FC2ブログ
Biorobo-1.JPG

ディケイド「ディケイドだ。今日はスーパーミニプラから、バイオロボを紹介するぞ!

Biorobo-2.JPG

ディケイド「まずはバイオジェット1号。レッドワンとピンクファイブが搭乗する高速戦闘機だ。宇宙や異次元など、さまざまな領域での飛行が可能だぞ」

Biorobo-3.JPG

ディケイド「次はバイオジェット2号。グリーンツー、ブルースリー、イエローフォーが搭乗する、多目的戦闘爆撃機だ。巡行ミサイルランチャーや、1号と同様のレーザービームを装備しているぞ」

Biorobo-4.JPG

ディケイド「両機とも、着陸脚は収納が可能だ」

Biorobo-5.JPG

ディケイド「旧プラモ版と。今回のスーパミニプラ晩は、色分けやシールで、特に手を加えなくても劇中通りの再現がされてるぞ」

Biorobo-6.JPG

ディケイド「それじゃあ、合体、ハイパークロス!」

Biorobo-7.JPG

ディケイド「バイオジェット1号と2号が合体して、バイオロボの完成だ。バイオ星で作られた巨大ロボで、言葉は話さないが、自我を持っているぞ。500年前に地球に飛来し、バイオマンの先祖たちにバイオ粒子を浴びせたんだ」

Biorobo-8.JPG

ディケイド「バストアップ。各塗装部はシールの他、製品状態で塗装済みだぞ。胸部は搭乗口で、緊急時には搭乗者を強制排出出来るぞ」

Biorobo-9.JPG

ディケイド「背中側。変形・合体は差し替えなしで再現されてる」

Biorobo-10.JPG

ディケイド「各関節部はかなり可動域が広いから、色々なポーズをとらせる事が可能だ」

Biorobo-11.JPG

ディケイド「付属品はコチラ。各種武装と平手、それから37話の冒頭にだけ登場した、塩素系ガス中和剤のボトルだ」

Biorobo-12.JPG

ディケイド「平手を使えば、第1話でバイオマンメンバーを拉致した迎えに来たシーンも再現できるぞ」

Biorobo-13.JPG

ディケイド「上で書いた通り可動範囲が広いから、スーパーメーザーの両手持ちも可能だ。多彩なバイオロボの剣技を再現できるぞ」

Biorobo-14.JPG

ディケイド「スーパーメーザーとバイオシールドを構えたところ。初期はストレートフラッシュダッシングビームチェーンソーカッターなど多彩な技を披露していたが、後半はほぼスーパーメーザーバイオ粒子斬りに統一されたぞ」

Biorobo-15.JPG

ディケイド「平手には、塩素系ガス中和剤のボトルを持たせられるぞ」

Biorobo-16.JPG

ディケイド「バイオロボ状態で、旧プラモと。旧版もいろプラとシールで、当時としてはかなり再現度が高い方だったぞ。等身バランスは違うが、頭部のサイズはほぼ同じなのが興味深いな」

Biorobo-17.JPG

ディケイド「背中側。旧版はバイオジェット1号の機首が差し替えなのを除けば、ほぼスーパミニプラ版と同じ変形をこないしていたぞ」

Biorobo-18.JPG

ディケイド「武器を構えたところ。スーパミニプラ版は、武器もかなり大型化されててハッタリが効いているな」

Biorobo-19.JPG

ディケイド「バイオロボの紹介は以上だ。それじゃ、またな!
スポンサーサイト



 今日はアメブロの方も更新しました。
 BOOKOFFでちょっとコミックスを買ってきたので、その記事を……。

 こちらの方は、POP版エリータ1の記事で行きます。

 ところでふと思ったんですが、(完全に後付けにはなりますが)エリータ1のシークレットパワー(時間停止機能)って、アルファートリンが『BWネオ』のハインラッドのタイムフリーズ能力を参考に組み込んだ劣化版(何度でも平気で使ってたハインラッドに対して、エリータ1は一度使っただけで死にかけてたので)、とかいう解釈はどうかなと思ったんですが、いかがでしょう?
 なんせハインラッドは「ベクターシグマとタメで話せる(=確実にアルファートリンと同世代以上)」らしいので。

 話が逸れましたが、さっそくスタート!

PP-Elita1-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、エリータ1を紹介するぞ!

PP-Elita1-2.JPG

サンクラ「エリータ1は、ウーマンサイバトロンのリーダーだ。コンボイとは、アルファートリンの手で現在の姿に改造される前のエイリアル時代から恋人同士だぞ」

PP-Elita1-3.JPG

サンクラ「バストアップ。元々はアニメオリジナルキャラで、自分の生命力のほとんどと引き換えに時間を止めるシークレットパワーを持っていたぞ」

PP-Elita1-4.JPG

サンクラ「背中側。トイは同じPOP版スタースクリームのパーシャルだ。ロボットモードじゃ、ほとんど共通パーツはねえ」

PP-Elita1-5.JPG

サンクラ「武器として、小型の拳銃が二挺ついてるぞ」

PP-Elita1-6.JPG

サンクラ「肩には合体用の足パーツも装着可能だ」

PP-Elita1-7.JPG

サンクラ「合体パーツには、銃やオートボットエニグマも装着できるぞ」

PP-Elita1-8.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Elita1-9.JPG

サンクラ「ビークルモードはジェット機だ。アニメじゃSFカーに変形してたが、カーモードになるエリータ1玩具の方がむしろ希少だぞ」

PP-Elita1-10.JPG

サンクラ「ビークルモードでも、銃や合体パーツは装備可能だ」

PP-Elita1-11.JPG

サンクラ「それから、コイツも合体形態に変形できるぞ」

PP-Elita1-12.JPG

サンクラ「同じジェットタイプのシルバーボルトの合体モードと。腕部が合体モードの脚になったり、上下逆転したりと共通点があるぞ」

PP-Elita1-13.JPG

サンクラ「合体ロボットモード。販売時は固定メンバーはいなかったが、後に海外の限定アイテムと組み合わせて、手足をウーマンサイバトロンで統一した合体形態オルティアが設定されたぞ」

PP-Elita1-14.JPG

サンクラ「腹部には、オートボットエニグマを装備可能だ。プライムマスターとも合体できるぞ」

PP-Elita1-1.JPG

サンクラ「エリータ1の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Abominus-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、オボミナスを紹介するぞ!

PP-Abominus-2.JPG

ハングルー「テラートロン部隊~! オボミナスにトランスフォーム!」

PP-Abominus-3.JPG

ゴゴガギギ!

PP-Abominus-4.JPG

ギガゴゴゴ! ゴガギギギ!

PP-Abominus-5.JPG

ゴゴガギギギギ!

PP-Abominus-6.JPG

ガキン! ガキィィィン!

PP-Abominus-7.JPG

ガキン!

PP-Abominus-8.JPG

オボミナス「オボミナス誕生!」

PP-Abominus-9.JPG

サンクラ「オボミナスは、五体のテラートロン部隊が合体した合体兵士だ。圧倒的な破壊力で行く手にあるいかなる物をも破壊するぞ。名前は『忌まわしい(abominable)』の変形だ」

PP-Abominus-10.JPG

サンクラ「バストアップ。頭部デザインはアニメ『原始の呼び声』なんかの高作画回のデザインに近いが、カラーリングはG1版トイに準じてる。因みにスペックの『知能』は、全TFで最低値の『1』だぞ」

PP-Abominus-11.JPG

サンクラ「背中側。正面と違って装飾がねえから、特にハングルーのボディなんかはどう変形してるのかよく分かるな。」

PP-Abominus-12.JPG

サンクラ「胸部には、テラートロンエニグマを装着可能だぞ

PP-Abominus-13.JPG

サンクラ「武器は付属してねえが、ハングルーに引き続き、G1版トイの音波スタンガンを装備できるぜ」

PP-Abominus-14.JPG

サンクラ「さらに、G1版トイと同じく“スクランブル合体システム”を採用してるから、こんな具合に手足を自由に入れ替えたり……」

PP-Abominus-15.JPG

サンクラ「他のUW/CW規格の合体兵士/戦士との混成合体も勿論可能だ」

PP-Abominus-16.JPG

サンクラ「オボミナスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
 取り敢えず、今日でPOPテラートロンの分離形態はレビュー完了ですが、オボミナスはまだ画像を撮っていないので、明日から数日は、『文庫本コーナー』の新しい小説とか、『ファイクエ』新シリーズの設定公開などでお茶を濁したいと思います(おい)。

 それはさておき、さっそくスタート!

PP-Sinnertwin-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、シナーツインを紹介するぞ!

PP-Sinnertwin-2.JPG

サンクラ「シナーツインは、テラートロンの追撃兵だ。トラブルが見つかるのを期待しながら、テラートロンの縄張りの境界をうろついてるぞ。名前は『罪人、悪者』+『双子』からだ」

PP-Sinnertwin-3.JPG

サンクラ「バストアップ。実はネズミや虫、ミニドロイドなんかの小動物が苦手だぞ」

PP-Sinnertwin-4.JPG

サンクラ「背中側。ビーストモード頭部や尻尾が背面に来てるのは、G1版と同じだ」

PP-Sinnertwin-5.JPG

サンクラ「武器は徹甲ロケット榴弾砲だ」

PP-Sinnertwin-6.JPG

サンクラ「勿論、プライムアーマーも付属してるぞ」

PP-Sinnertwin-7.JPG

サンクラ「トイはPOP版スナールとパーシャルだ。と言っても、共通パーツは肩のジョイントやふくらはぎなど、ごく一部だぞ」

PP-Sinnertwin-8.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Sinnertwin-9.JPG

サンクラ「ビーストモードは双頭モンスターだ。同じ双頭でも意思が統一されてたハングルーと違って、こいつはそれぞれの頭部に、個別に意思がある描写があったぞ」

PP-Sinnertwin-10.JPG

サンクラ「背中には徹甲ロケット榴弾砲を装備してる。G1版だと、別造形のフレイムキャノンを装備してたぞ」

PP-Sinnertwin-11.JPG

サンクラ「プライムアーマーは、ビーストモードでは前足に装備するように指定されてる。口からは火炎の息を吐くぞ」

PP-Sinnertwin-12.JPG

サンクラ「ビーストモードでスナールと。上で言った通り、共通パーツは少ねえが、ビーストモードでは前後がそれぞれ逆になってる」

PP-Sinnertwin-1.JPG

サンクラ「シナーツインの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Blot-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ブットを紹介するぞ!

PP-Blot-2.JPG

サンクラ「ブットは、テラートロンの火炎歩兵だ。最も不快なTFで、こいつが行く所はどこにでも、あちこちの関節から滴る腐った臭いの油の痕跡を残してくぞ。原語名の“ブロット(Blot)”は、『染み、汚れ、汚点』なんかの意味だ」

PP-Blot-3.JPG

サンクラ「バストアップ。無口で愚鈍だが、忠実だ」

PP-Blot-4.JPG

サンクラ「背中側。G1版はクリーチャーの頭部がそのまま胸部になってたが、POP版は背中に来てるから、すっきりしたスタイルになってる」

PP-Blot-5.JPG

サンクラ「武器は触媒作用でどんな金属もゴムみてえに軟化させる、腐食性の液体を噴射するスライムガンだ」

PP-Blot-6.JPG

サンクラ「プライムアーマーでプライムマスターと合体できるのは他のメンバーと同じだ。スライムガンは、背中にも装備可能だぞ」

PP-Blot-7.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Blot-8.JPG

サンクラ「ビーストモードはミュータントだ。爪を使ってどんな壁でも登ることが出来るぞ。また、炎も吐けるぜ」

PP-Blot-9.JPG

サンクラ「横から。スライムガンはビーストモードでも使用可能だ」

PP-Blot-10.JPG

サンクラ「説明書にゃねえが、ビーストモードでもプライムアーマーは装着できるぞ」

PP-Blot-1.JPG

サンクラ「ブットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
 ERスコルポノックのリデコでブラックザラックとな……!?
 日本版が出るなら、これは絶対に買わねば……。出来れば夏のボーナスが出た後くらいに(おい)。

 で、アーツでは今更のニンニンコミック? いやしかし、それならまだ、キルバスもワンチャンあるか。さすがにDXキルバススパイダーは無理だろうけど。

 つか、福岡市役所の食堂が、今日で閉店……だと……!?
 マジか。信じられん……(汗)。かしいかえんも今年いっぱいだしなぁ……。これもコロナのせいか。

 と、今日は色々と驚きがあった一日だったのでした。

 記事の方は、POPテラートロンの続きです。
 ではスタート!

PP-Cutthroat-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、カットスロートを紹介するぞ!

PP-Cutthroat-2.JPG

サンクラ「カットスロートは、テラートロンの急襲兵だ。こいつのマイクロチップの中にゃ、一片の慈悲の痕跡すら無くて、ただ破壊の欲望があるのみだぞ。名前は『喉を切る人』、転じて『殺し屋』なんかの意味だ」

PP-Cutthroat-3.JPG

サンクラ「バストアップ。トイは同じパワーオブザプライムシリーズのスワープとパーシャル(部品共有)だぞ」

PP-Cutthroat-4.JPG

サンクラ「背中側。他のメンバーと違って、合体モードの関節部分は背中に配置されてる」

PP-Cutthroat-5.JPG

サンクラ「武器は金属の標的に相反する極性を与えて自らを引き裂いちまう、二連装のマグネタイザーだ」

PP-Cutthroat-6.JPG

サンクラ「プライムアーマーも付属してる。胸部にビースト頭部が来てる仕様上、他のメンバーとは装着法が違ってるぞ」

PP-Cutthroat-7.JPG

サンクラ「パーシャル関係にあるスワープと。腕部や股関節、腿部分が同型のパーツだ」

PP-Cutthroat-8.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Cutthroat-9.JPG

サンクラ「ビーストモードは怪鳥だ。戦闘時には、名前の通り翼、クチバシ、爪で激しく打ちのめし、あらゆるものをズタズタに切り裂くぞ。また、華氏800度の火炎を吐く事も可能だ」

PP-Cutthroat-10.JPG

サンクラ「横から。G1版はマグネタイザーが尻尾になってたが、POP版は本体に尻尾パーツが造形されてる。一回のジャンプで6kmの跳躍と、風を翼に受けて短距離を滑空できるぞ」

PP-Cutthroat-11.JPG

サンクラ「背中側。合体ジョイントが背中にある都合上、プライムアーマーは親指部のピンで翼に接続してる。マグネタイザーは、親指部の穴に接続するっていう、少し無理のある装着法だ」

PP-Cutthroat-12.JPG

サンクラ「ビーストモードでスワープと。ロボット腕部の変形は同じだが、それ以外はほぼ別物だぞ」

PP-Cutthroat-1.JPG

サンクラ「カットスロートの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Rippersnapper-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、リッパースナッパーを紹介するぞ!

