親しい間柄でもないのに「○○の画像(動画)をお持ちでしたらなるべく早くブログに載せて下さい」などと厚かましい事をほざいてくる奴、記事を掲載して1分ほどで「面白かったです!!」の一言だけ書き込んでくる「お前中身読んでねえだろ」な奴)が来るので、あらかじめ書いておきます。

 そういうコメントは見 つ け 次 第 ス パ ム 報 告 & ブ ラ ッ ク リ ス ト に 追 加 し ま す ので悪しからず。


 さて、記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、スタート!


LG-Clonetron-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、クローントロンを紹介するぞ!」


LG-Clonetron-2.JPG


サンクラ「クローンボットは、デストロンに所属する双子の兄弟だ。クローンボットと同じく、全く同じ外見のロボットモードから、完全に異なるビーストモードに変形するのが特徴だぞ」


LG-Clonetron-3.JPG


サンクラ「まずはウイングスパン。クローントロンの空中兵士だ。知らない場所に嘴を突っ込むのが好きな詮索好きで、常に分析すべきデータに対しての飽くなき欲求を持ってる。敵兵をスパイするのと同じように、いつも人々の家の窓をのぞき込んでるぞ。名前は『翼幅、飛行機の左右両翼端の間の距離』って意味だ」


LG-Clonetron-4.JPG


サンクラ「お次はパウンス。クローントロンの地上兵士だ。ずる賢く、無口で獰猛で、犠牲者たちの懇願に聞く耳を持たねえ。視覚センサーに装備したレーザー距離測定器で、2挺の対人ミサイル付銃剣の99.4%って照準能力を持つぞ。名前は『動物などが上方から突然飛びかかる(襲い掛かる)』事だ


LG-Clonetron-5.JPG


サンクラ「背中側。クローンボットと同じく、共通のパーツが数多く使われてるぞ」


LG-Clonetron-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Clonetron-7.JPG


サンクラ「クローンボットがビークルなのに対し、クローントロンは空陸のビーストモードに変形するぞ」


LG-Clonetron-8.JPG


サンクラ「ウイングスパンのビーストモードはタカ型ロボットだ。強力な視力を持ち、科学および赤外線センサーで地形情報を収集、分析し、エネルギー源を発見するぞ」


LG-Clonetron-9.JPG


サンクラ「パウンスのビーストモードはピューマ型ロボットだ。11kmのジャンプ力を持ってて、優れた視力と嗅覚を併せ持つぞ」


LG-Clonetron-10.JPG


サンクラ「それからクローントロンも、ビーストモードで背中にヘッドマスター/タイタンマスターを搭乗可能だ」


LG-Clonetron-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版クローントロンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 こんにちは、アカサカです。

 今日はアメブロの方もちょこっと更新しました。


 さて、昨日記事用にアーツのレーザーLV3の画像を撮ったんですが、今日、いざアップしようとしたら既に撮っていたばかりか、ブログの画像フォルダにもアップしてました……。orz


 まぁ、以前の写真では撮ってない構図もあったので、その分だけ追加でアップしましたが……。


 さて、記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、さっそくスタート!


BCR-RabbitT-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ01 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-RabbitT-2.JPG


ディケイド「このシリーズは、劇中のフォームチェンジを再現した、低年齢向けのアクションフィギュアシリーズだ。まずはラビットタンクフォームを紹介していくぞ」


BCR-RabbitT-3.JPG


ディケイド「バストアップ。複眼パーツやビルドドライバー、それから左胸の突起部分は軟質パーツ製だ」


BCR-RabbitT-4.JPG


ディケイド「背中側。低年齢向け玩具だから、塗装はフィギュアーツに比べるとだいぶ簡略化されてるぞ」


BCR-RabbitT-5.JPG


ディケイド「拳は今までの低年齢シリーズと同じく、指が二本ずつつながって可動する仕様だ」


BCR-RabbitT-6.JPG


ディケイド「武器としてブレードモードのドリルクラッシャーが付属してる。軟質パーツ製で、未塗装だぞ」


BCR-RabbitT-7.JPG


ディケイド「さて、ここからはギミックの説明だ。腰の後ろのこのボタンを押すと……」


BCR-RabbitT-8.JPG


ディケイド「ボディが有機物サイドと無機物サイドに分かれる。これはハーフボディって呼ばれてて、それぞれのフルボトルの成分トランジェルソリッドで作られたスーツだ。フィギュアは見ての通り特殊な分割になってるから、首が動かせないって欠点もあるぞ」


BCR-RabbitT-9.JPG


ディケイド「このBCRシリーズは、様々なハーフボディを組み合わせて、ベストマッチ以外のフォーム、トライアルフォームを再現できるぞ。まずはハリネズミタンク。第1話から登場したトライアルフォームだ」


BCR-RabbitT-10.JPG


ディケイド「お次はラビット掃除機。ハリネズミタンクと同じく、本来のベストマッチよりも先に劇中にハーフボディが登場した組み合わせだ。余談だが、デザインもその関係でファイヤーヘッジホッグやライオンクリーナーよりも先に作られたそうだ」


BCR-RabbitT-11.JPG


ディケイド「今度はフィギュアーツ版と比べてみた。サイズはほぼ同じだが、造形の違いなんかがよく分かるな」


BCR-RabbitT-12.JPG


ディケイド「背中から。アーツ版はフォームチェンジギミックが無い分、造形や塗装がしっかりしてる。一方でBCR版は塗装や造型が簡略化されてる代わりに、ビルドアップのギミックや、アーツ版では別売りになった武器が付属してるぞ」


BCR-RabbitT-1.JPG


ディケイド「『BCR』版ビルド ラビットタンクの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 今晩は、アカサカです。


 アーツの方では、ついにと言うか今更ながらと言うか、ゾンビアクションレベルX-0も商品化が決定したようですね。逆を言えば、キルバスの商品化にもまだ望みがあるとも言えますが……。


 タイトルにもある通り、今回で私が持ってる『LVUR』シリーズの紹介は終わりです。次回からやっと『BCB』シリーズを紹介できます……(苦笑)。

『TFレジェンズ』も早く終わらせて、『POTP』に移らないとなぁ……。


 という訳で、さっそくスタート!


LVUR-Paradx-LV99-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ17 仮面ライダーパラドクスパーフェクトノックアウトゲーマー』を紹介するぞ!」


LVUR-Paradx-LV99-2.JPG


ディケイド「パーフェクトノックアウトゲーマーは、パラドがゲーマドライバーとガシャットギアデュアルを使って変身した、パラドクスの強化形態だ。変身音声は『赤い拳強さ! 青いパズル連鎖! 赤と青の交差! パーフェクトノックアーウト!』だぞ」


LVUR-Paradx-LV99-3.JPG


ディケイド「バストアップ。レベル50の時と違って、ライダーゲージが胸部に表示されている。レベルは99へとアップしたぞ」


LVUR-Paradx-LV99-4.JPG


ディケイド「背中にはレベル50の時と同じくダイヤルが付いているが、こっちでは回転させることは出来ない」


LVUR-Paradx-LV99-5.JPG


ディケイド「腕や足の横には、今までのLVURシリーズのフィギュアと同じく、ゲーマ装着用の凹穴が開いているぞ」


LVUR-Paradx-LV99-6.JPG


ディケイド「腰垂れは軟質パーツ製で、足の可動範囲は見た目よりも広くとれるんだ」


LVUR-Paradx-LV99-7.JPG


ディケイド「武器の『ガシャコンパラブレイガン』は軟質製だ。設定どおり、アックスモードと……」


LVUR-Paradx-LV99-8.JPG


ディケイド「がんモードに変形させることが出来るぞ」


LVUR-Paradx-LV99-9.JPG


ディケイド「手足の穴には、限定的ではあるが、これまで発売されたゲーマのアーマーを装着する事が出来る。説明書には載ってないけどな」


LVUR-Paradx-LV99-1.JPG


ディケイド「パラドクスパーフェクトノックアウトゲーマーの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

VUR-SimulationGamer1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ16 シミュレーションゲーマ』を紹介するぞ!」


VUR-SimulationGamer2.JPG


ディケイド「ファンタジーゲーマは、ガシャットギアデュアルβンバンシミュレーションズ面で召喚されるゲーマだ。内容は、『戦艦を操って敵の軍を殲滅するシミュレーションゲーム』ゲームらしい」


VUR-SimulationGamer3.JPG


ディケイド「上部から。空母をディフォルメしたようなボディだ。甲板には、戦闘機のモールドがあるぞ。艦橋部分がゲーマの頭部で、赤い部分が目、白い部分がいわゆる“への字口”だ」


VUR-SimulationGamer4.JPG


ディケイド「後ろ側。こっちはシンプルな形状をしているぞ」


VUR-SimulationGamer5.JPG


ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『デュアルアップ! スクランブルだ! 出撃発進! タバンバンシミュレーションズだ!」


VUR-SimulationGamer6.JPG


ディケイド「スナイプ・シミュレーションゲーマーの完成だ。全身に合計10門もの砲塔を備え、更に強化されたレーダー機能と組み合わせることで効果的に無数の敵を殲滅でき、その最大火力は圧巻の一言に尽きるぞ。近接戦も強く、砲台による文字通りの鉄拳を喰らわせる。また、魚雷やミサイルなどの状況に応じた特殊弾を発射したり、艦載機型ユニットを放って遠隔操作することも可能だ」


VUR-SimulationGamer7.JPG


ディケイド「正面から。胸部を保護するアーマー『バトルシップアーマー』にはブレイブレベル50同様の装着者への負担を前提にした戦闘能力強化システムが搭載されているが、かつてプロトバンバンシューティングガシャットを使用していた事や他のライダーよりも豊富な戦闘経験からか、ブレイブと異なり苦しむ様子は見られなかったぞ」


VUR-SimulationGamer8.JPG


ディケイド「背中側。ブレイブ・ファンタジーゲーマーとは対照的に、こちらも重装備な姿だ」


VUR-SimulationGamer9.JPG


ディケイド「他のゲーマと同じく、トイオリジナルのギミックとして、他のライダーにも装備可能だ。まずはエグゼイド」


VUR-SimulationGamer10.JPG


ディケイド「ブレイブ。スナイプのファンタジーゲーマーと同じく劇中には登場しなかったが、理屈上は可能な組み合わせだ」


VUR-SimulationGamer11.JPG


ディケイド「シミュレーションゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

LVUR-FantasyGamer1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ15 ファンタジーゲーマ』を紹介するぞ!」


LVUR-FantasyGamer2.JPG


ディケイド「ファンタジーゲーマは、ガシャットギアデュアルβタドルファンタジー面で召喚されるゲーマだ。内容は、『主人公の魔王が勇者を倒し、世界を征服する』ゲームらしい。つまり、このゲーマのモチーフは魔王だぞ」


LVUR-FantasyGamer3.JPG


ディケイド「背中側。折りたたまれたマントという、シンプルな姿だ」


LVUR-FantasyGamer4.JPG


ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『デュアルアップ! タドルメグルRPG! タドルファンタジーだ!」


LVUR-FantasyGamer5.JPG


ディケイド「ブレイブ・ファンタジーゲーマーの完成だ。レベルはこれまでの5から、一気に50だぞ。念動力・飛行能力・剣の光弾・バリア・炎の魔法・瞬間移動・エナジーアイテム無効化などの魔法を使用可能で、頭部の角『グランダークネスホーン』は変身者の意思を読み取り、バグスターウイルスの軍団を召喚し自在に操る機能を備えている」


LVUR-FantasyGamer6.JPG


ディケイド「武器はこれまで通り、ガシャコンソードを使用するぞ。このゲーマは制御が難しい事に加え、胸部を保護する鎧『ダークロードキュイラス』に搭載された装着者への負担を前提にした戦闘能力強化システムのせいで変身者への負担は決して少なくない為、戦闘が長引くと肉体に負担が蓄積してまともに動けなくなる危険性を孕んでいる」


