FC2ブログ

LVUR-HunterGamer1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ10 ハンターゲーマ』を紹介するぞ!」


LVUR-HunterGamer2.JPG


ディケイド「ハンターゲーマは、ドラゴナイトハンターZのガシャットで召喚されるゲーマだ。モデルはラベルに描かれてるドラゴンだぞ」


LVUR-HunterGamer3.JPG


ディケイド「モチーフのゲームジャンルはハンティングゲームだ。4人プレーが定石のゲームなため、難易度が高いと言われているぞ


LVUR-HunterGamer4.JPG


ディケイド「後ろから。ライダーが装備する関係上、背中側はスカスカの構造になってる」


LVUR-HunterGamer5.JPG


ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『ド・ド・ドラゴ! ナ・ナ・ナ・ナ~イト! ドラ! ドラ!ドラゴナイトハンター! Z(ゼット)!だ!」


LVUR-HunterGamer6.JPG


ディケイド「一人ですべての武装を装備した形態は『フルドラゴン』と呼ばれる。他のガシャットよりも強力だが、その分、暴走してしまう危険性も孕んでいるぞ」


LVUR-HunterGamer7.JPG


ディケイド「レベル3の強化が『ゲーマに食べられる』がコンセプトだったのに対して、このハンターゲーマーは『ライダーが着ぐるみを着る』ってコンセプトでデザインされているぞ」


LVUR-HunterGamer8.JPG


ディケイド「ベルトのバックルも、ドラゴナイトハンターZガシャットが造形された専用のものだ」


LVUR-HunterGamer9.JPG


ディケイド「右腕の装備は、接近戦用のドラゴナイトブレードだ」


LVUR-HunterGamer10.JPG


ディケイド「左腕には射撃武器、ドラゴナイトガンが装備されている」


LVUR-HunterGamer11.JPG


ディケイド「背中側。翼と尻尾は、そのままゲーマと同じようについているぞ」


LVUR-HunterGamer12.JPG


ディケイド「もちろん、他のライダーでもフルドラゴンは可能だ。ただし……」


LVUR-HunterGamer13.JPG


ディケイド「劇中で一番使用していたブレイブは、左腕に盾の基部が造形されてる都合上、ドラゴナイトガンを綺麗に固定することは出来ないぞ」


LVUR-HunterGamer14.JPG


ディケイド「さて、このハンターゲーマは、4人が武装を分割して装備可能だ。エグゼイドの場合は頭部のドラゴナイトファングだ」


LVUR-HunterGamer15.JPG


ディケイド「ブレイブはドラゴナイトブレードと、右足の装甲を……」


LVUR-HunterGamer16.JPG


ディケイド「スナイプはドラゴナイトガンと左足の装甲を装備するぞ」


LVUR-HunterGamer17.JPG


ディケイド「武器は分割されるが、『ドラゴフォースリンク』が発動する事で、戦闘能力はフルドラゴンを上回っている」


LVUR-HunterGamer18.JPG


ディケイド「ブレード、ガン、クロー(脚部アーマー)をレーザー本体に合体させることで、レーザーのハンターバイクゲーマーレベル5も再現出来るぞ」


LVUR-HunterGamer19.JPG


ディケイド「とは言っても、フィギュアーツ版や『装動』版と違って中身がスカスカだから、どうしても貧相な印象はぬぐえないな……」


LVUR-HunterGamer20.JPG


ディケイド「ハンターゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

スポンサーサイト



 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 記事の方は、『ホビー雑誌コーナー』で行きたいと思います。

 では、スタート!