PP-Rippersnapper-2.JPG

サンクラ「リッパースナッパーは、テラートロンのテロリストだ。原形質より高度なあらゆる生命体、とりわけサイバトロンが、こいつを強烈に激昂させるぞ。名前は『切り裂き魔』+『噛みつく者』転じて『ガミガミ言う人、ぶっきらぼうな口をきく人』って意味だ」

PP-Rippersnapper-3.JPG

サンクラ「バストアップ。炭素生命体の匂いを嫌ってる。全体的にカラーリングはG1トイに近いが、黄色い顔と赤い目はアニメ寄りの配色だ

PP-Rippersnapper-4.JPG

サンクラ「背中側。『銀色の四角の中に、黒い枠に収まったデストロンエンブレム』は、G1のシークレットエンブレムをイメージしたものだ」

PP-Rippersnapper-5.JPG

サンクラ「武器は2基の音声誘導式地対空ミサイルランチャーだ。G1版と違って手持ち武器に分離させられるぞ。一方、G1版にあったサイクロンガンは削除されてる」

PP-Rippersnapper-6.JPG

サンクラ「地対空ミサイルランチャーは、説明書や宣材じゃ、背中に背負わせてるのが基本状態になってる」

PP-Quintus-10.JPG

サンクラ「プライムアーマーも付属してる。もちろん、プライムマスターと合体も可能だぞ」

PP-Rippersnapper-7.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Rippersnapper-8.JPG

サンクラ「ビーストモードは、四肢を持ったサメ型モンスターだ。サメの口は開閉可能だぞ」

PP-Rippersnapper-8.JPG

サンクラ「横から。爪と牙は、あらゆる物質を切り裂くぞ。G1版は、背びれが地対空ミサイルランチャーと一体化してたが、POP版は本体に造形されてる」

PP-Rippersnapper-10.JPG

サンクラ「ビーストモードでも、プライムアーマーは装着可能だ」

PP-Rippersnapper-1.JPG

サンクラ「リッパースナッパーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
 サイトを更新しました。
 今日は『文庫本コーナー』です。

 さて、何と今日もデタリキのガチャで……

2021-3-28.JPG

 新メンバーの小雪さんをゲットしました。
 これによって、シャインライトのメンバーは全員SSR、さらにデタリキのドーピング効果もあるとはいえ、戦力も一気に13万に届きました。
 昨日といい、最近ツイてない事が多かった(というか一件は現在進行中)ことに対する補填なのかなぁ、とちょっと思ったり。いや、結構ジンクスとかご利益とか、バチがあたるとか気にするタイプなので。(^ ^;)

 さて、『パワーオブザプライム』、今日からテラートロンに入ります。
 G1版との比較は、リッパースナッパーの首が折れてたり、日焼けしてたりで今回はちょっと見合わせてます。もしかしたら、ホームページ用に再編集した際に追加するかも知れませんが(そうやってブログとサイトで画像が挿し変わったり追加されてるアイテムも色々あるので)……。

 というわけで、スタート!

PP-Hungrrr-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ハングルーを紹介するぞ!

PP-Hungrrr-2.JPG

サンクラ「ハングルーは、テラートロン(テラーコン)部隊の破壊指揮官だ。ほとんどの時間を食事に費やしてて、いつも口の中を食べ物で一杯にしてるから、こいつの命令はいつも誤って受け取られちまうぞ。名前は『飢餓、空腹感』の“hunger”と唸り声の『グルルル』の掛詞だ」

PP-Hungrrr-3.JPG

サンクラ「バストアップ。カラーリングはG1版に忠実に作られてる。左肩の黒い枠で囲まれたデストロンエンブレムは、G1版についてたシークレットエンブレムのオマージュだ」

PP-Hungrrr-4.JPG

サンクラ「背中側。合体時の胸部パーツが一体化してる関係上、G1版とはかなり形状が異なってる」

PP-Hungrrr-5.JPG

サンクラ「G1版に付属してた音波スタンガンは付属してねえが、その代わり合体パーツを装備できるぞ。銃口もついてるから、これを音波スタンガンに見立ててもいいかも知れねえな」

PP-Hungrrr-6.JPG

サンクラ「合体パーツには、テラートロンのエニグマを装着できるぞ」

PP-Hungrrr-7.JPG

サンクラ「ちなみに武器の軸と拳の穴の径が同じだから、G1版の音波スタンガンを装備する事は可能だぞ。サイズもいい感じだな」

PP-Hungrrr-8.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Hungrrr-9.JPG

サンクラ「ビーストモードは双頭ドラゴンだ。こいつの二つの口は、もっぱら食べるためにあるが、消化したものを作り変えて、粗雑なミサイルとして吐き出すことも出来るぞ」

PP-Hungrrr-10.JPG

サンクラ「横から。首はかなりのボリュームになってるな。食った後、腹の中で蠢き続ける物を嫌ってるから、生きてるものより死んでるものを食うのを好んでるぞ」

PP-Hungrrr-11.JPG

サンクラ「合体パーツは、ビーストモードでも装備可能だ」

PP-Hungrrr-12.JPG

サンクラ「説明書にはねえが、G1版と同じように、基地モードにも変形できる。UWオンスロートなんかと違って、元々基地用のパーツが必要ねえ事も関係してるのかもな」

PP-Hungrrr-1.JPG

サンクラ「ハングルーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Quintus-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、クインタスプライムを紹介するぞ!

PP-Quintus-2.JPG

サンクラ「クインタスプライムは、13人のプライムの一人だ。理想の世界を求める、夢想家のプライムだとされるぞ

PP-Quintus-3.JPG

サンクラ「デコイアーマーは、デストロンのプリテンダー、ブラジオン(日本未発売)型だ。生命を生み出す力を持ち、クインテッサ星人を創造したとされるぞ

PP-Quintus-4.JPG

サンクラ「背中側。他のプライムマスターとは一風変わった武器を背負ってる」

PP-Quintus-5.JPG

サンクラ「背中の武器は、こんな風にライフルっぽく持たせられるほか……」

PP-Quintus-6.JPG

サンクラ「こんな風に、こん棒のように持たせることも出来るぞ。パッケージアートじゃ、ギザ刃のついたこん棒風にアレンジして描かれてたぜ」

PP-Quintus-7.JPG

サンクラ「デコイアーマーを開放すると、中には本体のプライムマスターが収納されてる

PP-Quintus-8.JPG

サンクラ「プライムマスター。G1版ブラジオンのインナーロボをモチーフにしてて、腕部のキャタピラ状のモールドなんかがそれを表してるぞ

PP-Quintus-9.JPG

サンクラ「背中側。クインタスプライムの紋章だ

PP-Quintus-10.JPG

サンクラ「こいつが変形したプライムコアは、合体者に生命創造にかかわる力をもたらすぞ

PP-Quintus-11.JPG

サンクラ「武器モード。ライフルらしき形状だ」

PP-Quintus-1.JPG

サンクラ「クインタスプライムの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
Genm-LVX0-1.JPG

ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゲンム ゾンビアクションゲーマーレベルX-0』を紹介するぞ

Genm-LVX0-2.JPG

ディケイド「仮面ライダーゲンム ゾンビアクションゲーマーレベルX-0は、壇黎斗がパラドから奪い返したデンジャラスゾンビと、マイティアクションプロトオリジンのガシャットで変身する、レベル0の強化形態だ。物語後半以降では、基本的にこの姿で戦ってたぞ

Genm-LVX0-3.JPG

ディケイド「バストアップ。レベルXとの違いは、ベルトがゲーマドライバーになってることと、胸部のライダーゲージにライフが表示されてることだが、フィギュアは何故かレベルXと同じライフ0の状態で立体化されている」

Genm-LVX0-4.JPG

ディケイド「背中側。基本的な違いがベルトだけだから、こっちは違いがあまり無いな」

Genm-LVX0-5.JPG

ディケイド「ゲーマドライバー。二本のガシャットがささってるほか、正面にもゲンムレベル0とX両方の表示が再現されてる」

Genm-LVX0-6.JPG

ディケイド「レベルXと。上に書いた通り、ライダーゲージの違いが再現されていないから、本体の違いはベルトだけになってるぞ」

Genm-LVX0-7.JPG

ディケイド「付属品はこちら。交換用手首と、ソードモードのガシャコンブレイカーだ。レベルXに付属していたガシャコンスパローは、当然オミットされてる

Genm-LVX0-8.JPG

ディケイド「ガシャコンブレイカーを構えたところ。ガシャコンブレイカーは、基本的にエグゼイドやゲンムレベル0に付属している物と同じ物だぞ」

Genm-LVX0-1.JPG

ディケイド「仮面ライダーゲンム レベルX-0の紹介は以上だ! それじゃ、またな
 こんにちは、アカサカです。
 声優の安西正弘さんが亡くなったそうですね……。

 個人的には『バイオマン』のジュウオウや、『エクスカイザー』のサンダーガイスト、『ゴウザウラー』のギルターボ、『ラムネ&40』のシャーベッター(これだけゲストキャラ)辺りが印象強いです。

 この場を借りて、ご冥福をお祈りいたします。

 さて、記事の方は進行中の『パワーオブザプライム』を外れてコラボアイテムで行きます。
 では、さっそくスタート!

Gigawatt-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はクロスオーバーアイテムのギガワットを紹介するぞ!」

Gigawatt-2.JPG

サンクラ「ギガワットは、他作品映画とのコラボレーション企画で発売されたアイテムの一つで、『バックトゥザフューチャー』とコラボしてるぞ。名前も映画に登場した『ジゴワット』って単語の元表記からだぞ」

Gigawatt-3.JPG

サンクラ「バストアップ。トイは『シージ』版ランボル(サイドスワイプ)のパーシャルだ。頭部は映画劇中の、ゴーグルをかけたドクがモチーフになってるぞ」

Gigawatt-4.JPG

サンクラ「胸部はクリアパーツの内部に次元転移装置、その下には(映画時点での)現代、『2』に登場した未来、『1』及び『2』で行った過去の日付が表示されてる」

Gigawatt-5.JPG

サンクラ「背中側。ガルウイングのドアや、改造されたデロリアンの後部パーツはそのまま露出してる」

Gigawatt-6.JPG

サンクラ「武器はブラスターだ。新規造形になってるぞ」

Gigawatt-7.JPG

サンクラ「ブラスターには『ミスター・フュージョン』の部品も装着可能だ。銃の後部と……」

Gigawatt-8.JPG

サンクラ「上部の二か所に取り付けられるぜ。因みに、後部につけると腕に干渉して持たせづらくなっちまう」

Gigawatt-9.JPG

サンクラ「他にもフック付きのロッドがついてるが、これは実は……」

Gigawatt-10.JPG

サンクラ「リデコ元のランボルと。前腕や腰、腿以外はほとんど新規パーツになってるぞ」

Gigawatt-11.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

Gigawatt-12.JPG

サンクラ「ビークルモードは、映画に登場したタイムマシン仕様のデロリアンだ。シルバーはざらついた塗装に仕上げてあるぞ」

Gigawatt-13.JPG

サンクラ「後部。劇中での複雑な改造を立体化してる。塗装も細かい部分までされてるぞ。ナンバープレートも劇中通り、“OUTATIME”になってるんだぜ」

Gigawatt-14.JPG

サンクラ「車体の下にはブラスターを収納可能だ」

Gigawatt-15.JPG

サンクラ「さて、車両後部には、さっきのフック付きロッドが装着できる。実はこれは、一作目終盤で落雷のエネルギーを得るために取り付けられたトロリーポールだぞ」

Gigawatt-16.JPG

サンクラ「他にも後部にミスター・フュージョンを取り付けて2作目の仕様にも出来るぞ」

Gigawatt-17.JPG

サンクラ「さらにタイヤも収納可能だ。スタンドの取付穴もあるから、飛行モードにも出来るんだぜ」

Gigawatt-18.JPG

サンクラ「ビークルモードでランボルと。ロボットモードと違って、共通パーツは全くねえ」

Gigawatt-1.JPG

サンクラ「ギガワットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Blackwing-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ブラックウイング(ダークウイング)を紹介するぞ!

PP-Blackwing-2.JPG

サンクラ「ダークウイングは、デストロン・パワーマスターの空中強襲兵だ。決して良い事を言ったりしないが、とにかく何か喋ってる。因みにG1版は名前が“ダークウイング”だったが、このPOP版じゃ“ブラックウイング”に改名されてるぞ

PP-Blackwing-3.JPG

サンクラ「バストアップ。人生とは一つの長い痛みと苦しみの試練であると信じており、他者の経験が自分の受ける以上の苦痛であることを保証しようと懸命になってるぞ

PP-Blackwing-4.JPG

サンクラ「背中側。ドレッドウイングと同じく、1988年のG1版は、日本じゃ水色の部分を赤くリカラーしたうえハイドラーって別キャラとして発売されたぞ

PP-Blackwing-5.JPG

サンクラ「武器は二挺のレーザー誘導式エレクトロキネティックブラスターだ。ドレッドウインドは一丁に減らされたが、こいつは二挺のままだぞ

PP-Blackwing-6.JPG

サンクラ「プライムアーマーも勿論付属してるぞ」

PP-Blackwing-7.JPG

サンクラ「リデコ元のUWエアーライダーと。エアーライダー自体、スカイダイブとはパーシャルだが、ドレッドウインドに比べるとまだ近い体型だな」

PP-Blackwing-8.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Blackwing-9.JPG

サンクラ「ビークルモードはトーネードジェットだ。エレクトロキネティックブラスターは、機体の左右に装備してるぞ

PP-Blackwing-10.JPG

サンクラ「G1版と同じく、主翼は可変翼で、可動させる事が可能だ」

PP-Blackwing-11.JPG

サンクラ「ビークルモードでエアーライダーと。エアーライダーも可変翼だが、主翼パーツは丸ごと作り直されてるぞ」

PP-Blackwing-12.JPG

サンクラ「こいつもUWエアーボットのリデコである関係で、UW規格の合体モードへ変形可能だ。こっちは腕モード」

PP-Blackwing-13.JPG

サンクラ「そしてこっちが脚モードだ」

PP-Blackwing-14.JPG

サンクラ「さらに、ドレッドウインドとダークウイングが合体する事で……」

PP-Blackwing-15.JPG

サンクラ「合体戦闘機・ドレッドウイングが完成するぞ! これは、G1版から引き継いだギミックだ」

PP-Blackwing-1.JPG

サンクラ「ブラックウイング(ダークウイング)の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Dreadwind-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ドレッドウインドを紹介するぞ!

