FC2ブログ

2019-10-30-1.JPG


アカサカ「バジ、アキバさん、今日はバスでミステリーツアーに行くぞ」


バジりん「お出かけですか


アキバ「やった~。旅行だ旅行だ~♪」


~場面転換~


2019-10-30-2.JPG


アカサカ「という事で、いつものように博多駅からバスに乗るぞ」


バジりん「マスター、今日はどちらへ参るのですか?」


アカサカ「ミステリーツアーだから、それはオレにもわからねえ」


バジりん「あ、そうですね……


2019-10-30-3.JPG


バジりん「朝食はお馴染みのバゲットサンドですね」


2019-10-30-4.JPG


アキバ「アカサカさん、ボク、添乗員さんからジュースもらったよ?」


アカサカ「私たちももらいましたよ。平日申し込み限定でもらえるみたいです」


2019-10-30-5.JPG


バジりん「マスター、パンも頂いたのですが……」


アカサカ「うん、プランをよく見たら『朝食が出る』だったわ


~場面転換~


2019-10-30-6.JPG


アカサカ「まずはここ。キリンビールの工場だってさ」


アキバ「工場見学でもするのかな?」


アカサカ「いえ……」


2019-10-30-7.JPG


アカサカ「どうやらこっちの……」


2019-10-30-8.JPG


アカサカ「コスモス園見学みたいですね」


2019-10-30-9.JPG


アキバ「わっ、すご~い!」


アカサカ「……ここ、2年前にファースト達がバスツアーで来てたな……


2019-10-30-10.JPG


アキバ「見て見てバジりん! コスモスの一本道だよ!」


バジりん「綺麗ですねぇ……」


2019-10-30-11.JPG


アキバ「まさに満開だね~。どろんどろ~ん♪」


2019-10-30-12.JPG


バジりん「ミツバチもいますねぇ」


アキバ「そう言えば弟切を思い出しちゃったなぁ」


2019-10-30-13.JPG


バジりん「こ、これは……」


アキバ「これでもかってくらい、キリンビールをアピールしてるね……。(^_^;)」


2019-10-30-14.JPG


バジりん「ん、花畑にあるあれはなんでしょう……?」


アキバ「行ってみよ~!」


2019-10-30-15.JPG


アカサカ「等身大サイズの缶ビールのディスプレイみたいだな」


アキバ「おっき~い……」


アカサカ「あ、そうだ二人とも。ちょっと並んで並んで」


2019-10-30-16.JPG


アカサカ「写真撮るからポーズ取って」


アキバ「よ~し。バジりん、手をつないでポーズ取ろ!」


バジりん「ちょっと恥ずかしいです……。(///)


アキバ「1、2の……どろ~ん!」


~場面転換~


2019-10-30-17.JPG


アカサカ「さてと。お次は熊本に入って、『いだてん 大河ドラマ館』だそうです」


2019-10-30-18.JPG


アキバ「……誰これ?」


アカサカ「『日本で初めてオリンピックに参加した男、金栗四三』……だそうです」


アキバ「知ってる?」


アカサカ「全然」


2019-10-30-19.JPG


アカサカ「取り敢えず、ここは名前の通り、『大河ドラマ いだてん』の資料館になってるみたいですね」


2019-10-30-20.JPG


アキバ「わっ! すごいジオラマ……


アカサカ「『いだてん』時代の玉名を再現したジオラマらしいですね」


2019-10-30-21.JPG


バジりん「細部まで隅々作ってあって、凄いですねぇ……」


2019-10-30-22.JPG


アカサカ「この頃は米俵を船に乗せて川で運んでたらしくて、港まで坂道を転がして下す『俵ころがし』を再現してるみたいだね。ちなみに今でも、『大俵まつり』として残ってるんだって」


アキバ「へぇ~……」


2019-10-30-23.JPG


バジりん「あっ! マスター、橋の下に河童がいますよ」


2019-10-30-24.JPG


アキバ「アカサカさん、こっちもこっちも。木陰で休んでる~♪」


アカサカ「……何故?


2019-10-30-25.JPG


アカサカ「ジオラマの上には、ドラマでの合成の方法なんかが載ってるね」


~場面転換~


2019-10-30-26.JPG


アカサカ「さて、お次は『きくすいの里』でお昼だ」


アキバ「わ~い、ご飯だご飯だ~♪ どろんどろ~ん♪」


バジりん「アキバ殿、張り切ってますねぇ……」


2019-10-30-27.JPG


アキバ「わっ! すごい豪華!」


2019-10-30-28.JPG


アカサカ「キノコはマツタケだってさ」


アキバ「すっご~い! マツタケなんて初めて~……! あ、でもTくんの」


アカサカ「そっから先は言うんじゃありません」


バジりん「マスター、左下の黄色い銀杏のようなものは……?」


アカサカ「ハスの実だって」


2019-10-30-29.JPG


アカサカ「マツタケはあらかじめ裂いてから焼いて下さい、だってさ」


アキバ「……なんか、こういうネタがドリフのコントにあったよね」


2019-10-30-30.JPG


アカサカ「すき焼き用のお肉は、『赤牛』と『味彩牛(あじさいぎゅう)』だって」


2019-10-30-31.JPG


バジりん「マスター、マツタケが焼けてきました」


アカサカ「すごい香ばしいな。よし、そろそろ食おうぜ」


2019-10-30-32.JPG


アキバ「すき焼きも頂きま~す!」


2019-10-30-33.JPG


アカサカ「ここじゃ、飲み物があらかじめ発泡酒、焼酎(米、芋)、ソフトドリンクが選べたんで、オレは米焼酎の水割りにしてみた」


バジりん「マスターが焼酎なんて珍しいですねぇ」


アカサカ「本当はウイスキーが良かったんだけどね」


2019-10-30-34.JPG


アカサカ「ご飯の付け合わせは、左上の奴がキクラゲの柴漬け、下のは天草海苔の佃煮で、右のはなんと、大豆の佃煮だってさ」


バジりん「これ、大豆なんですか!


アキバ「なるほど~、つまりソイジャーキーみたいなものなんだね」


2019-10-30-35.JPG


アカサカ「せっかくだから、マツタケも半分、すき焼きに入れてみたぞ」


2019-10-30-36.JPG


アキバ「お腹いっぱい~♪」


バジりん「美味しゅう御座いました」


アカサカ「オレはあと一杯ぐらい、ご飯お替りすれば良かったな……」


アキバ「そう言えばアカサカさん、相席になったオバちゃん達に大学生って間違われてたね~♪」


アカサカ「黙りなさい」


~場面転換~


2019-10-30-37.JPG


アカサカ「さてと、お次は山鹿で酒造見学と散策だ。ここは江戸の街並みを残してるところが見ものなんだってさ」


2019-10-30-38.JPG


アカサカ「まずは『木屋本店』でお話を聞いてと……」


2019-10-30-39.JPG


アキバ「ねえねえアカサカさん、これな~に?」


アカサカ「これが日本酒を発酵させる麹菌ですよ。こうやってまんべんなくお米を覆うくらいに発酵するほど、甘みが出るんだそうです」


アキバ「へぇ~」


アカサカ「ちなみにこうやって酒造は菌業者から種菌を買うらしいけど、全国でも数える位しか菌業者は無くて、ここは京都の業者から買ってるんだって。ただし、菌の方は味噌用から様々なお酒用と種類がすごくて、大体50~60種類くらいの麹菌があるらしい」


バジりん「60種類ですか!


2019-10-30-40.JPG


バジりん「甘酒の試飲も出来るみたいですね」


アキバ「ちょっとお米の粒が残ってるんだねぇ」


2019-10-30-41.JPG


アキバ「あれは……」


アカサカ「『酒林』……『杉玉』とも言いますね。作った時は青々としてるらしいですが、こうやって茶色になった頃が、熟成の目安にもなってるそうです」


バジりん「そう言えば、マスターが以前母の日プレゼントのバスツアーで豆田町に行かれた時にもありましたね」


2019-10-30-42.JPG


アキバ「わっ! すごく大きな釜~!」


アカサカ「かつて酒用の米を蒸すのに使ってたみたいですね」


2019-10-30-43.JPG


アカサカ「その隣には熟成樽があって……一升瓶二千本分だそうです」


アキババジりん「二千本!」


2019-10-30-44.JPG


アカサカ「さて、今度は資料館の見学と説明だ」


2019-10-30-45.JPG


バジりん「マスター、あの紐と滑車は?」


アカサカ「あれは、酒蔵の上階に樽なんかを上げる時に使ってたらしい」


2019-10-30-46.JPG


アカサカ「この石は90kgあるらしいぞ。バジ、その紐引っ張って、ちょっと持ち上げてみ?」


バジりん「そんな、無理ですよ……って、あれ?」


アキバ「どろ~ん。もしかして、バジりんってすごい馬鹿力?」


バジりん「違いますよ! これ、凄く簡単に上げられるんです!」


2019-10-30-47.JPG


アカサカ「さてと、こっちでも試飲が出来るぞ。まずは普通の日本酒に……」


2019-10-30-48.JPG


アカサカ「こっちの地方独特の『赤酒』。普通のお酒は、米の芯から4割残るくらいまで研ぐらしいけど、これは普通にご飯を炊くのと同じく、9割残して仕込むんだって。ちなみに3割残るくらいまで研ぐと『大吟醸』、醸造アルコールを混ぜずに発酵させると『純米』って名乗れるんだってさ」


2019-10-30-49.JPG


アカサカ「それからこっちでもノンアルコールの甘酒の試飲が出来るぞ」


バジりん「こちらはお米も完全に形がなくなってますねぇ」


2019-10-30-50.JPG


アキバ「あ、そうだ! バジりんも今度、お酒の樽に浸かってみたら?」


アカサカ「マムシ酒ならぬバジリスク酒ってか?」


バジりん「嫌ですよぅ……ボク、お酒弱いのに……」


アキバ「え~? アカサカさんが喜んで飲んでくれるかもよ~?」


バジりん「ちょっ! アキバ殿……!


2019-10-30-51.JPG


アカサカ「道を渡ってと……。せんべい工房て所じゃ、せんべい作りの体験もできるらしいぞ」


2019-10-30-52.JPG


アカサカ「型に米とフレーバーの粒を入れて……」


2019-10-30-53.JPG


アカサカ「熱したプレス機で一気に潰せば……」


2019-10-30-54.JPG


アカサカ「一瞬で薄焼きせんべいが出来上がる、と」


2019-10-30-55.JPG


アキバ「この辺りは『豊前街道』っていうんだね~」


~場面転換~


2019-10-30-56.JPG


アカサカ「さて、最後は『道の駅かほく』だ」


2019-10-30-57.JPG


アキバ「プールもあるんだねぇ~」


バジりん「さすがに今はシーズン外みたいですけどね」


2019-10-30-58.JPG


アキバ「金運アップのいのししだって~♪」


アカサカ「ちょっと触っておこう……」


2019-10-30-59.JPG


アカサカ「何故か休憩所に唐津くんちのポスターが……


2019-10-30-60.JPG


アカサカ「よし、じゃあ最後に、ソフトクリームでも食べますか」


アキバ「やった~!」


バジりん「有難う御座います


~場面転換~


2019-10-30-61.JPG


アキバ「今日はとっても楽しかったね~♪」


バジりん「お土産もたくさんもらえましたし……。メロンにオレンジに、梨にジャガイモ、玉ネギ……」


アカサカ「と言っても、寮にゃ包丁無いから、持って帰るのはオレンジだけだけどな。あとはお袋に……」




~おしまい~

スポンサーサイト



イメージ 1

アカサカ「バジ、今日はバスツアーに行くけど、お前も来るだろ?」

バジりん「もちろんです、マスター。喜んで♪」

~場面転換~

イメージ 2

アカサカ「という訳で、これが今日、お世話になるバスだ」

イメージ 3

アカサカ「朝食はファミマで買った、ちょっといいサンドイッチと……」

イメージ 4

アカサカ「新発売のおにぎりだ」

バジりん(と、鶏肉……

~場面転換~

イメージ 5

アカサカ「てなわけで、まずは呼子に到着だ」

バジりん「イカで有名なところですね」

アカサカ「残念ながら、今日は食べないけどな」

イメージ 6

アカサカ「今回はこれ。遊覧船に乗るんだ」

イメージ 7

バジりん「イカの姿をした船ですか」

アカサカ「今日、乗るのはこれと同型の奴だぞ」

イメージ 8

アカサカ「という訳で、乗船!」

バジりん「ときにマスター、床が所々、ペンキを撒いたようになっているのですが……」

アカサカ「……『スプラトゥーン』意識してんじゃないの? 知らんけど」

イメージ 9

バジりん「マスター、あれは?」

アカサカ「あれは『ジーラ』っつって、船底がガラス張りで、海底が見られるようになってんだ」

バジりん「へぇ~……」

イメージ 10

アカサカ「まずは『眼鏡岩』だ」

バジりん「眼鏡岩?」

アカサカ「水面に映った様子が、眼鏡に見えるからそう呼ばれてるんだってさ」

イメージ 11

アカサカ「いよいよ目的地の『七ツ釜』に到着だ。玄武岩が波で浸食されて、七つの洞窟ができたことからそう呼ばれてるぞ」

イメージ 12

アカサカ「ここは、玄武岩の柱状節理が発達してることで有名なんだ」

バジりん「へぇ~……」

イメージ 13

アカサカ「ここは110mくらいの洞窟らしいが、この船じゃ、これが精いっぱいらしい」

イメージ 14

バジりん「見事なもので御座いますね……」

アカサカ「水も澄んでるしなぁ」

イメージ 15

アカサカ「ちなみに一つだけ、反対側まで貫通してる洞窟があって、ボートみたいな小舟でなら、反対側まで行けるらしい」

バジりん「一度行ってみたいですね(笑)」

イメージ 16

バジりん「マスター、あれは?」

アカサカ「呼子大橋だ。平成元年の完成で、平成10年には『新さが百景』にも選出されたんだってさ」

イメージ 17

アカサカ「もうすぐ港だ……って、どうした、バジ?」

バジりん「マスター……。ボク、船酔いしちゃったみたいです……(汗)」

アカサカ「も、もうちょっとで陸だから、それまで頑張れ(汗)」

~場面転換~

イメージ 18

アカサカ「さて次は、鷹島肥前大橋を渡って……」

イメージ 19

アカサカ「道の駅 鷹島に到着だ」

イメージ 20

アカサカ「ここも元寇の歴史と関りがある場所なんだってさ」

イメージ 21

アカサカ「さて、今度はここで……」

イメージ 22

アカサカ「アジの開き体験だ」

イメージ 23

バジりん「マスター、お上手ですねぇ」

アカサカ「魚捌いたのなんて初めてだけどな……」
(注:ちなみにマジで結構いい感じに出来ました)