LVUR-FantasyGamer7JPG


ディケイド「背中側。ファンタジーゲーマで畳まれていたマントを、ライダーの身長に合わせて展開しているぞ」


LVUR-FantasyGamer8.JPG


ディケイド「もちろん、今までのゲーマと同じく、他のライダーにも装着は可能だ。まずはゲンム。黒い悪役カラーのゲンムとは、相性バッチリだ」


LVUR-FantasyGamer9.JPG


ディケイド「スナイプ。ガシャットギアデュアルβはスナイプの使用する『バンバンシミュレーションズ』と共用だから、理屈としてはこういう形態も可能ではあったな」


LVUR-FantasyGamer10.JPG


ディケイド「ファンタジーゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

LG-Octane-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、オクトーンを紹介するぞ!」


LG-Octane-2.JPG


サンクラ「オクトーンは、デストロン・トリプルトロンの補給兵だ。貪欲で卑劣な乱暴者で、自分の価値を分からせるため、仲間が燃料の欠乏で苦しんでるのを放置して命乞いをさせたり、単なる楽しみのため、車を道路から突き落としたり、旅客機の着陸を妨害したりするぞ。名前は『オクタン(石油中の無色液体炭化水素)』からだ」


LG-Octane-3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメじゃ、ダイナザウラーを手名付けてガルバトロン様を倒そうとしたが、失敗してサイバトロンに身を寄せたぞ。また、『カワイコちゃん』のビデオを鑑賞するのが趣味って設定されたんだぜ」


LG-Octane-4.JPG


サンクラ「背中側。飛行機の主翼と尾翼を背負ってるのは、リデコ品のLGブラックコンボイと同じだ」


LG-Octane-5.JPG


サンクラ「武器は火炎放射器と二連のキャノン砲だ。こっちはブラックコンボイの物と同じものだぞ」


LG-Octane-6.JPG


サンクラ「キャノン砲には、ヘッドマスターが搭乗可能だ」


LG-Octane-7.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。説明書のコミックでは、LG世界のタイガトロンと意気投合して、カワイコちゃん(トリックダイヤ)のグラビアビデオを作って大儲け、一躍大金持ちになって、トランステクターを自前で購入したぞ」


LG-Octane-8.JPG


サンクラ「それからもう一つ、LG版にはゴーストスタースクリームのヘッドマスターも付属してる。これはUWでのユニクロンとの戦いの後、ストーカーのルナクローバーに首をすっ飛ばされた挙句、隕石でボディを破壊されたスタースクリームが自分をヘッドマスターに改造した姿だ」


LG-Octane-9.JPG


サンクラ「説明書のコミックでも登場したが、オクトーンのトランステクターを乗っ取ってロボットモードになったぞ。これは『2010』でスタースクリームが他のロボットに憑依して操った場面を再現したものだが、実はスタースクリームはオクトーンに取り憑いた事は一度もねえぞ(ガルバトロン様を倒すために手は組んだが)」


LG-Octane-10.JPG


サンクラ「スタースクリームが合体した状態じゃ、両肩のパーツが縦長に変形してる。TR版だとこの状態がデフォルトだぞ。それから、今の所この型(ジェットロン型)の頭部が採用されてるのも、このゴーストスタースクリームだけだ」


LG-Octane-11.JPG


サンクラ「腹部のスイッチを押すと、ヘッドガードがスプリングで飛び出すぞ。説明書コミックじゃ、乗っ取りに対抗した防犯システムで、合体したヘッドマスターを電撃で撃退する機能って設定されたぜ」


LG-Octane-12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Octane-13.JPG


サンクラ「一つ目のビークルモードはタンクローリーだ。走行距離10万4千km、最高速度時速145kmで、1万ガロン(3万8千リットル)の燃料の搭載が可能だ」


LG-Octane-14.JPG


サンクラ「ヘッドマスターはブラックコンボイと同じく、タンク部分に搭乗するぞ」


LG-Octane-15.JPG


サンクラ「タンク部分には、武器を搭載可能だ。積載した燃料を使っての火炎放射が出来るぞ」


LG-Octane-16.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Octane-17.JPG


サンクラ「もう一つのビークルモードはジャンボジェットだ。航続距離は1100km、最高速度は時速1200kmだぞ。アニメじゃ、ダチになったサイバトロンのサンドストームと空・陸でレースをして、気分転換したりしたぜ」


LG-Octane-18.JPG


サンクラ「ジェットモードでは、前後逆に座るのもブラックコンボイと同様だ」


LG-Octane-19.JPG


サンクラ「もちろん、このモードでも機体に武器を搭載できるぞ」


LG-Octane-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版オクトーンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Clonebots-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、クローンボットを紹介するぞ!」


LG-Clonebots-2.JPG


サンクラ「クローンボットは、サイバトロンに所属する双子の兄弟だ。全く同じ外見のロボットモードから、完全に異なるビークルに変形するのが特徴だぞ。因みに、どっちが兄でどっちが弟かは、特に設定されてねえ」


LG-Clonebots-3.JPG


サンクラ「まずはファーストレーン。クローンボットの地上戦士だ。少し幼稚な性格で、しばしば危険を求めてるように他人に見せようとしてる。刺激を求めて新しい道を探すのを好んでる、人生を無謀運転で進んでるやつだ。名前は『(多車線道路の)追い越し車線、高速車線』って意味だぞ」


LG-Clonebots-4.JPG


サンクラ「お次はクラウドレイカー。航法装置の不完全さが原因で、極度の閉所恐怖症だ。地上にいる事を恐れてて、空さえ不十分だと感じてるぞ。最速のサイバトロンの一人だが、どんな瞬間でも精神的に満たされねえから、自分の動きを縛っちまってる。名前は『雲を払いのける者』って意味だ」


LG-Clonebots-5.JPG


サンクラ「正面からだと、胸部のエンブレム以外全く同型の二人だが、さすがに背面は変形モードのパーツが露出してる関係で、別型になってるぞ」


LG-Clonebots-6.JPG


サンクラ「トイはリデコ関係で構成されてる都合上、ファーストレーンの腰パーツみたいに、変形には関係ないが、変形する部分もあるんだぜ」


LG-Clonebots-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Clonebots-8.JPG


サンクラ「最初に言った通り、コイツらは全く別型のビークルモードに変形するぞ」


LG-Clonebots-9.JPG


サンクラ「ファーストレーンのビークルモードはドラッグスターだ。最高時速は350km、またブースタージェットを使用すりゃ、5秒以内に最高速度890kmに加速できるぞ。航続距離は560kmだ」


LG-Clonebots-10.JPG


サンクラ「クラウドレイカーのビークルモードはジェット機だ。脱出速度を越えられず、衛星軌道にまで到達できねえ事に欲求不満を抱いてるが、そういった問題を忘れちまう状況じゃ、非常に有能な戦士になるぞ」


LG-Clonebots-11.JPG


サンクラ「二人とも、ビークルモードじゃパネルを展開して、ヘッドマスター/タイタンマスターを搭乗させることが可能だぞ」


LG-Clonebots-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版クローンボットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Blitzwing-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ブリッツウイングを紹介するぞ!」


LG-Blitzwing-2.JPG


サンクラ「ブリッツウイングは、デストロン・トリプルトロンの空陸参謀だ。悪質なユーモアセンスを持ってて、いつも喧嘩腰で大口をたたき、威勢がいいぞ。しばしばトランスフォームの際に、途中で引っかかって変形できなくなっちまうのが弱点だ。名前は『戦車と飛行機』のイメージ合成語からだ」


LG-Blitzwing-3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメじゃフットボール競技場を占拠した際、『ロングパス=長距離砲撃』、『ゾーンディフェンス=迷路によるかく乱』って勘違いを起こしたが、実際にそれで戦果を挙げた事もあったぞ。ただ、スタースクリームには『大ぼら吹き』呼ばわりもされてたな」


LG-Blitzwing-4.JPG


サンクラ「背中側。名前の通り、砲塔と翼を背負ってるのが特徴だ」


LG-Blitzwing-5.JPG


サンクラ「武器は電磁刀ジャイロブラスター・ライフルだ」


LG-Blitzwing-6.JPG


サンクラ「ジャイロブラスター・ライフルには、今まで通り、ヘッドマスター/タイタンマスターを搭乗させることが出来るぞ」


LG-Blitzwing-7.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。オリジナル版は普通のトランスフォーマーだが、この時期の玩具展開の特徴で、ヘッドマスターになったぞ」


LG-Blitzwing-8.JPG


サンクラ「胸部を開けてスイッチを押すと、頭部の両脇にヘッドガードが出現するのも、他のヴォイジャークラスヘッドマスターと同仕様だ」


LG-Blitzwing-9.JPG


サンクラ「そしてこいつはビッグファイト。ブリッツウイングに力を貸す変わり者のマンモス型ドローンだ。説明書の付属コミックでは、正体はTF病にかかったレジェンズ世界のビッグコンボイだったぞ」


LG-Blitzwing-10.JPG


サンクラ「ビッグファイトは戦車形態に変形して、ヘッドマスターが搭乗できるぞ」


LG-Blitzwing-11.JPG


サンクラ「さらにミサイルランチャーにも変形して、ロボットモードでの武器にもなるぞ」


LG-Blitzwing-12.JPG


サンクラ「モノとしては、TR版シャフラーからヘッドマスターを削除したもののリカラーだ。シャフラーは所属はサイバトロンだったぞ」


LG-Blitzwing-13.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Blitzwing-14.JPG


サンクラ「ブリッツウイングは名前の通り、三弾変形をこなすトリプルチェンジャーだ。一つ目のビークルモードは戦車。主砲は3.5マイルの射程を持つ、炸裂弾を発射できるぞ。因みに、G1版では74式戦車がモチーフになってたんだぜ」


LG-Blitzwing-15.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは砲塔部に搭乗するぞ」


LG-Blitzwing-16.JPG


サンクラ「車両側面と後部には、武器を装着可能だ」


LG-Blitzwing-17.JPG


サンクラ「アニメ版じゃ、ジェットモードのコクピットが前を向く変形で、G1トイでも再現出来たが、このレジェンズ版では再現は少し苦しいぞ」


LG-Blitzwing-18.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Blitzwing-19.JPG


サンクラ「二つ目のビークルモードは戦闘機だ。G1版じゃ、MiG-25フォックスバットだったぞ。マッハ2.7で飛行し、航続距離は1500マイルだ」


LG-Blitzwing-20.JPG


サンクラ「こちらでは、ヘッドマスターは機首部分を開けてから搭乗するようになってるぞ」


LG-Blitzwing-21.JPG


サンクラ「この形態でも、武器の装着は可能だ」


LG-Blitzwing-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ブリッツウイングの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『テレビ雑誌コーナー』です。


 それからアメブロの方にも記事を投稿しています。


 記事の方は、『ホビー雑誌コーナー』でいきます。

 では、本文スタート!


LG-BlackConvoy-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ブラックコンボイを紹介するぞ!」


LG-BlackConvoy-2.JPG


サンクラ「ブラックコンボイは、デストロンガーの暗黒司令官だ。元はサイバトロンの政治犯としてブレイブマキシマスを管理するために地球で休眠状態だったプロトフォームに、ギガトロンが自身の悪の魂を与え、トレーラーとファイヤーコンボイをスキャンしたことで、コンボイタイプのTFになったぞ」


LG-BlackConvoy-3.JPG


サンクラ「バストアップ。上述の通り、外見はコンボイタイプそのものだが、性格は冷酷残忍で器量も狭く、自信過剰と、どっちかと言うとスタースクリームやレオザックに近い役回りだったぞ。ギガトロンに面従腹背だったのも、『GF』のスタースクリームと共通してるな。胸部にはコンバットロンのエンブレムがプリントされてるぞ」


LG-BlackConvoy-4.JPG


サンクラ「腹部のフロントグリルを押すと、スプリングで両耳の横にアンテナが出現する。説明書コミックでは、サイバトロンから再びデストロンガーに戻った際に、アイコンのように出現したぞ」


LG-BlackConvoy-5.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードの翼が畳まれてる」


LG-BlackConvoy-6.JPG


サンクラ「武器はブラックソードプラズマガンだ。これらはオリジナル版(後述)にも付属していた装備だぞ」


LG-BlackConvoy-7.JPG


サンクラ「プラズマガンは、今まで通りヘッドマスター用の小型ビークルにもなるぞ」


LG-BlackConvoy-8.JPG


サンクラ「さらに、ブラックソードとも合体可能だ」


LG-BlackConvoy-9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。外見はダイアクロン隊員がモチーフだ。改心したデビルギガトロンによってサイバトロンにリフォーマットされたものの、その強引な正義行使がレジェンズ世界のサイバトロンの反感を買って、結局ダーク・アイに協力したクロームドーム達の手でデストロンガーに戻されたぞ」


