FC2ブログ

PP-LiegeMaximo-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、リージマキシモを紹介するぞ!」


PP-LiegeMaximo-2.JPG


サンクラ「リージマキシモは、13人のプライムの一人だ。言葉巧みなトリックスターで、兄弟達の間に不破を生んだとされるぞ。名前はマーベル版TFG2のラストに登場したG2TF達の黒幕で、メガトロン様はこいつから生まれたと言われてる」


PP-LiegeMaximo-3.JPG


サンクラ「デコイアーマーはG1プリテンダーのスカルグリン(日本版ではダウロス)がモチーフだ。有機的な骸骨っぽかったスカルグリンに対して、PP版はメカニカルなデザインになってる」


PP-LiegeMaximo-4.JPG


サンクラ「背中には武器を背負ってる。こいつの場合は爪型だ」


PP-LiegeMaximo-5.JPG


サンクラ「もちろんこうやって、取り外して持たせることが出来るぞ」


PP-LiegeMaximo-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーを開放すると、中には本体のプライムマスターが収納されてる」


PP-LiegeMaximo-7.JPG


サンクラ「プライムマスターも、G1版のスカルグリンのインナーロボを意識したデザイン・カラーリングになってるぞ」


PP-LiegeMaximo-8.JPG


サンクラ「背中側。リージマキシモの紋章になってるぞ」


PP-LiegeMaximo-9.JPG


サンクラ「こいつが変形したプライムコアは、合体者に言葉や交渉能力を与えるものになってる」


PP-LiegeMaximo-10.JPG


サンクラ「武器モードのデコイアーマーは、他のTFに装備可能だ。ちなみに画像で装備してんのは、ユナイテッド版スカルグリンだ」


PP-LiegeMaximo-1.JPG


サンクラ「リージマキシモの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

スポンサーサイト



 いいとこゴールドバグくらいですし……。似たようなコンセプトのバトルチャージャーは、ちょくちょくリメイクされるのにねぇ……。


 さて、今日もアメブロの方を更新しました。

 今回も『デタリキ』のレポート系ですが……。


 今日のニチアサ、プリキュアは初期作の頃は「敵をためらいなく倒し」はしても、「敵を見捨て」るって展開は特に記憶になかったので、ちょっと新鮮だったり。やっぱりこのダークな展開ってのどかの中の人がまどかだからry


 んで、『キラメイ』のあと、何気なくテレビをつけたままにしてたらいきなり『ドゲンジャーズ』が始まってビックリ!

 で、本放送時、初めて見たエピソードが第3話だったんですが、今日の再放送もその第3話で二度ビックリ!


 さらにブロ友さんの緑猫さんも『デタリキ』を始められてて、本日三度目のビックリです(笑)。


 さて、ようやく本文ですが、タイトル通り、数少ないスロットルボットのリメイクトイ紹介で行きます。


 ではスタート!


TR-RoadBurn-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、ロードバーンを紹介するぞ!」


TR-RoadBurn-2.JPG


サンクラ「ロードバーンは、G1中期に登場したスロットルボット探査員チェイスのリメイクキャラだ。ここじゃ、チェイスとしてのテックスペックを紹介するぞ」


TR-RoadBurn-3.JPG


サンクラ「性急な性格で、他のスロットルボットが出発しようとしてる時にゃ、既に16km先を走ってる。過去の手柄とこれからの戦功の自慢が大好きで、皆の人気者だぞ。3.2km先のテニスボールが見える視力を持ってて、同時に3方向、270度の範囲の遠距離を見る事も出来るんだぜ」


TR-RoadBurn-4.JPG


サンクラ「背中側。トイはLG版バンブルのリデコだ」


TR-RoadBurn-5.JPG


サンクラ「リデコ元のバンブルと。頭部とカラーリング以外はバンブルと変わってねえ。普通、バンブルの赤リデコと言や、クリフが多い中、珍しい選定だよな」


TR-RoadBurn-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-RoadBurn-7.JPG


サンクラ「ビークルモードはスポーツカーだ。G1だと、フェラーリ・テスタロッサに変形してたぞ。ルーフ下部にゃ、超水平線レーダー機能を持つ円盤アンテナを装備してる。ドライブシャフトとトランスミッションに問題が発生しやすいのが弱点だ」


TR-RoadBurn-8.JPG


サンクラ「車内には、ヘッドマスター/タイタンマスターやプライムマスターを乗車させることが出来るぞ」


TR-RoadBurn-9.JPG


サンクラ「カーモードでバンブルと。こっちは、カラーリング以外はバンブルと全く同型だ」


TR-RoadBurn-1.JPG


サンクラ「ロードバーンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

SuperMegatron-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFジェネレーションセレクト』から、スーパーメガトロン様を紹介するぞ!」


SuperMegatron-2.JPG


サンクラ「スーパーメガトロン様は、『ザ☆ヘッドマスターズ』で北極海に沈んで消息不明になったガルバトロン様が、『ザ☆バトルスターズ』で大帝王ダークノヴァによってリフォーマットされた姿だ。人間を喰ってエネルギーに変換できるようになったぞ」


SuperMegatron-3.JPG


サンクラ「バストアップ。容姿はガルバトロン様から、名前の通り元のメガトロン様をそのまま強化したような姿に戻ったぞ。額のエンブレムは、スーパーメガトロン様のイニシャルである“S”と“M”の文字を組み合わせたものだ」


SuperMegatron-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードのウイングが畳まれている他、脚部にもビークルモードのキャタピラが見えるな」


SuperMegatron-5.JPG


サンクラ「武装はより強化された融合カノンだ。ガルバトロン様時代のSFガンも彷彿とさせるな」


SuperMegatron-6.JPG


サンクラ「リデコ元になった『レジェンズ』版ガルバトロン様と。元々スーパーメガトロン様自体がガルバトロン様の強化形態だから、順当なリメイクではあるな」


SuperMegatron-7.JPG


サンクラ「続いて『シージ』版のメガトロン様と。こうして見ると、純粋にメガトロン様を強化したデザインだってのが分かるな」


SuperMegatron-8.JPG


サンクラ「ライバルであるスターコンボイと。G1の頃から、スターコンボイの方が巨大だって設定だから、この身長差は実は当時に忠実なものだったりするぞ」


SuperMegatron-9.JPG


サンクラ「こちらが当時のデザインだ。当時はトイが発売されてなくて、雑誌のグラビア記事とコミックのみの登場だったぞ。脚部が元のメガトロン様に近い直線的なデザインである以外は、GS版も概ねこの元デザインを踏襲してる」


SuperMegatron-10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SuperMegatron-11.JPG


サンクラ「ビークルモードはガンジェットだ。G1版はレーザーガンに翼が生えたようなデザインだったが、今回は普通のジェット機に近い形状だぞ。因みに、ジェット機に変形するメガトロン様は、このスーパーメガトロン様が初だ」


SuperMegatron-12.JPG


サンクラ「ガルバトロン様のジェットモードと。変形パターンがそもそも違うから、形状は全く異なってるな」


SuperMegatron-13.JPG


サンクラ「それから、トイはさらなる強化形態、ウルトラメガトロン様にも変形可能だ。これはスターコンボイに敗れたスーパーメガトロン様が、ダークノヴァによってさらに強化された姿だぞ」


SuperMegatron-14.JPG


サンクラ「バストアップ。スーパーメガトロン様との違いは、主に額と胸部のデザインだ」


SuperMegatron-15.JPG


サンクラ「背中側。こちらでは翼を展開しているぞ」


SuperMegatron-16.JPG


サンクラ「武器は腕のスターバスター砲と、肩の三連カノンだ。スターバスター砲は、GS版は融合カノンを変形させて再現してるぞ」


SuperMegatron-17.JPG


サンクラ「シージ版のメガトロン様と。この形態でも、元のメガトロン様をグレードアップしたような姿であることは変わらねえ」


SuperMegatron-18.JPG


サンクラ「頭部と胸部を比べてみても、元のデザインに近いことが分かるな」


SuperMegatron-19.JPG


サンクラ「当時の設定がこれだ。グラビア記事では、最終的にダークノヴァと合体して星の巨人になったぞ」


SuperMegatron-20.JPG


サンクラ「その他、GS版のオリジナルギミックとして、フェイス部をマスク状に変形させたウルトラメガトロン・オメガ形態にする事も可能だ。この顔は、ダークノヴァや実写映画版のメガトロン(『最後の騎士王』版)を彷彿とさせるデザインになってるぜ」


SuperMegatron-21.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SuperMegatron-22.JPG


サンクラ「ウルトラメガトロン様のビークルモードは飛行重戦車だ。スターコンボイの10倍のパワーを誇るぞ」


SuperMegatron-23.JPG


サンクラ「ビークル上部の三連ターレットは、上下の可動や回転も出来るぞ」


SuperMegatron-24.JPG


サンクラ「シージ版メガトロン様のビークルモードと。どちらもSF戦車だが、ウルトラメガトロン様はより攻撃的なデザインになってる」


SuperMegatron-1.JPG


サンクラ「スーパーメガトロン様の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

PP-Micronus-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、マイクロナスを紹介するぞ!」


PP-Micronus-2.JPG


サンクラ「マイクロナスは、13人のプライムの一人だ。マイクロンの始祖にあたるプライムだぞ。この状態は、デコイアーマーと呼ばれる外殻をまとった状態だ」


PP-Micronus-3.JPG


サンクラ「上から。頭頂部には小さくサイバトロンのエンブレムがプリントされてるぞ。トイはG1のプリテンダー、クラウドバースト(日本版ではMFのフェニックス)をリメイクしたデザインになってる」


PP-Micronus-4.JPG


サンクラ「背中側。プライムマスターの共通項として、武器を背負った状態になってる」


PP-Micronus-5.JPG


サンクラ「この武器は、取り外して手に持たせることが出来るぞ」


PP-Micronus-6.JPG


サンクラ「デコイアーマーの中には、LG/TRのヘッドマスター/タイタンマスターと同規格のプライムマスターが収納されてる」


PP-Micronus-7.JPG


サンクラ「内部ロボットの状態だ。日本版のプリテンダーは、『人間サイズのTFがアーマーをまとってその後巨大化』って設定だから、偶然とはいえ日本版を意識したような設定になってる」


PP-Micronus-8.JPG


サンクラ「背中側。ヘッドマスターと違って、プライムコアと呼ばれるものが背中に来てるぞ」


PP-Micronus-9.JPG


サンクラ「プライムマスター本体は、ヘッドマスター/タイタンマスターと同じ変形でプライムコアになるぞ」


PP-Micronus-10.JPG


サンクラ「このプライムコアは、デラックスクラス以上のアイテムに付属してるプライムアーマーを介してTFに合体可能だ。合体したプライムコアは、各々違った能力を合体したTFに与えるって設定で、こいつの場合はパワーリンク(合体)が可能になるぞ」


PP-Micronus-11.JPG


サンクラ「また、『レジェンズ』のコミックでは、ビーストフォーマーの三賢人、火の宝玉が同じ姿で登場したぞ。ダブルクロスにヘッドオンして力を与えたんだぜ」


PP-Micronus-12.JPG


サンクラ「さて、プライムマスターのデコイアーマーは、武器モードへのトランスフォームが出来る。マイクロナスの場合は、ダブルガトリングになるぞ」


PP-Micronus-1.JPG


サンクラ「マイクロナスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。昨日に引き続き、『デタリキ』の記事です。

 こちらの方は、BWが終わったので、また現行のTFシリーズを再開していこうと思います。


 ……と言いつつ、2年分ほど遅れてるわけですが(汗)。


 何はともあれ、スタート!


TR-Breakaway-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFタイタンズ・リターン』から、ブレイクアウェイを紹介するぞ!」


TR-Breakaway-2.JPG


サンクラ「ブレイクアウェイは、G1に登場したパワーマスター、ゲッタウェイのリメイクだ。比類なき脱出の名人で、熟達した戦術及び戦略上の軍事的技術を有し、手腕と論理を使ってどんな状況からも見事に抜け出すぞ」


TR-Breakaway-3.JPG


サンクラ「バストアップ。一方で日本じゃ、ライトフットって全くの別人として発売されたぞ。自動車会社ブリティッシュモーターズの御曹司で、芯が強く意外に強情。水の超魂パワーをもつゴッドマスターの副官だ」


TR-Breakaway-4.JPG


サンクラ「背中側。トイはトランステクター部分がLG/TRクロームドームのリカラーになってるぞ」


TR-Breakaway-5.JPG


サンクラ「武器もクロームドームのものと同型のブラスター二挺だ」


TR-Breakaway-6.JPG


サンクラ「もちろん、合体させてタイタンマスター用のビークルにもなるぞ」


TR-Breakaway-7.JPG


サンクラ「TR版クロームドームとの比較。形状の違いは顔の部分のみだが、ブレイクアウェイはカラーリングでG1版ゲッタウェイを再現してるぞ」


TR-Breakaway-8.JPG


サンクラ「今度はLG版クロームドームと。ゲッタウェイとライトフットは、トイの仕様自体は国内外同一だったから、ライトフットとして遊ぶのもいいかもしれねえ」


TR-Breakaway-9.JPG


サンクラ「タイタンマスターはスロットルだ。ただでさえ素早いブレイクアウェイのスピードを、さらに強化するぞ」


TR-Breakaway-10.JPG


サンクラ「今度はタイタンマスター(ヘッドマスター)同士の比較だ。左からLG版クロームドーム、TR版スタイラー、スロットルだ。塗装がほとんどねえのはスタイラーと同じだな」


TR-Breakaway-11.JPG


サンクラ「次はヘッドモード。デザインは三者三様だ。余談だが、G1版は人間がエンジンに変形していたパワーマスター(ゴッドマスター)だが、TR/LGではジンライなんかと同じく頭部に変形してるぞ」