イメージ 24

バジりん「ま、マスター! どうなさったんですか!?」

アカサカ「今度はオレの方が、生臭さで気分悪くなっちゃった……(汗)」

イメージ 25

アカサカ「ちなみにここ、勝海舟と坂本龍馬のパネルもあるぞ」

イメージ 26

アカサカ「こっちは観光案内のマップだな」

~場面転換~

イメージ 27

アカサカ「さて、次はいよいよお昼だ」

バジりん「マスター、本日は何を……?」

イメージ 28

アカサカ「このアジフライ定食だ」

イメージ 29

アカサカ「メインディッシュはこのアジフライだぞ」

バジりん「お昼の目玉がアジフライで御座いますか……?」

イメージ 30

アカサカ「このアジフライ、肉厚なのが自慢なんだって」

バジりん「確かに! こんな分厚いアジフライは初めて見ました」

イメージ 31

アカサカ「味噌汁の具は、ジャガイモとカボチャか」

イメージ 32

アカサカ「茶碗蒸しは激甘だな……。オレはもうちょっとしょっぱい方が好みだが」

バジりん「ボクもです……」

~場面転換~

イメージ 33

アカサカ「お昼の後は、港釣り体験だぞ」

イメージ 34

アカサカ「参加者が班ごとに分かれて……」

イメージ 35

アカサカ「貸し出してもらった釣り竿と小エビの餌で、いよいよスタートだ!」

バジりん「マスター、ボク、釣りなんて初めてです」

イメージ 36

アカサカ「……意外なくらい良く釣れるな」

バジりん「マスター、妙にフグが多いですね……」

アカサカ「ああ、これ、隣で釣ってたオバちゃんのだよ」

イメージ 37

アカサカ「釣った魚は持ち帰り可能だ。カワハギとかも釣れたぞ」

バジりん「さすがにフグは無理ですよね(苦笑)」

イメージ 38

アカサカ「いやぁ……釣りなんて25年くらい前に一回やったっきりだったけど、2時間があっと言う間だったな」

バジりん「マスターのお母様は大喜びですね」

~場面転換~

イメージ 39

アカサカ「最後はマリンセンターおさかな村でお買い物だ。ちなみにここ、前にファースト達も来てたぞ」

イメージ 40

アカサカ「海産物メインだが、まぁ、見ての通り道の駅みたいなところだな」

イメージ 41

バジりん「マスター、お詳しいですね……」

アカサカ「子供のころ、お袋の実家に遊びに行った時、たまに来てたからな」

イメージ 42

アカサカ「よし、柚子ソフトでも食べるか」

バジりん「やったっ! 有難う御座います♪」

イメージ 43

アカサカ「ふう。今日は疲れたけど、楽しかったな」

バジりん「マスター、お供させて頂いて、有難う御座います♪」

イメージ 44

アカサカ「んじゃ、バスの中で夕食にするか。そこで売ってたかしわ飯だぞ」

イメージ 45

アカサカ「ちなみに付け合わせに、分厚い卵焼きも入ってる」

バジりん「た、卵……(ゴクリ)」



~おしまい~
イメージ 1

 今晩は、アカサカです。
 今日はお袋とバスツアーに行ってきました。

 と言っても、今回は以前、『さんぞくや』で『母の日プレゼント企画』に応募したら、見事当選したものでしたので、いつもとはちょっと構成を変えています。

「母の日のプレゼント企画」なので、今日はバジもギリアムもお留守番です。

イメージ 2

 こちらが本日お世話になるバス。
 珍しく、地元の駅が出発地点の一つになっていました。

 この後天神にも寄って、参加者を乗せていきます。

イメージ 3

 まずはコチラ。
 佐賀県のジュエリーファクトリー『AQUA』です。

 添乗員さんいわく、協賛してるからここも長時間寄らないといけなかったんだそうな。

イメージ 4

 水晶球。

 重さは350kgあるそうです。
 ちなみに透き通っていないのは、水晶の下の部分だからだそうで、水晶は上に行けば行くほど透明になっていくんだそうです。

イメージ 5

 ネオジウム磁石のネックレスがやたらと推されていました。

イメージ 6

 1階では、アクセサリーの製造工程なんかも見られました。
 一つ一つ手作りのようです。

 その後は、2階でこちらのメーカーが販売している羊の毛皮製品ムートン(もともとは毛皮製品を扱ってるメーカーだったんだそうで)の説明を受けた後、試着・販売会でした。

イメージ 7

 会場にあった羊のぬいぐるみがスッゲェ可愛らしかったので、一枚パチリ。
 ちなみにこれで一万五千円だそうな。Σ( ̄□ ̄;)

イメージ 8

 さて、お次は、大分県日田市は豆田町。
 まずは薫長酒造(くんちょうしゅぞう)で、製造しているお酒の説明を受けます。

イメージ 9

 酒蔵には、こんなものがぶら下がっています。
 外国人の観光客はハチの巣だと誤解するそうですが……。

イメージ 10

『酒林(杉玉)』と言って、酒屋の看板のようなものなんだそうです(画像は右下クリックで元サイズで出ます)。

イメージ 11

 通路にはメダカが泳ぐ鉢が(笑)。

イメージ 12

 説明会場では、ツバメが巣を作っていました。

イメージ 13

 その後は、豆田町の散策です。
 過去にも二回ほど来た事があります。

 天気予報では大雨でしたが、御覧の通り、曇っている程度で済みました。

イメージ 14

 お寺は入場不可になっていました。

イメージ 15

 途中、道の駅ならぬ『まちの駅』に寄りました。
 ちなみにここ、普通のスーパー規模なのに、しっかり駐車料金を取られるようです。せ、セコイ……(苦笑)。

イメージ 16

 中にはお土産や……

イメージ 17

 お菓子の地域限定フレーバーなんかも売ってましたが、

イメージ 18

 普通の食品なんかも売ってる辺り、地元の人向けのお店と言った側面もあるようですね。

イメージ 19

 小腹がすいたので、ちょっとお菓子を買いましたよ。

イメージ 20

 こんな所でもタピオカブームが(笑)。

イメージ 21

 さて、お次はお昼です。
 湯布院の『山水館』という旅館です。

イメージ 22

 お土産コーナーから入っていきます。

イメージ 23

 お昼はビュッフェスタイルです。
 あとで見たら、個人で利用する分には1,620円でした。

イメージ 24

 ここでは地ビールも作っているそうです。

イメージ 25

 看板に書いてある通り、大分の材料を使った料理が出されていました。

イメージ 26

 焼きそばや、焼き魚などなど……。

イメージ 27

 自分で具材を選べる出汁茶漬けなんかもありました。

イメージ 28

 大分名物のとり天と、塩かぼす風味の唐揚げです。

イメージ 29

 という訳で、右上から時計回りにとり天、ゆでトウモロコシ、豚肉と夏野菜の塩だれ、ケバブ風ミートボールとポテト、ヒジキと大豆の煮もの、塩かぼす風味唐揚げです。

イメージ 30

 別府冷麺なんかもありました。

イメージ 31

 だご汁。
 だご(団子)は長~~~い一本になっていて、なかなかお玉にすくえませんでした(苦笑)。

イメージ 32

 デザートも色々と。
 やせうま食べるの忘れてたんだよなぁ……。(-_-;)

イメージ 33

 お袋はカプチーノを飲んでました。

イメージ 34

 さて、この旅館、結構大きかったです。

イメージ 35

 入口の石碑。
 万葉集からの引用だそうです。

イメージ 36

 本当は温泉に入ることも出来たんですが、私もお袋も温泉には入らず。
 食べ過ぎてお腹も張ってましたし……。

イメージ 37

 さて、土産物屋の5%割引券をもらっていたので……。

イメージ 38

 お土産屋で見つけた、ハンターバルクヘッドのパチ玩具『鋼神』を買ってきました。
 こないだのマックスコンボイや、セリアのパチTF達と絡めようかと思います。

イメージ 39

 さて、お次はまたまたバスで移動して、湯布院の町の散策です。

イメージ 40

 由布院駅にやって来ました。
 かれこれ7~8年ぶりです。

イメージ 41

 駅構内は、かなり天井が高くなっています。

イメージ 42

 待合所。
 和紙製の作品が展示されていました。

イメージ 43

 ここも結構、天井が高かったですねぇ。

イメージ 44

 駅構内から由布院の町を。
 由布岳にも、雲がかかっています。

イメージ 45

 近くには、レトロチックな観光バスが停まっていました。

イメージ 46

 駅の隣には観光案内所が。

イメージ 47

 内部。
 木造の天井と、ガラス張りの壁の透明感がすごいです。

イメージ 48

 2階は展望室と、読書ルーム(?)になっていました。

イメージ 49

 以前来た時にはあった、児童公園の機関車は無くなってしまっていました。
 残念……。

 因みに、ヤフブロの記事の掲載画像数の限界があって、今回の記事で載せていない画像もまだまだあるのですが、それらはいずれ、『観光雑誌コーナー』の由布院のページで追加掲載していきたいと思っています。

イメージ 50

 といったところで、今日はこの辺で。
 どうも。ではでは。
 今晩は、アカサカです。
 という訳で、本日で34歳となりました。(^ ^;)

 人気投票の締め切りまで、残すところ十日になってますので、是非是非ご協力をお願い致します……(必死)。

 さて、今日はバスツアーに行ってきたんですが、今回はちょっと特別編です。

 では、早速スタート!



アキバ「どろ~ん。アカサカさん、今日が誕生日なんだって? おめでと~」

バジりん「マスター、おめでとう御座います」

アカサカ「二人とも、ありがと」



アカサカ「実は今日、バスツアーの予約しててさ。二人共、一緒に行かない?」

バジりん「もちろんです、マスター。喜んで

アキバ「わ~い、旅行だ旅行だ~
 どろんどろ~ん♪」

~場面転換~



アカサカ「という訳で。今日、お世話になるバスはこちらだ」

バジりん「あの、マスター。ところで、ギリアム殿は良かったのですか……?」

アカサカ「ああ、ギリアムね。あいつは『留守を守るのは執事としての務め故』とか言って、留守番してる。今頃、一人でとっときのお菓子でも食べてんじゃないの?」



~その頃~

ギリアム「いやぁ、役得役得

~場面転換~



アカサカ「さて、という訳で、ますは佐賀県武雄市の武雄神社だ」

バジりん「武雄……温泉で有名な所ですね」

アキバ「温泉かぁ~。ボクもTくんと混浴したかったんだけどさぁ、ブツブツ……」

バジりん「あの、アキバ殿……?



アカサカ「まずは鳥居をくぐってと」



アキバ「わっ! 凄い石垣~!」

バジりん「お城のようですねぇ……



アカサカ「お参りしていこう」

バジりんアキバ「は~い!」



アカサカ「さて、左側にあるルートに行くよ」

バジりん「『御神木』……?」

アカサカ「そ。ここでのメインを今から見に行くの」



アキバ「わ~、紅葉のトンネルみたいだねぇ」

バジりん「日差しが気持ち良いです……



アカサカ「ほら、これ。樹齢三千年の、大楠だ」



アキバ「中に十二畳分の空洞があるんだって~」

アカサカ「中に入れないのが残念ですね」



アキバ「それにしても、本当におっきいよね~」

バジりん「本当に……。自然の生命力には驚かされます」

アカサカ「全くだな」



アカサカ「さて、近くにある物産館でお土産を見繕って、次に行くよ」

~場面転換~



アカサカ「次は長串山のつつじ公園なんだが……ん?」

アキバ「どうなさいました、マスター?」



アカサカ「間違いねえ。ここ、去年の今頃に、ファースト達が社員旅行で来た場所だ」

アキバ「へ~、そうなんだ~」



アカサカ「ん、何かやってるな」



バジりん「屋台に路上ライブをやってますね……」

アキバ「どろ~ん。この曲って……」

アカサカ「『妖怪人間ベム』のテーマ曲ですね」

アキバ「何故



アカサカ「上まで行くと、九十九島が見渡せるぞ」



アカサカ「天気がいい時は、もっと先の島まで見えるんだってさ」



アカサカ「ファースト達が来た時はろくに咲いてなかったけど……今年はいい感じだな」

バジりん「ラッキーでしたねぇ」



アカサカ「しっかり咲いてると、こんな感じなんだな」



アキバ「さっきのイベント会場が見えるね。どろ~ん♪」



アカサカ「あの滑り台、ウエストが杏子ちゃんに蹴り落とされたらしいぞ」

バジりん「そうなんですか……



アキバ「どろ~ん……おシリが痛い……」

バジりん「アキバ殿……

アカサカ「滑ったんですか……



アカサカ「バスに戻るついでに、アイス買うか」

バジりんアキバ「わ~い♪」

~場面転換~



アカサカ「次はいよいよお昼だが……ここもファースト達、来てたな……」



アキバ「て事は、お昼も同じお店なのかなぁ?」

アカサカ「さあ……」



アカサカ「ファーストに聞いたところだと、この先にあるレストランだったらしいけど……」



アカサカ「まさに同じお店みたいね



アカサカ「ちなみにお店の前は広いデッキになってて、船が泊まってる事も有るぞ」



アカサカ「という訳で、今日のお昼の時間だぞ~!」

バジりんアキバ「いただきま~す



アカサカ「鉄鍋の中身は……レモンステーキか。佐世保名物の一つだな」

バジりん「確かに、レモンが乗ってますねぇ」



アカサカ「今回のメインの一つ、和牛の炙り寿司とイセエビのウニソースだ」



アキバ「うどんには卵が入ってるねぇ」

バジりん「ボク、卵、大好きなんですよ

アキバ「ああ、成程。蛇だもんねぇ……」



アカサカ「寿司は炙ってあって、ちょと香ばしいぞ」



アカサカ「さて、ようやくレモンステーキも火が通ったし、レモンだれをかけて頂こうか」



アキバ「野菜もたっぷりなんだねぇ」



アカサカ「ふぃ~、食った食った」

アキバ「炙り牛のお寿司、美味しかったねぇ、バジりん」

バジりん「ボクはイセエビもなかなか……」

アカサカ「もう少し時間あるし、ちょっと辺りを回ってみるか」



アカサカ「佐世保バーガーのお店や……」



アカサカ「お土産やも充実してるぞ」



バジりん「おや、アキバ殿。何か買ったんですか?」

アキバ「うん。Tくんにお土産買っちゃった~

~場面転換~



アキバ「わっ! 凄い大きなクレーン!」

アカサカ「佐世保重工のクレーンですね」



アカサカ「ここにある250トンクレーンは1913年にイギリスから導入されたもので、現在も使用されています。このクレーンはかつては戦艦『武蔵』の艤装工事にも使用されたんだそうですよ」

アキバ「へぇ~……」



アカサカ「さて、今度は海上自衛隊の佐世保資料館の見学だ。残念ながら、展示物は撮影禁止なんだけども……」



アキバ「『くらま』……?」

バジりん「マスターのネッ友さんの?」

アカサカ「いやそれ、『くらま』違いだから……



アカサカ「7階の展望室からの風景は、こんな感じ」

バジりん「港にアメリカ海軍の軍艦が見えますねぇ……」

アカサカ「デカいのは、1,200人以上乗れるらしいぞ」

~場面転換~



アカサカ「さて、最後はカステラのメーカー、和泉屋の製造直売所で、試食とお買い物だ」



バジりん「マスター、それは……?」

アカサカ「カステラのラスクだよ。アキバさんはどこ行ったの?」

バジりん「あちらで試食を楽しまれています

~場面転換~



アカサカ「今日は楽しかったよ。二人共、付き合ってくれて有難う」

バジりん「マスター、こちらこそ……」

アキバ「とっても楽しかったよ~
 どろんどろ~ん



~おしまい~
2019.04.01 桜の時?