LG-Condor-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、コンドルを紹介するぞ!」


LG-Condor-2.JPG


サンクラ「コンドルは、デストロン・カセットロンの空中攻撃兵だ。時速250マイル(400km)で飛行し、戦闘によってダメージを受けた負傷者を狩る事を好むぞ。基本的に勇敢じゃなく、ピンチになればすぐ逃げだすタイプだ。英名の“レーザービーク”は、『レーザーの嘴』って意味だ」


LG-Condor-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。首はある程度自由に動かせるぞ。アニメでは非常に優秀なスパイといて活躍してて、トランスフォーマーが地球に落ちたのも、『ザ・ムービー』でのサイバトロンシティの決戦も、元をただせばこいつの偵察がきっかけになってる」


LG-Condor-4.JPG


サンクラ「横から。背部に装備した独立照準機能を持った2基のレーザーキャノンは非常に高精度に目標を補足することが可能だが、これらの武器のエネルギー源であるルビークリスタルが消耗して『弾切れ』を起こすとパニック状態に陥っちまう」


LG-Condor-5.JPG


サンクラ「G1版と。ビーストモードは、より実際の猛禽類に近い体型になったな」


LG-Condor-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Condor-7.JPG


サンクラ「デバイスモード。ジャガーや海外版のランブルらと同じく、LG版は音楽デバイスに変形するぞ。内部の画面にカセットらしきものが映ってるのはジャガーと同様だ」


LG-Condor-8.JPG


サンクラ「G1版のカセットモードと。こうしてみると、LG版のシールはG1版のカセットのシールを模したデザインになってるのが分かるな」


LG-Condor-8.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Condor-10.JPG


サンクラ「ビークルモードは装甲車だ。LG版の説明書に書かれた解説によると、地を這うように走行するこのモードは、こいつにとって苦痛でしかないらしい」


LG-Condor-11.JPG


サンクラ「上部のピンにはヘッドマスターを立たせることが出来るぞ」


LG-Condor-12.JPG


サンクラ「説明書コミックじゃ、もうちょっとデザインの違うカーモードに変形して、メガトロン様を乗せてエイプフェイスの襲撃から脱出したぞ」


LG-Condor-13.JPG


サンクラ「付属してるヘッドマスターはエイプフェイスだ。海外版はドローンとのセットだったが、LG版じゃ、ウィアードウルフのラリゴやコンボバットのエイプXアームズに使われちまって、こいつ自身は単独だぞ」


LG-Condor-14.JPG


サンクラ「海外版と。LG版はアニメに合わせて、TR版から大幅にカラーリングが変更されてる」


LG-Condor-15.JPG


サンクラ「説明書コミックだと、いつまで経ってもトランステクターを手に入れられないエイプフェイスは、修行で頭部以外の変形を獲得したぞ。これは砲台モードだ(頭部の顔が平じゃねえから安定しないけどな)」


LG-Condor-16.JPG


サンクラ「これは恐竜モード。見立て変形もいいところだが、面白いっちゃあ面白いよな」


LG-Condor-17.JPG


サンクラ「コミックでは、強化された超能力でメガトロン様を無きものにして、デラクラッ社を乗っ取ろうとしたが、ガルバトロンボディに強制合体させられた上で、コンドルにボディごとショートさせられて鎮圧されたぞ」


LG-Condor-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版コンドルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Jaguar-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ジャガーを紹介するぞ!」


LG-Jaguar-2.JPG


サンクラ「ジャガーは、デストロン・カセットロンの諜報破壊兵だ。基本的に夜間の行動を好み、単独で行動する時に、その能力を最大限に発揮するぞ。海外名の“ラヴィッジ”は、『破壊、略奪』って意味だ」


LG-Jaguar-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。細長いが、しっかりネコ科の生物らしく見えるな。いつも仲間からは離れて行動してるが、その任務の達成率の高さは、仲間達から高い評価を得てる。弱点は、光に対して非常に敏感なため、強力な光で目が眩んじまい易い事だ」


LG-Jaguar-4.JPG


サンクラ「横から。電磁フィールドを張り巡らせることで、暗がりに溶け込んで無音で歩き、敵の探知を逃れることが出来るぞ」


LG-Jaguar-5.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は腰に熱源探知ミサイルを装備してる。余談だが、『2010』以前はサウンドウェーブに収容されなきゃ喋れなかったが、説明書コミックでは『BWメタルス』登場時の『にゃ』口調で普通に話してたぞ」


LG-Jaguar-6.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。ボディラインはスッキリしてる分、ヘケヘケ版の方が実際のジャガーに近いな」


LG-Jaguar-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Jaguar-8.JPG


サンクラ「デバイスモード。G1時代はマイクロカセットテープに変形してたが、LG版じゃ時代の流れか、音楽デバイスに変形するぞ。画面部分には、カセットらしき意匠があるけどな」