PP-Dreadwind-2.JPG

サンクラ「ドレッドウインドは、デストロン・パワーマスターの航空防衛兵だ。残酷で陰気、いつも、あたかも自分の最良の友人をたった今永久に失ってしまったかのように振舞っているぞ

PP-Dreadwind-3.JPG

サンクラ「バストアップ。1988年のG1版は、日本じゃ水色の部分を赤くリカラーしたうえ、バスターって別キャラとして発売されたぞ」

PP-Dreadwind-4.JPG

サンクラ「背中側。ウイングパーツが脚部に集中してボリューミーになってるな」

PP-Dreadwind-5.JPG

サンクラ「武器はサーマルメルターだ。G1版は二丁だったが、今回は一丁だけ付属してるぞ

PP-Dreadwind-6.JPG

サンクラ「プライムアーマーも付属してる。元々G1版は人間のパートナーがTFのエンジンに変形してたから、それをオマージュしたギミックだと言えるな」

PP-Dreadwind-7.JPG

サンクラ「リデコ元のUWスカイダイブと。頭部の他、胸部や肩など大幅にリデコされてるから、パッと見は全然別物になってる」

PP-Dreadwind-8.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Dreadwind-9.JPG

サンクラ「ビークルモードはF-16風のジェット機だ。二基の空対空ミサイルを装備してるぞ

PP-Dreadwind-10.JPG

サンクラ「ビークルモードでも、機体上部にプライムアーマーやサーマルメルターを装備可能だ」

PP-Dreadwind-11.JPG

サンクラ「ビークルモードでスカイダイブと。主翼自体は同じ部品だが、主翼の付け根が新造されてて、機体の横幅が広くなってる」

PP-Dreadwind-12.JPG

サンクラ「このドレッドウインドも、他の『パワーオブザプライム』のデラックスクラスと同じく、UW規格の合体機構が搭載されてるぞ。こっちが腕モード……

PP-Dreadwind-13.JPG

サンクラ「そしてこっちが脚モードだ」

PP-Dreadwind-1.JPG

サンクラ「ドレッドウインドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
PP-Muunracer-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ムーンレーサーを紹介するぞ!

PP-Muunracer-2.JPG

サンクラ「ムーンレーサーは、ウーマンサイバトロンの狙撃手だ。未熟な面もあるが、行動力とアイデアにあふれてるぞ」

PP-Muunracer-3.JPG

サンクラ「バストアップ。元はアニメのオリジナルキャラで、今回初めて商品化されたぞ。アニメじゃパワーグライドの恋人だったぜ」

PP-Muunracer-4.JPG

サンクラ「背中側。アニメじゃ何もついてなかったが、トイとして変形する都合上、バックパックを背負ってるぞ」

PP-Muunracer-5.JPG

サンクラ「武器はライフルだ。射撃の腕は本人曰く『宇宙一』だそうだ

PP-Muunracer-6.JPG

サンクラ「ほかにプライムアーマーが付属してる。胸部に装着して、プライムマスターと合体することが出来るぞ」

PP-Muunracer-7.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Muunracer-8.JPG

サンクラ「ビークルモードはセイバートロンモードのスポーツカーだ」

PP-Muunracer-9.JPG

サンクラ「横から。ロボットモードと違って、ビークルモードのデザインはアニメとは大きく違ってる」

PP-Muunracer-10.JPG

サンクラ「ビークルモードでも、ライフルやプライムアーマーを装備することが出来るぞ」

PP-Muunracer-11.JPG

サンクラ「それから、『パワーオブザプライム』のデラックス・ヴォイジャークラスのアイテムのいくつかは、UW準拠の合体システムを搭載してる。このムーンレーサーも、こうやって腕モードや……」

PP-Muunracer-12.JPG

サンクラ「脚モードにも変形できる。ちなみにつま先はエリータ1に付属してる物だぞ」

PP-Muunracer-1.JPG

サンクラ「ムーンレーサーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
Gunkiller-1.JPG

ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、ガンキラーを紹介するね!」

Gunkiller-2.JPG

ウエスト「ガンキラーは、『超戦士ガンダム野郎』に登場した、オリジナルのSD戦士だよ。暗黒SD連合の首領、狼馬舞留人(ロマ・マイルド)が、全国のG研メンバーのSDスピリットを奪って完成させたんだ。当時は模型としての発売は無かったけど、20年の時を経て、初めて公式から商品化されたんだよ」

Gunkiller-3.JPG

ウエスト「バストアップ。ありとあらゆるSD戦士の長所を組み合わせてある、って設定だよ。それまでのSD戦士は、大福将軍が最高のSDスピリット(HP兼戦闘力みたいなものだよ)163だったのに対して、1,000という規格外の能力を持ってたんだ」

Gunkiller-4.JPG

ウエスト「背中側。コミックには、狼馬の赤と黒を基調としたカラーリングの0号や、主人公の大河が使ったガンダムカラーの機体、武者仁宇みたいな角を持ったヒロシ機などがあったけど、今回は量産型の1号でのカラーリングで発売されたよ」

Gunkiller-5.JPG

ウエスト「付属品はこちら。各種武器に交換用手首、リアルモード用の手足延長パーツだよ」

Gunkiller-6.JPG

ウエスト「掌は開いた状態に出来るよ。ここから針状のキラーソードを伸ばして、相手のSDスピリットを吸収していたんだ」

Gunkiller-7.JPG

ウエスト「肩からはトゲを伸ばすことも出来るよ」

Gunkiller-8.JPG

ウエスト「そして、肩の刃を飛ばす必殺技、処刑技・ギロチンバグ。大福将軍を一撃でバラバラにしたんだ」

Gunkiller-9.JPG

ウエスト「オプションの延長パーツを使えば、リアルモードにも変形できるよ」

Gunkiller-10.JPG

ウエスト「他にも下半身を分離できるから、劇中の『まだやられたわけじゃない!』『こいつジオングもどきか~!?』のシーンも再現できるんだよ」

Gunkiller-1.JPG

ウエスト「ガンキラーの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪
Gelshark-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFカーロボット』から、『D-005 ゲルシャーク』を紹介するぞ!

Gelshark-2.JPG

サンクラ「ゲルシャークは、メカホオジロサメに変身する、デストロンガーの牙提督だ。サイバトロンに処刑寸前の所(アニメでは宇宙をさまよい死にかけていた所)をギガトロンに助けられ、以来、絶対の忠誠を誓ってるぞ」

Gelshark-3.JPG

サンクラ「アタックモード。トイは海外でのみ発売されたメタルスサイバーシャークのリデコだ。口からはスプリングでジョーズトーピードを発射可能だ。ちなみに上あごを下げると発射装置に干渉して、ミサイルが暴発しやすいから注意だ」

Gelshark-4.JPG

サンクラ「それから、説明書やリカラー元のサイバーシャークにも記述はねえが、メタルススピッターのパッケージ裏では(サイバーシャークの)ビークルモードが紹介されてる。当然、同型であるコイツも変形可能だ」

Gelshark-5.JPG

サンクラ「のちに『レジェンズ』でリメイク版が発売されたぞ。体のしなりが逆になってるのが面白いな」

Gelshark-6.JPG

サンクラ「今度は海外イベント『BOTCON 2010』で発売されたセイバートロンモードと。こっちは『スーパーリンク』シャークティコンのリデコで、魚雷艇に変形するぞ」

Gelshark-7.JPG

サンクラ「そんじゃ、ゲルシャーク、変身!」

Gelshark-8.JPG

サンクラ「ロボットモード。ギガトロンに忠実だが、根っからの悪人じゃなく(むしろ本質的には善良)、ストーリー後半で偶然子供達を助けてからは、『ゲルシャークさん』と慕われるようになって、次第に葛藤してくことになったぞ」

Gelshark-9.JPG

サンクラ「バストアップ。海外の『R.I.D』では、スカイバイトって名前に変更されたぞ。トイはカラーリングの他、胸部のスパーククリスタルがデストロンのものに変更されてる。アニメじゃ、ここからメーザーストームって光線を発射してたぞ」

Gelshark-10.JPG

サンクラ「背中側。サメの頭部が腰アーマー、側面が肩アーマーになってる。因みに趣味はポエムだが、実際には川柳になってたぞ。他に、『お魚さん占い』なるもの(当時流行った『動物占い』のパロディだ)も嗜んでて、コイツに対応した動物はクラゲだったぜ」

Gelshark-11.JPG

サンクラ「左腕のアンカーアームは、肘のダイヤル(赤い矢印だ)で回転可能だ。手首のスイッチ(青い矢印だ)を押し込めば固定できるぞ」

Gelshark-12.JPG

サンクラ「アニメじゃ未使用だが、ジョーズトーピードはロボットモードでも使用可能だ」

Gelshark-13.JPG

サンクラ「こっちもアニメ未使用だが、サメの胸鰭もフィンブレードって武器になるぞ」

Gelshark-14.JPG

サンクラ「ジョーズトーピードの発射装置は、ロボットモードでも腰の後ろに収納しておくことが出来るぞ」

Gelshark-15.JPG

サンクラ「ロボットモードでレジェンズ版と。レジェンズ版はサメの頭部が胸部に来るよう、変形が変わってる。他にアンカーアームとジョーズトーピードも一体化されてるぞ」

Gelshark-16.JPG

サンクラ「今度はBOTCON版と。BOTCON版は変形の都合上、頭部のトサカがかなり短くなってる」

Gelshark-17.JPG

サンクラ「メタルビースト三人衆と。当初はお互い反発してたが、コンバットロン登場後は意気投合するようになって、コイツも『ゲルシャーク軍団』と称してたぞ。ちなみに、元になったトイはグッシャー以外は全員サイバトロンだ

Gelshark-18.JPG

サンクラ「ゲルシャークの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
 と言っても、中の人はBWIIでジョイントロンのDJやってましたが。

 ところで今回のメタルススピッター型、メタルスダイバーにリカラーするのは無理がありますが、逆に欧州のビデオテープに付属してた赤いスピッターは「メタルス化前のグッシャー」としても見られそうだと思うんですけど、どう思います?(笑)

 あ、今日はアメブロの方も更新してます。
 この間買ったスーパーミニプラの凰牙を、ちょっと前に組んだので。

 さて、本文はグッシャーのレビューです。
 ではスタート!

Gushar-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFカーロボット』から、『D-004 グッシャー』を紹介するぞ!

Gushar-2.JPG

サンクラ「グッシャーは、メカカエルに変身するデストロンガーの湿原兵だ。関西弁で話し、海中でも行動可能だぞ」

Gushar-3.JPG

サンクラ「口には武器のベロビュートを取り付けられる。背中からは隠し武器のビックリハンドを展開することが出来るぞ」

BW-M-Spittor-4.JPG

サンクラ「トイは海外で発売されたメタルススピッターのリカラーだ。所属は変わってないが、カラーリングはガラリと変更されてるぞ」

Gushar-4.JPG

サンクラ「そんじゃ、グッシャー、変身!」

Gushar-5.JPG

サンクラ「ロボットモード。アニメじゃ描かれなかったが、ビールが大好物で、いくら飲んでも酔わない酒豪らしい」

Gushar-6.JPG

サンクラ「バストアップ。カエルの頭部と背中が、それぞれ肩アーマーになってるぞ」

Gushar-7.JPG

サンクラ「背中側。青い成型色が中心だったスピッターから、赤と黒っていう、メリハリの利いたカラーに変更されてるぞ」

Gushar-8.JPG

サンクラ「右肩にはスパーククリスタルが隠されてる。アニメでは、ここからライトメーザーって電磁光線を発射してたぞ」

Gushar-9.JPG

サンクラ「ビックリハンドはロボットモードでも展開可能だ。腕にはベロビュートを持たせられるが、アニメでは自分の舌を鞭のように伸ばす攻撃をベロビュートと呼んでたぞ」

Gushar-10.JPG

サンクラ「もちろん、グッシャーでも腰の後ろにベロビュートを装着可能だ」

BW-M-Spittor-13.JPG

サンクラ「ロボットモードでスピッターと。余談だが、『カーロボ』のメタルビーストの中で、リカラー前からデストロンだったのはコイツだけだ」

Gushar-11.JPG

サンクラ「グッシャーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
 サイトを更新しました。
 今日は『テレビ雑誌コーナー』です。

 昨日、デタリキ総選挙の桃源郷ガチャAが10回溜まったので、SSR確定ガチャを引いたところ……

2021-2-28-1.JPG

 今回の限定コ・ス・プレであるバスタオルの奈緒さんと……

2021-2-28-2.JPG

 今まで持ってなかったエレナさんが当たりました。

2021-2-28-3.JPG

 他のはこんな感じ。
 総選挙が始まってから、何かと奈緒さんに縁があるなぁ……。

 それはさておき、記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。
 ではスタート!

PP-Alcemist-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、アルケミストプライムを紹介するぞ!

PP-Alcemist-2.JPG

サンクラ「アルケミストプライムは、13人のプライムの一人だ。万物の変化を観察する、神秘的な科学者のプライムだぞ

PP-Alcemist-3.JPG

サンクラ「デコイアーマーは、デストロンのプリテンダー、サブマローダー(日本版ではMFのギルマー)型だ。リージマキシモに比べると、鱗など、有機的な要素を引き継いでるぞ

PP-Alcemist-4.JPG

サンクラ「背中側。こいつが背負ってるのは三又の刃だ」

PP-Alcemist-5.JPG

サンクラ「そのまま銛状の武器として装備できるぞ」

PP-Alcemist-6.JPG

サンクラ「コイアーマーを開放すると、中には本体のプライムマスターが収納されてる

PP-Alcemist-7.JPG

サンクラ「プライムマスター。偶然だろうが、G1版とは手足(ついでに頭部)の色が逆転してるぞ」

PP-Alcemist-8.JPG

サンクラ「背中側。アルケミストプライムの紋章だ」

PP-Alcemist-9.JPG

サンクラ「こいつが変形したプライムコアは、合体者に物質の創造や変換といった魔術的な力をもたらすぞ

PP-Alcemist-10.JPG

サンクラ「武器モードはハープーンだ。同じくハープーンガンを武器とするフィンバックに持たせてみたぞ」

PP-Alcemist-1.JPG

サンクラ「アルケミストプライムの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!
 こんにちは、アカサカです。

 昨日もまた、『デタリキ』でジャマーが映り込むバグが出ました。

2021-2-23.JPG

 このジャマー、風属性のルナーってSRジャマーで、ウィンザードでラファムが使ってるんですが……。

 それはそうと、昨日までブログやサイトの更新は『InternetExplorer』使ってたんですが、アメブロでどれだけリロードしても『いいね』ボタンが出てこないし、FC2の方でも更新した画像が古いままだったりするので、今日は『Googlechrome』の方で書いてます。

 これまでGooglechromeは、YouTube見たり『デタリキ』やったりするくらいにしか使ってなかったんですが、本格的に、こっちに移行した方がいいのかなぁ……(主要な『お気に入り』はこっちでもブックマークしてるし)。こっちのが読み込みも滅茶苦茶早いし。

 試してみたんですが、例えばFC2ブログで記事を書く時、「行と行の間を一行とか開けて文章を書いてて、複数の行をまとめてサイズや色を変えようとすると、空白の行がキャンセルされるうえ、改行なども出来なくなる」といった症状が出るんですが、こっち(Googlechrome)だとそれも無いですし……。

 ……と言うか、今までのウェブやってての不調(画像のアップロードにやたらと時間がかかるとか)も、ぜ~んぶInternetExplorerが古いせいだった……?