アカサカ「てなわけで、今日はバスツアーで桜を見に行くぞ」

ディケイド「今日はどこまで行くんだ?」

アカサカ「熊本の阿蘇だ」

~場面転換~



アカサカ「今日、お世話になるのはこのバスだ。早速出発するぞ!」

~場面転換~



アカサカ「到着まで時間あるし……杏子ちゃん、食べるかい?」

杏子「うん、食う~♪」

~場面転換~



アカサカ「最初はここ。『阿蘇ファームランド』だ」

ウエスト「ここでは何をするの?」

アカサカ「それはな……」



アカサカ「まずは昼食だ」

サンクラ「いきなりかよ……」



アカサカ「ここは和洋中、色んな料理のバイキングが用意してあるぞ」

ハッピー「うわぁ、すっご~い!」



ウエスト「あれ、サンダークラッカーは?」

インペラー「そこでエネルゴンキューブつまんでるッスよ」

ウエスト「あ、そっか……」



アカサカ「こんなもんか。右上の皿から、チキングラタン、ソーセージ、鳥の炭火焼き、高菜ご飯、サラダ、フライドポテト、唐揚げ、チキンライスってとこだ」

ウエスト「ご飯類が被ってるね」

アカサカ「うん、オレも取ってきて気づいた」



ハッピー「へぇ~、お蕎麦もあるんだ」

インペラー「だご汁とかも置いてたッスよ」

~場面転換~



ハッピー「さあってと、デザートはリンゴケーキにミルクレープに、フルーツに……」

ディケイド「よくそんなに入るな」

ハッピー「いいの! 成長期なんだから!」



杏子「ん、ウエストはアイス食ってんのか?」

ウエスト「うん。バニラと、チョコレートと、あと、バナナチョコ」

杏子「いいな。あたしも取ってくるか!」



ハッピー「お腹いっぱ~い♪」

ウエスト「ウルトラハッピー、なんてね」

杏子「いつもこれが楽しみだからなぁ……」



アカサカ「さてと、お土産も買ったし、次行くぞ」



ハッピー「うわぁ~、すごくいい景色~」

ウエスト「絶景だねぇ……」



アカサカ「さて、中松駅に着いたな。今度はここで、トロッコ列車に乗るぞ」



アカサカ「本来、ここは『立野駅』から終点の『高森駅』まで走ってるんだが、熊本地震の影響で、まだこの中松~高森までしか復旧してないんだ」



サンクラ「ん、駅舎に何かあるな」



サンクラ「って、なんじゃこりゃ!?」

ハッピー「ロボットがいっぱい……」

ウエスト「すごい……マニアック」



インペラー「先輩、閉まってるッスけど、お店の中にはこんなでっかいのも!」

ディケイド「あれは『ギンガマン』のギンガイオーだな。ちなみにこの店、名前は『ひみつ基地ゴン』って言うらしい」

アカサカ「そう言えば、管理人が『同じものが小倉のまんだらけで売ってる』って言ってたな……」



インペラー「長閑な所ッスねぇ」

杏子「そうだな。ん……?」



インペラー「ここ、ホームがちょっと欠けてるッスね」

杏子「ここに立札があるぞ。なになに……」



杏子「……戦時中、戦闘機に空襲されたらしいな」

インペラー「こんなトコまで襲われたッスか……」



杏子「お、列車が来たみたいだぜ?」



サンクラ「なかなかレトロな外見だな」

アカサカ「そこがいいんじゃねぇの」



ウエスト「さあ皆、出発するよ~!」

インペラー「ウエスト先輩、張り切ってるッスね」

サンクラ「コイツも特急列車だからな」



アカサカ「ほらみんな、左手に山が連なってるだろ?」

ハッピー「そうだね」

アカサカ「あれ、阿蘇五岳ってんだけど、お釈迦様の寝姿に見えることから『阿蘇涅槃像』とも呼ばれてるんだ」

ハッピー「へぇ~。確かに言われてみれば、そんな感じにも見えるねぇ」



アカサカ「さて、高森駅に到着だ」



ディケイド「終点だけあって、それなりに立派な駅舎なんだな」



ウエスト「わぁ~! トロッコ列車のプラレールもあるんだぁ」



ハッピー「『サイレントマンガオーディション』……?」

インペラー「行ってみるッス」



インペラー「なるほど、台詞が無いマンガが展示してあるんスね」

ハッピー「でも、雰囲気は伝わってくるよねぇ」



サンクラ「ジオラマなんてのも展示されてんだな」



ディケイド「マンガ作家たちからの応援メッセージなんかもあるみたいだぞ」



インペラー「天井一杯に応援色紙が……」

ウエスト「すごいねぇ……」



ウエスト「あっ! 機関車が展示されてるよ! ……ドジラス?」

サンクラ「アストロトレインじゃねぇの?」



ディケイド「……『C12』。どっちも違うな」

ウエストサンクラ「…………」



サンクラ「なかなかユニークな駅だったな」

ディケイド「確かに、ちょっとそこらじゃ無いものばかりだったな」

~場面転換~



アカサカ「という訳で、高森峠に着いたぞ。ここでは別名『九十九曲がり』って呼ばれてる、峠に咲き続けてる千本桜の鑑賞だ」



杏子「満開とまではいかねぇが、なかなか綺麗だな」



ハッピー「こっちにはピンクの桜もあるよ~♪」



インペラー「どうせなら、満開の時に来られたら良かったッスけどね」

ハッピー「でも、綺麗だったよ」

アカサカ「ちなみに、これでも昨日よりは咲いてたんだとさ。しかも例年通りなら、もう散ってる頃だったんだと」

~場面転換~



アカサカ「さて、最後は『一心行』の大桜だ」



アカサカ「見えてきたな。あれは樹齢400年の大桜で、阿蘇合戦で矢崎城で戦火に散った伯耆守惟冬の妻子が、主の死後少数の家臣とひそかに故郷の峯村に戻り、戦いに散った城主と家臣たちの御霊を弔うために桜の苗木を植え、一心に行をおさめたというところから『一心行』の名がついたらしい」



ハッピー「あれで一本の桜なの?」

アカサカ「ああ。昭和初期の落雷で幹が6本に避けちまって、さらに2004年の台風16号と18号の影響で、その内2本折れちまって、今の状態になったんだとさ」

ハッピー「それでも生きてるんだ。凄いなぁ……」

ウエスト「生命の神秘だね……」



インペラー「近くには菜の花畑もあるんスね」

アカサカ「ピンクと黄色のコントラストが綺麗だな」



杏子「いやぁ~。風が強いけど、天気も良くて気持ちいいな~♪」

サンクラ「そうだな。……よし、ちょっくらひとっ飛びしてくるか! トランスフォーム!」

ゴガギギギ!



サンクラ「熊本の空を飛び回るのもなかなかいいもんだな」



杏子「お、なんだよ。屋台がいっぱい出てるじゃん!」



アカサカ「せっかくだし、『焼き団子』ってのを買ってみたぞ」



杏子「店長も団子買ったのか。あたしはクレープ買ってきたぜ~♪」

アカサカ「やっぱ抜け目ねぇな……」



~おしまい~
2018.11.23 平戸へ生島。


アカサカ「という訳で、今日は久しぶりにバスツアーに行くぞ」

インペラー「店長、今日はどこに行くッスか?」

アカサカ「平戸と生島。長崎だな」

~場面転換~



アカサカ「博多駅についたが……バスが来るまでには時間あるな」

杏子「じゃ、その前に腹ごしらえっと……」

ウエスト「いつの間に……」



アカサカ「お、バスが来たぞ」

ハッピー「杏子ちゃん、行くよ~!」

杏子「あっ! 待てよー!」


~場面転換~




アカサカ「まずは『道の駅松浦 ふるさと館』だ」

ウエスト「あっ! ハッピー、あれ見て!」



ウエスト「木や葉っぱで出来たフクロウだよ! 面白~い♪」

ハッピー「すごいねぇ。あっ、ウエストウエスト!」



ハッピー「こっちにはカエルがあるよ」

ウエスト「苔で出来てるみたいだねぇ」



ディケイド「こっちは広場か」

インペラー「ん? あれは……狛犬ッスか?」



インペラー「……じゃ、なさそうッスね」

アカサカ「さしずめ『狛ライオン』的な……?」



アカサカ「さ、中に入って、お土産を買うぞ」

ウエスト「え、もう?」



ウエスト「て、ホントにもう買ってるし……」

アカサカ「こういうのは、ビビッと来た時に買わないとな」

サンクラ「で、後で同じようなものがより安くあったりしてな」

アカサカ「…………」

~場面転換~



アカサカ「少し時間は早いが、次はお昼だ。白石漁協の『漁師食堂 母々の手』で、刺身盛りとバイキングだぞ」

杏子「やった!」



アカサカ「ここは小さな港にお店があるから、水揚げした魚をすぐに調理してくれるみたいだな」



ハッピー「店長、あの橋は?」

アカサカ「『生島大橋』だ。この後渡るぞ」

杏子「お~い、早く行こうぜ!」



杏子「おおっ! すげえ!」

ウエスト「豪勢だねぇ……」

アカサカ「あと、お吸い物が来るからな。他の料理やご飯は取り放題だ。天ぷらや煮つけ、サラダなんかもあるぞ」



インペラー「いやぁ、食ったッスねぇ」

杏子「ほんとほんと。……店長、どうしたんだ?」

アカサカ「ちょっと食いすぎて気分悪くなってきた……」

杏子「おいおい……」

~場面転換~



アカサカ「さて、それじゃあ飯の後は生島大橋を渡って……」



アカサカ「生島に到着だ」



アカサカ「ここでは、デッカイ観音様を見るぞ」

ウエスト「そう言えば、さっきバスの窓から見えてたね」



ハッピー「うわぁ~、おっきい~……」

ディケイド「本当にでかいな……」

アカサカ「魚籃観音(ぎょらんかんのん)の像なんだとさ」



サンクラ「こっからでも、さっきの橋が見えるんだな」

インペラー「ほんとッスねぇ」



アカサカ「観音像の中には入る事が出来るぞ」

ハッピー「薄暗いからか、神秘的な雰囲気だね」

インペラー「そうッスねぇ」



ディケイド「木彫りの観音像や如来像が並んでるぞ」

サンクラ「人間もなかなか器用なんだな」



ハッピー「この観音像、18mもあるんだって」

ウエスト「へぇ、すごいなぁ。ボクが合体するガルーダと同じ大きさじゃん」

~場面転換~



アカサカ「次は平戸に戻って、『平戸物産館』で買い物だ」



ウエスト「お城が見えるよ!」

アカサカ「あれは平戸城だな。今日はコースに入ってねぇけど」

ウエスト「残念……」



ハッピー「ウエスト、そうガッカリしないで、お買い物行こ?」

ウエスト「うん、そうだね」

~場面転換~



アカサカ「さて、平戸大橋を渡って松浦半島に戻るぞ」

~場面転換~



アカサカ「今度は江迎の『寿福寺』だ。ここは元々『長福寺』って名前だったが、八代将軍吉宗の嫡男と名前が被るからって、今の名前になったんだとさ」

サンクラ「なんか面倒だな……」



ハッピー「うわぁ、すごい!」

ウエスト「まるでイチョウの絨毯みたいだねぇ……」



アカサカ「ここでは『逆さ紅葉』を見るぞ。今だけの限定公開なんだとさ」

ウエスト「へぇ~……」

サンクラ「ところで、あの滑車はなにしてるんだ?」

ディケイド「球を引くと滑車が回って、上の球が落ちてきて音が鳴る仕掛けらしいな」



サンクラ「地球人の宗教ってのは、良く分からねぇなぁ」

ディケイド「まぁ、宗教なんて人それぞれだからな。そこにどんな意味があるかなんて、本人達にしか分からないもんだ」



ハッピー「お焼香を上げてっと……」



杏子「おお! 綺麗な紅葉だなぁ」

ハッピー「杏子ちゃんの髪の色みたいだね」



ウエスト「でも店長、確かに綺麗は綺麗なんだけど、どこが『逆さ紅葉』なの?」

アカサカ「ほら、そこを見てみな」



アカサカ「ピカピカに磨かれた石の床があるだろ?」

ウエスト「うん」



アカサカ「それに映って、ほら」

ウエスト「本当だ! 確かに『逆さ紅葉』だねぇ!」

~場面転換~



アカサカ「最後は、道の駅 伊万里で休憩だ」



ハッピー「思ったよりも広いんだね」

インペラー「でもこの時間だからか、あんまり人はいないッスねぇ……」



アカサカ「何かめぼしい物はあったかい?」

杏子「饅頭があったみたいなんだけどさ、あたし達が来た時間が遅かったからか、全部売り切れちまってたよ……」

アカサカ(まだ食うつもりだったのか……)

~場面転換~



杏子「じゃ~ん! 実は、平戸物産館で買ってたんだ!」

ハッピー「『カスドース』……。美味しそうだねぇ」

杏子「食うかい?」

ハッピー「うん、食べる~♪」



~おしまい~


アカサカ「ッてな訳でな、今日は恒例のバスツアーに行くぞ」

ウエスト「今日はどこに行くの?」

アカサカ「内緒……っていうより、オレも知らねえ」

杏子「へ~、ミステリーツアーって訳か。面白いじゃん」

~場面転換~



アカサカ「てことで、これが今日、お世話になるバスだ」

ディケイド「昭和バスとは珍しいな……」

~場面転換~



ハッピー「やって来たのは……」

アカサカ「大分県・日田市だな。『桜滝』だと」



ウエスト「あっ、見て見て! カメがいるよ~!」

ハッピー「かわいいねぇ♪」



サンクラ「お、見えてきたみたいだぜ」

ウエスト「よ~し、行ってみよう!」

インペラー「あ、先輩! 走ると危ないッスよ!」



ウエスト「間近で見てもすごい迫力……」

アカサカ「水量が豊富で、流れ落ちる滝水が無数の非常に細かい筋になり、飛沫が桜の花みたいなんで、桜滝って名が付けられたんだと」



サンクラ「サイバトロンのハウンドじゃねえが、地球の自然ってのもなかなか雄大だな」

ウエスト「だよね~。自然が無いヒカリアン星やセイバートロン星じゃ、見られない光景だもんねぇ」

~場面転換~



アカサカ「さてと、お次は……」

ウエスト「『慈恩の滝』……?」

ハッピー「ジィ~ク……」

ディケイド「ハッピー、それ違う」



アカサカ「この滝は、裏に遊歩道が整備されてるんだが……あれ?」



杏子「通行止めになってるな」

サンクラ「なんか、こないだの大雨で落石の危険性があるかららしいぜ。再開も未定なんだと」

ハッピー「残念……」



杏子「なんだこれ? でっけぇ龍だなぁ……」

アカサカ「ああ、これは、この地に伝わる伝説に出てくる龍だな」



アカサカ「バスで聞いた話によると、何でも、昔この辺りで、人々と小さくて無害な龍が一緒に暮らしてたんだと。ある日、龍が重い病気にかかっちまって、そこに旅の坊さんが通りかかった」



アカサカ「坊さんは龍を天に昇らせて、龍の病気を治してやった。そしたら龍は、お礼に一匹の鯉を送って、さらにこの万年山(はねやま)に、豊かな水の恵みを与えてくれるようになったんだとさ」

