FC2ブログ

LG-Topspin-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、トップスピンを紹介するぞ!」


LG-Topspin-2.JPG


サンクラ「トップスピンは、ツインツイストと同じく、G1版は日本未発売の、サイバトロン・ジャンプスターターズの水陸攻撃員だ。LGでは、ツインツイストと同じくレッカーズの一員として登場したぞ」


LG-Topspin-3.JPG


サンクラ「バストアップ。ツインツイストとは双子の兄弟で、同じくレジェンズ世界を創造したって設定になったぞ」


LG-Topspin-4.JPG


サンクラ「背中側。コミックでは、ヘッドマスター、パワードマスター、ターゲットマスターの能力を兼ね備えてるから、自身をトリプルマスターとも称してたんだぜ」


LG-Topspin-5.JPG


サンクラ「海外版であるTR版と。ツインツイスト」と同じく明るい色合いになったが、青い部分が目立つから、より違いが顕著だな


LG-Topspin-6.JPG


サンクラ「ヘッドマスター/タイタンマスターの比較。LG版は、顔やゴーグルまで塗装されてるのが大きな違いだ」


LG-Topspin-7.JPG


サンクラ「ツインツイストと同じく、TR版にあった武器がオミットされて、ターゲットマスターのピースマンが付属してる。G1版では、ブランカーのパートナーだったぞ」


LG-Topspin-8.JPG


サンクラ「ピースマンは、ステレオソニックブラスターに変形するぞ」


LG-Topspin-9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Topspin-10.JPG


サンクラ「ビークルモードは水陸両用艇だ。コミックでは、ゾディアックの力で既にヘッドマスター化していたぞ」


LG-Topspin-11.JPG


サンクラ「TR版との比較だ。ロボットモードの時と同じく、青いパーツの変更が印象的だな」


LG-Topspin-12.JPG


サンクラ「ピースマンは機体後部に装着可能だ」


LG-Topspin-13.JPG


サンクラ「さらにコミックでは、ツインツイストと合体してアタックパワードって新形態にもなったぞ」


LG-Topspin-14.JPG


サンクラ「正面から。お互いのターゲットマスターも、合体に組み込まれてる」


LG-Topspin-15.JPG


サンクラ「横から。理屈としては、パーシャルであることを活かして、脚部のジョイントで互いのボディをつなげる状態になってるぞ」


LG-Topspin-16.JPG


サンクラ「後ろから。もともと想定された合体じゃねえから、脚部の位置は自分で微調整する必要があるぞ」


LG-Topspin-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版トップスピンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!

スポンサーサイト



LG-Twintwist-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ツインツイストを紹介するぞ!」


LG-Twintwist-2.JPG


サンクラ「ツインツイストは、G1では日本未発売のサイバトロン破壊員だ。LGでは、アメコミの設定に倣ってレッカーズの一員として登場したが、他にも重要な秘密を持つキャラになったぞ」


LG-Twintwist-3.JPG


サンクラ「バストアップ。国内版では、『トランスフォーマーZ』に登場したパワードマスターの元祖にして、レジェンズ世界を作ったメンバーの一人とされたんだぜ」


LG-Twintwist-4.JPG


サンクラ「背中側。コミックじゃ、レジェンズ世界を終わらせようとするユンカンの前に、レッカーズの仲間たちと共にレジェンズ世界に駆け付けたぞ」


LG-Twintwist-5.JPG


サンクラ「海外版である、TR版(右)と。LG版の方が、パーツが全体的に明るい色合いになってる。肩や胸部の塗装も、より細かく色分けされてるぞ」


LG-Twintwist-6.JPG


サンクラ「ヘッドマスター/タイタンマスターの比較。国内版は胸部が青くなって、色数が増えてる。コミックじゃ、ウインドブレードに首を切り落とされた瞬間、ゾディアックの力でヘッドマスターに生まれ変わったんだぜ」


LG-Twintwist-7.JPG


サンクラ「そして、LG版ではTR版の武器が削除された代わりに、ターゲットマスターのスポイルが付属してる。G1では、サーショットのパートナーだったぞ」


LG-Twintwist-8.JPG


サンクラ「スポイルは、二連キャノンに変形する。コミックでは、ツインツイストの力で銃身がドリル状に回転して、スポイルドリルハリケーンって必殺技を繰り出したぞ」


LG-Twintwist-9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Twintwist-10.JPG


サンクラ「ビークルモードはドリル戦車だ。国内版でも、強力なドリルの持ち主だと設定されてるぞ」


LG-Twintwist-11.JPG


サンクラ「TR版(下)と。ビークルモードじゃ、特に色数には違いはねえが、TR版にあったキャノピー下のサイバトロンマークがLG版じゃ削除されてる」


LG-Twintwist-12.JPG


サンクラ「スポイルは、機体後部に装着が可能だ」


LG-Twintwist-14.JPG


サンクラ「さらにコミックじゃ、ゾディアックの力でボディがゾーンモード(基地モード)・ドリルベースに変形したぞ」


LG-Twintwist-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ツインツイストの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-G2Megatron1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、G2メガトロンを紹介するぞ!」


LG-G2Megatron2.JPG


サンクラ「G2メガトロンは、『トランスフォーマーG2』におけるメガトロン様の姿だ。ただし、トイ付属のコミックでは、ビーストメガトロン社長が改造された、メガトロン様とは別人設定になったぞ」


LG-G2Megatron3.JPG


サンクラ「バストアップ。海外版である『TR』ではG1版のメガトロン様のリメイクとして発売されたから、顔立ちはG1版のメガトロン様似だ。国内では発売が逆になったが、ボディはリデコされて、ブリッツウイングも発売されたぞ」


LG-G2Megatron4.JPG


サンクラ「胸部を開いて矢印のスイッチを押すと、頭部の両サイドからヘッドガードが飛び出るぞ」


LG-G2Megatron5.JPG


サンクラ「背中側。どっちかというとブリッツウイングのデザインが強めだな」


LG-G2Megatron6.JPG


サンクラ「もともとG1版メガトロン様として発売されたから、腕には融合カノンを備えてるぞ」


LG-G2Megatron7.JPG


サンクラ「融合カノンには、ヘッドマスター/タイタンマスターが搭乗可能だ」


LG-G2Megatron8.JPG


サンクラ「ヘッドマスター。上記の通り、コミックではビーストメガトロン社長が、コンカレンスのスネークに改造された姿だ」


LG-G2Megatron9.JPG


サンクラ「他にもコミック内では、メガトロン様が同型の戦車を改造してヘッドオンもしたぞ。ただし、カラーリングはG2初期版に準じたグリーンに紫の迷彩模様だったから、完全再現は出来ねえけどな」


LG-G2Megatron10.JPG


サンクラ「そして、こいつはノーブル。『BWリターンズ』の設定を反映して、ビーストメガトロンから抜き取られた有機体部分から生まれた別人格だ。TRではファングリィ(日本版で言う『MF』のワイルダー)っていう別キャラとして発売されたぞ」


LG-G2Megatron11.JPG


サンクラ「胸部にはヘッドマスターが合体できる。コミックでは、これでビーストメガトロン社長は元の人格を取り戻したぞ」


LG-G2Megatron12.JPG


サンクラ「ノーブルは『リターンズ』と同じく、ドラゴンモードにも変形可能だ」


LG-G2Megatron13.JPG


サンクラ「さらに、三連カノン砲にも変形できるぞ」


LG-G2Megatron14.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-G2Megatron15.JPG


サンクラ「ビークルモードは戦車だ。コミックには上で書いた通り、グリーン地に紫迷彩の同型戦車も登場したぞ」


LG-G2Megatron16.JPG


サンクラ「砲塔部分にはヘッドマスターが搭乗できるぞ」


LG-G2Megatron17.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-G2Megatron18.JPG


サンクラ「第2のビークルモードはジェット戦闘機だ。パーシャルのブリッツウイングを反映したチョイスだな」


LG-G2Megatron19.JPG


サンクラ「機体上部には融合カノンを分離したライフルが、機体下部には主砲部分を装着可能だ」


LG-G2Megatron20.JPG


サンクラ「こちらのモードでも、機首を上げると、そこからヘッドマスターが乗り込めるぞ」


LG-G2Megatron21.JPG


サンクラ「分かりづらいが、風防から中のヘッドマスターが見えるようになってる」


LG-G2Megatron22.JPG


サンクラ「さらに商品には、G2版を意識したマーキングシールや、ビーストデストロンのエンブレムシールも付属してるぞ」


LG-G2Megatron1.JPG


サンクラ「レジェンズ版G2メガトロンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LVUR-Paradx1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ14 仮面ライダーパラドクス』を紹介するぞ!」


LVUR-Paradx2.JPG


ディケイド「仮面ライダーパラドクスは、バグスターのパラドが変身する仮面ライダーだ。まずはパズルゲーマーレベル50。パズルゲーム、『パーフェクトパズル』の力を持つ形態だ。汎用性が高いから、パラドクスの事実上のメーンフォームになってるぞ」


LVUR-Paradx3.JPG


ディケイド「バストアップ。頭部デザインはデビロックヘア、ゴーグルは『知性』のイメージで、眼鏡がモチーフなんだそうだ。肩のマテリアライズショルダーの力で、ステージ上にある物質を自在に操る能力があるぞ」


LVUR-Paradx4.JPG


ディケイド「背中側。変形用のダイヤルと、ファイターゲーマー時の頭部が見えてる。劇中じゃ、眼は消えてるが、フィギュアでは残ったままだ」


LVUR-Paradx5.JPG


ディケイド「このパズルゲーマーの最大の特徴は、エナジーアイテムを自由に選択、組み合わせて使用できるという点だ。他にもパズル型のバリアを張ったり、ピース型のエネルギー弾を発射することも出来るぞ」


LVUR-Paradx6.JPG


ディケイド「さて、マテリアライズショルダーを外して……」


LVUR-Paradx7.JPG


ディケイド「頭部を180度回転させ……」


LVUR-Paradx8.JPG


ディケイド「背中のダイヤルを回すと、連動して胸部の模様も変わっていくぞ」


LVUR-Paradx9.JPG


ディケイド「そして、マテリアライズショルダーを両腕に取り付ければ、ファイターゲーマーレベル50に変形完了だ!」


LVUR-Paradx10.JPG


ディケイド「ファイターゲーマーは、格闘ゲーム『ノックアウトファイター』の力を持つ形態だ。外見通り、格闘戦に優れてるぞ」


LVUR-Paradx11.JPG


ディケイド「バストアップ。頭部は格闘ゲームの日本人のイメージだそうだ。マテリアライズショルダーを反転させたマテリアライズスマッシャーが外見上の大きな特徴だな」


LVUR-Paradx.12JPG


ディケイド「胸部。頭部や肩なども含めて、燃え上がるイメージでまとめられているぞ」


LVUR-Paradx13.JPG


ディケイド「背中側。当然、パズルゲーマーの頭部が見えるぞ」


LVUR-Paradx14.JPG


ディケイド「それから説明書には無いが、手足の素体はこれまでのライダーと同じく凹穴が開いてるから、以前のゲーマも一部装着可能だ」


LVUR-Paradx15.JPG


ディケイド「劇中では一切ゲーマと合体していないが、御覧の通り、ハンターゲーマとも合体可能だぞ」


LVUR-Paradx16.JPG


ディケイド「パラドクスの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 本文の方は『ホビー雑誌コーナー』で行きたいと思います。

 では、スタート!


LG-Overlprd1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、オーバーロードを紹介するぞ!」


LG-Overlprd2.JPG


サンクラ「オーバーロードは、デストロン・ゴッドマスターの破壊大使だ。『超神マスターフォース』での、デストロン地球軍のリーダーだ。残忍ながらも正々堂々とした性格で、人間の持つ潜在能力を最後まで信じてたぞ」


LG-Overlprd3.JPG


サンクラ「バストアップ。オリジナルのトランステクターは、『MF』終盤でデビルZに悪の人格を与えられて独立したTFになったが、LG版はそれとは別に新たに建造されたボディだぞ。右わき腹にはビーム砲・超魂デーモンブラスト、左わき腹には超魂ボルトマッシャーが装備されてるが、G1版と違ってモールドだけだ」


LG-Overlprd4.JPG


サンクラ「背中側。脹脛には、ビークルモードのパーツとコクピットが見えるな」


LG-Overlprd5.JPG


サンクラ「実はLG版は、海外版であるTR版とは足の変形を変更されてる。これで身長は少し高くなったが、引き換えに安定性は悪くなっちまったぞ」


LG-Overlprd6.JPG


サンクラ「武器としてライフルも持ってるが、『MF』終盤では徒手空拳で戦うことが多くなったぞ」


LG-Overlprd7.JPG


サンクラ「左肩に装備されてるのはメガチャイルドだ。盾として使えるほか、単独で飛行して戦闘機としても使えるぞ」


LG-Overlprd8.JPG


サンクラ「G1版は胸部に人間が合体するゴッドマスターだったが、LG版はヘッドマスターとしてリメイクされたぞ。こいつはギガデストロン軍団の父親的存在で、基本的にオーバーロードの人格はこいつに準じてるぞ


LG-Overlprd9.JPG


サンクラ「そしてもう一人、デストロン軍団の母親的存在メガだ。残忍だが、デストロンの仲間達には深い愛情を注いでる。ギガとメガは『MF』終盤でデビルZに処刑されたが、LG版ではレジェンズ世界で復活を遂げたぞ


LG-Overlprd10.JPG


サンクラ「メガがトランステクターにヘッドオンすると、LG版のオリジナル形態、オーバーロードメガになる。説明書コミックでは、ギガが合体したオーバーロードギガと同時に登場して、さらにオーバーロードテラにも合体を遂げたぞ」


LG-Overlprd11.JPG


サンクラ「バストアップ。オーバーロードメガの状態では、胸部装甲を閉じてるのが大きな違いだ」


LG-Overlprd12.JPG


サンクラ「さらにメガチャイルドも、オーバーロードギガの時と違って背中に合体してるぞ」


LG-Overlprd13.JPG


サンクラ「それぞれが変形した頭部の比較だ。こうしてみると、顔つきが全然違ってるのが分かるな」


LG-Overlprd14.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Overlprd15.JPG


サンクラ「まず下半身は……」


LG-Overlprd16.JPG


サンクラ「ギガが駆るギガタンクに変形する。この状態でも超魂デーモンブラストが使用できるぞ」


LG-Overlprd17.JPG


サンクラ「横から。モチーフはM1エイブラムスらしい」


LG-Overlprd18.JPG


サンクラ「ターレット部分には、ギガが搭乗するコクピットがあるぞ」


LG-Overlprd19.JPG


サンクラ「そして上半身は……」


LG-Overlprd20.JPG


サンクラ「メガが操縦するメガジェットになるぞ。必殺技は、オーバーロード形態でも使う超魂ボルトマッシャーだ。」


LG-Overlprd21.JPG


サンクラ「機首にはランディングギアも造形されてるうえ、収納も可能だ」


LG-Overlprd22.JPG


サンクラ「ギガタンクと同じく、コクピットにはメガが搭乗可能だ」


LG-Overlprd23.JPG


サンクラ「メガジェットは、ギガタンクを懸下することも出来る。しっかりと固定はされねえけどな」


LG-Overlprd24.JPG


サンクラ「もいっちょトランスフォーム!」


LG-Overlprd25.JPG


サンクラ「G1版と同じく、要塞基地モードへの変形も可能だ。他のゴッドマスターのメカ機能を全て備えていて、武器工場としても機能するぞ」


LG-Overlprd26.JPG


サンクラ「レジェンズ版オーバーロードの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

BOTCON-Rainmakers-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『BOTCON2013』から、レインメーカーズを紹介するぞ!」


BOTCON-Rainmakers-2.JPG


サンクラ「レインメーカーズは、『初代』第6話でセイバートロン星を訪れたサイバトロンを襲撃した、ジェットロンの保安部隊……なんだが、こちらは第1話冒頭に登場したジェットロン達がモチーフになってる。海外イベントの『BOTCON2013』限定で、3体セットで販売されたぞ」


BOTCON-Rainmakers-3.JPG


サンクラ「まずはサンストーム。役割は航空宇宙兵だ。本来の性能以上に高出力な融合リアクターを持ってて、近くにいる仲間のシステムにも悪影響を及ぼしちまうが、本人は自分を超自然的な存在って思いこんでて、時折奇異な言動をちらつかせてるから、余計に仲間が遠ざかってるぞ」


BOTCON-Rainmakers-4.JPG


サンクラ「こいつはホットリンク。常にツールキットを所持してて、状況に応じたボディの改造や武器の製造が可能だぞ。どんな新発明も美しいと考えてて、それがぶっ壊されちまうと動揺しちまう。また、サイバトロンの武器を密かに賞賛してて、自己満足のために改良したいって思ってる武器マニアだ」