LG-Jaguar-9.JPG


サンクラ「各種デバイスモードのジャガー。ヘケヘケ版は『板状の謎物質』だよな……」


LG-Jaguar-10.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Jaguar-11.JPG


サンクラ「LG版は、デバイスモードの他にビークルモードにもなれるトリプルチェンジャーだ。今まで飛行可能はジャガーは度々登場したが、“飛行機そのもの”に変形するジャガーはこれが初だぞ」


LG-Jaguar-12.JPG


サンクラ「機体上部には接続ピンがあるから、ヘッドマスターを立たせることが可能だ」


LG-Jaguar-13.JPG


サンクラ「付属してるヘッドマスターはブルホーンだ。元々は『超神マスターフォース』に登場したデストロンヘッドマスターJr.の一人で、メキシコ出身の17歳だ。怪力自慢で時に皮肉屋だが、根は友人思い出のんびり屋だぞ」


LG-Jaguar-14.JPG


サンクラ「背中側。モノはTR版テリ・ブルのリカラーだぞ」


LG-Jaguar-15.JPG


サンクラ「G1時代はバッファローモンスター型のトランステクターにヘッドオンしてたが、LGの説明書コミックじゃ、クレイジートロン達から盗んだトランステクターの内、同じパワータイプであるスカルのトランステクターに合体したぞ」


LG-Jaguar-16.JPG


サンクラ「バストアップ。ヘッドモードのデザインは、G1版を忠実になぞってるぞ」


LG-Jaguar-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ジャガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル2』を紹介するぞ」


Lazer-LV2-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザーは、九条貴利矢(くじょう・きりや)が変身する仮面ライダーだ。ジャンルはレースゲームだぞ。他のライダーとは大きく異なり、レベル2ではバイクに変形するのが特徴だ


Lazer-LV2-3.JPG


ディケイド「正面から。レベル2がバイク型になる理由としてはメインライターの高橋悠也と檀黎斗役の岩永徹也は、黎斗は貴利矢が目障りであったため使いづらいガシャットを与えたと解釈しているらしい


Lazer-LV2-4.JPG


ディケイド「車体左側面。この姿でも単独で動けるが、性能を完全に引き出すには運転者が必要だ」


Lazer-LV2-5.JPG


ディケイド「右側面。『エグゼイド』ライダーの特徴であるコントロールボタンやライダーゲージは、両側面に配置されてる。余談だが、ベース車両は『鎧武』や『ゴースト』のバイクメカと同じものだ」


Lazer-LV2-6.JPG


ディケイド「後ろから。テールランプはクリアパーツだぞ」


Lazer-LV2-7.JPG


ディケイド「今度は上から。他のライダーでは背中に来るレベル1の顔や、ゲーマドライバーはすべてフロント~シート部に集約されてる」


Lazer-LV2-8.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーには、爆走バイクのガシャットが装填されてる。正面プレートや『GAMER DRIVER』の文字もしっかりペイントで再現されてるぞ」


Lazer-LV2-9.JPG


ディケイド「ガシャットは他のライダーと同じく脱着可能、レバーも開閉可能だ」


Lazer-LV2-10.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用の薄手のゲーマドライバーとエグゼイドの騎乗用手首、スタンド補助パーツだ」


Lazer-LV2-11.JPG


ディケイド「補助パーツを使えば、こんな風に空中を飛翔するイメージも作れるぞ(ただし、スタンドである『魂STAGE』は別売りだ)」


Lazer-LV2-12.JPG


ディケイド「エグゼイドを乗せたところ。この時は、ゲーマドライバーは薄手の物に交換するぞ」


Lazer-LV2-13.JPG


ディケイド「『LVUR』版と。LVUR版は低年齢玩具で変形ギミックもあるからモールドも甘いが、フィギュアーツ版はリアルなバイクの仕上がりになってる」


Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザー レベル2の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 あと、アメブロの方にバジの前髪の補修記事も書いたので、よろしければそちらも……。