 さて、前置きが長くなりましたが、今日の記事は『ホビー雑誌コーナー』です。
 では、さっそくスタート!

PP-Beachcomber-1.JPG

サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ビーチコンバーを紹介するぞ!

PP-Beachcomber-2.JPG

サンクラ「ビーチコンバーは、サイバトロン・ミニボットの地質学者だ。自然や動物を愛してて、戦闘よりも砂漠の中や海岸沿いを一人で長旅する方を好んでるぞ。名前は『浜に打ち寄せる大波』や『浜で物を拾う人』って意味だ

PP-Beachcomber-3.JPG

サンクラ「バストアップ。ゴールデンラグーンをめぐる戦闘で自然の楽園が破壊された時は、自軍が勝利に湧く中、隅で悲しそうに『楽園は消えてしまった……』って呟いてたぞ(因みに原語版だと『我々の勝利だ……』ってセリフだったんだと)」

PP-Beachcomber-4.JPG

サンクラ「背中側。多種のセンサーで土壌の化学組成を測定し、必要な資源を見つけ出すことが出来るぞ」

PP-Beachcomber-5.JPG

サンクラ「管理人はG1版を持ってねえから、『変形!ヘンケイ!』版と。基本的なスタイルは、どっちもG1をベースにしてるぞ」

PP-Beachcomber-6.JPG

サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」

PP-Beachcomber-7.JPG

サンクラ「ビークルモードはデューンバギーだ。航続距離は約1,287kmで、起伏にとんだ地形でも超えることが出来るぞ」

PP-Beachcomber-8.JPG

サンクラ「運転席にはヘッドマスターやプライムマスターが搭乗可能だ。運転席が露出してる分、他のメンバーより乗ってる感が強く見られるな」

PP-Beachcomber-9.JPG

サンクラ「ビークルモードでヘケヘケ版と。今回のPP版の方が、G1版のビークルモードに近いデザインになってる」

PP-Beachcomber-1.JPG

サンクラ「ビーチコンバーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!

 今日もアメブロの方を更新しました。

 夕食のことと、スーパーミニプラのバイオロボを組んだので、旧版のいろプラの方のバイオロボと簡易的な比較をやってみたりしています。


 さて、こちらの方は『カーロボ』のギルドーのレビューです。

 ではスタート!


Gildoh-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFカーロボット』から、『D-003 ギルドー』を紹介するぞ!」


Gildoh-2.JPG


サンクラ「ギルドーは、メカムササビに変身するデストロンガーの森林剣士だ。時代がかった侍口調で話し、地球のチャンバラや時代劇を好むぞ」


Gildoh-3.JPG


サンクラ「上から。皮膜のサイドにある刃はジャックマントって武器になるぞ。トイは海外で発売されたサイバトロンのメタルスナイトグライダーのカラーを大幅に変更したものだ」


Gildoh-4.JPG


サンクラ「そんじゃ、ギルドー、変身!」


Gildoh-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。メタルビースト三人衆じゃ、唯一の飛行能力持ちだから、空中でゲルシャークの援護をしたり、他の二人の移動手段に使われることもあったぜ。海外の『R.I.D』じゃ、名前がダークスクリームに変更されたぞ」


Gildoh-6.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部のスパーククリスタルからは、冷凍光線センターメーザーを発射可能だ」


Gildoh-7.JPG


サンクラ「背中側。ムササビの胴側が背中に回ってる。そして尻尾の中には……」


Gildoh-8.JPG


サンクラ「手持ち武器である尻尾剣が収納されてるぞ」


Gildoh-9.JPG


サンクラ「それから、説明書には記述はねえが、ビーストモードの腕を展開して、元のナイトグライダーにあった四本腕モードにすることも出来るぞ」


Gildoh-10.JPG


サンクラ「ギルドーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

PP-Charger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、チャージャー(ウインドチャージャー)を紹介するぞ!」


PP-Charger-2.JPG


サンクラ「チャージャーは、サイバトロン・ミニボットの戦闘員だ。熱心だが落ち着きに欠け、注意力の継続時間が短いぞ。海外名、および商品名の“ウインドチャージャー”は『風に突撃する者』って意味だ」


PP-Charger-3.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部からは金属製の物体を引き寄せたり、はねつけたりできる強力なマグネティック・フィールドを投射できるが、この能力は甚だしくエネルギーを消耗させちまう」


PP-Charger-4.JPG


サンクラ「背中側。サイバトロンが偽スタントロンに化けた時ゃ、ワイルドライダーに変装したぞ。スタントまがいの走行を楽しんだり、磁力で偽メナゾールに合体したりしたんだぜ」


PP-Charger-5.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は『ミクロマン』のミクロロボットCARの流用だから、ゴーグルにマスクフェイスになってるが、PP版はアニメに似せたデザインになってる」


PP-Charger-6.JPG


サンクラ「今度はユナイテッド版と。こっちもかなりアニメには寄せてあるが、現代風にアレンジされたデザインだ」


PP-Charger-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


PP-Charger-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはトランザムだ。短距離じゃ、サイバトロン最速を誇り、素早さと決定力が要求される状況に適してるぞ」


PP-Charger-9.JPG


サンクラ「車内にはヘッドマスター/タイタンマスターやプライムマスターを搭乗させることが出来るぞ」


PP-Charger-10.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでG1版と。G1版は『ミニボットキーチェーン』版だからチェーン用のリングがついてるが、車両のデザインはG1版をほぼ踏襲してる」


PP-Charger-11.JPG


サンクラ「今度はユナイテッド版と。ロボットモードに比べると、差異は少ねえ」



PP-Charger-1.JPG


サンクラ「チャージャーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ラファムの新しいデートエピソードを見たので、そちらの紹介を……。


 こちらの方は『パワーオブザプライム』で行きます。


 ではスタート!


PP-Vector-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、ベクタープライムを紹介するぞ!」


PP-Vector-2.JPG


サンクラ「ベクタープライムは、13人のプライムの一人だ。名前の通り、時空の監視者としての役割を担ってるぞ」


PP-Vector-3.JPG


サンクラ「デコイアーマーは、日本版オリジナルのG1プリテンダー、メタルホーク型だ。元々メタルホークはアウターシェル状態で素顔を露出してたから、ベクタープライムもそれを踏襲してるぞ」


PP-Vector-4.JPG


サンクラ「背中には武器を背負ってる。こいつの場合は巨大な砲身だ」


PP-Vector-5.JPG


サンクラ「他のプライムマスターと同じく、こうやって装備可能だ」


PP-Vector-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーを開くと、本体が収納されてる」


PP-Vector-7.JPG


サンクラ「プライムマスターは、メタルホークとも、『ギャラクシーフォース』に登場した同名のキャラとも違ったデザインになってる」


PP-Vector-8.JPG


サンクラ「背中側にはコイツの紋章があるぞ」


PP-Vector-9.JPG


サンクラ「こいつが変形したプライムコアは、合体者に時間を操る能力を与えることが出来るぞ」


PP-Vector-10.JPG


サンクラ「武器モードのデコイアーマーはキャノン砲だ。TR版のメタルホークに装備してみたぞ」


PP-Vector-11.JPG


サンクラ「プライムマスターとタイタンマスターは、基本的に背中以外は同じ構造だから、こんな交換合体も可能だ。思いっきりシュールな絵面だがな」


PP-Vector-1.JPG


サンクラ「ベクタープライムの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Gaskunk-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFカーロボット』から、『D-002 ガスカンク』を紹介するぞ!」


Gaskunk-2.JPG


サンクラ「ガスカンクは、メカスカンクに変身するデストロンガーの特殊工作兵だ。お洒落な性格で、口から笑気ガスを吐き出し、時限爆弾を持つ、破壊工作のエキスパートだぞ」


Gaskunk-3.JPG


サンクラ「トイは海外で発売されたメタルススティンクボムに塗装を追加したものだ。陣営もサイバトロンからデストロンガー(デストロン)に変更されてる」


Gaskunk-4.JPG


サンクラ「そんじゃ、ガスカンク、変身!」


Gaskunk-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。アニメじゃキザな性格はテックスペック通りだが、オネエ口調で話してたぞ。海外に輸出された時の『R.I.D』では、唯一名前が日本版から変更がねえ(綴りは“Gas Skunk”になってるが)」


Gaskunk-6.JPG


サンクラ「バストアップ。両肩の排気塔(?)は、スティンクボムとは角度が変わってる」


Gaskunk-7.JPG


サンクラ「背中側。ビーストモードの尻尾をポニーテールのように背負ってる。お洒落な性格ってのも、この辺りに由来すんのかも知れねえな」


Gaskunk-8.JPG


サンクラ「左肩にはスパーククリスタルが仕込まれてる。陣営の変更に伴い、サイバトロン仕様からデストロン仕様になってるぞ。アニメじゃ、ここからレフトメーザーって破壊光線を発射してたぜ」


Gaskunk-9.JPG


サンクラ「因みに右肩には時限爆弾が収納されてるが、アニメじゃ未使用だ」


Gaskunk-10.JPG


サンクラ「ビーストモードの尻尾はジャックテールって切断武器になる。アニメでも度々使用されてたぞ」


Gaskunk-11.JPG


サンクラ「ガスカンクの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Genm-LV0-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゲンム アクションゲーマーレベル0』を紹介するぞ」


Genm-LV0-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーゲンム アクションゲーマーレベル0は、バグスターとして復活した壇黎斗(新檀黎斗)が、ゲーマドライバーにプロトマイティアクションXガシャットオリジンを装填して変身するゲンムの形態だ。変身音声は、レベル2の時と同様だぞ」


Genm-LV0-3.JPG


ディケイド「バストアップ。スペックとしてはレベルX(10)相当だ。最大の特徴はバグスターウイルスの活動を抑制する特殊なゲームエリア『アンチバグスターエリア』を形成する能力を持つことだぞ」


Genm-LV0-4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1形態は存在しない(以前のプロトガシャットとは別物だからだ)が、レベル1の顔は存在してるぞ」


Genm-LV0-5.JPG


ディケイド「ゲーマドライバー。通常のゲンムと違って、ガシャットがプロトオリジンだから黒くなってる」


Genm-LV0-6.JPG


ディケイド「リカラー前のレベル2と。全身のラインが紫からシルバーになってる他、手足のアーマーも同じシルバーになってる。メタリックパープル部分も色合いが違ってるぞ」


Genm-LV0-7.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首と、武器形態のガシャコンバグヴァイザーII、その交換用パーツ、さらにソードモードのガシャコンブレイカーと、残りライフのPETシート3種類に、壇黎斗神のPETシートだ。」


Genm-LV0-8.JPG


ディケイド「バグヴァイザーII。基本的に、レベル2に付属していたバグヴァイザーのリカラーだぞ」


Genm-LV0-9.JPG


ディケイド「他にも、バグヴァイザーIIのモニター部分には何も描かれていないから、こんな風に、クロノスに装着する事も出来るぞ」


Genm-LV0-10.JPG


ディケイド「ガシャコンブレイカー。エグゼイドに付属していた物と同様だ。通常のゲンムには無かった装備だぞ」


Genm-LV0-11.JPG


ディケイド「残りライフのシートは、99、98、97の三種類が付属してる。復活直後の残ライフ表示シーンが再現可能だ」


Genm-LV0-12.JPG


ディケイド「壇黎斗神のPETシートは、専用のスタンドで立たせることが出来る。背景として使用できるぞ」


Genm-LV0-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーゲンム レベル0の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

PP-LiegeMaximo-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、リージマキシモを紹介するぞ!」


PP-LiegeMaximo-2.JPG


サンクラ「リージマキシモは、13人のプライムの一人だ。言葉巧みなトリックスターで、兄弟達の間に不破を生んだとされるぞ。名前はマーベル版TFG2のラストに登場したG2TF達の黒幕で、メガトロン様はこいつから生まれたと言われてる」


PP-LiegeMaximo-3.JPG


サンクラ「デコイアーマーはG1プリテンダーのスカルグリン(日本版ではダウロス)がモチーフだ。有機的な骸骨っぽかったスカルグリンに対して、PP版はメカニカルなデザインになってる」


PP-LiegeMaximo-4.JPG


サンクラ「背中には武器を背負ってる。こいつの場合は爪型だ」


PP-LiegeMaximo-5.JPG


サンクラ「もちろんこうやって、取り外して持たせることが出来るぞ」


PP-LiegeMaximo-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーを開放すると、中には本体のプライムマスターが収納されてる」


PP-LiegeMaximo-7.JPG


サンクラ「プライムマスターも、G1版のスカルグリンのインナーロボを意識したデザイン・カラーリングになってるぞ」


PP-LiegeMaximo-8.JPG


サンクラ「背中側。リージマキシモの紋章になってるぞ」


PP-LiegeMaximo-9.JPG


サンクラ「こいつが変形したプライムコアは、合体者に言葉や交渉能力を与えるものになってる」


PP-LiegeMaximo-10.JPG


サンクラ「武器モードのデコイアーマーは、他のTFに装備可能だ。ちなみに画像で装備してんのは、ユナイテッド版スカルグリンだ」


PP-LiegeMaximo-1.JPG


サンクラ「リージマキシモの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 いいとこゴールドバグくらいですし……。似たようなコンセプトのバトルチャージャーは、ちょくちょくリメイクされるのにねぇ……。


 さて、今日もアメブロの方を更新しました。

 今回も『デタリキ』のレポート系ですが……。


 今日のニチアサ、プリキュアは初期作の頃は「敵をためらいなく倒し」はしても、「敵を見捨て」るって展開は特に記憶になかったので、ちょっと新鮮だったり。やっぱりこのダークな展開ってのどかの中の人がまどかだからry


 んで、『キラメイ』のあと、何気なくテレビをつけたままにしてたらいきなり『ドゲンジャーズ』が始まってビックリ!

 で、本放送時、初めて見たエピソードが第3話だったんですが、今日の再放送もその第3話で二度ビックリ!


 さらにブロ友さんの緑猫さんも『デタリキ』を始められてて、本日三度目のビックリです(笑)。


 さて、ようやく本文ですが、タイトル通り、数少ないスロットルボットのリメイクトイ紹介で行きます。


 ではスタート!