TR-Breakaway-12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


TR-Breakaway-13.JPG


サンクラ「ビークルモードはスーパーカーだ。海外だとボディが本体だが、『MF』じゃ、ライトフットが誕生日に親父からプレゼントされた自動車がトランステクターだったぞ」


TR-Breakaway-14.JPG


サンクラ「上から。エンジン部分はパワーマスターを意識したように塗装されてる」


TR-Breakaway-15.JPG


サンクラ「ルーフには武器を装着可能だ」


TR-Breakaway-16.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版クロームドームと。色のおかげで、かなりイメージは変わってるな」


TR-Breakaway-17.JPG


サンクラ「今度はLG版クロームドームと。『マスターフォース』のアニメでも、ボンネットのエンジン部分が白い事を除きゃ、概ねこのカラーリングだったぞ」


TR-Breakaway-1.JPG


サンクラ「ブレイクアウェイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BW-M-B-Widow-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスブラックウィドーを紹介するぞ!」


BW-M-B-Widow-2.JPG


サンクラ「メタルスブラックウィドーは、ブラックウィドーがトランスメタルス2に進化した姿だ。デプスチャージが捨てたトランスメタルドライバーのパーツを使って、自分で作った装置を使ったのをきっかけにメタルス化したぞ」


BW-M-B-Widow-3.JPG


サンクラ「頭部(?)アップ。アニメでは、矢印の部分が目として描写されたぞ」


BW-M-B-Widow-4.JPG


サンクラ「頭部は取り外してウインチ機構で伸ばすことが出来る。牙はスプリングで自動的に閉じるぞ」


BW-M-B-Widow-5.JPG


サンクラ「後ろ側。特にギミックには関係ね絵が、腹部横の車輪状の部分は何故か回転させることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-6.JPG


サンクラ「牙は収納することが出来る。こうすると、より蜘蛛らしいスタイルになるな」


BW-M-B-Widow-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルスブラックウィドー、変身!」


BW-M-B-Widow-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。メタルス化の際に一度死亡して、その時コイツをデストロンとして誕生させたシェル・プログラムが破壊されたことで、属性は完全なサイバトロンになったぞ。ただし、悪女的な性格はそのままだったがな」


BW-M-B-Widow-9.JPG


サンクラ「バストアップ。TFトイでも、初めて100%女としてデザインされたトイだ。胸部と肩アーマーは、アニメとトイじゃデザインやサイズが異なるぞ」


BW-M-B-Widow-10.JPG


サンクラ「背中側。腰にはスパーククリスタルが見えるな」


BW-M-B-Widow-11.JPG


サンクラ「このスパーククリスタルは、通常はサイバトロンのものだが……」


BW-M-B-Widow-12.JPG


サンクラ「180度反転させて、デストロンのものにすることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-13.JPG


サンクラ「ビーストモードの牙は、アンカーとして持たせることが可能だ」


BW-M-B-Widow-14.JPG


サンクラ「腰にはスプリングが仕込まれてて、キックアクションをすることが出来るぞ」


BW-M-B-Widow-15.JPG


サンクラ「トイ独自のギミックとして、アーマーを閉じてシールドモードにすることが可能だぞ」


BW-M-B-Widow-16.JPG


サンクラ「因みにアメリカじゃ、正規版の前に、マクドナルドのハッピーミールのオマケとしてもメタルスブラックウィドーが商品化されてる。こっちじゃ、時期的にデストロンとして発売されたぞ」


BW-M-B-Widow-17.JPG


サンクラ「ハッピーミール版のビーストモード。蜘蛛の肢はメタルスタランスとほぼ同じデザインだ」


BW-M-B-Widow-18.JPG


サンクラ「正規版との比較。ハッピーミール版は、通常のトランスメタルスに近いデザインになってるぞ」


BW-M-B-Widow-19.JPG


サンクラ「メタルスブラックウィドーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』に、エアラザーとクワガイガーを追加してます。


 ところで『デタリキ』なんですが、ゲームの方で音声をミュートにしてると、任務をオート周回にしてても画面(タブなど)を切り替えるとその間停止してて進まないん(音声をONにしていれば、画面を消しててもちゃんと進む)ですが、これって私だけ……? おかげで、ミュートにしてたら他の作業が出来ない、他の動画が見られないって言うね……


 さて、記事の方はアーツのレビューで行きます。

 では、スタート!


Kronos-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダークロノス クロニクルゲーマー』を紹介するぞ」


Kronos-2.JPG


ディケイド「仮面ライダークロノスは、『あらゆるゲームの力を凌駕する全知全能の神であり究極のバグスターであるラスボス、ゲムデウスを理論上攻略可能にする伝説の戦士』だ。だが、劇中では檀正宗が『仮面ライダークロニクル』参加者全員の運命をジャッジする為に利用したぞ」


Kronos-3.JPG


ディケイド「バストアップ。最強の存在としてレベルは持たない。そのため、クロノスの戦闘能力は本作に登場する他ライダーに比べ文字通り桁違いであり、スペックはレベル99のライダーであるマキシマムマイティXやパーフェクトノックアウトを上回っているぞ」


Kronos-4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1が存在しないから、背中にも顔は無い。ローブは硬質パーツだぞ」


Kronos-5.JPG


ディケイド「胸部の『ロングライフガード』は時間経過で防御力が上昇し、腕部・脚部の『セイヴァーファイトグローブ』・『セイヴァーファイトシューズ』には攻撃を与えるごとにパンチ力・キック力を10%上昇させる機能があり、戦いが長引けば長引く程更に強力になっていくぞ。ベルトのバックル部は取り外し可能だが、ゲンムやポッピーと違って、武器モードのバグヴァイザーは付属していない」


Kronos-6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首と、劇中で大我が変身したクロノスを再現するためのゲーマドライバーだ。上記の通り、武器モードのバグヴァイザーIIは付属していないぞ


Kronos-7.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーを付ければ、第43話で花家大我が変身した姿を再現できるぞ。素のスペック自体は通常のクロノスと同じだが、『ポーズ』が使えない他、大幅に弱体化してる」


Kronos-1.JPG


ディケイド「仮面ライダークロノスの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

Popy-LVX-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーポッピー ときめきクライシスゲーマー レベルX』を紹介するぞ」


Popy-LVX-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーポッピーは、ポッピーピポパポ(仮野明日那)がバグルドライバーIIときめきクライシスガシャットで変身した女性ライダーだ。『ハートフルアタッカー』と呼ばれるシステムを駆使し、攻撃対象への好感度が低ければ低いほど攻撃力をアップさせるぞ。レベルXだから、スペック上はレベル50と同等もしくはそれ以上だ」


Popy-LVX-3.JPG


ディケイド「バストアップ。初めて変身した時は洗脳されていて目が赤かったが、洗脳が解けてからは青い目になったぞ。商品には、赤い目の方は入っていない」


Popy-LVX-4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1形態が存在しないから、ゲンムのゾンビゲーマーなどと同じく、背中には顔が無いデザインだ」


Popy-LVX-5.JPG


ディケイド「変身アイテムのバグルドライバーII。かつて仮面ライダーゲンムが用いていたものと同様の機能を有するぞ。中央のモニターには、仮面ライダーポッピーの姿が描かれてる」


Popy-LVX-6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首と、武器形態のガシャコンバグヴァイザーII、その交換用パーツだ」


Popy-LVX-7.JPG


ディケイド「バグヴァイザーIIは、設定どおりビームガン形態と……


Popy-LVX-8.JPG


ディケイド「チェーンソー形態に差し替えで変形可能だ。物自体はゲンムレベル2に付属してたバグヴァイザーのリカラーだぞ」


Popy-LVX-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーポッピー レベルXの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 昨日に続いて『魔王城でおやすみ』のコミックをゲットしたのでそれについて少々。


 こちらの記事はBWメタルスで行きます。

 これで残すところはメタルスブラックウィドーのみ。BWが終わったら、現行アイテムの続き(と言っても『パワーオブザプライム』から)で行きたいと思います。


 ではスタート!


BW-Scourge-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルススカージを紹介するぞ!」


BW-Scourge-2.JPG


サンクラ「スカージは、メカイナゴに変身するデストロンの特殊任務戦闘兵だ。好き好んでボソボソと低い声で喋る不可解な神経の持ち主で、細菌戦と化学戦の研究開発に異常なまでの熱意を見せるぞ。名前は『(イナゴがもたらす)災厄、疫病』の事だ」


BW-Scourge-3.JPG


サンクラ「左目を開くと、スパーククリスタルが現れる。アンテナには電子攪乱機が内蔵されてるぞ」


BW-Scourge-4.JPG


サンクラ「さらに背中のレバーを引くと……」


BW-Scourge-5.JPG


サンクラ「羽が前方に倒れて、左の羽に仕込まれたフォトン・クラスターキャノンがスプリングで発射されるぞ。このミサイルの弾頭には、化学兵器が搭載されてる。他にも羽を使って2マイルをひと飛びすることが可能だ」


BW-Scourge-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、スカージ、変身!」


BW-Scourge-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。逆間接の脚部やイナゴの足が集中した左腕など、メタルス2の中でも殊更異形なデザインだ」


BW-Scourge-8.JPG


サンクラ「バストアップ。合成培養した危険なウイルスやバクテリアを、仲間を使って実験しようとするんで、デストロン内でも嫌われてるぞ」


BW-Scourge-9.JPG


サンクラ「横から。こいつがどういう体型をしてるのか、よく分かるな」


BW-Scourge-10.JPG


サンクラ「背中側。ギミックの都合上、ロボットモードじゃフォトン・クラスターキャノンは使用できねえ」


BW-Scourge-11.JPG


サンクラ「ミサイルは手に持たせることが出来るぞ。まあ、モールドはノコギリみたいに見えなくもねえな」


BW-Scourge-12.JPG


サンクラ「ちなみに説明書にはねえが、羽は横に開いてマント状にすることが出来るぞ。この横に開くためのヒンジは、説明書通りだとビーストモードでもロボットモードでも使い道がねえ」


BW-Scourge-13.JPG


サンクラ「左腕にも小さく手がついてるが、イナゴの肢であんまり目立たねえな」


BW-Scourge-14.JPG


サンクラ「スカージの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 家族で出かけた日の朝一、スカージ共々ザらスに寄ってもらって買ったというのを覚えてたり。

 それは兎も角スタート!


BW-M-Iguanus-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスイグアナスを紹介するぞ!」


BW-M-Iguanus2-.JPG


サンクラ「メタルスイグアナスは、デストロンの破壊工作兵及び砲術エキスパートだ。計算能力に優れてて、超長距離にある目標の位置計算を即座にこなし、数千キロ先の敵を、目の前の敵ののどを切り裂くような恐るべき正確さで殲滅するぞ」


BW-M-Iguanus-3.JPG


サンクラ「後ろから。尻尾は軟質パーツ製だ」


BW-M-Iguanus-4.JPG


サンクラ「さらに喉のスイッチを押すと……」


BW-M-Iguanus-5.JPG


サンクラ「エリマキが展開して、口内のミサイルを発射するぞ。この長距離ミサイルは各種弾頭の装備が可能で、デスロトンでも屈指の火力を誇るんだぜ(因みにテックスペックの『火力』の値は8.3だ)」


BW-M-Iguanus-6.JPG


サンクラ「リアルビースト版と。こいつはシリーズでも終盤に発売されたが、リアルビースト版はシリーズ最初期のアイテムなんだぜ」


BW-M-Iguanus-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルスイグアナス、変身!」


BW-M-Iguanus-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。特殊チタン製の装甲は、いかなる攻撃にも耐えうる堅牢さを持ってるぞ」


BW-M-Iguanus-9.JPG


サンクラ「バストアップ。左目はバイザー上になってる。左胸を開くと、スパーククリスタルが現れるぞ」


BW-M-Iguanus-10.JPG


サンクラ「背中側。放熱板風の襟巻がスカート、尻尾が弁髪になるっていう、凝ったデザインだ」


BW-M-Iguanus-11.JPG


サンクラ「ミサイルは武器として、手に持たせることが出来るぞ。……絶対暴発しそうだが」


BW-M-Iguanus-12.JPG


サンクラ「ロボットモードでリアルビースト版と。リアルビースト版はメガリゲーターのリデコだったが、メタルス版は完全新規アイテムだ。因みに役職や能力なんかはリアルビースト版を引き継いでるぞ」


BW-M-Iguanus-13.JPG


サンクラ「メタルスイグアナスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 それからアメブロの方も記事を更新しています。

 なんか最近、こんなパターンが多いですが……。


 こちらの記事は、昨日に続いて『BWメタルス』のトイで行きます。

 タイトルの事を言えば、パタパタイヌもそうなる訳ですが……。(^ ^;)


 ではスタート!