 余談ですが、ブログで「お早う御座います」って書いたのは初めてかも知れません(笑)。


 記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


Build.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム』を紹介するぞ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドは、桐生戦兎(きりゅう・せんと)がビルドドライバーラビットフルボトルタンクフルボトルを装填して変身した、仮面ライダービルドの基本フォームだ。変身時の音声は『鋼のムーンサルト! ラビットタンク!』だぞ」


Build.JPG


ディケイド「バストアップ。アンテナはラビットはウサギの耳、タンクは戦車の砲塔をイメージしてる。左襟の突起物のデザインモチーフはウサギの耳だが、仮面ライダーの記号である風になびくマフラーを意匠化したものだ」


Build.JPG


ディケイド「背中側。デザイン当初は赤と青の部分が大きかったが、フォームチェンジ数が多いことから下半身は黒が多く占めるものとなったぞ」


Build.JPG


ディケイド「ビルドドライバーには、クリアパーツのラビットフルボトルとタンクフルボトルが装填されてる。ビルドドライバーのレバーは、実際に回転させることが出来るぞ」


Build.JPG


ディケイド「各フルボトルは、このサイズで脱着可能だぞ」


Build.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首が5つだ。今までと違って、武器は同梱されていないぞ」


Build.JPG


ディケイド「交換用手首を使えば、ビルドドライバーのレバーを回転させるシーンを再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「他にも、決めポーズ用の手首で『勝利の法則は、決まった』のポーズや……」


Build.JPG


ディケイド「決めポーズも再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 こんにちは。アカサカです。

 台風で避難指示が出てる地域ありますが……山さん倉麻さんのとこ、大丈夫かなぁ……


 あと、今日もアメブロの方に『幻想生物百科』のネタを投稿してきました。

 今日は、とある悪魔を扱ってます。


 さて、こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、シックスショットを紹介するぞ!」


LG-Sixshot2.JPG


サンクラ「シックスショットは、デストロンの忍者参謀だ。ガルバトロン様にダイノベースの指揮官として呼び寄せられたぞ。一人称は『拙者』で、口調も時代がかった侍口調だ。かつてはエネルギーギャングで、クロームドームの親友、アベルの命を奪ったこともあるぞ。ガルバトロン様が行方不明になった後はメガザラックに仕えたが、その直言をはばからない性格が次第に疎まれ、暗殺されそうになった事を機に、軍団から離反したぜ」


LG-Sixshot3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はTR版からリデコされてる。アニメじゃ、終盤でダニエルと友情を育んだものの、あくまでアウトロー的なデストロンだったが、コミック版ではテックスペックの『任務には忠実だが、子供や動物を愛する』って設定を掘り下げたストーリーもあったぞ」


LG-Sixshot4.JPG


サンクラ「TR版と同じく、頭部はメット仕様だ。ヘッドマスターも、額に第三の眼があるようなデザインになってるぞ」


LG-Sixshot5.JPG


サンクラ「背中側。ボディそのものには、カラーリング以外は特に変更点はねえ」


LG-Sixshot6.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは完全新規だ。御覧の通り、シックスショット本人をそのまま縮めたようなデザインだぞ」


LG-Sixshot7.JPG


サンクラ「TR版のタイタンマスターである、リボルバーと。リボルバーは、劇中でこいつが殺した(も同然な)クロームドームのもう一人の親友、ジャックの外見になってるが……」