LG-BlackConvoy-10.JPG


サンクラ「トランステクターは、量産型ドローンって設定だ。元ネタは実写映画トイの量産型TF達(いわゆる『無念お砲塔シリーズ』)だぞ。ブラックコンボイの他、トランステクターを封印されたクロームドーム達にも奪取されてヘッドオンされたんだぜ」


LG-BlackConvoy-11.JPG


サンクラ「オリジナル版と。モノはG2バトルコンボイのリカラーで、初にして現時点で唯一の『レギュラーとしての悪のコンボイ』だったぞ。レジェンズ版も海外展開のTRではコンボイとして発売されたぞ」


LG-BlackConvoy-12.JPG


サンクラ「さらにボットコン版と。LGでも、当初はこの姿(のLG版)として登場してて、UWのwebコミックなどで活躍したぞ」


LG-BlackConvoy-13.JPG


サンクラ「コミックじゃ、デストロンガーに戻った後は、同じく強制的にサイバトロンにされた部下たちを再度コンバットロンに戻して、デストロンガー再興のために旅立っていったぞ」


LG-BlackConvoy-14.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-BlackConvoy-15.JPG


サンクラ「ビークルモードはタンクローリーだ。カラーリングはオリジナル版を踏襲してるが、タンク部分もボディの一部になってるのが大きな違いだ」


LG-BlackConvoy-16.JPG


サンクラ「コクピットはキャブ部分じゃなくて、タンク部分に存在してるぞ」


LG-BlackConvoy-17.JPG


サンクラ「タンクには、武器を装着可能だ」


LG-BlackConvoy-18.JPG


サンクラ「もういっちょ、トランスフォーム!」


LG-BlackConvoy-19.JPG


サンクラ「もう一つのビークルモードはジェット機だ。今回のブラックコンボイは、初のトリプルチェンジャーってわけだな」


LG-BlackConvoy-20.JPG


サンクラ「コクピットはタンクローリーモードと共通だが、座る向きが前後逆になってるぜ」


LG-BlackConvoy-21.JPG


サンクラ「もちろん、この形態でも武器は装着可能だ」


LG-BlackConvoy-22.JPG


サンクラ「それからコミックだと、説明書には変形法は載ってねえが、トランステクターの基地モードも登場したぞ。オリジナル版でタンク部分が変形していたバトルベースを想起させるな」


LG-BlackConvoy-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ブラックコンボイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日、ふとしたことからpixiv百科事典でホーリーマミとマギウスの事を調べたんですが、行動理念がウチの『店舗日誌』に登場するL.M.E(ナツミや咲夜が所属してる組織)に近くて(と言うかほぼ丸被りで)盛大に吹きました(苦笑)。一般人を犠牲にする事もいとわない、って点も共通してますし……。

 一応、パクリじゃないって証明のために言っておきますが、ナツミの初登場は2016年の5月ですからね!(笑)


 さて、本文の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、さっそくスタート!


TR-Metalhawk-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、メタルホークを紹介するぞ!」


TR-Metalhawk-2.JPG


サンクラ「メタルホークは、『超神マスターフォース』に登場した、サイバトロンプリテンダーの宇宙指揮官だ。外見もサイズも人間に擬態する事が可能で、デストロンプリテンダーが活動を始めるまで、剛秀太の兄貴分として生活してたぞ」


TR-Metalhawk-3.JPG


サンクラ「バストアップ。トイはTR版トリガーハッピーのリデコで、『シージ オン セイバートロン』ってボックスセットに収録されてたトイの一つだ。販売は米国のBig Bad Toy Store限定だぞ」


TR-Metalhawk-4.JPG


サンクラ「背中側。もともとG1じゃ、日本版オリジナルのキャラクターだったが、今じゃ海外でリメイクされることの方が多いっていう複雑なキャラだ」


TR-Metalhawk-5.JPG


サンクラ「タイタンマスター。背中のロボットモードの顔以外は、ターゲットマスタージェットロン型の共通仕様だ。余談だが、タイタンマスターには特に設定はねえから、日本版みたいに『頭部を本体』と見る事も可能だぞ」


TR-Metalhawk-6.JPG


サンクラ「武器は二挺のジェット・ライフルだ。モノはTR版トリガーハッピーに付属してた銃のリカラーだぞ。ちなみにG1版にあった剣は付属してねぇ」


TR-Metalhawk-7.JPG


サンクラ「ジェット・ライフルは、組み合わせてタイタンマスター用のビークルに出来るぞ」


TR-Metalhawk-8.JPG


サンクラ「リデコ元になったトリガーハッピー(の日本版であるLG版)と。LG版トリガーハーピーの胸部にはターゲットマスター装着用の凹穴が追加されてるが、メタルホークは頭部とカラーリング以外はTR版トリガーハッピーと同仕様になってるぞ」


TR-Metalhawk-9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-Metalhawk-10.JPG


サンクラ「ビークルモードは星間ジェット機だ。地球から月まで、15分で往復が可能だぞ」


TR-Metalhawk-11.JPG


サンクラ「もちろん、コクピットにはタイタンマスターが搭乗可能だ」


TR-Metalhawk-12.JPG


サンクラ「ビークルモードでトリガーハーピーと。上で書いた通り、G1版と違ってカラーリング以外は同型だ」


TR-Metalhawk-13.JPG


サンクラ「今度はタイタンマスター/ヘッドマスターと。LG版は塗装が細かいから、ホークのタイタンマスターはシンプルに見えるな」


TR-Metalhawk-1.JPG


サンクラ「メタルホークの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Acidstorm-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFユニバース』から、アシッドストームを紹介するぞ!」


Acidstorm-2.JPG


サンクラ「アシッドストームは、初代アニメ『SOS! サイバトロン』に登場した、ジェットロン保安部隊の一人だ。”レインメーカーズ”としてしか知られていないデストロンの一人で、チームメイトとほんの数人にしかその存在を知られていないぞ。アイテムは『ヘケヘケ』版ジェットロン型で、日本では未発売だ」


Acidstorm-3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭が良く、熱心で、デストロンの信義に全てを捧げてる。膨大な量のデータを整理する才能を持ち、言葉に対しても同等の能力を発揮するので非常に力のある演説を行う事が出来るが、チームの中でひっそりと生きていく方を好んでるっていう謙虚な奴だ」


Acidstorm-4.JPG


サンクラ「背中から。アニメだと黄緑一色の体色だったが、トイでは御覧の通り、緑地に迷彩模様ってカラーリングになってる」


Acidstorm-5.JPG


サンクラ「武器はハイペリオン3ブラスターだ。普通の雲を非常に強力な破壊力を備える酸性雨を降らせる雲に変える事が出来るぞ」


Acidstorm-6.JPG


サンクラ「ハイペリオン3ブラスターは、手に持たせることも可能だ」


Acidstorm-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


Acidstorm-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはジェット機だ。アニメじゃセイバートロン残留組だったから、変形モードはセイバートロンジェットだったが、トイ版はアースモードになってるぞ」


Acidstorm-9.JPG


サンクラ「……ちなみに管理人の個体は、印刷ミスか、尾翼にデストロンマークが二重で印刷されてるぞ」


Acidstorm-10.JPG


サンクラ「ビークルモードを上から。迷彩模様が良く目立つな。デストロンマークは、黒でプリントされてる。向きはG1トイと同じく、ロボットモードで正位置にくるパターンだぞ」


Acidstorm-1.JPG


サンクラ「ユニバース版アシッドストームの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Topspin-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、トップスピンを紹介するぞ!」


LG-Topspin-2.JPG


サンクラ「トップスピンは、ツインツイストと同じく、G1版は日本未発売の、サイバトロン・ジャンプスターターズの水陸攻撃員だ。LGでは、ツインツイストと同じくレッカーズの一員として登場したぞ」


LG-Topspin-3.JPG


サンクラ「バストアップ。ツインツイストとは双子の兄弟で、同じくレジェンズ世界を創造したって設定になったぞ」


LG-Topspin-4.JPG


サンクラ「背中側。コミックでは、ヘッドマスター、パワードマスター、ターゲットマスターの能力を兼ね備えてるから、自身をトリプルマスターとも称してたんだぜ」


LG-Topspin-5.JPG


サンクラ「海外版であるTR版と。ツインツイスト」と同じく明るい色合いになったが、青い部分が目立つから、より違いが顕著だな


LG-Topspin-6.JPG


サンクラ「ヘッドマスター/タイタンマスターの比較。LG版は、顔やゴーグルまで塗装されてるのが大きな違いだ」


LG-Topspin-7.JPG


サンクラ「ツインツイストと同じく、TR版にあった武器がオミットされて、ターゲットマスターのピースマンが付属してる。G1版では、ブランカーのパートナーだったぞ」


LG-Topspin-8.JPG


サンクラ「ピースマンは、ステレオソニックブラスターに変形するぞ」


LG-Topspin-9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Topspin-10.JPG


サンクラ「ビークルモードは水陸両用艇だ。コミックでは、ゾディアックの力で既にヘッドマスター化していたぞ」


LG-Topspin-11.JPG


サンクラ「TR版との比較だ。ロボットモードの時と同じく、青いパーツの変更が印象的だな」


LG-Topspin-12.JPG


サンクラ「ピースマンは機体後部に装着可能だ」


LG-Topspin-13.JPG


サンクラ「さらにコミックでは、ツインツイストと合体してアタックパワードって新形態にもなったぞ」


LG-Topspin-14.JPG


サンクラ「正面から。お互いのターゲットマスターも、合体に組み込まれてる」


LG-Topspin-15.JPG


サンクラ「横から。理屈としては、パーシャルであることを活かして、脚部のジョイントで互いのボディをつなげる状態になってるぞ」


LG-Topspin-16.JPG


サンクラ「後ろから。もともと想定された合体じゃねえから、脚部の位置は自分で微調整する必要があるぞ」


LG-Topspin-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版トップスピンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!

LG-Twintwist-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ツインツイストを紹介するぞ!」


LG-Twintwist-2.JPG


サンクラ「ツインツイストは、G1では日本未発売のサイバトロン破壊員だ。LGでは、アメコミの設定に倣ってレッカーズの一員として登場したが、他にも重要な秘密を持つキャラになったぞ」


LG-Twintwist-3.JPG


サンクラ「バストアップ。国内版では、『トランスフォーマーZ』に登場したパワードマスターの元祖にして、レジェンズ世界を作ったメンバーの一人とされたんだぜ」


LG-Twintwist-4.JPG


サンクラ「背中側。コミックじゃ、レジェンズ世界を終わらせようとするユンカンの前に、レッカーズの仲間たちと共にレジェンズ世界に駆け付けたぞ」


LG-Twintwist-5.JPG


サンクラ「海外版である、TR版(右)と。LG版の方が、パーツが全体的に明るい色合いになってる。肩や胸部の塗装も、より細かく色分けされてるぞ」


LG-Twintwist-6.JPG


サンクラ「ヘッドマスター/タイタンマスターの比較。国内版は胸部が青くなって、色数が増えてる。コミックじゃ、ウインドブレードに首を切り落とされた瞬間、ゾディアックの力でヘッドマスターに生まれ変わったんだぜ」


LG-Twintwist-7.JPG


サンクラ「そして、LG版ではTR版の武器が削除された代わりに、ターゲットマスターのスポイルが付属してる。G1では、サーショットのパートナーだったぞ」


LG-Twintwist-8.JPG


サンクラ「スポイルは、二連キャノンに変形する。コミックでは、ツインツイストの力で銃身がドリル状に回転して、スポイルドリルハリケーンって必殺技を繰り出したぞ」


LG-Twintwist-9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Twintwist-10.JPG


サンクラ「ビークルモードはドリル戦車だ。国内版でも、強力なドリルの持ち主だと設定されてるぞ」


LG-Twintwist-11.JPG


サンクラ「TR版(下)と。ビークルモードじゃ、特に色数には違いはねえが、TR版にあったキャノピー下のサイバトロンマークがLG版じゃ削除されてる」


LG-Twintwist-12.JPG


サンクラ「スポイルは、機体後部に装着が可能だ」


LG-Twintwist-14.JPG


サンクラ「さらにコミックじゃ、ゾディアックの力でボディがゾーンモード(基地モード)・ドリルベースに変形したぞ」


LG-Twintwist-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ツインツイストの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-G2Megatron1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、G2メガトロンを紹介するぞ!」


