FC2ブログ

 今晩は、アカサカです。

 今日はアメブロの方も更新しました。

 簡易的な記事ですが、『シージ』のノーマルなメガトロン様と『ジェネレーションズセレクト』のスーパーメガトロンを比較しています。


 さて、先日熱ゴジラさんのエリアを紹介しましたが、今日はあぶら超人さんのエリアを紹介してみたいと思います。


2020-10-16-1.JPG


 まず、フィールドはこんな感じ。

 アメコミのTFなどの、辺境の惑星の荒野をイメージしました。


2020-10-16-2.JPG


 んで、あぶら超人さんの拠点である『ロボNINブログ』はこんな感じ。

 T2さんの『魔界城』に続き、外観と内装の二重構造になっています。


2020-10-16-3.JPG


 あぶら超人さんの部屋。

 テレビやリモコンも、調べるとメッセージが出るようにしてみました。


2020-10-16-4.JPG


 宿屋。

 サンプルゲーム『Abyss Diver』の素材を使いましたが、『スターウォーズ』系の別惑星っぽさが出ていたらと。


2020-10-16-.5JPG


 武器・道具屋の二階。

 左上はパソコンコーナーです(笑)。


2020-10-16-6.JPG


 で、あぶら超人さんのエリアのダンジョンはコチラ。


2020-10-16-7.JPG


 この『NINNIN村』のどこかにあります。


2020-10-16-8.JPG


 このマップ自体は「ロボNINブログ内にある、江戸時代風テーマパーク」という設定です。


2020-10-16-9.JPG


 ダンジョンの最初の部分。

 実はここは、家庭用機には無かった『ツクール2000』ならではの機能を利用した『仕掛け』を用意しています。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

スポンサーサイト



 サイトを更新しました。

 今日は『テレビ雑誌コーナー』です。


 さて、前回は新素材を使った各ブロガーさんの拠点を紹介しましたが、あの後あぶら超人さん緑猫さんの拠点も作りまして。

 実は今の今まで、あぶら超人さんのエリアのダンジョンを作ってました(笑)。

 これは、家庭用ゲーム機版には無かった機能でちょっとした“仕掛け”も盛り込んでます。


 んで、今回は攻略順という事で、熱ゴジラさんのフィールドやダンジョンを紹介していきたいと思います。


2020-10-14-5.JPG


 まずはフィールドである『超ゴジラアイランド』。

 島のデザインは『SUPER DANTE』版のフィールドをモチーフにしました。


 右下の塔が、熱ゴジラさんのダンジョンである『パンドラタワー』です(言うまでもなく、元ネタは『ビルド』です)。


2020-10-14-1.JPG


 実は1階部分はまだ全然なのですが……(おい)。


2020-10-14-2.JPG


 2階より上はバッチリです。

 素材はSasiさんの『月面配信』や、あぶら超人さんの『ロボNINブログ』と同じくサンプルゲームの『Abyss』の素材を使いました。


2020-10-14-3.JPG


 実際のゲーム画面ではこんな感じ。


2020-10-14-4.JPG


 屋上では、ガイアブレイドとの対決が待っています。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

DualZenon-12.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日は実家に帰って来たんですが、実は、いつもスマホの画像をPCにコピーするための、マイクロSDのアダプタを寮に忘れてしまいまして……


 折角撮った画像もPCにアップロード出来なくなってしまったので(ジェネレーションセレクトのスーパーメガトロンとか、スナップドラゴンやマイクロマスターなんかを撮ってたんですけどねぇ……)、急遽予定を変更して、制作中の『ブロクエアナザー』の記事にしようと思います(こっちはPCの『prt sc』キーで画像を用意できるので)。