LG-Sixshot8.JPG


サンクラ「武器は二挺のレーザーガンだ」


LG-Sixshot9.JPG


サンクラ「今までのヘッドマスターと同じく、武器は合体させてヘッドマスター用のビークルになるぞ」


LG-Sixshot10.JPG


サンクラ「TR版との比較だ。緑部分は青みがかった色になったほか、脚部の紫部分の面積も増えてる。TR版で貼られてたシールは削除されてるぞ」


LG-Sixshot11.JPG


サンクラ「特に上半身に違いが目立つな」


LG-Sixshot12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Sixshot13.JPG


サンクラ「まずはバトルタンクモード。説明書付属のコミックじゃ、ウルトラマグナスに先制攻撃をかけたぞ」


LG-Sixshot14.JPG


サンクラ「ジェットモード。マグナスの反撃を避けて、すかさずこのモードにチェンジした」


LG-Sixshot15.JPG


サンクラ「バトルカーモード。カーキャリーモードのウルトラマグナスと正面から激突して、ヤツを倒したぞ」


LG-Sixshot16.JPG


サンクラ「オオカミモード。狼の頭部にヘッドマスターが合体して完成するのはTR版と同じだ」


LG-Sixshot17.JPG


サンクラ「サブマリンモード。コミックでは、ダニエルが搭乗して衛星刑務所のマグマの中に待機していたぞ」


LG-Sixshot18.JPG


サンクラ「サブマリンモードをひっくり返せばレーザーガンになるのもTR版と同じだ。アイキャッチでおなじみの形態だな」


LG-Sixshot19.JPG


サンクラ「そして、ウイングウルフモード。ウルトラマグナスを葬った第7の形態だ。今回は、付属コミックに近い組み方をしてみたぞ」


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「レジェンズ版シックスショットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Gong1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ゴングを紹介するぞ!」


LG-Gong2.JPG


サンクラ「ゴングは、サイバトロン・ミニボットの攻撃員だ。地球はこいつにとって過酷な環境だが、むしろそれを好んでるぞ。『怪力ゴング』を自称する最も力の強いサイバトロンの一人で、ミニボットながら、小さな建物ならパンチの一発で倒壊させちまう。武骨で親分肌、時に頑固でもある。海外名の“ブローン”は『筋肉、筋力、腕力』って意味だ」


LG-Gong3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はアニメにそっくりな造形だ。『ザ・ムービー』冒頭で、スタースクリームが発砲したガンモードのメガトロン様の銃撃を受けて、作中初の戦死者になったぞ」


LG-Gong4.JPG


サンクラ「背中側。ボディ前面と違って、グリーン一色でまとめられてるな。砲火への高い耐性を誇るが、単純な回路だから電磁波などの攻撃に対して無防備だ」


LG-Gong5.JPG


サンクラ「G1版やアニメ版じゃ素手だったが、LG版には車両後部が変形した盾が付属してるぞ」


LG-Gong6.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は、『ミクロマン』のミクロロボットCAR・ジープの流用だ。LG版は、ミクロマン時代に近いカラーリングだぞ。顔はともかく、頭部や胸部のデザインはG1版の流れを汲んでる事がわかるな」


LG-Gong7.JPG


サンクラ「今度は『変形!ヘンケイ!』版と。造形はだいぶ近くなったが、なぜかヘケヘケ版は顔が黒く塗られてる」


LG-Gong8.JPG


サンクラ「さらに、ゴングはこのバージョンの前に、ヘッドマスター仕様のものが発売されてる(画像は海外のTR版だ)。LG版の説明書コミックじゃ、このゴングは『ヘッドマスターのゴングが購入した中型ボディの着ぐるみ』っていう設定になったぞ」


LG-Gong9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター版ゴングのヘッドモードと。どっちもアニメ設定が元になってるから、造形はそっくりだ」


LG-Gong10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Gong11.JPG


サンクラ「ビークルモードはジープだ。アニメでは、バンパー部分からドリルを出して地中を掘り進んだこともあるぞ」


LG-Gong12.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。LG版は、より現代的なアレンジがされてるぞ」


LG-Gong13.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。G1版に比べると発売された年代が近いから、デザインも近い感じだな」


LG-Gong14.JPG


サンクラ「さて、このLG版ゴングには、ヘッドマスター仕様のリパッグが付属してる。ファイヤーボットの一員だが、詳しくはまた、こいつの記事で紹介するぞ」


LG-Gong15.JPG


サンクラ「リパッグはヘッドモードに変形可能だ。デザインはアニメ版のこいつのロボットモードのものになってるぞ」


LG-Gong16.JPG


サンクラ「さらにゴングのビークルモードには、リパッグや他のヘッドマスターを乗車させることが出来るぞ」


LG-Gong1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ゴングの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Toucon1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゴースト 闘魂ブースト魂』を紹介するぞ」