ハッピー「へぇ~、素敵な昔話……」

杏子「さしずめ、『龍の恩返し』ってとこか」

~場面転換~



アカサカ「さ、次は九重のステーキレストランでバイキングだぞ!」

杏子「よっしゃぁ!」



ディケイド「広々としてるな」

アカサカ「ホテルでもあるからな」



インペラー「おおっ! ゴツいステーキ肉ッス!」

アカサカ「今回のメインディッシュだぞ」

ウエスト「楽しみ~♪」



サンクラ「こりゃ何だ?」

アカサカ「ラクレットっていうチーズを溶かして、温野菜にかけてくれんだ」

サンクラ「ほほう」



アカサカ「こんな所か」

ハッピー「結構、とって来たんだねぇ……」



アカサカ「メインディッシュの薄切りステーキも来たぞ」

ウエスト「待ってました!……って、どうしたの、杏子ちゃん?」

杏子「いや、なんか、こういう見るからに高級っぽい料理って落ち着かなくてさ……」

アカサカ「ああ、そう言えばそうだっけ……」



アカサカ「ま、食ってみなよ」

杏子「そりゃ勿論! あたしが食いもん残すわけ……外はカリカリ、中は柔らけぇ……」



ウエスト「デザートも色々揃ってるねぇ。ケーキに……」



ウエスト「アイスクリームに……」



ハッピー「チョコレートフォンデュもあるよ! おっしゃれ~♪」



インペラー「店長、アイスだけにしたんスか?」

アカサカ「ああ、ちょっと、料理の方、食いすぎちまって……」

インペラー「あらら……」



ディケイド「お前ら、それ何飲んでるんだ?」

ハッピー「ノンアルコールカクテルだよ。自分でシロップを割って作れるの。私のはライチ」

ウエスト「ボクのは青りんごだけど……ちょっと薄めすぎちゃった……」



ディケイド「バーカウンターなんかもあるんだな」

サンクラ「ブラーん所のマカダムスみてえだな」



ウエスト「ひゃ~、食べた食べた~……」

アカサカ「オレも」

インペラー「杏子ちゃん、まだ食うッスか?」

杏子「何言ってんだよ、デザートは別腹だろ?」

~場面転換~



アカサカ「バスにしばらく乗って……」

~場面転換~



アカサカ「今度は熊本県の菊池渓谷だ」



アカサカ「ここは森林浴や紅葉のメッカらしいぞ」



アカサカ「ルートは30分コースと1時間コースがあるらしいけど、どっちに行く?」

ウエスト「それは勿論……」

ハッピー「1時間コースだよね~♪」



サンクラ「見ろよ、水が真っ青だぜ」

ウエスト「ホントだぁ」

ハッピー「綺麗……」



ディケイド「竜ヶ淵・天狗滝……」

ウエスト「ちょっと行ってみようよ」



杏子「へぇぇ、こっちも水が青いぜ」



インペラー「下流の方じゃ、水遊びしてるッスね」

ハッピー「いいなぁ、涼しそう……」



インペラー「なんか、ライダーや戦隊の山奥ロケで出てきそうな場所ッスね」

ディケイド「そうだな……」



ハッピー「そう言えば、どうして森林浴でリラックスできるか知ってる? フィトンチッドっていう、芳香物質のおかげなんだって」

ウエスト「へぇ~、ハッピー物知りだねぇ」

ハッピー「エッヘン」

杏子「そこに書いてあるじゃん」

ハッピーウエスト「…………」



アカサカ「さて、折り返し地点に到着だ」

サンクラ「でけえ岩だな……」



サンクラ「ん、何か書いてあるぞ」

ハッピー「『名水百選』……だって」



インペラー「ひゃ~、気持ちいいッス~♪」

ディケイド「珍しく羽伸ばしてるな」

アカサカ「ま、たまにはいいんでない?」



アカサカ「橋渡って、帰りのルートに行くぞ」



ディケイド「渡った先は休憩所になってるのか」

インペラー「キャンプでも出来そうな感じッスね」

~場面転換~



アカサカ「最後は『きくすいの里』で、フルーツ食べ放題だ」



アカサカ「……って」

ウエスト「スイカと、ブドウ……?」

インペラー「何スか、この取り合わせ……?」



ディケイド「ソフトクリームも売ってるな」

ハッピー「店長~、私、アイスも食べたい!」

ウエスト「ボクもボクも~!」



ウエスト「あ、店長はミックスにしたんだ」

アカサカ「お得だろ?」



杏子「うう……」

ディケイド「どうしたんだ、杏子?」

ハッピー「スイカ食べすぎて、お腹痛くなっちゃったんだって(汗)」

ディケイド「おいおい……」



ウエスト「お土産に甘栗もらっちゃった~、って……」

インペラー「どうしたッスか、ウエスト先輩?」

ウエスト「いや、そう言えば、インペラーの色って栗に似てるなぁって」

サンクラ「…………」

~場面転換~



アカサカ「さ、特に渋滞する事も無く、無事に博多に帰って来たぞ。お疲れ様でした~!」

一同「お疲れ様でした!」



~おしまい~


アカサカ「という訳で……って、毎回このフレーズで始まる気がするけど、今日はみんなでバスツアーに行くぞ」

ハッピー「今日はどこに行くの?」

アカサカ「長崎県の佐世保だ」

ウエスト「へぇ~」

~場面転換~



アカサカ「これが今日、お世話になるバスだ。遅れるなよ」

一同「は~い!」

~場面転換~



アカサカ「という訳で、バスに揺られて2時間くらい……。まずはここだ」

ウエスト「ここは?」

アカサカ「まぁ、ついてこいって」



アカサカ「お土産屋さんのわきを通って……」



アカサカ「ほら、見えてきたぞ」



ディケイド「なかなかデカい橋だな」

アカサカ「ああ。針尾瀬戸海峡の西海橋だ」



アカサカ「上の橋は車道だが、下の橋はこうやって人が渡れるようになってるんだぜ」

ハッピー「うわぁ……反対側の先が見えないよ」



サンクラ「あっちにも橋が架かってるな」

アカサカ「あっちは古い方の西海橋だ。まだまだ現役だけどな」



杏子「向こう側に到着っと。ん、なんだあの塔みたいなの……」

アカサカ「あれは針尾送信所(はりおそうしんじょ)っていって、大正時代から建ってる自立式電波塔なんだ。高さ・古さともに日本一なんだってさ。『旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設』の名称で国の重要文化財に指定されてるんだぜ」

杏子「ふ~ん」



インペラー「うわっ、高いッス!」

ハッピー「目がくらみそう……」



サンクラ「もし落っこちたら、ひとたまりも無さそうだな」

ウエスト「ボク、怖くなってきちゃった……」

アカサカ「お前ら、飛べるだろうが……」



アカサカ「もと来た側には、展望台もあるぞ」

ウエスト「ハッピー、競争しよう!」

ハッピー「よ~し、負けないよ!」



ハッピー「ウエスト、足速いねぇ……」

ウエスト「ハッピーだって。ほら、見て。さっきの橋が、二つとも見えるよ」

ハッピー「いい景色……」



杏子「こんなとこで弁当食ったら美味いだろうな」

ハッピー「そうだねぇ」

ディケイド「色気より食い気か……」



アカサカ「よし、じゃあさっきのお土産屋さんまで戻って……」



アカサカ「サザエのつかみ取りだ」

杏子「よ~し、やってやるぜ!」

インペラー「杏子ちゃん、気合入ってるッスねぇ……」



杏子「ん、イセエビも売ってんだな」

アカサカ「……杏子ちゃん、触ってヒゲ折ったりしないでくれよ」

杏子「んな事するかよ! ガキじゃあるまいし!」

アカサカ(いや、わざと折って「ヒゲ折っちまったから買ってくれ」って言ってくるかと思ったんだが……)



杏子「結局5匹か……」

ハッピー「私、4匹だったよ」

杏子「こういう時って、手が大きい奴の方が有利だよなぁ」

ウエスト(て言うか、魔法使っていっぱい捕るって思ったのに……)



アカサカ「お土産にたい焼きももらったぞ」



杏子「やっぱ、たい焼きは頭からだよな♪」

アカサカ「おいおい、昼飯入らなくなっても……って、杏子ちゃんに限ってそりゃねえか」

~場面転換~



アカサカ「さあ、次はお昼の時間だぞ」



アカサカ「今日のツアーのコンセプトの一つ、佐賀牛と長崎和牛の食べ比べだ」

杏子「やったぜ!」

アカサカ「ちなみに左が佐賀牛、右が長崎和牛だってさ」



アカサカ「鉄板で野菜と一緒に焼いてっと……」



アカサカ「和風ダレと、おろしポン酢で頂くぞ」

ハッピー「とろけそう~♪」

ウエスト「本当だねぇ」



杏子「ひゃ~、食った食った~♪」

ハッピー「お腹いっぱ~い」

インペラー「結局、どっちのが美味かったッスか?」

杏子「そんなのどっちだっていいじゃん。美味かったんだからさ」

ウエスト「だね」



アカサカ「昼飯も済んだし、次はと……」

杏子「お、店長。佐世保バーガーだって。買ってくれよ~」

アカサカ「まだ食うのかよ……」



ディケイド「次はどこに行くんだ?」

ウエスト「えーっとね。そこの水族館、『海きらら』だって」



ハッピー「大きな船だねぇ」

ディケイド「朱印船のレプリカらしいぞ」

ハッピー「朱印船……?」

ディケイド「昔の貿易船だな」



ウエスト「さっそく行ってみようよ!」

ハッピー「あ、待ってよウエスト!」

サンクラ「あーあ、はしゃいでら」

杏子「お子ちゃまだからなぁ、アイツら……」



ウエスト「いろんな魚がいるんだねぇ」

杏子「て、なんだあのデッカイ魚!? ウミガメと同じくらいあるぞ!」

アカサカ「あれは体長約180センチ、体重約80キロのタマカイだってさ」



ハッピー「見て見て、白と黒のエイがいるよ。面白~い♪」

ウエスト「そう言えば、ハッピーの先輩にも白い人と黒い人がいたよね」

ハッピー「うん。なぎささんと、ほのかさんだね」



ハッピー「うわ、こっちは足元まで水槽になってるんだぁ!」



ハッピー「すごく綺麗で、神秘的だよねぇ……」

杏子「美味そうなのもいっぱいいるなぁ」

ハッピー「…………」

インペラー「杏子ちゃん、そればっかりッスね……」

アカサカ「おーい、そろそろイルカのショーが始まるぞ」



ウエスト「うわ、すっごい!」

ハッピー「ちゃんと飼育員さんの指示通りに芸が出来るんだ~」



サンクラ「動物っつっても、なかなか知能が高いんだな」

ディケイド「ここじゃ、イルカと会話する方法も研究中らしいぞ」



アカサカ「広い水族館だったな……」

ハッピー「うー、まだまだ見足りないよぅ……」

~場面転換~



サンクラ「店長、今度はどこだ?」

アカサカ「本土で最西端の地、神崎鼻公園だ」



アカサカ「さ、海岸線をちょっと歩くぞ」



ウエスト「モニュメントが建ってるんだ」

ディケイド「基本だな……」



アカサカ「その上には展望デッキもあるぞ」



ハッピー「こっちの方にも石碑があるんだね~……」



サンクラ「この地図みたいなのはなんだ?」

アカサカ「『四極交流広場』だって。他の南端や北端なんかもこれで分かるみたいだな」



ディケイド「潮風がなかなか気持ちいいな」

アカサカ「そうだな」

ウエスト「ボク、錆びちゃうかも……」

サンクラ「なんだよ、情けねぇなぁ。トランスフォーム!」

ゴガギギギ!



サンクラ「せっかくだ、日本最西端の空を、ちょっと飛んでみようじゃねえか!」

~場面転換~



アカサカ「最後は長串山公園でつつじ祭りだ」



ハッピー「その割にはあんまり咲いてないんだね……」

インペラー「もうちょっと、上に登ってみるッス」



ハッピー「さっきよりは咲いてる……かな?」



ウエスト「長い滑り台だなぁ……」

杏子「折角だ、滑って……来なよ!」

ドン!

ウエスト「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」

ガラガラガラガラ……

杏子「お達者で~♪」

ハッピー「杏子ちゃん……」



ハッピー「う~ん。どうせなら、もっと咲いてる時に来られたら良かったのにねぇ」

ディケイド「そうだな」

~場面転換~



杏子「今日はなかなか良かったな。美味いもん、いっぱい食えたし」

ハッピー「水族館はとっても素敵だったしね」

サンクラ「ん、どうしたんだウエスト?」

ウエスト「それがその……お土産、買ってくるの忘れちゃって」

サンクラ「あらら……。ま、しゃーねえか」



~おしまい~


くれは「汐莉」

汐莉「な~に、くれちゃん?」

くれは「明日、何か予定ありますか?」

汐莉「ん~ん、特に無いけど……」



くれは「それじゃあ、日帰りで唐津に旅行に行きませんか?」



汐莉「くれちゃんと旅行!? 行く行く! 絶対行く!」

くれは「じゃ、決まりですね♪」

~翌日~



くれは「という訳で、博多駅から地下鉄に乗って姪浜駅までやってきました。この後、筑肥線に乗り換えます」

汐莉「……そう言えば、サレラシオってどこにあるんだっけ?」

くれは「……汐莉、それは言ってはいけません」



くれは「あ、来ましたよ。早速乗りましょう」

汐莉「は~い♪」

~約一時間後~



汐莉「わぁ~、海が綺麗ねぇ~♪」

くれは「あ、そろそろ見えてきましたよ」

~場面転換~



くれは「という訳で、唐津に到着しました」



くれは「改札を出て、と……」



汐莉「……くれちゃん、何アレ?」

くれは「さあ……。松ぼっくり製のゴジラか何かじゃないでしょうか……?」



くれは「南口側には、唐津近代図書館があるんですが、取り敢えず今回は……」



くれは「北口側の方を回ります」

汐莉「鶴の像……?」

くれは「鶴は唐津のシンボル動物ですからね」



汐莉「こっちは?」

くれは「『唐津くんち』の一番曳山(やま)、赤獅子のモニュメントですね」



汐莉「獅子なのに角があるのねぇ……」

くれは「まあ、幻獣みたいなものですからね……」



くれは「さて、それでは呉服町商店街を抜けて大手口に向かいます。ちなみにここ、数年前まではアーケード付きの商店街だったんですよ」



くれは「という訳で、大手口に出ました。ここは唐津市の都心部なんですよ。正面に見えるのは唐津大手口バスセンターで、2000年にまいづる百貨店が閉店後、2010年に解体されてから新しいビルが立て直されたんです」

汐莉「へ~……」



くれは「ちなみにまいづる百貨店の方は、100mほど東に『まいづるショッピングプラザ』として縮小移転しました」

汐莉「詳しいわねくれちゃん……」



くれは「さて、大手口からしばらく歩くと唐津神社に到着します。ここは三韓征伐に際して航海の安全を住吉三神に祈願した神功皇后が、帰朝の後に報謝のため松浦の海浜に宝鏡を縣けて三神を祀ったのに起源を持っているんだそうです」



くれは「さあ、手水舎で手を洗ってから……」



くれは「お参りしましょう。作法は『二礼・二拍手・一礼』ですよ♪」

汐莉「りょうか~い♪」



くれは「汐莉は何をお願いしたんですか?」

汐莉「『くれちゃんと、ず~っと一緒に居られますように』って♪ くれちゃんは?」

くれは「家内安全、無病息災ですかねぇ」

汐莉「…………(汗)」



くれは「ちなみに隣には、唐津くんちに登場する曳山14台が展示されている『曳山展示場』もあるんですよ」

汐莉「そうなんだ~。ねぇくれちゃん、次はどこ行くの?」

くれは「次はちょっと歩きますよ」

~場面転換~



くれは「ほら。見えてきました」

汐莉「お城?」

くれは「そう。来る時に、筑肥線の車窓からも見えましたね。『舞鶴城』とも呼ばれる唐津城です」



くれは「ここから階段を上っていきますよ」

汐莉「お土産屋さんのシャッターが閉まってるのがちょっと切ないわぁ……」



汐莉「わぁ! すっごい!」

くれは「この藤は、唐津市の天然記念物なんですって」



汐莉「お城と藤のコントラストがとっても綺麗ねぇ……」

くれは「本当ですねぇ」



汐莉「天気もいいし、景色もいいわねぇ」

くれは「せっかくですし、ここで少し休憩していきましょうか」



汐莉「立派な天守閣ねぇ……」

くれは「ここはちょうど、2017年の夏にリニューアルしたんですよ」



くれは「さあ、それでは入ってみるとしましょう」



汐莉「太い松ねぇ……」

くれは「これは『大老の松』といって、虹の松原の中で最も古い松だったんですが、松くい虫被害で枯死してしまって、2009年に伐採されたんだそうです」

汐莉「可哀そう……」

くれは「その代わり、という訳でもないですが、伐採前に採取した種子が発芽されて、植樹されたんだそうです」



くれは「さて、一階には大砲なんかも展示されています。この南蛮大砲は昔から唐津城の天守台にあったんだそうですが、その来歴は謎に包まれているんですって」

汐莉「大砲なら、マミちゃん連れてきたら良かったかしらねぇ?」

くれは「いや、さすがに巴さんでも分からないでしょう……」



くれは「ほかに、体験コーナーなんてのもあるみたいですね」

汐莉「くれちゃん、一緒にコスプレする?」

くれは「コスプレって……」



くれは「2階と3階は撮影禁止でしたので……一気に4階までやってきました」

汐莉「2階の唐津の武将の資料とか、3階の唐津焼の展示とかすごかったの~♪」



くれは「そして、5階は展望室になっています」

汐莉「いい眺め~♪」

くれは「左側に広がるのは虹の松原で、あそこの唐津ロイヤルホテルが建っている場所は、昔は旧東唐津駅があったんですよ」



くれは「反対側には、唐津の街並みが見えますね」



汐莉「くれちゃん、あれは?」

くれは「ああ、あれは石垣の修理をやってるみたいですよ」



汐莉「海もとっても綺麗だし、なんか、こうしてみると『海の街』~って感じがするわねぇ♪」

くれは「そうですねぇ。唐津はお刺身も美味しいですし」

~場面転換~



くれは「大手口まで戻ってきましたね」

汐莉「ねえねえくれちゃん、あれは?」

くれは「あれは旧唐津銀行本店の建物です。今では観光施設になってるんですよ。折角ですし、入ってみましょうか」

汐莉「さんせ~い♪」



くれは「中は当時の銀行内部が再現されているんですよ」

汐莉「おしゃれな感じねぇ」



汐莉「見てくれちゃん。『一億円のレプリカ』だって」

くれは「私たち一般人には一生縁の無い話ですねぇ……」



汐莉「うわぁ、古めかしい金庫」

くれは「ガイドさんの話によると、“この建物よりも古い”んだそうですよ。重さは500kgほどで、昔は4つくらい置いていたんだそうです」

汐莉「すっご~い。私も一つ、欲しいの~」



くれは「他にもいろいろ展示されてますね」



くれは「日本銀行本店の模型とか……」



汐莉「くれちゃんくれちゃん、この鏡と暖炉、創建当時のなんだって。こんなに綺麗な状態で残ってるなんてすごいわねぇ……」

くれは「本当ですねぇ……」



くれは「別室では、判子の展示なんかもありますね」



汐莉「あたし、このレトロな感じ、結構好きかも♪」

くれは「風情がありますよねぇ……」



くれは「次は2階に上がってみましょうか」



くれは「この階段は、当時、花嫁さんの写真撮影なんかにも使われてたらしいですよ」

汐莉「花嫁さんかぁ。くれちゃんの花嫁姿も、きっと素敵だと思うの~♪」

くれは「し、汐莉……///」



くれは「このシャンデリアも、さっきの階段も窓ガラスも、建設当時のままなんだそうですよ」

汐莉「大切に保存されてきたのねぇ……」



くれは「2階は唐津の偉人の展示や、唐津出身の建築家・辰野 金吾がのちに首相となる高橋是清から藩校・耐恒寮(たいこうりょう)で英語を学んだエピソードのミニシアターが上映されてますね……」

汐莉「なかなか面白かったの~♪」

~場面転換~



くれは「汐莉、唐津はどうでした?」

汐莉「いい街だったわぁ。また来たいの~」

くれは「そうですね。今度は暁美さんや瀬利達も誘ってみますか」



~おしまい~
 いつもお世話になっているzai*iosさんと、この度正式に友達登録を行わせて頂きました。
 改めて、宜しくお願い致します。m(_ _)m

 さて、今回は『店舗日誌』形式ですが、いつもとはちょっと毛色が違います。
 何はともあれ、本文スタート!