BW-Prowl-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスプロールを紹介するぞ!」


BW-Prowl-2.JPG


サンクラ「プロールは、メカフクロウに変身するサイバトロンの軍事戦略家だ。何事にも論理と理由を見出そうと懸命になってて、常に聞く側で、話す側じゃねえ。名前は『動物が獲物を求めてうろつく事』だ」


BW-Prowl-3.JPG


サンクラ「賢明のシンボルと言われるフクロウらしく、頭部は電子頭脳が覗いてるが、これを反転させるとスパーククリスタルが現れるぞ」


BW-Prowl-4.JPG


サンクラ「翼はもちろん、羽ばたいてるようなポーズをとらせることも可能だ。サイバネティックな目と前頭葉を、翼に装着されたイオン球と相互に作用させ、限定的なテレキネティック・パワーを発揮する事も出来るんだぜ」


BW-Prowl-5.JPG


サンクラ「背中側。右側のレバーを動かすと……」


BW-Prowl-6.JPG


サンクラ「実際のフクロウよろしく、頭部がグルグル回転するギミックがあるぞ」


BW-Prowl-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、プロール、変身!」


BW-Prowl-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。サイバトロンで最も洗練された論理中枢を持ってて、複雑な戦況でもほとんど瞬時の分析とアドバイスが可能だ。高腐食性のアシッド・ペレットが武器だぞ」


BW-Prowl-9.JPG


サンクラ「バストアップ。自分は前世でも偉大な軍事戦略家だったって信じてて、テックスペックの背景から照らし合わせても、G1プロールの生まれ変わりって説が濃厚だ。実際にG1プロールは『ザ・ムービー』で戦死してるから、その解釈も出来ない事はねえ」


BW-Prowl-10.JPG


サンクラ「背中側。ギミック操作用のレバーはボディ上部に移動してる」


BW-Prowl-11.JPG


サンクラ「それから翼を前方に向ければ、アタックモードになるぞ。この状態では、レバー操作で翼を根元からグルグル回転させられるんだぜ(前が見えなくなりそうだが)」


BW-Prowl-12.JPG


サンクラ「メタルスプロールの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BW-M-Spittor-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルススピッターを紹介するぞ!」


BW-M-Spittor-2.JPG


サンクラ「メタルススピッターは、デストロンの特殊部隊/水陸両用兵だ。リアルビースト期の同名キャラと同じくカエルに変身するが、役職が以前(奇襲攻撃兵)と変わってて、同一人物なのか、クローンなのかは不明だぞ」


BW-M-Spittor-3.JPG


サンクラ「背中からは、背骨にカモフラージュされたクローが展開可能なほか、先端が回転のこぎり状になった舌もついてるぞ。カエルだけに、一跳びで400mのジャンプも可能だ」


BW-M-Spittor-4.JPG


サンクラ「メタルススピッター自体は日本未発売だが、同型のトイは『TFカーロボット』期にグッシャーとして発売されたぞ


BW-M-Spittor-5.JPG


サンクラ「メタルス化前と。背中は緑になってるが、基本的な青いカラーは引き継いでる」


BW-M-Spittor-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、メタルススピッター、変身!」


BW-M-Spittor-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。下品で抑圧された怒りに燃えるこいつにとって、全ては憎むべき敵だが、メガトロンにだけは心からの忠誠を誓ってる。一方で、アメコミ版の『マシーンズ』じゃ、ひょうきんな仕草を見せてたぞ」


BW-M-Spittor-8.JPG


サンクラ「バストアップ。TFどころか、変形トイとしてはおそらく初の、ハンチバックって特異な体型だ」


BW-M-Spittor-9.JPG


サンクラ「背中側。どんな経緯か、『こいつの背中をなでると幸運に恵まれる』って噂を信じたデストロンの何人かは、その全身を覆う毒で重度の精神錯乱に陥った、って事だ」


BW-M-Spittor-10.JPG


サンクラ「右肩には、スパーククリスタルが隠されてるぞ」


BW-M-Spittor-11.JPG


サンクラ「ビーストモードの舌は、ロボットモードでは手持ち武器として装備可能だ。バイオカードによると電子毒にまみれてるぞ。クローも左肩から引き続いて展開できるぞ」


BW-M-Spittor-12.JPG


サンクラ「説明書にゃ記載がねえが、武器は腰の後ろに取り付けておくことも出来るぜ」


BW-M-Spittor-13.JPG


サンクラ「ロボットモードでグッシャーと。赤と青で、対照的なカラーリングだな」


BW-M-Spittor-14.JPG


サンクラ「今度はリアルビースト版のスピッターと。変形パターンは変わってるが、カエルの後ろ脚がロボットモードで腕になる、って部分は共通してる」


BW-M-Spittor-15.JPG


サンクラ「メタルススピッターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

G-Ganbaruger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はいよいよ、グレードガンバルガーを紹介するぞ!」


G-Ganbaruger-2.JPG


サンクラ「そんじゃさっそく、グレードガンバルガー、超ミラクル合体!」


G-Ganbaruger-3.JPG


サンクラ「キングエレファンのパーツとゲキリュウガーの足が合体して足に……」


G-Ganbaruger-4.JPG


サンクラ「リボルガーとゲキリュウガー、ガンバルガーのボディが一体に……」


G-Ganbaruger-5.JPG


サンクラ「ガンバルガーの腕に、リボルガーの脚とゲキリュウガーのアーマーが合体して腕に……」


G-Ganbaruger-6.JPG


サンクラ「ゲキリュウガーの翼に、ガンバルガーの翼が合体して……」


G-Ganbaruger-7.JPG


サンクラ「グレードガンバルガーの誕生だ!」


G-Ganbaruger-8.JPG


サンクラ「グレードガンバルガーは、ガンバーチームの究極ロボだ。超魔界獣ドカーンとの戦いの中、パズル状の合体プログラムを虎太郎が完成させて合体に成功したぞ」


G-Ganbaruger-9.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部の角からは光線ガンバーボルトを、胸部プレートからはガンバーブレストフラッシュを使用可能だ」


G-Ganbaruger-10.JPG


サンクラ「背中側。ガンバルガーとゲキリュウガーの翼が組み合わさって、X字型のウイングになってるぞ」


G-Ganbaruger-11.JPG


サンクラ「拳を引っ込めると、リボルバスターの銃口が現れる。これはアニメでも再現されて、ラケットン戦などで登場したぞ。のちにスーパーロボット大戦でガンバーバスターと命名されたぞ」


G-Ganbaruger-12.JPG


サンクラ「そして、武器はファイナルガンバーソードだ。アニメじゃグレードガンバルガーでも取り回しに苦労するほどの巨大さで描かれたぞ。こいつから発生させた重力波で敵を空中に固定し、バツの字に切り裂くグレートファイナルアタックが必殺技だ」


G-Ganbaruger-13.JPG


サンクラ「このグレードガンバルガーは、三体のロボが合体してる分、とにかくでけえ。さすがにフォートレスには劣るが……」


G-Ganbaruger-14.JPG


サンクラ「御覧の通り、ユニクロンよりもデカいぞ」


G-Ganbaruger-15.JPG


サンクラ「もういっちょ、特徴的なのが、この膨大な余剰パーツだ。おかげでプロポーションは整ってるんだがな。当初は、この余剰パーツを組み合わせて武器に出来る案もあったらしいぜ」


G-Ganbaruger-16.JPG


サンクラ「グレードガンバルガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 最近熱ゴジラさん以前紹介されていた『魔王城でおやすみ』のOPをfullで聞いたりしてます。

 本編はまだ、全然見てないんですが……(おい)。


 ここ二十年くらい前から、アニメのOP・EDは流行りの歌謡曲なんかが使われてることが多いですが、私はこういう『その番組専用』のテーマ曲の方が好きだったりします。特にOPは、その番組の顔みたいなものですし。


 さて、今日はBWメタルスのアイテムレビューと行きます。

 では、さっそくスタート!


BW-Scarem-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルススケァレムを紹介するぞ!」


BW-Scarem-2.JPG


サンクラ「スケァレムは、メカクワガタに変身するデストロンの陸上コマンド兵だ。いかなる地形をも、上下逆さまのの状態の時でさえ驚異的なスピードで駆け抜けるぞ。名前は『Scarab(甲虫)』と『Scare'em!(奴らをゾッとさせろ)』の掛け合わせだ」


BW-Scarem-3.JPG


サンクラ「上から。その外骨格は、あらゆる火器の攻撃に耐えるぞ」


BW-Scarem-4.JPG


サンクラ「そんじゃ、スケァレム、変身!」


BW-Scarem-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。両腕が鎌になった、特徴的なスタイルだ。バズソーらしきモールドもあるぞ」


BW-Scarem-6.JPG


サンクラ「胸部を開くと、スパーククリスタルが隠されてるぞ」


BW-Scarem-7.JPG


サンクラ「背中側。ビーストモードの中肢と後肢で脚部が出来てるが……」


BW-Scarem-8.JPG


サンクラ「これを展開すると、四脚形態になるぞ。バイオカードに書かれた上述の踏破能力は、これに由来してるらしいぜ」


BW-Scarem-9.JPG


サンクラ「スケァレムの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 実は今やってる『BWメタルス』のトイレビュー用に写真を撮ってた際、オプティマスマイナーの写真も撮ってたんですが、調べて見たら、4年前にすでにやってました……。(- -;)

 まあ、そんなこともあるよね(苦笑)。


 取り敢えず、今日も『メタルス』のトイで行きます。

 ではスタート!


BW-Sonar-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスソナーを紹介するぞ!」


BW-Sonar-2.JPG


サンクラ「ソナーはサイバトロンの空中偵察員だ。メガトロンのクローン実験で誕生したが、サイバトロン入りしてるぞ(詳細はテックスペックにも記述がねえ)。名前は『音波探知装置』の事だ」


BW-Sonar-3.JPG


サンクラ「上から。頭部と腰部にメッキが施されてる。トイが発売された時点では男だったらしいが、数年後のアメコミじゃ、女として描かれたらしいぞ」


BW-Sonar-4.JPG


サンクラ「それじゃ、ソナー、変身!」


BW-Sonar-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。その鋭敏な感覚は、こいつを超一流の偵察員たらしめ、サイバネティック処理されたバイオパーツは、こいつに怪力と高い運動能力を与えてる」


BW-Sonar-6.JPG


サンクラ「胸部を開くと、サイバトロンのスパーククリスタルが隠れてるぞ」


BW-Sonar-7.JPG


サンクラ「背中側。コウモリの皮膜部分がロボットモードでも翼になってる」


BW-Sonar-8.JPG


サンクラ「左腕からはブレードが展開するぞ」


BW-Sonar-9.JPG


サンクラ「さらに胸部からビーストモードの足を展開すりゃ、四つ腕形態にもなれるぞ」


BW-Sonar-10.JPG


サンクラ「ソナーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Gekiryuger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクルチェンジ ゲキリュウガー(復刻版)を紹介するぞ!


Gekiryuger-2.JPG


サンクラ「ゲキリュウガーは、エルドランが託した卵から生まれた、ガンバーチームの三号ロボだ。ヤミノリウスから卵を守り抜いたブルーガンバーがパイロットを務めるぞ」


Gekiryuger-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。ガンバーチームのロボットの中では、唯一実在しない幻獣をモチーフにしてる」


Gekiryuger-4.JPG


サンクラ「横から。前作のバクリュウオーは四足歩行のドラゴンだったが、ゲキリュウガーは二足歩行と差別化されてる」


Gekiryuger-5.JPG


サンクラ「背中側。尻尾は二連装のキャノン砲、バックショットだ」


Gekiryuger-6.JPG


サンクラ「それじゃあ、ミラクルチェンジ!」


Gekiryuger-7.JPG


サンクラ「ファイターモード。頭部の角からの光線、胸部からの火炎など、武装は豊富だ」


Gekiryuger-8.JPG


サンクラ「バストアップ。ファイターモードの頭部は、実はアニマルモードじゃ余剰になっちまうぞ」


Gekiryuger-9.JPG


サンクラ「背中側。強風を発生させるドラゴンハリケーンを使用できるぞ」


Gekiryuger-10.JPG


サンクラ「手持ち武器はドラゴンショットだ。アニマルモードの首が変形したものだぞ」


Gekiryuger-11.JPG


サンクラ「さらに背中には、ゲキリュウカノンを装備可能だ」


Gekiryuger-12.JPG


サンクラ「左右の砲身が生成した火球を、胸部の竜頭が撃ち出すドラゴンサンダーフラッシュが必殺技だ。初陣では、ラストファイヤーとの同時発射で大魔王ゴクアークにとどめを刺したぞ」


Gekiryuger-13.JPG


サンクラ「ゲキリュウガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も書きました。

 向こうのタイトルにも書いてますが、二十数年ぶりにガンダムマーカーを買いまして、この間買ったハーフシェルの塗装をちょっと補填したので。


 こちらの記事は、同じく『ビーストウォーズ』のシリーズでいきます。

 ではスタート!


BW-M-Dinobot-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスダイノボットを紹介するぞ!」


BW-M-Dinobot-2.JPG


サンクラ「メタルスダイノボットは、メガトロンがブランク(スパークが欠如したプロトフォーム)に、戦死したダイノボットのDNAとランページのスパークの片割れを組み込み、さらにメタルス化させて誕生したデストロンのクローン兵士だ」


BW-M-Dinobot-3.JPG


サンクラ「尻尾は軟質パーツになってて、付け根の青いパーツを捻ると尻尾を振るギミックが搭載されてるぞ」


BW-M-Dinobot-4.JPG


サンクラ「それじゃ、メタルスダイノボット変身!」


BW-M-Dinobot-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。ダイノボットのDNAは持ってるが、原語版じゃ性格もまるっきり代わってて、『同じDNAを持つだけの別人』扱いだったぞ(日本版はそうでもねえが)」


BW-M-Dinobot-6.JPG


サンクラ「胸部を開くとスパーククリスタルが現れる。当然ながらデストロン仕様だ。アニメの没エピソードじゃ、ラットルに旧ダイノボットの記憶を移植され、それがきっかけでランページが死亡した後、旧ダイノボットの人格が最終決戦で甦るって流れになってたぞ」


BW-M-Dinobot-7.JPG


サンクラ「背中側。メタルスチータス2と同じく、尻尾はそのままだ。話が逸れるが、米初期版だとビーストモードの目が黄色いが、後期版や日本版は、アニメと同じく赤い目をしてるぞ」


BW-M-Dinobot-8.JPG


サンクラ「メタルス化前と違って手持ち武器はねえが、腕のデスクロー(原語名:レイザーシャープ・タロン)は何でもズタズタに切り裂いちまう。アニメじゃ、旧ダイノボットと同じく目から光線も撃ってたぞ」


BW-M-Dinobot-9.JPG


サンクラ「ちなみにトイオリジナルギミックとして、尻尾は手に持たせることが可能だ。米初期版じゃ外れやすいが、後期版以降は改修されてるぞ」


BW-M-Dinobot-10.JPG


サンクラ「メタルスダイノボットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

『被虐のノエル』というコミックを買ったので、そちらの簡易レビューを……。


 こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』で行きます。


 ではスタート!