Toucon2.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂は、ゴーストドライバーに闘魂ブーストゴースト眼魂を装填し、赤と黒の闘魂ブーストゴーストを纏った、仮面ライダーゴーストの強化形態だ。体内に秘めた熱エネルギーをパンチやキック、武器にまとっての強力な攻撃を繰り出す。さらに、闘魂ブースト魂の状態からゴーストチェンジを行うことにより、トランジェントが闘魂ブースト魂のまま、各種スペックが通常時よりも強化された派生形態へと変身することができるぞ。変身音声は『俺がブースト!奮い立つゴースト!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!』だ


Toucon3.JPG


ディケイド「バストアップ。顔全体が複眼状になっている点はオレ魂と変わらないが、ヴァリアスバイザーに浮かぶ黒い模様はをかたどってるぞ。襟の先端にも炎のようなパーツが付き、さらに額の一本角『フレイムウィスプホーン』も火炎の意匠になってる


Toucon4.JPG


ディケイド「背中側。こっちは前面とは対照的に、オレ魂との相違はそこまで無いな」


Toucon5.JPG


ディケイド「胸部。オレ魂やスペクターと違って、目の意匠は立体的な造形になってる。ゴーストドライバーに闘魂ブースト眼魂の絵柄が描かれてるのはこれまでと同じだぞ」


Toucon6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首は、スペクターからさらに増えた5種類だ。他に武器のサングラスラッシャーと交換用のフードパーツ、オレゴースト眼魂、ムサシゴースト眼魂が付属してるぞ」


Toucon7.JPG


ディケイド「これまで通り、フードをかぶった状態も再現可能だ」


Toucon8.JPG


ディケイド「交換用手首は、こんな具合に陰陽師のようなポーズや……」


Toucon9.JPG


ディケイド「印を組んだポーズを再現可能だぞ」


Toucon10.JPG


ディケイド「サングラスラッシャーは、主に闘魂ブースト魂が使用する武器だ。こっちは炎のエネルギー弾を発射するブラスターモードだ


Toucon11.JPG


ディケイド「刀身の部分を交換することで、剣形態であるソードモードにも変形可能だぞ」


Toucon12.JPG


ディケイド「さらに、サングラスを模したカバー『メガシェイド』には、この小サイズながら付属の眼魂を設定通りに装填出来るぞ


Toucon1.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 アメブロの方に、さっそく前回の企画の第1回を投稿してきました。

 取り敢えず、こんな感じのスタンスで進めていきたいなぁと思っています。


 こちらの記事は、『ホビー雑誌コーナー』です。


 では、本文スタート!


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ハードヘッドを紹介するぞ!」


LG-Hardhead2.JPG


サンクラ「ハードヘッドは、サイバトロンヘッドマスターズの地上攻略員だ。体力が有り余ってるからか、血気盛んなクロームドームと行動を共にすることが多いが、本来は自然を愛する性格だ」


LG-Hardhead3.JPG


サンクラ「バストアップ。他のメンバーと同じく、頭部はアニメ『ザ☆ヘッドマスターズ』のデザインで新規作成されてる。右肩に背負ってるのはハードキャノンだ。ちなみに趣味はカラオケっていう、当時としてはバリバリに日本臭い趣味の持ち主だぞ」


LG-Hardhead4.JPG


サンクラ「『TR』版と比較してみた。グレーのパーツがココアブラウンになってる他、TR版で黒いパーツも、一部同じ色になってる。塗装パターンやサイバトロンマークの位置も変わってるぞ」