TR-RoadBurn-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、ロードバーンを紹介するぞ!」


TR-RoadBurn-2.JPG


サンクラ「ロードバーンは、G1中期に登場したスロットルボット探査員チェイスのリメイクキャラだ。ここじゃ、チェイスとしてのテックスペックを紹介するぞ」


TR-RoadBurn-3.JPG


サンクラ「性急な性格で、他のスロットルボットが出発しようとしてる時にゃ、既に16km先を走ってる。過去の手柄とこれからの戦功の自慢が大好きで、皆の人気者だぞ。3.2km先のテニスボールが見える視力を持ってて、同時に3方向、270度の範囲の遠距離を見る事も出来るんだぜ」


TR-RoadBurn-4.JPG


サンクラ「背中側。トイはLG版バンブルのリデコだ」


TR-RoadBurn-5.JPG


サンクラ「リデコ元のバンブルと。頭部とカラーリング以外はバンブルと変わってねえ。普通、バンブルの赤リデコと言や、クリフが多い中、珍しい選定だよな」


TR-RoadBurn-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-RoadBurn-7.JPG


サンクラ「ビークルモードはスポーツカーだ。G1だと、フェラーリ・テスタロッサに変形してたぞ。ルーフ下部にゃ、超水平線レーダー機能を持つ円盤アンテナを装備してる。ドライブシャフトとトランスミッションに問題が発生しやすいのが弱点だ」


TR-RoadBurn-8.JPG


サンクラ「車内には、ヘッドマスター/タイタンマスターやプライムマスターを乗車させることが出来るぞ」


TR-RoadBurn-9.JPG


サンクラ「カーモードでバンブルと。こっちは、カラーリング以外はバンブルと全く同型だ」


TR-RoadBurn-1.JPG


サンクラ「ロードバーンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

SuperMegatron-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFジェネレーションセレクト』から、スーパーメガトロン様を紹介するぞ!」


SuperMegatron-2.JPG


サンクラ「スーパーメガトロン様は、『ザ☆ヘッドマスターズ』で北極海に沈んで消息不明になったガルバトロン様が、『ザ☆バトルスターズ』で大帝王ダークノヴァによってリフォーマットされた姿だ。人間を喰ってエネルギーに変換できるようになったぞ」


SuperMegatron-3.JPG


サンクラ「バストアップ。容姿はガルバトロン様から、名前の通り元のメガトロン様をそのまま強化したような姿に戻ったぞ。額のエンブレムは、スーパーメガトロン様のイニシャルである“S”と“M”の文字を組み合わせたものだ」


SuperMegatron-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードのウイングが畳まれている他、脚部にもビークルモードのキャタピラが見えるな」


SuperMegatron-5.JPG


サンクラ「武装はより強化された融合カノンだ。ガルバトロン様時代のSFガンも彷彿とさせるな」


SuperMegatron-6.JPG


サンクラ「リデコ元になった『レジェンズ』版ガルバトロン様と。元々スーパーメガトロン様自体がガルバトロン様の強化形態だから、順当なリメイクではあるな」


SuperMegatron-7.JPG


サンクラ「続いて『シージ』版のメガトロン様と。こうして見ると、純粋にメガトロン様を強化したデザインだってのが分かるな」


SuperMegatron-8.JPG


サンクラ「ライバルであるスターコンボイと。G1の頃から、スターコンボイの方が巨大だって設定だから、この身長差は実は当時に忠実なものだったりするぞ」


SuperMegatron-9.JPG


サンクラ「こちらが当時のデザインだ。当時はトイが発売されてなくて、雑誌のグラビア記事とコミックのみの登場だったぞ。脚部が元のメガトロン様に近い直線的なデザインである以外は、GS版も概ねこの元デザインを踏襲してる」


SuperMegatron-10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SuperMegatron-11.JPG


サンクラ「ビークルモードはガンジェットだ。G1版はレーザーガンに翼が生えたようなデザインだったが、今回は普通のジェット機に近い形状だぞ。因みに、ジェット機に変形するメガトロン様は、このスーパーメガトロン様が初だ」


SuperMegatron-12.JPG


サンクラ「ガルバトロン様のジェットモードと。変形パターンがそもそも違うから、形状は全く異なってるな」


SuperMegatron-13.JPG


サンクラ「それから、トイはさらなる強化形態、ウルトラメガトロン様にも変形可能だ。これはスターコンボイに敗れたスーパーメガトロン様が、ダークノヴァによってさらに強化された姿だぞ」


SuperMegatron-14.JPG


サンクラ「バストアップ。スーパーメガトロン様との違いは、主に額と胸部のデザインだ」


SuperMegatron-15.JPG


サンクラ「背中側。こちらでは翼を展開しているぞ」


SuperMegatron-16.JPG


サンクラ「武器は腕のスターバスター砲と、肩の三連カノンだ。スターバスター砲は、GS版は融合カノンを変形させて再現してるぞ」


SuperMegatron-17.JPG


サンクラ「シージ版のメガトロン様と。この形態でも、元のメガトロン様をグレードアップしたような姿であることは変わらねえ」


SuperMegatron-18.JPG


サンクラ「頭部と胸部を比べてみても、元のデザインに近いことが分かるな」


SuperMegatron-19.JPG


サンクラ「当時の設定がこれだ。グラビア記事では、最終的にダークノヴァと合体して星の巨人になったぞ」


SuperMegatron-20.JPG


サンクラ「その他、GS版のオリジナルギミックとして、フェイス部をマスク状に変形させたウルトラメガトロン・オメガ形態にする事も可能だ。この顔は、ダークノヴァや実写映画版のメガトロン(『最後の騎士王』版)を彷彿とさせるデザインになってるぜ」


SuperMegatron-21.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SuperMegatron-22.JPG


サンクラ「ウルトラメガトロン様のビークルモードは飛行重戦車だ。スターコンボイの10倍のパワーを誇るぞ」


SuperMegatron-23.JPG


サンクラ「ビークル上部の三連ターレットは、上下の可動や回転も出来るぞ」


SuperMegatron-24.JPG


サンクラ「シージ版メガトロン様のビークルモードと。どちらもSF戦車だが、ウルトラメガトロン様はより攻撃的なデザインになってる」


SuperMegatron-1.JPG


サンクラ「スーパーメガトロン様の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

PP-Micronus-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、マイクロナスを紹介するぞ!」


PP-Micronus-2.JPG


サンクラ「マイクロナスは、13人のプライムの一人だ。マイクロンの始祖にあたるプライムだぞ。この状態は、デコイアーマーと呼ばれる外殻をまとった状態だ」


PP-Micronus-3.JPG


サンクラ「上から。頭頂部には小さくサイバトロンのエンブレムがプリントされてるぞ。トイはG1のプリテンダー、クラウドバースト(日本版ではMFのフェニックス)をリメイクしたデザインになってる」


PP-Micronus-4.JPG


サンクラ「背中側。プライムマスターの共通項として、武器を背負った状態になってる」


PP-Micronus-5.JPG


サンクラ「この武器は、取り外して手に持たせることが出来るぞ」


PP-Micronus-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーの中には、LG/TRのヘッドマスター/タイタンマスターと同規格のプライムマスターが収納されてる」


PP-Micronus-7.JPG


サンクラ「内部ロボットの状態だ。日本版のプリテンダーは、『人間サイズのTFがアーマーをまとってその後巨大化』って設定だから、偶然とはいえ日本版を意識したような設定になってる」


PP-Micronus-8.JPG


サンクラ「背中側。ヘッドマスターと違って、プライムコアと呼ばれるものが背中に来てるぞ」


PP-Micronus-9.JPG


サンクラ「プライムマスター本体は、ヘッドマスター/タイタンマスターと同じ変形でプライムコアになるぞ」


PP-Micronus-10.JPG


サンクラ「このプライムコアは、デラックスクラス以上のアイテムに付属してるプライムアーマーを介してTFに合体可能だ。合体したプライムコアは、各々違った能力を合体したTFに与えるって設定で、こいつの場合はパワーリンク(合体)が可能になるぞ」


PP-Micronus-11.JPG


サンクラ「また、『レジェンズ』のコミックでは、ビーストフォーマーの三賢人、火の宝玉が同じ姿で登場したぞ。ダブルクロスにヘッドオンして力を与えたんだぜ」


PP-Micronus-12.JPG


サンクラ「さて、プライムマスターのデコイアーマーは、武器モードへのトランスフォームが出来る。マイクロナスの場合は、ダブルガトリングになるぞ」


PP-Micronus-1.JPG


サンクラ「マイクロナスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。昨日に引き続き、『デタリキ』の記事です。

 こちらの方は、BWが終わったので、また現行のTFシリーズを再開していこうと思います。


 ……と言いつつ、2年分ほど遅れてるわけですが(汗)。


 何はともあれ、スタート!


TR-Breakaway-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、ブレイクアウェイを紹介するぞ!」


TR-Breakaway-2.JPG


サンクラ「ブレイクアウェイは、G1に登場したパワーマスター、ゲッタウェイのリメイクだ。比類なき脱出の名人で、熟達した戦術及び戦略上の軍事的技術を有し、手腕と論理を使ってどんな状況からも見事に抜け出すぞ」


TR-Breakaway-3.JPG


サンクラ「バストアップ。一方で日本じゃ、ライトフットって全くの別人として発売されたぞ。自動車会社ブリティッシュモーターズの御曹司で、芯が強く意外に強情。水の超魂パワーをもつゴッドマスターの副官だ」


TR-Breakaway-4.JPG


サンクラ「背中側。トイはトランステクター部分がLG/TRクロームドームのリカラーになってるぞ」


TR-Breakaway-5.JPG


サンクラ「武器もクロームドームのものと同型のブラスター二挺だ」


TR-Breakaway-6.JPG


サンクラ「もちろん、合体させてタイタンマスター用のビークルにもなるぞ」


TR-Breakaway-7.JPG


サンクラ「TR版クロームドームとの比較。形状の違いは顔の部分のみだが、ブレイクアウェイはカラーリングでG1版ゲッタウェイを再現してるぞ」


TR-Breakaway-8.JPG


サンクラ「今度はLG版クロームドームと。ゲッタウェイとライトフットは、トイの仕様自体は国内外同一だったから、ライトフットとして遊ぶのもいいかもしれねえ」


TR-Breakaway-9.JPG


サンクラ「タイタンマスターはスロットルだ。ただでさえ素早いブレイクアウェイのスピードを、さらに強化するぞ」


TR-Breakaway-10.JPG


サンクラ「今度はタイタンマスター(ヘッドマスター)同士の比較だ。左からLG版クロームドーム、TR版スタイラー、スロットルだ。塗装がほとんどねえのはスタイラーと同じだな」


TR-Breakaway-11.JPG


サンクラ「次はヘッドモード。デザインは三者三様だ。余談だが、G1版は人間がエンジンに変形していたパワーマスター(ゴッドマスター)だが、TR/LGではジンライなんかと同じく頭部に変形してるぞ」


TR-Breakaway-12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-Breakaway-13.JPG


サンクラ「ビークルモードはスーパーカーだ。海外だとボディが本体だが、『MF』じゃ、ライトフットが誕生日に親父からプレゼントされた自動車がトランステクターだったぞ」


TR-Breakaway-14.JPG


サンクラ「上から。エンジン部分はパワーマスターを意識したように塗装されてる」


TR-Breakaway-15.JPG


サンクラ「ルーフには武器を装着可能だ」


TR-Breakaway-16.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版クロームドームと。色のおかげで、かなりイメージは変わってるな」


TR-Breakaway-17.JPG


サンクラ「今度はLG版クロームドームと。『マスターフォース』のアニメでも、ボンネットのエンジン部分が白い事を除きゃ、概ねこのカラーリングだったぞ」


TR-Breakaway-1.JPG


サンクラ「ブレイクアウェイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BW-M-B-Widow-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスブラックウィドーを紹介するぞ!」


BW-M-B-Widow-2.JPG


サンクラ「メタルスブラックウィドーは、ブラックウィドーがトランスメタルス2に進化した姿だ。デプスチャージが捨てたトランスメタルドライバーのパーツを使って、自分で作った装置を使ったのをきっかけにメタルス化したぞ」


BW-M-B-Widow-3.JPG


サンクラ「頭部(?)アップ。アニメでは、矢印の部分が目として描写されたぞ」


BW-M-B-Widow-4.JPG


サンクラ「頭部は取り外してウインチ機構で伸ばすことが出来る。牙はスプリングで自動的に閉じるぞ」


BW-M-B-Widow-5.JPG


サンクラ「後ろ側。特にギミックには関係ね絵が、腹部横の車輪状の部分は何故か回転させることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-6.JPG


サンクラ「牙は収納することが出来る。こうすると、より蜘蛛らしいスタイルになるな」


BW-M-B-Widow-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルスブラックウィドー、変身!」


BW-M-B-Widow-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。メタルス化の際に一度死亡して、その時コイツをデストロンとして誕生させたシェル・プログラムが破壊されたことで、属性は完全なサイバトロンになったぞ。ただし、悪女的な性格はそのままだったがな」


BW-M-B-Widow-9.JPG


サンクラ「バストアップ。TFトイでも、初めて100%女としてデザインされたトイだ。胸部と肩アーマーは、アニメとトイじゃデザインやサイズが異なるぞ」


BW-M-B-Widow-10.JPG


サンクラ「背中側。腰にはスパーククリスタルが見えるな」


BW-M-B-Widow-11.JPG


サンクラ「このスパーククリスタルは、通常はサイバトロンのものだが……」


BW-M-B-Widow-12.JPG


サンクラ「180度反転させて、デストロンのものにすることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-13.JPG


サンクラ「ビーストモードの牙は、アンカーとして持たせることが可能だ」


BW-M-B-Widow-14.JPG


サンクラ「腰にはスプリングが仕込まれてて、キックアクションをすることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-15.JPG


サンクラ「トイ独自のギミックとして、アーマーを閉じてシールドモードにすることが可能だぞ」


BW-M-B-Widow-16.JPG


サンクラ「因みにアメリカじゃ、正規版の前に、マクドナルドのハッピーミールのオマケとしてもメタルスブラックウィドーが商品化されてる。こっちじゃ、時期的にデストロンとして発売されたぞ」


BW-M-B-Widow-17.JPG


サンクラ「ハッピーミール版のビーストモード。蜘蛛の肢はメタルスタランスとほぼ同じデザインだ」


BW-M-B-Widow-18.JPG


サンクラ「正規版との比較。ハッピーミール版は、通常のトランスメタルスに近いデザインになってるぞ」


BW-M-B-Widow-19.JPG


サンクラ「メタルスブラックウィドーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』に、エアラザーとクワガイガーを追加してます。


 ところで『デタリキ』なんですが、ゲームの方で音声をミュートにしてると、任務をオート周回にしてても画面(タブなど)を切り替えるとその間停止してて進まないん(音声をONにしていれば、画面を消しててもちゃんと進む)ですが、これって私だけ……? おかげで、ミュートにしてたら他の作業が出来ない、他の動画が見られないって言うね……


 さて、記事の方はアーツのレビューで行きます。

 では、スタート!