TV「行楽シーズンの真っ最中、各地では、観光客が紅葉を見に訪れて……」

汐莉「紅葉だって。綺麗ねぇ……」

くれは「そうですねぇ」



汐莉「ねぇ、くれちゃん」

くれは「はい?」



汐莉「あたしもくれちゃんと、紅葉見に行きたいの~」



くれは「私と二人で……ですか?」

汐莉「そう。くれちゃんは、イヤ?」



くれは「いいですよ。行きましょっか♪」

汐莉「やったぁ!」

~場面転換~



翌日……

くれは「という訳で……」



くれは「今日は耶馬渓までやって来ました。ここは日本新三景に選定されていて、名勝に指定されているんですよ」

汐莉「うわぁ、イチョウが綺麗ねぇ……」



汐莉「くれちゃん、このトンネルは?」

くれは「これは青の洞門ですよ」

汐莉「青の洞門?」



くれは「諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、断崖絶壁に鎖だけで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、ここにトンネルを掘って安全な道を作ろうと、托鉢勧進で掘削の資金を集めて、石工たちを雇ってノミと槌だけで30年かけて掘り抜いたと言われています」

汐莉「へぇ~、すっごぉい……」

くれは「第1期工事は1750年に完了して、その後1763年に最終開通したらしいですよ」



くれは「現在は車も通れるようにかなり改修されてしまってるんですが、こうやって、一部当時のトンネルも残ってるんです。ちょっと見てみましょうか」

汐莉「さんせ~い!」



汐莉「くれちゃん、この窓は?」

くれは「これは最初に明り取りの為に掘られた窓ですね。なにせ、当時は電灯も無かった訳ですから」

汐莉「へぇ~……」



汐莉「お地蔵さんだぁ……」

くれは「その後ろの石像が、禅海和尚ですね。最初は誰も禅海和尚の声に耳を貸さず、とうとう和尚は一人でノミをとって工事を始めたって言われてます」

汐莉「すごいのねぇ……」



汐莉「くれちゃん、これも明り取り?」

くれは「いえ、これはどうも、堀り間違えてこっちに出ちゃったらしいです」

汐莉「何それ……」



汐莉「うわぁ、下に落ちたら一巻の終わりねぇ……(汗)」

くれは「景色はいいですけどねぇ。まぁ、私達は魔法少女ですから、落ちても大丈夫でしょうけど……」



くれは「さて、それじゃあもう少し進んでみましょうか」



汐莉「見てくれちゃん! 川に光が反射して、天井が照らされてる~。綺麗……」

くれは「本当ですねぇ……」



くれは「こっちは、基本的に当時のままにしてあるトンネルです。行ってみましょうか」

汐莉「は~い」



汐莉「すっごぉい……本当にこれ、機械も無しに掘ったの?」

くれは「なにせ30年かかってますからねぇ……」



くれは「ガイドさんが言うには、硬い岩盤だったから工事が出来たそうですよ。これが土だったら崩れて来て、トンネルなんて作れなかったそうです」

汐莉「へぇ~」



くれは「という訳で、トンネルを抜けました。私達がくぐって来たこの崖は、競秀峰と呼ばれています」



汐莉「すっごい岩山。うっとりしちゃうの~」

くれは「絶景ですねぇ……」



汐莉「こっちにも禅海和尚の像があるのね。参拝者の為に、苦労してトンネルを掘ってあげるなんて優しいの~」

くれは「ちなみに彼、トンネルが完成してからは、通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収してたらしいですよ。そのことから、ここは国内初の有料道路だと言われています」

汐莉「ちゃっかりしてるわね……。美談台無し……(汗)」



汐莉「わぁ、モミジが綺麗! 柿もなってるわねぇ。一つもらって行っちゃおうかしら……」

くれは「それはよした方が……。佐倉さんじゃないんですから……」

汐莉「ねぇくれちゃん、『耶馬渓』ってここだけなの?」

くれは「いえ、ここらあたりは本耶馬渓って呼ばれてます。もうちょっと先にも進んでみましょうか」

~場面転換~



くれは「こっちも凄いですねぇ……」

汐莉「くれちゃん、あそこ、岩が天然の橋みたいになってる」

くれは「本当ですねぇ……」



汐莉「ここは?」

くれは「ここは元・耶馬渓線の耶馬渓平田駅跡です。実は私達が通って来た道、1975年まで鉄道が走ってたんですよ」

汐莉「そうなんだぁ……」



くれは「ほら、石碑もあります。さっきの青の洞門からは、距離にして大体5kmくらいですね」

汐莉「ずいぶん来たのねぇ……」



汐莉「それじゃ、くれちゃん。この建物ってもしかして……?」

くれは「ご明察。これは平田駅の駅舎です。登録有形文化財・第44-0019号に指定されているんですよ。……折角ですし、この辺でお茶にしましょうか」

汐莉「やったぁ!」



くれは「はふ……。紅葉を見ながら頂くコーヒーはまた格別ですねぇ……」

汐莉「準備いいわね、くれちゃん……」

~場面転換~



その夜……

汐莉「くれちゃん、その、今日は有難うね。あたしの我侭に付き合ってもらっちゃって……」



くれは「そんな事ないですよ。私も息抜きしたかったですし、楽しかったです」

汐莉「本当?」

くれは「ええ♪」



汐莉「わ~い!」

ガバッ!

くれは「ちょっ、まっ、汐莉、危ない! 鍋! 鍋ーっ!」



汐莉(やっぱりくれちゃん、大好き♪)



~おしまい~
 ブログのカテゴリーに、『店舗日誌・旅行記』を追加しました。
 という事で……。



アカサカ「今日は朝倉と日田の方に、バスツアーに行くぞ」

ウエスト「やったぁ!」

杏子「店長、美味しいモン、あるか?」

アカサカ「……ありますとも」



アカサカ「今日、お世話になるバスはこれだ」

サンクラ「今日も阪急交通のツアーなんだな」

~場面転換~



アカサカ「まずはキリンビールの工場だ」

ハッピー「いきなりお酒の工場見学?」

アカサカ「いや、ここはコスモスも育ててて、今日はそこの見学なんだ」



アカサカ「……って、あれ?」

ウエスト「咲いてないね……」

アカサカ「……来るのがちょっと早すぎたんだってさ」



ハッピー「あ、でもちょっとだけ咲いてるよ。ねぇねぇディケイド、一緒に写真撮ろうよ~♪」

ディケイド「何でオレまで?」

ハッピー「いいじゃない、同じピンク同士なんだし♪」



ハッピー「あっ、こっちのコスモスは赤紫だよ。杏子ちゃん、ほらほら!」

杏子「いや、あたしは……」

ハッピー「いいじゃない。ほら、変身して、並んで並んで!」

杏子「しょうがねぇなぁ……」

~場面転換~



アカサカ「今度は朝倉の三連水車だ。これは寛政元年(1789年)、もともと二連式だった物に一挺加えて今の形になったんだって。一日当たり7,892t揚水してて、13.5ヘクタールの水田をかんがいしてるんだってさ」

ウエスト「凄いね~……」



サンクラ「原始的だが、動力を作るのにエネルギーが要らないってのは効率的だな」

ウエスト「そうだね。それが自然のすごい所なんだよ」



アカサカ「ここにはハチミツの販売所もあるぞ」



ハッピー「あっ、さっきの水車の模型だ」

インペラー「こっちは水は止まってるみたいッスねぇ」



杏子「お、店長。色々美味そうなもんがあるじゃん。何か買ってくれよ」

アカサカ「まぁそう慌てるなって。まだ昼飯前なんだしさ」

※結局ソフトクリームと万十を買いました。



ウエスト「ここにはミツバチの資料館もあるんだね」

ハッピー「……なおちゃんが見たら悲鳴上げそう」

アカサカ「確かに」



ウエスト「ミツバチのクイズだって。ハッピー、どれ位分かる?」

ハッピー「う~ん、難しいなぁ……」



ハッピー「うわぁ、大きなクマさん……」

ウエスト「巣箱も壊しちゃうんだね……」

杏子「ま、生きてくってのはそういうもんさ」



インペラー「蜜蝋ッスか……」

ウエスト「『煙が出ないから、蝋燭の材料に向いてる』。へぇ~……」

~場面転換~



アカサカ「次は道の駅原鶴で買い物タイムだ。管理人は昔、来た事があるみたいだな」



サンクラ「ファームステーション バサロか……」

ハッピー「なんか泳ぎ方みたいだね(笑)」



インペラー「ドラゴンフルーツなんかもあるんスね」

ディケイド「……デュークの奴はいないな?」



アカサカ「『いちご餅』なんてのがあったから買ってみたぞ」

杏子「やった! 早速食おうぜ♪」

インペラー「まぁまぁ、今食べたら、お昼が入らなくなっちゃうッスよ」

~場面転換~



アカサカ「……という訳で、お昼はここだ」

杏子「今日は何を食わせてもらえるんだ?」

アカサカ「『ひたん寿司』だって」

杏子「ひたんずし……?」

アカサカ「『日田の寿司』って意味だよ」



杏子「変わった寿司だな……」

アカサカ「寿司だねに野菜や果物を使ってるんだと。左上からタマネギ、ブロッコリー、ナス、花に隠れてるがイチジク、その上がレンコン、その右が高菜だって。それから皿に乗ってるのは左がキャベツ、真ん中のちらしっぽいのが卵、右がトマト。で、下の段が左からシイタケ、パプリカ、青梗菜、大根、ミョウガだってさ」

ハッピー「珍しいねぇ」

杏子「なんでもいいから早く食おうぜ!」



アカサカ「吸い物はシンプルにワカメとネギだ」

そして……。



アカサカ「ご馳走様でしたっと」



杏子「食った食った~♪」

ハッピー「お腹いっぱ~い♪」

ウエスト「変わってるけど美味しかったね」

杏子「けど……まだ物足りねぇな……」

サンクラ「どんだけ食うんだよ……(汗)」

~場面転換~



アカサカ「今度は豆田町散策だ。ここは江戸時代以降に建てられた建築群が現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されてるんだってさ。『豊後の小京都』って呼ばれてるんだって」