BOTCON-Rainmakers-5.JPG


サンクラ「そして、こいつはビットストリーム。データハッキングとサイバー戦争に熟練したテクノロジーの天才で、サイバトロンの新しい暗号コードを解読した最初のデストロンの一人だ。『ターンバレーの奇襲』で、デストロンを決定的な勝利に導いた事があるぞ」


BOTCON-Rainmakers-6.JPG


サンクラ「背中側。正面と同じく、メインカラー以外は特に違いはねえ」


BOTCON-Rainmakers-7.JPG


サンクラ「三人の内、サンストームは『TFコレクション』で2003年にスタースクリームが発売された時、e-hobby限定アイテムとしてキャラクター設定が作成されたぞ。画像右が、その時のG1版だ」


BOTCON-Rainmakers-8.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


BOTCON-Rainmakers-9.JPG


サンクラ「アニメじゃビークルモードは未登場だが、トイはベースが『変形!ヘンケイ!』のジェットロン型だから、アースモードの地球型戦闘機に変形するぞ」


BOTCON-Rainmakers-10.JPG


サンクラ「とは言っても、アニメの2~3話にゃ、ホットリンクやビットストリームと同色のジェットロンが多数地球に登場してたから、そいつらに見立てて遊ぶことも出来るけどな」


BOTCON-Rainmakers-11.JPG


サンクラ「ロボットモード胸部のノズルパーツは、ビークルモードだと画像のように着陸脚に変形させることが出来るぞ」


BOTCON-Rainmakers-12.JPG


サンクラ「サンストームのビークルモードを、G1版と比較してみた。コイツは地球に来てねえが、トイは逆にアースモードしかねえってのは皮肉だよな」


BOTCON-Rainmakers-1.JPG


サンクラ「『BOTCON2013』レインメーカーズの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Doublecross1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ダブルクロスを紹介するぞ!」


LG-Doublecross2.JPG


サンクラ「ダブルクロスは、サイバトロン・ファイアーボットの火炎攻撃員だ。重度の二重人格で、左右の首がそれぞれ同意してから行動に移るぞ」


LG-Doublecross3.JPG


サンクラ「バストアップ。ロボットモードの頭部が、どっちの人格が主導権を握ってんのかは明言されてねぇ。海外アニメ『ザ・リバース』には未登場だが、国内版の『ザ☆ヘッドマスターズ』では(そんなに多くねえが)出番があったぞ」


LG-Doublecross4.JPG


サンクラ「背中側。ドラゴンの翼がそのままついてるぞ」


LG-Doublecross5.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは、『ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したホワイトレオだ。ビースト星の住人、サイバトロンビーストのリーダーだぞ。余談だが、『頭部はパートナーで、本体とは別人』ってのは、海外版設定と共通してて面白いな」


LG-Doublecross6.JPG


サンクラ「説明書コミックじゃ、ホワイトレオが合体する前は、レーザービーストのリーダー・タイガーバーン(ちなみにカラーリングはTR版ソウバック準拠だったぞ)にボディを乗っ取られてたが、ホワイトレオが合体することで正気を取り戻したぞ」


LG-Doublecross7.JPG


サンクラ「今回のLG版は、TR版の武器が削除された代わりに、ターゲットマスターのヘイワイヤーが付属してる」


LG-Doublecross8.JPG


サンクラ「ヘイワイヤーは、海外版でブラーのパートナーになったターゲットマスターだ。激しやすい十代のネビュロン人で、エレクトロレーザーカノンに変形するぞ。名前は『乱れた、興奮した』って意味だ。説明書コミックじゃ、ホワイトレオの妹、ホワイトルネが変身するぞ」


LG-Doublecross9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Doublecross10.JPG


サンクラ「ビーストモードは双頭ドラゴンだ。上に書いた通り、左右の首が別々の人格を持ってるから、アニメじゃ一人で言い争いを始めるシーンもあったんだぜ」


LG-Doublecross11.JPG


サンクラ「ボディには、他のヘッドマスター達と同じくホワイトレオが搭乗可能だ」


LG-Doublecross12.JPG


サンクラ「横から。スタイル自体は、オーソドックスな西洋の竜(ドラゴン)だな」


LG-Doublecross13.JPG


サンクラ「首元には回転ノコギリみたいなモールドがあるが、これはG1版にあった、火花を散らすギミックのスイッチをリスペクトしたものだ。LG版じゃ、火花ギミックは搭載されてねえけどな」


LG-Doublecross14.JPG


サンクラ「ヘイワイヤーは、ビーストモードでも装着が可能だ。説明書コミックじゃ、この攻撃でタイガーバーンを撤退させたぞ」


LG-Doublecross1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ダブルクロスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Dinasaur-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ダイナザウラーを紹介するぞ!」


LG-Dinasaur-2.JPG


サンクラ「ダイナザウラーは、デストロン軍団のダイノベースだ。硝煙を上げる瓦礫が自分の腰の高さになるまで破壊活動をやめない、無慈悲な戦闘マシーンだぞ。アニメでは、『2010』の序盤でビルドロンが地球の都市を密かに改造して建造したんだぜ」


LG-Dinasaur-3.JPG


サンクラ「横から。恐竜と言うより『怪獣』と形容した方がピッタリのボリュームだな。この巨体だが、ロケット・バックパックで高度32kmのジャンプが可能だぞ」


LG-Dinasaur-4.JPG


サンクラ「背中側。ビークルモードでの車輪が、背びれのように配置されてる」


LG-Dinasaur-5.JPG


サンクラ「頭部。G1版の玩具カタログやOVA『スクランブルシティ発動編』ではこの状態だったが……」


LG-Dinasaur-6.JPG


サンクラ「後頭部のこの部分に……」


LG-Dinasaur-7.JPG


サンクラ「ヘッドマスターをセットすると、スプリングで……」


LG-Dinasaur-8.JPG


サンクラ「粒子ビーム砲が展開する。TVアニメじゃ、常にこの状態だったぞ」


LG-Dinasaur-9.JPG


サンクラ「口は大きく開けることが出来る。口腔内には熱追跡プラズマ爆弾を搭載してるぞ」


LG-Dinasaur-10.JPG


サンクラ「そして、口からヘッドマスターを飲み込むことが出来るギミックがあって……」


LG-Dinasaur-11.JPG


サンクラ「飲み込まれたヘッドマスターは、ダイナザウラーの胸部に落ちる仕組みだぞ」


LG-Dinasaur-12.JPG


サンクラ「それから口の中には、ヘッドマスターを立たせるためのピンもついてるぞ」


LG-Dinasaur-13.JPG


サンクラ「武器を全展開した状態。実は内心じゃ戦いが退屈で無益だと達観してるが、最強兵士たる役を引き受けてるのは、他に適任がいないから、って一面もあるんだぜ」


LG-Dinasaur-14.JPG


サンクラ「腕はこんな風に、かなり自由に動かすことが可能だ」


LG-Dinasaur-15.JPG


サンクラ「さて、胸部のこの部分だが……」


LG-Dinasaur-16.JPG


サンクラ「これは分離して、フルチルトってTFになる。アニメには未登場だが、コミック版では活躍したぞ」


LG-Dinasaur-17.JPG


サンクラ「ルーフ部分には、武器を装備可能だ」


LG-Dinasaur-18.JPG


サンクラ「運転席にはヘッドマスターを搭乗させることが出来るぞ」


LG-Dinasaur-19.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-20.JPG


サンクラ「フルチルト、ロボットモード。ダイナザウラーの警備ロボットだ。上記の通りアニメには未登場だが、LG版ではダイナザウラーのブラックボックスとされ、こいつがいる限り、ダイナザウラーは復活可能って設定になったぞ」


LG-Dinasaur-21.JPG


サンクラ「頭部アップ。今回はヘッドマスターとしてのリメイクだ。G1版ではダイナザウラーの付属アイテムだったから、シンプルなデザインになってるぞ」


LG-Dinasaur-22.JPG


サンクラ「背中側。こちらもシンプルにまとめてあるぞ」


LG-Dinasaur-23.JPG


サンクラ「武器はビークルモードで装備していたライフルだ」


LG-Dinasaur-24.JPG


サンクラ「今回もダイナザウラーの付属アイテムには違いないが、御覧の通り、通常のデラックスクラスとほぼ同じボリュームになってるぞ」


LG-Dinasaur-25.JPG


サンクラ「それじゃあ、ダイナザウラー、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-26.JPG


サンクラ「ダイナザウラーの変形は、脚部が足首部分で二つに割れるのが特徴だ。英名の“トリプティコン”も『蝶番で止めた三つ折り板(triptych)』に由来し、こいつの独特な変形方式になぞらえてるぞ」


LG-Dinasaur-27.JPG


サンクラ「都市型基地モード。アニメでは、デストロンの地球基地として活躍したぞ。着陸と修理ベイ、通信センターと回転式スキャナーを備えてるぞ」


LG-Dinasaur-28.JPG


サンクラ「御覧の通り、撮影スペースからはみ出るほどのボリュームだ」


LG-Dinasaur-29.JPG


サンクラ「矢印で示したパーツは、G1版だとブラントタンクって戦車の部品で構成されてたが、LG版ではダイナザウラーのパーツが変形して完成するぞ」


LG-Dinasaur-30.JPG


サンクラ「都市左右の反重力リパルサーディスクは、こいつが許可したもの以外を約300m以内に近づけねえ。先端にはタラップが設けられてて、G1版でオンスロートやモーターマスターの基地モードとドッキング出来たように、他のTFの基地モードと連結できる仕様だ」


LG-Dinasaur-31.JPG


サンクラ「通路部分にヘッドマスターを立たせたところ。ボディ内部には、基地玩具らしく通路も設けてあるぞ」


LG-Dinasaur-32.JPG


サンクラ「フルチルトは、ビークルモードでダイナザウラーのカタパルトを走行させる事が出来るぞ」


LG-Dinasaur-33.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Dinasaur-34.JPG


サンクラ「スペースクルーザーモード。LG版で新しく追加された形態だ。惑星間航行も可能な宇宙船としての機能も有してるぞ」


LG-Dinasaur-35.JPG


サンクラ「横から。都市モードの前後左右を折りたたむようにして完成するぞ」


LG-Dinasaur-36.JPG


サンクラ「底面には車輪がついてるから、コロ走行させる事も出来るぞ」


LG-Dinasaur-37.JPG


サンクラ「艦首部分は展開して……」


LG-Dinasaur-38.JPG


サンクラ「ビークルモードのフルチルトを格納する事が出来るぞ」


LG-Dinasaur-39.JPG


サンクラ「ちなみに説明書にゃ載ってねえが、変形ギミック自体はG1版から大きく変わってねえから、G1版にあったベースモード(移動戦闘ステーション形態)にも変形可能だ。レーザー砲、回転式ブラスター、破壊光線と連装光子ランチャーを装備し、航続距離は12,800km、最高時速は1280kmに達するぞ」


LG-Dinasaur-40.JPG


サンクラ「他に説明書コミックでは、新たにモンスターモードにも変形した。元ネタは間違いなく、某怪獣王だな……」


LG-Dinasaur-41.JPG


サンクラ「レジェンズ版ダイナザウラーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 こんにちは、アカサカです。


 ブロ友さんの熱ゴジラさんが記事にされてるんですが、『怪獣娘』で円谷と角川が大問題起こしてるそうで。

 私もイホビで発送中止になった商品の返金が、こちらがせっつくまでされなかった事がありますけども、それよりヤバいんじゃないのこれ……。


 さて、本文の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 ではスタート!


LVUR-Zombie1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ13 仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマー』を紹介するぞ!」


LVUR-Zombie2.JPG


ディケイド「ゾンビゲーマーは、バグルドライバーデンジャラスゾンビガシャットで変身する、ゲンムの強化形態だゲーム『デンジャラスゾンビ』のプレイヤーキャラクターをイメージした仮面ライダーであり、厳密にはアクションゲーマーとしてのゲンムとは別のライダーだぞ


LVUR-Zombie3.JPG


ディケイド「バストアップ。従来のゲンムとはかけ離れた、白と黒を基調とする骸骨のような禍々しい姿をしている。割れてオッドアイになったバイザーや左右非対称の装甲はボロボロになったゾンビを想起させるものとなっているぞ


LVUR-Zombie4.JPG


ディケイド「背中側。レベル1形態が存在しないから、顔は無く、背骨のような意匠になってる」


LVUR-Zombie5.JPG


ディケイド「ゾンビゲーマーは、これまでのLVURシリーズと違って、初の他の商品との連動を意識していない、“純粋なアクションフィギュア”としての商品だが……」


LVUR-Zombie6.JPG


ディケイド「『LVUR 08』に付属してるガシャコンスパローを装備させたり……」


LVUR-Zombie7.JPG


ディケイド「レベル3用バックルとエグゼイドに付属のガシャコンブレイカーを持たせて、復活後のゾンビアクションゲーマーを再現することも出来るぞ(厳密にはベルトやライフゲージ部分が違うから、完全再現は出来ないが)」


LVUR-Zombie8.JPG


ディケイド「それから、装甲はここまで外すことが出来る。今まで通り、ゲーマ装着用の穴も各部に空いてるから……」


LVUR-Zombie9.JPG


ディケイド「こんな具合に、一部のゲーマは装着することが出来るぞ」


LVUR-Zombie1.JPG


ディケイド「ゾンビゲーマーの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

LVUR-HunterGamer1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ10 ハンターゲーマ』を紹介するぞ!」


LVUR-HunterGamer2.JPG


ディケイド「ハンターゲーマは、ドラゴナイトハンターZのガシャットで召喚されるゲーマだ。モデルはラベルに描かれてるドラゴンだぞ」


LVUR-HunterGamer3.JPG


ディケイド「モチーフのゲームジャンルはハンティングゲームだ。4人プレーが定石のゲームなため、難易度が高いと言われているぞ


LVUR-HunterGamer4.JPG


ディケイド「後ろから。ライダーが装備する関係上、背中側はスカスカの構造になってる」


LVUR-HunterGamer5.JPG


ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『ド・ド・ドラゴ! ナ・ナ・ナ・ナ~イト! ドラ! ドラ!ドラゴナイトハンター! Z(ゼット)!だ!」


LVUR-HunterGamer6.JPG


ディケイド「一人ですべての武装を装備した形態は『フルドラゴン』と呼ばれる。他のガシャットよりも強力だが、その分、暴走してしまう危険性も孕んでいるぞ」


LVUR-HunterGamer7.JPG


ディケイド「レベル3の強化が『ゲーマに食べられる』がコンセプトだったのに対して、このハンターゲーマーは『ライダーが着ぐるみを着る』ってコンセプトでデザインされているぞ」


LVUR-HunterGamer8.JPG


ディケイド「ベルトのバックルも、ドラゴナイトハンターZガシャットが造形された専用のものだ」


LVUR-HunterGamer9.JPG


ディケイド「右腕の装備は、接近戦用のドラゴナイトブレードだ」


LVUR-HunterGamer10.JPG


ディケイド「左腕には射撃武器、ドラゴナイトガンが装備されている」


LVUR-HunterGamer11.JPG


ディケイド「背中側。翼と尻尾は、そのままゲーマと同じようについているぞ」


LVUR-HunterGamer12.JPG


ディケイド「もちろん、他のライダーでもフルドラゴンは可能だ。ただし……」


LVUR-HunterGamer13.JPG


ディケイド「劇中で一番使用していたブレイブは、左腕に盾の基部が造形されてる都合上、ドラゴナイトガンを綺麗に固定することは出来ないぞ」


LVUR-HunterGamer14.JPG


ディケイド「さて、このハンターゲーマは、4人が武装を分割して装備可能だ。エグゼイドの場合は頭部のドラゴナイトファングだ」


LVUR-HunterGamer15.JPG


ディケイド「ブレイブはドラゴナイトブレードと、右足の装甲を……」


LVUR-HunterGamer16.JPG


ディケイド「スナイプはドラゴナイトガンと左足の装甲を装備するぞ」


LVUR-HunterGamer17.JPG


ディケイド「武器は分割されるが、『ドラゴフォースリンク』が発動する事で、戦闘能力はフルドラゴンを上回っている」


LVUR-HunterGamer18.JPG


ディケイド「ブレード、ガン、クロー(脚部アーマー)をレーザー本体に合体させることで、レーザーのハンターバイクゲーマーレベル5も再現出来るぞ」


LVUR-HunterGamer19.JPG


ディケイド「とは言っても、フィギュアーツ版や『装動』版と違って中身がスカスカだから、どうしても貧相な印象はぬぐえないな……」


LVUR-HunterGamer20.JPG


ディケイド「ハンターゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 記事の方は、『ホビー雑誌コーナー』で行きたいと思います。

 では、スタート!