2020-10-9-1.JPG


 OPはあらかた完成しました。

 始まるなり、謎の声が現れて……。


2020-10-9-2.JPG


「ブログ世界が危機に陥っている」と説明してきます。


2020-10-9-3.JPG


2020-10-9-4.JPG


 で、王道の、プレイヤーに助けを求めてくる、という展開です。


2020-10-9-5.JPG


 ちなみにここで選択肢が出ますが、二回連続で断ると、いきなりゲームオーバーになってしまいます(笑)。


2020-10-9-6.JPG


 んで、謎の声からの依頼を承諾すると、名前を訊かれます。


2020-10-9-7.JPG


 以前にもちょっと言いましたが、主人公の名前はプレイヤーが自由につけられるシステムです。


2020-10-9-8.JPG


 名前の入力が終わると……。


2020-10-9-0.JPG


 謎の声に、ブログ世界で活動するための身体が与えられます。


2020-10-9-10.JPG


 んで、スタート地点の『プルミエタウン』に転送されます。


2020-10-9-11.JPG


 ここでは基本的な操作や、システムの説明を町人たちがしてくれるようにしています。


 さて、それからボス戦なども。

 この『ツクール2000』では、『特殊技』にも少量の文章が組み込めるので、敵専用の技を作ってちょっと文章を書いてやれば……。


2020-10-9-12.JPG


 この場合は、「は、盾を構えて・・・」以降の部分が特殊技に組み込んである定型文です。


2020-10-9-13.JPG


 だもんで、こんな事も出来たりします。


DualZenon-9.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Akasaka-6.JPG


 今晩は、アカサカです。


 サイトを更新しました。

 今日はテレビ雑誌コーナーです。


Akasaka-9.JPG


 さて、今日は休みでしたが、目が覚めたのがお昼前だったので、節約も兼ねて中津で過ごしました。

 この間契約したソフトバンクAir、今日色々と調べてみて、最悪の場合、今まで使ってた機械代のローンは三万ほど自腹になる上に、キャッシュバックも遅くて半年後になる可能性が出てきたので……(前者については販売員の方、「全額保証する」っつってましたが、今日改めて調べてみたら「最大42,000円まで」的な事が書いてあった)。


 まぁ、可能な限り良くなる結果を祈ってますが。


 そういう訳で、いつものように食事の画像も撮ってたりしていたのですが、他に今日は特に買い物や改造品なども進めなかったので、「料理の画像だけってのもアレかなぁ……」と、そっちはアメブロの方で記事にしてみました。


 それで本ブログのこちらの方は何をするかと言うと、先日インポートした新しい素材でマップをいくつか作ってみたので、デフォルト素材で作ったマップも併せて公開しておこうかと。


 ちょうどこの間、Sasiさんの月面配信のマップも載せましたし。


2020-10-2-1.JPG


 まずは『石丸書店』。

 ウチのエリアです。


 各ブロガーさんのフィールドは、基本的にそれぞれ個別の島に、本拠地、ボスがいるダンジョンで構成する予定になっています。


2020-10-2-2.JPG


 続いてT2さんの魔界城。

 こちらはまだ製作途中ですが、プレステ版の『ツクール3』に近い感覚でマップが作れています。


 なお、


2020-10-2-3.JPG


 お城らしさを出すために、こちらのマップには外観も作っています。

 ツタとそこかしこに生えてる樹木がレジェンドルガ(=仮面ライダーアークの陣営)っぽい?


2020-10-2-4.JPG


 さて、ここからは新素材のマップです。

 こちらは熱ゴジラさんの『冷しメカゴジラシティ』。名前は熱ゴジラさんのもう一つのブログからです。

 名前の通り、『街』のマップ素材で作ってみました。


 余談ながら、熱ゴジラさんのキャラグラフィックは二足歩行ドラゴンの奴を使っていたのですが、ちょうどサンプルゲームの素材でそれの青バージョンがあったので、そっちに変えました(笑)。


2020-10-2-5.JPG


 んで、名前はまだですが、これはウチのフィールドのダンジョンにあたる塔。

 パーツはデフォルト素材を使っています。が……


2020-10-2-6.JPG


 内装は初期の『ファイクエ』を意識して『学校』のパーツを使ってみました。

 今回もプロトタイプにあたる『Super Dante』版と同じく「電脳世界の中が舞台」という設定なので、ファンタジー素材にこだわることも無いかなぁと思いまして(回復アイテムも各種ジュースやら弁当だったりしますし)。


 さて、残るは緑猫さんのマップ(本拠地は『緑猫家』が良いでしょうか?)とあぶら超人さんの『ロボNINブログ』ですが、マップチップはどんなのが良いでしょうかねぇ……?


 因みに今の所使っていない素材として、『時代劇』があります。名前の通り、江戸時代の街並みが作れるマップチップになっています。


 もしご希望など御座いましたら、おっしゃって頂けるととても助かります。m(_ _)m


 それから、先日紹介したボスモンスター、今回それぞれどのブロガーさんのステージに登場するか決定しましたので(公平を期すためにアミダで決めました)、それも今日、載せておきます。


・ガイアブレイド→熱ゴジラさん

・レオンフェイス→あぶら超人さん

・スケアフェザー→緑猫さん

・ポセイドン→T2さん

・ラファエル→うち(アカサカ)

・ドレイクタロン→Sasiさん


 必然的に、攻略もこの順番になります。


Akasaka-2.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 ども、今晩は、アカサカです。


 実は今日は『ほら男爵の冒険』を更新しようかと思ってたのですが、『ツクール2000』で今まで気づいてなかった重大事項がありまして……。と言うとチト大げさですが。(^ ^;)


 私が買ったのは、ダウンロード版の最新型『value+』なのですが、実はそれには『ハンドブック』に付属していた追加素材もありまして。内容は現代系や、時代劇系でした(しかもとんでもなく膨大な数のSEとかも入ってました)。


 さらにサンプルゲームでも、『AbyssDiver』というSF系の物がありまして。

 んで、サンプルゲームの内『花嫁の冠』以外は素材がフリーで使えると言うので、今まで見つけることが出来なかった(素材が入ってるフォルダが全然別の場所にあった)それらのフォルダから、さっそくインポートしました(『Abyss』以外はちょっと変化球的な素材だったのもあって、インポートしませんでしたが)。