Kronos-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダークロノス クロニクルゲーマー』を紹介するぞ」


Kronos-2.JPG


ディケイド「仮面ライダークロノスは、『あらゆるゲームの力を凌駕する全知全能の神であり究極のバグスターであるラスボス、ゲムデウスを理論上攻略可能にする伝説の戦士』だ。だが、劇中では檀正宗が『仮面ライダークロニクル』参加者全員の運命をジャッジする為に利用したぞ」


Kronos-3.JPG


ディケイド「バストアップ。最強の存在としてレベルは持たない。そのため、クロノスの戦闘能力は本作に登場する他ライダーに比べ文字通り桁違いであり、スペックはレベル99のライダーであるマキシマムマイティXやパーフェクトノックアウトを上回っているぞ」


Kronos-4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1が存在しないから、背中にも顔は無い。ローブは硬質パーツだぞ」


Kronos-5.JPG


ディケイド「胸部の『ロングライフガード』は時間経過で防御力が上昇し、腕部・脚部の『セイヴァーファイトグローブ』・『セイヴァーファイトシューズ』には攻撃を与えるごとにパンチ力・キック力を10%上昇させる機能があり、戦いが長引けば長引く程更に強力になっていくぞ。ベルトのバックル部は取り外し可能だが、ゲンムやポッピーと違って、武器モードのバグヴァイザーは付属していない」


Kronos-6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首と、劇中で大我が変身したクロノスを再現するためのゲーマドライバーだ。上記の通り、武器モードのバグヴァイザーIIは付属していないぞ


Kronos-7.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーを付ければ、第43話で花家大我が変身した姿を再現できるぞ。素のスペック自体は通常のクロノスと同じだが、『ポーズ』が使えない他、大幅に弱体化してる」


Kronos-1.JPG


ディケイド「仮面ライダークロノスの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

Popy-LVX-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーポッピー ときめきクライシスゲーマー レベルX』を紹介するぞ」


Popy-LVX-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーポッピーは、ポッピーピポパポ(仮野明日那)がバグルドライバーIIときめきクライシスガシャットで変身した女性ライダーだ。『ハートフルアタッカー』と呼ばれるシステムを駆使し、攻撃対象への好感度が低ければ低いほど攻撃力をアップさせるぞ。レベルXだから、スペック上はレベル50と同等もしくはそれ以上だ」


Popy-LVX-3.JPG


ディケイド「バストアップ。初めて変身した時は洗脳されていて目が赤かったが、洗脳が解けてからは青い目になったぞ。商品には、赤い目の方は入っていない」


Popy-LVX-4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1形態が存在しないから、ゲンムのゾンビゲーマーなどと同じく、背中には顔が無いデザインだ」


Popy-LVX-5.JPG


ディケイド「変身アイテムのバグルドライバーII。かつて仮面ライダーゲンムが用いていたものと同様の機能を有するぞ。中央のモニターには、仮面ライダーポッピーの姿が描かれてる」


Popy-LVX-6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首と、武器形態のガシャコンバグヴァイザーII、その交換用パーツだ」


Popy-LVX-7.JPG


ディケイド「バグヴァイザーIIは、設定どおりビームガン形態と……


Popy-LVX-8.JPG


ディケイド「チェーンソー形態に差し替えで変形可能だ。物自体はゲンムレベル2に付属してたバグヴァイザーのリカラーだぞ」


Popy-LVX-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーポッピー レベルXの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 昨日に続いて『魔王城でおやすみ』のコミックをゲットしたのでそれについて少々。


 こちらの記事はBWメタルスで行きます。

 これで残すところはメタルスブラックウィドーのみ。BWが終わったら、現行アイテムの続き(と言っても『パワーオブザプライム』から)で行きたいと思います。


 ではスタート!


BW-Scourge-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルススカージを紹介するぞ!」


BW-Scourge-2.JPG


サンクラ「スカージは、メカイナゴに変身するデストロンの特殊任務戦闘兵だ。好き好んでボソボソと低い声で喋る不可解な神経の持ち主で、細菌戦と化学戦の研究開発に異常なまでの熱意を見せるぞ。名前は『(イナゴがもたらす)災厄、疫病』の事だ」


BW-Scourge-3.JPG


サンクラ「左目を開くと、スパーククリスタルが現れる。アンテナには電子攪乱機が内蔵されてるぞ」


BW-Scourge-4.JPG


サンクラ「さらに背中のレバーを引くと……」


BW-Scourge-5.JPG


サンクラ「羽が前方に倒れて、左の羽に仕込まれたフォトン・クラスターキャノンがスプリングで発射されるぞ。このミサイルの弾頭には、化学兵器が搭載されてる。他にも羽を使って2マイルをひと飛びすることが可能だ」


BW-Scourge-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、スカージ、変身!」


BW-Scourge-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。逆間接の脚部やイナゴの足が集中した左腕など、メタルス2の中でも殊更異形なデザインだ」


BW-Scourge-8.JPG


サンクラ「バストアップ。合成培養した危険なウイルスやバクテリアを、仲間を使って実験しようとするんで、デストロン内でも嫌われてるぞ」


BW-Scourge-9.JPG


サンクラ「横から。こいつがどういう体型をしてるのか、よく分かるな」


BW-Scourge-10.JPG


サンクラ「背中側。ギミックの都合上、ロボットモードじゃフォトン・クラスターキャノンは使用できねえ」


BW-Scourge-11.JPG


サンクラ「ミサイルは手に持たせることが出来るぞ。まあ、モールドはノコギリみたいに見えなくもねえな」


BW-Scourge-12.JPG


サンクラ「ちなみに説明書にはねえが、羽は横に開いてマント状にすることが出来るぞ。この横に開くためのヒンジは、説明書通りだとビーストモードでもロボットモードでも使い道がねえ」


BW-Scourge-13.JPG


サンクラ「左腕にも小さく手がついてるが、イナゴの肢であんまり目立たねえな」


BW-Scourge-14.JPG


サンクラ「スカージの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 家族で出かけた日の朝一、スカージ共々ザらスに寄ってもらって買ったというのを覚えてたり。

 それは兎も角スタート!


BW-M-Iguanus-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスイグアナスを紹介するぞ!」


BW-M-Iguanus2-.JPG


サンクラ「メタルスイグアナスは、デストロンの破壊工作兵及び砲術エキスパートだ。計算能力に優れてて、超長距離にある目標の位置計算を即座にこなし、数千キロ先の敵を、目の前の敵ののどを切り裂くような恐るべき正確さで殲滅するぞ」


BW-M-Iguanus-3.JPG


サンクラ「後ろから。尻尾は軟質パーツ製だ」


BW-M-Iguanus-4.JPG


サンクラ「さらに喉のスイッチを押すと……」


BW-M-Iguanus-5.JPG


サンクラ「エリマキが展開して、口内のミサイルを発射するぞ。この長距離ミサイルは各種弾頭の装備が可能で、デスロトンでも屈指の火力を誇るんだぜ(因みにテックスペックの『火力』の値は8.3だ)」


BW-M-Iguanus-6.JPG


サンクラ「リアルビースト版と。こいつはシリーズでも終盤に発売されたが、リアルビースト版はシリーズ最初期のアイテムなんだぜ」


BW-M-Iguanus-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルスイグアナス、変身!」


BW-M-Iguanus-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。特殊チタン製の装甲は、いかなる攻撃にも耐えうる堅牢さを持ってるぞ」


BW-M-Iguanus-9.JPG


サンクラ「バストアップ。左目はバイザー上になってる。左胸を開くと、スパーククリスタルが現れるぞ」


BW-M-Iguanus-10.JPG


サンクラ「背中側。放熱板風の襟巻がスカート、尻尾が弁髪になるっていう、凝ったデザインだ」


BW-M-Iguanus-11.JPG


サンクラ「ミサイルは武器として、手に持たせることが出来るぞ。……絶対暴発しそうだが」


BW-M-Iguanus-12.JPG


サンクラ「ロボットモードでリアルビースト版と。リアルビースト版はメガリゲーターのリデコだったが、メタルス版は完全新規アイテムだ。因みに役職や能力なんかはリアルビースト版を引き継いでるぞ」


BW-M-Iguanus-13.JPG


サンクラ「メタルスイグアナスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 それからアメブロの方も記事を更新しています。

 なんか最近、こんなパターンが多いですが……。


 こちらの記事は、昨日に続いて『BWメタルス』のトイで行きます。

 タイトルの事を言えば、パタパタイヌもそうなる訳ですが……。(^ ^;)


 ではスタート!


BW-Prowl-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスプロールを紹介するぞ!」


BW-Prowl-2.JPG


サンクラ「プロールは、メカフクロウに変身するサイバトロンの軍事戦略家だ。何事にも論理と理由を見出そうと懸命になってて、常に聞く側で、話す側じゃねえ。名前は『動物が獲物を求めてうろつく事』だ」


BW-Prowl-3.JPG


サンクラ「賢明のシンボルと言われるフクロウらしく、頭部は電子頭脳が覗いてるが、これを反転させるとスパーククリスタルが現れるぞ」


BW-Prowl-4.JPG


サンクラ「翼はもちろん、羽ばたいてるようなポーズをとらせることも可能だ。サイバネティックな目と前頭葉を、翼に装着されたイオン球と相互に作用させ、限定的なテレキネティック・パワーを発揮する事も出来るんだぜ」


BW-Prowl-5.JPG


サンクラ「背中側。右側のレバーを動かすと……」


BW-Prowl-6.JPG


サンクラ「実際のフクロウよろしく、頭部がグルグル回転するギミックがあるぞ」


BW-Prowl-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、プロール、変身!」


BW-Prowl-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。サイバトロンで最も洗練された論理中枢を持ってて、複雑な戦況でもほとんど瞬時の分析とアドバイスが可能だ。高腐食性のアシッド・ペレットが武器だぞ」


BW-Prowl-9.JPG


サンクラ「バストアップ。自分は前世でも偉大な軍事戦略家だったって信じてて、テックスペックの背景から照らし合わせても、G1プロールの生まれ変わりって説が濃厚だ。実際にG1プロールは『ザ・ムービー』で戦死してるから、その解釈も出来ない事はねえ」


BW-Prowl-10.JPG


サンクラ「背中側。ギミック操作用のレバーはボディ上部に移動してる」


BW-Prowl-11.JPG


サンクラ「それから翼を前方に向ければ、アタックモードになるぞ。この状態では、レバー操作で翼を根元からグルグル回転させられるんだぜ(前が見えなくなりそうだが)」


BW-Prowl-12.JPG


サンクラ「メタルスプロールの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BW-M-Spittor-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルススピッターを紹介するぞ!」


BW-M-Spittor-2.JPG


サンクラ「メタルススピッターは、デストロンの特殊部隊/水陸両用兵だ。リアルビースト期の同名キャラと同じくカエルに変身するが、役職が以前(奇襲攻撃兵)と変わってて、同一人物なのか、クローンなのかは不明だぞ」


BW-M-Spittor-3.JPG


サンクラ「背中からは、背骨にカモフラージュされたクローが展開可能なほか、先端が回転のこぎり状になった舌もついてるぞ。カエルだけに、一跳びで400mのジャンプも可能だ」


BW-M-Spittor-4.JPG


サンクラ「メタルススピッター自体は日本未発売だが、同型のトイは『TFカーロボット』期にグッシャーとして発売されたぞ


BW-M-Spittor-5.JPG


サンクラ「メタルス化前と。背中は緑になってるが、基本的な青いカラーは引き継いでる」


BW-M-Spittor-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルススピッター、変身!」


BW-M-Spittor-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。下品で抑圧された怒りに燃えるこいつにとって、全ては憎むべき敵だが、メガトロンにだけは心からの忠誠を誓ってる。一方で、アメコミ版の『マシーンズ』じゃ、ひょうきんな仕草を見せてたぞ」


BW-M-Spittor-8.JPG


サンクラ「バストアップ。TFどころか、変形トイとしてはおそらく初の、ハンチバックって特異な体型だ」


BW-M-Spittor-9.JPG


サンクラ「背中側。どんな経緯か、『こいつの背中をなでると幸運に恵まれる』って噂を信じたデストロンの何人かは、その全身を覆う毒で重度の精神錯乱に陥った、って事だ」


BW-M-Spittor-10.JPG


サンクラ「右肩には、スパーククリスタルが隠されてるぞ」


BW-M-Spittor-11.JPG


サンクラ「ビーストモードの舌は、ロボットモードでは手持ち武器として装備可能だ。バイオカードによると電子毒にまみれてるぞ。クローも左肩から引き続いて展開できるぞ」


BW-M-Spittor-12.JPG


サンクラ「説明書にゃ記載がねえが、武器は腰の後ろに取り付けておくことも出来るぜ」


BW-M-Spittor-13.JPG


サンクラ「ロボットモードでグッシャーと。赤と青で、対照的なカラーリングだな」


BW-M-Spittor-14.JPG


サンクラ「今度はリアルビースト版のスピッターと。変形パターンは変わってるが、カエルの後ろ脚がロボットモードで腕になる、って部分は共通してる」


BW-M-Spittor-15.JPG


サンクラ「メタルススピッターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

G-Ganbaruger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はいよいよ、グレードガンバルガーを紹介するぞ!」


G-Ganbaruger-2.JPG


サンクラ「そんじゃさっそく、グレードガンバルガー、超ミラクル合体!」


G-Ganbaruger-3.JPG


サンクラ「キングエレファンのパーツとゲキリュウガーの足が合体して足に……」


G-Ganbaruger-4.JPG


サンクラ「リボルガーとゲキリュウガー、ガンバルガーのボディが一体に……」


G-Ganbaruger-5.JPG


サンクラ「ガンバルガーの腕に、リボルガーの脚とゲキリュウガーのアーマーが合体して腕に……」


G-Ganbaruger-6.JPG


サンクラ「ゲキリュウガーの翼に、ガンバルガーの翼が合体して……」


G-Ganbaruger-7.JPG


サンクラ「グレードガンバルガーの誕生だ!」


G-Ganbaruger-8.JPG


サンクラ「グレードガンバルガーは、ガンバーチームの究極ロボだ。超魔界獣ドカーンとの戦いの中、パズル状の合体プログラムを虎太郎が完成させて合体に成功したぞ」


G-Ganbaruger-9.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部の角からは光線ガンバーボルトを、胸部プレートからはガンバーブレストフラッシュを使用可能だ」


G-Ganbaruger-10.JPG


サンクラ「背中側。ガンバルガーとゲキリュウガーの翼が組み合わさって、X字型のウイングになってるぞ」


G-Ganbaruger-11.JPG


サンクラ「拳を引っ込めると、リボルバスターの銃口が現れる。これはアニメでも再現されて、ラケットン戦などで登場したぞ。のちにスーパーロボット大戦でガンバーバスターと命名されたぞ」


G-Ganbaruger-12.JPG


サンクラ「そして、武器はファイナルガンバーソードだ。アニメじゃグレードガンバルガーでも取り回しに苦労するほどの巨大さで描かれたぞ。こいつから発生させた重力波で敵を空中に固定し、バツの字に切り裂くグレートファイナルアタックが必殺技だ」


G-Ganbaruger-13.JPG


サンクラ「このグレードガンバルガーは、三体のロボが合体してる分、とにかくでけえ。さすがにフォートレスには劣るが……」


G-Ganbaruger-14.JPG


サンクラ「御覧の通り、ユニクロンよりもデカいぞ」


G-Ganbaruger-15.JPG


サンクラ「もういっちょ、特徴的なのが、この膨大な余剰パーツだ。おかげでプロポーションは整ってるんだがな。当初は、この余剰パーツを組み合わせて武器に出来る案もあったらしいぜ」


G-Ganbaruger-16.JPG


サンクラ「グレードガンバルガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 最近熱ゴジラさん以前紹介されていた『魔王城でおやすみ』のOPをfullで聞いたりしてます。

 本編はまだ、全然見てないんですが……(おい)。


 ここ二十年くらい前から、アニメのOP・EDは流行りの歌謡曲なんかが使われてることが多いですが、私はこういう『その番組専用』のテーマ曲の方が好きだったりします。特にOPは、その番組の顔みたいなものですし。


 さて、今日はBWメタルスのアイテムレビューと行きます。

 では、さっそくスタート!