LG-Condor-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、コンドルを紹介するぞ!」


LG-Condor-2.JPG


サンクラ「コンドルは、デストロン・カセットロンの空中攻撃兵だ。時速250マイル(400km)で飛行し、戦闘によってダメージを受けた負傷者を狩る事を好むぞ。基本的に勇敢じゃなく、ピンチになればすぐ逃げだすタイプだ。英名の“レーザービーク”は、『レーザーの嘴』って意味だ」


LG-Condor-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。首はある程度自由に動かせるぞ。アニメでは非常に優秀なスパイといて活躍してて、トランスフォーマーが地球に落ちたのも、『ザ・ムービー』でのサイバトロンシティの決戦も、元をただせばこいつの偵察がきっかけになってる」


LG-Condor-4.JPG


サンクラ「横から。背部に装備した独立照準機能を持った2基のレーザーキャノンは非常に高精度に目標を補足することが可能だが、これらの武器のエネルギー源であるルビークリスタルが消耗して『弾切れ』を起こすとパニック状態に陥っちまう」


LG-Condor-5.JPG


サンクラ「G1版と。ビーストモードは、より実際の猛禽類に近い体型になったな」


LG-Condor-6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Condor-7.JPG


サンクラ「デバイスモード。ジャガーや海外版のランブルらと同じく、LG版は音楽デバイスに変形するぞ。内部の画面にカセットらしきものが映ってるのはジャガーと同様だ」


LG-Condor-8.JPG


サンクラ「G1版のカセットモードと。こうしてみると、LG版のシールはG1版のカセットのシールを模したデザインになってるのが分かるな」


LG-Condor-8.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Condor-10.JPG


サンクラ「ビークルモードは装甲車だ。LG版の説明書に書かれた解説によると、地を這うように走行するこのモードは、こいつにとって苦痛でしかないらしい」


LG-Condor-11.JPG


サンクラ「上部のピンにはヘッドマスターを立たせることが出来るぞ」


LG-Condor-12.JPG


サンクラ「説明書コミックじゃ、もうちょっとデザインの違うカーモードに変形して、メガトロン様を乗せてエイプフェイスの襲撃から脱出したぞ」


LG-Condor-13.JPG


サンクラ「付属してるヘッドマスターはエイプフェイスだ。海外版はドローンとのセットだったが、LG版じゃ、ウィアードウルフのラリゴやコンボバットのエイプXアームズに使われちまって、こいつ自身は単独だぞ」


LG-Condor-14.JPG


サンクラ「海外版と。LG版はアニメに合わせて、TR版から大幅にカラーリングが変更されてる」


LG-Condor-15.JPG


サンクラ「説明書コミックだと、いつまで経ってもトランステクターを手に入れられないエイプフェイスは、修行で頭部以外の変形を獲得したぞ。これは砲台モードだ(頭部の顔が平じゃねえから安定しないけどな)」


LG-Condor-16.JPG


サンクラ「これは恐竜モード。見立て変形もいいところだが、面白いっちゃあ面白いよな」


LG-Condor-17.JPG


サンクラ「コミックでは、強化された超能力でメガトロン様を無きものにして、デラクラッ社を乗っ取ろうとしたが、ガルバトロンボディに強制合体させられた上で、コンドルにボディごとショートさせられて鎮圧されたぞ」


LG-Condor-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版コンドルの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Jaguar-1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ジャガーを紹介するぞ!」


LG-Jaguar-2.JPG


サンクラ「ジャガーは、デストロン・カセットロンの諜報破壊兵だ。基本的に夜間の行動を好み、単独で行動する時に、その能力を最大限に発揮するぞ。海外名の“ラヴィッジ”は、『破壊、略奪』って意味だ」


LG-Jaguar-3.JPG


サンクラ「頭部アップ。細長いが、しっかりネコ科の生物らしく見えるな。いつも仲間からは離れて行動してるが、その任務の達成率の高さは、仲間達から高い評価を得てる。弱点は、光に対して非常に敏感なため、強力な光で目が眩んじまい易い事だ」


LG-Jaguar-4.JPG


サンクラ「横から。電磁フィールドを張り巡らせることで、暗がりに溶け込んで無音で歩き、敵の探知を逃れることが出来るぞ」


LG-Jaguar-5.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は腰に熱源探知ミサイルを装備してる。余談だが、『2010』以前はサウンドウェーブに収容されなきゃ喋れなかったが、説明書コミックでは『BWメタルス』登場時の『にゃ』口調で普通に話してたぞ」


LG-Jaguar-6.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。ボディラインはスッキリしてる分、ヘケヘケ版の方が実際のジャガーに近いな」


LG-Jaguar-7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Jaguar-8.JPG


サンクラ「デバイスモード。G1時代はマイクロカセットテープに変形してたが、LG版じゃ時代の流れか、音楽デバイスに変形するぞ。画面部分には、カセットらしき意匠があるけどな」


LG-Jaguar-9.JPG


サンクラ「各種デバイスモードのジャガー。ヘケヘケ版は『板状の謎物質』だよな……」


LG-Jaguar-10.JPG


サンクラ「もいっちょ、トランスフォーム!」


LG-Jaguar-11.JPG


サンクラ「LG版は、デバイスモードの他にビークルモードにもなれるトリプルチェンジャーだ。今まで飛行可能はジャガーは度々登場したが、“飛行機そのもの”に変形するジャガーはこれが初だぞ」


LG-Jaguar-12.JPG


サンクラ「機体上部には接続ピンがあるから、ヘッドマスターを立たせることが可能だ」


LG-Jaguar-13.JPG


サンクラ「付属してるヘッドマスターはブルホーンだ。元々は『超神マスターフォース』に登場したデストロンヘッドマスターJr.の一人で、メキシコ出身の17歳だ。怪力自慢で時に皮肉屋だが、根は友人思い出のんびり屋だぞ」


LG-Jaguar-14.JPG


サンクラ「背中側。モノはTR版テリ・ブルのリカラーだぞ」


LG-Jaguar-15.JPG


サンクラ「G1時代はバッファローモンスター型のトランステクターにヘッドオンしてたが、LGの説明書コミックじゃ、クレイジートロン達から盗んだトランステクターの内、同じパワータイプであるスカルのトランステクターに合体したぞ」


LG-Jaguar-16.JPG


サンクラ「バストアップ。ヘッドモードのデザインは、G1版を忠実になぞってるぞ」


LG-Jaguar-1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ジャガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル2』を紹介するぞ」


Lazer-LV2-2.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザーは、九条貴利矢(くじょう・きりや)が変身する仮面ライダーだ。ジャンルはレースゲームだぞ。他のライダーとは大きく異なり、レベル2ではバイクに変形するのが特徴だ


Lazer-LV2-3.JPG


ディケイド「正面から。レベル2がバイク型になる理由としてはメインライターの高橋悠也と檀黎斗役の岩永徹也は、黎斗は貴利矢が目障りであったため使いづらいガシャットを与えたと解釈しているらしい


Lazer-LV2-4.JPG


ディケイド「車体左側面。この姿でも単独で動けるが、性能を完全に引き出すには運転者が必要だ」


Lazer-LV2-5.JPG


ディケイド「右側面。『エグゼイド』ライダーの特徴であるコントロールボタンやライダーゲージは、両側面に配置されてる。余談だが、ベース車両は『鎧武』や『ゴースト』のバイクメカと同じものだ」


Lazer-LV2-6.JPG


ディケイド「後ろから。テールランプはクリアパーツだぞ」


Lazer-LV2-7.JPG


ディケイド「今度は上から。他のライダーでは背中に来るレベル1の顔や、ゲーマドライバーはすべてフロント~シート部に集約されてる」


Lazer-LV2-8.JPG


ディケイド「ゲーマドライバーには、爆走バイクのガシャットが装填されてる。正面プレートや『GAMER DRIVER』の文字もしっかりペイントで再現されてるぞ」


Lazer-LV2-9.JPG


ディケイド「ガシャットは他のライダーと同じく脱着可能、レバーも開閉可能だ」


Lazer-LV2-10.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用の薄手のゲーマドライバーとエグゼイドの騎乗用手首、スタンド補助パーツだ」


Lazer-LV2-11.JPG


ディケイド「補助パーツを使えば、こんな風に空中を飛翔するイメージも作れるぞ(ただし、スタンドである『魂STAGE』は別売りだ)」


Lazer-LV2-12.JPG


ディケイド「エグゼイドを乗せたところ。この時は、ゲーマドライバーは薄手の物に交換するぞ」


Lazer-LV2-13.JPG


ディケイド「『LVUR』版と。LVUR版は低年齢玩具で変形ギミックもあるからモールドも甘いが、フィギュアーツ版はリアルなバイクの仕上がりになってる」


Lazer-LV2-1.JPG


ディケイド「仮面ライダーレーザー レベル2の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 あと、アメブロの方にバジの前髪の補修記事も書いたので、よろしければそちらも……。

 余談ですが、ブログで「お早う御座います」って書いたのは初めてかも知れません(笑)。


 記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


Build.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム』を紹介するぞ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドは、桐生戦兎(きりゅう・せんと)がビルドドライバーラビットフルボトルタンクフルボトルを装填して変身した、仮面ライダービルドの基本フォームだ。変身時の音声は『鋼のムーンサルト! ラビットタンク!』だぞ」


Build.JPG


ディケイド「バストアップ。アンテナはラビットはウサギの耳、タンクは戦車の砲塔をイメージしてる。左襟の突起物のデザインモチーフはウサギの耳だが、仮面ライダーの記号である風になびくマフラーを意匠化したものだ」


Build.JPG


ディケイド「背中側。デザイン当初は赤と青の部分が大きかったが、フォームチェンジ数が多いことから下半身は黒が多く占めるものとなったぞ」


Build.JPG


ディケイド「ビルドドライバーには、クリアパーツのラビットフルボトルとタンクフルボトルが装填されてる。ビルドドライバーのレバーは、実際に回転させることが出来るぞ」


Build.JPG


ディケイド「各フルボトルは、このサイズで脱着可能だぞ」


Build.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首が5つだ。今までと違って、武器は同梱されていないぞ」


Build.JPG


ディケイド「交換用手首を使えば、ビルドドライバーのレバーを回転させるシーンを再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「他にも、決めポーズ用の手首で『勝利の法則は、決まった』のポーズや……」


Build.JPG


ディケイド「決めポーズも再現可能だ」


Build.JPG


ディケイド「仮面ライダービルドの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 こんにちは。アカサカです。

 台風で避難指示が出てる地域ありますが……山さん倉麻さんのとこ、大丈夫かなぁ……


 あと、今日もアメブロの方に『幻想生物百科』のネタを投稿してきました。

 今日は、とある悪魔を扱ってます。


 さて、こちらの記事は『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、本文スタート!


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、シックスショットを紹介するぞ!」


LG-Sixshot2.JPG


サンクラ「シックスショットは、デストロンの忍者参謀だ。ガルバトロン様にダイノベースの指揮官として呼び寄せられたぞ。一人称は『拙者』で、口調も時代がかった侍口調だ。かつてはエネルギーギャングで、クロームドームの親友、アベルの命を奪ったこともあるぞ。ガルバトロン様が行方不明になった後はメガザラックに仕えたが、その直言をはばからない性格が次第に疎まれ、暗殺されそうになった事を機に、軍団から離反したぜ」


LG-Sixshot3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はTR版からリデコされてる。アニメじゃ、終盤でダニエルと友情を育んだものの、あくまでアウトロー的なデストロンだったが、コミック版ではテックスペックの『任務には忠実だが、子供や動物を愛する』って設定を掘り下げたストーリーもあったぞ」


LG-Sixshot4.JPG


サンクラ「TR版と同じく、頭部はメット仕様だ。ヘッドマスターも、額に第三の眼があるようなデザインになってるぞ」


LG-Sixshot5.JPG


サンクラ「背中側。ボディそのものには、カラーリング以外は特に変更点はねえ」


LG-Sixshot6.JPG


サンクラ「ヘッドマスターは完全新規だ。御覧の通り、シックスショット本人をそのまま縮めたようなデザインだぞ」


LG-Sixshot7.JPG


サンクラ「TR版のタイタンマスターである、リボルバーと。リボルバーは、劇中でこいつが殺した(も同然な)クロームドームのもう一人の親友、ジャックの外見になってるが……」


LG-Sixshot8.JPG


サンクラ「武器は二挺のレーザーガンだ」


LG-Sixshot9.JPG


サンクラ「今までのヘッドマスターと同じく、武器は合体させてヘッドマスター用のビークルになるぞ」


LG-Sixshot10.JPG


サンクラ「TR版との比較だ。緑部分は青みがかった色になったほか、脚部の紫部分の面積も増えてる。TR版で貼られてたシールは削除されてるぞ」


LG-Sixshot11.JPG


サンクラ「特に上半身に違いが目立つな」


LG-Sixshot12.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Sixshot13.JPG


サンクラ「まずはバトルタンクモード。説明書付属のコミックじゃ、ウルトラマグナスに先制攻撃をかけたぞ」


LG-Sixshot14.JPG


サンクラ「ジェットモード。マグナスの反撃を避けて、すかさずこのモードにチェンジした」


LG-Sixshot15.JPG


サンクラ「バトルカーモード。カーキャリーモードのウルトラマグナスと正面から激突して、ヤツを倒したぞ」


LG-Sixshot16.JPG


サンクラ「オオカミモード。狼の頭部にヘッドマスターが合体して完成するのはTR版と同じだ」


LG-Sixshot17.JPG


サンクラ「サブマリンモード。コミックでは、ダニエルが搭乗して衛星刑務所のマグマの中に待機していたぞ」


LG-Sixshot18.JPG


サンクラ「サブマリンモードをひっくり返せばレーザーガンになるのもTR版と同じだ。アイキャッチでおなじみの形態だな」


LG-Sixshot19.JPG


サンクラ「そして、ウイングウルフモード。ウルトラマグナスを葬った第7の形態だ。今回は、付属コミックに近い組み方をしてみたぞ」


LG-Sixshot1.JPG


サンクラ「レジェンズ版シックスショットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

LG-Gong1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ゴングを紹介するぞ!」


LG-Gong2.JPG


サンクラ「ゴングは、サイバトロン・ミニボットの攻撃員だ。地球はこいつにとって過酷な環境だが、むしろそれを好んでるぞ。『怪力ゴング』を自称する最も力の強いサイバトロンの一人で、ミニボットながら、小さな建物ならパンチの一発で倒壊させちまう。武骨で親分肌、時に頑固でもある。海外名の“ブローン”は『筋肉、筋力、腕力』って意味だ」


LG-Gong3.JPG


サンクラ「バストアップ。頭部はアニメにそっくりな造形だ。『ザ・ムービー』冒頭で、スタースクリームが発砲したガンモードのメガトロン様の銃撃を受けて、作中初の戦死者になったぞ」


LG-Gong4.JPG


サンクラ「背中側。ボディ前面と違って、グリーン一色でまとめられてるな。砲火への高い耐性を誇るが、単純な回路だから電磁波などの攻撃に対して無防備だ」


LG-Gong5.JPG


サンクラ「G1版やアニメ版じゃ素手だったが、LG版には車両後部が変形した盾が付属してるぞ」


LG-Gong6.JPG


サンクラ「G1版と。G1版は、『ミクロマン』のミクロロボットCAR・ジープの流用だ。LG版は、ミクロマン時代に近いカラーリングだぞ。顔はともかく、頭部や胸部のデザインはG1版の流れを汲んでる事がわかるな」


LG-Gong7.JPG


サンクラ「今度は『変形!ヘンケイ!』版と。造形はだいぶ近くなったが、なぜかヘケヘケ版は顔が黒く塗られてる」


LG-Gong8.JPG


サンクラ「さらに、ゴングはこのバージョンの前に、ヘッドマスター仕様のものが発売されてる(画像は海外のTR版だ)。LG版の説明書コミックじゃ、このゴングは『ヘッドマスターのゴングが購入した中型ボディの着ぐるみ』っていう設定になったぞ」


LG-Gong9.JPG


サンクラ「ヘッドマスター版ゴングのヘッドモードと。どっちもアニメ設定が元になってるから、造形はそっくりだ」


LG-Gong10.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Gong11.JPG


サンクラ「ビークルモードはジープだ。アニメでは、バンパー部分からドリルを出して地中を掘り進んだこともあるぞ」


LG-Gong12.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。LG版は、より現代的なアレンジがされてるぞ」