 んで、その結果……。


2020-9-30-1.JPG


 Sasiさんのエリアである『月面配信』、ちゃんとSFチックなマップにすることが出来ました(画像はクリックで元サイズで出ます)。

 ……まぁ、地面が毒々しいのしか無かったのがアレですが……(苦笑)。


 他にも、キャラ素材も色々加えまして。


2020-9-30-2.JPG


 左上三つの、下地が薄い黄緑のが『Abyss』、濃い緑のが『ハンドブック』の素材です。


2020-9-30-3.JPG


 こっちは時代劇キャラと、モンスターグラ。

 下地が青なのが『ハンドブック』、黒いのは『Abyss』からです。『ハンドブック』には日本妖怪系を中心に、自走砲(河童の下の奴)なんかもありました。


2020-9-30-4.JPG


 これはマップ素材。

 タイトルは『街』になっています。


 熱ゴジラさんのステージである『冷やしメカゴジラシティ』のマップは、これを使おうと思っています。


2020-9-30-5.JPG


 こっちは学校。

 ただ、インポートしたマップチップ素材は、これから手作業で属性(通行の可否や、キャラが影になるか、通行方向など)を付与しないといけませんが……。(^ ^;)


 なお、


2020-9-30-6.JPG


 アイコン画像はこんなの。

 下の四つが『Abyss』、それ以外が『ハンドブック』からです。

 さすがにデフォルト素材とイメージが違い過ぎるので、こっちはモンスター系以外は使わないかと思いますが……。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 ども、今晩は、アカサカです。


 今日はアメブロの方も更新しました。

 先日アースライズ版のダブルディーラーを買ったので、旧ジェネレーション版との比較などなど……。


 さて、今日はタイトル通り、現在作成中の『ツクール2000』版ブロクエアナザーについてです。

 SFCの『SUPER DANTE』版では、各ブロガーさんが取り扱ってるコンテンツに合わせて、ダウロスやダガーラ(の偽物)をボスにしていましたが、今回は(素材がファンタジー系に偏ってるのもあって)、完全オリジナルのボスにしてみました。

 取り敢えず、どのブロガーさんを何番目に出すかなどはまだ決めていないので、どのボスがどのブロガーさんに対応しているのかはまだ未定ですが……。


2020-9-27-1.JPG


 まずは一体目のボス、『スカルライド』。

 骸骨な見た目のまんま、知能はあまり高くない設定です。


 こいつは主人公一人で戦う予定にしています。


2020-9-27-2.JPG


 続いて『ガイアブレイド』。

 二人目のボスです。実は私(アカサカ)の仮グラフィックは、こいつのデフォ素材(鎧の縁取りが赤)を使ってたりします。(^ ^;)


2020-9-27-3.JPG


 でもって『レオンフェイス』。

 キマイラですが、会話イベントの顔グラフィックにライオンがあるので、それを使用しようと思っています。


2020-9-27-4.JPG


 お次は『スケアフェザー』。ボスの中では紅一点です。

 ボスたちのグラフィックは、いずれも顔アイコンがあるやつを選びました(実はスカルライドも最初はコボルド型で『ヴォルライド』って名前でしたが、コボルドの顔アイコンが無いので没になりました)。


2020-9-27-5.JPG


 それから『ポセイドン』。

 海辺のフィールドに登場させる予定(緑猫さんの所に艦娘がいるから、緑猫さんのステージがいいかな……?)です。敢えて水棲系以外のグラフィックにしてみました。


2020-9-27-6.JPG


『ラファエル』。

 名前は天使ですが、外見は真逆の死神で(笑)。


2020-9-27-7.JPG


 そして『ドレイクタロン』。

 ボスの中では一番大柄ですが、知能も低めでインディアン口調な感じをイメージしています。


2020-9-27-8.JPG


 取り敢えず、作成中のテスト画面で。

 主人公のグラフィックはこれから色々考えていこうと思っています。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 サイトを更新しました。

 今日は『文庫本コーナー』です。


 さて、タイトルの前半ですが、『ツクール2000』もそこそこ操作法がつかめてきました(イベントなど、細かい所はまだまだ全然ですが)。


 それで、フィールドマップも設計図が出来たので、ちょっと上げておこうと思います。


2020-9-10-1.JPG


 画像はクリックで、元サイズが出ます。

 左上の部分は練習用に作った地形で、あとで必要な部分だけ残して整理しようと思っています。

 ……実はこれでも、最大サイズからかなり縮小しました。『SUPER DANTE』や『2』と違って(『4』は問題外)、フィールドが広いこと広いこと……。(^ ^;)


 真ん中の一番大きな大陸は、最終ステージにする予定で、その周囲の六つの島が、各ブロガーさんのステージになる予定です(形になっている分では右上から時計回りに私、T2さん、熱ゴジラさん、Sasiさん)。

 もし、「ウチのステージはこんなイメージがいい」と言うのがあれば、遠慮なくおっしゃって下さいませ。m(_ _)m


2020-9-10-2.JPG


 アイテムもこんな感じ。

 全角で最大10文字まで使う事が出来ます。他にも追加特性(DQの特殊武器みたいに毒や麻痺を攻撃と共に与えたり、『理力の杖』のように、攻撃の度にMPを消費したりとか)や、攻撃エフェクトも自由に決められます。