BW-Scarem-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルススケァレムを紹介するぞ!」


BW-Scarem-2.JPG


サンクラ「スケァレムは、メカクワガタに変身するデストロンの陸上コマンド兵だ。いかなる地形をも、上下逆さまのの状態の時でさえ驚異的なスピードで駆け抜けるぞ。名前は『Scarab(甲虫)』と『Scare'em!(奴らをゾッとさせろ)』の掛け合わせだ」


BW-Scarem-3.JPG


サンクラ「上から。その外骨格は、あらゆる火器の攻撃に耐えるぞ」


BW-Scarem-4.JPG


サンクラ「そんじゃ、スケァレム、変身!」


BW-Scarem-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。両腕が鎌になった、特徴的なスタイルだ。バズソーらしきモールドもあるぞ」


BW-Scarem-6.JPG


サンクラ「胸部を開くと、スパーククリスタルが隠されてるぞ」


BW-Scarem-7.JPG


サンクラ「背中側。ビーストモードの中肢と後肢で脚部が出来てるが……」


BW-Scarem-8.JPG


サンクラ「これを展開すると、四脚形態になるぞ。バイオカードに書かれた上述の踏破能力は、これに由来してるらしいぜ」


BW-Scarem-9.JPG


サンクラ「スケァレムの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 実は今やってる『BWメタルス』のトイレビュー用に写真を撮ってた際、オプティマスマイナーの写真も撮ってたんですが、調べて見たら、4年前にすでにやってました……。(- -;)

 まあ、そんなこともあるよね(苦笑)。


 取り敢えず、今日も『メタルス』のトイで行きます。

 ではスタート!


BW-Sonar-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスソナーを紹介するぞ!」


BW-Sonar-2.JPG


サンクラ「ソナーはサイバトロンの空中偵察員だ。メガトロンのクローン実験で誕生したが、サイバトロン入りしてるぞ(詳細はテックスペックにも記述がねえ)。名前は『音波探知装置』の事だ」


BW-Sonar-3.JPG


サンクラ「上から。頭部と腰部にメッキが施されてる。トイが発売された時点では男だったらしいが、数年後のアメコミじゃ、女として描かれたらしいぞ」


BW-Sonar-4.JPG


サンクラ「それじゃ、ソナー、変身!」


BW-Sonar-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。その鋭敏な感覚は、こいつを超一流の偵察員たらしめ、サイバネティック処理されたバイオパーツは、こいつに怪力と高い運動能力を与えてる」


BW-Sonar-6.JPG


サンクラ「胸部を開くと、サイバトロンのスパーククリスタルが隠れてるぞ」


BW-Sonar-7.JPG


サンクラ「背中側。コウモリの皮膜部分がロボットモードでも翼になってる」


BW-Sonar-8.JPG


サンクラ「左腕からはブレードが展開するぞ」


BW-Sonar-9.JPG


サンクラ「さらに胸部からビーストモードの足を展開すりゃ、四つ腕形態にもなれるぞ」


BW-Sonar-10.JPG


サンクラ「ソナーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Gekiryuger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクルチェンジ ゲキリュウガー(復刻版)を紹介するぞ!


Gekiryuger-2.JPG


サンクラ「ゲキリュウガーは、エルドランが託した卵から生まれた、ガンバーチームの三号ロボだ。ヤミノリウスから卵を守り抜いたブルーガンバーがパイロットを務めるぞ」


Gekiryuger-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。ガンバーチームのロボットの中では、唯一実在しない幻獣をモチーフにしてる」


Gekiryuger-4.JPG


サンクラ「横から。前作のバクリュウオーは四足歩行のドラゴンだったが、ゲキリュウガーは二足歩行と差別化されてる」


Gekiryuger-5.JPG


サンクラ「背中側。尻尾は二連装のキャノン砲、バックショットだ」


Gekiryuger-6.JPG


サンクラ「それじゃあ、ミラクルチェンジ!」


Gekiryuger-7.JPG


サンクラ「ファイターモード。頭部の角からの光線、胸部からの火炎など、武装は豊富だ」


Gekiryuger-8.JPG


サンクラ「バストアップ。ファイターモードの頭部は、実はアニマルモードじゃ余剰になっちまうぞ」


Gekiryuger-9.JPG


サンクラ「背中側。強風を発生させるドラゴンハリケーンを使用できるぞ」


Gekiryuger-10.JPG


サンクラ「手持ち武器はドラゴンショットだ。アニマルモードの首が変形したものだぞ」


Gekiryuger-11.JPG


サンクラ「さらに背中には、ゲキリュウカノンを装備可能だ」


Gekiryuger-12.JPG


サンクラ「左右の砲身が生成した火球を、胸部の竜頭が撃ち出すドラゴンサンダーフラッシュが必殺技だ。初陣では、ラストファイヤーとの同時発射で大魔王ゴクアークにとどめを刺したぞ」


Gekiryuger-13.JPG


サンクラ「ゲキリュウガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も書きました。

 向こうのタイトルにも書いてますが、二十数年ぶりにガンダムマーカーを買いまして、この間買ったハーフシェルの塗装をちょっと補填したので。


 こちらの記事は、同じく『ビーストウォーズ』のシリーズでいきます。

 ではスタート!


BW-M-Dinobot-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスダイノボットを紹介するぞ!」


BW-M-Dinobot-2.JPG


サンクラ「メタルスダイノボットは、メガトロンがブランク(スパークが欠如したプロトフォーム)に、戦死したダイノボットのDNAとランページのスパークの片割れを組み込み、さらにメタルス化させて誕生したデストロンのクローン兵士だ」


BW-M-Dinobot-3.JPG


サンクラ「尻尾は軟質パーツになってて、付け根の青いパーツを捻ると尻尾を振るギミックが搭載されてるぞ」


BW-M-Dinobot-4.JPG


サンクラ「それじゃ、メタルスダイノボット変身!」


BW-M-Dinobot-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。ダイノボットのDNAは持ってるが、原語版じゃ性格もまるっきり代わってて、『同じDNAを持つだけの別人』扱いだったぞ(日本版はそうでもねえが)」


BW-M-Dinobot-6.JPG


サンクラ「胸部を開くとスパーククリスタルが現れる。当然ながらデストロン仕様だ。アニメの没エピソードじゃ、ラットルに旧ダイノボットの記憶を移植され、それがきっかけでランページが死亡した後、旧ダイノボットの人格が最終決戦で甦るって流れになってたぞ」


BW-M-Dinobot-7.JPG


サンクラ「背中側。メタルスチータス2と同じく、尻尾はそのままだ。話が逸れるが、米初期版だとビーストモードの目が黄色いが、後期版や日本版は、アニメと同じく赤い目をしてるぞ」


BW-M-Dinobot-8.JPG


サンクラ「メタルス化前と違って手持ち武器はねえが、腕のデスクロー(原語名:レイザーシャープ・タロン)は何でもズタズタに切り裂いちまう。アニメじゃ、旧ダイノボットと同じく目から光線も撃ってたぞ」


BW-M-Dinobot-9.JPG


サンクラ「ちなみにトイオリジナルギミックとして、尻尾は手に持たせることが可能だ。米初期版じゃ外れやすいが、後期版以降は改修されてるぞ」


BW-M-Dinobot-10.JPG


サンクラ「メタルスダイノボットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

『被虐のノエル』というコミックを買ったので、そちらの簡易レビューを……。


 こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』で行きます。


 ではスタート!


BW-M-Cheetas2-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスチータス2を紹介するぞ!」


BW-M-Cheetas2-2.JPG


サンクラ「メタルスチータス2は、メガトロンのオーガニック・トランスメタル・ユニットの実験に巻き込まれたチータスが、トランスメタルス2に進化した姿だ。当初は自身の変化に戸惑い、野生の本能に支配されたこともあったぞ」


BW-M-Cheetas2-3.JPG


サンクラ「左半身。濃いワインレッド系のメッキパーツが集中してる。背中のロケット(原語名:ブートジェット)はマッハ2の地上走行スピードと飛行能力を与えるぞ」


BW-M-Cheetas2-4.JPG


サンクラ「右半身。生物の表皮の隙間から機械がのぞくデザインになってる。チーターの斑点模様も思わせるな」


BW-M-Cheetas2-5.JPG


サンクラ「それじゃ、チータス、変身!」


BW-M-Cheetas2-6.JPG


サンクラ「ロボットモード。有機体と無機物が、より密接に融合した姿だ。原語版じゃ、精神もそれまでの少年から青年へと、若干の成長を遂げたぞ」


BW-M-Cheetas2-7.JPG


サンクラ「バストアップ。顔つきも、人とネコ科の動物が混じったようなデザインになってる」


BW-M-Cheetas2-8.JPG


サンクラ「背中側。背部にはジェットパックを背負ってる。それからこれまでと違って、尻尾もそのまま“尻尾”として残ってるぞ」


BW-M-Cheetas2-9.JPG


サンクラ「右腕のメッキパーツは展開してシールドになる。これはトイオリジナルのギミックだ。余談だが、アニメやデザイン画、海外版のパッケージイラストじゃ、肩のパーツは実際のトイとは左右で逆になってる。これはメッキパーツを目立たせるために片腕に集中するよう、急遽変更されたって説があるぞ」


BW-M-Cheetas2-10.JPG


サンクラ「背中のジェットパックは、ファイナルショット(原語名:ロケットランチャー)って重火器になる。ミサイルはスプリングで発射可能だぞ」


BW-M-Cheetas2-11.JPG


サンクラ「左腿を開くと、そこにはスパーククリスタルが収納されてる。アニメじゃ、ここにパワードコンボイが自分のスパークと共鳴させて、チータスの自我を取り戻したぞ」


BW-M-Cheetas2-12.JPG


サンクラ「メタルスチータス2の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Revolger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル武装リボルガー(復刻版)を紹介するぞ!


Revolger-2.JPG


サンクラ「リボルガーは、霧隠の先祖が書き残していた巻物に記されていた、ガンバーチームの二号ロボだ。パイロットはレッドガンバーが務めるぞ」


Revolger-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。アニマルモードは、角と翼を生やしたライオンだ。コクピットはキングエレファンとほぼ同型になってて、力哉も簡単に乗り換えを行えたぞ」


Revolger-4.JPG


サンクラ「横から。目覚めて以降は、JR青空駅付近の踏切から、線路をカタパルトとして発進するようになったぞ」


Revolger-5.JPG


サンクラ「上から。背中部分はガンバーチームのエンブレム型だ。ちなみに、このデザインに決定するまではかなり難航したらしいぜ」


Revolger-6.JPG


サンクラ「それじゃあ、ミラクルチェンジ!」


Revolger-7.JPG


サンクラ「ファイターモード。初登場時には、ガンバルガーを半壊させたサイ魔界獣ヨロイデルに圧勝したが、その直後、ゴクアークの左手に取り憑かれちまった」


Revolger-8.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部には、ヘッドボンバーって射撃武器が搭載されてる。名前の通り、リボルバー式だぞ」


Revolger-9.JPG


サンクラ「背中側。アニマルモードと同じく、翼のユニットをそのまま背負ってるぞ」


Revolger-10.JPG


サンクラ「主要武器はショットブラスターだ。ガンバルガーの攻撃が一切通じなかったヨロイデルを、必殺技でもないただの一撃で撃ち抜いて撃破したぞ」


Revolger-11.JPG


サンクラ「そして、ガンバルガーと力を合わせた時、リボルガーの本領が発揮されるぞ」


Revolger-12.JPG


サンクラ「それがこの二連キャノン形態、リボルバスターだ。必殺のラストファイヤーは超魔界獣ですら一撃で粉砕するぞ。ちなみにトイは、この状態でもきちんと自立可能だ」


Revolger-13.JPG


サンクラ「ちなみにリボルバスターを組むと、これだけのパーツが余剰になるぞ」


Revolger-14.JPG


サンクラ「リボルガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ぷちサンプルと新しいmicroSDを買ったので、その報告をば。


 こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』です。


 ではスタート!


BW-Depthcharge-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスデプスチャージを紹介するぞ!」


BW-Depthcharge-2.JPG


サンクラ「デプスチャージは、サイバトロンの海軍司令官だ。元サイバトロンの植民星コロニーO(原語名:オミクロン)の保安主任で、同コロニーやスターベース・ラグビーの住民を皆殺しにしたランページ(プロトフォームX)に対して復讐に燃える一匹狼だぞ。名前は『爆雷』って意味だ」


BW-Depthcharge-3.JPG


サンクラ「上から。地球の海に不時着した際、耐水用の緊急措置として海洋生物をスキャンした結果、イトマキエイのビーストモードを得たぞ。メタルス化してるから、空中を飛行する事も可能だ」


BW-Depthcharge-4.JPG


サンクラ「背びれを押すと、口からマルチ・グレネードランチャー(原語名:エナジーディスク)を発射可能だ。基本的にビーストモードは生身の動物と同じ状態だから武器が使えねえが、メタルス化したTFはそれが可能になるぞ」


BW-Depthcharge-5.JPG


サンクラ「さらにコバン・シャーク(原語名:シャーク・ランチャー)って偵察メカもついてる。アニメじゃ『こばんざめたろー』って呼ばれてたぞ」


BW-Depthcharge-6.JPG


サンクラ「コバン・シャークは、デプスチャージの腹部に合体可能だ」


BW-Depthcharge-7.JPG


サンクラ「ビークルモードは『SW』のタイ・インターセプター風スペースクルーザーだ。上に書いた通りビーストモードでも飛行可能だが、アニメじゃ主にこの形態で現場に駆け付けてたぞ」


BW-Depthcharge-8.JPG


サンクラ「それじゃ、デプスチャージ、変身!」


BW-Depthcharge-9.JPG


サンクラ「ロボットモード。ランページを追って航空禁止宙域に侵入した際、時空変動場に飲み込まれて、BWの舞台である過去の地球に転送された上、残留クォンタム・サージを浴びてメタルス化したぞ」


BW-Depthcharge-10.JPG


サンクラ「バストアップ。ランページを抹殺ではなく追放という処分を下したサイバトロン上層部やコンボイに対しては不信感を隠そうともしなかったが、自分のせいでサイバトロンの防御プログラムがデストロンに奪われてからは、少しずつ協力するようになったぜ」


BW-Depthcharge-11.JPG


サンクラ「背中側。エイヒレの可動部がよく分かるよな。アニメじゃマントのような防具(原語名:ウイングシールド)としても使用されたぞ」


BW-Depthcharge-12.JPG


サンクラ「横から。重心が後ろに寄ってるから、実は尻尾を立てておかないと自立出来ねえ」


BW-Depthcharge-13.JPG


サンクラ「武器はコバン・シャーク(この状態ではコバン・ランチャーと呼称)とテールサーベル(原語名:テイルスピア)だ。コバン・ランチャーからはミサイルを発射可能だぞ」


BW-Depthcharge-14.JPG


サンクラ「デプスチャージの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『テレビ雑誌コーナー』です。


 記事の方は、いよいよガンバルガーの合体に行きます。

 ではスタート!