BW-M-Cheetas2-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスチータス2を紹介するぞ!」


BW-M-Cheetas2-2.JPG


サンクラ「メタルスチータス2は、メガトロンのオーガニック・トランスメタル・ユニットの実験に巻き込まれたチータスが、トランスメタルス2に進化した姿だ。当初は自身の変化に戸惑い、野生の本能に支配されたこともあったぞ」


BW-M-Cheetas2-3.JPG


サンクラ「左半身。濃いワインレッド系のメッキパーツが集中してる。背中のロケット(原語名:ブートジェット)はマッハ2の地上走行スピードと飛行能力を与えるぞ」


BW-M-Cheetas2-4.JPG


サンクラ「右半身。生物の表皮の隙間から機械がのぞくデザインになってる。チーターの斑点模様も思わせるな」


BW-M-Cheetas2-5.JPG


サンクラ「それじゃ、チータス、変身!」


BW-M-Cheetas2-6.JPG


サンクラ「ロボットモード。有機体と無機物が、より密接に融合した姿だ。原語版じゃ、精神もそれまでの少年から青年へと、若干の成長を遂げたぞ」


BW-M-Cheetas2-7.JPG


サンクラ「バストアップ。顔つきも、人とネコ科の動物が混じったようなデザインになってる」


BW-M-Cheetas2-8.JPG


サンクラ「背中側。背部にはジェットパックを背負ってる。それからこれまでと違って、尻尾もそのまま“尻尾”として残ってるぞ」


BW-M-Cheetas2-9.JPG


サンクラ「右腕のメッキパーツは展開してシールドになる。これはトイオリジナルのギミックだ。余談だが、アニメやデザイン画、海外版のパッケージイラストじゃ、肩のパーツは実際のトイとは左右で逆になってる。これはメッキパーツを目立たせるために片腕に集中するよう、急遽変更されたって説があるぞ」


BW-M-Cheetas2-10.JPG


サンクラ「背中のジェットパックは、ファイナルショット(原語名:ロケットランチャー)って重火器になる。ミサイルはスプリングで発射可能だぞ」


BW-M-Cheetas2-11.JPG


サンクラ「左腿を開くと、そこにはスパーククリスタルが収納されてる。アニメじゃ、ここにパワードコンボイが自分のスパークと共鳴させて、チータスの自我を取り戻したぞ」


BW-M-Cheetas2-12.JPG


サンクラ「メタルスチータス2の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Revolger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル武装リボルガー(復刻版)を紹介するぞ!


Revolger-2.JPG


サンクラ「リボルガーは、霧隠の先祖が書き残していた巻物に記されていた、ガンバーチームの二号ロボだ。パイロットはレッドガンバーが務めるぞ」


Revolger-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。アニマルモードは、角と翼を生やしたライオンだ。コクピットはキングエレファンとほぼ同型になってて、力哉も簡単に乗り換えを行えたぞ」


Revolger-4.JPG


サンクラ「横から。目覚めて以降は、JR青空駅付近の踏切から、線路をカタパルトとして発進するようになったぞ」


Revolger-5.JPG


サンクラ「上から。背中部分はガンバーチームのエンブレム型だ。ちなみに、このデザインに決定するまではかなり難航したらしいぜ」


Revolger-6.JPG


サンクラ「それじゃあ、ミラクルチェンジ!」


Revolger-7.JPG


サンクラ「ファイターモード。初登場時には、ガンバルガーを半壊させたサイ魔界獣ヨロイデルに圧勝したが、その直後、ゴクアークの左手に取り憑かれちまった」


Revolger-8.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部には、ヘッドボンバーって射撃武器が搭載されてる。名前の通り、リボルバー式だぞ」


Revolger-9.JPG


サンクラ「背中側。アニマルモードと同じく、翼のユニットをそのまま背負ってるぞ」


Revolger-10.JPG


サンクラ「主要武器はショットブラスターだ。ガンバルガーの攻撃が一切通じなかったヨロイデルを、必殺技でもないただの一撃で撃ち抜いて撃破したぞ」


Revolger-11.JPG


サンクラ「そして、ガンバルガーと力を合わせた時、リボルガーの本領が発揮されるぞ」


Revolger-12.JPG


サンクラ「それがこの二連キャノン形態、リボルバスターだ。必殺のラストファイヤーは超魔界獣ですら一撃で粉砕するぞ。ちなみにトイは、この状態でもきちんと自立可能だ」


Revolger-13.JPG


サンクラ「ちなみにリボルバスターを組むと、これだけのパーツが余剰になるぞ」


Revolger-14.JPG


サンクラ「リボルガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ぷちサンプルと新しいmicroSDを買ったので、その報告をば。


 こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』です。


 ではスタート!


BW-Depthcharge-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスデプスチャージを紹介するぞ!」


BW-Depthcharge-2.JPG


サンクラ「デプスチャージは、サイバトロンの海軍司令官だ。元サイバトロンの植民星コロニーO(原語名:オミクロン)の保安主任で、同コロニーやスターベース・ラグビーの住民を皆殺しにしたランページ(プロトフォームX)に対して復讐に燃える一匹狼だぞ。名前は『爆雷』って意味だ」


BW-Depthcharge-3.JPG


サンクラ「上から。地球の海に不時着した際、耐水用の緊急措置として海洋生物をスキャンした結果、イトマキエイのビーストモードを得たぞ。メタルス化してるから、空中を飛行する事も可能だ」


BW-Depthcharge-4.JPG


サンクラ「背びれを押すと、口からマルチ・グレネードランチャー(原語名:エナジーディスク)を発射可能だ。基本的にビーストモードは生身の動物と同じ状態だから武器が使えねえが、メタルス化したTFはそれが可能になるぞ」


BW-Depthcharge-5.JPG


サンクラ「さらにコバン・シャーク(原語名:シャーク・ランチャー)って偵察メカもついてる。アニメじゃ『こばんざめたろー』って呼ばれてたぞ」


BW-Depthcharge-6.JPG


サンクラ「コバン・シャークは、デプスチャージの腹部に合体可能だ」


BW-Depthcharge-7.JPG


サンクラ「ビークルモードは『SW』のタイ・インターセプター風スペースクルーザーだ。上に書いた通りビーストモードでも飛行可能だが、アニメじゃ主にこの形態で現場に駆け付けてたぞ」


BW-Depthcharge-8.JPG


サンクラ「それじゃ、デプスチャージ、変身!」


BW-Depthcharge-9.JPG


サンクラ「ロボットモード。ランページを追って航空禁止宙域に侵入した際、時空変動場に飲み込まれて、BWの舞台である過去の地球に転送された上、残留クォンタム・サージを浴びてメタルス化したぞ」


BW-Depthcharge-10.JPG


サンクラ「バストアップ。ランページを抹殺ではなく追放という処分を下したサイバトロン上層部やコンボイに対しては不信感を隠そうともしなかったが、自分のせいでサイバトロンの防御プログラムがデストロンに奪われてからは、少しずつ協力するようになったぜ」


BW-Depthcharge-11.JPG


サンクラ「背中側。エイヒレの可動部がよく分かるよな。アニメじゃマントのような防具(原語名:ウイングシールド)としても使用されたぞ」


BW-Depthcharge-12.JPG


サンクラ「横から。重心が後ろに寄ってるから、実は尻尾を立てておかないと自立出来ねえ」


BW-Depthcharge-13.JPG


サンクラ「武器はコバン・シャーク(この状態ではコバン・ランチャーと呼称)とテールサーベル(原語名:テイルスピア)だ。コバン・ランチャーからはミサイルを発射可能だぞ」


BW-Depthcharge-14.JPG


サンクラ「デプスチャージの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『テレビ雑誌コーナー』です。


 記事の方は、いよいよガンバルガーの合体に行きます。

 ではスタート!


Ganbaruger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、ガンバルガーを紹介するぞ!


Ganbaruger-2.JPG


サンクラ「それじゃあ、ガンバルガー、ミラクル合体!」


Ganbaruger-3.JPG


サンクラ「マッハイーグルが上半身、ゴウタイガーが胴体、キングエレファンが脚部になって、ガンバルガーの完成だ!」


Ganbaruger-4.JPG


サンクラ「ガンバルガーは、エルドランが虎太郎、鷹介、力哉ら3人の小学四年生に託したロボットだ。シリーズのメカではかなり融通性が高くて、他のシリーズと違ってパイロットの三人以外でも操縦するシーンが度々あるぞ。特に最終回じゃ、なんと敵幹部だったヤミノリウスまでサブパイロットとして搭乗してる」


Ganbaruger-5.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部はゴウタイガーの頭部だ。他に頭部も、頬は虎の爪、耳の角はゾウの牙、トサカは鷹の羽がモチーフになってる。トサカからは同形状の光の刃で出来た投擲武器、ガンバースラッガーも使用できるぞ」


Ganbaruger-6.JPG


サンクラ「背中側。前作のライジンオーから、さらにスマートな体型になってるぞ」


Ganbaruger-7.JPG


サンクラ「武器はガンバーソードと、キングエレファンの頭部が変形したガンバーシールドだ。シールドの牙から二本の光輪を発射して敵を捕縛し、炎をまとったガンバーソードで一刀両断するガンバーファイナルアタックが必殺技だ。魔界獣ヨロイデルに一度破られたが、その後もマリオネロンやデカメラー、スイトッターといった超魔界獣にもとどめを刺したぞ」


Ganbaruger-8.JPG


サンクラ「腕の可動範囲が広いから、シールドは様々な向きで構えられるぞ。ゾウの鼻からはガンバーミサイルが発射出来るぜ」


Ganbaruger-9.JPG


サンクラ「さらに設定画では、ゴウサーベルも使用可能って旨が記載されてる。トイでも再現できるが、アニメでは二刀流をやるシーンは未登場だぞ」


Ganbaruger-10.JPG


サンクラ「ガンバルガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ちょっとした買い物の記事になってます。


 こちらの方は、ガンバルガーの最後のコアメカ記事で行きます。

 ではスタート!


Kingelephan-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、キングエレファンを紹介するぞ!


Kingelephan-2.JPG


サンクラ「キングエレファンは、レッドガンバーこと流崎力哉が操縦する、ゾウ型のコアロボだ。団地の地下、もしくは高架線下の駐車場から発進し、ガンバーバギーがコクピットとして合体するぞ」


Kingelephan-3.JPG


サンクラ「鼻はフレキシブルに可動するぞ。鼻先からは水流や、キングミサイルを発射可能だ。設定上は消化弾やドリル弾、アンカーなどの弾頭も使用可能だぞ」


Kingelephan-4.JPG


サンクラ「横から。前作の獣王と比べても、さらにドッシリとしたスタイルだ」


Kingelephan-5.JPG


サンクラ「それじゃ、ミラクルチェンジ!」


Kingelephan-6.JPG


サンクラ「ファイターモード。パワー重視の設計で、単独で魔界獣を持ち上げたこともあるぞ」


Kingelephan-7.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部は他の二体と同じく忍者の覆面、それから斧の刃がモチーフだ」


Kingelephan-8.JPG


サンクラ「背中側。余談だが、当時品はメッキパーツの下地が白成型だったから問題なかったが、復刻版は黄色成型になった都合で、商品のままだとゾウの耳パーツが黄色いって事態になっちまった。管理人はスプレーで白く塗ってるぞ」


Kingelephan-9.JPG


サンクラ「武器はキングトマホークだ。アニメと違って、グリップ側面のサブグリップで保持するぞ。それから他の二体と違って、アニマルモードじゃ余剰になっちまう」


Kingelephan-10.JPG


サンクラ「キングエレファンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Macheagle-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、マッハイーグルを紹介するぞ!


Macheagle-2.JPG


サンクラ「マッハイーグルは、ブルーガンバーこと風祭鷹介が操縦する、タカ型のコアロボだ。交差点、もしくは高速道路の料金所から発進し、ガンバージェットがコクピットとして合体するぞ」


Macheagle-3.JPG


サンクラ「横から。上半身を構成する鳥型のコアメカってのは、ライジンオーの鳳王と同じだが、パーツ構成はかなり違ったものになってるのが分かるな」


Macheagle-4.JPG


サンクラ「上から。翼の付け根にマッハバルカンを装備してる他、機体を回転させながら竜巻を起こすマッハサイクロンも使用可能だ」


Macheagle-5.JPG


サンクラ「それじゃ、ミラクルチェンジ!」


Macheagle-6.JPG


サンクラ「ファイターモード。速度重視の設計で、遠距離攻撃に秀でてるぞ」


Macheagle-7.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部は忍者の覆面と、矢の矢羽がモチーフだ。胸部のエンブレムがホロシールなのは、ゴウタイガーと共通だぞ」


Macheagle-8.JPG


サンクラ「背中側。翼は生えてるが、設定上はアニマルモード専用で、ファイターモードでは飛行能力はねえ」


Macheagle-9.JPG


サンクラ「武器はボウガン状のマッハアローだ。光の矢を発射して攻撃するぞ」


Macheagle-10.JPG


サンクラ「マッハイーグルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』です。


 記事の方は、『ガンバルガー』関連を始めたいと思います。

 では、スタート!


Gotiger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はミラクル合体ガンバルガー(復刻版)から、ゴウタイガーを紹介するぞ!