 さらには……。


2020-9-10-3.JPG


 何と、パーティメンバーの名前をイベントでプレイヤーが自由に変更(6文字まで)する事も出来ます。

 ですので、主人公キャラの名前はプレイヤーに決めてもらう『ドラクエ』形式にしようと思っています。




 さてさて、タイトルの後半部分ですが、昨日、興味深いニュース記事を見かけたので、ブロ友さんのかぷちぃのさんっぽく引用してみました。

 

ガンプラ「せどり」にバンダイも困惑 コロナ禍も影響?「今までこういう問題は起きてなかった」

 

 実を言うとアメブロの方にも同じ記事を投稿してるんですが、より多くの人に関心を持っていただきたいと思って、こっちにも書きました。


 正直、フィギュアーツやらでイベント限定アイテムだとか、プレバンで早々に売り切れたアイテムを受注期間内に再販しなかったりとか、果ては「蔵出し」とか言っておいて、申し込み開始と同時にサーバーがパンク、「アクセスできません」ってなって、ようやくアクセス出来たと思ったら売り切れになるような事をしておいて、どの口が言うかと思いますねぇ。

 

 私も以前、アーツのラビットドラゴンの購入権の抽選に当選した事はあったのですが、向こうからの連絡漏れが原因で当選に気が付かなかったのに、「期間中でないとどんな理由があろうと購入権は無い」と突っぱねられたことがありましたが。

 

 話を戻して、元記事からのコメントをいくつか引用させて頂きますね。

 

プラモだけではないよね。解体匠機はじめメタルコンポジット、robot魂などのフィギュア系もいい餌食です。プラモと違い、簡単に再生産は出来ないのかもしれませんが、販売方法をもっと真剣に考えていただきたい。

 

 

ガンプラだけじゃなくフィギュアーツやメタルビルド古くはライダーのベルトでも起こっていた事、全てがバンダイ商品だし今更困惑とか言われてもね。自分もガンプラは好きでよく作るから努力をしなければ買えない状況は好ましくないので今回の騒動でバンダイがどんな対策ができるのか期待します。まあ何もしない確率が高いけど…

 

 

バンダイ製品はよく買うヘビーユーザーだがこれには閉口。
今まで無かった、じゃねーよ
利益優先で黙殺してきた結果だろうに

 

 

ホビー関係でこの手の問題ってほぼバンダイ製品でしょ。
バンダイは関わりがあったらとうの昔に分かっていた事だけど、やり方に大いに問題がある。

 

 

限定販売しているメーカーが悪い。
どこでも買えれば、こういうことは起きない。
地方に住んでいる人が、東京でしか買えないとなれば、多少高くても手を出す。
ましてや、このコロナの状況で東京へ行くのはリスクが高い。
当然の結果だと思います。

 

 

好きでも無いくせに金にさえなれば何でもかんでも人気作品のグッズを買い占める外道が多すぎ・・・ホントに好きな人の気持ち踏みにじっている自覚も無いんだろうけどさ。

 

 

こんなの対策なんて簡単な事。メーカーがどんどん生産すればいいだけのこと。転売屋だって、過多な在庫は抱えたくないはず。一度痛い目をみれば、転売屋も警戒して、転売目的の購入を控える。あとは限定版を受注生産にする。

 

 

転売廚は勿論許せんが、バンダイの「被害者面っぽさ」が腹立つ。本来一般販売でもいい商品をプレバン限定にして、値段を吊り上げる手助けをしたのは他ならぬバンダイじゃねぇの?一般販売ものでも、長らく生産休止にしてたもんだから価格が高騰して買えやしない。もっと市場調査をして何が品薄なのか、何を再販すればいいのかもっと精査して欲しいものだ。あとメルカリなどの販売サイトも、「定価の〇〇まで」みたいな価格制限とか出来ないのかな?無理かな・・・



 ぶっちゃけタカトミもイベント限定アイテムを出したりしてますが、LGブラックコンボイの時は後日タカトミモールで受注生産してくれたり、そもそも『サウンドブラスターカラーの実写版サウンドウェーブ』やら、『サイドウェイズリデコのデッドエンド』やら、『レーザービークが偽装したピンクのバンブルビー』やら、プレバンに比べたら(まだ、比較的)「それこそ欲しい人が買う」ようなアイテムが多い印象です。

 それに同じ『蔵出し』でも、タカトミモールの場合はまだ「受注開始と同時にアクセス過多でパンク」なんて事も無いと言った印象ですし。

 まあ、タカトミはタカトミで、全く問題ないってわけでもないですけども(今回のアニメカラーPOPダイノボットとか……ありゃないっしょ)。


 以前作ったコラ画像をちょっと手直しして、この場に心を込めて貼らせて頂きます(やっぱり画像クリックで元サイズで出ます)