LG-Gong13.JPG


サンクラ「今度はヘケヘケ版と。G1版に比べると発売された年代が近いから、デザインも近い感じだな」


LG-Gong14.JPG


サンクラ「さて、このLG版ゴングには、ヘッドマスター仕様のリパッグが付属してる。ファイヤーボットの一員だが、詳しくはまた、こいつの記事で紹介するぞ」


LG-Gong15.JPG


サンクラ「リパッグはヘッドモードに変形可能だ。デザインはアニメ版のこいつのロボットモードのものになってるぞ」


LG-Gong16.JPG


サンクラ「さらにゴングのビークルモードには、リパッグや他のヘッドマスターを乗車させることが出来るぞ」


LG-Gong1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ゴングの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

Toucon1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゴースト 闘魂ブースト魂』を紹介するぞ」


Toucon2.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂は、ゴーストドライバーに闘魂ブーストゴースト眼魂を装填し、赤と黒の闘魂ブーストゴーストを纏った、仮面ライダーゴーストの強化形態だ。体内に秘めた熱エネルギーをパンチやキック、武器にまとっての強力な攻撃を繰り出す。さらに、闘魂ブースト魂の状態からゴーストチェンジを行うことにより、トランジェントが闘魂ブースト魂のまま、各種スペックが通常時よりも強化された派生形態へと変身することができるぞ。変身音声は『俺がブースト!奮い立つゴースト!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!』だ


Toucon3.JPG


ディケイド「バストアップ。顔全体が複眼状になっている点はオレ魂と変わらないが、ヴァリアスバイザーに浮かぶ黒い模様はをかたどってるぞ。襟の先端にも炎のようなパーツが付き、さらに額の一本角『フレイムウィスプホーン』も火炎の意匠になってる


Toucon4.JPG


ディケイド「背中側。こっちは前面とは対照的に、オレ魂との相違はそこまで無いな」


Toucon5.JPG


ディケイド「胸部。オレ魂やスペクターと違って、目の意匠は立体的な造形になってる。ゴーストドライバーに闘魂ブースト眼魂の絵柄が描かれてるのはこれまでと同じだぞ」


Toucon6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。交換用手首は、スペクターからさらに増えた5種類だ。他に武器のサングラスラッシャーと交換用のフードパーツ、オレゴースト眼魂、ムサシゴースト眼魂が付属してるぞ」


Toucon7.JPG


ディケイド「これまで通り、フードをかぶった状態も再現可能だ」


Toucon8.JPG


ディケイド「交換用手首は、こんな具合に陰陽師のようなポーズや……」


Toucon9.JPG


ディケイド「印を組んだポーズを再現可能だぞ」


Toucon10.JPG


ディケイド「サングラスラッシャーは、主に闘魂ブースト魂が使用する武器だ。こっちは炎のエネルギー弾を発射するブラスターモードだ


Toucon11.JPG


ディケイド「刀身の部分を交換することで、剣形態であるソードモードにも変形可能だぞ」


Toucon12.JPG


ディケイド「さらに、サングラスを模したカバー『メガシェイド』には、この小サイズながら付属の眼魂を設定通りに装填出来るぞ


Toucon1.JPG


ディケイド「闘魂ブースト魂の紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 アメブロの方に、さっそく前回の企画の第1回を投稿してきました。

 取り敢えず、こんな感じのスタンスで進めていきたいなぁと思っています。


 こちらの記事は、『ホビー雑誌コーナー』です。


 では、本文スタート!


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ハードヘッドを紹介するぞ!」


LG-Hardhead2.JPG


サンクラ「ハードヘッドは、サイバトロンヘッドマスターズの地上攻略員だ。体力が有り余ってるからか、血気盛んなクロームドームと行動を共にすることが多いが、本来は自然を愛する性格だ」


LG-Hardhead3.JPG


サンクラ「バストアップ。他のメンバーと同じく、頭部はアニメ『ザ☆ヘッドマスターズ』のデザインで新規作成されてる。右肩に背負ってるのはハードキャノンだ。ちなみに趣味はカラオケっていう、当時としてはバリバリに日本臭い趣味の持ち主だぞ」


LG-Hardhead4.JPG


サンクラ「『TR』版と比較してみた。グレーのパーツがココアブラウンになってる他、TR版で黒いパーツも、一部同じ色になってる。塗装パターンやサイバトロンマークの位置も変わってるぞ」


LG-Hardhead5.JPG


サンクラ「今度はヘッドマスターの比較だ。TR版のデュロスも、海外版じゃ塗装が細かい方だったが、LG版はさらに額まで塗られてる。ちなみに、国内版での本名はロスだ」


LG-Hardhead6.JPG


サンクラ「武器はさっきも紹介した右肩のハードキャノンの他、ハードレーザーだ。重火力だが接近戦が得意で、ハンマー投げって必殺技を持ってるぞ」


LG-Hardhead7.JPG


サンクラ「パートナードローンはタンケッテだ。こう見えてもで、秘書のような性格だぞ。ハードヘッドの事を隊長って呼んで慕ってる」


LG-Hardhead8.JPG


サンクラ「タンケッテはジェット型にも変形可能だ。モノとしてはTR版スカイトレッド(フライホイール)付属のドローンのリカラーだぞ」


LG-Hardhead9.JPG


サンクラ「他にも、タンケッテは武器モードに変形可能だ


LG-Hardhead10.JPG


サンクラ「それじゃ、トランスフォーム、ダッシュ!」


LG-Hardhead11.JPG


サンクラ「ビークルモードは高速戦車だ。もちろん、コクピットにはヘッドマスターが搭乗可能だぞ」


LG-Hardhead12.JPG


サンクラ「今度はビークルモードでTR版と並べてみた。こっちのモードだと、特に大きな違いはねえな」


LG-Hardhead1.JPG


サンクラ「レジェンズ版ハードヘッドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 TFシージ、ついにアースモードがちょこちょこ出るようですね(コンボイ、スタスク、グラップル)。

 早まってシージコンボイの汚し塗装落とさなくて良かったかも……。(^ ^;) しかしランボルやハウンドが出たらなんかヤだな……。


 どうせなら最近まともにリメイクされてないクリフ(『プライム』クリフジャンパーの頭部替えはなんか違うし)が出てほしいところですが……。


 さておき、本文は『ホビー雑誌コーナー』です。

 ではスタート!


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、バンブル&エクセルスーツスパイクを紹介するぞ!」


LG-Bunble2.JPG


サンクラ「バンブルは、サイバトロン・ミニボットの情報員だ。小型だが熱心で勇敢であり、そのサイズを活かして他の連中が行けない、あるいは行きたがらない所にも敢えて赴くぞ。任務柄水中行動も可能だ。英名のバンブルビーは、『マルハナバチ』の事だぞ」


LG-Bunble3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメの日本吹き替え版じゃ、一人称が『オイラ』の少年キャラとして描写されたぞ(ちなみに原語版じゃ、普通の中年キャラだ)。『恐らく最小っていうのが一番危険になるのさ』って座右の銘に違わず、自分のサイズをむしろ誇ってるが、一方で大柄なコンボイやプロールを尊敬してもいる」


LG-Bunble4.JPG


サンクラ「背中側。小型アイテムの宿命か、肉抜き穴が目立ってるな(苦笑)」


LG-Bunble5.JPG


サンクラ「G1版との比較だ。G1版はマスクフェイスだが、アニメじゃヒューマンフェイスとして描写されてて、以後のリメイクでもそれを引き継いでる。余談だが、バンブルが生まれ変わったゴールドバグも、G1版のマスクフェイスを受け継いでるぞ」


LG-Bunble6.JPG


サンクラ「お次はEZコレクション版。LG版はEZ版をそのままブラッシュアップしたようなデザインだが、色合いはLG版の方がアニメに近いな」


LG-Bunble7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


LG-Bunble8.JPG


サンクラ「ビークルモードはコンパクトカーだ。全てのサイバトロンの中で最もエネルギー効率が良く、燃料1ユニット分を他の仲間より1.8倍以上使えるんだぜ」


LG-Bunble9.JPG


サンクラ「ビークルモードでG1版と。G1では、フォルクスワーゲンに変形していたぞ」


LG-Bunble10.JPG


サンクラ「EZコレクション版と。ビークルモードのスタイルは、ロボットモード以上によく似てるな」


LG-Bunble11.JPG


サンクラ「続いてはスパイクだ。初めてTFが地球で目覚めて、油田基地でオレ達デストロンに襲われたところをサイバトロンに助けられて以来、サイバトロンに協力してる地球人だ。特にバンブルとは、種族を越えた親友同士だぞ。今回は『2010』以降に登場したエクセルスーツ(強化服)版での商品化だ」


LG-Bunble12.JPG


サンクラ「エクセルスーツはアニメじゃ車両型に変形してたが、今回はヘッドモードになる。形状は『ザ・リバース』でこいつが組んだセレブロスのデザインだが、造形は全てLG版で新造されてるぞ」


LG-Bunble13.JPG


サンクラ「画像じゃわかりにくいが、スパイクはバンブルに搭乗可能だ。『2010』の16話じゃ、久々にバンブルに乗車して『こうしていると、昔を思い出すな』って発言してたぞ」


LG-Bunble1.JPG


サンクラ「レジェンズ版バンブル&スパイクの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 昨日はアメブロの方にグリスブリザードナックルの簡易レビューを投下してきました。

 向こうならではのコーナーも企画中ですが、はてさて……。


 本文の方は『ホビー雑誌コーナー』の記事です。

 では、スタート!


Specter1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダースペクター』を紹介するぞ」


Specter2.JPG


ディケイド「仮面ライダースペクターは、深海マコト(ふかみ・まこと)ゴーストドライバースペクターゴースト眼魂で変身した仮面ライダーだ。戦闘経験を積んできたマコトが変身するため、仮面ライダーゴーストを上回る戦闘能力を発揮し、同じゴースト眼魂を使用してもスペックで勝っているぞ。変身音声は『レディゴー!覚悟!ド・キ・ド・キ!ゴースト!』だ」


Specter3.JPG


ディケイド「バストアップ。ゴーストが一本角なのに対して、スペクターは二本角だ。マスク『ヴァリアスバイザー』に浮かぶ模様『フェイスバーサーク』は、当初敵として登場することから悪そうな形相にデザインされているぞ。『俺の生き様、見せてやる!』が決め台詞だ


Specter4.JPG


ディケイド「背中側。基本的にはゴーストのリデコで、パーカーのシワなんかも同じ形になってるぞ」


Specter5.JPG


ディケイド「胸部。ゴーストと同じようにクリアパーツで覆われてて、ゴーストドライバーにもスペクターゴースト眼魂の絵柄が描かれてる。ボディのラインは心電図がモチーフだ」


Specter6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。武器であるガンガンハンドと交換用手首はゴーストよりも多い三種類、それから交換用のフードパーツだ」


Specter7.JPG


ディケイド「こっちもフードを交換することで、変身直後のフードをかぶった状態も再現できるぞ」


Specter8.JPG


ディケイド「ガンガンハンドはスペクターの基本武器だ。この形態ではこのロッドモードを主体にして戦うぞ


Specter9.JPG


ディケイド「設定通り、ライフルモードにも変形可能だ。主にノブナガ魂の状態で使用するから、火縄銃の意匠がデザインされているぞ」


Specter10.JPG


ディケイド「ゴーストと同じように、初回版には特典として、同サイズの眼魂が付属してる。黒はスペクターゴースト眼魂、紫はノブナガ、黄色はエジソン、水色はツタンカーメン、そしてピンクはマコトの妹である深海カノンの眼魂だ」


Specter11.JPG


ディケイド「スペクターとの比較。サイズは極小ながら、しっかり塗り分けがされてるぞ」


Specter1.JPG


ディケイド「仮面ライダースペクターの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

StarConvoy1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFジェネレーションセレクト』から、スターコンボイを紹介するぞ!」


StarConvoy2.JPG


サンクラ「まずはコンボイ。『ザ★ヘッドマスターズ』で再び死亡した後、デストロンの衛星基地ルシファーに遺体が保管されてたが、サイバトロンに取り返された後、ダイアトラスのゾディアックで復活したぞ。モノは『パワーオブザプライム』版オプティマスプライム付属のオライオンパックスを、大幅にリデコしたものだ」


StarConvoy3.JPG


サンクラ「バストアップ。今回の造形は、同時期に海外で展開してたアクションマスター版(国内未発売)がモチーフとも言われてる。黄色い目や、マスクに入ったスリットが、初代玩具版のコンボイを思わせるな」


StarConvoy4.JPG


サンクラ「背中側。ギミックは特にオライオンから変更はねえ。余談だが、変形法や背中にビークル時のフロントが来るのを含めて、パワーマスターコンボイに近い変形だ」


StarConvoy5.JPG


サンクラ「武器は二挺のライフルだ。この状態では、特に名称はねえ」


StarConvoy6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


StarConvoy7.JPG


サンクラ「コンボイのボディがコアブロックになり……」


StarConvoy8.JPG


サンクラ「マトリクスを収納!」


StarConvoy9.JPG


サンクラ「後部トレーラーが変形したボディにドッキングして……」


StarConvoy10.JPG


サンクラ「スターコンボイの誕生だ!」


StarConvoy11.JPG


サンクラ「スターコンボイは、サイバトロンの総司令官だ。身長45メートル、体重2千トンっていう、合体戦士並みの巨大な体躯を誇るぞ。当時はスターコンボイが単体で巨大ビークル・基地に変形してたが、『ジェネレーションセレクト』版は上記の通り、コンボイがコアとして合体して完成する仕様になってる


StarConvoy12.JPG


サンクラ「バストアップ。角と胸部の星のエンブレムはメッキパーツだ。両肩のキャノン砲を含めて、今までのコンボイには無かった『いかにも日本製のヒーローロボット』といったデザインが特徴的だな」


StarConvoy13.JPG


サンクラ「背中側。折りたたまれたコンボイの脚部が、ちょうどバックパックみたいになってる。以外にも、巨大ボディ側は本体に比べるとそこまで大きくはリデコされてねえ」


StarConvoy14.JPG


サンクラ「武器はコンボイガンだ。『初代』時代からの、コンボイの愛銃のデザインを受け継いでる。ちなみにG1時代はギャラクシーボンバーって名前だったぞ」


StarConvoy15.JPG


サンクラ「コンボイガンにはマトリクスを接続して強化することも出来るぞ。今までのシリーズでいう、マトリクスセイバーみたいなもんだな」


StarConvoy16.JPG


サンクラ「それじゃ、トランスフォーム!」


StarConvoy17.JPG


サンクラ「コンボイ本体がキャブに変形し……」


StarConvoy18.JPG


サンクラ「巨大ボディが変形したトレーラーと合体して、ビークルモードの完成だ」


StarConvoy19.JPG


サンクラ「横から。スーパーロボットモードとは対照的に、初代コンボイを思わせる、実車に近いトレーラーに変形するぞ」


StarConvoy20.JPG


サンクラ「コンボイガンは、ビークルモードでも装備可能だ。これは、リデコ元のオプティマスから引き継いだギミックだな」


StarConvoy21.JPG


サンクラ「スターコンボイの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 ども、今晩は、アカサカです。

 先日『シージ』のバトルマスターを二つ(エイムレスとカリバースト)買ったので、アメブロの方でちょっと記事を書きました。


 こちらの記事はシージ版ダイノボット、最後の一人(厳密に言えばスラッシュがいますが彼女は持ってない)です。


 では、本文スタート!