LG-G2Megatron2.JPG


サンクラ「G2メガトロンは、『トランスフォーマーG2』におけるメガトロン様の姿だ。ただし、トイ付属のコミックでは、ビーストメガトロン社長が改造された、メガトロン様とは別人設定になったぞ」


LG-G2Megatron3.JPG


サンクラ「バストアップ。海外版である『TR』ではG1版のメガトロン様のリメイクとして発売されたから、顔立ちはG1版のメガトロン様似だ。国内では発売が逆になったが、ボディはリデコされて、ブリッツウイングも発売されたぞ」


LG-G2Megatron4.JPG


サンクラ「胸部を開いて矢印のスイッチを押すと、頭部の両サイドからヘッドガードが飛び出るぞ」


LG-G2Megatron5.JPG


サンクラ「背中側。どっちかというとブリッツウイングのデザインが強めだな」


LG-G2Megatron6.JPG


サンクラ「もともとG1版メガトロン様として発売されたから、腕には融合カノンを備えてるぞ」


LG-G2Megatron7.JPG


サンクラ「融合カノンには、ヘッドマスター/タイタンマスターが搭乗可能だ」


LG-G2Megatron8.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。上記の通り、コミックではビーストメガトロン社長が、コンカレンスのスネークに改造された姿だ」


LG-G2Megatron9.JPG


サンクラ「他にもコミック内では、メガトロン様が同型の戦車を改造してヘッドオンもしたぞ。ただし、カラーリングはG2初期版に準じたグリーンに紫の迷彩模様だったから、完全再現は出来ねえけどな」


LG-G2Megatron10.JPG


サンクラ「そして、こいつはノーブル。『BWリターンズ』の設定を反映して、ビーストメガトロンから抜き取られた有機体部分から生まれた別人格だ。TRではファングリィ(日本版で言う『MF』のワイルダー)っていう別キャラとして発売されたぞ」


LG-G2Megatron11.JPG


サンクラ「胸部にはヘッドマスターが合体できる。コミックでは、これでビーストメガトロン社長は元の人格を取り戻したぞ」


LG-G2Megatron12.JPG


サンクラ「ノーブルは『リターンズ』と同じく、ドラゴンモードにも変形可能だ」


LG-G2Megatron13.JPG


サンクラ「さらに、三連カノン砲にも変形できるぞ」


LG-G2Megatron14.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-G2Megatron15.JPG


サンクラ「ビークルモードは戦車だ。コミックには上で書いた通り、グリーン地に紫迷彩の同型戦車も登場したぞ」


LG-G2Megatron16.JPG


サンクラ「砲塔部分にはヘッドマスターが搭乗できるぞ」


LG-G2Megatron17.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-G2Megatron18.JPG


サンクラ「第2のビークルモードはジェット戦闘機だ。パーシャルのブリッツウイングを反映したチョイスだな」


LG-G2Megatron19.JPG


サンクラ「機体上部には融合カノンを分離したライフルが、機体下部には主砲部分を装着可能だ」


LG-G2Megatron20.JPG


サンクラ「こちらのモードでも、機首を上げると、そこからヘッドマスターが乗り込めるぞ」


LG-G2Megatron21.JPG


サンクラ「分かりづらいが、風防から中のヘッドマスターが見えるようになってる」


LG-G2Megatron22.JPG


サンクラ「さらに商品には、G2版を意識したマーキングシールや、ビーストデストロンのエンブレムシールも付属してるぞ」


LG-G2Megatron1.JPG


サンクラ「レジェンズ版G2メガトロンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LVUR-Paradx1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ14 仮面ライダーパラドクス』を紹介するぞ!」


LVUR-Paradx2.JPG


ディケイド「仮面ライダーパラドクスは、バグスターのパラドが変身する仮面ライダーだ。まずはパズルゲーマーレベル50。パズルゲーム、『パーフェクトパズル』の力を持つ形態だ。汎用性が高いから、パラドクスの事実上のメーンフォームになってるぞ」


LVUR-Paradx3.JPG


ディケイド「バストアップ。頭部デザインはデビロックヘア、ゴーグルは『知性』のイメージで、眼鏡がモチーフなんだそうだ。肩のマテリアライズショルダーの力で、ステージ上にある物質を自在に操る能力があるぞ」


LVUR-Paradx4.JPG


ディケイド「背中側。変形用のダイヤルと、ファイターゲーマー時の頭部が見えてる。劇中じゃ、眼は消えてるが、フィギュアでは残ったままだ」


LVUR-Paradx5.JPG


ディケイド「このパズルゲーマーの最大の特徴は、エナジーアイテムを自由に選択、組み合わせて使用できるという点だ。他にもパズル型のバリアを張ったり、ピース型のエネルギー弾を発射することも出来るぞ」


LVUR-Paradx6.JPG


ディケイド「さて、マテリアライズショルダーを外して……」


LVUR-Paradx7.JPG


ディケイド「頭部を180度回転させ……」


LVUR-Paradx8.JPG


ディケイド「背中のダイヤルを回すと、連動して胸部の模様も変わっていくぞ」


LVUR-Paradx9.JPG


ディケイド「そして、マテリアライズショルダーを両腕に取り付ければ、ファイターゲーマーレベル50に変形完了だ!」


LVUR-Paradx10.JPG


ディケイド「ファイターゲーマーは、格闘ゲーム『ノックアウトファイター』の力を持つ形態だ。外見通り、格闘戦に優れてるぞ」


LVUR-Paradx11.JPG


ディケイド「バストアップ。頭部は格闘ゲームの日本人のイメージだそうだ。マテリアライズショルダーを反転させたマテリアライズスマッシャーが外見上の大きな特徴だな」


LVUR-Paradx.12JPG


ディケイド「胸部。頭部や肩なども含めて、燃え上がるイメージでまとめられているぞ」


LVUR-Paradx13.JPG


ディケイド「背中側。当然、パズルゲーマーの頭部が見えるぞ」


LVUR-Paradx14.JPG


ディケイド「それから説明書には無いが、手足の素体はこれまでのライダーと同じく凹穴が開いてるから、以前のゲーマも一部装着可能だ」


LVUR-Paradx15.JPG


ディケイド「劇中では一切ゲーマと合体していないが、御覧の通り、ハンターゲーマとも合体可能だぞ」


LVUR-Paradx16.JPG


ディケイド「パラドクスの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 本文の方は『ホビー雑誌コーナー』で行きたいと思います。

 では、スタート!


LG-Overlprd1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、オーバーロードを紹介するぞ!」


LG-Overlprd2.JPG


サンクラ「オーバーロードは、デストロン・ゴッドマスターの破壊大使だ。『超神マスターフォース』での、デストロン地球軍のリーダーだ。残忍ながらも正々堂々とした性格で、人間の持つ潜在能力を最後まで信じてたぞ」


LG-Overlprd3.JPG


サンクラ「バストアップ。オリジナルのトランステクターは、『MF』終盤でデビルZに悪の人格を与えられて独立したTFになったが、LG版はそれとは別に新たに建造されたボディだぞ。右わき腹にはビーム砲・超魂デーモンブラスト、左わき腹には超魂ボルトマッシャーが装備されてるが、G1版と違ってモールドだけだ」


LG-Overlprd4.JPG


サンクラ「背中側。脹脛には、ビークルモードのパーツとコクピットが見えるな」


LG-Overlprd5.JPG


サンクラ「実はLG版は、海外版であるTR版とは足の変形を変更されてる。これで身長は少し高くなったが、引き換えに安定性は悪くなっちまったぞ」


LG-Overlprd6.JPG


サンクラ「武器としてライフルも持ってるが、『MF』終盤では徒手空拳で戦うことが多くなったぞ」


LG-Overlprd7.JPG


サンクラ「左肩に装備されてるのはメガチャイルドだ。盾として使えるほか、単独で飛行して戦闘機としても使えるぞ」


LG-Overlprd8.JPG


サンクラ「G1版は胸部に人間が合体するゴッドマスターだったが、LG版はヘッドマスターとしてリメイクされたぞ。こいつはギガデストロン軍団の父親的存在で、基本的にオーバーロードの人格はこいつに準じてるぞ


LG-Overlprd9.JPG


サンクラ「そしてもう一人、デストロン軍団の母親的存在メガだ。残忍だが、デストロンの仲間達には深い愛情を注いでる。ギガとメガは『MF』終盤でデビルZに処刑されたが、LG版ではレジェンズ世界で復活を遂げたぞ


LG-Overlprd10.JPG


サンクラ「メガがトランステクターにヘッドオンすると、LG版のオリジナル形態、オーバーロードメガになる。説明書コミックでは、ギガが合体したオーバーロードギガと同時に登場して、さらにオーバーロードテラにも合体を遂げたぞ」


LG-Overlprd11.JPG


サンクラ「バストアップ。オーバーロードメガの状態では、胸部装甲を閉じてるのが大きな違いだ」


LG-Overlprd12.JPG


サンクラ「さらにメガチャイルドも、オーバーロードギガの時と違って背中に合体してるぞ」


LG-Overlprd13.JPG


サンクラ「それぞれが変形した頭部の比較だ。こうしてみると、顔つきが全然違ってるのが分かるな」


LG-Overlprd14.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Overlprd15.JPG


サンクラ「まず下半身は……」


LG-Overlprd16.JPG


サンクラ「ギガが駆るギガタンクに変形する。この状態でも超魂デーモンブラストが使用できるぞ」


LG-Overlprd17.JPG


サンクラ「横から。モチーフはM1エイブラムスらしい」


LG-Overlprd18.JPG


サンクラ「ターレット部分には、ギガが搭乗するコクピットがあるぞ」


LG-Overlprd19.JPG


サンクラ「そして上半身は……」


LG-Overlprd20.JPG


サンクラ「メガが操縦するメガジェットになるぞ。必殺技は、オーバーロード形態でも使う超魂ボルトマッシャーだ。」


LG-Overlprd21.JPG


サンクラ「機首にはランディングギアも造形されてるうえ、収納も可能だ」


LG-Overlprd22.JPG


サンクラ「ギガタンクと同じく、コクピットにはメガが搭乗可能だ」


LG-Overlprd23.JPG


サンクラ「メガジェットは、ギガタンクを懸下することも出来る。しっかりと固定はされねえけどな」


LG-Overlprd24.JPG


サンクラ「もいっちょトランスフォーム!」


LG-Overlprd25.JPG


サンクラ「G1版と同じく、要塞基地モードへの変形も可能だ。他のゴッドマスターのメカ機能を全て備えていて、武器工場としても機能するぞ」


LG-Overlprd26.JPG


サンクラ「レジェンズ版オーバーロードの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BOTCON-Rainmakers-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『BOTCON2013』から、レインメーカーズを紹介するぞ!」


BOTCON-Rainmakers-2.JPG


サンクラ「レインメーカーズは、『初代』第6話でセイバートロン星を訪れたサイバトロンを襲撃した、ジェットロンの保安部隊……なんだが、こちらは第1話冒頭に登場したジェットロン達がモチーフになってる。海外イベントの『BOTCON2013』限定で、3体セットで販売されたぞ」


BOTCON-Rainmakers-3.JPG


サンクラ「まずはサンストーム。役割は航空宇宙兵だ。本来の性能以上に高出力な融合リアクターを持ってて、近くにいる仲間のシステムにも悪影響を及ぼしちまうが、本人は自分を超自然的な存在って思いこんでて、時折奇異な言動をちらつかせてるから、余計に仲間が遠ざかってるぞ」


BOTCON-Rainmakers-4.JPG


サンクラ「こいつはホットリンク。常にツールキットを所持してて、状況に応じたボディの改造や武器の製造が可能だぞ。どんな新発明も美しいと考えてて、それがぶっ壊されちまうと動揺しちまう。また、サイバトロンの武器を密かに賞賛してて、自己満足のために改良したいって思ってる武器マニアだ」


BOTCON-Rainmakers-5.JPG


サンクラ「そして、こいつはビットストリーム。データハッキングとサイバー戦争に熟練したテクノロジーの天才で、サイバトロンの新しい暗号コードを解読した最初のデストロンの一人だ。『ターンバレーの奇襲』で、デストロンを決定的な勝利に導いた事があるぞ」