2020-9-10-4.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 今晩は、アカサカです。


 サイトを更新しました。

 今日は『テレビ雑誌コーナー』です。


 さて、『ブロクエアナザー』ですが、容量などの事情を考えて、今回はスポット参戦のブロ友さんはあぶら超人さん熱ゴジラさんに絞ることにしました。

 この辺りは、『ツクール2』で『ブロクエ アナザー2(仮)』を作ることがあれば、また強化していきたいと思っていますが……。

 何となく、『ロックマンを作った男たち』で、「当初8体だった予定のボスが、容量の都合でボンドマンともう一体のボスがお蔵入りになった」というシチュエーションを思い出しました。(^ ^;)


 さて、前回は熱ゴジラさんの参戦パートを描きましたが、今回はT2さんルートで参戦パートを、さらにはボス戦~熱ゴジラさんの離脱部分まで作ったので、ちょっと公開したいと思います。


 まずは合流時。


2020-3-4-1.JPG


2020-3-4-2.JPG


2020-3-4-3.JPG


2020-3-4-4.JPG


 てな感じです。


 んで、熱ゴジラさんエリアのボスはダガーラで、戦闘画面の画像は撮り忘れてしまいましたが、『48番』の青緑の竜を使用しています。

 戦闘パターンはまだ未完成ですが、ベーレムに見立てて「08:どくをかける」の魔法(まだどんな魔法名にするかは未定)も使用する予定です。


2020-3-4-5.JPG


 あくまで『ゲーム内に作られた存在』なので、人語を話します(まぁ、熱ゴジラさんのブログでは怪獣も普通に人語を話してるので、ある意味その設定に則ってる、とも言えますが)。


2020-3-4-6.JPG


2020-3-4-7.JPG


 んで、戦闘後は……。


2020-3-4-8.JPG


2020-3-4-9.JPG


 ダガーラが消滅し、画面左にワープゾーンが出現します。


2020-3-4-10.JPG


2020-3-4-11.JPG


2020-3-4-12.JPG


2020-3-4-13.JPG


2020-3-4-14.JPG


2020-3-4-15.JPG


2020-3-4-16.JPG


2020-3-4-17.JPG


 ダガーラを撃破する事が熱ゴジラさんのクリア条件だったため、ここで熱ゴジラさんは帰還します


 次からはいよいよラストステージ関連になりますが、三人目のブロ友さんイベントを削った分、ダンジョンはそれなりの規模の物を作りたいと考えています。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 どうも、こんにちは。

 アカサカです。


 昨日書いた通り、今日は『ブロクエ アナザー』の記事で行こうと思います。


2020-2-29-1.JPG


 まずはスタート地点。

 サースィさんルートで始めたシチュエーションです。


 ひとまず、T2さん、サースィさんを主人公に選んだ場合の私(アカサカ)加入のイベントを完成させました。


2020-2-29-2.JPG


2020-2-29-3.JPG


2020-2-29-4.JPG


2020-2-29-5.JPG


2020-2-29-6.JPG


 てな感じで。

 残りはT2さんとサースィさんのイベントを同じようにして作らないといけない他、それぞれの開始時のイベントもまだ(私も含めて)なので、これから作らないといけません。


 んで、お次は……。


2020-2-29-7.JPG


『旅立ちの塔』の会話。

 ここで謎の老人から、今回の冒険の目的を聞きます。


2020-2-29-8.JPG


2020-2-29-9.JPG


2020-2-29-10.JPG


2020-2-29-11.JPG


2020-2-29-12.JPG


2020-2-29-13.JPG


2020-2-29-14.JPG


 あぶら超人さんの時のイベントの経験から、そろそろ容量が埋まるかと思っていましたが、意外に文章を入れられてます。

 この会話文ももうちょっと続きを書かないといけませんし……。もうちょっと内容を吟味して、「どうしてゲームの世界に閉じ込められたか」の説明もしないといけませんね。


2020-2-29-15.JPG


 で、一つ目のダンジョンですが、『ジコチューケイブ』と名付けました。『ケイブ』は『洞窟』の意です。


2020-2-29-16.JPG


 宝箱のイベントも作ってみたり。


2020-2-29-17.JPG


 んで、ボスのイベントも(やっと)作りました。


2020-2-29-18.JPG


2020-2-29-19.JPG


2020-2-29-20.JPG


 やたらとメタな発言が出てきます。(^ ^;)