Ganbaruger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、ガンバルガーを紹介するぞ!


Ganbaruger-2.JPG


サンクラ「それじゃあ、ガンバルガー、ミラクル合体!」


Ganbaruger-3.JPG


サンクラ「マッハイーグルが上半身、ゴウタイガーが胴体、キングエレファンが脚部になって、ガンバルガーの完成だ!」


Ganbaruger-4.JPG


サンクラ「ガンバルガーは、エルドランが虎太郎、鷹介、力哉ら3人の小学四年生に託したロボットだ。シリーズのメカではかなり融通性が高くて、他のシリーズと違ってパイロットの三人以外でも操縦するシーンが度々あるぞ。特に最終回じゃ、なんと敵幹部だったヤミノリウスまでサブパイロットとして搭乗してる」


Ganbaruger-5.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部はゴウタイガーの頭部だ。他に頭部も、頬は虎の爪、耳の角はゾウの牙、トサカは鷹の羽がモチーフになってる。トサカからは同形状の光の刃で出来た投擲武器、ガンバースラッガーも使用できるぞ」


Ganbaruger-6.JPG


サンクラ「背中側。前作のライジンオーから、さらにスマートな体型になってるぞ」


Ganbaruger-7.JPG


サンクラ「武器はガンバーソードと、キングエレファンの頭部が変形したガンバーシールドだ。シールドの牙から二本の光輪を発射して敵を捕縛し、炎をまとったガンバーソードで一刀両断するガンバーファイナルアタックが必殺技だ。魔界獣ヨロイデルに一度破られたが、その後もマリオネロンやデカメラー、スイトッターといった超魔界獣にもとどめを刺したぞ」


Ganbaruger-8.JPG


サンクラ「腕の可動範囲が広いから、シールドは様々な向きで構えられるぞ。ゾウの鼻からはガンバーミサイルが発射出来るぜ」


Ganbaruger-9.JPG


サンクラ「さらに設定画では、ゴウサーベルも使用可能って旨が記載されてる。トイでも再現できるが、アニメでは二刀流をやるシーンは未登場だぞ」


Ganbaruger-10.JPG


サンクラ「ガンバルガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ちょっとした買い物の記事になってます。


 こちらの方は、ガンバルガーの最後のコアメカ記事で行きます。

 ではスタート!


Kingelephan-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、キングエレファンを紹介するぞ!


Kingelephan-2.JPG


サンクラ「キングエレファンは、レッドガンバーこと流崎力哉が操縦する、ゾウ型のコアロボだ。団地の地下、もしくは高架線下の駐車場から発進し、ガンバーバギーがコクピットとして合体するぞ」


Kingelephan-3.JPG


サンクラ「鼻はフレキシブルに可動するぞ。鼻先からは水流や、キングミサイルを発射可能だ。設定上は消化弾やドリル弾、アンカーなどの弾頭も使用可能だぞ」


Kingelephan-4.JPG


サンクラ「横から。前作の獣王と比べても、さらにドッシリとしたスタイルだ」


Kingelephan-5.JPG


サンクラ「それじゃ、ミラクルチェンジ!」


Kingelephan-6.JPG


サンクラ「ファイターモード。パワー重視の設計で、単独で魔界獣を持ち上げたこともあるぞ」


Kingelephan-7.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部は他の二体と同じく忍者の覆面、それから斧の刃がモチーフだ」


Kingelephan-8.JPG


サンクラ「背中側。余談だが、当時品はメッキパーツの下地が白成型だったから問題なかったが、復刻版は黄色成型になった都合で、商品のままだとゾウの耳パーツが黄色いって事態になっちまった。管理人はスプレーで白く塗ってるぞ」


Kingelephan-9.JPG


サンクラ「武器はキングトマホークだ。アニメと違って、グリップ側面のサブグリップで保持するぞ。それから他の二体と違って、アニマルモードじゃ余剰になっちまう」


Kingelephan-10.JPG


サンクラ「キングエレファンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Macheagle-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、マッハイーグルを紹介するぞ!


Macheagle-2.JPG


サンクラ「マッハイーグルは、ブルーガンバーこと風祭鷹介が操縦する、タカ型のコアロボだ。交差点、もしくは高速道路の料金所から発進し、ガンバージェットがコクピットとして合体するぞ」


Macheagle-3.JPG


サンクラ「横から。上半身を構成する鳥型のコアメカってのは、ライジンオーの鳳王と同じだが、パーツ構成はかなり違ったものになってるのが分かるな」


Macheagle-4.JPG


サンクラ「上から。翼の付け根にマッハバルカンを装備してる他、機体を回転させながら竜巻を起こすマッハサイクロンも使用可能だ」


Macheagle-5.JPG


サンクラ「それじゃ、ミラクルチェンジ!」


Macheagle-6.JPG


サンクラ「ファイターモード。速度重視の設計で、遠距離攻撃に秀でてるぞ」


Macheagle-7.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部は忍者の覆面と、矢の矢羽がモチーフだ。胸部のエンブレムがホロシールなのは、ゴウタイガーと共通だぞ」


Macheagle-8.JPG


サンクラ「背中側。翼は生えてるが、設定上はアニマルモード専用で、ファイターモードでは飛行能力はねえ」


Macheagle-9.JPG


サンクラ「武器はボウガン状のマッハアローだ。光の矢を発射して攻撃するぞ」


Macheagle-10.JPG


サンクラ「マッハイーグルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』です。


 記事の方は、『ガンバルガー』関連を始めたいと思います。

 では、スタート!


Gotiger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、ゴウタイガーを紹介するぞ!


Gotiger-2.JPG


サンクラ「ゴウタイガーは、イエローガンバーこと霧隠虎太郎が操縦する虎型のコアロボだ。青空公園、もしくは商店街の『虎吉』の倉庫から発進し、ガンバーバイクがコクピットとして合体するぞ」


Gotiger-3.JPG


サンクラ「正面から。トラの頭部はガンバルガーの胸部を兼ねてるから、アニメよりもかなりたてがみがデカく造形されてる」


Gotiger-4.JPG


サンクラ「横から。トラ型のメカだが、アニメと違ってストライプ模様は特にねえ」


Gotiger-5.JPG


サンクラ「武器はゴウキャノンだ。この形態専用の武器だぞ。設定上は背中に収納されてる」


Gotiger-6.JPG


サンクラ「それじゃ、ミラクルチェンジ!」


Gotiger-7.JPG


サンクラ「ファイターモード。素早さと出力のバランスに優れた、攻撃型のコアロボだぞ」


Gotiger-8.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部のトラのエンブレムはホロシールだ。頭部のデザインはコアロボ共通で『忍者の覆面+それぞれの機体の武器』がモチーフになってて、こいつの場合は角が刀の刃になってる」


Gotiger-9.JPG


サンクラ「背中側。アニメと違って、アニマルモードの頭部を背負ってる。外しておくことも出来るけどな」


Gotiger-10.JPG


サンクラ「武器は刀型のゴウサーベルだ。設定上は、背中に収納されてるぞ」


Gotiger-11.JPG


サンクラ「ゴウタイガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ちょっと買ってみたマックのごはんバーガーと、たまたま見つけて買った本について少々……。


 こちらの記事は『BWメタルス』で行きます。

 では、スタート!


BW-Rampage-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスランページを紹介するぞ!」


BW-Rampage-2.JPG


サンクラ「ランページは、デストロンの戦将だ。トランスメタルスでは初の新規キャラだぞ。スタースクリームが持つ、不死身のミュータントスパークを再現する実験で作り出された(劇場版じゃ「スタースクリームのクローン作り・・・」って誤訳されてたけどな)が、高い知能を持ちながらも極めて凶暴な不死身の怪物を生み出しちまった、って最悪の結果を出しちまった。名前は『暴れ狂う事、突進』って意味だ」


BW-Rampage-3.JPG


サンクラ「ビーストモードを上から。劇中で『デッカイ蟹』を自称する通り、かなりデカいアイテムだ。甲羅には、コードネームの『プロトフォームX』にちなんだ“X”の文字が刻まれてるぞ。ちなみにコンボイ達アクサロンの元々の任務は、コイツが眠るステイシスポッドを辺境の誰もいない星に捨てる事だったんだぜ」


BW-Rampage-4.JPG


サンクラ「ビークルモードはタンク(オールテラ・アサルト・ビークル)だ。劇中でも頻繁に変形してたぞ」


BW-Rampage-5.JPG


サンクラ「横から。ハサミに収納されてるゴム製のキャタピラは、実際に走行させられる可動キャタピラギミックになってるんだぜ」


BW-Rampage-6.JPG


サンクラ「前進させると、キャノン砲の車輪が回転するのに連動して、ミサイルが連続で発射されるギミックがあるぞ」


BW-Rampage-7.JPG


サンクラ「それじゃ、ランページ、変身!」


BW-Rampage-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。メガトロンに、破壊不能なスパークの特性を逆手に取られて、スパークを分断されて手中に収められてからは、渋々ながらデストロンの一員になったぞ。一方で、同じ異形として誕生したトランスミューテイトに対しては、友情(原語版だと愛情)を抱いて優しさを見せた事もあったぜ(因みに名付けたのもランページだ)」


BW-Rampage-9.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はカニを逆さまにしたようなデザインだ。日本版は海外版トイから、アニメに近いカラーリングにリカラーされてるぞ。原語版だと古風で詩的な台詞回しで話すが、日本版では『チョッキンな~!』『ブチしばく!』が口癖で、ヤクザみたいなガラの悪い広島弁で話すぞ」


BW-Rampage-10.JPG


サンクラ「背中側。カニのハサミ、テラークロー(原語名:リッパー・クロー)も強力な武器だ」


BW-Rampage-11.JPG


サンクラ「武装は三連装のガルバキャノン(原語名:三連ミサイルランチャー)と、ライフルのクラブバスター(原語名:ブラスター)だ。アニメでも二丁でぶっ放すシーンが度々あったぞ」


BW-Rampage-12.JPG


サンクラ「ランページの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 何故なら今回のは旧トミーのアイテムだから……。

 なんて言ったところで、さっそくスタート!


Raijino-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は無敵合体ライジンオー(復刻版)を紹介するぞ!


Raijino-2.JPG


サンクラ「まずは剣王(けんおう)。日向仁が操縦する、アクション重視の設計になってる人型ロボだ。仁の動きをトレースして動くようになってて、邪悪獣ヤクザードに龍尾脚って蹴り技を放ったこともあるぞ」


Raijino-3.JPG


サンクラ「背中側。飾りの位置は変えられねえから、アニメよりもかなり上についてる」


Raijino-4.JPG


サンクラ「武器はケンオーブレードだ。普段は背中に収納されてるぞ」


Raijino-5.JPG


サンクラ「続いては鳳王(ほうおう)。月城飛鳥が操縦する、スピード重視の鳥型メカだ。そのスピードを活かした、スパイラルショットって回転体当たり技を持つぞ」


Raijino-6.JPG


サンクラ「上から。トイじゃ尻尾はライジンソードを使ってるが、アニメじゃウイングカッターっていう別物って設定だぞ」


Raijino-7.JPG


サンクラ「翼は閉じることが可能だ。首も動かすことが出来るぜ」


Raijino-8.JPG


サンクラ「最後は獣王(じゅうおう)。星山吼児が操縦する、パワーを重視したライオン型メカだ。持ち前のパワーを活かした体当たり、アニマルアタックが得意技だぞ」


Raijino-9.JPG


サンクラ「口は開閉可能だ。角をアンカー付きで発射するアンカーホーン、口から吐き出す高熱火炎、フレイムランスも強力な武器だぞ」


Raijino-10.JPG


サンクラ「横から。どっしりとした四脚歩行スタイルだ。アフリカに出動した際は、邪悪獣ライフラーに怯える野生動物達を誘導したこともあるぜ」


Raijino-11.JPG


サンクラ「それじゃあ、ライジンオー、無敵合体!」


Raijino-12.JPG


サンクラ「剣王、鳳王、獣王が合体すると、本来の姿であるライジンオーの完成だ! 因みに当時のトイは金メッキが施されてたパーツがあったが、復刻版は、アニメを意識した黄色い成型色に変更されたぞ」


Raijino-13.JPG


サンクラ「ライジンオーは、エルドランが陽昇小5年3組、通称地球防衛組に託した大地の使者だ。合体することで戦闘能力は上がるが、その分エネルギーの減りも早くなるって欠点があるぞ。ちなみに動力源は、ライジンエネルギーっていう大地の生命力だ」


Raijino-14.JPG


サンクラ「バストアップ。額の角飾りは、合体完了時に、左右から稲妻が走って完成するぞ。胸部クリスタルからは、クリスタル状のエネルギー爆弾、ライジンフラッシュを発射可能だ」


Raijino-15.JPG


サンクラ「背中側。腰にある鳳王の尾翼は、取り外してライジンブーメランになるぞ。ただしトイでは再現できねえ。他に邪悪獣アクシデン戦じゃ、収納されてる獣王の足を展開して固定脚にしたこともあるぞ」


Raijino-16.JPG


サンクラ「もちろん、この状態でも翼の展開は可能だ」


Raijino-17.JPG


サンクラ「武器はライジンソードと、獣王の頭部が変形したライジンシールドだ。シールドを敵の背後に投げ、そこから発射された重力波で敵を捕縛し、ライジンソードで脳天から切り裂くゴッドサンダークラッシュが必殺技だ」


Raijino-18.JPG


サンクラ「ライジンオーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」