Gotiger-2.JPG


サンクラ「ゴウタイガーは、イエローガンバーこと霧隠虎太郎が操縦する虎型のコアロボだ。青空公園、もしくは商店街の『虎吉』の倉庫から発進し、ガンバーバイクがコクピットとして合体するぞ」


Gotiger-3.JPG


サンクラ「正面から。トラの頭部はガンバルガーの胸部を兼ねてるから、アニメよりもかなりたてがみがデカく造形されてる」


Gotiger-4.JPG


サンクラ「横から。トラ型のメカだが、アニメと違ってストライプ模様は特にねえ」


Gotiger-5.JPG


サンクラ「武器はゴウキャノンだ。この形態専用の武器だぞ。設定上は背中に収納されてる」


Gotiger-6.JPG


サンクラ「それじゃ、ミラクルチェンジ!」


Gotiger-7.JPG


サンクラ「ファイターモード。素早さと出力のバランスに優れた、攻撃型のコアロボだぞ」


Gotiger-8.JPG


サンクラ「バストアップ。胸部のトラのエンブレムはホロシールだ。頭部のデザインはコアロボ共通で『忍者の覆面+それぞれの機体の武器』がモチーフになってて、こいつの場合は角が刀の刃になってる」


Gotiger-9.JPG


サンクラ「背中側。アニメと違って、アニマルモードの頭部を背負ってる。外しておくことも出来るけどな」


Gotiger-10.JPG


サンクラ「武器は刀型のゴウサーベルだ。設定上は、背中に収納されてるぞ」


Gotiger-11.JPG


サンクラ「ゴウタイガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

 ちょっと買ってみたマックのごはんバーガーと、たまたま見つけて買った本について少々……。


 こちらの記事は『BWメタルス』で行きます。

 では、スタート!


BW-Rampage-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスランページを紹介するぞ!」


BW-Rampage-2.JPG


サンクラ「ランページは、デストロンの戦将だ。トランスメタルスでは初の新規キャラだぞ。スタースクリームが持つ、不死身のミュータントスパークを再現する実験で作り出された(劇場版じゃ「スタースクリームのクローン作り・・・」って誤訳されてたけどな)が、高い知能を持ちながらも極めて凶暴な不死身の怪物を生み出しちまった、って最悪の結果を出しちまった。名前は『暴れ狂う事、突進』って意味だ」


BW-Rampage-3.JPG


サンクラ「ビーストモードを上から。劇中で『デッカイ蟹』を自称する通り、かなりデカいアイテムだ。甲羅には、コードネームの『プロトフォームX』にちなんだ“X”の文字が刻まれてるぞ。ちなみにコンボイ達アクサロンの元々の任務は、コイツが眠るステイシスポッドを辺境の誰もいない星に捨てる事だったんだぜ」


BW-Rampage-4.JPG


サンクラ「ビークルモードはタンク(オールテラ・アサルト・ビークル)だ。劇中でも頻繁に変形してたぞ」


BW-Rampage-5.JPG


サンクラ「横から。ハサミに収納されてるゴム製のキャタピラは、実際に走行させられる可動キャタピラギミックになってるんだぜ」


BW-Rampage-6.JPG


サンクラ「前進させると、キャノン砲の車輪が回転するのに連動して、ミサイルが連続で発射されるギミックがあるぞ」


BW-Rampage-7.JPG


サンクラ「それじゃ、ランページ、変身!」


BW-Rampage-8.JPG


サンクラ「ロボットモード。メガトロンに、破壊不能なスパークの特性を逆手に取られて、スパークを分断されて手中に収められてからは、渋々ながらデストロンの一員になったぞ。一方で、同じ異形として誕生したトランスミューテイトに対しては、友情(原語版だと愛情)を抱いて優しさを見せた事もあったぜ(因みに名付けたのもランページだ)」


BW-Rampage-9.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はカニを逆さまにしたようなデザインだ。日本版は海外版トイから、アニメに近いカラーリングにリカラーされてるぞ。原語版だと古風で詩的な台詞回しで話すが、日本版では『チョッキンな~!』『ブチしばく!』が口癖で、ヤクザみたいなガラの悪い広島弁で話すぞ」


BW-Rampage-10.JPG


サンクラ「背中側。カニのハサミ、テラークロー(原語名:リッパー・クロー)も強力な武器だ」


BW-Rampage-11.JPG


サンクラ「武装は三連装のガルバキャノン(原語名:三連ミサイルランチャー)と、ライフルのクラブバスター(原語名:ブラスター)だ。アニメでも二丁でぶっ放すシーンが度々あったぞ」


BW-Rampage-12.JPG


サンクラ「ランページの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 何故なら今回のは旧トミーのアイテムだから……。

 なんて言ったところで、さっそくスタート!


Raijino-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は無敵合体ライジンオー(復刻版)を紹介するぞ!


Raijino-2.JPG


サンクラ「まずは剣王(けんおう)。日向仁が操縦する、アクション重視の設計になってる人型ロボだ。仁の動きをトレースして動くようになってて、邪悪獣ヤクザードに龍尾脚って蹴り技を放ったこともあるぞ」


Raijino-3.JPG


サンクラ「背中側。飾りの位置は変えられねえから、アニメよりもかなり上についてる」


Raijino-4.JPG


サンクラ「武器はケンオーブレードだ。普段は背中に収納されてるぞ」


Raijino-5.JPG


サンクラ「続いては鳳王(ほうおう)。月城飛鳥が操縦する、スピード重視の鳥型メカだ。そのスピードを活かした、スパイラルショットって回転体当たり技を持つぞ」


Raijino-6.JPG


サンクラ「上から。トイじゃ尻尾はライジンソードを使ってるが、アニメじゃウイングカッターっていう別物って設定だぞ」


Raijino-7.JPG


サンクラ「翼は閉じることが可能だ。首も動かすことが出来るぜ」


Raijino-8.JPG


サンクラ「最後は獣王(じゅうおう)。星山吼児が操縦する、パワーを重視したライオン型メカだ。持ち前のパワーを活かした体当たり、アニマルアタックが得意技だぞ」


Raijino-9.JPG


サンクラ「口は開閉可能だ。角をアンカー付きで発射するアンカーホーン、口から吐き出す高熱火炎、フレイムランスも強力な武器だぞ」


Raijino-10.JPG


サンクラ「横から。どっしりとした四脚歩行スタイルだ。アフリカに出動した際は、邪悪獣ライフラーに怯える野生動物達を誘導したこともあるぜ」


Raijino-11.JPG


サンクラ「それじゃあ、ライジンオー、無敵合体!」


Raijino-12.JPG


サンクラ「剣王、鳳王、獣王が合体すると、本来の姿であるライジンオーの完成だ! 因みに当時のトイは金メッキが施されてたパーツがあったが、復刻版は、アニメを意識した黄色い成型色に変更されたぞ」


Raijino-13.JPG


サンクラ「ライジンオーは、エルドランが陽昇小5年3組、通称地球防衛組に託した大地の使者だ。合体することで戦闘能力は上がるが、その分エネルギーの減りも早くなるって欠点があるぞ。ちなみに動力源は、ライジンエネルギーっていう大地の生命力だ」


Raijino-14.JPG


サンクラ「バストアップ。額の角飾りは、合体完了時に、左右から稲妻が走って完成するぞ。胸部クリスタルからは、クリスタル状のエネルギー爆弾、ライジンフラッシュを発射可能だ」


Raijino-15.JPG


サンクラ「背中側。腰にある鳳王の尾翼は、取り外してライジンブーメランになるぞ。ただしトイでは再現できねえ。他に邪悪獣アクシデン戦じゃ、収納されてる獣王の足を展開して固定脚にしたこともあるぞ」


Raijino-16.JPG


サンクラ「もちろん、この状態でも翼の展開は可能だ」


Raijino-17.JPG


サンクラ「武器はライジンソードと、獣王の頭部が変形したライジンシールドだ。シールドを敵の背後に投げ、そこから発射された重力波で敵を捕縛し、ライジンソードで脳天から切り裂くゴッドサンダークラッシュが必殺技だ」


Raijino-18.JPG


サンクラ「ライジンオーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BW-M-Inferno-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスインフェルノを紹介するぞ!」


BW-M-Inferno-2.JPG


サンクラ「メタルスインフェルノは、インフェルノがメタルス化した姿だ。コイツも地球生まれのTFだから、アニメじゃメタルス化しなかったが、トイでは御覧の通りだぞ。因みに海外では、初期名称のスカベンジャー名義で発売されたんだぜ」


BW-M-Inferno-3.JPG


サンクラ「アリの足は可動部が多くて、こんな風にかなり自由に動かせるぞ」


BW-M-Inferno-4.JPG


サンクラ「ビークルモードは、二本のドリルを備えた地底ビークルだ。アリに変形するコイツにはもってこいだな」


BW-M-Inferno-5.JPG


サンクラ「ドリルは矢印のタイヤ部分が前進するのに連動して回転するが、左右逆向きに回転するのがポイントだぞ」


BW-M-Inferno-6.JPG


サンクラ「それじゃ、インフェルノ、変身!」


BW-M-Inferno-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。メタルス化前と違い、手に指はなくて、腕の先は両手ともドリルになったデザインだ」


BW-M-Inferno-8.JPG


サンクラ「バストアップ。メタルス化前をさらに凶悪にしたような面構えだな」


BW-M-Inferno-9.JPG


サンクラ「背中側。メッキ加工されたアリの腹部分が、甲羅のように背中に来てるぞ」


BW-M-Inferno-10.JPG


サンクラ「上に書いた通り、拳部分はドリルになってる。ビーストモードの2/3が腕部になるっていう、かなり大胆な変形をするぞ」


BW-M-Inferno-11.JPG


サンクラ「全身図。ビーストモードのアリの脚がフレア状に広がったシルエットを持つぞ」


BW-M-Inferno-12.JPG


サンクラ「メタルスインフェルノの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BW-M-Airrazor-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスエアラザーを紹介するぞ!」


BW-M-Airrazor-2.JPG


サンクラ「メタルスエアラザーは、エアラザーがメタルス化した姿だ。アニメ版では『地球生まれのTFはクォンタム・サージでメタルス化しない』って設定があるが、トイやコミック版では、御覧の通りメタルス化してるぞ」


BW-M-Airrazor-3.JPG


サンクラ「上から。頭部や羽はパール調の成型で、背中や嘴にはブルーメッキが施されてる」


BW-M-Airrazor-4.JPG


サンクラ「ビークルモードは、スキッドを展開した着水形態だ」


BW-M-Airrazor-5.JPG


サンクラ「それじゃ、エアラザー、変身!」


BW-M-Airrazor-6.JPG


サンクラ「ロボットモード。日本版だと男だが、トイは原語版である海外設定に則って、メタルス化前に比べるとやや女らしい体つきになってるぞ」


BW-M-Airrazor-7.JPG


サンクラ「バストアップ。メタルス化前とは違うマスクフェイスだが、日本版コミックじゃ、なんと人間の美少女の顔として描かれて、さらに黒髪の長髪まで生えたデザインにアレンジされたんだぜ」


BW-M-Airrazor-8.JPG


サンクラ「背中側。重心は後ろに寄ってるが、御覧の通り自立は可能だ」


BW-M-Airrazor-9.JPG


サンクラ「武器はビーストモードの足が変化したトンファーだ。収納は不可能だぞ」


BW-M-Airrazor-10.JPG


サンクラ「もう一つ、両肩の装甲を展開すると、シールドモードにも変形可能だ。耐久力も、メタルス化前の『5』から『6』へと微妙にアップしてるぞ」


BW-M-Airrazor-11.JPG


サンクラ「メタルスエアラザーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 先日のあの件なんですが……。今日もまたコメントがありまして、(私が)してもいない電話をしたなどを虚言を吐いてきました。詳しくは該当記事の追記の部分を見て頂けたらと思います(その記事関連でコメントがある場合も、そちらにお願い致します)。


 さて、嫌な事はさっさと忘れるのに限るので、なるべく今日も普段通りの更新を行いました。

 という訳で、今日は文庫本コーナーに、トールの神話を追加しています。


 本文の方は、ホビー雑誌コーナーの記事で行きます。


 では、スタート!


BW-M-Rhinox-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、メタルスライノックスを紹介するぞ!」


BW-M-Rhinox-2.JPG


サンクラ「メタルスライノックスは、ライノックスがメタルス化した姿だ。アニメ版じゃ、再生カプセルに入っててクォンタム・サージを浴びなかったが、トイやコミック版では、御覧の通りメタルス化を遂げてるぞ」


BW-M-Rhinox-3.JPG


サンクラ「右前足には『CYBERTRON』の文字が入ってる。海外版だと、他のキャラクターと同じくこいつ自身の名前がプリントされてるぞ」


BW-M-Rhinox-4.JPG


サンクラ「背中側。サイの尻尾も再現されてるぞ。メッキはブラウンとレッドだが、海外版じゃ、青いメッキが施されてるぞ」


BW-M-Rhinox-5.JPG


サンクラ「ビークルモード。キャタピラとスキッドを展開した姿で、スペックの『速度』も3から7に格段とアップしてる」


BW-M-Rhinox-6.JPG


サンクラ「それじゃ、ライノックス、変身!」


BW-M-Rhinox-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。海外版のテックスペックだと、しなやかさが加わって、戦闘的なテクニックもアップしたって設定だ」


BW-M-Rhinox-8.JPG


サンクラ「バストアップ。変形して露出した部分は有機要素が特に強調されてるな」


BW-M-Rhinox-9.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードのキャタピラを背負ってる」


BW-M-Rhinox-10.JPG


サンクラ「胸部を開くと、シークレットエンブレムが隠れてるぞ」


BW-M-Rhinox-11.JPG


サンクラ「武器は、角が変形したナイフだ。独特の形状をしてるぞ」


BW-M-Rhinox-12.JPG


サンクラ「メタルスライノックスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 ジェネレーションズセレクト、ダイノボットの次はテラートロン(完全版)かよ……。

 ダイノボットも予約しちゃったけど、アコギな商売だなぁ……。(-_-;)


 それはさておき、今日は元祖SDから、リメイク版ガンジェネシスです。


 ではスタート!