BOTCON-Rainmakers-6.JPG


サンクラ「背中側。正面と同じく、メインカラー以外は特に違いはねえ」


BOTCON-Rainmakers-7.JPG


サンクラ「三人の内、サンストームは『TFコレクション』で2003年にスタースクリームが発売された時、e-hobby限定アイテムとしてキャラクター設定が作成されたぞ。画像右が、その時のG1版だ」


BOTCON-Rainmakers-8.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


BOTCON-Rainmakers-9.JPG


サンクラ「アニメじゃビークルモードは未登場だが、トイはベースが『変形!ヘンケイ!』のジェットロン型だから、アースモードの地球型戦闘機に変形するぞ」


BOTCON-Rainmakers-10.JPG


サンクラ「とは言っても、アニメの2~3話にゃ、ホットリンクやビットストリームと同色のジェットロンが多数地球に登場してたから、そいつらに見立てて遊ぶことも出来るけどな」


BOTCON-Rainmakers-11.JPG


サンクラ「ロボットモード胸部のノズルパーツは、ビークルモードだと画像のように着陸脚に変形させることが出来るぞ」


BOTCON-Rainmakers-12.JPG


サンクラ「サンストームのビークルモードを、G1版と比較してみた。コイツは地球に来てねえが、トイは逆にアースモードしかねえってのは皮肉だよな」


BOTCON-Rainmakers-1.JPG


サンクラ「『BOTCON2013』レインメーカーズの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Doublecross1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ダブルクロスを紹介するぞ!」


LG-Doublecross2.JPG


サンクラ「ダブルクロスは、サイバトロン・ファイアーボットの火炎攻撃員だ。重度の二重人格で、左右の首がそれぞれ同意してから行動に移るぞ」


LG-Doublecross3.JPG


サンクラ「バストアップ。ロボットモードの頭部が、どっちの人格が主導権を握ってんのかは明言されてねぇ。海外アニメ『ザ・リバース』には未登場だが、国内版の『ザ☆ヘッドマスターズ』では(そんなに多くねえが)出番があったぞ」


LG-Doublecross4.JPG


サンクラ「背中側。ドラゴンの翼がそのままついてるぞ」


LG-Doublecross5.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは、『ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したホワイトレオだ。ビースト星の住人、サイバトロンビーストのリーダーだぞ。余談だが、『頭部はパートナーで、本体とは別人』ってのは、海外版設定と共通してて面白いな」


LG-Doublecross6.JPG


サンクラ「説明書コミックじゃ、ホワイトレオが合体する前は、レーザービーストのリーダー・タイガーバーン(ちなみにカラーリングはTR版ソウバック準拠だったぞ)にボディを乗っ取られてたが、ホワイトレオが合体することで正気を取り戻したぞ」


LG-Doublecross7.JPG


サンクラ「今回のLG版は、TR版の武器が削除された代わりに、ターゲットマスターのヘイワイヤーが付属してる」


LG-Doublecross8.JPG


サンクラ「ヘイワイヤーは、海外版でブラーのパートナーになったターゲットマスターだ。激しやすい十代のネビュロン人で、エレクトロレーザーカノンに変形するぞ。名前は『乱れた、興奮した』って意味だ。説明書コミックじゃ、ホワイトレオの妹、ホワイトルネが変身するぞ」


LG-Doublecross9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Doublecross10.JPG


サンクラ「ビーストモードは双頭ドラゴンだ。上に書いた通り、左右の首が別々の人格を持ってるから、アニメじゃ一人で言い争いを始めるシーンもあったんだぜ」


LG-Doublecross11.JPG


サンクラ「ボディには、他のヘッドマスター達と同じくホワイトレオが搭乗可能だ」


LG-Doublecross12.JPG


サンクラ「横から。スタイル自体は、オーソドックスな西洋の竜(ドラゴン)だな」


LG-Doublecross13.JPG


サンクラ「首元には回転ノコギリみたいなモールドがあるが、これはG1版にあった、火花を散らすギミックのスイッチをリスペクトしたものだ。LG版じゃ、火花ギミックは搭載されてねえけどな」


LG-Doublecross14.JPG


サンクラ「ヘイワイヤーは、ビーストモードでも装着が可能だ。説明書コミックじゃ、この攻撃でタイガーバーンを撤退させたぞ」


LG-Doublecross1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ダブルクロスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Dinasaur-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ダイナザウラーを紹介するぞ!」


LG-Dinasaur-2.JPG


サンクラ「ダイナザウラーは、デストロン軍団のダイノベースだ。硝煙を上げる瓦礫が自分の腰の高さになるまで破壊活動をやめない、無慈悲な戦闘マシーンだぞ。アニメでは、『2010』の序盤でビルドロンが地球の都市を密かに改造して建造したんだぜ」


LG-Dinasaur-3.JPG


サンクラ「横から。恐竜と言うより『怪獣』と形容した方がピッタリのボリュームだな。この巨体だが、ロケット・バックパックで高度32kmのジャンプが可能だぞ」


LG-Dinasaur-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードでの車輪が、背びれのように配置されてる」


LG-Dinasaur-5.JPG


サンクラ「頭部。G1版の玩具カタログやOVA『スクランブルシティ発動編』ではこの状態だったが……」


LG-Dinasaur-6.JPG


サンクラ「後頭部のこの部分に……」


LG-Dinasaur-7.JPG


サンクラ「ヘッドマスターをセットすると、スプリングで……」


LG-Dinasaur-8.JPG


サンクラ「粒子ビーム砲が展開する。TVアニメじゃ、常にこの状態だったぞ」


LG-Dinasaur-9.JPG


サンクラ「口は大きく開けることが出来る。口腔内には熱追跡プラズマ爆弾を搭載してるぞ」


LG-Dinasaur-10.JPG


サンクラ「そして、口からヘッドマスターを飲み込むことが出来るギミックがあって……」


LG-Dinasaur-11.JPG


サンクラ「飲み込まれたヘッドマスターは、ダイナザウラーの胸部に落ちる仕組みだぞ」


LG-Dinasaur-12.JPG


サンクラ「それから口の中には、ヘッドマスターを立たせるためのピンもついてるぞ」


LG-Dinasaur-13.JPG


サンクラ「武器を全展開した状態。実は内心じゃ戦いが退屈で無益だと達観してるが、最強兵士たる役を引き受けてるのは、他に適任がいないから、って一面もあるんだぜ」


LG-Dinasaur-14.JPG


サンクラ「腕はこんな風に、かなり自由に動かすことが可能だ」


LG-Dinasaur-15.JPG


サンクラ「さて、胸部のこの部分だが……」


LG-Dinasaur-16.JPG


サンクラ「これは分離して、フルチルトってTFになる。アニメには未登場だが、コミック版では活躍したぞ」


LG-Dinasaur-17.JPG


サンクラ「ルーフ部分には、武器を装備可能だ」


LG-Dinasaur-18.JPG


サンクラ「運転席にはヘッドマスターを搭乗させることが出来るぞ」


LG-Dinasaur-19.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-20.JPG


サンクラ「フルチルト、ロボットモード。ダイナザウラーの警備ロボットだ。上記の通りアニメには未登場だが、LG版ではダイナザウラーのブラックボックスとされ、こいつがいる限り、ダイナザウラーは復活可能って設定になったぞ」


LG-Dinasaur-21.JPG


サンクラ「頭部アップ。今回はヘッドマスターとしてのリメイクだ。G1版ではダイナザウラーの付属アイテムだったから、シンプルなデザインになってるぞ」


LG-Dinasaur-22.JPG


サンクラ「背中側。こちらもシンプルにまとめてあるぞ」


LG-Dinasaur-23.JPG


サンクラ「武器はビークルモードで装備していたライフルだ」


LG-Dinasaur-24.JPG


サンクラ「今回もダイナザウラーの付属アイテムには違いないが、御覧の通り、通常のデラックスクラスとほぼ同じボリュームになってるぞ」


LG-Dinasaur-25.JPG


サンクラ「それじゃあ、ダイナザウラー、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-26.JPG


サンクラ「ダイナザウラーの変形は、脚部が足首部分で二つに割れるのが特徴だ。英名の“トリプティコン”も『蝶番で止めた三つ折り板(triptych)』に由来し、こいつの独特な変形方式になぞらえてるぞ」


LG-Dinasaur-27.JPG


サンクラ「都市型基地モード。アニメでは、デストロンの地球基地として活躍したぞ。着陸と修理ベイ、通信センターと回転式スキャナーを備えてるぞ」


LG-Dinasaur-28.JPG


サンクラ「御覧の通り、撮影スペースからはみ出るほどのボリュームだ」


LG-Dinasaur-29.JPG


サンクラ「矢印で示したパーツは、G1版だとブラントタンクって戦車の部品で構成されてたが、LG版ではダイナザウラーのパーツが変形して完成するぞ」


LG-Dinasaur-30.JPG


サンクラ「都市左右の反重力リパルサーディスクは、こいつが許可したもの以外を約300m以内に近づけねえ。先端にはタラップが設けられてて、G1版でオンスロートやモーターマスターの基地モードとドッキング出来たように、他のTFの基地モードと連結できる仕様だ」


LG-Dinasaur-31.JPG


サンクラ「通路部分にヘッドマスターを立たせたところ。ボディ内部には、基地玩具らしく通路も設けてあるぞ」


LG-Dinasaur-32.JPG


サンクラ「フルチルトは、ビークルモードでダイナザウラーのカタパルトを走行させる事が出来るぞ」


LG-Dinasaur-33.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-34.JPG


サンクラ「スペースクルーザーモード。LG版で新しく追加された形態だ。惑星間航行も可能な宇宙船としての機能も有してるぞ」


LG-Dinasaur-35.JPG


サンクラ「横から。都市モードの前後左右を折りたたむようにして完成するぞ」


LG-Dinasaur-36.JPG


サンクラ「底面には車輪がついてるから、コロ走行させる事も出来るぞ」


LG-Dinasaur-37.JPG


サンクラ「艦首部分は展開して……」


LG-Dinasaur-38.JPG


サンクラ「ビークルモードのフルチルトを格納する事が出来るぞ」


LG-Dinasaur-39.JPG


サンクラ「ちなみに説明書にゃ載ってねえが、変形ギミック自体はG1版から大きく変わってねえから、G1版にあったベースモード(移動戦闘ステーション形態)にも変形可能だ。レーザー砲、回転式ブラスター、破壊光線と連装光子ランチャーを装備し、航続距離は12,800km、最高時速は1280kmに達するぞ」


LG-Dinasaur-40.JPG


サンクラ「他に説明書コミックでは、新たにモンスターモードにも変形した。元ネタは間違いなく、某怪獣王だな……」


LG-Dinasaur-41.JPG


サンクラ「レジェンズ版ダイナザウラーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 こんにちは、アカサカです。


 ブロ友さんの熱ゴジラさんが記事にされてるんですが、『怪獣娘』で円谷と角川が大問題起こしてるそうで。

 私もイホビで発送中止になった商品の返金が、こちらがせっつくまでされなかった事がありますけども、それよりヤバいんじゃないのこれ……。


 さて、本文の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 ではスタート!