ウエスト「お土産屋も時代を感じさせる感じだね」



インペラー「そう言えば、電柱が見当たらないッスね」

アカサカ「ああ、この通りは電柱を撤去し地下に埋める工事を行って、より伝統的町並みを再現しているんだとよ。確か名前は……」



ウエスト「『みゆきどおり』……?」

ハッピー「うわぁ、私の名前とおんなじだね♪」



ウエスト「見て見て、豆びなだって」

ハッピー「かわいい~♪」



サンクラ「ん、なんだこの横道……」

インペラー「『隠宅順路』……?」



ディケイド「なになに……『廣瀬淡窓旧宅南家』?」



ハッピー「甘い匂いがするモフ~、なんちゃって♪」

アカサカ「この匂いはキンモクセイだな……」



ウエスト「庭の中を川が流れてるよ~!」

杏子「へぇ、面白いな」



ディケイド「腕がうずくな。一枚撮ってくか」

インペラー「あー、先輩はやめておいた方がいいんじゃ……」

アカサカ「それは言ってやるなよ……」

~場面転換~



ウエスト「うわ、おっきい!」

サンクラ「ダイノボットの連中でちょうどいいサイズなんじゃねえか、これ?」



アカサカ「高さ4m……ダイノボット達でもデカすぎて履けないんじゃねえの?」

~場面転換~



アカサカ「最後は『いいちこ』の日田工場見学だ」



ハッピー「ここは?」

アカサカ「『二次仕込み室』だな。一次仕込みで出来た酒母に、さらに蒸した大麦や大麦麹を加えて、主に“もろみ”を作る場所らしい」



ハッピー「それじゃあ、ここは?」

アカサカ「蒸留室だ。発酵した“もろみ”を熱して、酒の成分を取り出すところだな。ウイスキーでもこんな感じで原酒を作るんだぜ」



ウエスト「店長、この樽は?」

アカサカ「貯蔵用の樽だな。オーク製で、樹齢100年以上のアメリカ産ホワイトオークだって。熟成させない所を除けば、やっぱり作り方はウイスキーに似てるんだよなぁ」



ハッピー「樽を運ぶ荷車だって~」



インペラー「先輩、飲み比べしてみるッスか?」

サンクラ「こりゃサンプルだろ。それにオレはエネルゴンワインの方が……」



アカサカ「さて、それじゃあ見学も終わったし、販売所の方に行きますか」



ディケイド「どうだった、店長?」

アカサカ「普段ウイスキーだから、結構新鮮だったな。ここでしか飲めないって言う44度の原酒は、ちょっとウイスキーっぽかったぜ」

サンクラ「アルコールの味が強くなってんだろうな。それに、どっちも麦を材料にしてるしな」



杏子「さ、バスに戻ろうぜ……って、なんだありゃ!?」

ハッピー「……確か日本史の授業で見た事あるような無いような……」

アカサカ「『葛原遺跡 竪穴式住居の復元』……か。古墳時代後期(今から約1,400年前)の家の復元図だってさ」



ウエスト「へぇ~、中までちゃんと作ってあるんだぁ」



ウエスト「な、何でこんなところに視力検査の図が……」

ハッピー「昔の人達も、視力検査してたのかな?」

アカサカ「……なわきゃねーだろ」



ハッピー「おうちの後ろにはツボがいっぱい置いてあるね」

アカサカ「古代のカメじゃなさそうだな……」



アカサカ「取り敢えず、今日はこんな所だな」

ハッピー「楽しかった~♪」

ウエスト「ボクも。でも、コスモスが咲いてなかったのがちょっと残念だったね……」

アカサカ「そうだな。今度は咲いてる時に来たいよな」



~おしまい~


アカサカ「という訳で、今日はみんなでバスツアーに行くぞ!」

サンクラ「そりゃいいが、何で今日はヒカリアン型なんだ?」

アカサカ「着けば分かるって。なぁウエスト」

ウエスト「ねー♪」

一同「?」



アカサカ「さて、今日もいつも通り、博多駅からバスに乗って出発だ!」

~場面転換~



アカサカ「まずはここ。新山口駅だ」



ウエスト「ここはね、2003年までは『小郡駅』って名前だったんだよ」

サンクラ「小郡? 福岡にもあったよな」

アカサカ「その小郡とは別だな……」



ハッピー「この人は?」

アカサカ「俳人の種田山頭火だね。『昭和の芭蕉』とも言われたんだってさ」

ハッピー「へぇ~……」



アカサカ「エスカレーターを上ると改札があるが、オレ達が向かうのはもっと先だ」



アカサカ「反対側にはお土産屋や待合室があるぞ」



アカサカ「よし、行くぞ」

一同「は~い」



ハッピー「壁に苔が生えてる~♪」

インペラー「面白いッスね」

ウエスト「反対側は外が見えるようになってて、そっちも緑で一杯なんだよ」



アカサカ「よし、着いたぞ。オレ達が通る改札はここだ」



ハッピー「売店はセブンイレブンなんだね……」

インペラー「機関車のプラレールも売ってるッスよ」



アカサカ「という訳で、今日はこの『SLやまぐち号』に乗るぞ」

ウエスト「待ってました!」

杏子「なんだ、ウエスト、知ってたのかよ」

ディケイド「道理でな……」



ディケイド「動輪も展示されてるな」

サンクラ「なかなかのサイズだな」



インペラー「行き先が書いてあるッスよ」

ウエスト「う~ん、風情があるねぃ」

杏子「おい、ウエスト、キャラ変わってんぞ……」



杏子「列車の旅って言ったら、やっぱりお菓子だよな!」

アカサカ「いつの間に買ってたんだよ……」

~場面転換~



アカサカ「この地福駅には15分くらい停車らしい。ちょっと見て回るか」

一同「さんせ~い!」



ディケイド「駅前は閑散としてるな……」

ウエスト「静かだね……」



ハッピー「時刻表があるよ、杏子ちゃん」

杏子「本数少ねえなぁ……」



ハッピー「あっ、暖炉が置いてある~♪」

サンクラ「大昔の暖房装置ってやつか」

アカサカ「今は使えないみたいだけどな」



インペラー「昔は、冬はこれで火を焚いて暖を取ってたんスねぇ……」

ディケイド「こういうレトロなのも悪くないな」

アカサカ「お~い、そろそろ行くぞー!」

~場面転換~



アカサカ「という訳で、終点の島根県・津和野に着いたぞ」

ハッピー「うう……ずっと座ってたから腰が痛いよ~」

サンクラ「人間ってのは不便だな……」



ウエスト「駅前は広々としてるね~」

ディケイド「レンタサイクルなんてのもあるんだな」



杏子「こっちにも機関車が展示されてるぞ」

アカサカ「これはD51だな」

~場面転換~



アカサカ「よし、それじゃ『沙羅の木』でお昼だ」

杏子「よっしゃ、待ってました!」



ハッピー「店長、これは?」

アカサカ「うずめ飯だ。ご飯をちょっと掘り返してみな」



ハッピー「うわぁ、下に具が隠れてるんだ~♪」

アカサカ「面白いよな」



アカサカ「こっちの提灯型のお重は……一段目は天ぷらだな」



ウエスト「店長、これは?」

アカサカ「わさび塩だよ。これで食えってさ」



アカサカ「二段目は豚しゃぶ……」



アカサカ「三段目はちらし寿司に……」



アカサカ「四段目はざるそばか」



ハッピー「うぇぇ、私、ワサビやだぁ……」

ウエスト「ボクも……」

杏子「何だよ、二人ともお子ちゃまだな~♪」

アカサカ「そういう杏子ちゃんも、ワサビどかしてないかい?」

杏子「…………」



アカサカ「さて、飯も食ったし、別館の売店でデザートでも買うか」

ウエスト「へぇ~、焼きアイスだって」



※結局、柚子ソフトにしました。



ハッピー「ねぇねぇディケイド、これ何?」

ディケイド「沙羅の木だな。『沙羅双樹の鐘の声・・・』って、国語で習わなかったか?」

ハッピー「うう、勉強は苦手なんだもん……」

アカサカ「そろそろ、観光案内の人が街並みを案内してくれるぞ」

~場面転換~



ウエスト「これは?」

アカサカ「ツワブキだな。津和野という地名の由来で、『つわぶきの野』から来てるんだってさ。管理人のお袋の実家でも、茎を炒め物にしてたぞ」



アカサカ「津和野カトリック教会だ。江戸時代末期から明治時代初期の『浦上四番崩れ』じゃ、かなり凄惨な拷問が繰り広げられたらしい……」

杏子「…………」

ハッピー「杏子ちゃん、どうしたの? 大丈夫?」

杏子「ああ、いや、何でもねえよ……」



インペラー「教会なのに畳が敷いてあるッスね」

ディケイド「ここは全国でも珍しい畳敷きの、和洋折衷の教会なんだとさ」



ウエスト「鯉が泳いでる」

杏子「けど、すげぇ体型だな……」

ハッピー「メタボ体型だね……」

杏子「ぷっ、ははっ。そうだな」



サンクラ「これは一体なんだ? 人間が鳥にディスガイズしてんのか?」

ディケイド「鷺舞(さぎまい)だ。八坂信仰の神社で奉納される伝統舞踊で、津和野町のものは『津和野弥栄神社の鷺舞』として国の重要無形民俗文化財に指定されているんだぞ」