G-genocider1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、超機甲神 ガンジェネシスを紹介するね!」


G-genesis-1.JPG


ネオガンダム「輝光合身!」


G-genocider6.JPG


ウエスト「五体の機甲神がボディに合体して……」


G-genesis-2.JPG


ウエスト「内部にエルガイヤーを収納……」


G-genesis-3.JPG


ウエスト「冠とマスクパーツを付ければ……」


G-genesis-4.JPG


ウエスト「ガンジェネシスが完成するんだ!」


G-genesis-5.JPG


ウエスト「ガンジェネシスは、六体の機甲神が合体して完成する超機甲神だよ。機甲神の本来の姿なんだけど、後の設定で七体目のアルテイヤーが失われたことで、この姿は不完全体、って事になったんだ」


G-genesis-6.JPG


ウエスト「バストアップ。エルガイヤーの頭部をジェネシスクラウンが覆ってるよ」


G-genesis-7.JPG


ウエスト「背中側。ガンジェノサイダーとは逆に、ジェノサイドクラウンが後頭部に来てるんだ」


G-genesis-8.JPG


ウエスト「右腕がオルフェリス、右足がアクアリウスという構成と……」


G-genesis-9.JPG


ウエスト「左腕がジュピタリアス、左足がマーキュリアスって組み合わせは変わらないけど、膝の部分にコルプスディフェンサーがついてる所がガンジェノサイダーとの違いなんだ」


G-genesis-10.JPG


ウエスト「武器は六体の武器が合体したジェネシスブレードだよ」


G-genesis-11.JPG


ウエスト「この武器で、ジークジオン・マブーゼを打ち破ったんだ」


G-genesis-12.JPG


ウエスト「マスクを外せば、ラストシーンでエルガイヤーの顔が露出した場面を再現できるんだよ」


G-genesis-13.JPG


ウエスト「ガンジェネシスの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

SS-Devastator-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、デバステーターを紹介するぞ!」


SS-Devastator-2.JPG


ガガガガ……


SS-Devastator-3.JPG


ギィィィィ……


SS-Devastator-4.JPG


ゴゴゥゥン……


SS-Devastator-5.JPG


プシュゥゥゥ……


SS-Devastator-6.JPG


ウィィィィン……

ガチャッ、ガチャッ……


SS-Devastator-7.JPG


ガキョン!


SS-Devastator-8.JPG


チョコッ、チョコッ……

グオッ!


SS-Devastator-9.JPG


ガキョン!


SS-Devastator-10.JPG


ズシィィィィィィィィィィィン……!


SS-Devastator-11.JPG


GUOOOOOOOOOOOO!!!


SS-Devastator-12.JPG


サンクラ「デバステーターは、八体のコンストラクティコンが合体して誕生する、超大型ディセプティコンだ。ツインズとの交戦を経てピラミッドの頂上付近を破壊し、ピラミッドの石を吸い込むことで中に隠された古代兵器を発掘したが、米海軍のレールガンの遠距離砲撃を受けて倒されたぞ」


SS-Devastator-13.JPG


サンクラ「頭部。ミックスマスターが合体してる。最大の武器である頭部及び口を大きく展開する大型吸引装置ヴォルテックス・グラインダーであらゆるものを吸い込み、粉砕するぞ。ちなみに合体ロボットではあるものの、建設などの任務を主とするコンストラクティコンズらしく、戦闘よりは大規模な採掘などをメインとした武装が配置されているのが特徴だ


SS-Devastator-14.JPG


サンクラ「背中側。スカベンジャーが上半身、オーバーロードが腰を構成してる。名前は『破壊者、蹂躙者』って意味だが、設定だと、サイバトロン星(セイバートロン星)の赤道で発生する大型台風にちなんでつけられた、ってことになってる」


SS-Devastator-15.JPG


サンクラ「左腕はハイタワー、左手はスクラップメタルで構成されてる」


SS-Devastator-16.JPG


サンクラ「右腕はスクラッパーが合体してる。因みにG1では、スクラッパーは右足に合体してたぞ」


SS-Devastator-17.JPG


サンクラ「左足はランページだ。ちなみに映画劇中だと同型の黄色いスキップジャックって個体が合体してたが、これは2020年11月に発売で、こっちを使えば劇中を完全に再現できるぞ(予約は終了)」


SS-Devastator-18.JPG


サンクラ「右足はロングハウルだ。G1では、ロングハウルは腰を構成していたぞ」


SS-Devastator-19.JPG


サンクラ「G1版のリメイクであるUW版と。身長はUW版の方が高いが、ボリュームは(八体合体なのも含めて)圧倒的にスタジオシリーズ版の方が上だな」


SS-Devastator-20.JPG


サンクラ「デバステーターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

G-genocider1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、闇機甲神 ガンジェノサイダーを紹介するね!」


G-genocider2.JPG


ルナガンダム「重影合身!」


G-genocider3.JPG


ウエスト「ギガンティスのボディが展開して……」


G-genocider4.JPG


ウエスト「マーキュリアスとアクアリウスは、腕を収納。角飾りと頭部も変形するよ」


G-genocider5.JPG


ウエスト「オルフェリスとジュピタリアスも腕を収納、下半身を付け替えて……」


G-genocider6.JPG


ウエスト「マーキュリアスが左足に、アクアリウスは右足に合体するよ」


G-genocider7.JPG


ウエスト「そして、オルフェリスが右腕、ジュピタリアスが左腕に合体して……」


G-genocider8.JPG


ウエスト「ギガンティスの内部にカオスガイヤーを収納……」


G-genocider9.JPG


ウエスト「冠パーツをカオスガイヤーの頭部にかぶせれば……」


G-genocider10.JPG


ウエスト「闇機甲神 ガンジェノサイダーが完成するんだ!」


G-genocider11.JPG


ウエスト「ガンジェノサイダーは、カオスガイヤーを中心に六体の機甲神が合体した姿だよ。その強大な力でエルガイヤーを追い詰めたけど、スーパーオーキスとエルガイヤーの合体技、バビロンフェニックスでカオスガイヤー部分が破壊されて倒されたんだ」


G-genocider12.JPG


ウエスト「バストアップ。頭部はジェノサイドクラウンを被ってるけど、内部にはカオスガイヤーの目が覗いてるよ」


G-genocider13.JPG


ウエスト「背中側。旧版ではギガンティス、マーキュリアス、アクアリウスの頭部は余剰になってたんだけど、このリメイク版では余剰なしの合体が可能なんだ。ちなみにマーキュリアスとアクアリウスは、BB戦士版の合体機構を発展させた変形になってるんだよ」


G-genocider14.JPG


ウエスト「拳は指パーツが独立していて、それぞれ動かすことが出来るんだ」


G-genocider15.JPG


ウエスト「武器は六体の武器が合体したジェノサイドブレード。これを組むために、カオスガイヤーには金色仕様の暗黒魔剣とカオスディフェンサーが付属してたんだ」


G-genocider16.JPG


ウエスト「ガンジェノサイダーの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

BW-Beetle-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズ』から、ビートルを紹介するぞ!


BW-Beetle-2.JPG


サンクラ「ビートルは、アメリカの1996年のハッピーミールのおまけとして配布されたBWトイの一つだ。クワガタムシ(多分)に変形するぞ。ライノと同じく、特にキャラクター設定はねえ」


BW-Beetle-3.JPG


サンクラ「上から。昆虫の足にポージングがつけられてるな」


BW-Beetle-4.JPG


サンクラ「正規版のクワガタムシであるクワガイガーと。アメリカでの発売はビートルの方が若干早いぞ。ビーストモードでのサイズは、そんなに差はねえ」


BW-Beetle-5.JPG


サンクラ「そんじゃ、ビートル、変身!」


BW-Beetle-6.JPG


サンクラ「ロボットモード。地味目なカラーリングから一転して、黄色や緑が混じった派手なカラーリングに変化するぞ」


BW-Beetle-7.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はメガリゲーター似だな。可動範囲は肩と脚部だ。脚部は変形の都合とは言え、前に出すことが出来るぞ」


BW-Beetle-8.JPG


サンクラ「背中側。クワガイガーと違って、羽を開くギミックはねえ」


BW-Beetle-9.JPG


サンクラ「ロボットモードでクワガイガーと。虫の足の処理が難しいのか、どっちも腕についてるって点は共通してるな」


BW-Beetle-10.JPG


サンクラ「ビートルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 記事の方は、ホビー雑誌コーナーで行きます。

 今日はこれまでと違う、イレギュラーな機甲神、カオスガイヤーです。


Chaosgaia-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、影機甲神 カオスガイヤーを紹介するね!」


Chaosgaia-2.JPG


ウエスト「カオスガイヤーは、デラーズ王国で作られた闇の機甲神だよ。洗脳されたネオガンダムの兄、月影騎士ルナガンダムが操縦するんだ」


Chaosgaia-3.JPG


ウエスト「バストアップ。エルガイヤーではシールだった縁のラインは、塗装や別パーツで表現されてるよ。当時はあくまで『エルガイヤーに似せた機兵』で、操縦者のおかげでエルガイヤーと同じ力を持つって設定だったんだけど、後年、『実は大破した七体目の機甲神アルテイヤーの残骸から建造された』って設定が加えられたんだ」


Chaosgaia-4.JPG


ウエスト「背中側。エルガイヤーに比べると禍々しいよね」


Chaosgaia-5.JPG


ウエスト「エルガイヤーと同じように、リメイク版では翼を展開することが出来るんだ」


Chaosgaia-6.JPG


ウエスト「付属品はコチラ。武器用の持ち手と開いた拳、それから武器の暗黒魔剣(ダークネスフルーレ)と盾のカオスディフェンサーだよ。拳パーツはエルガイヤーと同じように軟質製なんだ。暗黒魔剣とカオスディフェンサーは、ある理由で金色の物も付属しているよ」


Chaosgaia-7.JPG


ウエスト「武器を構えたところ。これまでの機甲神のシャイニーなメッキと違って、マットなメッキが渋いよね。必殺技はダークネスフルーレにエネルギーを集めて爆発させる、バック・パトスグランジだよ」


Chaosgaia-8.JPG


ウエスト「旧版と。全体的なカラーは青紫が強くなったね。色分けも、リメイク版ではパーツ分割やシールで、塗装しなくても設定通りのカラーに仕上がるんだ」


Chaosgaia-9.JPG


ウエスト「胸部のコクピットを開くと、操手であるルナガンダムが搭乗できるのもエルガイヤーと同じだよ」


Chaosgaia-10.JPG


ウエスト「こっちは旧版。リメイク版の方が細かくはなってるけど、基本的なギミック自体は同じなんだ」


Chaosgaia-11.JPG


ウエスト「ルナガンダムの比較。月影騎士は“クレストナイト”って読むんだよ。旧版では仮面騎士としての姿だったけど、リメイク版ではコミックなんかと同じように、本来のルナガンダムの姿で立体化されたんだ」


Chaosgaia-12.JPG


ウエスト「エルガイヤーとの比較。旧版と違って、ほとんどのパーツが新造されてるんだ」


Chaosgaia-13.JPG


ウエスト「さらにボーナスパーツとして、エルガイヤー用の、太陽騎士ゴッドガンダムの力を受けた時の角飾りも付属してるんだよ」


Chaosgaia-14.JPG


ウエスト「ちなみにカオスガイヤーも角の取り付け部は同型だから、カオスガイヤーに角飾りを付ける事も可能だよ」


Chaosgaia-1.JPG


ウエスト「カオスガイヤーの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

SS-OverLoad-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、オーバーロードを紹介するぞ!」


SS-OverLoad-2.JPG


サンクラ「オーバーロードは、コンストラクティコンの一体だ。『リベンジ』で登場したが、ビークルモードで登場した次のシーンですぐに合体したんで、ロボットモードは劇中未登場だぞ」


SS-OverLoad-3.JPG


サンクラ「バストアップ。上記の通り、ロボットモード自体は劇中未登場だが、コンセプトアートは存在してたんで、今回はそのデザインに則った商品化だ。当時もEZコレクション版は存在したぞ」


SS-OverLoad-4.JPG


サンクラ「背中から。別パーツの『本体パーツ』は、説明書だと付けても付けなくてもいいみてえだな」


SS-OverLoad-5.JPG


サンクラ「EZコレクション版じゃ二本腕だが、今回のスタジオシリーズ版じゃ、コンセプトアートの四本腕を再現してるぜ。腕は四本とも、ある程度の方向に動かせるぞ」


SS-OverLoad-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SS-OverLoad-7.JPG


サンクラ「ビークルモードはコマツ・HD465-7アーティキュレートダンプトラックだ。映画劇中では、この形態だけ登場したぞ」


SS-OverLoad-8.JPG


サンクラ「正面から。運転席のサイズから、こいつも実際は巨大な建設車両って事が分かるな」


SS-OverLoad-9.JPG


サンクラ「横から。他のコンストラクティコンと比べても、長い車体を持ってるのが特徴だ。荷台の『本体パーツ』は脱着可能だから、見た目銃士なら外しててもいいかもな」


SS-OverLoad-1.JPG


サンクラ「オーバーロードの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日は『ホビー雑誌コーナー』に、リアルビースト版のチータスとワスピーターを……。


 記事の方は機甲神の続きで行きます。

 ではスタート!


Jupiter-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、機甲神 ジュピタリアスを紹介するね!」


Jupiter-2.JPG


ウエスト「ジュピタリアスは、『SDガンダム外伝 機甲神伝説』に登場した緑樹の機甲神だよ。惑星としては木星を司ってるんだ」


Jupiter-3.JPG


ウエスト「バストアップ。顔はガンダム顔だけど、サイコガンダムやガンダムMk.V系の、いわゆる『悪役ガンダム』の顔だね……」


Jupiter-4.JPG


ウエスト「横から。機甲神の中で唯一デラーズ軍に発見・鹵獲されて死機兵エビルシャドウとして操られていたんだ。だから、コミック版でも初登場時、すでに洗脳状態で登場したんだよ」


Jupiter-5.JPG


ウエスト「背中側。同型機であるオルフェリスと、ほぼ同じだね」


Jupiter-6.JPG


ウエスト「武器は緑樹魔剣(ベルデフルーレ)だよ」


Jupiter-7.JPG


ウエスト「因みにこれがエビルシャドウとしての姿。コミック版には未登場だよ。『エギーユ王の機兵』って設定だったから、もしかしたら、操縦席もあるのかも知れないね」


Jupiter-8.JPG


ウエスト「旧版と。オルフェリスと同じように、かなりサイズアップされてるんだ」


Jupiter-9.JPG


ウエスト「旧版では、ジュピタリアスはマーキュリアスとのセットで発売されたよ」


Jupiter-1.JPG


ウエスト「ジュピタリアスの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

 今日はアメブロの方も、ちょっと記事を書きました。

 偶然ながら『ブレイド』と『セイバー』、剣関係の記事です(後者はライダーじゃなくて『Fate/Zero』の方ですが)。


 こちらの記事は、コンストラクティコンの続きで行きます。


 ではスタート!