LVUR-Zombie1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ13 仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマー』を紹介するぞ!」


LVUR-Zombie2.JPG


ディケイド「ゾンビゲーマーは、バグルドライバーデンジャラスゾンビガシャットで変身する、ゲンムの強化形態だゲーム『デンジャラスゾンビ』のプレイヤーキャラクターをイメージした仮面ライダーであり、厳密にはアクションゲーマーとしてのゲンムとは別のライダーだぞ


LVUR-Zombie3.JPG


ディケイド「バストアップ。従来のゲンムとはかけ離れた、白と黒を基調とする骸骨のような禍々しい姿をしている。割れてオッドアイになったバイザーや左右非対称の装甲はボロボロになったゾンビを想起させるものとなっているぞ


LVUR-Zombie4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1形態が存在しないから、顔は無く、背骨のような意匠になってる」


LVUR-Zombie5.JPG


ディケイド「ゾンビゲーマーは、これまでのLVURシリーズと違って、初の他の商品との連動を意識していない、“純粋なアクションフィギュア”としての商品だが……」


LVUR-Zombie6.JPG


ディケイド「『LVUR 08』に付属してるガシャコンスパローを装備させたり……」


LVUR-Zombie7.JPG


ディケイド「レベル3用バックルとエグゼイドに付属のガシャコンブレイカーを持たせて、復活後のゾンビアクションゲーマーを再現することも出来るぞ(厳密にはベルトやライフゲージ部分が違うから、完全再現は出来ないが)」


LVUR-Zombie8.JPG


ディケイド「それから、装甲はここまで外すことが出来る。今まで通り、ゲーマ装着用の穴も各部に空いてるから……」


LVUR-Zombie9.JPG


ディケイド「こんな具合に、一部のゲーマは装着することが出来るぞ」


LVUR-Zombie1.JPG


ディケイド「ゾンビゲーマーの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

LVUR-HunterGamer1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ10 ハンターゲーマ』を紹介するぞ!」


LVUR-HunterGamer2.JPG


ディケイド「ハンターゲーマは、ドラゴナイトハンターZのガシャットで召喚されるゲーマだ。モデルはラベルに描かれてるドラゴンだぞ」


LVUR-HunterGamer3.JPG


ディケイド「モチーフのゲームジャンルはハンティングゲームだ。4人プレーが定石のゲームなため、難易度が高いと言われているぞ


LVUR-HunterGamer4.JPG


ディケイド「後ろから。ライダーが装備する関係上、背中側はスカスカの構造になってる」


LVUR-HunterGamer5.JPG


ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『ド・ド・ドラゴ! ナ・ナ・ナ・ナ~イト! ドラ! ドラ!ドラゴナイトハンター! Z(ゼット)!だ!」


LVUR-HunterGamer6.JPG


ディケイド「一人ですべての武装を装備した形態は『フルドラゴン』と呼ばれる。他のガシャットよりも強力だが、その分、暴走してしまう危険性も孕んでいるぞ」


LVUR-HunterGamer7.JPG


ディケイド「レベル3の強化が『ゲーマに食べられる』がコンセプトだったのに対して、このハンターゲーマーは『ライダーが着ぐるみを着る』ってコンセプトでデザインされているぞ」


LVUR-HunterGamer8.JPG


ディケイド「ベルトのバックルも、ドラゴナイトハンターZガシャットが造形された専用のものだ」


LVUR-HunterGamer9.JPG


ディケイド「右腕の装備は、接近戦用のドラゴナイトブレードだ」


LVUR-HunterGamer10.JPG


ディケイド「左腕には射撃武器、ドラゴナイトガンが装備されている」


LVUR-HunterGamer11.JPG


ディケイド「背中側。翼と尻尾は、そのままゲーマと同じようについているぞ」


LVUR-HunterGamer12.JPG


ディケイド「もちろん、他のライダーでもフルドラゴンは可能だ。ただし……」


LVUR-HunterGamer13.JPG


ディケイド「劇中で一番使用していたブレイブは、左腕に盾の基部が造形されてる都合上、ドラゴナイトガンを綺麗に固定することは出来ないぞ」


LVUR-HunterGamer14.JPG


ディケイド「さて、このハンターゲーマは、4人が武装を分割して装備可能だ。エグゼイドの場合は頭部のドラゴナイトファングだ」


LVUR-HunterGamer15.JPG


ディケイド「ブレイブはドラゴナイトブレードと、右足の装甲を……」


LVUR-HunterGamer16.JPG


ディケイド「スナイプはドラゴナイトガンと左足の装甲を装備するぞ」


LVUR-HunterGamer17.JPG


ディケイド「武器は分割されるが、『ドラゴフォースリンク』が発動する事で、戦闘能力はフルドラゴンを上回っている」


LVUR-HunterGamer18.JPG


ディケイド「ブレード、ガン、クロー(脚部アーマー)をレーザー本体に合体させることで、レーザーのハンターバイクゲーマーレベル5も再現出来るぞ」


LVUR-HunterGamer19.JPG


ディケイド「とは言っても、フィギュアーツ版や『装動』版と違って中身がスカスカだから、どうしても貧相な印象はぬぐえないな……」


LVUR-HunterGamer20.JPG


ディケイド「ハンターゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 記事の方は、『ホビー雑誌コーナー』で行きたいと思います。

 では、スタート!


LG-Condor-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、コンドルを紹介するぞ!」


LG-Condor-2.JPG


サンクラ「コンドルは、デストロン・カセットロンの空中攻撃兵だ。時速250マイル(400km)で飛行し、戦闘によってダメージを受けた負傷者を狩る事を好むぞ。基本的に勇敢じゃなく、ピンチになればすぐ逃げだすタイプだ。英名の“レーザービーク”は、『レーザーの嘴』って意味だ」


LG-Condor-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。首はある程度自由に動かせるぞ。アニメでは非常に優秀なスパイといて活躍してて、トランスフォーマーが地球に落ちたのも、『ザ・ムービー』でのサイバトロンシティの決戦も、元をただせばこいつの偵察がきっかけになってる」


LG-Condor-4.JPG


サンクラ「横から。背部に装備した独立照準機能を持った2基のレーザーキャノンは非常に高精度に目標を補足することが可能だが、これらの武器のエネルギー源であるルビークリスタルが消耗して『弾切れ』を起こすとパニック状態に陥っちまう」


LG-Condor-5.JPG


サンクラ「G1版と。ビーストモードは、より実際の猛禽類に近い体型になったな」


LG-Condor-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Condor-7.JPG


サンクラ「デバイスモード。ジャガーや海外版のランブルらと同じく、LG版は音楽デバイスに変形するぞ。内部の画面にカセットらしきものが映ってるのはジャガーと同様だ」


LG-Condor-8.JPG


サンクラ「G1版のカセットモードと。こうしてみると、LG版のシールはG1版のカセットのシールを模したデザインになってるのが分かるな」


LG-Condor-8.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Condor-10.JPG


サンクラ「ビークルモードは装甲車だ。LG版の説明書に書かれた解説によると、地を這うように走行するこのモードは、こいつにとって苦痛でしかないらしい」


LG-Condor-11.JPG


サンクラ「上部のピンにはヘッドマスターを立たせることが出来るぞ」


LG-Condor-12.JPG


サンクラ「説明書コミックじゃ、もうちょっとデザインの違うカーモードに変形して、メガトロン様を乗せてエイプフェイスの襲撃から脱出したぞ」


LG-Condor-13.JPG


サンクラ「付属してるヘッドマスターはエイプフェイスだ。海外版はドローンとのセットだったが、LG版じゃ、ウィアードウルフのラリゴやコンボバットのエイプXアームズに使われちまって、こいつ自身は単独だぞ」


LG-Condor-14.JPG


サンクラ「海外版と。LG版はアニメに合わせて、TR版から大幅にカラーリングが変更されてる」


LG-Condor-15.JPG


サンクラ「説明書コミックだと、いつまで経ってもトランステクターを手に入れられないエイプフェイスは、修行で頭部以外の変形を獲得したぞ。これは砲台モードだ(頭部の顔が平じゃねえから安定しないけどな)」


LG-Condor-16.JPG


サンクラ「これは恐竜モード。見立て変形もいいところだが、面白いっちゃあ面白いよな」


LG-Condor-17.JPG


サンクラ「コミックでは、強化された超能力でメガトロン様を無きものにして、デラクラッ社を乗っ取ろうとしたが、ガルバトロンボディに強制合体させられた上で、コンドルにボディごとショートさせられて鎮圧されたぞ」


LG-Condor-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版コンドルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Jaguar-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ジャガーを紹介するぞ!」


LG-Jaguar-2.JPG


サンクラ「ジャガーは、デストロン・カセットロンの諜報破壊兵だ。基本的に夜間の行動を好み、単独で行動する時に、その能力を最大限に発揮するぞ。海外名の“ラヴィッジ”は、『破壊、略奪』って意味だ」


LG-Jaguar-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。細長いが、しっかりネコ科の生物らしく見えるな。いつも仲間からは離れて行動してるが、その任務の達成率の高さは、仲間達から高い評価を得てる。弱点は、光に対して非常に敏感なため、強力な光で目が眩んじまい易い事だ」


LG-Jaguar-4.JPG


サンクラ「横から。電磁フィールドを張り巡らせることで、暗がりに溶け込んで無音で歩き、敵の探知を逃れることが出来るぞ」


LG-Jaguar-5.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は腰に熱源探知ミサイルを装備してる。余談だが、『2010』以前はサウンドウェーブに収容されなきゃ喋れなかったが、説明書コミックでは『BWメタルス』登場時の『にゃ』口調で普通に話してたぞ」


LG-Jaguar-6.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。ボディラインはスッキリしてる分、ヘケヘケ版の方が実際のジャガーに近いな」


LG-Jaguar-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Jaguar-8.JPG


サンクラ「デバイスモード。G1時代はマイクロカセットテープに変形してたが、LG版じゃ時代の流れか、音楽デバイスに変形するぞ。画面部分には、カセットらしき意匠があるけどな」


LG-Jaguar-9.JPG


サンクラ「各種デバイスモードのジャガー。ヘケヘケ版は『板状の謎物質』だよな……」


LG-Jaguar-10.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Jaguar-11.JPG


サンクラ「LG版は、デバイスモードの他にビークルモードにもなれるトリプルチェンジャーだ。今まで飛行可能はジャガーは度々登場したが、“飛行機そのもの”に変形するジャガーはこれが初だぞ」


LG-Jaguar-12.JPG


サンクラ「機体上部には接続ピンがあるから、ヘッドマスターを立たせることが可能だ」


LG-Jaguar-13.JPG


サンクラ「付属してるヘッドマスターはブルホーンだ。元々は『超神マスターフォース』に登場したデストロンヘッドマスターJr.の一人で、メキシコ出身の17歳だ。怪力自慢で時に皮肉屋だが、根は友人思い出のんびり屋だぞ」


LG-Jaguar-14.JPG


サンクラ「背中側。モノはTR版テリ・ブルのリカラーだぞ」


LG-Jaguar-15.JPG


サンクラ「G1時代はバッファローモンスター型のトランステクターにヘッドオンしてたが、LGの説明書コミックじゃ、クレイジートロン達から盗んだトランステクターの内、同じパワータイプであるスカルのトランステクターに合体したぞ」


LG-Jaguar-16.JPG


サンクラ「バストアップ。ヘッドモードのデザインは、G1版を忠実になぞってるぞ」


LG-Jaguar-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ジャガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル2』を紹介するぞ」


Lazer-LV2-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザーは、九条貴利矢(くじょう・きりや)が変身する仮面ライダーだ。ジャンルはレースゲームだぞ。他のライダーとは大きく異なり、レベル2ではバイクに変形するのが特徴だ


Lazer-LV2-3.JPG


ディケイド「正面から。レベル2がバイク型になる理由としてはメインライターの高橋悠也と檀黎斗役の岩永徹也は、黎斗は貴利矢が目障りであったため使いづらいガシャットを与えたと解釈しているらしい


Lazer-LV2-4.JPG


ディケイド「車体左側面。この姿でも単独で動けるが、性能を完全に引き出すには運転者が必要だ」


Lazer-LV2-5.JPG


ディケイド「右側面。『エグゼイド』ライダーの特徴であるコントロールボタンやライダーゲージは、両側面に配置されてる。余談だが、ベース車両は『鎧武』や『ゴースト』のバイクメカと同じものだ」


Lazer-LV2-6.JPG


ディケイド「後ろから。テールランプはクリアパーツだぞ」


Lazer-LV2-7.JPG


ディケイド「今度は上から。他のライダーでは背中に来るレベル1の顔や、ゲーマドライバーはすべてフロント~シート部に集約されてる」


Lazer-LV2-8.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーには、爆走バイクのガシャットが装填されてる。正面プレートや『GAMER DRIVER』の文字もしっかりペイントで再現されてるぞ」


Lazer-LV2-9.JPG


ディケイド「ガシャットは他のライダーと同じく脱着可能、レバーも開閉可能だ」


Lazer-LV2-10.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用の薄手のゲーマドライバーとエグゼイドの騎乗用手首、スタンド補助パーツだ」