2020-2-29-21.JPG


2020-2-29-22.JPG


 ジコチューらしく、言ってる事は自己中です。


2020-2-29-23.JPG


 という訳で、原典には存在しない、オリジナルの『ヤギジコチュー』。グラフィックはサンプルゲームのボスグラで唯一ハブられたカプリコーン型のを使いました。


2020-2-29-24.JPG


2020-2-29-25.JPG


2020-2-29-26.JPG


2020-2-29-27.JPG


2020-2-29-28.JPG


 倒すと『弁当』が手に入ります。


2020-2-29-29.JPG


 これをジコチューケイブのすぐ西にある『物産館』にいる……


2020-2-29-30.JPG


 通せんぼしている空腹の女の子に上げると、どいてくれて次のエリア(あぶら超人さんのエリア)に行けるようになります。


 さて、タイトルなんですが……。


2020-2-29-33.JPG


 この『SUPER DANTE』のイベント容量は17,754。

 画像は先日手に入れたソフトの一つで、使用データが空っぽの状態です。


2020-2-29-34.JPG


 んで、昨日気づいたのですが、『ブロクエ』に使っているソフトの残り容量は、既に9,310になっていました。ほぼ半分です。


 ストーリー的には、熱ゴジラさんの所で想定している部分の5分の3は終わってるのですが、それはまだ完成していない会話イベントを考慮しなかった場合の話。

 このままいくと、最悪、3人目のスポット参戦ブロ友さんは諦めないといけない可能性が濃厚に……(汗)。


 取り敢えず、以前作ったあぶら超人さんのエリアから超ゴジラアイランドに渡る船旅のイベントを大幅に整理して……


2020-2-29-35.JPG


 なんとか100ちょっと、容量を確保しました。

 理屈的には、全て『主人公(方向)に進む』で処理していたのを大幅に削減し、『ばしょいどう』の命令で旅路を短縮した形です。


 要は、


2020-2-29-36.JPG


『実践編』に書かれてる作製法の、下のアドバイスと同じ形です。

 まぁ、私の場合は『容量の都合』という別の原因が絡んでいるのですが……


2020-2-29-37.JPG


 ちなみにこれは『ツクール2』のガイドブックから。

 ソフト自体が違うので一概に比較はできませんが、『ばしょいどう』と『しゅじんこうのいどう』に使う容量は同一でした。

『ぶんしょうをかく』の命令は、設置した時点で『3』、中身を書くと一文字ごとに『1』と、結構容量を喰ってしまいます(汗)。


 まぁ、この辺りもうまい事やりくりして、ひとまずは完成に結び付けたい(そしてゆくゆくは続編も……)とは思っていますが……。


 因みにソフトを調べる過程でまとめWikiを見つけたので、ちょっとリンクを貼っておきます。

 私が実際にプレイしたのは『4』までですが、「手軽に作る」なら『SUPER DANTE』~『3』あたりがちょうどいいかも知れません。


 PC用では『2000』が割と複雑な知識もいらずに手軽に作れそうなので、機会があればアップデート版の『RPGツクール2000 VALUE!+』あたりを購入してみたいなぁと思っています。



 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 こんにちは、アカサカです。

 昨日新たな『SUPER DANTE』を買い足したり、『ブロクエ アナザー』も少しずつ進めて行ってます(ストーリーにかかわる細かいイベントは後回しになってますが)。


2020-2-21-1.JPG


 さて、あぶら超人さんのステージをクリア後、山の向こう側に行けるようになった『ロボNINブログ』から西へ行くと……。


2020-2-21-2.JPG


 船着き場があります。

 ここで乗船券を買って船に乗り……


2020-2-21-3.JPG


 一路南へ。

 ここは船のグラフィックの主人公キャラに交代(そのため、人数制限の問題で『セレクト』が船の外見になってしまいました)して『主人公(方向)にすすむ』の命令を百個近く使い、自動進行イベントにしています(上記の歩かせる命令は、文章程容量を喰わないようで、一つのイベント内に収まりました)。


2020-2-21-4.JPG


 んで、目的地の船着き場に到着。


 ちなみに当初はもっと北西に船着き場があって、船旅も一秒で終わるくらい対岸がすぐ近くだったのですが、着いた先の大陸でうまい事行き止まりなどが作れなかったのと、ちょうど新しい移動先がある意味『ちょうどいい』場所だったので、こちらにしました。


2020-2-21-5.JPG


 着いたのはとある小島。

 丘の上の施設は……。


2020-2-21-6.JPG


『熱ゴジラシティ』。

 そう、もうお分かりですね。ここは熱ゴジラさんのフィールドな訳です。

 つまりこの島自体が『超ゴジラアイランド』という事で。


 施設は文字数の関係で、熱ゴジラさんの二つのブログをかけ合わせた感じになりました。


2020-2-21-7.JPG


 当然、主人公に選んだブロガーによって、熱ゴジラさんの第一声も変わります。


2020-2-21-8.JPG


 んで、ここでのダンジョンは島の西の岬。


2020-2-21-9.JPG


 ダンジョン名は『岬の洞窟』としました。


2020-2-21-10.JPG


 ここは溶岩やら……


2020-2-21-11.JPG


 切り立った崖など、一つ目のダンジョンでは使わなかったパーツも盛り込んでいます。

 で、『ダンジョン』だと、イベントグラに階段が無かったので、仕方なく、各階の移動はこの『出入口っぽい何か』のグラフィックを使いました(苦笑)。


2020-2-21-12.JPG


 ボス部屋。

 ボスはまだどうしようか決めていませんが、『ツクール2』以降と違ってヒドラ系のデザインが無いので、52番の龍のグラフィックを使って『マンダ』にでもしようかなと、ちょっと思ってたり……。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 こんにちは、アカサカです。