POP-Swoop1.JPG



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、スワープを紹介するぞ!」


POP-Swoop2.JPG


サンクラ「スワープは、ダイノボット部隊の砲撃戦士だ。空から強襲し、敵が逃げまどう姿を見るのを好む一方、ダイノボットの中では比較的知能が高く、親しみやすい性格だぞ。名前は『降下、飛び掛って襲い来る』って意味だ」


POP-Swoop3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメじゃ、スナールと共に追加で製作されたダイノボットだ。ボディはG1版トイじゃ他のメンバーと同じく赤だったが、このPOP版ではアニメ版に合わせて青いボディになってる。ちなみに、海外じゃ限定として、赤いボディのリペイント版も発売されたぞ」


POP-Swoop4.JPG


サンクラ「背中側。全員が飛行可能なダイノボットの中でも特に空中戦を得意としてるが、翼は脆い部分で、メンバーで最も撃たれ弱いって弱点も持ってる」


POP-Swoop5.JPG


サンクラ「武器は4千℃のサーマル・ソードとプライムアーマーだ。ビーストモードの頭部が胸部に来てるデザインのせいか、プライムアーマーは胸部に装備できねえが、その代わり、腕に取り付ける事が可能だぞ」


POP-Swoop6.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


POP-Swoop7.JPG


サンクラ「ビーストモードはプテラノドンだ。時速約400kmで飛行可能だぞ」


POP-Swoop8.JPG


サンクラ「ちなみに、POP版はビーストモードでも直立させる事も出来るぞ。アニメじゃ、他のメンバーと違うモチーフの選定は『変化をつけるため』って理由になってる」


POP-Swoop1.JPG


サンクラ「スワープの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

POP-Snal1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、スナールを紹介するぞ!」


POP-Snal2.JPG


サンクラ「スナールは、ダイノボット部隊の砂漠戦士だ。口数が少なく、戦いの中にのみ喜びを見出してるぞ。名前は『歯をむき出しにして唸る』って意味で、アニメでも吠えるような声色で話してたぞ」


POP-Snal3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメではグリムロックらの後に、スワープと共に追加で製作されたメンバーだ。何故か『ザ・ムービー』では、ダイノボット部隊の中じゃワンシーンしか登場してねえ」


POP-Snal4.JPG


サンクラ「背中側。ビーストモードの尻尾が肩アーマーになってる、装飾性の強いデザインだな」


POP-Snal5.JPG


サンクラ「武器はソードとプライムアーマーだ」


POP-Snal6.JPG


サンクラ「プライムアーマーは、これまで通り胸部への装着や、プライムマスターの合体が可能だぞ」


POP-Snal7.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


POP-Snal8.JPG



サンクラ「ビーストモードがステゴサウルスだ。背中のプレートはソーラーコレクターで、陽光の下で体力を十倍に増幅できる。アニメでも、その能力が解説されてたぞ」


POP-Snal9.JPG


サンクラ「横から、尾は一撃で約6mのコンクリート立方体を粉砕できる。他に、アニメじゃ鼻からもビームを発射してたぞ」


POP-Snal10.JPG


サンクラ「武器とプライムアーマーは、ビーストモードでも装備可能だ」


POP-Snal1.JPG


サンクラ「スナールの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

POP-Sludge1.JPG



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、スラージを紹介するぞ!」


POP-Sludge2.JPG



サンクラ「スラージは、ダイノボット部隊の密林戦士だ。温和で引っ込み思案だが、戦闘では恐ろしく、制止できねえ。水中や湿地、沼地での戦いが得意だ。名前もそれを現してて、『汚泥、ぬかるみ』って意味だ」


POP-Sludge3.JPG



サンクラ「バストアップ。アニメじゃ敵と味方がどっちか分からない時に『これ(自分たちのエンブレム)をつけてる方が味方だと思う』って知恵を見せた一方、メガトロン様には『バカ』と分析されたぞ」


POP-Sludge4.JPG



サンクラ「背中側。ビーストモードの外装を翼みたいに背負ってるのは、他のダイノボットにもみられる特徴だな」


POP-Sludge5.JPG



サンクラ「武器はライフルとプライムアーマーだ」


POP-Sludge6.JPG



サンクラ「プライムアーマーは、もちろんプライムマスターとの合体や蓋を小銃にできるギミックがあるぞ」


POP-Sludge7.JPG




サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


POP-Sludge8.JPG



サンクラ「ビーストモードはブロントサウルスだ。足の一踏みで鉄橋を破壊し、山を砕くのに十分な圧力を加えられる。フレンジーの奴なんざ、こいつのせいで実物の恐竜模型にもビビる位のトラウマを植え付けられちまった」


POP-Sludge9.JPG



サンクラ「横から。わかりづらいが、トイはスラッグとパーシャルだ。測り知れない体力と持久力を持ってて、装甲は強力な爆発にも耐えるが、鈍重で利口じゃねえから、しばしば自分が起こした災害の被害者になっちまうぞ」


POP-Sludge10.JPG



サンクラ「武器やプライムアーマーはビーストモードでも装着可能だ」


POP-Sludge1.JPG


サンクラ「スラージの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

POP-Salg1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、スラッグを紹介するぞ!」


POP-Salg2.JPG


サンクラ「スラッグは、ダイノボット部隊の火炎戦士だ。向こう見ずで怒りっぽく、意地の悪い性格だぞ。性格の悪さから、トラブルにあっても仲間から助けてもらえない場合もあるんだぜ」


POP-Salg3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメじゃ赤い顔で目が青だったが、POP版は初代トイに準じた黒い顔に赤い目だ。アニメではその性格から、メガトロン様に『喧嘩好き』って分析されてたぞ」


POP-Salg4.JPG


サンクラ「背中側。ビーストモードの上半身がそのままだから、丸っこくて重厚な背中になってる」


POP-Salg5.JPG


サンクラ「武器はエレクトロブラスターと合体パーツだ。この合体パーツはUW版のキャラが持ってるものと違って……」


POP-Salg6.JPG


サンクラ「プライムアーマーとして、胸部に装備することが可能だ」


POP-Salg7.JPG


サンクラ「このプライムアーマーには、スパークコアに変形したプライムマスターが合体できる。これによって各種能力が強化されるって設定だ。ちなみに、取り外したプライムアーマーの蓋部分は小銃になるぞ」


POP-Salg8.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


POP-Salg9.JPG


サンクラ「ビーストモードはトリケラトプスだ。口から三千度の炎を吐いて、相手をドロドロに溶かしちまう。アニメでは、角からビームも発射してたぞ」


POP-Salg10.JPG


サンクラ「横から。『ザ・ムービー』じゃ、グリムロックと口喧嘩する一幕もあったが、『2010』じゃそのグリムロックが死んだと勘違いした時は部隊に指示を出すなど、チームのサブリーダー的存在でもあったぜ」


POP-Salg11.JPG


サンクラ「プライムアーマーは、ビーストモードでも背中に装着可能だ」


POP-Salg1.JPG


サンクラ「スラッグの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 こんにちは、アカサカです。

 サイトを更新しました。今日は『ホビー雑誌コーナー』です。


 記事の方も『ホビー雑誌コーナー』で行きたいと思います。

 では、本文スタート!


Ghost1.JPG


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーゴースト オレ魂』を紹介するぞ」


Ghost2.JPG


ディケイド「仮面ライダーゴースト オレ魂は、天空時タケル(てんくうじ・たける)がゴーストドライバーオレゴースト眼魂で変身した仮面ライダーだ。ゴーストの基本形態で、幽霊のように浮遊して敵を翻弄する戦法を得意とするぞ。変身音声は『レッツゴー!覚悟!ゴ・ゴ・ゴ!ゴースト!』だ」


Ghost3.JPG


ディケイド「バストアップ。額には一本角『ウィスプホーン』があって、マスク『ヴァリアスバイザー』からは、下のトランジェントのマスクが透けて見えるぞ」


Ghost4.JPG


ディケイド「背中側。装備してるパーカーはゴーストでもあるから、裾が幽霊のようなデザインになってる」


Ghost5.JPG


ディケイド「胸部パーツは、表面がライブスーツと同じようにクリアパーツで覆われて、模様もそこに描かれてる。ゴーストドライバーには、このサイズながらオレ魂の絵柄がプリントされてるぞ」


Ghost6.JPG


ディケイド「付属品はこちら。武器であるガンガンセイバーと交換用手首が二種類、それから交換用のフードパーツだ」


Ghost7.JPG


ディケイド「フードを交換することで、変身直後のフードをかぶった状態も再現できるぞ」


Ghost8.JPG


ディケイド「ガンガンセイバー。パーツの組み換えで様々な形態に変形できるぞ。デザインモチーフには、ゴーストつながりで西洋館、さらにろうそくやシャンデリアの意匠が盛り込まれてる」


Ghost9.JPG


ディケイド「付属しているガンガンセイバーは、組み替えてガンモードに変形可能だ。残念ながら二刀流モードや薙刀モードには出来ないぞ」


Ghost10.JPG


ディケイド「初回版には同スケールのユルセンが付属してる。仙人の使い魔で、口が悪く毒舌家な反面、人間臭い性格だ。正体は仙人が飼っていた猫だった事が、ラストで判明してる」


Ghost1.JPG


ディケイド「仮面ライダーゴーストの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

POP-Grimlock1.JPG


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFパワーオブザプライム』から、グリムロックを紹介するぞ!」


POP-Grimlock2.JPG


サンクラ「グリムロックは、ダイノボット部隊の指揮官だ。最も恐ろしく強力なダイノボットで、サイバトロンの大義に身を捧げてはいるが、権威には反抗的だ。冷淡で無慈悲、人間を含むすべての弱者を軽蔑してるが、勇敢な戦士だぞ。名前は『恐ろしい錠前』って意味で、その顎に掛かったネーミングだ」


POP-Grimlock3.JPG


サンクラ「バストアップ。アニメじゃ、初登場時は上記の通り武骨で狂暴だったが、地球人のカーリーにセイバートニウムの事件で助けられて以来、徐々に丸くなっていき、『ザ・ムービー』以降はサイバトロンのマスコットと化してたぞ。一方でマーベルコミック版では、性格はそのままで一時的にサイバトロン全軍の司令官になったこともあるんだぜ」


POP-Grimlock4.JPG


サンクラ「背中側。ビーストモード上半身の外装を、ウイング状に背負ってる」


POP-Grimlock5.JPG


サンクラ「グリムロックの武器と言えばエナージォ・ソードとロケットランチャーのイメージだが、今回は二つのクローが付属してる」


POP-Grimlock6.JPG


サンクラ「このクローには、付属してるダイノボット・エニグマのほか……」


POP-Grimlock7.JPG


サンクラ「プライムマスターや……」


POP-Grimlock8.JPG


サンクラ「LG/TRのヘッドマスター/タイタンマスターを装着可能だ。ヘッドマスターを装着してる構図は、ちょっと不気味なものがあるけどな」


POP-Grimlock9.JPG


サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」


POP-Grimlock10.JPG


サンクラ「ビーストモードはティラノサウルス型ロボットだ。その体力はコンボイに匹敵し、防御力もアップしてほとんどの攻撃を跳ね返しちまうぞ」


POP-Grimlock11.JPG


サンクラ「頭部と顎は開閉可能だ。その強力なあごは、何でも真っ二つにしちまう」


POP-Grimlock12.JPG


サンクラ「横から。G1展開当時(1980年代)のティラノサウルスの体型を意識した、いわゆる“ゴジラ体型”だ。他のダイノボット共々、『ザ・ムービー』以降はビーストモードでいることが多かったぞ」


POP-Grimlock13.JPG


サンクラ「武器のクローはビーストモードでも装備可能だ。……この状態だとすっげぇ使いにくそうだけどな」


POP-Grimlock1.JPG


サンクラ「グリムロックの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」

 今晩は、アカサカです。

 ブログも移行しましたし、通常記事も再開していこうと思います。


 てなわけで、今日は実に半年ぶりに『ホビー雑誌コーナー』の記事です。

 なお、旧ブログでは、サイト掲載用の画像は240×400ピクセル(最初にホームページを作った時に使ってたガラケーの画像サイズ)にしていましたが、せっかくのスマホの画像で勿体ないので、今後は通常記事と同じ378×672ピクセル(今のスマホの画像を35%に縮小したサイズ)にしようと思います。


 サイト掲載時にさらに縮小(そのまま横を240に合わせると縦426ピクセルになる)するかは考え中……。

 特に『店舗日誌』なんかは、大きな画像でやりたい題材ですし……。


 ……しかし、FC2はFC2で、文字サイズを変更したら改行がおかしくなったり(エンターキーで改行が出来ず、バックスペースなどで突然改行される)、画像もナンバー付けてても必ずしも順番通りになってなかったり、画像を中央に移動させたら余計な改行が追加されたりとで不便な点多いなぁ……


 ま、クセに慣れていくしかないか……


 前置きが長くなりましたが、本文スタート!



Exaid-Hunter1.jpg


ディケイド「ディケイドだ。今日は『S.H.Figuarts 仮面ライダーエグゼイド ハンターアクションゲーマーレベル5』を紹介するぞ」


Exaid-Hunter2.jpg


ディケイド「ハンターアクションゲーマーは、エグゼイドがドラゴナイトハンターZガシャットで召喚したハンターゲーマと合体した姿だ。この姿は、パーツを全て装着したフルドラゴンって形態だぞ」


Exaid-Hunter3.jpg


ディケイド「バストアップ。本来は4人プレイ用に開発されてて、1人で使用するとコントロールが難しく、暴走する危険性を持ってるぞ。デザインはレベル3が『ゲーマに食べられる』コンセプトだったのに対して、『ライダーが着ぐるみを着る』ってコンセプトだ」


Exaid-Hunter4.jpg


ディケイド「ゲーマの頭部はエグゼイドの頭部に固定されてるから、こんな風に上を見上げるポージングも可能だ」


Exaid-Hunter5.jpg


ディケイド「右腕のドラゴナイトブレードや……」


Exaid-Hunter6.jpg


ディケイド「左腕のドラゴナイトガンも、細かい造形と塗装で再現されてる」


Exaid-Hunter7.jpg


ディケイド「横から。『ゲーマを着こんでる』感がよくわかるな」


Exaid-Hunter8.jpg


ディケイド「背中側。小さな羽が生えてるのがちょっとお洒落だ」


Exaid-Hunter9.jpg


ディケイド「背中のアーマーは接着されていないから、脱着が可能だ。背中のレベル1頭部には、アーマー装着用のピンが追加されてるぞ」


Exaid-Hunter10.jpg


ディケイド「ゲーマドライバーの液晶部分も、ハンターアクションゲーマー使用のプリントがされてる」


Exaid-Hunter11.jpg


ディケイド「レバーは当然、開閉可能だ」


Exaid-Hunter12.jpg


ディケイド「ガシャットもキメワザスロットホルダーにセット出来る。追加でゲキトツロボッツのガシャットが造形されてるが、これは取り外し不可能だ」


Exaid-Hunter13.jpg


ディケイド「付属品はこちら。両腕に元々武器パーツがついてるから、交換用手首のみとシンプルな構成だぞ」


Exaid-Hunter14.jpg


ディケイド「エグゼイド レベル2との比較だ。ゲーマを装着していない部位は、元が同じだってわかるな」


Exaid-Hunter15.jpg


ディケイド「肩はレベル2と違って肩パッドパーツ装着用のジョイントが無いが、間接パーツは共通だから、肩パーツごと腕を交換して、足も取り換えれば未商品化のドラゴンファング形態も再現可能だ」


Exaid-Hunter1.jpg


ディケイド「エグゼイド ハンターアクションゲーマーの紹介は以上だ! それじゃ、またな」

 取り敢えず、サイト用のページで作り直す時に追記しておこうと思います
 という訳で、今日はLG版パーセプターのレビューです。

 では、スタート!