SS-Scrapper-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、スクラッパーを紹介するぞ!」


SS-Scrapper-2.JPG


サンクラ「スクラッパーは、コンストラクティコンの一体だ。『リベンジ』でサムとミカエラを追いかけていた個体、NEST部隊と交戦していた個体など、同型が複数存在するぞ」


SS-Scrapper-3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部は背中から首が生えてる、いわゆるハンチバック体型だ」


SS-Scrapper-4.JPG


サンクラ「背中側。脚部のタイヤは外側のがダミーになってるぞ」


SS-Scrapper-5.JPG


サンクラ「実写映画TFの特異な体型の例にもれず、こいつも右手がクロー、左手はチェーンメイスになってるぞ」


SS-Scrapper-6.JPG


サンクラ「G1版のリメイクである、UW版と。G1版はビルドロン(コンストラクティコン)のリーダー格だが、実写版じゃ、特にそう言う設定はねえ」


SS-Scrapper-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SS-Scrapper-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはキャタピラー・992Gのホイールローダーだ。他のコンストラクティコンに比べると、比較的小型の建機だぞ(それでも日本の建設者に比べるとデカいけどな)」


SS-Scrapper-9.JPG


サンクラ「ビークルモードでUW版と。UW版がアニメ的なデザインなのに対して、実写版は実際の車両に極力似せたデザインだ」


SS-Scrapper-1.JPG


サンクラ「スクラッパーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Gigantes-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、機甲神 ギガンティスを紹介するね!」


Gigantes-2.JPG


ウエスト「ギガンティスは、『SDガンダム外伝 機甲神伝説』に登場した黒地の機甲神だよ。惑星としては土星を司ってる……はずなんだけどね(詳細不明)」


Gigantes-3.JPG


ウエスト「バストアップ。漫画版だと孤島に封印されてて、最初は見境なく暴れていたんだ。エルガイヤーの力で機甲神として覚醒したけど、直後にカオスガイヤーに洗脳されて奪われちゃったんだよ」


Gigantes-4.JPG


ウエスト「右肩にはジェネシスクラウン……」


Gigantes-5.JPG


ウエスト「左肩にはジェノサイドクラウンがついてるよ」


Gigantes-6.JPG


ウエスト「背中側。他の機甲神みたいに、シンプルなデザインになってるんだ」


Gigantes-7.JPG


ウエスト「武器は黒石岩槍(シュヴァルツジャヴェロ)と……」


Gigantes-8.JPG


ウエスト「盾のコルプス・ディフェンサー。エルガイヤーとカオスガイヤー以外で盾を持ってるのは、ギガンティスだけなんだ」


Gigantes-9.JPG


ウエスト「背中のパーツはBB戦士版だとマーキュリアス、アクアリウスの盾になったけど、元祖SD版では新旧ともに、そういったギミックは無いんだよ」


Gigantes-1.JPG


ウエスト「ギガンティスの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

SS-Scavenger-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、スカベンジャーを紹介するぞ!」


SS-Scavenger-2.JPG


サンクラ「スカベンジャーは、コンストラクティコンの一体だ。その中でも、特に巨大なボディと得意な体型の持ち主だぞ」


SS-Scavenger-3.JPG


サンクラ「バストアップ。こいつのロボットモードは劇中未登場だが、設定では、映画冒頭に登場したデモリッシャーって名前のコンストラクティコンと同型って事になってる」


SS-Scavenger-4.JPG


サンクラ「背中側。正面からは目立たねえ、ビークルモードのパーツがちらほらと見えるな」


SS-Scavenger-5.JPG


サンクラ「横から。同型のデモリッシャーは、上下のタイヤを駆使して上海の高速道路を縦横無尽に走り回ってたぞ」


SS-Scavenger-6.JPG


サンクラ「G1版のリメイクである、UW版と。もはや面影は全くねえ」


SS-Scavenger-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SS-Scavenger-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはテレックス/O&K社製の鉱山用大型油圧ショベルカー・RH400だ。機体側面に配置されたタラップから、その巨大さが分かるな」


SS-Scavenger-9.JPG


サンクラ「ビークルモードでUW版と。こっちでも、『変形形態がショベルカー』って共通点しかねえ」


SS-Scavenger-10.JPG


サンクラ「G1版スカベンジャーのビークルモードは、むしろスクラップメタルの方が似てるな」


SS-Scavenger-1.JPG


サンクラ「スカベンジャーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Venus-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、機甲神 オルフェリスを紹介するね!」


Venus-2.JPG


ウエスト「オルフェリスは、、『SDガンダム外伝 機甲神伝説』に登場した白晶の機甲神だよ。惑星としては金星を司ってるんだ。他と同じく、自動操縦で動く機甲神なんだよ」


Venus-3.JPG


ウエスト「バストアップ。初めて登場した時は、石像の姿で、フレメン村の守護神像として崇められていたんだ」


Venus-4.JPG


ウエスト「横から。主に頭部部分はクリアパーツが使用されてるんだ」


Venus-5.JPG


ウエスト「背中側。ある事情で、真っ平らなシンプルなデザインだよ」


Venus-6.JPG


ウエスト「武器は白晶透剣(ハルトフルーレ)。やっぱりメッキ加工されてるんだよ」


Venus-7.JPG


ウエスト「旧版と。サイズがそんなに変わらなかったマーキュリアスやアクアリウスと違って、リメイク版はかなり大型化されてるよ。それから、旧版はほとんどの部分がクリアパーツだったんだ」


Venus-8.JPG


ウエスト「リメイク版は5体セットで販売されたけど、旧版はアクアリウスとセットだったんだ」


Venus-9.JPG


ウエスト「リメイク版でアクアリウスと。こうやってみると、リメイク版ではサイズが揃えらえたのがよく分かるよね」


Venus-1.JPG


ウエスト「オルフェリスの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

BW-Rhino-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズ』から、ライノを紹介するぞ!」


BW-Rhino-2.JPG


サンクラ「ライノは、アメリカの1996年のハッピーミール(日本で言うハッピーセット)のおまけとして配布されたBWトイの一つだ。サイに変形するぞ。キャラクター設定なんかは、特に存在しねえ」


BW-Rhino-3.JPG


サンクラ「正規版のサイに変形するライノックスと。この時点では、正規版のトイもごく初期のアイテムしか発売されてなくて、ライノの発売もライノックスより若干早いぞ。モールドは、ライノの方がリアリティのある感じだな」


BW-Rhino-4.JPG


サンクラ「それじゃあ、ライノ、変身!」


BW-Rhino-5.JPG


サンクラ「ロボットモード。変形は簡易だが、左右の脚は別パーツになってたり、両腕は独立して動くぞ(サイの前足は内部で繋がってるが)」


BW-Rhino-6.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はライノックスのビーストフェイス似だな(フェイスマスクを付けた類人猿っぽくもあるが)」


BW-Rhino-7.JPG


サンクラ「背中側。変形はサイの頭部と脚を後ろに倒し、ロボットモードの脚部を引き出すって簡素なものだ」


BW-Rhino-8.JPG


サンクラ「ロボットモードでライノックスと。ライノックスは、ビーストフェイスにしてみたぞ」


BW-Rhino-9.JPG


サンクラ「ライノの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 サイトを更新しました。

 今日もまた、『ホビー雑誌コーナー』にビーストウォーズ関連のアイテムをアップしています。


 それから、アメブロの方も記事を書きました。

 ……最近、アメブロとサイトの更新が妙にかぶってるよーな……。(^ ^;)


 さてタイトルですが、今日、紹介するアイテムの旧版、当時クラスメイトがいつの間にか買ってて、地元で全く見かけなかった私が訊いてみると「ウエルタ新宮のトイザらスで買った」って情報をもらったという……。

 まぁ、そのウエルタ新宮のトイザらスは、今はイオンモール香椎浜に(多分)移転して、とうの昔に無くなってしまってるんですが……。

 ちなみにそのザらスでは、他にシャトルセイバーやテラザウラー(無印版)を買ってもらった記憶があります。あとはアーデンフレイムも自分で買ったっけなァ……。この時は、別の施設から、徒歩で何の情報も無しに自力でウエルタ新宮を探し当てました(笑)。


 さて、長くなりましたが、本文スタート!


Mercury-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、機甲神 アクアリウスを紹介するね!」


Mercury-2.JPG


ウエスト「アクアリウスは、『SDガンダム外伝 機甲神伝説』に登場した青水の機甲神だよ。惑星としては水星を司ってるんだ。マーキュリアスと同じく、自動操縦で動く機甲神なんだよ」


Mercury-3.JPG


ウエスト「バストアップ。白地に青い水の模様は別パーツで色分けされてるよ。最初はマーキュリアスと同じように、アバロン山の湖に、水のゴーレムとして潜んでいたんだよ」


Mercury-4.JPG


ウエスト「横から。マーキュリアスと同じように、胴体部が張り出してるよ」


Mercury-5.JPG


ウエスト「背中側。正面からでも白いパーツが目立ってるから、こっちはマーキュリアスに比べると統一性があるね」


Mercury-6.JPG


ウエスト「武器は青水流剣(ブルーフフルーレ)。メッキ加工されてるよ」


Mercury-7.JPG


ウエスト「それから胸部を展開すると、ストリームベスバーが現れるんだ」


Mercury-8.JPG


ウエスト「旧元祖SD版と。旧版は、今回のリメイク版よりも青が強かったよ」


Mercury-9.JPG


ウエスト「ストリームベスバーも、旧版は胸部から銃口のように展開していたんだ。形状はマーキュリアスとは違っていたよ」


Mercury-1.JPG


ウエスト「アクアリウスの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

SS-MixMaster-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、ミックスマスターを紹介するぞ!」


SS-MixMaster-2.JPG


サンクラ「ミックスマスターは、コンストラクティコンの一体だ。映画劇中じゃ描かれてねえが、薬品の調合や毒物など兵器には欠かせない物を作る事が出来るため、他のディセプティコンからは頼りにされてるっていう、G1版を意識した設定があるぞ」


SS-MixMaster-3.JPG


サンクラ「バストアップ。『リベンジ』版のトイは砲台モードへの変形を備えてたが、このスタジオシリーズだとオミットされてるぞ」


SS-MixMaster-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードのフロント部分は差し替え式だ」


SS-MixMaster-5.JPG


サンクラ「G1版のリメイクである、UW版と。G1版ではドラムシェルを背中に背負ってたのに対して、実写版は腕に装着してて、盾としても使用してるぞ」


SS-MixMaster-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SS-MixMaster-7.JPG


サンクラ「ビークルモードはマックトラック社製のミキサー車だ」


SS-MixMaster-8.JPG


サンクラ「『リベンジ』版は劇中と同じくドラムシェル部分にディセプティコンのエンブレムがデカデカと描かれてたが、スタジオシリーズでは、残念ながらオミットされてるぞ」


SS-MixMaster-9.JPG


サンクラ「ビークルモードでUW版と。UW版は敢えてG1版の形状に近い後ろ向きにしてる」


SS-MixMaster-10.JPG


サンクラ「UW版を正面に向けてみた。同じミキサー車でも、UW版は最新式ミキサー車をモチーフにしてるから、イメージは全然違ってるぜ」


SS-MixMaster-1.JPG


サンクラ「ミックスマスターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Mars-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、機甲神 マーキュリアスを紹介するね!」


Mars-2.JPG


ウエスト「マーキュリアスは、『SDガンダム外伝 機甲神伝説』に登場した黄火の機甲神だよ。惑星としては火星を司ってるんだ。エルガイヤーと違って自動操縦で動く機甲神なんだよ」


Mars-3.JPG


ウエスト「バストアップ。最初は火のゴーレムとして、アバロン山の火口に潜んでいたんだ。ネオガンダムの力で、マーキュリアスに覚醒したんだよ」


Mars-4.JPG


ウエスト「横から。張り出した胴体部が目を引くね」


Mars-5.JPG


ウエスト「背中側。赤やオレンジの印象が強い正面から、一転して白が目立つ配色になってるよ」


Mars-6.JPG


ウエスト「武器として、灼熱炎剣(カロルフルーレ)が付属してるよ。赤燐光剣(ロットフルーレ)と同じく、メッキ加工されてるんだ」


Mars-7.JPG


ウエスト「胸部を開くと、マグマイグニッションを展開するよ


Mars-8.JPG


ウエスト「旧元祖SD版と。サイズはほぼおなじだけど、旧版から成型色も可動も、格段に進化してるんだ」


Mars-9.JPG


ウエスト「旧版は、マグマイグニッションは胸部から銃口のように展開していたよ」


Mars-1.JPG


ウエスト「マーキュリアスの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

SS-HighTower-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、ハイタワーを紹介するぞ!」


SS-HighTower-2.JPG


サンクラ「ハイタワーは、コンストラクティコンの一体だ。映画劇中じゃ、デバステーターに合体する際にビークルモードが一瞬登場しただけで、ロボットモードは未登場だ。今回は当時のEZコレクション版と同じく、コンセプトアートからの立体化だぞ」