サンクラ「こりゃ何だ? また随分古い建物みたいだが……」

アカサカ「町役場の建物だよ。案内人さんが『外は古いけどエアコンも効いてるし業務もパソコンでやってます』だってさ」

~場面転換~



アカサカ「さて、最後は門司の蒲鉾屋に寄るぞ」



サンクラ「そういやディケイドの色ってカマボ……」

ディケイド「そのネタ、前もやったぞ

アカサカ「…………」

といったところで、今日のバスツアーは無事に終わりを迎えたのでした。



~おしまい~


アカサカ「という訳でな……。今日は久留米の方に社員旅行に行くぞー!」

一同「おーっ!」



ハッピー「しばらくかかりそうだね」


杏子「食うかい?」


ハッピー「うん、食べる~♪」




アカサカ「まずは、『久留米織桑野』の工場見学だ」




ウエスト「うわ、すごい!」


サンクラ「なんだ、この機械?」


アカサカ「現代の機織り機だよ」




ディケイド「見てみろ、どんどん布が織られていくぞ」


ハッピー「本当だぁ……」




アカサカ「この機械は日産自動車で作られてて、横糸を空気で高速で送り出す事によって、一時間で約12mの反物を折る事が出来るんだってさ」


インペラー「そこに書いてあるッスね」


アカサカ「…………」




ウエスト「これは何をしてるところなの?」


アカサカ「半纏に綿を詰めてるんだよ」




ウエスト「本当だ! あっという間に出来ちゃった!」

アカサカ「さすが職人さん……」



ウエスト「お土産にミカンもらっちゃった♪」

アカサカ「この間のより大きいな」

インペラー「しかし、何故にミカンッスか……?」



アカサカ「次はと……」



アカサカ「『水田天満宮』だ。ここは大宰府と同じく、菅原道真を祀った神社だぞ」

ハッピー「へ~」



アカサカ「それじゃ、さっそく行ってみるか」

ウエスト「あ、見て見て~!」



ウエスト「入口の横に馬の銅像があるよ!」

ハッピー「面白~い」

サンクラ「このマークは何なんだ?」

アカサカ「ああ、これは梅の花で、菅原道真のシンボルだよ」

サンクラ「なるほど。オレ達のデストロンマークみたいなもんか」

アカサカ「あってるよーな、そうでないよーな……」



アカサカ「手水舎で手を洗って……」



アカサカ「参拝するか」

一同「は~い!」



ウエスト「店長、この鳥ってなに?」

アカサカ「ああ、これは『鷽(ウソ)』だ」

ウエスト「……本当に?」

アカサカ「ああ。冗談みたいな名前だが、本当だ。ちなみにその後ろにあるのが菅原道真の像だな」



ウエスト「サンダークラッカー、『招霊(おがたま)の木』だって」



サンクラ「これってあれだろ、一円玉の図案になってるやつ」

ウエスト「……サンダークラッカー、何でそんな事知ってるのさ?」



杏子「こっちには牛の像があるぜ。何だこりゃ……?」

アカサカ「銅像の方が『招福 丑』、石像の方が『開運 丑』らしい」

杏子「ふ~ん……」



ハッピー「みんな、こっち来て!『恋参道』だって!」



ハッピー「すごいよほら! 灯篭の窓までハートになってる!」

ウエスト「本当だ……」



アカサカ「ご神木……か。こりゃまた凄い鳥居だな」



インペラー「こっちにもハートがあるッスよ!」



アカサカ「『恋木神社』とは聞いてたが、まさかここまで露骨とは……」



ハッピー「ほら見て見て!『恋結び』だって!」

ウエスト「なんかハッピー、さっきから興奮しっぱなしだね……」



アカサカ「まさか本当に、こういう神社があるなんてな……」

ハッピー「杏子ちゃんもお参りして来たら?」

杏子「いや、あたしはいーよ、別に……」



アカサカ「その左手には『若宮神社』があるぞ」



アカサカ「ここは筆の神様を祀ってるらしい」

ディケイド「ああ、それで……」



ディケイド「向こう側の壁一面に書道の作品が貼ってあった訳か」

ウエスト「みんな上手だねぇ……」



アカサカ「さあ次は、『べんがら村』で昼食だ!」

杏子「やったぜ!」



アカサカ「ここはデザート含めて70種類以上のバイキングがあるぞ」

杏子「解説はいいから、早く食おうよ~!」

ウエスト「杏子ちゃん、落ち着いて……」



アカサカ「取り敢えず、オレはこんなところ。右下のはミニラーメンだ。他にも麻婆豆腐とかドリアとか、おでんなんかもあったぞ」

~そして。~



アカサカ「デザートも充実してるな。いやぁ、満腹満腹……」



杏子「ひゃ~、食った食った」

ハッピー「お腹いっぱい……」

ウエスト「ボクも」

ディケイド「いいけど、お前ら、この後イチゴ食べ放題があるの忘れてないか?」

3人「あ……」



アカサカ「さて、次は『秋山食品』だ。ここはコンニャクを生産してる会社だぞ」




アカサカ「コンニャクの説明を受けた後は、お餅のつかみ取りと物販だ」



アカサカ「みんな、いくつとった? オレは8個」

インペラー「オレは10個ッス」

ウエスト「ボク、5個だけ……」

インペラー「……先輩、手がつかみにくそうな形してるッスからねぇ……」



アカサカ「さぁってお待ちかね! いよいよ『平井農園』でいちご食べ放題だ!」



ハッピー「うわぁ、いっぱい!」

ウエスト「早く食べようよ~!」

ハッピー「……そう言えばウエスト。杏子ちゃん達がお店に入る前にも、社員旅行でイチゴ狩りした事があったよね」

ウエスト「懐かしいよね~」



杏子「見ろよこれ! 食い放題もいいところだぜ!」

アカサカ「杏子ちゃん、今日は腹痛くなるまで食うなよ? ……お」



アカサカ「見ろよこれ」

杏子「うひゃ~、でっけぇ!」



アカサカ「こんなのもあったぞ」

杏子「双子のイチゴか……。あたしも負けてらんねぇな!」



ディケイド「…………」

サンクラ「どうしたディケイド?」

ディケイド「いや、何か鎧武の奴を思い出した」

サンクラ「ああ、なるほど……」




ウエスト「みんな見て! 蜂がいるよ」

インペラー「こういうのだったら可愛いッスねぇ」

ハッピー「なおちゃんだったら悲鳴上げそうだけどね……」



アカサカ「最後は『石村萬盛堂』で、鶴の子の工場見学だ」

インペラー「鶴の子?」

アカサカ「マシュマロで黄色い餡を包んだお菓子だよ。ちなみにホワイトデーは、この石村萬盛堂が始めたんだぜ」

インペラー「へ~……」



アカサカ「てな訳で、ディケイドは何かお土産買った?」

ディケイド「いや、特には……。そういう店長はどうなんだ?」

アカサカ「実はオレ、最初の桑野で買ってたんだよね」

~オマケ~



アカサカ「何やってんだウエスト?」

ウエスト「何か、水田天満宮で書道の作品見たら、ボクもやってみたくなっちゃって……どうかな?」

アカサカ「へ~、なかなか上手いじゃん」



~おしまい~



アカサカ「……ってな訳でな」



アカサカ「今日は熊本に、日帰りで社員旅行だ~!」

一同「お~っ!」



アカサカ「出発前に、これをつけとくんだぞ」



アカサカ「まずは『フルーツランド 優峰園』だ。ここではミカンの試食が出来るぞ」



アカサカ「という訳で、一人一個、試食のミカンだ」

杏子「待ってました!」

ウエスト「美味しそうだね~」

ハッピー「う~ん、いい匂い~♪」



インペラー「店長、こっちは何ッスか?」

アカサカ「釣り堀みたいだね」

インペラー「じゃあ、あそこにかかってる竹竿は……」

アカサカ「レンタルの釣竿らしいな」



アカサカ「お土産にミカン1kgも貰ったぞ」

杏子「やったぜ!」



アカサカ「さて次は、熊本城城下、『城彩苑 桜の小路』だ」

ハッピー「店長、これ何?」

アカサカ「ペットボトル製の熊本城だって。三千本のペットボトルを使ってて、熊本の復興祈願をこめてるんだってさ」

ハッピー「へぇ~……」



ブレインストーム「は~い、皆さ~ん。こっちらですよ~♪」



アカサカ「……ブレインストーム?」

サンクラ「何やってんだお前?」

ブレインストーム「……いや、ちょっと、ツアーガイドのアルバイトを……」

ウエスト「ふ~ん……」



ブレインストーム「それじゃ、これをどうぞ」

ディケイド「何だ、これ?」

ブレインストーム「この中限定の商品券だよ。1,100円分あるから、お土産や食事に使ってくれ」

ディケイド「なるほどな」



アカサカ「さぁ~ってと……お昼はどこにするかな?」

ウエスト「店長、時間もあるし、あっちこっち見てみようよ」

ハッピー杏子インペラー「賛成~!」

アカサカ「そうだな」



ハッピー「これ……足湯?」

アカサカ「いや、足だけつけて遊べるプールみたいなもんらしい」

ハッピー「へぇ~」



インペラー「お土産屋も色々あるッスねぇ」

ウエスト「そうだねぇ。何を買って行こうかなぁ……」



サンクラ「……くまモンか」

ディケイド「さすが熊本だな」



ブレインストーム「お。そこのお二人さん、記念撮影なんてどうだ?」

サンクラ「……結構。遠慮しとくぜ」

ディケイド「ああ……」



アカサカ「お昼はこれ。あか牛のハヤシカレーだ。どっちかと言うとハヤシライスに近いな。全然辛くないし」

ウエスト「これならちっちゃい子でも安心だね」



杏子「さ、昼飯も食ったし、もうちょっと回ろうぜ」



ハッピー「こっちから熊本城に行けるみたいだよ」

サンクラ「折角だし、行ってみるか」



サンクラ「ほほー。こりゃ見事な櫓だな……って、ん?」



サンクラ「石垣の向こうが崩れてるな」

ハッピー「やっぱりまだ復興してないんだね……」



ディケイド「うわ!」

インペラー「こりゃ酷いッス……」



ウエスト「あれは何をやってるんだろう?」

アカサカ「石垣のパーツを一つ一つ、元がどこにあったか調べてるんだろうな」

ハッピー「大変だね……」



アカサカ「こっから先は立ち入り禁止になってたぞ」

ウエスト「一日も早く、元の熊本城に戻るといいね……」

ハッピー「そうだね……」



アカサカ「みんな、下でたこ焼き買って来たぞ」

杏子「うまそ~♪ 頂きま~す! ……って、ん?」

アカサカ「このたこ焼きな、柚子胡椒が入ってるんだよ」

杏子「へぇ~、道理で辛酸っぱい感じがするって思った」



インペラー「お土産買ってきたッス♪」

アカサカ「フルーツ豆乳プリンか……」

杏子「…………」

インペラー「……杏子ちゃん、よだれ垂れてるッスよ」



アカサカ「今度はワイン工場の見学と試飲だ……って、何ふくれてるんだ、ハッピー、杏子ちゃん、ウエスト?」

ハッピー「だって私達、お酒飲めないし……ハップップーだよ」

杏子「だよなぁ」

ウエスト「そうそう」

アカサカ「まぁそう言うなって」



アカサカ「ほら、代わりにアイス買ってやるから。右のがブルーベリー味、左のが赤ワイン味、で、一番下のが柚子味だ」

ハッピー「わ~!」

ウエスト「やったね!」



アカサカ「最後は『フルーツの里 田原坂』で、メロン食べ放題だ」

杏子「よっしゃ! やっぱりそうこなくっちゃなぁ!」

インペラー「杏子ちゃん、張り切ってるッスねぇ……」



アカサカ「という訳で……」

一同「頂きま~す!」



ディケイド「当たりはずれはあったがまぁまぁだったな」

ハッピー「私もお腹いっぱい~♪」

アカサカ「そりゃ何より」



インペラー「店長! 杏子ちゃんが食べ過ぎて、苦しんでるッス!」

アカサカ「慌ててかっ喰らうから……」

杏子「だって……食べ放題だぜ? 食わなきゃ勿体ないじゃんか……」



アカサカ「……ふう、博多に戻ってきたぞ」

ウエスト「イルミネーションが綺麗だね……」



アカサカ「折角だし、ちょっと写真撮っていくか」

ディケイド「よし、そういう事なら、オレに任せておけ」

アカサカ「お、おい……」



ディケイド「…………。何だこれは」

アカサカ「あ~あ、やっぱり……」

~おまけ~



インペラー「店長、大変ッス!」

アカサカ「?」



ディケイド「オレ達が土産に買ってたはずのメロンが、メロンアームズとメロンエナジーアームズに……」

インペラー「一体どうなってるッスかねぇ?」

アカサカ「お前ら……戦極ドライバーつけてないよな?」



~おしまい~


アカサカ「よし、みんな。今日は大分での最後の休みだから、大分の市街地を巡るぞ」

一同「おーっ!」

アカサカ「あ、その前に。ニンニンジャーとドライブとプリキュア見てからね」

一同「…………」

~場面転換~



アカサカ「と言う訳で、大分駅に到着だ。今日は883系のソニックが停まってるな」



アカサカ「前回は885系、今回は883系が見られて、運が良かったな」

ディケイド「ウエスト、お前達の仲間のソニックは、こっちなんだったよな?」

ウエスト「うん、そうだよ。その頃とは、車両の色が変わってるけどね」



アカサカ「大分駅の北口には、大友宗麟の銅像が立ってるんだ」



アカサカ「そう言えば杏子ちゃんの中の人って、大友ソウリンと同じ人だったよな。で、原作のソウリンの中の人はキュゥべえと同じ人で……」

杏子「……店長、そのネタ相当マニアックだと思うぞ」

~場面転換~



アカサカ「駅やアミュプラザおおいたを含むJRおおいたシティの屋上には、屋上庭園があるんだ。今年の4月16日にオープンしたばっかりだけどね」



アカサカ「ここには『鉄道神社』もあるんだぞ」

ウエスト「へ~、鉄道の神社かぁ……」

杏子「面白いな」

アカサカ「鉄道神社は、国指定重要文化財である豊後一ノ宮・柞原八幡宮の御分霊なんだ」



アカサカ「今日は表参道なんかで『春だよ!九重マルシェ in JRおおいたシティ』が開催されてたみたいだな」

ハッピー「物産展みたいなの?」

アカサカ「ま~、そんなところかな」

杏子「な~な~店長、何か珍しい食いもんあったら買ってくれよ~」

アカサカ「ん、まぁちょっと見てみようか」



アカサカ「屋上庭園じゃ、子供向けに機関車『くろちゃんぶんぶん号』の運行もやってるんだ」

ウエスト「いいなぁ~。店長、ボクも乗ってみたい」

アカサカ「電車が機関車に乗るって……」



アカサカ「『九重マルシェ』では自然の生き物の展示や、田植え体験もやってるな。田植え用の桶ではオタマジャクシやイモリとの触れ合いも出来たぞ」

ハッピー「……店長、よく素手でさわれるねぇ……」

アカサカ「だってコイツ、毒ねえよ。それに、子供の頃はお袋の田舎でよく小動物や虫を捕まえたりしてたしな」

ディケイド「以外だ。インドア派だと思ってたけどな」



アカサカ「屋上庭園には、紅白の展望台もあるぞ。ちょっと登ってみるか」



サンクラ「ん、ありゃ何だ?」

アカサカ「ああ、あれは『夢かなうぶんぶん堂』っていって、七福神が祀られてるんだ」



アカサカ「んじゃ、こっちにも登ってみるぞ」

一同「オーッ」



アカサカ「上りと下りは別々の螺旋階段になってて、七福神の像が安置されてるんだ。一番上の階からは大分の市街地が一望できるぞ」

ウエスト「いい眺めだね~」

アカサカ「けど、駅前は3年前とはすっかり様子が変っちまったな」

ウエスト「寂しいの、店長?」

アカサカ「ん~、そういう訳じゃないけど、時が経つのは早いなぁってな」



アカサカ「という訳で、はい、杏子ちゃん。『メロンラスク』ってのを買ってみたぞ」

杏子「おお~っ、サンキュー!」

ハッピー「ねぇ店長、私達の分は?」

アカサカ「あわてるなって。全員分あるからさ」

サンクラ「……オレはインセクトロンじゃねぇから、人間の食い物は食えないけどな」

~場面転換~



アカサカ「さて、駅前の通りを少し歩くぞ。これは大分に本社がある百貨店、トキハ(読みは『ときわ』)の本店だ」



アカサカ「道路の向かい側のセントポルタ中央町を通り抜けると……」



アカサカ「若草公園があるぞ」

インペラー「わざわざ公園に来たッスか?」

アカサカ「まぁ、ついて来いよ」



アカサカ「そんなにデカい公園じゃないんだけど……ほら、見えてきた」

ウエスト「あ、あれは……」



アカサカ「C55が展示されてるんだ」

ウエスト「へぇ~」



ウエスト「長い間展示されてたからか、結構錆びてるね」

サンクラ「アストロトレインの奴はD51に変形してたけど、機関車にもいろんな種類があるんだな」

ウエスト「そうそう。鉄道車両って、本当に種類が多いんだよ」



アカサカ「運転席を見る事も出来るんだが……って、何だこりゃ!?」

インペラー「落書きされてるッス……」

ウエスト「酷い……」



アカサカ「こっちは3年前に撮った写真だ。どうやら、ここ数年であんなになっちまったみたいだな」

インペラー「酷い事する奴もいるッスね」

ウエスト「本当! 絶対に許せないよ!」

~場面転換~



アカサカ「気を取り直して……トキハ本店からちょっと歩くと、大分銀行赤レンガ館があるぞ。これは大正2年(1913年)に旧第二十三国立銀行本店として建てられ、大分銀行本店となった後、現在は大分銀行ローンプラザ支店として使用されているんだ。設計は、東京駅などの設計で知られる辰野片岡建築事務所で、国の登録有形文化財に登録されてるぞ」



アカサカ「でもって、大分市役所の隣には……」



アカサカ「府内城跡がある。ここは別名は大分城で、安土桃山時代後期、府内に12万石で入封した福原直高が府内の荷落に築城を始めたんだが、福原氏は改易され、早川長政の府内領再封を経て、関ヶ原の戦いの後に3万5千石で入封した竹中重利が完成させたんだ」



アカサカ「大手門をくぐるぞ。江戸時代には府内藩2万1000石の藩庁が置かれていたが、明治初期に本丸・東丸・西丸の建造物以外は破却され、堀の一部が埋め立てられた。さらに第二次世界大戦時の大分空襲により櫓が数棟焼失しちまったんだ……おや?」



杏子「どうしたんだ、店長?」

アカサカ「3年前は、大分文化会館の建物があったんだけどなぁ……」

杏子「更地になってるな」

(※調べたところ、2013年に閉館したんだそうです)



アカサカ「府内城の縄張りだ。当時の城の様子が描かれてるぞ」



ハッピー「ここにも大友宗麟の像があるんだね」

アカサカ「ここは鎌倉時代から戦国時代にかけては豊後国の守護職・守護大名であった大友氏の拠点だったからだろうね」



アカサカ「宗麟の像の近くからは石垣に登れるぞ」



インペラー「下には日本庭園が広がってるッスね」



ウエスト「あっちはお堀かな? 神社や渡り廊下みたいなのもあるね」



アカサカ「いったん下に降りて、さっきの庭園に行ってみようか」



アカサカ「ここには櫓が一個残ってるな」



アカサカ「さっきの石垣はこれだな」

インペラー「意外と高い石垣だったんスねぇ」

ハッピー「涼しい~♪ こんな所でお弁当食べたら美味しいだろうなぁ……」



アカサカ「で、さっきの渡り廊下だけど、これは『廊下橋』っていって、西丸と、茶の湯や能、月見なんかといった諸芸能が営まれた山里曲輪を結ぶ橋なんだ。平成8年(1996年)に復元されたんだよ」



アカサカ「廊下橋を渡ると……」



アカサカ「松栄神社があるんだ。ここは慶長末期、上州(現在の群馬県)水沼村に松平家の祭神近正八幡宮として創祀されたのが始まりだ」



アカサカ「鳥居はこんな感じだぞ」



アカサカ「さて、次はバスに乗ってわさだタウンの方に行くぞ」

~場面転換~



アカサカ「トキハわさだタウンは地場百貨店トキハ系列のショッピングモールで、略称は『わっタン』だ。平成12年(2000年)12月にオープンしたんだよ」



アカサカ「ここはショッピングタウン(2街区)、フェスティバルタウン(3街区)、大型専門店ゾーン(1・4街区)、サービスゾーンから成ってて、ショッピングタウンとフェスティバルタウンとは、だ円形の広場を挟んで向かい合ってるんだ」



アカサカ「こんな感じで、建物の中は街中をイメージしたデザインになってるのが特徴なんだ」

ハッピー「なかなか面白いねぇ」

インペラー「そうッスねえ」



ウエスト「広場に屋台が出てるね」

アカサカ「ここはフェスタ広場だ。時々催し物なんかもあってるみたいだな」



アカサカ「3街区のフェスティバルタウンの1階には、フードコートがあるぞ。2回には飲食店の他、ナムコランド、3階にはTOHOシネマズ大分わさだが入居してるんだ。管理人は3年前、ここでゴーバスターズの劇場版を見たぞ。よし、じゃあここの百菜ブッフェで夕食にするか!」

一同「やった!」



杏子「ひゃ~、食った食った~……」

ハッピー「お腹いっぱ~い♪」

ウエスト「本当♪」

アカサカ「んじゃ、バスに乗って駅まで戻るぞ」



ハッピー「楽しかった~♪ また来たいね、杏子ちゃん」

杏子「ああ、そうだな」

~場面転換~



アカサカ「という訳で、マンガ倉庫にも行ったから、今日の戦利品をお披露目だ」

ディケイド「ACの斬月に……」

ウエスト「アンキドン。それから……」



杏子「『まど☆マギ』の3巻のDVDじゃねえか!」

ハッピー「わっ! 杏子ちゃん、いきなりどうしたの? 変身までしちゃって……」

杏子「だってこれ、あたしとさやかの衝撃の出会いが収録されてるんだぜ! これが興奮せずにいられますかってんだ!」

アカサカ「確かに衝撃的っちゃ衝撃的だけどよ。……ちなみに管理人の本命は付属のドラマCDだったみたいだが……」

こんな感じで、管理人の大分での最後の休日は終わりを迎えたのでした。



~おしまい~



アカサカ「という訳でみんな、今日は臼杵の方に観光に行くぞ」

ハッピー「臼杵?」

ディケイド「一昨日、別府に行ったばっかだってのに、忙しいな」

アカサカ「……管理人の今月の休みが月の真ん中に集中してんだよ」

~場面転換~



アカサカ「今日も鶴崎から出発だ」

ディケイド「前回とは対照的に今日は晴れてるな」



アカサカ「今日は乗り換えなしで臼杵まで行くぞ」

~場面転換~



アカサカ「到着っと」



ウエスト「と言うわけで、前回に続いて臼杵の駅名標の前でパチリ。横には名所案内もあるよ!」



アカサカ「臼杵石仏の多くは阿蘇山からの火砕流が溶結した凝灰岩に掘られた石仏で、脆い上に劣悪な環境の中で仏頭の多くが剥落したんだってさ。中でも、最も有名な古園石仏群の大日如来像の仏頭は、平成6年(1994年)3月に保存修復が完了するまでの間、仏体下の台座に置かれたままで、修復にあたっては、元の姿に戻すべきという意見と、臼杵のシンボルともなっている像の姿を大きく変えることを憂慮する意見との間で激しい論争が起きたんだけど、仏頭の元の位置への修復が国宝指定の条件として文部省(当時)から提示されたため、最終的に元の位置へ復元されることになったんだって」

ディケイド「店長……長い」

アカサカ「…………」



ハッピー「大っきいね~……」

ウエスト「この仏頭のレプリカは、さっき店長が言ってた本物の修復前に作られたもので、仏頭が足下に置かれていた時期の状態をよく表してるんだよ」

ハッピー「へぇ~……」



アカサカ「臼杵駅の待合所や観光案内所だ。シンプルな作りだな」

インペラー「でも、天井が高いッスねぇ」

アカサカ「壁には石仏の羽目絵(?)もあるな」



アカサカ「臼杵駅の全景だ。3年前と全然変わらないな」

ハッピー「店長、前に来た事あるんだ」

アカサカ「ああ。勤務地が大分だった頃ね」



アカサカ「駅前には大日如来像(古園石仏群)のレプリカがあるぞ。仏頭が再び体とつながったことで、参拝すると首がつながる、会社でリストラされないって俗説が生まれたんだってさ」



杏子「ひゃー、でっけぇなぁ」

サンクラ「人間ってのは、でっかい像に憧れんのかな?」

アカサカ「そうかも知れないな」



ディケイド「駅前は閑散としてるな」

アカサカ「まぁ、どっちかと言うと田舎町だしね……」



アカサカ「駅前の通りをちょっと歩くと左手に……」



アカサカ「『港町商店街』が見えて来る。今から行く場所は、ここを抜けて行くぞ」



杏子「広い場所に出たな」

ハッピー「あ、杏子ちゃん。お城が見えるよ」



ウエスト「店長、ここは?」

アカサカ「臼杵城跡だ。今回のメインはここだよ。3年前は奥まで行って写真撮らなかったからな」

ウエスト「ふ~ん?」

アカサカ「大友宗麟が築城した臼杵城は、文禄2年(1593年)以降、福原直高、太田一吉が相次いで城主を務めたのち、慶長5年(1600年)からは、美濃から入封した稲葉氏が廃藩置県まで15代にわたってこの城を居城とし、臼杵藩の支配にあたってきたんだ。この城は丹生島に築城されたこと、また、島の形が亀の姿に似ていたところから別名、丹生島城とも亀城とも呼ばれていたんだってさ」



アカサカ「ちなみにここは『古橋口』って入口だ」



ハッピー「あ、見て見て杏子ちゃん、ウエスト。カモがいるよ!」

ウエスト「え、どこどこ?」

ハッピー「あ、草の影に隠れちゃった……」

杏子「カモかぁ。カモ鍋が美味しいんだよなぁ……」

ハッピーウエスト「…………」



アカサカ「階段を上って、と」

インペラー「さすがにここは舗装されてるんスね」



アカサカ「これは『畳櫓』っていって、城跡では数少ない復元された櫓だ」



アカサカ「二の丸大門櫓だ」

インペラー「これも復元されたやつなんッスよねぇ?」

アカサカ「ああ、そうだよ」



アカサカ「門を登らずにもう少し奥手に行くと、『時鐘櫓跡』があるぞ。この鐘は『原山時鐘』っていって、鐘に刻まれた銘によると、元禄13年(1700年)に鋳造されて、その後、寛政2年(1790年)に改鋳、江戸末期までは時を告げていたって記録が残ってる」



アカサカ「そんじゃ、大門をくぐるぞ」



アカサカ「大門をくぐって左手には『会所櫓跡』がある」



アカサカ「会所櫓跡から、さっきの畳櫓を見たところだ」

サンクラ「景色もいいな」

ウエスト「ホント。臼杵の街が良く見えるねぇ」



アカサカ「臼杵護国神社だ」



アカサカ「奥に進むと、臼杵城を築城した大友宗麟のレリーフがあるぞ。丹生島は北、南、東を海に囲まれ、西は干潮時に現れる干潟の陸地でつながるのみという天然の要害をなしていたんだ。ちなみに丹生島の『丹生』ってのは、『金属鉱石の産出する島』って意味だ。宗麟は、この島一つを城郭化して干潟を干拓して城下を形成したんだ」



アカサカ「その横には沸狼機(フランキ)砲も展示されてるぞ。永禄4年(1561年)、毛利氏との戦いに敗れた大友宗麟は、翌永禄5年(1562年)に臼杵湾に浮かぶ丹生島に新城を築き、大分府内大友館から移ったんだ。ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの記録によると、城下には多くのキリスト教の施設が建立され城内には礼拝堂もあったとしているぞ」

一同「へぇ~……」



インペラー「でっかい大砲ッスねぇ」

サンクラ「メガトロン様の融合カノンにも負けない迫力があるな」

アカサカ「天正14年(1586年)の島津軍の侵攻(丹生島城の戦い)に対して『国崩し』と呼ばれたポルトガルから入手の大砲、『フランキ砲』を動員するなどして島津軍を退けたんだが、城も城下も大きく損失した。その翌年、大友宗麟は死去したんだ」



アカサカ「この二本のモミの木は、『日本一高いクリスマスツリー』に認定された事もあるんだってさ」

杏子「……日本の城でクリスマスツリーかよ……」

ディケイド「ミスマッチだな」

ハッピー「えー、私はいいと思うけどなぁ……」



アカサカ「多目的広場の横の道には、色んな石碑もあるぞ」



アカサカ「鉄門(くろがねもん)跡の横を通って……」



アカサカ「ここが臼杵城の本丸跡だ」

ハッピー「パッと見た感じだと、普通の公園みたいだね」

ウエスト「でも、あっちの方には何か建物があるよ」

アカサカ「……あれは茶店だよ。営業はしてなかったみたいだけどな」

ウエスト「な~んだ……」



アカサカ「すぐ側には『天守櫓跡』があるぞ。平成19年(2007年)度に臼杵市教育委員会が行った本丸天守台の発掘調査によって、石垣構造や整地層包含遺物から天守台石垣が文禄3年(1594年)から慶長5年(1600年)の間に築かれたものである事がわかったんだ」