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、パーセプターを紹介するぞ!」



サンクラ「パーセプターは、サイバトロンの科学者だ。知識に対する抑えきれねえ渇望を抱いてて、知識欲を全てに優先させちまうって事がある。頭脳明晰で、専門分野は治金学、分子科学、電気工学に及ぶぞ」



サンクラ「バストアップ。アニメじゃ、ホイルジャックやラチェットが戦死した『ザ・ムービー』以降で、サイバトロンの頭脳として活躍したぞ」



サンクラ「背中側。肩に背負ってるライトカノンは、取り外して手持ち武器にする事も可能だ」



サンクラ「武器として、震動ライフルが付属してる。持ち手の上にはヘッドマスター/タイタンマスターを乗せる事も可能だぞ」



サンクラ「震動ライフルは、こんな風に背中に背負わせることも可能だ」



サンクラ「今回はLG版だから、頭部はヘッドマスター仕様だ。付属コミックじゃ、ザモジン人の旧友ユンカンに頭部を持ち去られたパーセプターが、事件解決後に頭部を改造してヘッドマスターになったぞ。ちなみにTRではコンベックスってタイタンマスターで、時間限定の縮小能力を合体者に与えるって設定だ」



サンクラ「G1版との比較。もともとパーセプターのアニメ設定がトイのスタイルに近かったからか、顔がアニメにあわせたヒューマンフェイスになってる以外は、ストレートなG1版リメイクって感じだな」



サンクラ「そして、このLG版には、パートナーとしてカセットボットのアムホーンが付属してる。小さいながらも、列車や18輪の大型車を転覆させることが出来るぞ。余談だが、カセットロンの連中は『ザ☆ヘッドマスターズ』になるまでサウンドウェーブのスピーカー越しにしか話せなかったが、こいつらカセットボットは『2010』の時点で普通に会話が可能だったぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「マシンモードは顕微鏡だ。劇中じゃ、マイクロチップのひび割れを発見したり、モルフォボットの種子を解析したりと活躍を見せたが、メガトロン様に、レンズを時限爆弾の導火線の着火装置がわりに使われちまった事も有る」



サンクラ「ちなみに顕微鏡部分は、(精度は悪いが)実物として使用可能で、つまみを回して倍率を変える事が出来るぞ」



サンクラ「マシンモードでG1版と。トイのレンズ部分を発注されたレンズ会社が、精度よりも生産性を優先させるように当時のタカラから依頼されて驚いたってエピソードがあるぞ」



サンクラ「そしてもう一つ、パーセプターは戦車モードにも変形可能だ。これはアニメにも登場していない、トイオリジナルの形態だぞ」



サンクラ「G1版。車体が平行になってる以外は、レジェンズ版も変形などはほぼ同じだ。この戦車モードは、元々G1パーセプターのトイが『ミクロマン』の顕微鏡ロボを転用した事に由来してる」



サンクラ「さて、この戦車モードだが、専用のピンやパーツがあるにも関わらず、説明書やムック本でも紹介されてなくて、付属コミックでフォローされてるっていう、一種の裏モード扱いになってるぞ」



サンクラ「アムホーンの方は戦車に変形するぞ。G1版ではカセットに変形してたが、レジェンズ世界でコイツをリペアしたパーセプターが、修理ついでに変形モードを戦車に変更しちまった」



サンクラ「その他、アムホーンはミサイルランチャーにも変形が出来るぞ」



サンクラ「レジェンズ版パーセプターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ウィーリー&ゴーシューターを紹介するぞ!」



サンクラ「ウィーリーは、サイバトロン・ミニボットのサバイバリストだ。墜落した宇宙船の遭難者で唯一の生き残りで、奸智と隠密性、そして大胆不敵さで生き延びていた、クインテッサ星の“野生児”だぞ。アニメでも同じ設定で、『ザ・ムービー』から登場したぞ」



サンクラ「バストアップ。初登場時はグリムロック達をからかって喧嘩になったが、それ以来、ダイノボット達とは仲が良いぞ。また、地球人のダニエルとは、スパイクとバンブルみたいな関係を築いてる」



サンクラ「背中側。ボディ前面に比べて、濃いオレンジが目立ってるな」



サンクラ「G1版との比較だ。G1版トイはその特異なスタイルから、『ミキサー大帝』『邪神モッコス』『便器』『生存者様』なんてあだ名で呼ばれてたらしいぜ」



サンクラ「最初のリメイク版である『ヘケヘケ』版と。海外版じゃ、LG版やG1版、アニメ版と同じ濃いオレンジだったが、ヘケヘケ版は御覧の通り、クリーム色に近い色合いになってる。ちなみに、ヘケヘケ版は、肩の内部に武器であるパチンコのモールドが造形されてたぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードは単座の小型車だ。意外かも知れねぇが、ミニボットでフューチャーカーに変形するのはコイツだけだぞ」



サンクラ「タイヤはクリアパーツの裏から、黒く塗装されてる」



サンクラ「ビークルモードでG1版と。G1版も、ビークルモードはアニメ版と差異の無いデザインだったから、こっちの形態じゃ、LG版ともそんなに差はねぇな」



サンクラ「ヘケヘケ版と。ヘケヘケ版はアースモードになってっから、LG版・G1版とはかなり印象が違ってる」



サンクラ「さて、続いてはゴーシューターだ。こいつは『超神マスターフォース』に登場した、ヘッドマスターJr.の地球人で、本名は剛 秀太って名前の13歳の日本人だぞ。サッカーが得意で、ロボットに変身した後も、その動きを活用した戦いをしてたぞ」



サンクラ「背中側。他のLG版ヘッドマスターやG1版と同じく、背中にはロボットモードでの顔が露出してる」



サンクラ「G1版と違ってトランステクターは商品化されてねぇから、クロームドームのトランステクターにヘッドオンしてみた。G1版じゃ、パトカー型のトランステクターに合体してたぞ」



サンクラ「書籍『トランスフォーマージェネレーションズ』誌上限定版のゴーシューターと。TFジェネ版は、最終回で自我を得たトランステクターのその後って設定だから、この並びも矛盾は生じねえ」



サンクラ「それから秀太は、ビークルモードのウィーリーにも搭乗可能だぞ」



サンクラ「レジェンズ版ウィーリー&ゴーシューターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日はいよいよ、『TFユナイトウォリアーズ』からリンクスマスターを紹介するぞ!」



スカイリンクス「リンクスマスターチーム、ユナイト!」



ガシャン!



ジャキン! ガシャン!



ガコン! ジャコン!



ガチャン! ガシャン!



ガシガシィィィン!



バチィィィン!



リンクスマスター「リンクスマスター!」



サンクラ「リンクスマスターは、スカイリンクスを中心にサイバトロンが合体した特別災害救助防衛戦士だ。ベクターシグマのリフォーマットで、合体能力を得たぞ。救助活動に特化したチームとはいえ、その特殊能力は戦闘でも遺憾なく発揮する事が出来、合体時の戦闘能力はスクランブル合体戦士の中でもトップクラスの性能だ」



サンクラ「頭部はG1版にあった、スカイリンクスの山猫モードを引き継いだデザインだ。スカイリンクスの知性と野獣のパワーを併せ持つぞ。ウェブコミックじゃ、合体後もハウンドのホログラフやラチェットのリペアビームなどを活用して、グランドガルバトロンを圧倒してたぞ」



サンクラ「背中側。スカイリンクスの頭部(機首)が尻尾になってて、獣人型のTFというイメージを強調してるな」



サンクラ「手持ち武器は、スカイリンクスの尻尾を連結させたソードだ」



サンクラ「これは分割して、背中にも装着可能だぞ。こうするとレールガンみたいだな」



サンクラ「ウェブコミックでは、かつての山猫モードを思わせるビーストモードも披露したぞ」



サンクラ「横から。UW版スクランブル戦士の関節可動域の広さを活かした変形だな」



サンクラ「海外版にあたるCWスカイレインじゃ、ラチェットがいない代わりにスモークスクリーンが右足に合体してたぞ。腕も、ハウンドとホイルジャックが左右逆になってる」



サンクラ「もちろん、今までの他のUW/CWスクランブル戦士や、『パワーオブザプライム』のスクランブル仕様のキャラクターとも混成合体が可能だ」



サンクラ「リンクスマスターの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFコンバイナーウォーズ』から、スモークスクリーンを紹介するぞ!」



サンクラ「スモークスクリーンは、サイバトロンの戦術家だ。こそこそしているが魅力的で愛想が良く、仲間の心配事を探り出すよう、コンボイから依頼されてるぞ名前はそのまま『煙幕』だ」



サンクラ「バストアップ。頭部はG1の『フェアレディ系』のTFのものになってる。アニメじゃ、ギャンブル好きって一面もあって、ギャンブル惑星モナカスでは、スロットのパターンを読んで勝ち続けた挙句(ちなみにコレ、現実でやると犯罪だ)、不正行為がバレて一文無しになっちまった事があったぞ」



サンクラ「横から。水色と赤のカラーリングは、G1から引き継いだものだ」



サンクラ「背中から。カーモードの屋根がまとめられてる都合上、赤が目立つな」



サンクラ「武器は三連砲のショットガンと合体パーツだ。G1版では、標的をショートさせるエレクトロ・ディスラプターライフルって設定だったぞ」



サンクラ「G1版と。CW版はもともと別アイテムのリデコだから、カラーリング以外はあんまり似てねえな」



サンクラ「リデコ元になったUW版ストリートワイズと。変更点はカラーリングの他、頭部だ。首から下は全く同型だぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはスポーツカーだ。敵を惑わせるのが役目で、排気管から金属に引き寄せられる性質の黒煙を噴射出来るぞ。この能力は、アニメでも度々披露されてたんだぜ」



サンクラ「リデコ元の関係で、屋根にはパトランプが残ってるが、カラーリングであんまり目立たないようにはなってる」



サンクラ「もちろん武器は、ビークルモードでも装備可能だぞ」



サンクラ「ビークルモードでG1版と。G1版はレーシングタイプのフェアレディZに変形してたぞ。車体横の白いラインや『38』といったゼッケンはその名残だ」



サンクラ「今度はストリートワイズと。ビークルモードでの違いはカラーリングだけだ」



サンクラ「『コンバイナーウォーズ』版スモークスクリーンの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 連載版は電子書籍化されてから読んでなかったんですが、先日『プリティ☆ベル』が最終回を迎えたようなので、最後の二話分を読んでみました。
 まぁ大団円と言える内容でしたし、5月発売予定の最終巻が楽しみです(その前に2月6日に27巻が出ますが)。

 さて、本文の方はリンクスマスターチームの続きです。
 では、スタート!



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、トレイルブレイカーを紹介するぞ!」



サンクラ「トレイルブレイカーは、サイバトロンの戦略家だ。どんなに重苦しい状況も明るくさせられる悪ふざけ屋で、チアリーダー的存在だが、最も燃料を消費する事に負い目を感じてもいるぞ。名前は『道を切り開く者』って意味だ」



サンクラ「バストアップ。ほとんどの攻撃を防ぐフォースフィールドの照射能力を持ってて、アニメでもコイツと言えばフォースフィールド(フォースバリア)ってくらいに頻繁に使用してたぞ」



サンクラ「横から。上半身に装甲が集中したボリュームになってるな」



サンクラ「背中側。アニメでも『スピードの方はダメだが、取り柄はタフな事さ』って、自分の頑強さを自負するシーンがあったぞ」



サンクラ「武器はアックスと合体パーツだ」



サンクラ「さらに右手は銃口のようなデザインになってるぞ」



サンクラ「銃口は5mm穴になってるから、合体パーツを装着可能だ。トレイルブレイカーの合体パーツは、UW/CW全体を見ても珍しい、マジックハンドタイプの拳に変形するぞ」



サンクラ「G1版と。画像の通り、G1では銃口は左腕だったが、UW版では右手に変更されたぞ(ちなみにG1版は、トイではどちらの手も銃口に出来るぞ)」




サンクラ「続いては、リデコ元(のリカラー)であるUWゾンビウォーブレークダウンとの比較だ。変更箇所は頭部と右腕、それから画像には無いが合体パーツだぞ」



サンクラ「海外版であるCW版と。UW版の方が、アニメ版を意識した塗装個所が増えてる」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはピックアップトラックだ。後述するが、G1版を意識して、荷台には合体パーツを搭載しておくのがデフォだぞ」



サンクラ「車体横には、アックスを装着させることも出来るぞ」



サンクラ「もちろん、合体パーツを外して普通のピックアップトラックにする事も可能だ」



サンクラ「G1版と。当時は4WDハイラックスに変形していたぞ」



サンクラ「続いて、ビークルモードでゾンビウォーブレークダウンと。こっちは色以外、ほとんど違いはねえな」



サンクラ「CW版と。CW版の車体横のペイントは、G1版トイを意識したデザインになってるぞ」



サンクラ「『ユナイトウォリアーズ』版トレイルブレイカーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 いや、まぁ、同じことはアイアンハイドにも言えますが。
 この二人、『ザ・ムービー』で死亡シーンがはっきり描かれてる上に『2010』で墓まで出てるんですよねぇ。

 後に『バイナルテック』世界の同一人物が“帰還”したプロールとホイルジャックはまだしも……。



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、ラチェットを紹介するぞ!」



サンクラ「ラチェットは、サイバトロンの看護員だ。『静かにしないと音声回路を切っちまうぞ』など口は悪いが温厚な性格で、ピンから巡航ミサイルまで何でも制作し、負傷した仲間をリペアする、最高の技術者だ。アニメでは『ザ・ムービー』の冒頭で、アイアンハイドやプロールといった仲間共々、オレ達デストロンの奇襲攻撃で戦死を遂げたぞ」



サンクラ「バストアップ。海外じゃ、この型のラチェットは『BOTCON2016』の限定アイテムだったが、UW版は通販限定とはいえ、一般販売されたぞ」



サンクラ「背中側。アニメでは修理だけでなく、オレに飛び蹴りをかますなんてパワフルな戦い方をした事も有るんだぜ」



サンクラ「武器は合体パーツとレーザーメスだ。合体パーツは、webコミックじゃリペアビームとして描写されたぞ」



サンクラ「レーザーメスはグリップが二つ付いてて、持ち替える事が出来る。テックスペックじゃ、このほかアーク溶接機、電子顕微鏡、電気回路センサー、液体ディスペンサーなんかも自在に操れるって設定だ」



サンクラ「G1版と。G1版は特異な体型に見えるが、元になったダイアクロン版(=人間が操縦するロボット)がパワードスーツみたいなスタイルだったのが原因だ」



サンクラ「リデコ元であるUW版ファーストエイドと。変更箇所は頭部だけだが、ラチェットは塗装でアニメ版のスタイルに近づけられてる」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードは救急車だ。アニメでは、負傷した仲間を基地まで運搬する事も有ったぞ」



サンクラ「勿論、ビークルモードでも武器の装備は可能だ」



サンクラ「ビークルモードでG1版と。実写映画以降、ラチェットのビークルモードと言えばハマーの救急車仕様ってイメージになったが、当初はワンボックスタイプの救急車だったぞ」



サンクラ「今度はファーストエイドと。同型の救急車だが、バンパーや赤いラインの長さなど、細かい部分で塗装を変えてあるのが分かるな」



サンクラ「『ユナイトウォリアーズ』版ラチェットの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、ホイルジャックを紹介するぞ!」



サンクラ「ホイルジャックは、サイバトロンの技術者だ。温和かつ気さくな性格で、ムードメーカー的な存在だ。一人称は『吾輩』で、たまに関西弁で話す事も有ったぞ。ダイノボットをはじめとする、数々の発明品を制作したぞ。名前は『車輪男』と『タイヤジャッキ』の掛け言葉だ」



サンクラ「バストアップ。アニメ版のデザインを忠実に再現してるぞ。発明家として優秀だが、発明したメカがトラブルを起こす原因になったり、コイツ自身がこれによって負傷したりということも多いっていう、典型的なマッドサイエンティストでもあるんだぜ」



サンクラ「背中側。G1版はウイングを背負ってたが、UW版はビークルモード時のボンネットを背負った形だ」



サンクラ「武器は片刃剣と合体パーツだ。合体パーツは、ウェブコミックじゃ、こいつがアニメで開発した瞬間凍結装置イモビライザーの改良型、イモビライザーV2って設定だったぞ」



サンクラ「『ユナイテッド』版との比較。UW版はリデコの関係で、肩のショルダーカノンやウイングは再現されてねえ」



サンクラ「続いては、リデコ元になったUW版ブレークダウンと。変形ギミックなんかは同一だが、ほとんどのパーツが新造されてるぞ」



サンクラ「さらに、こいつをリデコして作られたUW版ライトスピードと。主な変更点は頭部だが、カラーリングと塗装パターンでかなり別物に見えるな」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはランチア・ストラスターボ風のスーパーカーだ。技術者ながら、ドライビングに熟達してるって一面もあるぞ



サンクラ「武器を装備したところ。ちなみに車体横のナンバーは、G1版は『539』だったが、UW版は『395』に変更されてるぞ」



サンクラ「ビークルモードで『ユナイテッド』版と。UW版は造形・カラーリングとも、かなりG1版を意識したデザインだ」



サンクラ「今度はビークルモードでブレークダウンと。御覧の通り、外装はほとんど別物だぞ」



サンクラ「ライトスピードと。こっちはボンネット以外、ほぼ同型だ」



サンクラ「『ユナイトウォリアーズ』版ホイルジャックの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、ハウンドを紹介するぞ!