Lazer-LV2-11.JPG


ディケイド「補助パーツを使えば、こんな風に空中を飛翔するイメージも作れるぞ(ただし、スタンドである『魂STAGE』は別売りだ)」


Lazer-LV2-12.JPG


ディケイド「エグゼイドを乗せたところ。この時は、ゲーマドライバーは薄手の物に交換するぞ」


Lazer-LV2-13.JPG


ディケイド「『LVUR』版と。LVUR版は低年齢玩具で変形ギミックもあるからモールドも甘いが、フィギュアーツ版はリアルなバイクの仕上がりになってる」


Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザー レベル2の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 あと、アメブロの方にバジの前髪の補修記事も書いたので、よろしければそちらも……。

 余談ですが、ブログで「お早う御座います」って書いたのは初めてかも知れません(笑)。


 記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


Build.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム』を紹介するぞ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドは、桐生戦兎(きりゅう・せんと)がビルドドライバーラビットフルボトルタンクフルボトルを装填して変身した、仮面ライダービルドの基本フォームだ。変身時の音声は『鋼のムーンサルト! ラビットタンク!』だぞ」


Build.JPG


ディケイド「バストアップ。アンテナはラビットはウサギの耳、タンクは戦車の砲塔をイメージしてる。左襟の突起物のデザインモチーフはウサギの耳だが、仮面ライダーの記号である風になびくマフラーを意匠化したものだ」


Build.JPG


ディケイド「背中側。デザイン当初は赤と青の部分が大きかったが、フォームチェンジ数が多いことから下半身は黒が多く占めるものとなったぞ」


Build.JPG


ディケイド「ビルドドライバーには、クリアパーツのラビットフルボトルとタンクフルボトルが装填されてる。ビルドドライバーのレバーは、実際に回転させることが出来るぞ」


Build.JPG


ディケイド「各フルボトルは、このサイズで脱着可能だぞ」


Build.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首が5つだ。今までと違って、武器は同梱されていないぞ」


Build.JPG


ディケイド「交換用手首を使えば、ビルドドライバーのレバーを回転させるシーンを再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「他にも、決めポーズ用の手首で『勝利の法則は、決まった』のポーズや……」


Build.JPG


ディケイド「決めポーズも再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 こんにちは。アカサカです。

 台風で避難指示が出てる地域ありますが……山さん倉麻さんのとこ、大丈夫かなぁ……


 あと、今日もアメブロの方に『幻想生物百科』のネタを投稿してきました。

 今日は、とある悪魔を扱ってます。


 さて、こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、シックスショットを紹介するぞ!」


LG-Sixshot2.JPG


サンクラ「シックスショットは、デストロンの忍者参謀だ。ガルバトロン様にダイノベースの指揮官として呼び寄せられたぞ。一人称は『拙者』で、口調も時代がかった侍口調だ。かつてはエネルギーギャングで、クロームドームの親友、アベルの命を奪ったこともあるぞ。ガルバトロン様が行方不明になった後はメガザラックに仕えたが、その直言をはばからない性格が次第に疎まれ、暗殺されそうになった事を機に、軍団から離反したぜ」


LG-Sixshot3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はTR版からリデコされてる。アニメじゃ、終盤でダニエルと友情を育んだものの、あくまでアウトロー的なデストロンだったが、コミック版ではテックスペックの『任務には忠実だが、子供や動物を愛する』って設定を掘り下げたストーリーもあったぞ」


LG-Sixshot4.JPG


サンクラ「TR版と同じく、頭部はメット仕様だ。ヘッドマスターも、額に第三の眼があるようなデザインになってるぞ」


LG-Sixshot5.JPG


サンクラ「背中側。ボディそのものには、カラーリング以外は特に変更点はねえ」


LG-Sixshot6.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは完全新規だ。御覧の通り、シックスショット本人をそのまま縮めたようなデザインだぞ」


LG-Sixshot7.JPG


サンクラ「TR版のタイタンマスターである、リボルバーと。リボルバーは、劇中でこいつが殺した(も同然な)クロームドームのもう一人の親友、ジャックの外見になってるが……」


LG-Sixshot8.JPG


サンクラ「武器は二挺のレーザーガンだ」


LG-Sixshot9.JPG


サンクラ「今までのヘッドマスターと同じく、武器は合体させてヘッドマスター用のビークルになるぞ」


LG-Sixshot10.JPG


サンクラ「TR版との比較だ。緑部分は青みがかった色になったほか、脚部の紫部分の面積も増えてる。TR版で貼られてたシールは削除されてるぞ」


LG-Sixshot11.JPG


サンクラ「特に上半身に違いが目立つな」


LG-Sixshot12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Sixshot13.JPG


サンクラ「まずはバトルタンクモード。説明書付属のコミックじゃ、ウルトラマグナスに先制攻撃をかけたぞ」


LG-Sixshot14.JPG


サンクラ「ジェットモード。マグナスの反撃を避けて、すかさずこのモードにチェンジした」


LG-Sixshot15.JPG


サンクラ「バトルカーモード。カーキャリーモードのウルトラマグナスと正面から激突して、ヤツを倒したぞ」


LG-Sixshot16.JPG


サンクラ「オオカミモード。狼の頭部にヘッドマスターが合体して完成するのはTR版と同じだ」


LG-Sixshot17.JPG


サンクラ「サブマリンモード。コミックでは、ダニエルが搭乗して衛星刑務所のマグマの中に待機していたぞ」


LG-Sixshot18.JPG


サンクラ「サブマリンモードをひっくり返せばレーザーガンになるのもTR版と同じだ。アイキャッチでおなじみの形態だな」


LG-Sixshot19.JPG


サンクラ「そして、ウイングウルフモード。ウルトラマグナスを葬った第7の形態だ。今回は、付属コミックに近い組み方をしてみたぞ」


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「レジェンズ版シックスショットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Gong1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ゴングを紹介するぞ!」


LG-Gong2.JPG


サンクラ「ゴングは、サイバトロン・ミニボットの攻撃員だ。地球はこいつにとって過酷な環境だが、むしろそれを好んでるぞ。『怪力ゴング』を自称する最も力の強いサイバトロンの一人で、ミニボットながら、小さな建物ならパンチの一発で倒壊させちまう。武骨で親分肌、時に頑固でもある。海外名の“ブローン”は『筋肉、筋力、腕力』って意味だ」


LG-Gong3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はアニメにそっくりな造形だ。『ザ・ムービー』冒頭で、スタースクリームが発砲したガンモードのメガトロン様の銃撃を受けて、作中初の戦死者になったぞ」


LG-Gong4.JPG


サンクラ「背中側。ボディ前面と違って、グリーン一色でまとめられてるな。砲火への高い耐性を誇るが、単純な回路だから電磁波などの攻撃に対して無防備だ」


LG-Gong5.JPG


サンクラ「G1版やアニメ版じゃ素手だったが、LG版には車両後部が変形した盾が付属してるぞ」


LG-Gong6.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は、『ミクロマン』のミクロロボットCAR・ジープの流用だ。LG版は、ミクロマン時代に近いカラーリングだぞ。顔はともかく、頭部や胸部のデザインはG1版の流れを汲んでる事がわかるな」


LG-Gong7.JPG


サンクラ「今度は『変形!ヘンケイ!』版と。造形はだいぶ近くなったが、なぜかヘケヘケ版は顔が黒く塗られてる」


LG-Gong8.JPG


サンクラ「さらに、ゴングはこのバージョンの前に、ヘッドマスター仕様のものが発売されてる(画像は海外のTR版だ)。LG版の説明書コミックじゃ、このゴングは『ヘッドマスターのゴングが購入した中型ボディの着ぐるみ』っていう設定になったぞ」


LG-Gong9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター版ゴングのヘッドモードと。どっちもアニメ設定が元になってるから、造形はそっくりだ」


LG-Gong10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Gong11.JPG


サンクラ「ビークルモードはジープだ。アニメでは、バンパー部分からドリルを出して地中を掘り進んだこともあるぞ」


LG-Gong12.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。LG版は、より現代的なアレンジがされてるぞ」


LG-Gong13.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。G1版に比べると発売された年代が近いから、デザインも近い感じだな」


LG-Gong14.JPG


サンクラ「さて、このLG版ゴングには、ヘッドマスター仕様のリパッグが付属してる。ファイヤーボットの一員だが、詳しくはまた、こいつの記事で紹介するぞ」


LG-Gong15.JPG


サンクラ「リパッグはヘッドモードに変形可能だ。デザインはアニメ版のこいつのロボットモードのものになってるぞ」


LG-Gong16.JPG


サンクラ「さらにゴングのビークルモードには、リパッグや他のヘッドマスターを乗車させることが出来るぞ」


LG-Gong1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ゴングの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Toucon1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゴースト 闘魂ブースト魂』を紹介するぞ」


Toucon2.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂は、ゴーストドライバーに闘魂ブーストゴースト眼魂を装填し、赤と黒の闘魂ブーストゴーストを纏った、仮面ライダーゴーストの強化形態だ。体内に秘めた熱エネルギーをパンチやキック、武器にまとっての強力な攻撃を繰り出す。さらに、闘魂ブースト魂の状態からゴーストチェンジを行うことにより、トランジェントが闘魂ブースト魂のまま、各種スペックが通常時よりも強化された派生形態へと変身することができるぞ。変身音声は『俺がブースト!奮い立つゴースト!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!』だ


Toucon3.JPG


ディケイド「バストアップ。顔全体が複眼状になっている点はオレ魂と変わらないが、ヴァリアスバイザーに浮かぶ黒い模様はをかたどってるぞ。襟の先端にも炎のようなパーツが付き、さらに額の一本角『フレイムウィスプホーン』も火炎の意匠になってる


Toucon4.JPG


ディケイド「背中側。こっちは前面とは対照的に、オレ魂との相違はそこまで無いな」


Toucon5.JPG


ディケイド「胸部。オレ魂やスペクターと違って、目の意匠は立体的な造形になってる。ゴーストドライバーに闘魂ブースト眼魂の絵柄が描かれてるのはこれまでと同じだぞ」


Toucon6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首は、スペクターからさらに増えた5種類だ。他に武器のサングラスラッシャーと交換用のフードパーツ、オレゴースト眼魂、ムサシゴースト眼魂が付属してるぞ」


Toucon7.JPG


ディケイド「これまで通り、フードをかぶった状態も再現可能だ」


Toucon8.JPG


ディケイド「交換用手首は、こんな具合に陰陽師のようなポーズや……」


Toucon9.JPG


ディケイド「印を組んだポーズを再現可能だぞ」


Toucon10.JPG


ディケイド「サングラスラッシャーは、主に闘魂ブースト魂が使用する武器だ。こっちは炎のエネルギー弾を発射するブラスターモードだ


Toucon11.JPG


ディケイド「刀身の部分を交換することで、剣形態であるソードモードにも変形可能だぞ」


Toucon12.JPG


ディケイド「さらに、サングラスを模したカバー『メガシェイド』には、この小サイズながら付属の眼魂を設定通りに装填出来るぞ


Toucon1.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 アメブロの方に、さっそく前回の企画の第1回を投稿してきました。

 取り敢えず、こんな感じのスタンスで進めていきたいなぁと思っています。


 こちらの記事は、『ホビー雑誌コーナー』です。


 では、本文スタート!