※ある程度撮影を終えて次に行こうとした時、突然管理人に声をかけて来たお婆ちゃんがいました。


「景色撮ってるの?」

管理人「ええ、まぁ……」


「学生さん?」

管理人「いえ、30の社会人です」


「ちょっと面白いのがあるんよ。来てみて」

管理人「はぁ……」




「これこれ。どこが面白いかわかる? もしかしたら『な~んだ』って言うかも知れないけど」

管理人「えーっと……ああ、途中から別の木の枝が生えてるんですね! 接ぎ木と言うか、ヤドリギみたいな」


「そうそう。多分、樹についたコケとかに別の木の種がついて発芽したんだと思うのよ。知り合いとかにも話すんだけど、いつもそう言う人と一緒に来なくてねぇ」

管理人「へぇ~……」

※以上、地元のお婆ちゃんとの、ちょっとした交流でした(笑)。



ウエスト「店長、どこ行ってたの?」

アカサカ「ちょっと、地元のお婆ちゃんと交流をね」

サンクラ「よくホイホイついていったな」

アカサカ「まぁ、実際のところはちょっと警戒してたけど……」

ディケイド「おいおい……」

アカサカ「えー、気を取り直して。臼杵城からちょっと進むと、『稲葉家下屋敷』があるんだ」



アカサカ「稲葉家別邸は、廃藩置県に伴って東京へ移住した旧臼杵藩主・稲葉家の臼杵滞在所として明治35年(1902年)に建築されたんだ。建築は近代に入ってからのものだけど、武家屋敷の様式を色濃くとどめた屋敷なんだそうだ。近くには観光案内所やお土産屋も併設されてるぞ」



ウエスト「見て見て! 水路にコイがいるよ」

ハッピー「本当だ」

杏子「コイかぁ。鯉こくが美味いんだよなぁ……」

ウエスト「杏子ちゃん、今日、そればっかりだね……」



サンクラ「店長、あのデカい工場はなんだ?」

アカサカ「あれは臼杵市に本社がある“フンドーキン醤油”の工場だよ。醤油・味噌・ドレッシング・ポン酢・柚子こしょうの生産量は九州第1位で、醤油に関しては全国8位、麦味噌の生産量は日本一なんだ。本社内にある醤油工場の巨大な木樽は、高さ9メートル、直径9メートル、容量540キロリットル(1リットルで54万本分)に及ぶ世界最大級のもので、平成20年(2008年)にギネスブックの認定を受けた事もあるんだってさ」



アカサカ「最後は臼杵駅の前で締めだ。お疲れ様でした」

ディケイド「……ところで店長、今回の写真、オレが一枚も写ってないんだが……」

アカサカ「……ごめん。本気で出す機会を逃してた」

ディケイド「帰る時に道間違えて、上臼杵駅の方に出てたよな。迷ってる時間が無けりゃ、最後に記念撮影する予定だったって聞いてるんだが」

アカサカ「だからゴメンって……。次はちゃんとやるからさ……」

ディケイド「やっぱり世界はオレに撮られたがってないって事か……」



~おしまい~


アカサカ「てな訳でな、今日は休みだから、みんなで別府に行くぞ」

杏子「別府?」

ウエスト「大分の温泉街だね」



ハッピー「やったー! 温泉、楽しみだなぁ……」

アカサカ「あー、期待させておいて申し訳ないが、時間と予算の都合で、それは無しだ……」

ハッピー「な~んだ、ガッカリ……」

~場面転換~



アカサカ「という訳で、鶴崎から列車に乗って別府まで行くぞ」

ウエスト「雨降ってるね……」

アカサカ「台風が近いらしいからね。午後にはやむみたいだけど……」



アカサカ「来た来た。一旦これで大分駅まで行って、そこで乗り換えるぞ」

杏子「直通する奴に乗りゃいいのに」

アカサカ「丁度良い時間の列車が無かったんだよ……」

~場面転換~



ウエスト「はい! という訳で、乗り換えまで30分あるので、ちょっと大分駅のホームで写真を撮ってみましょう!」

アカサカ「ノリノリだな、ウエスト」

ウエスト「そりゃあボク、ヒカリアンだもん! 鉄道の事になったら燃えちゃうよ」



サンクラ「ちょうど博多行きのソニックが来たぜ」

ウエスト「ボク達の仲間のソニックは883系だけど、こっちは“かもめ”にも使われてる885系だね」

アカサカ「管理人は中津から福岡に帰る時、どっちも乗ってるな」



アカサカ「もうすぐ、またこれに乗って福岡に帰るって生活に戻る訳だ」



ウエスト「787系と885系が並んでるね。787系のヒカリアンはつばめがいたけど、商品化はされてないんだよね……」

サンクラ「ソニックのフレームにプラレールの787系のガワを組み合わせたらどうだ?」

ウエスト「サイズが小さすぎるよ……」

~場面転換~



ウエスト「という訳で、今度こそ別府に到着しました! 温泉マークが駅名標についてる辺りはさすがに温泉街だね」



アカサカ「別府駅のホームだ。意外と広いよな」



アカサカ「それじゃあ、階段を下りてと……」



アカサカ「別府駅の構内だ。ちょっとした物産展みたいなのも催されてるな」



アカサカ「雨、やんでるな」

ハッピー「あ、店長。あれ何?」

アカサカ「ああ、あれは足湯ならぬ“手湯”だよ」

ハッピー「へー、試してみようっと」



杏子「ちょっとぬるいな……」

ハッピー「え~、ちょうど良くない?」

杏子「何言ってんだよ。風呂はやっぱり熱くないとな!」

ハッピー「……杏子ちゃん、お爺ちゃんっぽいよ……」

杏子「…………」

アカサカ「ちなみに効用は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、くじき、疲労回復、健康精進、切り傷、火傷などなどだそうだ」



インペラー「先輩、これは誰ッスか?」

ディケイド「オレに訊くな。……油屋熊八とかいうらしいが」

アカサカ「別府の観光発展に尽力した実業家らしいね。裏には彼の簡単な歴史が書いてあるぞ」



アカサカ「飛行機でビラを配ったり、ここに書かれてる『山は富士、海は瀬戸内、湯は別府』ってキャッチフレーズを刻んだ標柱を1925年に富士山山頂付近に建てたのをはじめ、全国各地に建てて回ったんだってさ」

インペラー「凄いッスね……」



アカサカ「駅前の大通りはこんな感じだ。ちょっと昔の商店街、ってな雰囲気だな」



ウエスト「映画館もあるね」

インペラー「時代を感じさせる外観ッスねぇ」



インペラー「先輩、別府タワーッス! 写真撮るッス!」

ディケイド「はしゃぐなって……」

インペラー「店長、タワーには登らないッスか?」

アカサカ「悪りぃ、今日は予算の都合で、それは無しだ」

インペラー「残念ッス……」

アカサカ「『観光雑誌コーナー』の記事でガマンしてくれよ?」



アカサカ「別府タワーからゆめタウンに行くまでの道には、旧別府港(楠港、くすのきこう)の跡地の石碑が建ててあるぞ」



アカサカ「それから、ゆめタウンの前から駅に向かう道路には伊能忠敬が測量した跡の石碑もあるんだ」



ウエスト「それにしても、全然目立ってないね……」

杏子「電柱の横にちょっと置いてあるだけだもんな」

サンクラ「これ、普通に歩いてると見落とすぞ」



アカサカ「最後は、別府駅西口の写真で締め! お疲れ様でした~」

一同「お疲れ様でした!」



~おしまい~


 
アカサカ「……と、いう訳でな」
 

 
アカサカ「今日はバスツアーで紅葉狩りだーっ!」
 
一同「おーっ!」
 

 
アカサカ「まずは九年庵だ。ここは、佐賀県神埼市にある数寄屋造りの邸宅及び日本庭園で、11月の紅葉の時期に9日間だけ一般公開されてるぞ」
 

 
ウエスト「うわぁ~、人がいっぱいだねぇ……」
 
ディケイド「年に9日間だけ公開される場所だからな。それだけ『この機に』って奴が多いんだろう」
 

 
ハッピー「うわ~、綺麗~……♪」
 
杏子「ラッキーだったよな、今日晴れて。雨でも降ってたら最悪だったよ」
 
アカサカ「……管理人、基本的に雨男なのにな」
 

 
サンクラ「お、何か建物が見えてきたぞ」
 
アカサカ「これは佐賀県出身の実業家伊丹弥太郎の旧別邸で、久留米の作庭家である誓行寺の阿(ほとり)和尚により、1900年から9年の歳月をかけて築造されたことからこの名で呼ばれてるんだってさ」
 
インペラー「へ~……」
 

 
アカサカ「茶室の跡だ。もともと九年庵ってのは大正9年に邸宅の西北に建築された茶室を指してたらしいが、現在は庭園を含めた全体の名称として使用されているんだと」
 

 
アカサカ「さて、九年庵を抜けたら、今度は仁比山神社だ」
 

 
アカサカ「仁比山神社は、正式名称は仁比山地蔵院(にいやまじぞういん)っていって、天台宗寺院だ。本尊は千手観音(千手千眼観世音菩薩)だぞ。伝承によると天平元年、聖武天皇の勅願により行基668年749年)が創建したとされてる。かつて仁比山には三十六坊があり、それらを総称して仁比山護国寺と称したんだってさ。地蔵院は仁比山護国寺の塔頭・不動院の子院で、もとは現在の九年庵の位置にあったんだ。奈良時代仁聞菩薩が訪れたとの伝承もあるぞ」
 

 
アカサカ「ほんじゃ、ちょっと休憩していくか」
 
ウエスト「賛成~。ボク、ちょっと歩き疲れちゃったよ」
 
サンクラ「だらしねぇなぁ……」
 

 
ハッピー「涼しいねぇ、杏子ちゃん」
 
杏子「そうだな。丁度いい季節に来れて、良かったよな」
 

 
アカサカ「さてと、帰りには、途中にあった伊東玄朴の旧宅に寄っていくか」
 
ウエスト「伊東玄朴? 誰、それ?」
 

 
アカサカ「伊東玄朴は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての蘭方医だ。江戸幕府奥医師でもあるぞ。近代医学の祖で、官医界における蘭方の地位を確立したんだ」
 

 
アカサカ「彼は長崎の鳴滝塾で、シーボルトよりオランダ医学を学んだんだ。佐賀藩にて牛痘種痘法を実践し、安政5年(1858年)には大槻俊斎・戸塚静海らと図って江戸に『お玉が池種痘所』を開設したぞ」
 

 
バスの駐車場では、猿回しの大道芸が行われていました。
 

 
アカサカ「さて、今度はお待ちかねの昼食だ!」
 
一同「やったー!」
 

 
アカサカ「内容はこんな感じだ。蕎麦と茶碗蒸しはまぁまぁだったかな。昼食が終わったら、お土産を買おうか」
 

 
杏子「この羊羹、表面がカリカリしてるぞ」
 
アカサカ「この小城羊羹は、昔ながらの製法で作られてて、表面に固まってるのは砂糖なんだってさ」
 
杏子「へ~。さやか達に買っていくかな……」
 

 
アカサカ「お土産も買ったし、今度は多久聖廟だ」
 

 
アカサカ「よ~し、着いたぞ。看板にもある通り、ここは儒学の祖である孔子が祀られてるんだ」
 

 
アカサカ「多久聖廟(たくせいびょう)は、佐賀県多久市に設けられた孔子廟だ1708年(宝永5年)竣工だぞ」
 

 
アカサカ「ここは肥前多久邑主の多久茂文が教育振興を目的として建立を発願し、1699年(元禄12年)に学問所(後の東原庠舎)を建設した上で、その講堂に孔子像を安置、さらに1708年(宝永5年)に椎原山の麓に拝殿(恭安殿)を完成させた。大正10年(1921年)3月3日に、敷地を含め国の史跡に指定されている。建物は昭和8年1月23日、当時の国宝保存法に基づき国宝(いわゆる旧国宝)に指定され、昭和25年(1950年)8月29日、文化財保護法施行に伴い国の重要文化財となったんだ」
 

 
アカサカ「今回は丁度、中も公開されててラッキーだったな。ハッピー、学問の神様らしいし、お参りしてきたら? お前さん、勉強苦手だろ」
 
ハッピー「も~、からかわないでよ、店長!」
 
インペラー「はは、そりゃいいッスね」
 
ディケイド「お前もあんまり人の事言えないだろ……」
 

 
アカサカ「孔子の像だ。よし、次は西渓公園に行くぞ」
 

 
ハッピー「以外とさっきの場所から近かったね」
 

 
杏子「お、柿の木だ」
 
ウエスト「奥の休憩所では、甘酒も売ってるみたいだよ」
 

 
ハッピー「これ、誰?」
 
ウエスト「えーっと、何々……『高取伊好翁・物を開き勤めを成した炭鉱王』だって」
 
アカサカ「補足しとくと、この人は明治時代に活躍した佐賀藩出身の実業家、炭鉱技術者だ。歌手の高取ヒデアキさんは、この人の曾孫だぞ」
 
ハッピーウエスト「へぇ~……」
 

 
ハッピー「綺麗~」
 
サンクラ「今までの場所じゃ、一番赤くなってるな」
 
ウエスト「あっ! みんな、見て見て!」
 

 
ウエスト「池にコイが泳いでるよ!」
 
ハッピー「本当だ」
 

 
ハッピー「……これ、何かな?」
 
杏子「えーっと、『大宝聖林碑』だってさ」
 
ハッピー「だから、何の動物なの?」
 
杏子「さぁ……」
 
アカサカ「亀だろ。丁度『唐津くんち』の『亀と浦島太郎』が、こんな形の亀だぜ」
 
ハッピー杏子「ふ~ん……」
 

 
アカサカ「それじゃ、ちょっと上まで登ってみるか……」
 
一同「了解~」
 

 
ウエスト「ねぇねぇ、見て見て~♪」
 
杏子「綺麗に色づいてるな」
 
サンクラ「景色も見晴らしもいいし、こんな中を飛んだら気持ちいいだろうな」
 
ウエスト「そうだねぇ」
 

 
アカサカ「それじゃあ今度は、『環境芸術の森』に行くぞ」
 

 
インペラー「さっきの場所も綺麗だったッスけど、ここもなかなかッスねぇ、先輩」
 
ディケイド「そうだな」
 

 
ハッピー「石の上に、鳥の石像が乗ってる~♪」
 
ウエスト「面白いねぇ♪」
 

 
杏子「石の橋か……」
 
インペラー「狭いッスねぇ。一人ずつでないと渡れないッス」
 

 
ハッピー「池に紅葉が沈んでるよ。水も澄んでるし、綺麗だね~」
 
ウエスト「本当、時間を忘れそうだね」
 
アカサカ「さすがに『芸術の森』だな」
 
サンクラ「いや、それは別に狙ってる訳じゃないと思うけどよ……」
 

 
アカサカ「小川が涼しげだな」
 
ウエスト「そうだね」
 
インペラー「夏だったら水遊びでもしたくなる感じッスね」
 

 
杏子「でっけぇな~」
 
サンクラ「案内板によると『大もみじ』らしいぞ」
 
杏子「そのまんまだな……」
 

 
サンクラ「何だこりゃ。門の跡みたいだが……」
 
ディケイド「謎だな……」
 

 
杏子「よ~、どうだ?」
 
ディケイド「おいおい……」
 
インペラー「杏子ちゃん、危ないッス! 降りて来るッスよ!」
 
杏子「これ位平気だって♪」
 
アカサカ「……落っこちても知らねぇぞ」
 

 
アカサカ「さて、最後は唐津市にある海産物の販売所、『おさかな村』だ。ここは管理人が子供の時からある場所で、管理人もちょこちょこ来た事があるんだそうだ」
 
杏子「ハッピー、ウエスト、たこ焼き売ってるぞ」
 
ハッピー「買おう買おう♪」
 
ウエスト「鳥飯もあるみたいだよ」
 

 
サンクラ「だいぶ日も暮れてきたな……」
 
インペラー「そうッスねぇ」
 
アカサカ「よ~し、じゃ、最後にここで記念写真を撮るぞ!」
 
一同「おーっ!」
 
ディケイド「それじゃあ、撮影はオレが……」
 
アカサカ「いいからいいから、ディケイドも来いよ!」
 
ディケイド「あ、ああ。分かった」
 
パシャッ!
 
アカサカ「これにて、今回の紅葉狩りバスツアーはおしまいだ。お疲れ様でした!」
 
一同「お疲れ様でした~!」