サンクラ「ハウンドは、サイバトロンの偵察員だ。地球の自然の驚異をセイバートロン星より好んでて、人間になりたいって願望を持ってるぞ。名前は『猟犬』のことで、名前の通り、アニメじゃ良く利く鼻も持ってたぞ」



サンクラ「バストアップ。UWのウェブコミックじゃ、ベクターシグマによるリフォーマットでこの姿に生まれ変わったんだぜ。肩に背負ってるのはターレット・ガンで、レーダースコープと赤外線放射コレクターとして機能し、追跡に使用するぞ」



サンクラ「背中側。ボンネットが変形してて、小さくサイバトロンのエンブレムが入ってる」



サンクラ「武器として、G1時代は持っていなかった斧と、肩の合体用パーツがある。合体用パーツは、コミックじゃホログラムガンとして使用されてて、レーザー光線による三次元グリッドの地形図や幻を投影する事が出来るぞ。アニメじゃ、ホログラムの使い手としての能力が強調されてたぜ」



サンクラ「G1版との比較。G1版は、元は『ダイアクロン』のトイだ。UW版はリデコ商品って事も有って、スタイルはかなり違ってるが、肩のターレット・ガンは踏襲されてるぞ」



サンクラ「続いては『ヘケヘケ』版。ヘケヘケ版は、G1版をストレートに現代風にリファインしてある。ターレット・ガンは、手持ち武器を肩に装着して再現してるぞ」



サンクラ「リデコ元になったスィンドルと。頭部以外は同型だが、カラーリングとホログラムガンでそれなりに別物に見えるな」



サンクラ「今度は、同型の上にカラーリングも緑系統のグリジバーと。緑の色合いはかなり違ってる。グリジバーは、オレンジ色の胸部が目を引くな」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはジープだ。ターレット・ガンとホログラムガンは、車体上部に装備しているぞ」



サンクラ「説明書では、さらに斧もホログラムガンの上に装着するように指示されてる」



サンクラ「G1版とビークルモードで比べてみた。G1版はJ59ジープに変形するぞ」



サンクラ「今度はヘケヘケ版と。同じジープでも、イメージはだいぶ違うな」



サンクラ「ビークルモードでスィンドルと。通常のミリタリージープと、デザートカラーって感じだな」



サンクラ「今度はグリジバーと。大きな違いは、車体上部の武器だな」



サンクラ「『ユナイトウォリアーズ』版ハウンドの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TFユナイトウォリアーズ』から、スカイリンクスを紹介するぞ!」



サンクラ「スカイリンクスは、『2010』から登場した、サイバトロンの輸送員だ。勇猛な戦士だが、自己中心的で自慢やって一面もあるぞ。口内には、3,000度の炎を噴射するアセチレンブラスターを内蔵してる。ちなみに海外版での役職は副司令官だったりするぞ。名前は『空の大山猫』って意味だ」



サンクラ「頭部アップ。ビークルモードの機首にそのまま口が付いたっていう、特異な外見だ。一方で高い知性を持ってるから、外見からダイノボットなんかと同列に扱われる度に『オレをおつむの弱い奴らと一緒にするとは!』って憤慨してたぞ」



サンクラ「横から。G1版は上半身が始祖鳥に、下半身が名前の通り山猫に分離できたが、UWでじゃ分離できねえ。ちなみにこいつは“人型のロボットモードが存在しない”っていう、サイバトロンでも数少ないタイプのTFだ」



サンクラ「後ろ側。シャトルの尾翼にビークルモードの武器を取り付けて、長い尻尾を再現してるぞ」



サンクラ「それじゃ、トランスフォームだ!」



サンクラ「ビークルモードは、カーゴユニット付きのスペースシャトルだ。アニメじゃ例によって、ビークルモードでは多数の仲間を輸送できるサイズにまで巨大化出来るぞ。『スカイリンクス宇宙特急を毎度ご利用頂き有難う御座います』なんて言う、お茶目な面もあったんだぜ」



サンクラ「ビークルモードを上から。尾翼の形状はどっちかと言うとジェット機っぽいよな。太陽エネルギーで動く補助エンジンを装備してて、惑星間航行能力を持ってる。最高速度は時速約マッハ40、航続距離は6千400万kmにも及ぶぞ」



サンクラ「主翼には、ビーストモード時の尻尾を武器として装備可能だ」



サンクラ「スカイリンクスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ターゲットマスター スラッグスリンガーを紹介するぞ!」



サンクラ「スラッグスリンガーは、デストロンの防空兵だ。大げさに威張り散らす自慢屋で、いかなる決闘も受けて立つって豪語してるが、実際には潜伏して背中から狙い撃つのを好む臆病者だぞ。名前は“(鉄砲、空気銃に使われる)鉛玉、小銃弾を撃つ者”って意味だ」



サンクラ「バストアップ。G1版玩具はゴーグル顔だったが、他のメンバーの例にもれず、アニメデザインにリファインされてるぞ」



サンクラ「背中側。主翼の背負い方はラムジェットに似てるな。機首については……また後でだ」



サンクラ「ヘッドマスター。ミスファイアーと同じく、背中の顔以外はトリガーハッピーと同型だぞ」



サンクラ「ターゲットマスターのパートナーはキャリバーストだ。大げさすぎる演技で大根役者として有名だった元俳優のネビュロン人で、こいつの芝居も敵を脅すのに一役買ってる。名前は“『銃身口径』+『連射』”の合成語だ」



サンクラ「キャリバーストは、毎分1,200発の徹甲弾を発射する自動マシンガンに変形する。『ザ・リバース』じゃ、まだ撃った事が無いのに『一度も狙いを外した事ねえ』って豪語して、スラッグスリンガーからその事を突っ込まれると『“だから”外してねえ』って旨い事を言う一幕もあったぞ」



サンクラ「ミスファイアーと同じく、こいつもトリガーハッピーとパーシャルだ。共有部分はミスファイアーと同じだぞ」



サンクラ「それじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモード双胴のジェット機だ。それ自体が生命体であるTFならではのビークルだよな。準衛星軌道高度への到達が可能な時速マッハ3.1の最高速度を持つぞ」



サンクラ「ヘッドマスターが搭乗するコクピットは、機体部分にあるぞ」



サンクラ「上から。双胴がインパクトあるからか、機体自体はオーソドックスなジェット機だ」



サンクラ「勿論、キャリバーストはビークルモードでも装着可能だ」



サンクラ「レジェンズ版スラッグスリンガーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ターゲットマスター ミスファイアーを紹介するぞ!」



サンクラ「ミスファイアーは、デストロンの迎撃兵だ。こいつが射撃をする時、仲間のデストロンは遮蔽物を求めて逃げ回るってくらいに射撃が下手だぞ。自分の射撃技術は上達してるって主張してるが、仲間は誰もその言葉を信じてねえ。名前は“不発、着火不良”って意味だ」



サンクラ「バストアップ。G1版は水色の両目があるサイバトロンみたいな顔だったが、LG/TR版はアニメに併せたゴーグル顔だ。明らかに才能は無いが、不屈の闘志を持ってて、技術の無さを優れた機動力と執念でカバーしてる努力家って一面もあるんだぜ」



サンクラ「背中側。機首の先端が上を向いてるっていうのも、アニメに併せたデザインだぞ(G1版トイじゃ下を向いてる)」



サンクラ「ヘッドマスター。背中の顔以外はトリガーハッピーと同型だ」



サンクラ「ターゲットマスターのパートナーはエイムレスだ。アニメ『ザ・リバース』じゃ“無鉄砲”って呼ばれてたぞ。かつては建築技師として多くの失敗作を作り、倒壊させてきた臆病者のネビュロン人だ。名前は“当てのない、漠然とした”って意味だぞ」



サンクラ「エイムレスは、4,000発の高エネルギー粒子を敵に浴びせるイオン粒子ブラスターに変形する。ミスファイアー以上に射撃に関心が無くて、『ザ・リバース』でも明後日の方向に光線を撃ちまくって『おい無鉄砲、少しは当たらないのか』って咎められてたぞ」



サンクラ「LG版のターゲットマスタージェットロンは、パーシャル設計(=金型の一部共有)になってる。拳や下半身が分かりやすいな。下半身の形状と変形機構は、G1版ミスファイアーが一番近いぞ」



サンクラ「それじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはジェット機だ。銃を撃ちまくりながら戦いの中に身を躍らせていき、戦場に恐怖と混乱をまき散らすぞ」



サンクラ「もちろん、ヘッドマスターはコクピットに搭乗可能だ。コクピット内部もしっかり作り込まれてるぞ」



サンクラ「ビークルモードを横から。かなり派手なジェット機だよな……」



サンクラ「エイムレスは、ビークルモードでもミスファイアーの機体上部に装着が出来るぞ」



サンクラ「レジェンズ版ミスファイアーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ターゲットマスター トリガーハーピーを紹介するぞ! ……今回は諸事情で、海外設定のトリガーハッピーとしての紹介だ」



サンクラ「トリガーハッピー(トリガーハーピー)は、デストロンの射撃兵だ。論理中枢回路のほとんどの配線は引きちぎれてるんじゃねえかって疑われてる。名前は“すぐに発砲する、ぶっ放すのが好きな、向こう見ずで好戦的な”って意味だ」



サンクラ「バストアップ。戦場じゃ、撃つ度に自分の銃声に興奮して、幸せそうな酔っ払いみたいに口から潤滑油を溢れさせながら笑い出しちまう。ちなみに国内版でも似たような性格になってるぞ。G1版じゃ、ゴーグルに口のある顔だったが、LG/TR版はアニメ版(設定画は国内外で共通だ)の設定に合わせて、目が出てるマスク顔になってる」



サンクラ「背中側。ジェットモードの機首が背中に来てるから、なかなかボリューミーだ」



サンクラ「こいつもLG/TR版ではヘッドマスター仕様になってる。TR版だとパートナーのブロウパイプだが、LG版じゃ、トリガーハーピー本人だ。余談だが、顔はG1版玩具と同じ『ゴーグルに口のある顔』になってるぞ」



サンクラ「ターゲットマスターのパートナーはブロウパイプだ。ハイブのボス、ロード・ザラクの義兄弟で、陰謀家で嫉妬深く、裏工作でネビュロン星でのザラクの政治的なキャリアを支えてたぞ。名前は“吹矢筒”って意味だ」



サンクラ「ブロウパイプは強力な高圧エアキャノンに変形するぞ。『ザ・リバース』じゃ、『反逆者共を木っ端みじんにしてやる』って意気込むブロウパイプに、トリガーハッピーもすぐさま『サイバトロン共め、ドロドロに溶かしてやるぜ!』って、喜び勇んで試し撃ちをしてたぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはジェット機だ。機体の両側面にゃ、連装の速射フォトンパルスガンを装備してるぞ」



サンクラ「コクピットには、ヘッドマスターが搭乗できる。ちなみに機首部分を折り曲げると、ヘッドマスターが乗せやすいぞ」



サンクラ「横から。機体と同じくらいの長さのフォトンパルスガンが目を引くな」



サンクラ「ラインディングギアは機首に収納可能だぞ」



サンクラ「LG版はTR版から金型が改修されてて、機体上部にブロウパイプを搭載可能だ。その代わり、TR版にあったトリガーハッピーの銃はオミットされてる」



サンクラ「レジェンズ版トリガーハーピーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ターゲットマスター チャーを紹介するぞ!」



サンクラ「チャーは、サイバトロンの戦士だ。言うなら、白髪交じりの古参兵で、自らの千の冒険談の中から一万もの途方もない話を語って聞かせるのが趣味だぞ。記憶回路が劣化してんのか、必要な時に必要な情報を出せない事もあるが、こいつの武勇伝を聞くのが好きなダイノボット達とは仲がいい。日本名は『ティーチャー』が由来だ」



サンクラ「バストアップ。いかにも爺さんって顔が特徴だ。余談だが、こいつのラフデザインが送られてきた時、タカラ(日本)は『爺さんのロボットがウケるのか?』って怪訝に思った一方で、ハズブロ(アメリカ)側は『経験豊富な古参兵なんだから、老人で何がおかしいの?』って、感覚の違いが現れたって開発エピソードがあるんだぜ」



サンクラ「背中側。脚部は結構複雑な変形をするから、中身がしっかり詰まってるぞ」



サンクラ「LG版は他と同様、ヘッドマスター仕様になってる。コミックじゃ、マイクロマスターに自分をリフォーマットしたチャーが、レジェンズ世界でさらにヘッドマスターになったって設定だ」



サンクラ「ターゲットマスターのパートナーはリコイルだ。ネビュロン星で最も人気があるスポーツ・国際プリズマボールの元選手で、『ザ・リバース』じゃコンボイと対面した時『あなたのお噂はかねがね』って、友好的な態度を見せてたぞ。名前は“銃の発射時の反動”って意味だ」



サンクラ「リコイルは旧式のマスケットレーザーに変形する。『レジェンズ』のコミックじゃ設定が違ってて、『2010』に登場したメリッサ大尉の娘、スーがマスターフォースでスーツオンした姿だぞ」



サンクラ「G1版(『TFコレクション』版)と。G1版は同じ色合いでもカラフルだが、レジェンズ版はアニメよりで落ち着いたカラーリングになってるな」



サンクラ「ちなみにレジェンズ版と『コレクション』版は武器のグリップ径が同じサイズだから、G1版のマスケットレーザー(ライフルの原型になった旧式銃)をレジェンズ版に持たせることが出来るぞ」



サンクラ「リコイルの比較だ。G1版は上下半身でカラーが分かれてるのに対して、レジェンズ版はバランスの取れたカラーリングになってるな。サイズがほぼ変わらないのは、ファイヤーボルトなんかと同じだ」



サンクラ「レジェンズ版リコイルの銃身には5mmの穴が開いてるから、G1版と合体させてダブルターゲットマスターみたいなことも出来るぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードは、セイバートロンモードの旧式ピックアップトラックだ。最高時速は160kmで、航続距離は1,280kmだぞ。ちなみに英名のカップは、『ピックアップ(picKUP)』の短縮語だ



サンクラ「コクピットには、勿論ヘッドマスターが搭乗可能だ」



サンクラ「横から。ピックアップトラックになってるのが良く分かるな。他の仲間に比べりゃ旧式のビークルモードだが、その事にゃ、愚痴一つこぼさねえ」



サンクラ「荷台には、銃形態のリコイルを搭載する事が出来るぞ」



サンクラ「ビークルモードでG1版と。レジェンズ版はG1版に比べて若干角ばったデザインになったが、それでもTR版よりは丸みを持たせたリデコがされてるぞ」



サンクラ「荷台の装着穴は二つあるから、こんな風にリコイルを同時搭載することも可能だぞ」



サンクラ「レジェンズ版チャーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」
 私のブログ、大体2、30代の方が訪問者様の大半を占めてるんですが、昨日のブログの訪問者様は……



 60歳以上のお客様が約1/3でした。何があったんだ……

 さて、本文の方は『ホビー雑誌コーナー』です。
 では、早速スタート!



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ターゲットマスター ホットロディマスを紹介するぞ!」



サンクラ「ホットロディマスは、サイバトロンの騎士だ。コンボイやサイバトロンの花形たちに憧れてて、偉業をなして英雄的で影響力のある存在になることを夢見る、典型的なティーンエイジャーだが、無思慮で衝動的な行動から、しばしば自分や仲間をトラブルに巻き込む場合もあるぞ」



サンクラ「バストアップ。トイはタイタンズリターン版のリデコで、胸部など、一部が変更されてる。胸部のファイヤーパターンは、クリアパーツになってるぞ。老戦士チャーと気が合い、地球人の少年ダニエルとも仲が良くて、兄貴分としての責任を真剣に考えてる、根は真面目なやつだ」



サンクラ「背中側。V字型のリアウイングが特徴的だな」



サンクラ「アニメじゃ携行してた光子レーザーの他、腕のエグゾーストパイプからレーザーを放って攻撃してた事もあったぞ」



サンクラ「こいつも他の連中と同様、ヘッドマスター仕様になってる。説明書コミックじゃ、一度マイクロマスターにリフォーマットしたロディマスが、レジェンズ世界に潜入するために、ヘッドマスターへと自身を再改造したぞ」



サンクラ「そして、ターゲットマスターのパートナーはファイアーボルトだ。ロディマスの相棒になる前は、ネビュロン星最高峰の原子物理学者として平穏な学究生活を送ってたぞ。熱くなり易い神経過敏な性格だが、概ね頼りになる。コミック版では全く別設定で、『キスぷれ』時代の相棒、李 蛸焼(リ・シャオシャオ)がマスターフォースでスーツオンした姿だ」



サンクラ「ファイアーボルトは、静電放射ライフルに変形するぞ」



サンクラ「G1版と。二連レーザーのターゲットマスターって点は引き継いでる」



サンクラ「余談だが、グリップの径が同じだから、G1版のファイアーボルトをレジェンズ版に装備させることも可能だぞ」



サンクラ「続いてはヘケヘケ版……は管理人は持ってねえから、そのリカラーであるユナイテッド版ロディマスプライム(ロディマスコンボイ)と。ユナイテッド版は、ターゲットマスターはキャンペーンで配布されたぞ」



サンクラ「ファイアーボルトの比較だ。右からユナイテッド版、G1版、レジェンズ版だ。レジェンズ版は、変形は複雑化してるが、サイズ自体はG1版とほぼ同じ大きさだぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはレースカーだ。最高速度の時速192kmで突っ走るぞ」



サンクラ「当然、運転席にはヘッドマスターを搭乗させることが出来るぞ」



サンクラ「エンジン部分には、ターゲットマスターモードのファイアーボルトを合体可能だ」



サンクラ「ビークルモードでG1版と。サイズはほとんど同じになってる。G1版もビークルのまとまりはいいな」



サンクラ「エンジン部分にターゲットマスターを装着できるのは、G1版のオマージュだ。レジェンズ版は、このギミックためにTR版からボンネット部分が回収されてるぞ」



サンクラ「レジェンズ版ホットロディマスの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は『TF レジェンズ』から、ブラーを紹介するぞ!」



サンクラ「ブラーは、『ザ・ムービー』から登場したサイバトロンの情報員だ。動きでも喋りでも地上最速のサイバトロンで、誰かに『黙れ』と言われない限りしゃべり続けるほどのお喋りだぞ。“滲んで”見えるほどの素早い動きで情報を運ぶメッセンジャーで、名前もそれに由来してる」



サンクラ「バストアップ。アニメではオネエ口調で話してて、初めてコイツを見たサンドストームは、『発生装置が壊れてるのか』と戸惑ってた。『ザ・ムービー』では、光学処理で、動きに残像が付けられるって演出がされてたぞ」



サンクラ「背中側。比較的シンプルだ。セイバートロンの競走馬のように見られてて、神経質で緊張しやすいが、勇敢で忠誠心が強くて、『ザ・ムービー』でも『アタシャ頼りになる男』と自負してたぞ」



サンクラ「武器はマイクロサーキットの極性を反転させて動けなくするエレクトロレーザーと、ボンネットが変形したシールドだ。G1版と違って、シールドは腕の横に装着することも出来るぞ」



サンクラ「元々G1版では普通のTFだったが、『レジェンズ』版は『TR』版のリカラーだから、ヘッドマスター仕様になってる。付属コミックじゃ、トランステクターはロングアームとして活動してたショックウェーブ(レーザーウェーブ)から、暴走するガルバトロン様を止めるために与えられたぞ」



サンクラ「リメイクされた時期の関係で、こいつをターゲットマスター仕様にするにゃ、『ユナイテッド』時期に配布されたヘイワイヤーを使うしかなかったが……」



サンクラ「のちにダブルクロスにヘイワイヤーが付属したことで、ロディマスやチャーと同じく『レジェンズ』仕様のターゲットマスターにも出来るようになったぞ」



サンクラ「キャンペーン版と併用すりゃ、ダブルターゲットマスターにすることも可能だ」



サンクラ「『ユナイテッド』版ブラーとの比較だ。『ユナイテッド』版は海外コミックの『IDW』版をもとにしたデザインだから、G1版をストレートにリメイクした『レジェンズ』版とはかなりイメージが違ってるぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビークルモードはホバーカーだ。速度は音速を超え、航跡に残像を残して走り去るほどのスピードを持つぞ」



サンクラ「もちろん、ヘッドマスターをコクピットに登場させる事も可能だ」



サンクラ「ボンネットの先端には、エレクトロレーザーを装備出来るぞ」



サンクラ「ちょいと工夫すりゃ、キャンペーン版のヘイワイヤーもG1版と同じような位置に装備可能だ」



サンクラ「ただ、レジェンズ版のヘイワイヤーは、車体の横にしか合体させられねぇ」



サンクラ「レジェンズ版ブラーの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ09 コンバットゲーマ』を紹介するぞ!