 今日はアメブロの方にも、ちょっと記事を書いてます。


2020-2-14-15.JPG


 昨日買ったアークとドロンアークを並べてみましたが、メタリック部分の色合いはだいぶ違いますね……。(^ ^;) もうちっと青かったか……


 さて、『ブロクエ』ですが、いよいよあぶら超人さんの登場ステージに取り掛かりました(まだ最初のボスも作ってないのに)。


2020-2-14-1.JPG


 本作初の『しろ』を使ったマップです。

 各ブロガーさんの拠点は一画面分としているので、こちらもその法則で作っています。


2020-2-14-2.JPG


2020-2-14-3.JPG


2020-2-14-4.JPG


 かくして、話しかけると仲間になって下さいます。

 詳細な会話はこの後考えるつもりです。


2020-2-14-5.JPG


 字数の関係でキャラ名が『アーブラ』になってるので、その説明も(笑)。


2020-2-14-6.JPG


 ちなみにT2さんとサースィさんを主人公に選んで話しかけた場合はセリフが変わります(お二人はあぶら超人さんと直接の面識はお持ちでないので)。


2020-2-14-7.JPG


 で、エディット画面。

 実は最初は緑の枠に置いたイベントで三人分作ろうとしたのですが、なんと自己紹介と加入イベントを入れただけで容量がオーバーしてしまったので、右にもう一つコピーして、同じイベントを作りました(苦笑)。


2020-2-14-8.JPG


 ちなみに本棚にはドラゴンボール、TFジェネレーション、『宇宙船』がおいてあったり。


2020-2-14-9.JPG


 装備品。

 武器はケルベロスΔからキュアフルーレに変更しました。本当はファイヤーフルーレにしたかったんですが、例によって字数が……(苦笑)。


 しかし、『アウターシェルを身にまとってキュアフルーレとガードラーを携え、ウルトラクラウンとスカウターを身に着けている』ってなかなかすごい姿になりそうな(設定したお前が言うな)。


2020-2-14-10.JPG


 さて、『ロボNINブログ』からすぐ南に、今回のダンジョンがあります。

 入口は扉でふさがれていて通れないのですが……。


2020-2-14-11.JPG


2020-2-14-12.JPG


 あぶら超人さんを仲間にした後だと、ドラクエの解錠呪文『アバカム』で開けてもらい、中に入れるようになります。


2020-2-14-13.JPG


 んで、ここのボスは『TF超神マスターフォース』に登場したダウロス。

 もちろん、あぶら超人さんが取り扱われてるコンテンツからです。


2020-2-14-14.JPG


 ボス用グラフィックの中にミノタウロスがあったので登用しました。

 ちょうどダウロスは劇中でミノタウロス伝承の基になったって設定があるのでいいかなと。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。


DualZenon-21.JPG


 今晩は、アカサカです。

 今日はアメブロの方に、BOOKOFFで買ってきたコミックの記事を書いてます。


2020-2-6-1.JPG


 さて、タイトル通り、現在進行形のSFC版『ブロクエ』にて、初のダンジョンを作りました。

 最初なのでやや短めに……。

 パーツの組み合わせがかなり制限させるので、これだけ作るのにも結構時間がかかりました。(^ ^;)


2020-2-6-2.JPG


 入口はこちら。

 最初はあぶら超人さんがスポット参戦されるステージにしようかと思っていたのですが、序盤も序盤なのと、到達レベルがだいたい3くらいなので、まずは初期メンバーのみで攻略するダンジョンにしました。


2020-2-6-3.JPG


 中はこんな感じ。

 分かれ道や行き止まりなんかも作っています。


2020-2-6-4.JPG


 ボスをここに置こうかと。

 どんなキャラにするかはまだ全く決めていませんが……(苦笑)。


2020-2-6-5.JPG


 戦闘画面。

『アキバの眷属』は、マザーサガークのイメージ……との事で。

『ネズラ』は昭和ガメラの没企画、『大群獣ネズラ』が元ネタです。


2020-2-6-6.JPG


 スペックはこんな感じ。

 ダンジョン用のザコ、その1です。


2020-2-6-7.JPG


 アキバの眷属。

 スピードを他よりも高めに設定してみました。


 因みに先ほどのテストプレイ中、アカサカがコイツに殺られたり(爆)。


2020-2-6-8.JPG


 上記の画面には出てませんが、『シドンデモン』。

 元ネタは『地球戦隊ファイブマン』の怪植物です。


2020-2-6-9.JPG


 先日も書きましたが、『SUPER DANTE』は『初期装備』の概念が無いので、出発する場所で装備一式を先頭のメンバーが手に入れ、さらにそれを残りの仲間に配分して(アイテムは昔のドラクエのように個人持ちなので)、装備するというちょっと手間のかかる方法で行わなければいけません