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ハードヘッドを紹介するぞ!」


LG-Hardhead2.JPG


サンクラ「ハードヘッドは、サイバトロンヘッドマスターズの地上攻略員だ。体力が有り余ってるからか、血気盛んなクロームドームと行動を共にすることが多いが、本来は自然を愛する性格だ」


LG-Hardhead3.JPG


サンクラ「バストアップ。他のメンバーと同じく、頭部はアニメ『ザ☆ヘッドマスターズ』のデザインで新規作成されてる。右肩に背負ってるのはハードキャノンだ。ちなみに趣味はカラオケっていう、当時としてはバリバリに日本臭い趣味の持ち主だぞ」


LG-Hardhead4.JPG


サンクラ「『TR』版と比較してみた。グレーのパーツがココアブラウンになってる他、TR版で黒いパーツも、一部同じ色になってる。塗装パターンやサイバトロンマークの位置も変わってるぞ」


LG-Hardhead5.JPG


サンクラ「今度はヘッドマスターの比較だ。TR版のデュロスも、海外版じゃ塗装が細かい方だったが、LG版はさらに額まで塗られてる。ちなみに、国内版での本名はロスだ」


LG-Hardhead6.JPG


サンクラ「武器はさっきも紹介した右肩のハードキャノンの他、ハードレーザーだ。重火力だが接近戦が得意で、ハンマー投げって必殺技を持ってるぞ」


LG-Hardhead7.JPG


サンクラ「パートナードローンはタンケッテだ。こう見えてもで、秘書のような性格だぞ。ハードヘッドの事を隊長って呼んで慕ってる」


LG-Hardhead8.JPG


サンクラ「タンケッテはジェット型にも変形可能だ。モノとしてはTR版スカイトレッド(フライホイール)付属のドローンのリカラーだぞ」


LG-Hardhead9.JPG


サンクラ「他にも、タンケッテは武器モードに変形可能だ


LG-Hardhead10.JPG


サンクラ「それじゃ、トランスフォーム、ダッシュ!」


LG-Hardhead11.JPG


サンクラ「ビークルモードは高速戦車だ。もちろん、コクピットにはヘッドマスターが搭乗可能だぞ」


LG-Hardhead12.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版と並べてみた。こっちのモードだと、特に大きな違いはねえな」


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ハードヘッドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 TFシージ、ついにアースモードがちょこちょこ出るようですね(コンボイ、スタスク、グラップル)。

 早まってシージコンボイの汚し塗装落とさなくて良かったかも……。(^ ^;) しかしランボルやハウンドが出たらなんかヤだな……。


 どうせなら最近まともにリメイクされてないクリフ(『プライム』クリフジャンパーの頭部替えはなんか違うし)が出てほしいところですが……。


 さておき、本文は『ホビー雑誌コーナー』です。

 ではスタート!


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、バンブル&エクセルスーツスパイクを紹介するぞ!」


LG-Bunble2.JPG


サンクラ「バンブルは、サイバトロン・ミニボットの情報員だ。小型だが熱心で勇敢であり、そのサイズを活かして他の連中が行けない、あるいは行きたがらない所にも敢えて赴くぞ。任務柄水中行動も可能だ。英名のバンブルビーは、『マルハナバチ』の事だぞ」


LG-Bunble3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメの日本吹き替え版じゃ、一人称が『オイラ』の少年キャラとして描写されたぞ(ちなみに原語版じゃ、普通の中年キャラだ)。『恐らく最小っていうのが一番危険になるのさ』って座右の銘に違わず、自分のサイズをむしろ誇ってるが、一方で大柄なコンボイやプロールを尊敬してもいる」


LG-Bunble4.JPG


サンクラ「背中側。小型アイテムの宿命か、肉抜き穴が目立ってるな(苦笑)」


LG-Bunble5.JPG


サンクラ「G1版との比較だ。G1版はマスクフェイスだが、アニメじゃヒューマンフェイスとして描写されてて、以後のリメイクでもそれを引き継いでる。余談だが、バンブルが生まれ変わったゴールドバグも、G1版のマスクフェイスを受け継いでるぞ」


LG-Bunble6.JPG


サンクラ「お次はEZコレクション版。LG版はEZ版をそのままブラッシュアップしたようなデザインだが、色合いはLG版の方がアニメに近いな」


LG-Bunble7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Bunble8.JPG


サンクラ「ビークルモードはコンパクトカーだ。全てのサイバトロンの中で最もエネルギー効率が良く、燃料1ユニット分を他の仲間より1.8倍以上使えるんだぜ」


LG-Bunble9.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。G1では、フォルクスワーゲンに変形していたぞ」


LG-Bunble10.JPG


サンクラ「EZコレクション版と。ビークルモードのスタイルは、ロボットモード以上によく似てるな」


LG-Bunble11.JPG


サンクラ「続いてはスパイクだ。初めてTFが地球で目覚めて、油田基地でオレ達デストロンに襲われたところをサイバトロンに助けられて以来、サイバトロンに協力してる地球人だ。特にバンブルとは、種族を越えた親友同士だぞ。今回は『2010』以降に登場したエクセルスーツ(強化服)版での商品化だ」


LG-Bunble12.JPG


サンクラ「エクセルスーツはアニメじゃ車両型に変形してたが、今回はヘッドモードになる。形状は『ザ・リバース』でこいつが組んだセレブロスのデザインだが、造形は全てLG版で新造されてるぞ」


LG-Bunble13.JPG


サンクラ「画像じゃわかりにくいが、スパイクはバンブルに搭乗可能だ。『2010』の16話じゃ、久々にバンブルに乗車して『こうしていると、昔を思い出すな』って発言してたぞ」


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「レジェンズ版バンブル&スパイクの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 昨日はアメブロの方にグリスブリザードナックルの簡易レビューを投下してきました。

 向こうならではのコーナーも企画中ですが、はてさて……。


 本文の方は『ホビー雑誌コーナー』の記事です。

 では、スタート!


Specter1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダースペクター』を紹介するぞ」


Specter2.JPG


ディケイド「仮面ライダースペクターは、深海マコト(ふかみ・まこと)ゴーストドライバースペクターゴースト眼魂で変身した仮面ライダーだ。戦闘経験を積んできたマコトが変身するため、仮面ライダーゴーストを上回る戦闘能力を発揮し、同じゴースト眼魂を使用してもスペックで勝っているぞ。変身音声は『レディゴー!覚悟!ド・キ・ド・キ!ゴースト!』だ」


Specter3.JPG


ディケイド「バストアップ。ゴーストが一本角なのに対して、スペクターは二本角だ。マスク『ヴァリアスバイザー』に浮かぶ模様『フェイスバーサーク』は、当初敵として登場することから悪そうな形相にデザインされているぞ。『俺の生き様、見せてやる!』が決め台詞だ


Specter4.JPG


ディケイド「背中側。基本的にはゴーストのリデコで、パーカーのシワなんかも同じ形になってるぞ」


Specter5.JPG


ディケイド「胸部。ゴーストと同じようにクリアパーツで覆われてて、ゴーストドライバーにもスペクターゴースト眼魂の絵柄が描かれてる。ボディのラインは心電図がモチーフだ」


Specter6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。武器であるガンガンハンドと交換用手首はゴーストよりも多い三種類、それから交換用のフードパーツだ」


Specter7.JPG


ディケイド「こっちもフードを交換することで、変身直後のフードをかぶった状態も再現できるぞ」


Specter8.JPG


ディケイド「ガンガンハンドはスペクターの基本武器だ。この形態ではこのロッドモードを主体にして戦うぞ


Specter9.JPG


ディケイド「設定通り、ライフルモードにも変形可能だ。主にノブナガ魂の状態で使用するから、火縄銃の意匠がデザインされているぞ」


Specter10.JPG


ディケイド「ゴーストと同じように、初回版には特典として、同サイズの眼魂が付属してる。黒はスペクターゴースト眼魂、紫はノブナガ、黄色はエジソン、水色はツタンカーメン、そしてピンクはマコトの妹である深海カノンの眼魂だ」


Specter11.JPG


ディケイド「スペクターとの比較。サイズは極小ながら、しっかり塗り分けがされてるぞ」


Specter1.JPG


ディケイド「仮面ライダースペクターの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

StarConvoy1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFジェネレーションセレクト』から、スターコンボイを紹介するぞ!」


StarConvoy2.JPG


サンクラ「まずはコンボイ。『ザ★ヘッドマスターズ』で再び死亡した後、デストロンの衛星基地ルシファーに遺体が保管されてたが、サイバトロンに取り返された後、ダイアトラスのゾディアックで復活したぞ。モノは『パワーオブザプライム』版オプティマスプライム付属のオライオンパックスを、大幅にリデコしたものだ」


StarConvoy3.JPG


サンクラ「バストアップ。今回の造形は、同時期に海外で展開してたアクションマスター版(国内未発売)がモチーフとも言われてる。黄色い目や、マスクに入ったスリットが、初代玩具版のコンボイを思わせるな」


StarConvoy4.JPG


サンクラ「背中側。ギミックは特にオライオンから変更はねえ。余談だが、変形法や背中にビークル時のフロントが来るのを含めて、パワーマスターコンボイに近い変形だ」


StarConvoy5.JPG


サンクラ「武器は二挺のライフルだ。この状態では、特に名称はねえ」


StarConvoy6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


StarConvoy7.JPG


サンクラ「コンボイのボディがコアブロックになり……」


StarConvoy8.JPG


サンクラ「マトリクスを収納!」


StarConvoy9.JPG


サンクラ「後部トレーラーが変形したボディにドッキングして……」


StarConvoy10.JPG


サンクラ「スターコンボイの誕生だ!」


StarConvoy11.JPG


サンクラ「スターコンボイは、サイバトロンの総司令官だ。身長45メートル、体重2千トンっていう、合体戦士並みの巨大な体躯を誇るぞ。当時はスターコンボイが単体で巨大ビークル・基地に変形してたが、『ジェネレーションセレクト』版は上記の通り、コンボイがコアとして合体して完成する仕様になってる


StarConvoy12.JPG


サンクラ「バストアップ。角と胸部の星のエンブレムはメッキパーツだ。両肩のキャノン砲を含めて、今までのコンボイには無かった『いかにも日本製のヒーローロボット』といったデザインが特徴的だな」


StarConvoy13.JPG


サンクラ「背中側。折りたたまれたコンボイの脚部が、ちょうどバックパックみたいになってる。以外にも、巨大ボディ側は本体に比べるとそこまで大きくはリデコされてねえ」


StarConvoy14.JPG


サンクラ「武器はコンボイガンだ。『初代』時代からの、コンボイの愛銃のデザインを受け継いでる。ちなみにG1時代はギャラクシーボンバーって名前だったぞ」


StarConvoy15.JPG


サンクラ「コンボイガンにはマトリクスを接続して強化することも出来るぞ。今までのシリーズでいう、マトリクスセイバーみたいなもんだな」


StarConvoy16.JPG


サンクラ「それじゃ、トランスフォーム!」


StarConvoy17.JPG


サンクラ「コンボイ本体がキャブに変形し……」


StarConvoy18.JPG


サンクラ「巨大ボディが変形したトレーラーと合体して、ビークルモードの完成だ」


StarConvoy19.JPG


サンクラ「横から。スーパーロボットモードとは対照的に、初代コンボイを思わせる、実車に近いトレーラーに変形するぞ」


StarConvoy20.JPG


サンクラ「コンボイガンは、ビークルモードでも装備可能だ。これは、リデコ元のオプティマスから引き継いだギミックだな」


StarConvoy21.JPG


サンクラ「スターコンボイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 ども、今晩は、アカサカです。

 先日『シージ』のバトルマスターを二つ(エイムレスとカリバースト)買ったので、アメブロの方でちょっと記事を書きました。


 こちらの記事はシージ版ダイノボット、最後の一人(厳密に言えばスラッシュがいますが彼女は持ってない)です。


 では、本文スタート!


POP-Swoop1.JPG



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、スワープを紹介するぞ!」


POP-Swoop2.JPG


サンクラ「スワープは、ダイノボット部隊の砲撃戦士だ。空から強襲し、敵が逃げまどう姿を見るのを好む一方、ダイノボットの中では比較的知能が高く、親しみやすい性格だぞ。名前は『降下、飛び掛って襲い来る』って意味だ」


POP-Swoop3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメじゃ、スナールと共に追加で製作されたダイノボットだ。ボディはG1版トイじゃ他のメンバーと同じく赤だったが、このPOP版ではアニメ版に合わせて青いボディになってる。ちなみに、海外じゃ限定として、赤いボディのリペイント版も発売されたぞ」


POP-Swoop4.JPG


サンクラ「背中側。全員が飛行可能なダイノボットの中でも特に空中戦を得意としてるが、翼は脆い部分で、メンバーで最も撃たれ弱いって弱点も持ってる」


POP-Swoop5.JPG


サンクラ「武器は4千℃のサーマル・ソードとプライムアーマーだ。ビーストモードの頭部が胸部に来てるデザインのせいか、プライムアーマーは胸部に装備できねえが、その代わり、腕に取り付ける事が可能だぞ」


POP-Swoop6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


POP-Swoop7.JPG


サンクラ「ビーストモードはプテラノドンだ。時速約400kmで飛行可能だぞ」


POP-Swoop8.JPG


サンクラ「ちなみに、POP版はビーストモードでも直立させる事も出来るぞ。アニメじゃ、他のメンバーと違うモチーフの選定は『変化をつけるため』って理由になってる」


POP-Swoop1.JPG


サンクラ「スワープの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」