ディケイド「コンバットゲーマは、ジェットコンバットのガシャットで召喚されるゲーマだ。モデルはラベルに描かれてる戦闘機だぞ」



ディケイド「モチーフのゲームジャンルはコンバットフライトゲームで、ディフォルメされた軍用機調のデザインが特徴だ。翼の『STG』の文字は『シューティングゲーム』の事だぞ」



ディケイド「背中側。ベースユニットはロボットゲーマやビートゲーマと共通だが、翼パーツが装着されてるっていうのが大きな違いだ」



ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『ジェット! ジェット! イン・ザ・スカイ! ジェットジェット! ジェットコンバット!』だ!」



ディケイド「コンバットシューティングゲーマーの完成だ。ヒットライドヘアーが上部に展開して、新たにバイザーが装着される。『エグゼイド』では数少ない航空戦力でもあるぞ」



ディケイド「背部に装着されたエアフォースウィンガーによって空中を飛行することが可能で、腰の左右にあるガトリングコンバットによって高い火力を誇ってる



ディケイド「背中側。これまでのレベル3ライダーと、基本的には同じつくりだ」



ディケイド「ガトリングコンバットは広い可動域を持ってるから、こうやって未使用状態にしておくことも可能だぞ」



ディケイド「ここからは、他のライダーとの合体を紹介していくぞ。まずはエグゼイド。どっちも派手なカラーだから、ちょっと目が痛くなるな……」



ディケイド「次はブレイブ。ブレイブはファンタジーモチーフで武器も接近戦用の剣型と、コンバットゲーマとは全く正反対のコンセプトだな」



ディケイド「お次はゲンム。コンバットゲーマにも黒いパーツが使われてるのもあって、エグゼイドよりは外見の親和性は高く見えるな」



ディケイド「コンバットゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」
 サイトを更新しました。
 今日は『画廊コーナー』です。

 本文の方は、『ホビー雑誌コーナー』です。

 では、スタート!



サンクラ「サンダークラッカーだ。今日は海外版『TFコンバイナーウォーズ』から、チョップショップを紹介するぞ!」



サンクラ「チョップショップは、インセクトロンの盗賊だ。部隊随一の汚いヤツで、もし錠の下りていない区画があれば、コイツがいる限りそこは安全じゃねえ。名前は『バラ売りの店』って意味だ」



サンクラ「バストアップ。リスクを冒さないことも重要と考えてはいるが、コイツがより一層ひきつけられるのは困難な盗みだぞ。『盗賊』って特徴は、同名の他のキャラにも受け継がれてる」



サンクラ「背中側。茶色一色のシンプルな姿だ」



サンクラ「G1版は、『DXインセクトロン』って別カテゴリーで金型も全く別々だったが、このCW版はシャープネルの頭部リデコだぞ」



サンクラ「そんじゃ、トランスフォーム!」



サンクラ「ビーストモードはクワガタムシだ。背中の2基のジェットエンジンで時速48kmで飛行し、釘抜き状の触角は5cm厚の鋼鉄をも切断するぞ」



サンクラ「今度は上からだ。2基の狙撃レーザーを口部に装備し、30トンを運ぶ膂力を持ってるぞ」



サンクラ「今度はビーストモードでシャープネルと。より実際のクワガタムシに近い色合いになってるな」



サンクラ「チョップショップの紹介は以上だ。それじゃ、次回もお楽しみに!」


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ08 チャンバラゲーマ&スポーツゲーマセット』から、チャンバラゲーマを紹介するぞ!



ディケイド「チャンバラゲーマは、ギリギリチャンバラのガシャットで召喚される甲冑型のゲーマだ。モチーフのゲームジャンルはチャンバラゲームで、一撃が命取りになる真剣チャンバラゲームらしいぞ」



ディケイド「外見は他のゲーマと同じく一頭身の姿だが、パーツの構成は全く違うものになってるぞ」



ディケイド「背中側。背負いものの無い、シンプルなデザインだ」



ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『ギリ・ギリ・ギリ・ギリ! チャンバ~ラ~!』だ!」



ディケイド「レーザーとチャンバラゲーマが合体することで、レーザーは初めて人型をとる事が出来るぞ。他のライダーのレベル3が各部に装甲を纏う形式であるのに対し、レーザーはチャンバラゲーマがそのまま腕部と脚部になってる」



ディケイド「バストアップ。頭部デザインは、ガシャットのラベルに描かれてる鎧武者の姿がモチーフになってるんだ」



ディケイド「背中側。他のライダーとはかなり造りが違うが、背中にレベル1の頭部を背負ってるのは共通しているぞ」



ディケイド「ガシャコンウェポンはガシャコンスパローだ。『ズ・ドーン!』の音声で使用されるこちらは弓モード。エネルギーの矢を発射し、Bボタンを押す事でチャージ攻撃を行うぞ」



ディケイド「『ス・パーン!』の音声で鎌モードに変形する。余談だが、この武器は本編でチャンバラバイクが退場した後も、ゲンム→レーザーターボと長らく使用され続けていたぞ」



ディケイド「チャンバラゲーマの紹介は以上だ! それじゃ、またな」


 今晩はアカサカです。

 サイトを更新しました。
 今日は『ホビー雑誌コーナー』に、アーツのアビスとキュアスカーレットを追加しています。



 本文の方も『ホビー雑誌コーナー』でいきたいと思います。
 では、スタート!



ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ08 チャンバラゲーマ&スポーツゲーマセット』から、スポーツゲーマを紹介するぞ!



ディケイド「スポーツゲーマは、シャカリキスポーツのガシャットで召喚される自転車型のゲーマだ。モデルはラベルに描かれてる自転車だぞ」



ディケイド「右横から。ボディ部分はアーマーが収納されてる。実際の自転車と違って、ペダルも無いぞ」



ディケイド「左横。こっちにはレベル3時のヘッドギアが収納されてる。画像のように、スタンドを後輪に挟むことで自立させることも可能だ」



ディケイド「所有者は仮面ライダーゲンムだ。『ゴースト』に先行登場した時は、ゲーマに乗って眼魔を蹴散らしてたぞ」



ディケイド「こんな感じで、実際にサドルにまたがらせて、走っている姿も再現出来るぞ」



ディケイド「それじゃあ、レベルアップ! 変身音声は『シャカリキ! シャカリキ! バッドバッド! シャカっとリキっとシャカリキスポーツ!』だ!」



ディケイド「スポーツアクションゲーマーレベル3の完成だ。実は『エグゼイド』本編でレベル3の形態が登場したのはこれが初だったりするぞ」



ディケイド「他のゲーマと違って、横向きにライダーと合体しているのが特徴だ」



ディケイド「横から。突き出た前輪が、ハッタリがきいてるな」



ディケイド「背中から。ゲーマ自体がすっきりしてるから、ゲンムの背中がそのまま露出してる」



ディケイド「後輪は取り外し可能で、手に持たせることが出来る。本編では、投擲武器として使用していたぞ」



ディケイド「ここからは、他のライダーとの合体を紹介していくぞ。まずはエグゼイド。本編でも登場した形態だな。スポーツゲーマの元カラーリング自体がエグゼイドに近いから、親和性も高いな」



ディケイド「次はブレイブ。スポーツゲーマのヘッドギアがブレイブ自身の兜に形状が似てるから、意外と悪くないぞ」



ディケイド「そしてスナイプ。スナイプにもスポーツゲーマと同系統の黄色が入ってるから、そんなに違和感は無いな」



ディケイド「スポーツゲーマの紹介は以上だ! 次回はチャンバラゲーマを紹介するぞ!」


ディケイド「ディケイドだ。今日は『LVUR(レベルアップライダー)シリーズ07 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー』を紹介するぞ!」



ディケイド「仮面ライダーレーザー バイクゲーマーは、レーザーレベル1が『二速』の掛け声と共にドライバーのレバーを開いて変身する形態だ。変身音声は『爆走! 独走! 激走! 暴走! 爆走バイク~!』だぞ」



ディケイド「正面から。基本形態がバイクっていう、『仮面ライダー』シリーズ通しても珍しい仮面ライダーだ」



ディケイド「ボディ左。実際のバイクと同じくスタンドを展開して自立させることが出来るぞ」



ディケイド「ボディ右。エンジン部のモールドは、左側とは違ったものになってるぞ」



ディケイド「上から。レベル1の顔を背負ってるのは、ほかのライダーと同じだ。ゲーマドライバーは、ボディにモールドされてるぞ」



ディケイド「劇中と同じように、他のライダーを騎乗させることが可能だぞ」



ディケイド「他のライダー達と同じく、エグゼイド付属のレベル1ボディを使えば、レベル1形態を再現する事が可能だ。レベル2が特殊な姿だから、レベル3になるまでは、実体化したバグスターや他のライダー相手でもこの姿のまま戦うことが多かったぞ」



ディケイド「背中側。他のライダーと違ってボディが丸見えにはなってないから、多少は自然に見えるな」



ディケイド「両腕にはバイクのタイヤ型の射撃・打撃武器、フロントアームドユニットリアアームドユニットを持ってる。レベル1用の武器を持ってるのはレーザーだけだ」



ディケイド「『LVUR』版レーザーの紹介は以上だ! それじゃ、またな」


ディケイド「ディケイドだ。今日はスーパーミニプラから、スーパーライブロボを紹介するぞ!」




ディケイド「ボルトのギガボルトを前に、ライブロボとライブボクサーが力を合わせた時……」



ディケイド「『合体! スーパーライブディメンション』のコードで……」



ディケイド「バラバラになったライブボクサーが、ライブロボを覆うように装着されて……」



ディケイド「五体のメカの力が一つになり……」



ディケイド「スーパライブロボの完成だ!」



ディケイド「スーパライブロボは、ライブマンの最強ロボだ。科学アカデミアの廃墟に残されていたスーパーコンピュータの三次元解析によって、合体システムが開発されたぞ」



ディケイド「バストアップ。両肩で発生したエネルギーを胸部に集中させ、強力な破壊光弾として発射するスーパービッグバーストが必殺技だ! 敵を撃破した後は、胸部のライオンが雄たけびを上げるぞ」



ディケイド「背中側。正面に比べると、追加装甲は少なめだな」



ディケイド「脚部。このスーパーミニプラ版では、スーパライブロボ用のつま先も再現されてるぞ」



ディケイド「劇中では、爆発をものともせずに前進する姿が印象的だな。ただ……」



ディケイド「実はこのシーン、着ぐるみの右肩の装甲が外れちまってるぞ」



ディケイド「ライブボクサーの装甲はライブロボのボディを覆うように合体してるから、ライブロボの関節可動はほぼ生きてて、大きくポージングさせることが出来るぞ」



ディケイド「スーパライブロボの紹介は以上だ。それじゃ、またな!」
 今日は早番だったので、ニチアサはプリキュアのAパートまでしか見られなかったのですが、水着回だったのでチト残念……。

 チャラリートやバップル、予告で出てくるのは知ってたんですが、まさかプリキュアたちと絡むとは思いませんでした。

 つか、ダイガン部長生きてたのね……。
 瀕死だった彼を助けようとした前回といい、敵だった彼らの近況を知って喜んだりと、つくづくギリンマやアラクネア、ガマオ、スコルプ、シビレッタを容赦なくブチ殺した『プリキュア5』との温度差を感じます。(-_-;)
 思えば鷲尾Pじゃなくなった翌年の『フレッシュ』からなんだよなぁ、プリキュアの方から敵幹部と和解しようと働きかけるようになったのって。
 それまではせいぜいキリヤや霧生姉妹みたいに、元から人間に近い容姿で、かつ人間世界で生活してた幹部に限られてたし(ブンビーさんにしても、和解の手を差し伸べたのはブンビーさんの方だったし)。

 特にガマオ君やハデーニャさん(無理やり超獣化させたられた場面を目の当たりにしてる)や、シビレッタさん(身の不幸を吐露してる)を容赦なく殺っちゃったのはちょっとね……。
 プリキュアシリーズは戦隊やライダーに比べて「打ち倒された時にカタルシスを感じる敵」ってのが(個人的には)あんまりいないのもそう思う理由なんでしょうけど。
 ブンビーさんも一歩間違えてたら危うかったんだよな……。
 ビジュアルだけなら超獣化したブンビーさんも見てみたかった気はしますが(オイ)。

 一方、ビルドとルパパトは完全に情報なしです(爆)。

 さて、記事の方は『ホビー雑誌コーナー』です。
 では、スタート!



ディケイド「ディケイドだ。今日はスーパーミニプラから、ライブボクサーを紹介するぞ!」



ディケイド「まずはバイソンライナー。ブラックバイソン専用の大型トレーラーだ。最高速度800km/hで走行するぞ。武器は頭部左右の角から放たれるバイソンビームだ」



ディケイド「バイソンライナーは、車輪を収納して合体シーンの飛行形態を再現することも可能だ。ただし、スタンドを取り付ける穴は無いから、画像は乗っけてるだけだぞ」



ディケイド「次はサイファイヤー。グリーンサイ専用のミサイルトレーラーだ。地中走行も可能で、最高速度は750km/hだぞ。武器はコンテナ上部に装備されたファイヤーミサイルだ」



ディケイド「ファイヤーミサイルは、画像のように角度を調整することが可能だぞ」



ディケイド「それじゃあ、ボクサーディメンション!」



ディケイド「バイソンライナーとサイファイヤーが合体して、ライブボクサーの誕生だ。身軽なフットワークやジャンプ力を活かした攻撃を行うぞ。連続パンチを叩き込むピストンパンチが得意技だ」



ディケイド「バストアップ。眼と口があったライブロボに対して、ゴーグル・マスク顔なのが特徴だ」



ディケイド「横から。2号ロボの宿命か、箱型のボディが特徴だな」



ディケイド「背中側。比較的シンプルな造りをしてるぞ」



ディケイド「ボディの造りはシンプルだが、可動範囲はライブロボと同じように広いぞ」



ディケイド「ファイヤーミサイルは手に持たせることが可能だ。DX版玩具でも同じように手に持たせることが出来たが、劇中で飛び道具を手にした事は無かったぞ」



ディケイド「キットには、通常時の手首の他に、ライブスーツを意識した握り拳も付属してるぞ。両拳にエネルギーを込めて突進し、敵を殴り飛ばすミラクルビッグブローが必殺技だぞ」



ディケイド「ライブボクサーの紹介は以上だ。それじゃ、またな!」