2020-2-6-10.JPG


 T2さんの場合。

『リボン』は私が「こういうのいいかなぁ」と思って作ってみました(笑)。


2020-2-6-11.JPG


 サースィさんの場合。

 鎧は上位装備で『おしゃれなスーツ』とか、『きぬのタキシード』とかもいいかなぁ、と思っています。最終的には『ケフカのいしょう』とか。


DualZenon-28.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

Akasaka-6.JPG


 今晩は。アカサカです。

 明日からまた二連休なので、今日は実家に戻ってきました。


2020-2-1-1.JPG


 さて、タイトルですが、現在作成中の『ブロクエ アナザー』にブロ友さんのあぶら超人さんをお誘いしたところ、快く参加を承諾して頂けましたので、さっそく主人公キャラとして作成致しました。フィールドグラは、あぶら超人さんと意見交換させて頂いて決定しました。

 タイプ的には『せんし』をベースに、魔法も使えるように『かしこさ』のステータスを弄っています。『ドラクエX』もプレイしていらっしゃいますし、専用魔法でメラゾーマなんかも作ろうかなぁ、と思ってたり(笑)。


 装備はメタルヒーローやTF由来の専用装備を考案中です。


2020-2-1-2.JPG


 それから雑魚キャラも、(キュアルージュ由来で)『コワイナー』を作りました。

 43番のピエロのグラフィックもいいかなぁ、とは思いましたが、こっちの方はイメージに合うかなぁと。サースィさんのピリオンにも使用してますし。


 他にもボスキャラで……


2020-1-30-2.JPG


 41番の画像を使って『デズル』(『ビーファイターカブト』に登場した魚人型の敵幹部)とかどうかなぁ、と思ってます。


2020-2-1-3.JPG


 さて、実家に到着後、MEGAドンキに晩酌のお酒とおつまみを買いに行ったのですが、めぼしいのが売り切れていたので、タケノコご飯にしてみました。夕食も軽かったからいいかなあと。(^ ^;)


Akasaka-2.JPG


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。

 こんにちは、アカサカです。

 今日は小説版『ファイクエII』の続きを投稿予定だったのですが、『ブロクエアナザー』用の画像を撮っていたらそれなりの数が揃ったので、『SUPER DANTE』のシステム解説なども踏まえて、今日はその記事にしようと思います。


 カテゴリーにも『コラボ企画』を追加してみました(笑)。


2020-1-30-1.JPG


 まずはモンスターについて。

 通常のモンスターは、このように……。


2020-1-30-2.JPG


 合計43種類のグラフィックが用意されていますが、なんと、カラーリングのバリエーションがありません。なので、同系統の上位種モンスターを作っても、全く同じ姿になってしまいます。FCのドラクエですら、モンスターのカラバリは当たり前に搭載されていたんですけどねぇ……。

 因みに『2』からはちゃんと4種類ずつのカラバリが、PSである『3』では、それに加えてキャラクターのフィールドグラも4種類のカラーリングが選べるようになっています。


 余談ですが、上の画像の42番はアマエルさん、43番は先日サースィさんが作ってらしたオリモン・魔王ピリオンに似合うかなぁ、と思いました。(^ ^;)


2020-1-30-3.JPG


 そして、この『SUPER DANTE』には『イベントの敵専用』のモンスターグラフィックが用意されています。

 これらは大型ですが、イベントの敵にしか使えず、さらにイベントの敵は一度に一体しか出現させられないなど、かなり制約があります(ついでに言うと戦闘BGMも通常の戦闘曲で固定)。逆に通常の敵のグラフィックは、ボスモンスターにも使用可能ではありますが。

 なので、仮に「複数の敵とイベント戦闘をさせたい」場合は、ダンジョン用辺りに「実際はイベント用の」モンスターを作っておき、イベントの際にそちらから選択するしかありません。


 これらの仕様も、『2』以降は解消されて、ザコ敵に大型のモンスターを作ったり、イベント戦闘で複数のボスを一度に出したりも可能になりました。


2020-1-30-4.JPG


 お次は魔法。

『2』以降は、百を超える魔法を自分で自由に作成可能(『2』では効果対象は『単体』か『全体』しか選べませんが)ですが、『SUPER DANTE』では「あらかじめ用意された31種類の効果に名前とグラフィック、ポイントをつける」という作り方になっています。


2020-1-30-5.JPG


 つまり、『2』以降は「同系統で効果が違う補助呪文」なども作れるのですが、この『SUPER DANTE』では、同じ効果で複数作れるのは攻撃呪文と回復呪文のみになっています。


 加えて、パーティメンバーも一度に覚えられる呪文は十個までで、それ以降は古い物から自動で忘れていくという、「ポケモンか!」と突っ込みたくなる仕様になっています(苦笑)。

 まぁ、それを逆手にとって、「一人十個ずつ、違う系統の呪文を作って覚えさせる」なんて事も出来るっちゃあ出来るわけですが……。


2020-1-30-6.JPG


 最後に、BGMの設定。

『まち』のBGMはサンプルゲームを参考に、「入った瞬間にイベントで町のBGMにする」という手法をとろうと思います。

 この方が、ほこらなども作りやすいですし(町中にイベント戦闘を組み込まなければ、ですが)。


 と言ったところで、今日はこの辺で。

 どうも。ではでは。