SS-HighTower-3.JPG


サンクラ「バストアップ。劇中のトランスフォーマーでも、ひと際人型から離れた肉食恐竜みてえなシルエットが特徴的だ」


SS-HighTower-4.JPG


サンクラ「横から。どんなスタイルをしてるか、よく分かるな」


SS-HighTower-5.JPG


サンクラ「背中側。クレーン部分の部品が集まってるぞ」


SS-HighTower-6.JPG


サンクラ「モデルになったグレン(原語名:フック)と。ここ数年は、クレーン車のビルドロンは海外だとハイタワー名義になってる事が多いぞ」


SS-HighTower-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SS-HighTower-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはコベルコクレーン・CK2500のクレーン車だ。上記の通り、劇中じゃ合体シーンでビークルモードがわずかに登場しただけで、パッケージでも『目撃例は極めて少ない』って書かれてるぞ」


SS-HighTower-9.JPG


サンクラ「横から。ロボットモードからは、意外と複雑な変形をしてるんだぜ」


SS-HighTower-10.JPG


サンクラ「ビークルモードでグレンと。同じクレーン車でも、タイプが全然違ってるのが分かるな」


SS-HighTower-1.JPG


サンクラ「ハイタワーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Elgaia-1.JPG


ウエスト「ウエストだよ! 今日は『元祖SDガンダム』から、機甲神 エルガイヤーを紹介するね!」


Elgaia-2.JPG


ウエスト「エルガイヤーは、『SDガンダム外伝 機甲神伝説』に登場した主役機体だよ。別名『神秘機兵』とも呼ばれてるんだ。はるか昔に月の王国セレネスで作られた、太陽の機甲神なんだよ」


Elgaia-3.JPG


ウエスト「バストアップ。商品は旧元祖SD版と同じプラモデルだけど、色分けもシールもパワーアップしてて、イラストのカラーリングがほぼ完全再現されてるんだ」


Elgaia-4.JPG


ウエスト「背中側。旧版だとウイングは左右それぞれ一パーツで、角度を変える位しかできなかったけど……」


Elgaia-5.JPG


ウエスト「こっちのリメイク版では、複雑なパーツ構成になってて展開状態を再現できるんだ!」


Elgaia-6.JPG


ウエスト「付属品はコチラ。武器用の持ち手と開いた拳、それから武器の赤燐光剣(ロットフルーレ)と盾のレイディフェンサーだよ。ちなみに拳パーツは軟質製なんだ」


Elgaia-7.JPG


ウエスト「武器を構えたところ。メッキパーツが眩しいよね。必殺技はロットフルーレにエネルギーを集めて、敵を消滅させる光球を爆発させるパトスグランジだよ」


Elgaia-8.JPG


ウエスト「レイデフェンサーは、裏のグリップを取り付けるジョイントが複数あるから、高さを調整することが出来るんだ」


Elgaia-9.JPG


ウエスト「さて、このエルガイヤーは、旧版と同じように、コクピットを開くことが出来るんだ。まずは頭部を上げて……」


Elgaia-10.JPG


ウエスト「胸部を開くと、内ゲートが現れるよ」


Elgaia-11.JPG


ウエスト「さらに腰のパーツを引っ張れば、ゲートが開きながらコクピットがせり出すんだ。基本的なギミックは旧版と同じだけど、こっちでは内ゲートのパーツが追加されてるんだよ」


Elgaia-12.JPG


ウエスト「操手の神秘騎士ネオガンダム。神秘騎士は“ミステリーナイト”って読むんだ。騎士GP01に保護された記憶喪失の騎士で、その正体は月の王国セレネスの王子なんだよ」


Elgaia-13.JPG


ウエスト「エルガイヤーのコクピット。内部もシールできっちりと再現されてるんだ」


Elgaia-1.JPG


ウエスト「エルガイヤーの紹介は以上だよ。それじゃ、まったね~♪」

 サイトを更新しました。

 今日も『ホビー雑誌コーナー』に、BW関連のフィギュアをアップしています。


 あとは、中津に戻って来てからゆめタウンでドードーマギア改を買ったので、そちらの記事もアメブロの方に書いてます。


 しかし安倍総理の辞任には驚きましたね……。なんやかんや言われてても、外交では結構成果を上げてらっしゃったようですし。

 次の総理大臣は誰がなるんだか……取り敢えずどこぞのコロナの発生源と、徴用なんとかでギャースカ喚いてるペテン師国家にヘーコラしないのと、何でもかんでも規制すれば解決すると考えてるようなアホじゃなきゃ結構ですが。


 あれです、「自分達が生き残っていい具合の生活が出来るなら別に何でもいいし、それが出来ないなら何だろうとダメだ」ってやつです。(引用元:『魔法少女プリティ☆ベル』16巻62話)


 前置きが長くなりましたが、今日は『ホビー雑誌コーナー』の記事で行きます。

 ではスタート!


BW-Convoy-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズ』から、コンボイを紹介するぞ!」


BW-Convoy-2.JPG


サンクラ「コンボイは、『ビーストウォーズ』での、サイバトロン総司令官だ。今回紹介するのは、2000万体販売記念で発売された、日本限定のアニメリペイント版だぞ」


BW-Convoy-3.JPG


サンクラ「横から。アニメだと二足歩行してるシーンも多いが、トイはいわゆるナックルウォークの姿勢だ。ちなみに正義の軍団のリーダーであるコイツがゴリラに変身するのは、アメリカじゃゴリラに『知性と勇気の象徴』ってイメージがあるからだ」


BW-Convoy-4.JPG


サンクラ「背中のレバーを押すと……」


BW-Convoy-5.JPG


サンクラ「腕内部のギアが回転して、ドラミングアクションをすることが出来るぞ!」


BW-Convoy-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、コンボイ、変身!」


BW-Convoy-7.JPG


サンクラ「ロボットモード。G1コンボイと違って、あくまで一宇宙船の船長って地位で、マトリクスも持ってねえ。アクサロンもこいつが初めて指揮する船だぞ」


BW-Convoy-8.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はG1コンボイのイメージを引き継いだマスクフェイスだ。アニメにも一応登場はするが、いつも一瞬の登場で終わっちまってるぞ」


BW-Convoy-9.JPG


サンクラ「背中側。人型から人型に変身するからか、こっちはビーストモードと比較的変わってねえ」


BW-Convoy-10.JPG


サンクラ「初期のアイテムであるこいつには、ビーストフェイスが装備されてる。そもそもシリーズスタート時の設定(アニメが無い頃)じゃ、『普段はこのマスク姿で、素顔がロボット顔』って設定があって、そのためかコンセプトアートも、全てビーストフェイスを基準に全身像が描かれてるぞ」


BW-Convoy-11.JPG


サンクラ「右腕には、ドクロのデザインの分銅が収納されてる」


BW-Convoy-12.JPG


サンクラ「これはハンマーとして使用可能だ。グリップとは、ひもでつながれてるぞ」


BW-Convoy-13.JPG


サンクラ「左腕にはプラズマ・キャノン(原語名:小型二連装ミサイルランチャー)が装備されてる。スプリングギミックで、ミサイルが発射できるぞ」


BW-Convoy-14.JPG


サンクラ「腰のボタンを押すと……」


BW-Convoy-15.JPG


サンクラ「スプリングでメガ・ブラスター(原語名:メガミサイルランチャー、別名ショルダー・ガン)が展開する。こっちもミサイルを発射できるぞ」


BW-Convoy-16.JPG


サンクラ「背中には、二本のサイバー・ブレード(原語名:ソニック・ソード)が収納されてる。アメリカ版のテックスペックじゃ、スパイナルソード(脊椎刀)とも呼ばれてるぞ」


BW-Convoy-17.JPG


サンクラ「さて、この状態で腕のスイッチを上に切り替えると……」


BW-Convoy-18.JPG


サンクラ「ドラミングギミックから、前腕を回転させるギミックに切り替わるぞ!」


BW-Convoy-19.JPG


サンクラ「フル装備状態。変形自体はライバルであるメガトロンよりも簡素だが、その分ギミックや武器が充実してるぞ」


BW-Convoy-20.JPG


サンクラ「背中の穴には、ミサイルを二本収納可能だ。ただししっかりと固定は出来ねえ」


BW-Convoy-21.JPG


サンクラ「コンボイ(ウルトラ版)の紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今日はアメブロの方も更新しました。

『ぷちサンプル』の『ウィークエンドキャンプ』も、あと一つでコンプです。


 こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』で行きます。

 ではスタート!


SS-Longhaul-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『スタジオシリーズ』から、ロングハウルを紹介するぞ!」


SS-Longhaul-2.JPG


サンクラ「ロングハウルは、コンストラクティコンの一体だ。劇中ではデバステーターに合体した個体の他、ロボットモードで米軍と戦闘を行った個体が登場したぞ」


SS-Longhaul-3.JPG


サンクラ「バストアップ。初登場は、海底でメガトロンを復活させるシーンだ。ドクターに命じられて、ミックスマスターと共にスクラップメタルをパーツ取りのために解体したぞ」


SS-Longhaul-4.JPG


サンクラ「背中側。背負ってるのはダンプのバケットのひさし部分だ」


SS-Longhaul-5.JPG


サンクラ「腕にはミサイルらしきモールドがあるが、これはトイの視点で言えばビークルモードでパーツ同士を固定するためのジョイントとしても機能してるぞ」


SS-Longhaul-6.JPG


サンクラ「G1版のリメイクである、UW版と。G1版はバケットが脚部のスマートな体系だったが、UW版はこの実写版のずんぐりむっくりした体型が逆輸入された形になったぞ」


SS-Longhaul-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


SS-Longhaul-8.JPG


サンクラ「ビークルモードはキャタピラー773Bの大型ダンプだ」


SS-Longhaul-9.JPG


サンクラ「後ろから。バケット部分には、ロボットモードの腕が露出してて、ビークルの完全再現、とはいってねえ」


SS-Longhaul-10.JPG


サンクラ「ビークルモードでUW版と。どちらもヴォイジャークラスのトイだが、サイズはUW版に圧倒的に軍配が上がるぞ」


SS-Longhaul-1.JPG


サンクラ「ロングハウルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BCR-RTsparkling-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『BCR(ボトルチェンジライダー)シリーズ08 仮面ライダービルド ラビットタンクスパークリングフォーム』を紹介するぞ!」


BCR-RTsparkling-2.JPG


ディケイド「ラビットタンクスパークリングは、ラビットタンクスパークリング缶で変身する、ビルドの強化フォームだ。発泡増強剤・ベストマッチリキッドによって、通常のベストマッチを越える力を持っているぞ」


BCR-RTsparkling-3.JPG


ディケイド「バストアップ。外見は、ラビットタンクに炭酸飲料のイメージを足したデザインだ」


BCR-RTsparkling-4.JPG


ディケイド「背中側。装甲はしゅわしゅわするイメージでトゲが付いているが、素体は通常のフォームとあまり変わらないぞ」


BCR-RTsparkling-5.JPG


ディケイド「ドリルクラッシャーなども持たせられる。劇中での、武器を使用した戦闘シーンも再現可能だ」


BCR-RTsparkling-6.JPG


ディケイド「劇中では、変身アイテムがラビットとタンクの成分を同時に内包しているから不可能だが、トイオリジナルのギミックとして、このフォームもハーフボディに分割出来るぞ」


BCR-RTsparkling-7.JPG


ディケイド「だから、画像のようにラビット側だけスパークリングフォームにしたり……」


BCR-RTsparkling-8.JPG


ディケイド「逆にタンク側だけスパークリングにする、といった事も可能だ」


BCR-RTsparkling-9.JPG


ディケイド「もちろん、他のハーフボディとの組み合わせだ。これはハリネズミタンクのスパークリング版。元々ハリネズミハーフボディがトゲトゲしてるから、親和性も高いな」


BCR-RTsparkling-10.JPG


ディケイド「今度はラビット掃除機のスパークリング版だ。どのハーフボディも、干渉することなく組み合わせられるぞ」


BCR-RTsparkling-11.JPG


ディケイド「通常のタンクボディやラビットボディのように、カラーリングを合わせたトライアルフォームも出来るぞ」


BCR-RTsparkling-1.JPG


ディケイド「『BCR』版ビルド ラビットタンクスパークリングの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

BW-Injector-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『ビーストウォーズメタルス』から、インジェクターを紹介するぞ!」


BW-Injector-2.JPG


サンクラ「インジェクターは、デストロンの航空指揮官だ。ミノカサゴとスズメバチのフューザーだぞ。有毒生物の組み合わせから分かるように、背びれと尻尾の毒針を武器としてるぞ」


BW-Injector-3.JPG


サンクラ「腹びれの部分を押すと、スプリングで頭部が前方に傾いて、背びれが展開するギミックがある」


BW-Injector-4.JPG


サンクラ「展開した後頭部の裏には、エナージョンチップ(シークレットエンブレム)が貼り付けてある」


BW-Injector-5.JPG


サンクラ「そんじゃ、インジェクター、変身!」


BW-Injector-6.JPG


サンクラ「ロボットモード。アメリカのCMじゃ、シルバーボルトの対決キャラクターとして紹介された。初期には『アクアスティング』って名前でアナウンスされてたぞ」


BW-Injector-7.JPG


サンクラ「バストアップ。こいつのこの面構えを愛せるか、仲間のデストロンでも怪しいが、組織でもナンバーワンの自惚れ屋であるこいつ自身に言わせると、自分の顔はエネルゴン生成以来の最高傑作なんだそうだ。一方で、聡明にしてカリスマ性に溢れてるって一面も持ってるぞ」


BW-Injector-8.JPG


サンクラ「背中側。特徴的な頭部に対して、ボディ部分はあっさりした造りになってるぞ」


BW-Injector-9.JPG


サンクラ「武器はハチの腹が変形したランチャーだ。針はスプリングで発射可能だぞ」


BW-Injector-10.JPG


サンクラ「インジェクターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」