LG-Hardhead5.JPG


サンクラ「今度はヘッドマスターの比較だ。TR版のデュロスも、海外版じゃ塗装が細かい方だったが、LG版はさらに額まで塗られてる。ちなみに、国内版での本名はロスだ」


LG-Hardhead6.JPG


サンクラ「武器はさっきも紹介した右肩のハードキャノンの他、ハードレーザーだ。重火力だが接近戦が得意で、ハンマー投げって必殺技を持ってるぞ」


LG-Hardhead7.JPG


サンクラ「パートナードローンはタンケッテだ。こう見えてもで、秘書のような性格だぞ。ハードヘッドの事を隊長って呼んで慕ってる」


LG-Hardhead8.JPG


サンクラ「タンケッテはジェット型にも変形可能だ。モノとしてはTR版スカイトレッド(フライホイール)付属のドローンのリカラーだぞ」


LG-Hardhead9.JPG


サンクラ「他にも、タンケッテは武器モードに変形可能だ


LG-Hardhead10.JPG


サンクラ「それじゃ、トランスフォーム、ダッシュ!」


LG-Hardhead11.JPG


サンクラ「ビークルモードは高速戦車だ。もちろん、コクピットにはヘッドマスターが搭乗可能だぞ」


LG-Hardhead12.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版と並べてみた。こっちのモードだと、特に大きな違いはねえな」


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ハードヘッドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 TFシージ、ついにアースモードがちょこちょこ出るようですね(コンボイ、スタスク、グラップル)。

 早まってシージコンボイの汚し塗装落とさなくて良かったかも……。(^ ^;) しかしランボルやハウンドが出たらなんかヤだな……。


 どうせなら最近まともにリメイクされてないクリフ(『プライム』クリフジャンパーの頭部替えはなんか違うし)が出てほしいところですが……。


 さておき、本文は『ホビー雑誌コーナー』です。

 ではスタート!


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、バンブル&エクセルスーツスパイクを紹介するぞ!」


LG-Bunble2.JPG


サンクラ「バンブルは、サイバトロン・ミニボットの情報員だ。小型だが熱心で勇敢であり、そのサイズを活かして他の連中が行けない、あるいは行きたがらない所にも敢えて赴くぞ。任務柄水中行動も可能だ。英名のバンブルビーは、『マルハナバチ』の事だぞ」


LG-Bunble3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメの日本吹き替え版じゃ、一人称が『オイラ』の少年キャラとして描写されたぞ(ちなみに原語版じゃ、普通の中年キャラだ)。『恐らく最小っていうのが一番危険になるのさ』って座右の銘に違わず、自分のサイズをむしろ誇ってるが、一方で大柄なコンボイやプロールを尊敬してもいる」


LG-Bunble4.JPG


サンクラ「背中側。小型アイテムの宿命か、肉抜き穴が目立ってるな(苦笑)」


LG-Bunble5.JPG


サンクラ「G1版との比較だ。G1版はマスクフェイスだが、アニメじゃヒューマンフェイスとして描写されてて、以後のリメイクでもそれを引き継いでる。余談だが、バンブルが生まれ変わったゴールドバグも、G1版のマスクフェイスを受け継いでるぞ」


LG-Bunble6.JPG


サンクラ「お次はEZコレクション版。LG版はEZ版をそのままブラッシュアップしたようなデザインだが、色合いはLG版の方がアニメに近いな」


LG-Bunble7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Bunble8.JPG


サンクラ「ビークルモードはコンパクトカーだ。全てのサイバトロンの中で最もエネルギー効率が良く、燃料1ユニット分を他の仲間より1.8倍以上使えるんだぜ」


LG-Bunble9.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。G1では、フォルクスワーゲンに変形していたぞ」


LG-Bunble10.JPG


サンクラ「EZコレクション版と。ビークルモードのスタイルは、ロボットモード以上によく似てるな」


LG-Bunble11.JPG


サンクラ「続いてはスパイクだ。初めてTFが地球で目覚めて、油田基地でオレ達デストロンに襲われたところをサイバトロンに助けられて以来、サイバトロンに協力してる地球人だ。特にバンブルとは、種族を越えた親友同士だぞ。今回は『2010』以降に登場したエクセルスーツ(強化服)版での商品化だ」


LG-Bunble12.JPG


サンクラ「エクセルスーツはアニメじゃ車両型に変形してたが、今回はヘッドモードになる。形状は『ザ・リバース』でこいつが組んだセレブロスのデザインだが、造形は全てLG版で新造されてるぞ」


LG-Bunble13.JPG


サンクラ「画像じゃわかりにくいが、スパイクはバンブルに搭乗可能だ。『2010』の16話じゃ、久々にバンブルに乗車して『こうしていると、昔を思い出すな』って発言してたぞ」


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「レジェンズ版バンブル&スパイクの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」